2016年08月12日

夏休み自然教室 秩父の自然学ぶ 化石掘りやまが玉作りも 15日まで矢尾百貨店 /埼玉【毎日新聞2016年8月12日】(野鳥の剥製/野鳥の巣箱造り)

「夏休み みんなの自然教室」で万華鏡作りなどを体験する親子ら=秩父市の矢尾百貨店で
 秩父の自然を学ぶ「夏休み みんなの自然教室」が11日、秩父市の矢尾百貨店5階催事場で始まった。地域の自然観察・保護活動を続ける「秩父ネイチャークラブ」(清水孝資代表、会員40人)が同百貨店の協力を得た催し。15日まで。

 会場では、スギやクヌギなどを使い秩父の森を再現。山に生息するツキノワグマやニホンジカ、タヌキ、野鳥などの剥製が迎える。

 初日の11日は、市内で教室を開くなどしている福田久美子さんらが押し花や万華鏡づくりを指導。主婦の久野田友子さんは松ぼっくりを使ったクリスマスツリー教室を開いた。藍の絞り染め体験コーナーも設けられ、たくさんの家族連れが参加していた。

 12日は化石掘り体験教室が開かれるほか、市内で工房を主宰する坂本文雄さんが鳥をデザインしたブローチとストラップ作りを指導する。期間中は他にもろう石まが玉作り(13日)▽折り紙の傘作り、野鳥の巣箱作り(14日)▽竹トンボ作り(15日)などの教室が開かれる。いずれも150〜1000円の材料費が必要。問い合わせは同百貨店(電話0494・24・8233)【岡崎博】
http://mainichi.jp/articles/20160812/ddl/k11/040/099000c

http://archive.is/GAqFx

タグ:巣箱 剥製
posted by BNJ at 23:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憂楽帳 イソヒヨドリの謎【毎日新聞2016年8月12日】

 海岸の岩場に生息するイソヒヨドリ(ツグミ科)という鳥の内陸進出が近年全国で目立ち、バードウオッチャーの間で「なぜ?」と話題になっている。

 市民団体「都市鳥研究会」(事務局・埼玉県和光市)の川内博代表(67)によると、関東ではJR中央線沿線などで目撃が多い。西日本ではさらに報告が相次いでおり、川内さんの昨秋以降の調査では、奈良市などの市街地ですぐに姿を発見でき、それほど多くがすみ着いているとみられる。

 街だけならコンクリートのビル群を磯の岩場に見立てていると考えられなくもないが、奈良・吉野山、和歌山・高野山のように木々が茂る山にもいるから理由が分からない。川内さんは「この謎解きが野鳥観察の面白さの一つだ」と話す。

 雄は全体的に青く腹部が茶色と、カラフルなので見つけやすい。雌は灰色っぽく地味だが、雄と同じく澄んだ声をしているので鳴けば気づく。研究会(電話兼ファクス048・462・7141)は、寄せられる情報などを基に調査を進める。【去石信一】
http://mainichi.jp/articles/20160812/dde/041/070/038000c

http://archive.is/IoM5F
posted by BNJ at 23:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天満屋倉敷店に遊べる水族園! 21日まで【産経ニュース2016年8月12日】(マゼランペンギン)

 倉敷市阿知の天満屋倉敷店で夏休み企画「〜みて、さわって、たのしめる〜遊べる水族園」が開催され、デパートに開かれた臨時水族館を連日、親子連れらが訪れている。21日まで。

 同店5階の特設会場には約60種約500点を展示。観賞用では、映画「ファインディング・ドリー」に登場する熱帯魚のナンヨウハギやカクレクマノミが話題になっており、明るい迷彩柄が特徴のトラウツボなども注目されている。

 体長約20センチのドチザメはおとなしく、さわることができ、子供たちは「すごい、ザラザラ感」と驚いていた。ヒトデなどの「タッチングプール」、金魚すくいやザリガニ釣りなどのコーナーもある。

 期間中の土・日曜は午前と午後に1回ずつ、マゼランペンギンの「お散歩タイム」を設定。ワゴンに乗ったペンギンがフロアを巡り、子供たちが取り囲んでは「わっ、かわいい」と歓声をあげていた。

 入場料は中学生以上が900円、3歳から小学6年は600円。問い合わせは同店(電)086・426・2111。
http://www.sankei.com/region/news/160812/rgn1608120033-n1.html

http://archive.is/hAjRZ

北アルプス・白馬岳ルポ ライチョウや高山植物とふれあい【産経ニュース2016年8月12日】

 国民の祝日「山の日」を迎えるに先立ち記者は7月中旬、北アルプスの白馬岳(標高2932メートル)に登った。満開の高山植物や国指定の特別天然記念物のニホンライチョウに出合い、信州の山の魅力を存分に感じさせられた道中だった。「山の日」を山と人との関わり方を見つめ直す機会にしていきたい。 

 息が上がり、ザックを背負う背中に汗がにじむ。ふと顔を上げると、延々と続く白い壁と、点々と連なる登山者たちの姿が見えた。

 全長3・5キロ、標高差600メートルの白馬大雪渓は日本一のスケールを誇る。涼風が吹き抜け「天然のクーラー」とも呼ばれる。手元の温度計は「11・5度」を指していた。

 雪上を約2時間登り続けると、クルマユリやハクサンイチゲ、オオカサモチなど高山植物のお花畑が目の前に広がった。高山植物の開花の最盛期は7月中旬から8月中旬にかけてだという。ここでは運が良ければライチョウにも出合える。

 高山植物の保護活動などを行う白馬グリーンパトロール隊の石井知之さん(67)は、「今年は暖冬の影響で開花が早い。この時期にも残雪がある白馬岳では、真っ白な雪と、色とりどりの高山植物の共演を楽しんでほしい」と話していた。

 稜線(りょうせん)上のハイマツ帯ではニホンライチョウの親子に出合うことができた。思わぬ遭遇に夢中でカメラのシャッターを切った。人を恐れる様子はなく、すぐ近くまで寄ってきた。

 最近の調査では、ライチョウの国内の生息数は2千羽を切っているとされている。天敵はサルやキツネだけではない。山歩きのマナーを知らない登山者が増加し、登山道周辺のハイマツ帯が踏み荒らされれば生息環境は急激に悪化するのだ。

 山の日制定の趣旨は「山の恩恵に感謝する」。日本国民の誰もがいま一度、山と自分との関わりについて思いをめぐらすきっかけになってほしい。(三宅真太郎)
http://www.sankei.com/region/news/160812/rgn1608120048-n1.html
http://archive.is/g86Z0
タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 23:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中野小跡に追悼石碑【読売新聞2016年8月12日】(東日本大震災/蒲生干潟水鳥)

慰霊塔の「希望の鐘」を鳴らし、犠牲者の冥福を祈る参加者(11日、仙台市宮城野区で)
 東日本大震災を後世に伝えようと、仙台市宮城野区の旧中野小跡地で11日、震災の犠牲者を追悼するモニュメントの完成式典が行われた。

 同小は津波で校舎が被災し、今年3月に閉校している。モニュメントは、近くの蒲生干潟に集まる水鳥などをイメージした慰霊塔や、中野地区の犠牲者約150人の氏名が刻まれた慰霊碑など計7基の石碑で構成。昨年から地区の元住民らが集まってアイデアを練り、市が設置した。

 式典には元住民ら約500人が参加。慰霊塔に設けられた「希望の鐘」を鳴らすなどして、犠牲者に祈りをささげた。夫の晃さん(当時71歳)を津波で亡くした伊藤ミツエさん(71)は、震災の2か月後に生まれた孫の佐藤改あらたちゃん(5)と参列。「当時を知らない世代にも、震災の記憶を語り継ぐことができる場所になるのでは」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/miyagi/news/20160811-OYTNT50312.html

http://archive.is/fXYbG
posted by BNJ at 22:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川県、トキ公開へ概要説明 環境省 新潟で小委員会【新潟日報モア2016年8月12日】

 環境省は9日、新潟市中央区で、トキの飼育状況などを話し合う「トキ飼育繁殖小委員会」を開いた。いしかわ動物園(石川県能美市)で検討されているトキの一般公開に向けて、石川県が公開用施設の概要を説明した。...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20160810272647.html

http://archive.is/zcQJf
石川の分散飼育トキ公開を議論 環境省 新潟で9日会合【新潟日報モア2016年8月5日】

石川の分散飼育トキ公開を議論 環境省 新潟で9日会合【新潟日報モア2016年8月5日】

 県内外に4カ所あるトキの分散飼育施設の中で一般公開に向けた準備が進む「いしかわ動物園」(石川県能美市)について、環境省が9日に新潟市で開くトキ飼育繁殖小委員会で、公開に向けた具体的な議論を始めることが4日、分かった。...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20160805272601.html

http://archive.is/tykNN