2016年07月31日

【大人の遠足】「ギエー」「ギャア」真夏の妖怪の正体は…妖怪が出迎え?! 千葉県立中央博物館大利根分館(香取市)【産経ニュース2016年7月31日】

利根川に関する江戸時代の地誌で「谷原イボ」として紹介された「サンカノゴイ」の剥製=千葉県香取市の県立中央博物館大利根分館(林修太郎撮影)

 夜、何となく目がさえて眠れない。明日に響くから寝つこうと目をぎゅっとつぶっていると、どこからか聞こえてくる「ギャアギャア」という叫び声…。それはもしかしたら妖怪かもしれない。

 千葉県香取市の県立中央博物館大利根分館で、「夏休み展示 妖怪になった動物たち」が開催されている。キツネやタヌキなどの「人を化かす」とされる動物や、奇怪な鳴き声から昔の人が妖怪と勘違いしていたとされる鳥の標本などが説明のパネルとともに展示されている。折しもじめじめとした梅雨の真っ最中。涼やかな雰囲気を求めて車を走らせた。

駐車場にサギ?

 同館はハスの花や「嫁入り舟」で有名な水郷佐原水生植物園のすぐそば。北に利根川が流れる水郷地帯にあり、辺りは水田などののどかな光景が広がる。

 駐車場には、サギのような足を持つくちばしの長い鳥がいた。近づこうとすると飛び立つようなしぐさをするので、仕方なく望遠レンズでカメラに収めた=写真。

 会場に入ると、頭がサルで胴がタヌキ、手足がトラ、尾がヘビという妖怪・ぬえの鳴き声を発するとされる「トラツグミ」やカッパの声の正体ともいわれる「ムナグロ」、墓などから遺体を奪う妖怪・火車の声の主「ゴイサギ」といった鳥の剥製が掲示してあった。

 これらの鳥はくちばしが長いため、絞り出すように「ギャア」と鳴き、夜などにその声を聞いた昔の人が妖怪の声と勘違いしたのだという。このほか、江戸で捕らえられたカッパや、関東のカッパの元締めだという「ねねこ河童」の図なども展示してあった。

 「カッパの薬」の伝説がこの辺りには伝わっている、と主席上席研究員の糠谷隆さん(61)が教えてくれた。ある人が捻挫などに与田浦の藻が効くというので、毎日水辺に取りに出かけていたところ、浦に住むカッパが感心して練り薬の作り方を教えてくれたのだという。

川に敬意払う

 けがで苦労していた江戸の力士がこの薬を求め、1日1枚ずつ張り替えて13日目でけがを治したことから、薬は『十三枚』と呼ばれるようになったとも。実際に、昭和40年代ごろまで香取市内の病院で作られていたという。

 糠谷さんは続ける。「私は銚子出身なのですが、子供のころ川へ遊びに行くときは『カッパにお供えをしなさい』と親に言われました。カッパというとキュウリを想像するでしょうが、わが家の場合はあんころもちのような甘い物でした。お盆の時期は台風も来るし、川も荒れます。きっと川に敬意を払えということだったんでしょうね」

 取材を終え、駐車場にいた鳥の画像を糠谷さんに見せた。アオサギだという。

 「『ギエー』って鳴くんです。姥火(うばび・うばがび)という妖怪の声とされているんですよ」

 ああ、妖怪が出迎えてくれたのかと合点し、博物館を後にした。(千葉総局 林修太郎、写真も)



 千葉県立中央博物館大利根分館 千葉県香取市佐原ハ4500。JR成田線佐原駅からバスで「水生植物園入口」で下車し600メートル。東関東自動車道潮北ICから5キロ。同佐原香取ICから10キロ。月曜休館。一般200円、高校・大学生100円、中学生以下など無料。「妖怪になった動物たち」は8月28日まで。(電)0478・56・0101。
https://www.sankei.com/premium/news/160731/prm1607310009-n1.html
https://www.sankei.com/premium/news/160731/prm1607310009-n2.html
https://www.sankei.com/premium/news/160731/prm1607310009-n3.html

http://archive.is/8HJWM
http://archive.is/kMtc7
http://archive.is/VS4J6

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギンたちも「土用の丑の日」【読売新聞2016年7月31日】(須坂市動物園/フンボルトペンギン)

ドジョウを捕まえて食べるフンボルトペンギン(30日、須坂市動物園で)
 「土用の丑うしの日」の30日、須坂市動物園(須坂市臥竜)で、フンボルトペンギン10羽に、ウナギの代わりに生きたドジョウを振る舞うイベントが開かれた。

 普段は冷凍のアジを食べているペンギンたちに、暑い夏を乗り切ってもらおうと、同園が企画した。来園した子供たちが水槽から捕まえたドジョウを飼育員がプールに放すと、ペンギンたちは猛スピードでドジョウを追いかけ“夏の味覚”を楽しんでいた。

 ドジョウ5匹を捕まえた諏訪市の小学2年赤羽美宇さん(7)は「私もドジョウを食べてみたいけど、今日はウナギを食べます」と笑顔で話していた。

 同イベントは31日にも開かれる。
http://www.yomiuri.co.jp/local/nagano/news/20160730-OYTNT50152.html

http://archive.is/wdWTs

福井)巣箱作りとムササビ観察会 大野市【朝日新聞デジタル2016年7月31日】(万能巣箱)

巣箱を作る子どもたち=大野市矢

 矢ばなの里(大野市矢)で30日、巣箱作りとムササビの観察会があった。親子連れら約20人が参加し、県産杉の間伐材を使い、野鳥などが入る万能巣箱(縦横各18センチ、高さ30センチ)を完成させた。巣箱はそれぞれ家に持ち帰り、今後の自然観察に役立てる。

特集:どうぶつ新聞
 矢ばなの里では地元住民が中心となり、ユリ科の多年草「カタクリ」の群生地(約3ヘクタール)を公園として整備、周辺の里山を含めて再生している。取り付けた巣箱にムササビが入ったことから、今回の催しを企画した。

 矢ばなの里の高松誠事務局長は「巣箱で里山の自然が身近に観察できる」と話した。観察会では、県自然保護センターの職員がムササビの生態を解説した。(山本潤子)
http://www.asahi.com/articles/ASJ7Z4FPHJ7ZPGJB00D.html

http://archive.is/XWBkc
タグ:巣箱
posted by BNJ at 12:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ウッティー」ハンカチできた 京都・宇治市観光協会【京都新聞2016年7月30日】(宇治川鵜飼)

「ウッティー」のイラストをあしらったハンカチ(宇治市宇治・市役所)

 京都府の宇治市観光協会は、国内初の人工ふ化で生まれた宇治川の鵜飼の「うみうのウッティー」を描いたハンカチを作った。

 一辺22センチの正方形のガーゼハンカチで、綿100%。オレンジとブルーを基調にした2種類で、アユを抱えたり、ジャンプしたりするウッティーのイラストが、かわいらしく描かれている。

 1枚450円。市観光センターやJR宇治駅前の「おみやげプラザ宿木」などで販売している。収益金の一部は、ウッティーの育成に役立てられる。
http://this.kiji.is/132098742303360501?c=39546741839462401

http://archive.is/6hTpK
ウッティー、手綱なし「放ち」挑戦へ 京都・宇治川鵜飼【京都新聞2016年7月20日】
ウッティー公開「かわいい」 京都・宇治川の鵜飼【京都新聞2016年7月17日】
posted by BNJ at 12:20 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高山村で熊の親子目撃 伊那や箕輪でも出没【信濃毎日新聞2016年7月31日】(野鳥撮影中)

 30日午後1時前、上高井郡高山村奥山田の村道で、山林内から出て来た2頭の熊を、日本野鳥の会長野支部幹事の玉木征幸さん(71)=長野市=が撮影した。玉木さんは27、29日にも付近で熊を目撃し、須坂署に通報。同署は村などに連絡し、注意を呼び掛けている。

 玉木さんによると、30日は野鳥の撮影のために山田温泉キッズスノーパーク北側の村道を車で走行中、前方に熊を見つけ、車内から撮影した。熊は親子とみられる。付近に民家などはなく、村道の交通量は多くないという。玉木さんは「短期間に続けて熊を見たのは初めて」と驚いていた。

 伊那市では30日午前10時ごろ、同市ますみケ丘の伊那西小学校西側の市道沿いに熊1頭がいるのを車で走っていた人が目撃し、市に通報した。市耕地林務課によると、付近にトウモロコシ畑があり、食べに来ていた可能性があるという。同日昼には、上伊那郡箕輪町の富田と木下一の宮の間にある林の中で付近の住民が熊を見つけ、町に通報した。29日夕方には伊那市小沢の林の近くで、カブトムシ捕りに来ていた親子が熊1頭を見つけ、市に通報した。

 両市町は安全・安心メールや防災無線で住民に注意を呼び掛けている。
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160731/KT160730FTI090002000.php

http://archive.is/pRt1u
posted by BNJ at 12:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北ア・大天井岳、ライチョウひな少数 信大名誉教授調査【信濃毎日新聞2016年7月31日】(既報関連ソースあり)

ハイマツ帯の中で寄り添うライチョウの母鳥(左)とひな=29日、大天井岳周辺
 ニホンザルによる国特別天然記念物ニホンライチョウのひなの捕食が昨年目撃された北アルプス大天井岳(2922メートル)の一帯で、「信州ライチョウ研究会」会長で、信州大名誉教授の中村浩志さん(69)が30日まで3日間、ひなの生息状況調査を行った。発見したライチョウの雌1羽当たりのひなの割合は、大天井岳一帯は1・7羽で、隣接する常念岳(2857メートル)の3・0羽を下回った。大天井岳一帯ではキツネのふんも数カ所で確認。中村さんは「大天井岳一帯では、キツネなどの侵入で、ひなの捕食が進んでいる可能性がある」としている。

 中村さんによると、ライチョウの雌は毎年産卵し、1羽の雌からふ化するひなは6羽程度。ふ化後1カ月ほど経過したこの時季は、雌がひなを守りながら行動している。

 調査は、猿の群れがライチョウの生息地に侵入するとみられる8月を前に、ひなの生息状況を把握しようと初めて実施。常念岳山頂付近と大天井岳一帯(横通岳〜大天井岳)の二つのエリアで調べた。

 常念岳では5羽の雌を発見。ひなと一緒だったのは4羽で、ひなは計15羽だった。大天井岳一帯では9羽の雌を確認し、ひなが一緒だったのは6羽で、ひなは計15羽だった。ひなを連れていない雌は、野生動物による捕食などでひなを失ったとみられるという。

 常念岳の山頂付近は急な斜面が多く、ライチョウの隠れる大きな岩場も多い。中村さんは「(大天井岳一帯での)昨年の調査中にキツネのふんの中にライチョウの羽が入っていた。一帯は野生動物が侵入しやすいなだらかな斜面が多く、キツネが標高の高い場所まで侵入する頻度が高まっているとみられる」と話す。

 大天井岳一帯を見渡せる東天井岳では今夏、ライチョウ保護のため、県が猿の群れの追い払いを実施する。中村さんは今回の調査を基に、キツネの対策も検討する必要が出てきたとしている。

 中村さんは8〜10月も調査を行い、10月に大町市で開く「ライチョウ会議長野大会」で報告する予定だ。
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160731/KT160730FTI090003000.php

http://archive.is/gIvwG
ライチョウ保護で長野・富山知事、ボランティア組織化一致【産経ニュース2016年7月7日】
南アルプスのライチョウ保護 市民が生息調査を支援【静岡新聞アットエス2016年6月30日】
ライチョウに「大きな影響なし」…御嶽山噴火【読売新聞2016年6月21日】
北限のライチョウ守れ 妙高・火打山 保護へ進む調査【新潟日報モア2016年6月15日】
ライチョウ生息の火打山、カラスやシカが侵入【信濃毎日新聞2016年6月11日】
ライチョウを天敵から守れ 北アでサルにGPS付き首輪【中日新聞2016年6月10日】
ニホンザルによる捕食確認 ライチョウ保護「早急な対策必要」 長野【産経ニュース2015年9月1日】
ライチョウのヒナをニホンザルが捕食 北アの高山帯、国内で初確認【産経ニュース2015年8月31日】
posted by BNJ at 12:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする