2016年08月30日

ネズミ上陸、オオミズナギドリ繁殖に影響? 京都・舞鶴沖の冠島【京都新聞2016年8月30日】(既報1ソース)

オオミズナギドリのひな(京都府舞鶴市沖・冠島)
 京都府舞鶴市教育委員会と冠島調査研究会は、同市沖の冠島で繁殖する府の鳥オオミズナギドリの定期調査結果を発表した。島への定着を引き続いて確認する一方、巣穴の卵のうち、ひなになったのと抱卵中は半数で、ドブネズミの影響が懸念されるという。

 繁殖期に合わせて春と夏に実施。今回は8月19〜22日に滞在し、オオミズナギドリを識別する足輪を確認する標識調査と、ひなの成育状況、ドブネズミ調査を行った。捕獲した606羽中、8割の484羽に以前付けた足輪があり、島への定着を確かめた。

 ひなは、調査区域内の巣穴を撮影。7月の山階鳥類研究所(千葉県)の調査で184カ所の巣穴のうち58に卵があった。今回ひながいたのは26、卵を抱いた親鳥がいたのは3で残り29は卵がなかったりと不明だった。

 伊豆諸島・御蔵島などの他の繁殖地での調査では、ひなの巣立ち成功率は7〜8割の報告がある一方で、外敵がいれば5割程度の場合もあり、冠島でも外敵の存在で巣立ちが減っている可能性があるという。

 今回、ドブネズミにかじられたとみられるひなの死体を1羽確認、ネズミの胃の内容物を調べるため、わなを仕掛けたが、捕獲できなかった。研究会の狩野清貴副会長は、冠島からさらに沖にある沓島(くつじま)にドブネズミが上陸して希少なカンムリウミスズメやヒメクロウミツバメなどの繁殖を妨げることも懸念、「捕獲方法を工夫して調査を続けたい」と話した。
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20160830000029

オオミズナギドリ 第2回冠島調査 ひなや抱卵、半数に 研究会「ネズミの影響大きい」 /京都【毎日新聞2016年8月
 舞鶴市沖の無人島・冠島での府鳥オオミズナギドリの生態について、冠島調査研究会は22日、今年度第2回(19〜22日)の調査結果を発表した。今回は天敵のネズミによるひなや卵への被害も調べた。7月に卵を抱いた成鳥が確認された巣穴のうち、実際に今回ひなや卵があったのは半数。ネズミは捕まえられなかったものの多数目撃されていることから、研究会は秋に再度調査する。

 ネズミ被害の実態調査は、環境省の委託による生態調査の一環で、山階鳥類研究所(千葉県)と合同で実施。山階研が7月、島内3カ所の調査エリアで確認した巣穴184のうち、実際に抱卵があったのは58。今回は3日間、研究会がスコープカメラで巣穴内を調べたが、26カ所にひな、3カ所に成鳥と卵があっただけ。一方、ネズミ捕りわなを3夜の間、計約25カ所に設置、捕まらなかったが作動した跡はあった。被害調査を担当した研究会の狩野清貴副会長は「ひなや卵の数は予想より約2割少なく、ネズミの影響の可能性は大きい」と説明した。

 この他、成鳥の飛来調査で捕まえた個体は606羽と少なめ。うち484羽が過去に標識の足輪を付けられていた。須川恒会長は「捕獲数が少ない時は、再捕獲個体の割合が多い。飛来数の増減もネズミの被害も、続けて調査したうえでのまとめが必要」と話した。

 1961年から年2回調査を実施。今回も研究会、市、西舞鶴高生徒などの計40人が島に渡った。【鈴木健太郎】

〔丹波・丹後版〕
http://mainichi.jp/articles/20160823/ddl/k26/040/431000c

http://archive.is/pKUKY
http://archive.is/XPF2f
オオミズナギドリ 生態調査 個体数は平年並み 舞鶴・冠島 /京都【毎日新聞2016年5月24日】
オオミズナギドリ「冠島に定着」 京都・舞鶴市教委など生息調査【京都新聞2015年8月27日】

posted by BNJ at 21:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンスリーでお楽しみ! 「ことりカフェ」秋の新作スイーツ登場♪可愛くて食べられない?!でも食べたら美味しい!9月はオカメインコと桜文鳥、モモイロインコがケーキに♪【プレスリリース2016年8月30日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、愛鳥家や小鳥ファンにも人気の“小鳥”をモチーフにした新作ケーキ(製造:Patisserie Swallowtail)を2016年9月より月替わりで、「ことりカフェ表参道」にて販売いたします。※9月のマンスリーケーキ:表情いろいろ(?!)オカメインコ/モモイロインコ/桜文鳥。「ことりカフェ」では今後も「可愛くて食べられない!?でも食べたら美味しい♪」“ことりスイーツ”をご提供してまいります。

■「ことりカフェ」とは?
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月に「ことりカフェ心斎橋」(監修:株式会社ことりカフェ/運営:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉康一http://www.exceedjapan.co.jp/)をオープン。各店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)、およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062 東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000211.000010272.html

http://archive.is/01LyG
posted by BNJ at 20:58 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「生き物いっぱいいるね」 荒尾干潟で観察会【くまにちコム2016年8月30日】(ラムサール条約)

荒尾干潟でヤドカリを見つけて喜ぶ参加者=荒尾市
 ラムサール条約に登録された荒尾市の荒尾干潟で28日、生き物観察会があり、熊本市の小学生ら約60人が貴重な干潟が育んだ生物の多様性を体感した。

 再春館「一本の木」財団(益城町)が2008年から県内で年3〜4回続ける環境教育活動で38回目。ラムサール条約登録を機に、荒尾干潟で初めて企画した。

 参加者は雨の中、かっぱ姿で干潟を歩き、カニや貝などを捕まえて、荒尾・岱志高理科部の生徒らと名前や生態を調べた。

 熊本市北区の麻生田小5年の川道大河君は「干潟には想像以上にたくさんの種類の生き物がいて、すごい」と目を輝かせた。

 一行は、南関町の産業廃棄物の管理型最終処分場「エコアくまもと」も見学した。(原大祐)
http://kumanichi.com/news/local/main/20160830001.xhtml

http://archive.is/QVbt3
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

ムクドリの次は「離れザル」鷹匠が現地調査【OBS大分放送ニュース2016年8月29日】

大分市田ノ浦地区でサルによる農作物の被害が深刻化しています。特に今年は家庭菜園まで荒らされており、大分市はムクドリ対策で効果のあった鷹匠による撃退作戦を始めました。イチヂクを狙っているサルの姿。高崎山自然動物園のB群とC群に属していない「離れザル」です。高崎山の隣、田ノ浦地区では3、4年ほど前から離れザルによる農作物の被害が深刻化しています。地区に住む農家の伊藤純一さんは、ビワやイチヂク畑を荒らすサルの様子を目撃しました。伊藤さんが撮影した映像には、イチヂクを持つサルの姿も。特に今年はビワが不作だったため、サルは家庭菜園の野菜や果物まで食べつくしているということです。そこで、大分市が始めたのが「鷹匠によるサルの撃退作戦」です。大分市の中央通りでは今月3日、鷹匠によるムクドリの撃退作戦が実施されました。その効果は絶大で、ムクドリは今のところ中央通りから姿を消しています。今回の標的は離れザル。試験的に実施し、効果を検証します。29日は佐賀県の鷹匠、石橋さん親子と、大分市、それに高崎山管理公社の職員が現地を視察しました。長年地区の住民を悩ませてきた離れザル。サル撃退作戦は9月上旬に実施される予定です。
http://www.e-obs.com/news/detail.php?id=08290034850&day=20160829

http://archive.is/PzNo0
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

琥珀に恐竜時代の鳥類の翼【Natureダイジェスト2016年8月29日】

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160904
原文:Nature (2016-06-28) | doi: 10.1038/nature.2016.20162 | Bird wings trapped in amber are a fossil first from the age of dinosaurs
Rachel Becker

白亜紀の幼鳥の翼が、琥珀の小片の中からありのままの姿で発見された。その特徴の数々は、この原始的な鳥類が、現生鳥類とさほど変わらぬ翼を持っていたことを物語っている。


翼が樹脂に張りついてしまったエナンティオルニス類の鳥(想像図)。 | 拡大する
Chung-tat Cheung
ミャンマー北東部にある中期白亜紀の琥珀鉱床で採集された、わずか数cm3ほどの2つの琥珀片から、約9900万年前に樹脂に閉じ込められたとみられる鳥の翼2枚が発見された。標本はいずれも翼の一部だが、骨や羽毛の他、皮膚などの軟組織の痕跡が立体構造を保持したまま残っており、ここまで見事な鳥類の羽衣の証拠が得られたのは、この年代では初めてのことだという。この発見は、中国地質大学(北京)の古生物学者Lida Xing(邢立達)率いる研究チームによって、6月28日付でNature Communicationsに報告された1。

白亜紀(1億4500万〜6600万年前)の鳥類の羽衣を示すこれまでの証拠は、圧縮化石に残された平面的な標本か、琥珀の中に保存されてはいるものの、どの種のものか全く手掛かりのない単独の羽毛だけだった。

論文の共著者であり、王立サスカチュワン博物館(カナダ・レジャイナ)で琥珀に封入された化石について研究している、古無脊椎動物学の学芸員Ryan McKellarは、「羽毛が骨格と組織を伴う形で発見されたのはこれが初めてです」と話す。

細部に宿る真実


今回発見された化石標本の1つ。翼の下面から見たもので、前縁の羽毛の暗褐色と、白っぽい綿羽および大羽が認められる。 | 拡大する
Royal Saskatchewan Museum/R.C. McKellar
標本の1つでは、翼の先端に見られる小さな爪を取り巻く琥珀部分に、いくつかの爪痕も認められた。その位置関係や周囲の気泡の特徴などから、これらの爪痕は、粘性の高い樹脂にまみれて翼が樹皮から剝がれなくなってしまった鳥が、死に際にもがいたときにできたものだと考えられる。

2枚の翼には共に、羽毛の本来の色合いが残されていた。大部分は暗褐色だが、大羽はやや淡い色のものから白っぽい帯状の模様を持つものまでさまざまで、「小翼羽」と呼ばれる前縁中央部の羽の付け根部分には、白い斑点も見られた。一方、綿羽(下羽)は主に白色だった。

また、羽毛の構造や配置は現生鳥類のものと類似していた。それぞれの骨のサイズがハチドリよりも小さく、発達が不完全なことから、これらの翼は共に幼鳥のものだったことが示唆される。さらに指骨の特徴からは、これらの個体がおそらく、恐竜とともに約6600万年前に絶滅した、爪のある翼と歯を持つ原始的な鳥類エナンティオルニス類の一種であったと考えられる。

ところが、骨は未発達なのに対し羽毛はむしろ成鳥のものに近く、換羽した形跡も認められなかった。これは、この鳥類の発達が速く、現生鳥類に見られるような綿羽のみに覆われた幼鳥期が全くなかったことを示唆している。「簡単に言うなら、この鳥たちは孵化した瞬間から飛べたということです」とMcKellarは説明する。

フィールド博物館(米国イリノイ州シカゴ)で恐竜の研究をしている学芸員のPeter Makovickyは、今回の知見で、二次元の化石から三次元の模型を推測する際に必要な「謎解き」作業がいくらか軽減されるだろうと喜ぶ。

「色や模様が保存されています。そして羽毛の配置も、それらと骨格との関係が三次元で正確に保存されているのです。これほど細かい情報が得られるなんて、本当に素晴らしい標本です」。

(翻訳:小林盛方)
http://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/v13/n9/%E7%90%A5%E7%8F%80%E3%81%AB%E6%81%90%E7%AB%9C%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E9%B3%A5%E9%A1%9E%E3%81%AE%E7%BF%BC/78028

http://archive.is/SlJhh
posted by BNJ at 22:15 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする