2016年07月24日

『野の鳥と めぐる季節に鳥をたずねて』  武石宣彰 著  (海鳥社・2160円)【西日本新聞2016年7月24日】

『野の鳥と めぐる季節に鳥をたずねて』  武石宣彰 著  (海鳥社・2160円

 「野鳥と季節は切り離せない」と著者。春になると南の国から夏鳥が渡ってくるし、秋になると北の国から冬鳥が渡って来て、冬越しをするからだ。

 本書は、日本野鳥の会大分県支部佐伯地区支部長を務め、バードウオッチャー歴も47年、ライフワークとして四季折々の野鳥の姿を撮影している著者のフォトエッセー。佐伯市近郊を訪れる30を超える鳥たちを四季に分け、第1部では美しいカラー写真で、第2部ではアップの写真とエッセーで紹介している。

 第2部の「夏の章」では、ササゴイ、オオヨシキリ、ブッポウソウ、ミサゴ、コゲラ、カワウ、カワセミ−など夏の鳥たちにまつわる話や意外な生態をエッセーで紹介。「水辺の宝石」と呼ばれるカワセミを好む人が多いのは、カワセミが体の割に頭が大きい二頭身で、人は二頭身のバランスをかわいいと思うのではないかと推測し、「宝石のごとききれいな衣装をまとい、二頭身のキュートさと大きな黒き瞳に多くの人が魅了されるのである」とつづっている。
http://www.nishinippon.co.jp/nlp/book_kyushu/article/261080

http://archive.is/fxHMD

Amazon.co.jp

野の鳥と: めぐる季節に鳥をたずねて

新品価格
¥2,160から
(2016/7/24 23:06時点)




楽天市場

【送料無料】 野の鳥と めぐる季節に鳥をたずねて / 武石宣彰 【単行本】

価格:2,160円
(2016/7/24 23:06時点)
感想(0件)


posted by BNJ at 23:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなの掲示板 7月24日【佐賀新聞LiVE2016年7月24日】(東よか干潟/探鳥会)

■24日の催し

 増田神社夏祭り(唐津市肥前町・高串漁港)◆全日本カブト虫相撲大会 多良場所(太良町・佐賀西部コロニー)◆7月探鳥会「東よか干潟観察会」(佐賀市東与賀町・東よか干潟展望台)◆観光と物産まつり 玄海町花火大会(玄海町・玄海町いこいの広場)

■行政・人権相談

【行政相談】

25日 神埼市役所(13時〜16時)

26日 小城市役所西館(10時〜15時)

27日 佐賀市富士支所(10時〜12時)▽鳥栖市役所(9時半〜15時半)▽白石町交流館ゆめてらす(9時〜12時)▽武雄市役所(9時〜12時)

【人権相談】

25日 神埼市役所(13時〜16時)

26日 佐賀市役所(13時半〜16時半)▽小城市牛津公民館(13時半〜15時半)

■巡回車 25日

 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県医師会メディカルセンター(予約制)▽8時半=小城市・三日月保健瀬福祉センターゆめりあ、神埼市・神埼中央公民館▽8時45分=唐津市・肥前町保健センター(予約制)

 ◆子宮がん・乳がん検診 8時=佐賀市・県医師会メディカルセンター(予約制)▽8時半=小城市・三日月保健瀬福祉センターゆめりあ(乳がん検診のみ要予約、子宮がん検診は10時開始)▽9時=鳥栖市・鳥栖市保健センター(予約制)▽13時=唐津市・肥前町保健センター(予約制)

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

■イベント

 ◆観光シンポジウム「第3回おもてなしセミナーinからつ」

 (25日13時半、唐津市相知交流文化センターサライ)ジャパンインバウンドソリューションズの中村好明社長が「観光立国革命〜インバウンド戦略とからつの未来〜」、東洋文化研究者のアレックス・カー氏が「美しき日本を求めて」で基調講演し、パネルディスカッションもある。定員300人。参加無料。事前にファクスで申し込みが必要。問い合わせは唐津観光協会、電話0955(74)3355。ファクス同(74)3365。

 ◆第11回服巻医院・老人ホーム桜夏祭り

 (30日17時半、唐津市船宮町の服巻医院)地元ボランティアによるフラダンスや歌、踊りが披露される。お楽しみ抽選会や露店も。電話0955(72)2360。

■展覧会

 ◆第32回郷土作家展

 (28日まで、鹿島市古枝下古枝の祐徳博物館)絵画、染色、陶芸、七宝の郷土作家10人による作品展。日展や二紀会、独立美術協会、日本工芸会など中央各会派・所属を代表する著名作家による新作、力作。大人300円、大高生200円、小中学生100円。電話0954(62)2151。

 ◆「有田焼創業400年記念 古伊万里の逸品」展

 (8月7日まで、有田町赤絵町の今右衛門古陶磁美術館)1616年に陶磁の原料となる磁石が発掘されて以降、数多くの焼き物が生みだされた有田において、17〜18世紀に製造された逸品を紹介。素朴で粋な初期伊万里、力強い色調の初期赤絵、欧州を魅了した輸出伊万里など、有田の多様な魅力を伝える作品群を並べる。一般500円、小中高生無料。電話0955(42)5550。

 ◆企画展「よろいかぶと−甲冑(かっちゅう)入門−」

 (9月4日まで、佐賀市城内の県立佐賀城本丸歴史館)「佐賀の乱」の災禍によりほとんどが焼損したものの、当時の佐賀の武士のこだわりや実用性、美意識を今に伝える鍋島藩の具足や甲冑。佐賀市の高傳寺に伝わる甲冑姿の藩祖・鍋島鍋茂像や、歴代藩主の焼損具足を同館で初公開し、佐賀藩主のお好みの移り変わりをたどる。電話0952(41)7550。

■近県

 ◆親子でみる美術展「二の丸トラベル」

 (8月21日まで、熊本市中央区の熊本県立美術館)「旅」を題材に参勤交代などで使われた道具や工芸品など。一般270円、大学生160円。問い合わせは熊本県立美術館、電話096(352)2111。

 ◆松井えり菜展―顔の惑星―

 (9月19日まで、鹿児島県姶良郡湧水町の霧島アートの森)個性的な自画像で知られる画家、松井さんの作品展。「循環」をコンセプトに、顔だらけの世界の中で1人の魂がリサイクルしながら創造されていく宇宙を表現する。新作をはじめ、絵画、立体、インスタレーションなども。一般800円、大高生600円、小中学生400円。電話0995(74)5945。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/336997

http://archive.is/YXJ2C
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひと交差点 幻の鳥、表情一冊に 田中博さん /北海道【毎日新聞2016年7月24日】(既報関連2ソース)

 写真集「シマフクロウの聲(こえ)がきこえる」(共同文化社、2700円)を出版した旭川市のカメラマン・田中博さん(66)。「シマフクロウに負担をかけない撮影に徹した」と撮影当時を振り返る。

 国の天然記念物シマフクロウは、道内に約140羽しか生息していない幻の鳥。1990年に初めて出合い、アイヌ語で「村の守り神」(コタン・コロ・カムイ)といわれるシマフクロウの気高さに魅了された。「ありのままを撮りたい」と大雪山や十勝、知床通いが始まった。

 つがいの縄張りや行動を把握するまでの1年半、シャッターは1度も切れなかった。自身を受け入れてくれるまで根気強く待ち、撮れるようになってからもストロボ発光を最小限にとどめるなどした。

 写真集には約80点を収録。雪の上に舞い降りた瞬間の鋭い眼光や、樹上でリラックスし、あくびしている瞬間など、七変化する守り神の表情が詰まっている。【本間浩昭】
http://mainichi.jp/articles/20160724/ddl/k01/070/063000c

http://archive.is/mbc5t
旭川の書店で「シマフクロウ」写真展 旭川市在住の写真家が新刊出版記念で【旭川経済新聞2016年7月2日】
シマフクロウの生態切り取る 旭川・田中さんが写真集【どうしんウェブ2016年4月21日】

Amazon.co.jp

シマフクロウの聲がきこえる。

新品価格
¥2,700から
(2016/7/24 11:31時点)




楽天市場

シマフクロウの聲がきこえる。 [ 田中博(1949- pub.2016) ]

価格:2,700円
(2016/7/24 11:31時点)
感想(0件)


posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都水族館のペンギン「からす」のひながイケメンに成長 泳ぎは練習中【烏丸経済新聞2016年7月21日】(ケープペンギン)

生後142日目の「からす」のひな

 京都水族館(京都市下京区観喜寺町、TEL 075-354-3130)で現在、ペンギンの「からす」のひなが泳ぎの練習をしている。

からすとひなの比較

 京都水族館のペンギンは京都の通り名にちなんだ名前で、からすは「烏丸通」に由来する。兄の「さん」(三条通に由来)を追い掛けてばかりだったが、同館生まれの「てら」(寺町通に由来)とつがいになった。

 今年3月に66グラムで誕生したひなは、7月19日の体重測定で2716グラムと、成鳥と変わらない大きさにまで成長。血液検査の結果で雄と判明した。館で一番の美人と呼び声高い「てら」の血を引き、顔立ちのはっきりした「イケメン」と飼育員の間で言われているという。

 「3つ全ての岸から上がれる」「水深が深いエリアに2回往復できる」といった「遊泳テスト」をクリアした4羽が先に展示エリアデビューを果たしている中、ひなはプールに直結していないバックヤードで過ごす。飼育スタッフの明石富美子さんは「水場の興味も薄い方で、成鳥のように泳げるようになるにはもう少し時間がかかりそう」と話す。

 開館時間は10時〜18時(7月23日〜8月12日は10時〜20時、8月13日〜15日は8時30分〜21時)。入館料は、一般=2,050円、大学・高校生=1,550円、小・中学生=1,000円ほか。
http://karasuma.keizai.biz/headline/2618/

http://archive.is/KcbOw