2016年07月27日

海鳥が風速データ収集=衛星を補完、予測に貢献−東大など【時事ドットコム2016年7月27日】(オオミズナギドリ)

海上の風速・風向データ収集に用いられるオオミズナギドリ(東京大大気海洋研究所・後藤佑介さん提供)
 東京大や北海道大、名古屋大などの国際研究チームは25日までに、小型の全地球測位システム(GPS)を装着した海鳥の飛行速度から、海上や沿岸の風速を精密に測定することに成功した。海上で実測した風速データは、気象予測などの精密化には欠かせないが、人工衛星や海上ブイでは不十分で、新たな手段が求められていた。論文は近く、米科学アカデミー紀要に掲載される。
 海上の風向きや風速は、地球全体の大気や海流などをシミュレーションで再現する地球科学には欠かせない基礎データで、衛星観測などが行われている。しかし、衛星は同一地点を1日2回しか観測できない上、陸地からの電波の反射で沿岸部が測定できないなどの課題があった。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072600034&g=soc

http://archive.is/wxxoJ

タグ:研究
posted by BNJ at 22:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漂着物回収 カヌーで 竹野の海岸、中高生がボランティア ジオパークへの理解深める /兵庫【毎日新聞2016年7月27日】(鳥の誤食)

カヌーを操る参加者=兵庫県豊岡市竹野町で、柴崎達矢撮影
 豊岡市竹野町の海岸で26日、中高生による漂着物回収ボランティアがあり、発泡スチロールやペットボトル、瓶などを集めて回った。山陰海岸ジオパークへの理解を深める目的があり、絶滅危惧種について学び、カヌーも体験した。

 県内の中学、高校9校の30人が参加した。海岸でごみを拾ったほか、カヌーでは集めたごみを運んだりもした。神戸高専2年の上田篤郎さん(16)は「カヌーは初めて。最初はゆらゆらして難しく、怖かったが、慣れたら簡単で楽しかった」と振り返った。

 県立豊岡総合高2年、前田友梨乃さん(16)は「(事前学習で)鳥や魚が発泡スチロールを食べ、おなかが膨らんで餓死することがあると聞いた。発泡スチロールがたくさん落ちていて拾うのが大変だったが、少しでもそういう生物が助かったらいいと思って拾った」と話した。【柴崎達矢】

〔但馬版〕
http://mainichi.jp/articles/20160727/ddl/k28/100/416000c

http://archive.is/peUjS
posted by BNJ at 21:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タンチョウ 夏休み、写生や観察で親しむ 県自然保護センター /岡山【毎日新聞2016年7月27日】

岡山県自然保護センターで暮らすタンチョウのつがい=同センター提供
 国の天然記念物、タンチョウを飼育している和気町田賀の県自然保護センターは、夏休みの子どもたちや親子連れに楽しんでもらおうと、8月7日にタンチョウの写生大会を、毎週末に観察会を開く。いずれも参加無料。

 同センターでは現在、全国で最も多い41羽のタンチョウを飼育。39羽は普段はケージの中で生活し、園外に逃げない2羽は屋外で放し飼いしている。

 写生大会は7日午前9時から。センター研究員が生態などを解説。昼ごろまで写生し、午後は木の枝などを使った工作やスイカの早食い競争などもある。弁当、水筒、写生道具などは持参。定員はないが、8月3日までに申し込みが必要。

 観察会は8月31日までの土・日曜の午前10時半〜同11時半。誕生直後に人が目に入ると自分の親と思い込む習性があることから、飼育係が使うタンチョウのコスチュームを体験着用できる。園内ではタンチョウの生態や飼育の歴史などを説明するパネル展示もする。

 問い合わせは同センター(0869・88・1190)。火曜休園。【石川勝己】
http://mainichi.jp/articles/20160727/ddl/k33/040/552000c

http://archive.is/rkelg
タンチョウの優雅な舞い楽しむ 県自然保護センターでフェスタ【山陽新聞デジタル2015年10月26日】
タンチョウや植物観察しよう 29日、県自然保護センター【山陽新聞デジタル2015年4月25日】

東播磨の絶滅危惧種展 貴重な動植物の写真並ぶ【神戸新聞NEXT2016年7月26日】(コハクチョウ)

貴重な動植物を収めた写真が並ぶ会場=加古川市民ギャラリー
 絶滅が危惧される東播磨の動植物を知ってもらおうと、写真展「いのちのまほろば−播磨のレッドデータから−」(神戸新聞社主催)が26日、JR加古川駅南の加古川市民ギャラリー(カピルビル3階)で始まった。8月8日まで。

 加古川市、加古川観光協会の共催。

 会場には、開発による環境汚染や温暖化の影響を受け、生息が危ぶまれる動植物の写真40点が並ぶ。いずれも環境省と兵庫県のレッドデータブックに記載されている貴重種で、本紙の映像写真部記者が撮影した。天満大池(稲美町六分一)の水面を彩る黄色の花アサザや、越冬のために小野市に飛来するコハクチョウなど、播磨の豊かな自然を紹介文とともに展示している。

 午前10時〜午後6時半(8月8日は午後4時まで)。入場無料。30日午後2〜3時には、環境コンサルタント「一成」代表取締役木下一成さんのギャラリートーク「播磨の環境と生き物」も開く。先着30人。無料。神戸新聞地域活動局TEL078・362・7086

(津田和納)
http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201607/0009323723.shtml

http://archive.is/bnz6v
posted by BNJ at 21:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌山コウちゃん知って コウノトリ初写真展【ニュース和歌山2016年7月27日】

 紀の川流域に飛来する国の特別天然記念物コウノトリ、通称「和歌山コウちゃん」の初の写真展が8月2日(火)まで、和歌山市役所1階で開催されている。

 2012年5月に京都府京丹後市にある人工巣で誕生したオスのコウノトリ。同年9月に和歌山市へ飛来し、その後、紀南や北陸など様々な地域へ移動しつつ、再三、紀の川流域に姿を現している。紀の川本流や支流、用水路でエサを捕獲し、いつしか地域住民から「和歌山コウちゃん」の名で呼ばれる人気者に。今年3月には巣作りをしていたが、現在は兵庫県豊岡市にいるのが確認されている。

 今回、市が「和歌山市にコウノトリが来ているのを知ってもらいたい」と観察を続ける市民の有志8人に協力を求め、写真展を企画した。和歌山コウちゃんが巣にたたずむ姿や、遠く和歌山城をバックに川の上を旋回する姿(写真)など豊かな水環境で暮らす様々な和歌山コウちゃんの表情を見ることができる。また、龍神村の造形作家、溝端秀章さんが4ヵ月かけて制作した、新聞紙アートの和歌山コウちゃんもお目見えする。

 写真を提供した市民は「秋風にのって飛び立つので、秋には再び戻って来てくれると思う」と期待。「紀の川流域の美しさにも注目してもらえれば。いずれ2世が生まれ、川の上空をコウノトリがたくさん飛ぶ日を楽しみにしています」

 土日休み。午前8時半〜午後5時15分。和歌山市文化振興課(073・435・1194)。

(ニュース和歌山2016年7月27日号掲載)
http://www.nwn.jp/news/160727_kou/

http://archive.is/xSVtM
紀ノ川流域で目撃の4歳コウノトリ「コウちゃん」初めて営巣【産経ニュース2016年6月22日】
コウノトリ「コウちゃん」婚活中、巣は作ったがお嫁さんは?…和歌山に飛来して4年、関係者やきもき【産経ニュース2016年5月16日】
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 21:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登別マリンパークにペンギンのひな無事に誕生【室蘭民報ニュース2016年7月27日】(ジェンツーペンギン)

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)で、ジェンツーペンギンのひなが誕生した。6月5日に産まれた卵が7月11日にかえった。現在は体長約20センチ、体重は400グラムほどに成長し、覆いかぶさるように親鳥に見守られながら、すくすく育っている。

 同館によると、今シーズンは、5月に卵がうまくかえらなくなるなど残念な結果に終わったため「今年は諦めていた」が今回、追卵した二つの卵のうちの一つが無事にかえった。

 ひなは現在、ビニールパイプで覆われ石を積み上げた巣の中で、親鳥に温められながら親が口にした餌のホッケやイカナゴを口移しで食べている。時折、親鳥の足元から顔を出し「ピー」と甲高い声を出すなど元気いっぱい。性別は見た目では分からないため、来春以降にDNA鑑定で調べるという。

 飼育課の澤山菜南子さん(33)は「今年はふ化がうまくいかず諦めていましたが、無事に殻を割ってくれて良かった。元気に育ってほしいですね」と話していた。

 誕生したひなは、今年の秋から冬の時季にパレードデビューする予定という。
(高橋紀孝)

【写真=親鳥の足元から顔をのぞかせるひな】
http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2016/07/27/20160727m_05.html

http://archive.is/g3Ru3
登別マリンパークでギングペンギンのひな9月お目見え【室蘭民報ニュース2016年7月22日】

ネズミを「ひょいっ」と捕まえたコウノトリ、ドイツ【AFPBB News2016年7月27日】

独北部のポッゲンハーゲンで撮影されたコウノトリがネズミを捕らえる様子の連続写真(2016年7月26日撮影)。(c)AFP/dpa/Holger Hollemann

【7月27日 AFP】ドイツ北部のポッゲンハーゲン(Poggenhagen)で26日、くちばしを上手に使ってネズミを捕獲するコウノトリの姿が見られた。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3095357

http://archive.is/sJMYz
posted by BNJ at 11:50 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岐阜)山の日、御嶽山は 8月11日祝日に【朝日新聞デジタル2016年7月27日】(ライチョウ)

御嶽山の飛驒頂上(右側)では多くの石像やほこらが信仰登山の歴史を伝える。左側の建物は五の池小屋。中央には白山が見える=下呂市小坂町
 山に親しみ、山の恩恵に感謝する「山の日」が始まり、今年から8月11日が国民の祝日になる。岐阜、長野両県にまたがる御嶽山を中心に、名山と向き合う人たちの姿と思いを追った。

 「ライチョウがいますよ!」。午前6時すぎ、御嶽山9合目の山小屋「五の池小屋」で、同宿した男性が教えてくれた。

 朝食を終えたばかりの宿泊客たちは一斉に外へ。小屋の真下にある五の池周りの草むらで、親子が餌をついばむ姿が見えた。ヒナは5羽。

 ログイン前の続き絶滅危惧種に指定されるニホンライチョウ、高山植物の女王とされるコマクサ……。御嶽山の飛驒頂上(約2800メートル)付近、北御嶽といわれるエリアの見どころは数多い。

 小屋の同宿者のうち、名古屋市名東区から来た70代の夫婦は日本百名山にすべて登った山好き。北御嶽は3回目という。「頂上を目指すのではなく、3千メートル近くで色々な風景を楽しみながらのんびりする。山登りというより、山歩きかな」

 南北約4キロに渡る御嶽山の山頂部。頂上にあたる剣ケ峰は南側にあり、2014年9月に噴火した火口はさらにその南。火口から2キロ以上離れた北御嶽は、噴火直後、噴石被害はなかったという。だが五の池小屋には負傷者を含めて20人以上の登山客が逃げ込んで、一夜を明かした。

 「登山者の安全を守る山小屋の役割を果たせました。当時の記憶はずっと伝え残していきたいと思います」と、小屋の管理人、市川典司さん(46)は話す。噴火以降減った登山客は徐々に戻りつつある。回復基調に弾みをつけるきっかけとして、初の「山の日」に期待をかける。

 「山の日」は行政も動かしていると、市川さんはみる。ふもとの下呂市と林野庁岐阜森林管理署などは20日、御嶽山の小坂口登山道の補修・清掃作業をした。同市小坂振興事務所の担当者は、「登山がより注目される季節を控えて、気持ちよく登ってもらおうと考えて実施しました」と語る。

 「山の日制定記念」として、8月27〜28日、御嶽山飛驒頂上への登山講習を実施するのは、県内の山岳関係者でつくる県山岳連盟だ。主に初心者を対象に、連盟公認山岳指導員が歩行技術などを指導する。

 「雑誌やネットの知識だけで難しい山に挑む人も増えた。自分の技術を見つめる機会にしてほしい」と、連盟の塚原孝司理事長は趣旨を語る(講習問い合わせは090・7024・0102の塚原さんまで。対応は午後5時15分以降)。

 噴火の犠牲になった人たちの慰霊と、登山者数の回復も祈る登山だ。恵みや楽しみを与えてくれる一方、時には極めて激しい力を振るう。山のそうした多面性を教えてくれる象徴的な場所。塚原さんたちは御嶽山をそう考えている。

 五の池小屋管理人を務めて16年になる市川さんには今後の運営について、はっきりした道筋が見えている。火口に近い御嶽山頂上はいま立ち入りが禁止される。だが、「ただ頂上を目指すだけではない登山の、最先端を目指します」。

 お花畑など、小屋周辺を約2時間かけて歩くルートを登山客に紹介するのもその一環だ。「夕暮れ時も楽しんでください。ビールやお茶と一緒に」。小屋の前のテラスから、西側に広がる雲海の向こうに白山の頂が見えた。(永持裕紀)
http://www.asahi.com/articles/ASJ7T3CJGJ7TOHGB002.html

http://archive.is/cXn0x
ライチョウに「大きな影響なし」…御嶽山噴火【読売新聞2016年6月21日】
タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 11:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カイツブリお母さん警戒中 イタチ出没の米子水鳥公園でひな誕生【産経ニュース2016年7月27日】(既報関連ソースあり)

 鳥取県米子市の米子水鳥公園で、イタチを警戒しながら水鳥カイツブリが浮巣(うきす)で温めていた卵がかえり、ひな1羽が姿を現した。ひなは今後、次々に生まれる見込み。

 同公園では今季、子育て中とみられるチョウセンイタチが出没。カルガモの卵やひなが犠牲となり、カイツブリも心配されていた。

 ひなは25日、イタチの通り道にある浮巣で誕生。「ホッとしました。親鳥がイトトンボのヤゴをエサとしてひなに与えていました」と桐原佳介・主任指導員は話す。この日は、別の浮巣でもひな1羽を確認した。

 カイツブリは頭部が黒く、赤褐色の頬の白い線が特徴。潜水が得意な小型の水鳥で全長25センチ。現在、公園内の5カ所で抱卵しており、間もなく誕生ラッシュとなりそう。イタチは最近、水辺に姿を見せていないという。
http://www.sankei.com/region/news/160727/rgn1607270014-n1.html

http://archive.is/Nj3Bb
水鳥カイツブリVS天敵イタチ!…子育て対決でにらみ合い 鳥取・米子水鳥公園【産経WEST2016年7月14日】
タグ:カイツブリ
posted by BNJ at 11:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<社説>ノグチゲラ営巣 米軍優先で森を壊すな【琉球新報2016年7月27日】(既報関連ソースあり)

 国の天然記念物ノグチゲラは非常に特異な鳥だ。沖縄本島北部やんばるの森にしかいない。世界で最も分布域の狭いキツツキの一種だ。

 キツツキの仲間は、名の通り丈夫なくちばしで木をつつき、樹皮下に潜む虫を食べる。だが、ノグチゲラは木だけでなく、地上に降りて土をつつき、セミの幼虫やクモなどを掘り出す。約200種のキツツキの中で、土中から餌を得るのが報告されているのはノグチゲラだけだという。
 さらに毎年同じ雄雌でつがいをつくる「一夫一婦制」で、雌は木をつついて餌を採る一方、雄は地中の虫を掘り出す。餌を食べ分けることで狭いやんばるの森で争わずに生き延び、種を維持したとみられる。いわば、やんばるの森の象徴だ。
 米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)新設計画で、候補地のG、H両地区周辺でノグチゲラの巣穴が少なくとも計29カ所確認されていた。ヘリパッド建設に伴い、那覇防衛施設局(当時)が2007年にまとめた環境影響評価(アセスメント)図書に記されていた。
 同じ調査で、既存のヘリパッドがあったN4地区は巣穴は1カ所だけだった。ヘリパッドの造られていないG、H地区は自然豊かな森の証左になるだろう。
 しかし北部訓練場の部分返還に伴うヘリパッド6カ所の移設先を決めた時、日米両政府は自然保護を優先しなかった。
 優先されたのは、米軍が強く要望したG地区に近い宇嘉川を使った水域訓練と兵士の救助支援訓練ができる場所だった。米海兵隊が「戦略展望2025」で記すように多様な訓練のできる「土地を最大限に活用する訓練場を開発」するための選定だった。
 ノグチゲラは国際自然保護連合や環境省が指定する絶滅危惧種で、保護は急務だ。地元の東村は生息域への無断立ち入りを禁止するノグチゲラ保護条例を制定した。
 種の保存が必要とされているからこそ、ヘリパッドを建設する沖縄防衛局は3〜6月の営巣期間は音の出る工事を休止するとしてきたはずだ。
 県鳥でもあるノグチゲラを残すには、貴重なやんばるの森を維持することである。軍事機能強化を優先して、森を切り開き、オスプレイの音や排気熱で環境を破壊することではないはずだ。
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-324054.html

http://archive.is/MhoAu
ノグチゲラの巣穴29ヵ所 高江ヘリパッド建設地周辺 アセス記載も米軍の運用優先【琉球新報2016年7月26日】
固有種「消えてしまう」 沖縄・高江 生息地破壊に危機感【琉球新報2016年7月26日】
沖縄ヘリパッド移設「工事再開」 反対派と機動隊で騒然【朝日新聞デジタル2016年7月22日】(野鳥営巣時期)
posted by BNJ at 11:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽ばたけパタ崎さん ゆるキャラGP名乗り【河北新報オンラインニュース2016年7月27日】(マガン/蕪栗沼/化女沼/ラムサール条約)

パタ崎さん(中央)を「全国区の人気者に」と開かれた出陣式
拡大写真
 宮城県大崎地方で絶大な人気を誇る市のイメージキャラクター「パタ崎さん」が、10月に松山市で開かれる「ゆるキャラグランプリ2016」に名乗りを上げた。22日に大崎市役所であった出陣式には市職員や夏休み中の幼稚園児ら100人が駆け付け、「パタ崎さん、頑張って」と声援を送った。
 伊藤康志市長が応援のマイクを握り「今や、ゆるキャラは地域振興の主役。パタ崎さんを、松山市での決選投票に送り出そう」と呼び掛けた。「大崎の魅力をリュックに詰めて、日本中をパタパタ飛び回るよ」とのパタ崎さんの決意を、市産業政策課の職員が代読した。
 パタ崎さんは13〜15年の「ゆるキャラグランプリ」にもひそかにエントリーしたが、組織票を持たぬ悲しさで500〜800位台と低迷。1市6町の合併で大崎市が誕生して10周年の今年、「これほどの人気者を地方に埋もれさせておくのは惜しい」と、市がバックアップに乗り出した。
 パタ崎さんは、市内のラムサール条約登録湿地の蕪栗沼や化女沼に飛来するマガンがモデル。大崎のおいしい食べ物と温泉が気に入り、シベリアに帰るのをやめて「みやぎ大崎ふつふつ共和国」の広報大臣に就任した−という設定だ。
 背中の赤いリュックには米どころを象徴するおにぎり、名産のしそ巻き、野菜類のぬいぐるみが入っていて、子どもたちがいつも中を探っている。
 市産業政策課は「今後、引き合いがあればどんなメディアにも顔を出す。ゆるキャラグランプリの公式サイトから1日1回、パタ崎さんに投票してほしい」と呼び掛けている。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160727_13001.html
posted by BNJ at 11:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレミアムシャモロックお披露目【デーリー東北2016年7月27日】(他1ソース)

「青森シャモロック ザ・プレミアム#6」を味わう関係者たち
 六戸ブランド研究会(渡辺俊一委員長)と六戸町シャモロック生産組合(小笠原邦定組合長)が県産地鶏・青森シャモロックをさらに手厚く飼育した「青森シャモロック ザ・プレミアム#6(ナンバーシックス)」を商品化し26日、町や県の関係者に披露した。歯応えのある食感と濃厚な肉質が特徴で、同日から町内の飲食店8店で提供開始。町関係者たちは「町の新たな特産品に」と宣伝に力を入れていく方針だ。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20160726015967.asp

シャモロック#6誕生 うま味と歯応えアップ【河北新報オンラインニュース2016年7月27日】
特別飼育で大きく育った「青森シャモロック ザ・プレミアム#6」
拡大写真
 青森県の地鶏を特別飼育してうま味と歯応えを向上させた最上級の「青森シャモロック ザ・プレミアム#(ナンバー)6」が同県六戸町で誕生し、町内の星野リゾート青森屋・旧渋沢邸で26日、発表会があった。
 飼育期間が通常100日の雄を選抜し、さらに30日間、1平方メートル当たりの飼育密度を5羽から3羽に減らし高タンパクの餌を与える。体重は4キロ超と、3.5〜3.8キロのシャモロックを上回る。
 肉質はシャモロックよりうま味成分のグルタミン酸が約1.6倍、歯応えが約1.4倍にアップする。
 歯応えが物足りないという地鶏ファンの声を参考に、県産業技術センター畜産研究所(野辺地町)と六戸町シャモロック生産組合が飼育法を確立した。
 町生産組合メンバーで、県シャモロック生産協会長の母良田(ほろた)昭さん(59)が県内で唯一生産に取り組む。初年度は10月までに250羽を町内や東京の飲食店に出荷し、一般には販売しない。価格は1羽4000円前後のシャモロックの2倍の1万円前後を見込む。
 シャモロックは津軽や県南の生産者計約10戸で年間約7万羽を出荷する。「#6」は六戸町のブランドに育ってほしいという地元が名付けた。青森屋での提供も検討されているという。
 吉田豊町長は「青森のニンニクが今日あるのは田子町のおかげ。同じように青森シャモロックが有名になるきっかけを六戸でつくれたらいい」と話す。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160727_22004.html

プレミアムシャモロックを発送 六戸町【デーリー東北2016年7月12日】
posted by BNJ at 11:38 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする