2016年08月09日

高知県の龍河洞に20年ぶりの新店 “鶏”カフェ「Cafe Ayam」【高知新聞2016年8月9日】

龍河洞にオープンした「Cafe Ayam」とオーナーの中村さん夫妻(香美市土佐山田町)
自慢は土佐ジロー卵料理
周辺盛り上げ「文化伝えたい」

 土佐ジローの卵を使った料理が看板メニューの「Cafe Ayam(カフェアヤム)」が高知県香美市土佐山田町の龍河洞にオープンし、人気を集めている。土佐市でジローを育てながら、カフェを経営する中村大輔さん(42)、恵利子さん(38)夫妻は、高知県の鶏文化と龍河洞の盛り上げに意欲を見せている。

 カフェがオープンしたのは、土産物店などが並ぶ通りにある「龍河洞国際観光会館」の1階。高知県外の観光客にもジローの魅力を伝えようと、この場所に決めたという。龍河洞保存会の岡崎淳一会長は「龍河洞に新しい店が開くのは20年ぶりぐらい。すごくうれしい」と歓迎する。

 店名は「鶏」を意味するインドネシア語で、店内の雰囲気もアジア調。メニューには、そば粉の薄い生地に土佐ジローの卵を載せたガレット、卵かけご飯、クレープなどが並び、店先では高知県産の小型鶏「プチコッコ」と触れ合うこともできる。

 大輔さんは土佐市新居で、店で使う卵を産むジローを50羽ほど育てている。「光の村養護学校土佐自然学園」の隣に約2千平方メートルの敷地を購入しており、3年ほどかけて千羽の飼育を目指すという。

 高知市出身の大輔さんは東京でシステムエンジニアとして働いていたが、定年後などを考え、2年前の4月に青森県出身の恵利子さんとともに帰郷した。

土佐ジローの卵を使ったガレット

 大輔さんは、ジローの誕生秘話などをまとめた高知新聞連載を書籍化した「幻の鶏 土佐ジロー20歳―スーパーブランドへの軌跡」を読んで養鶏に興味を持ったといい、安芸市や土佐市で飼育のノウハウを学んで、カフェ開店にこぎ着けた。

 5月のオープン以降、多い日には200人以上が来店するという。恵利子さんは「おいしい卵の良さを知ってほしい。プチコッコとの触れ合いとかから興味を持ってもらって、高知の鶏文化も伝えていきたいです」。大輔さんは「龍河洞の交流人口も増やしていきたい」と意気込んでいる。

 カフェの営業は午前10時〜午後6時。夏休み中は、水曜日のみを定休日とする。
http://www.kochinews.co.jp/article/40934

http://archive.is/wAtj7

タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フクロウ 福を運ぶか「ふく」…山口・防府の人気者【毎日新聞2016年8月9日】(既報1ソース)

境内に住みつき参拝者を出迎えるフクロウ=山口県防府市鈴屋の宇佐八幡宮で、松田栄二郎撮影
 山口県防府市の宇佐八幡宮に1羽のフクロウが住みつき、可愛い姿で参拝者を出迎えている。体長約30センチで性別不明。「ふく」と呼ばれ、地元の人気者だ。

 石村守宮司(69)が5月、境内でうずくまっているひなを見つけて保護。約1カ月後、回復して森に飛び立ったが毎朝飛来するようになり、拝殿の中やさい銭箱の上で休む。

 首をくるくる回したり、おみくじをくわえたりして、愛嬌(あいきょう)たっぷり。昔から「不苦労」などの当て字を充てられ縁起がよいとされ、参拝者に「福」を運んでくれるはず。【松田栄二郎】
http://mainichi.jp/articles/20160810/k00/00m/040/055000c

ヒトに救われたフクロウ、参拝者の癒やしの存在に【TBS News i 2016年7月7日】
 山口県防府市の八幡宮に、毎朝、フクロウが現れ、愛くるしい姿で参拝者を出迎えています。
 「視聴者の方から、本殿にフクロウがいると聞いてやってきたんですが、いました、本当にいました。フクロウです、全く逃げないです」(記者)
 フクロウが出迎えてくれるのは、山口県防府市の宇佐八幡宮です。2か月ほど前、宮司の石村守さん(69)が、本殿の裏に衰弱してうずくまっている1羽のひなを見つけました。「ふく」と名付け、元気になるよう鶏肉を与えると、恩を感じたのか、近くに住み着くようになりました。
 「フクロウは縁起のいい鳥と言われる。お宮にすみ着いていることは喜ばしい」(宇佐八幡宮 石村守 宮司)
 最初はソフトボールほどの大きさでしたが、今では30センチほどにまで成長しました。
 「結構重たい。こんなに人なつっこいの」(記者)
 ヒトに助けられたためか、警戒心はほとんどなく、近づいたカメラにはむしろ興味津々です。居心地がよかったのか、そのまま2分ほど、とどまっていました。
 日中は森の中へ姿を消しますが、毎日午前6時ごろにやってきては、参拝者の癒やしの存在となっています。(07日17:36)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2815805.html

http://archive.is/qVXoF
http://archive.is/weNK4
タグ:フクロウ
posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川 希少なアカマダラハナムグリ 昆虫館あすから展示【中日新聞2016年8月9日】(>猛禽(もうきん)類など大型の鳥の巣に産卵)

10日から生体展示されるアカマダラハナムグリの雄=石川県ふれあい昆虫館で

 石川県ふれあい昆虫館(白山市)は同県で四匹しか確認例がなかった希少昆虫アカマダラハナムグリを採取し、十日から三十一日まで館内で生体展示をする。

 アカマダラハナムグリは同県版レッドデータブックでは絶滅危惧遭II類とされている。体長一五〜二〇ミリ程度のコガネムシの仲間でオレンジ色の背面にある黒いまだら模様が特徴。猛禽(もうきん)類など大型の鳥の巣に産卵し、幼虫は鳥が捕ったカエル、魚の肉などを食べて育つ。

 県内ではこれまで、一九六二(昭和三十七)年と九〇年に金沢市で計三匹、二〇〇七年に小松市で一匹が確認されただけだった。

 館職員三人が五月下旬、白山市と近隣で巣を探し、川北町にあったトンビの巣から成虫三匹、幼虫八匹、卵二十八個を採取した。

 生体展示するのは成虫のうち雌雄一匹ずつ。一匹は標本にした。採取した職員の一人、吉田航技師(26)は「卵はすべてふ化した。あまり知られていない生態も調べる」と話した。 (松本芳孝)
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20160809/CK2016080902000043.html
posted by BNJ at 21:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜の水族館「面白いね」、室蘭で親子15組が生態観察【室蘭民報2016年8月9日】(フンボルトペンギン)

 市立室蘭水族館(木村昭夫館長)の夜の水族館親子見学学習が6日夜、室蘭市祝津町の同館で行われた。参加した親子は、日ごろ見られないアザラシや魚などの夜の生態を観察した。


 小学生を対象に応募し、抽選で選ばれた15組30人の親子が参加。職員の案内で懐中電灯を手に夜の館内を巡った。本館では、職員が夜の特徴として「サメは瞳孔が開いて目が真ん丸になる」「アブラボウズは模様が濃くなる」など興味深い説明を繰り広げた。

 屋外プールではアザラシの餌やりや、元気に泳ぐフンボルトペンギンの様子も見ることができ、親子に驚きと喜びが広がった。母親の二子まゆみさんと訪れた茉央さん(みなと小4年)は「夜の水族館は初めてでうれしい。サメはちょっと怖かったけど、他はかわいかった」と話した。夜の観覧車から工場夜景も満喫していた。7日も行われた。
(粟島暁浩)

【写真=普段見ることができない夜の水族館を満喫する親子連れ】
http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2016/08/09/20160809e_01.html

http://archive.is/tQvLG

野鳥の森、行きやすく…軽井沢に新センター【読売新聞2016年8月9日】(ピッキオ野鳥の森ビジターセンター/既報2ソース)

新たにオープンした「野鳥の森ビジターセンター」。手前の人工池は冬季にはスケートリンクになる(軽井沢町で)
 ツキノワグマの保護管理や自然体験ツアーを実施している「ピッキオ」(軽井沢町星野)が整備していた、新たな「野鳥の森ビジターセンター」が、今月オープンした。これまでのセンターから北東約200メートル離れた場所に移転・新築。年間約80種類の鳥が観察できる「国設軽井沢野鳥の森」にも行きやすくなった。

 新センターは木造平屋約90平方メートルで、人工池に面している。動植物の標本や剥製などが置かれ、カフェ(有料)も設けられている。桑田慎也代表は「訪れた方の知的好奇心を刺激する場になれば」と話している。

 新センターは通年営業で、営業時間は午前9時30分〜午後5時。入場無料。問い合わせは、ピッキオ(0267・45・7777)。
http://www.yomiuri.co.jp/local/nagano/news/20160808-OYTNT50297.html

軽井沢野鳥の森 新ビジターセンター あすオープン /長野【毎日新聞2016年7月31日】
軽井沢野鳥の森の隣接地に完成した新ビジターセンター
 軽井沢町長倉の国設軽井沢野鳥の森の隣接地に、同町のNPO法人「ピッキオ」などが整備していた新「野鳥の森ビジターセンター」が完成し、8月1日オープンする。南西に約200メートル離れた旧センターから移転・新築し、野鳥の森へ行きやすくなった。

 新センターは木造平屋88平方メートル。動植物の図鑑や標本、剥製などを備え、新たにカフェを設けた。ひょうたん形の「ケラ池」に面し、池は冬にスケート場になる。池を含む敷地は星野リゾート所有地で約5000平方メートル。池の周囲には木道を設け、植栽を施した。

 ピッキオの桑田慎也代表は報道説明会で「野鳥の森と水辺環境があり、池にはトンボやカエルもいて野生動植物と出合う機会が広がる」と話した。

 野鳥の森は標高1000〜1100メートルの国有林にあり、広さ約100ヘクタール。年間で約80種の野鳥が見られ、遊歩道や休憩所が整備されている。徒歩で一周1時間半ほど。新ビジターセンターは通年営業し、入場無料。【武田博仁】
http://mainichi.jp/articles/20160731/ddl/k20/040/152000c

自然体験 ピッキオビジターセンターが8月1日オープン【信濃毎日新聞2016年7月30日】
新たに整備された「ピッキオ野鳥の森ビジターセンター」
 ツキノワグマの保護管理や自然体験ツアーを行う長野県北佐久郡軽井沢町のピッキオは、移転新築した「ピッキオ野鳥の森ビジターセンター」(軽井沢町星野)を8月1日にオープンする。国設軽井沢野鳥の森に隣接する場所で、人工池のほとりに建設。29日、現地で報道関係者向けの説明会があった。

 現センターから北東約250メートルの場所に移転した。池畔に遊歩道のデッキを整備。木造平屋(約90平方メートル)の新センターは遊歩道の一部と一体的に建設した。大きな窓を備えた開放的な造りで、内部にカフェコーナーを設けた。

 池は長方形からひょうたん形に変更。冬季には有料のスケートリンクとして活用する。池の面積は約1080平方メートルで、うち約340平方メートルに製氷のため冷媒が入ったパイプを敷き詰めた。営業期間は11月〜翌3月中旬を予定。

 ピッキオ代表の桑田慎也さん(48)は「生き物についてさらに知りたくなる。訪れた人々にそんな気持ちになってもらいたい」と話した。

 新センターは通年営業。営業時間は午前9時半〜午後5時。入場無料。問い合わせは、ピッキオ(電話0267・45・7777)へ。
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160730/KT160729SJI090016000.php

http://archive.is/U53ae
http://archive.is/ebYDj
http://archive.is/tLwGQ
posted by BNJ at 11:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天然記念物カンムリウミスズメ カラスが捕食【読売新聞2016年8月9日】(既報2ソース)

 門川町の枇榔びろう島で、国指定天然記念物の海鳥・カンムリウミスズメがカラスに捕食される様子を、国内の海鳥研究者らでつくる「海鳥保全グループ」(福島市)が撮影した。グループは「釣り人が残したまき餌がカラスを引き寄せている可能性があり、カンムリウミスズメの生息への影響が懸念される」と指摘している。9月に札幌市で開かれる日本鳥学会2016年度大会で発表する。

 カンムリウミスズメはウミスズメ科で体長24センチ前後。枇榔島や伊豆諸島などで生息が確認されている。飛ぶことは少なく、多くを海上で過ごすという。環境省の絶滅危惧2類(絶滅の危険が増大している種)に指定されている。枇榔島はカンムリウミスズメの世界最大の繁殖地とされている。

 グループは、約20年前から枇榔島で調査を続けている。今回は、捕食された死骸が多く見つかっている実態について、米カリフォルニア州・ポモナ大のニーナ・カーノフスキー教授と共同で調べた。昨年5月から島内にセンサーカメラ(無人撮影装置)計12台を設置。調査には、NPO法人「宮崎野生動物研究会」の中村豊副理事長(65)(宮崎市)が協力した。

 画像を分析したところ、4月29日に回収したカメラ2台に、ハシボソガラスに食べられるカンムリウミスズメが映っていた。ほかにもカラスが頻繁に現れ、岩の下をのぞき込んでいる様子が撮影されていた。抱卵する成鳥や卵を狙って飛来しているとみている。

 また、4月下旬に島南部で行った現地調査では、営巣中のハシブトガラスの巣が一つ見つかったほか、周囲30メートル以内にカンムリウミスズメ15羽の死骸があった。

 グループによると、島内のカンムリウミスズメは1200〜1800組のつがいがいると推定され、カラスも少数のため、今のところ生態系は維持されている。しかし、今回の調査の際、近隣の島で釣り人が残したまき餌を食べたり、餌を待ち構えたりするカラス約30羽が確認されており、投棄された釣り餌がカラスを引き寄せている可能性があるという。

 グループの大槻都子くにこ代表(49)は「カラスの増加を防ぐため、捕食被害の監視が必要。行政や専門家を交え、具体的な調査方法について話し合う必要がある。釣り人もマナーを守ってほしい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20160809-OYS1T50030.html

カンムリウミスズメ 絶滅危惧種 カラスが捕食、写真公開 海鳥保全グループが撮影に成功 門川・枇榔島 /宮崎【毎日新聞2016年6月26日】
 門川町の枇榔(びろう)島で、国指定天然記念物のカンムリウミスズメがカラスに捕食される様子を捉えた写真が初めて公開された。25年以上、カンムリウミスズメの営巣地で毎年調査を続けている宮崎野生動物研究会の中村豊さんらをリーダーとする海鳥保全グループ(本部・福島市)の研究チームが撮影に成功した。

 写真は4月29日に自動撮影カメラから回収したうちの1枚。島の南部にカラスの巣が一つあり、4月の調査で巣の30メートル周囲内に15羽のカンムリウミスズメの死骸を確認。自分の巣内で抱卵するカンムリウミスズメの成鳥や卵を捕食していると考えられたが、これまでは証拠がなく、断定できなかった。

 チームは、島内で確認されるカンムリウミスズメの死骸は大半がカラスの捕食によるものと推定しているが、現段階でカラスによる捕食はカンムリウミスズメの生態に大きな影響を与えるほどではなく、生態系のバランスは保たれていると判断している。

 海鳥保全グループ会長の大槻都子(くにこ)さん(49)は「島は釣りの好ポイントで、今後釣り人が残した餌などでカラスが集まり、数が増えることも考えられる。カンムリウミスズメの生息環境を守るには釣り人のマナーの徹底や一般の人々の理解が欠かせない」と話す。

 チームは現在も調査を続けており、被害状況をまとめたデータを今後さらに解析し、9月に北海道である日本鳥学会年次大会で発表するという。

 カンムリウミスズメは日本近海にすむ海鳥で推定個体数約1万羽。枇榔島は約3000羽が生息する最大の繁殖地で、1991年に環境省の絶滅危惧種に指定されている。【荒木勲】
http://mainichi.jp/articles/20160626/ddl/k45/040/183000c

枇榔島のカンムリウミスズメ、カラスの捕食撮影成功【宮崎日日新聞2016年6月22日】
 全国の海鳥研究者でつくる海鳥保全グループ(大槻都子(くにこ)代表、福島市)は、門川町の枇榔(びろう)島で、国の天然記念物・カンムリウミスズメがカラスによって捕食される瞬間の撮影に成功した。以前から同グループはカラスによる被害を疑っていたが、証拠となる写真撮影は初めて。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_19839.html

http://archive.is/R8joS
http://archive.is/Orooa
http://archive.is/FeLea
絶滅危惧種の海鳥 人工の巣で初めて繁殖に成功【NHKニュース2016年7月23日】
posted by BNJ at 11:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大串亮平さん日本画展 鳥への愛情、色彩に乗せ 14日までギャラリー遊【佐賀新聞LiVE2016年8月9日】

「梅と雀」(25×52センチ)
 花は可憐に咲き誇り、鳥たちの姿も愛らしい。佐賀市の日本画家、大串亮平さん(40)が新作展を開いている。今年のテーマは「いろとりどり」。色の多様性や鳥たちに焦点を当てる。四季折々の花々を背景に、身近な鳥たちの豊かな表情が画面から伝わってくる。

 ギャラリー2階は表装の軸作品で統一した。ほとんどの作品に裏彩色( ...
http://www.saga-s.co.jp/news/culture_ent/10305/342681

http://archive.is/hdIBI
posted by BNJ at 11:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インコカレーの夏!「ことりカフェ吉祥寺」でハシビロコウも♪「いんこキッチン」×「ことりカフェ」特別企画!人気のセキセイグリーンとハシビロコウがカレーになって登場♪【プレスリリース2016年8月9日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、2016年8月11日(木・祝)〜18日(木)迄、インコの形をしたご飯やスイーツを提供する移動式カフェ「いんこKITCHEN」とのコラボ(出張インコカレー企画)として、小鳥ファンに人気のセキセイグリーンとハシビロコウのカレーを、「ことりカフェ吉祥寺」(三鷹の森ジブリ美術館前)にてご提供いたします。期間中、「ことりカフェ吉祥寺」の通常営業(10:30―18:00)の中で、可愛い小鳥たちを観賞しながら、セキセイインコとハシビウロコウをモチーフにしたカレーをお楽しみいただけます(なくなり次第終了。予約不可)。「ことりカフェ」では今後も愛鳥家はもちろん、観光目的や癒しを求める多くの方々に楽しんでいただけるよう、各種イベントや新たなサービスをご提供してまいります。

                               ※撮影:オザ兵長
■「いんこKITCHEN」
インコの形をしたご飯や可愛いスイーツを提供する一日限定の移動式カフェ。東京や横浜をはじめ、札幌等、全国で開催している、小鳥ファンの間で話題のインコカフェ(http://inco-cafe.amsstudio.jp/

■「ことりカフェ吉祥寺」
2014年2月にオープンした「ことりカフェ表参道」に続く「ことりカフェ」2号店として、「三鷹の森ジブリ美術館」目の前にオープン。店内にはサザナミインコやフィンチ類など、「ことりカフェ」1号店の表参道とは異なるタイプの人気の小鳥たち約25羽が集合。表参道店同様、気になる衛生面やニオイについては徹底配慮。また、飲食のメニューも軽食やアルコール類なども充実。地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:不定休)

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000206.000010272.html

http://archive.is/INTeP
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 11:16 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする