2016年07月29日

(時どき街まち)1987年 大手町 カルガモ母子のお引っ越し【朝日新聞デジタル2016年7月29日】

1987年 大手町
写真・図版
 ■朝日新聞フォトアーカイブから

 カルガモ横断中――。6月の早朝、オフィス街でプラカードを手に警察官が車を止める。報道陣と見物人が見守る中、母ガモを先頭に8羽のヒナが道路を横断していく。

 そんな光景が1983年から2008年まで、毎年のように注目された。母ガモは三井物産本店ビルの人工池でヒナをかえし、約1カ月すると内堀通りを渡って皇居のお堀へ引っ越す。都市鳥研究会代表の川内博さんは「最初は、外敵が少なくて安全な人工池で子育てをしたいという本能でしょう」と分析する。

 カルガモの世話係「カルガモレディ」も話題に。4代目を務めた前島淑子さんは「成長するとジャンプの練習を始めるんです。そろそろお引っ越しかな?と、そわそわしました」と振り返る。

 しかし13年、5年ぶりにヒナが誕生したのを最後に、ビルの建て替え工事のため池は封鎖された。新たなビルは20年に完成し、後に池も整備される予定だ。(永井美帆)

 ◆写真のご利用は朝日新聞フォトアーカイブへ。電話03・5541・8138(法人)、0120・576・756(個人)。ウェブサイトhttp://photoarchives.asahi.com/別ウインドウで開きます
http://www.asahi.com/articles/DA3S12486377.html

http://archive.is/oWGyk

タグ:カルガモ
posted by BNJ at 21:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

傘と優しさに包まれて/リュウキュウキンバト【宮古毎日新聞2016年7月29日】

平良字西仲宗根にあるマンゴー農園のビニールハウス内で、国の天然記念物キンバト(環境省レッドデータブック絶滅危惧TB類)が子育てに奮闘中だ。
日差し避けの傘の下で、子育てに励むキンバトの雄=27日、平良字西仲宗根のマンゴー農園

 このマンゴー農園を営む70代の男性が1週間ほど前に、マンゴー収穫後、毎年行っている枝の刈り込みをしたところ、一本のマンゴーの木にキンバトの巣とその中に卵2個を発見した。

 親鳥が一生懸命に卵を暖める姿を見た男性は、選定によって巣の上にあったマンゴーの葉が無くなり、ハウス内に差し込む強い日差しが直接親鳥にあたることから、傘を巣の上に設置した。

 この男性は「30年以上マンゴー栽培をしているが、こんなことは初めて。夕方ごろに雄と雌が入れ替わって卵を温めている。その姿がとてもかわいくて、このキンバトの親子は今、この農園の宝物だよ」と笑顔で話した。

 美しい緑色の羽を持つキンバト。子育てのために選んだ安住の地であるマンゴー農園は、日差し避けの傘と、子育てを応援する周囲の人たちの優しさに包まれている。
http://www.miyakomainichi.com/2016/07/91215/

http://archive.is/JNUMc
posted by BNJ at 21:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探鳥日記 夏の青葉茂るころ渡来【佐賀新聞LiVE2016年7月29日】(アオバズク)

 アオバズクは夏に日本にやってくるフクロウの仲間で、青葉が茂るころに渡来することから、その名が付けられています。

 毎年同じ木で見られることが多いようで、今年もいつもの場所にやってきているのを観察することができて安心しました。

 子育ても順調のようで、ふわふわでかわいい巣立ちビナが2羽いました。

 アオバズクの食べ物は、セミやカブトムシのような大型の昆虫類です。そのような昆虫がたくさんいて、大きな木がある場所でひっそりと生活しています。

 割と町なかの神社などにもいることがありますので、ちょっと気をつけてみてくださいね。(日本野鳥の会佐賀県支部事務局長)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/338820

http://archive.is/sOBwK
タグ:アオバズク
posted by BNJ at 21:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋生まれの「ことりカフェのたまご」!鳥フェス登場♪可愛い「ことりカフェ」新作スイーツ!「名古屋 鳥フェス2016」で数量限定販売♪【プレスリリース2016年7月29日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、「ことりカフェ」オリジナル新作スイーツ、小鳥のたまごをイメージしたダックワーズ「ことりカフェのたまご」(製造:井桁堂株式会社/愛知県豊田市)を、7月30(土)・31(日)に愛知県名古屋市内のレストラン「バリハイ名古屋栄店」で開催される「名古屋 鳥フェス〜小鳥スイーツ・ことりグッズ大集合!〜」(主催:ことりカフェ/BIRDSTORY/青いことり工房/協力:名古屋トリコレクション)にて数量限定で販売いたします。「名古屋 鳥フェス」では「ことりカフェのたまご」をはじめ、移動式インコカフェ「いんこKITCHEN」インコカレー、青いことり工房監修インコケーキ、「とりみカフェ」インコアイス等をイートインで楽しめる他、名古屋初進出となる話題のクリエーター集団「インコサミット」や「インコのおとちゃん」、愛鳥家に人気のBIRDSTORYによる可愛い小鳥グッズ販売などなど。盛りだくさん鳥だくさんの企画で開催されます。

                        ※撮影:オザ兵長とオザ兵長の弟子
〈名古屋 鳥フェス2016開催概要〉
1.イベント名:「名古屋 鳥フェス2016〜小鳥スイーツとことりグッズ大集合!〜」
2.期間:
・7月30日(土)11:00〜19:00
・7月31日(日)11:00〜17:00
※ラストオーダー 30日18:30/31日16:30(インコカレー:無くなり次第終了)
3.場所:「BALIHAI名古屋栄店」(愛知県名古屋市中区栄4−4−13)
4.入場料:300円/粗品付(小学生以下無料)
5.前売券:「チケットぴあ」にて販売開始(http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1635256
6.出展予定:ことりカフェ/BIRDSTORY/青いことり工房/インコサミット/いんこKITCHEN/ART&CRAFT KOTORI/アトリエ白木蓮/オズマジョ/KAPUSERUDO/CARURU/造形作家Zoe/チヨスケ/TORINOSU/偽菓子処〜十里百/ハニースピッツ/p.com/PIPOO/ひたき工房/ぴよ手帖/ことりちゃん/鳩時計カフェロンドベル/インコのおとちゃん 他
6.主催:ことりカフェ/BIRDSTORY/青いことり工房

■「ことりカフェ」について
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月に「ことりカフェ心斎橋」(監修:株式会社ことりカフェ/運営:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉康一http://www.exceedjapan.co.jp/)をオープン。各店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)、およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062 東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000203.000010272.html

http://archive.is/QGFGQ
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 11:52 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時速160キロで飛ぶ鳥は? : KODOMO【読売新聞2016年7月29日】

【問題】


 大谷翔平投手(日本ハム)が投げる時速160キロ級のスピードで空を飛べる鳥は次のうちどれでしょう?

 

【選択肢】

 A:ツバメ

 B:伝書バト

 C:ケワタガモ

 D:カツオドリ


【解答】

 B:伝書バト

 

【解説】

 飛翔能力と帰巣本能をいかして訓練された伝書バトは、時速約160キロで飛べたといわれています。1960年代まで、軍事用・報道用に利用されました。

 伝書バトよりも速い鳥には、時速約170キロで飛べるといわれるハリオアマツバメがいます。また、ハヤブサは、獲物を追って急降下するときには、時速300キロを超えるといわれています。

 

 そのほかの過去問はこちら。みんなに自慢できる豆知識をゲットしよう!

http://www.yomiuri.co.jp/kodomo/newspaper/quiz/20160727-OYT8T50059.html
http://www.yomiuri.co.jp/kodomo/newspaper/quiz/20160727-OYT8T50059.html?page_no=2

http://archive.is/INjiO
http://archive.is/w1i6P
posted by BNJ at 11:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする