2016年08月21日

女の気持ち ヒバリの贈り物 茨城県つくば市・松田幸枝(主婦・78歳)【毎日新聞2016年8月21日】

 ヒバリは有名な鳥だし、たいていの人は知っています。でも私は実際の姿を見ていませんでした。どこかで出合っていたとしても、これがヒバリと認識したことがありませんでした。

 この夏、やっと見ることができたのです。教職を辞してから、メモ程度に残してきたものを整理するつもりで地域の俳句会に参加しました。そこで季語と出合いました。無造作に使っている日本語の中に、俳句をつくる人のための季語という美しい言葉の集団があることに改めて驚き、その中で「揚(あげ)雲雀(ひばり)」「落雲雀(おちひばり)」を知りました。

 6月8日、夫と散策中でした。中空をもがかんばかりに小鳥が羽ばたいています。相当な高みなのに、なおもぐんぐん上昇し、雲間に消えました。思わず「あ、揚雲雀だ」と叫んで夫を驚かせました。初めてのヒバリとの出合いに胸が高鳴りました。

 ならば、きっと雲から出てくる、と歩調を落とし、首の疲れをなだめながら見上げていると、ものの5分もたたないうちに、薄曇りの空から出てきました。いや、落ちてきたと言えるでしょう。初めは小さな「点」だったのが、風の中をやや左斜めに、少しずつ温かみを感じさせるほどの大きさの「もの」になって、羽ばたきを見せることなく、30メートルほど先の草地の中に落ちたのです。あっという間の、これが「落雲雀」なのでしょう。

 季語そのままを空の大舞台で1匹のヒバリが演じてくれました。それを目の当たりにすることができてとてもハッピーな一日でした。
http://mainichi.jp/articles/20160821/ddm/013/070/021000c

http://archive.is/zlGas

タグ:ヒバリ
posted by BNJ at 11:46 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥は自然のバロメーター 藤沢で地球温暖化考える講演会【神奈川新聞ニュース2016年8月21日】

地球温暖化と鳥たちの生活をテーマに開かれた講演会=藤沢市
 地球温暖化と鳥の生活の関連について考える講演会が20日、藤沢市内で行われた。講師の慶応大学特任教授(保全生物学)の樋口広芳さんは、「鳥は自然の変化のバロメーターになる大切な生き物」とし、温暖化に早期に対処するためにも地道な観察が重要になると説明した。

 市民の愛鳥家でつくる藤沢探鳥クラブの主催。毎年8月に例会として鳥をテーマとした講演会を企画している。

 樋口さんは、気温や日照など季節の変化に反応して動植物が示す「生物季節情報」について解説。鳥類がはるか昔から、渡りや鳴き始めなどの現象で多くの季節情報を人間に与えてきた事例を紹介した。

 その上で、極北から越冬のため飛来してくるコハクチョウの数が近年急増していることや、繁殖時期が早まりコムクドリのヒナの食べ物が変化していることを指摘。こうした鳥たちの行動の変化が温暖化進行の兆候になるとし、「人間の健康と同じく自然の健康も早期発見と治療が重要。鳥たちの変化をきちんと記録していく地道な活動が重要で、われわれの身近にも必要な情報が眠っているかもしれない」と述べた。
http://www.kanaloco.jp/article/193991/

http://archive.is/1ezRV
posted by BNJ at 11:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふん害、騒音...ムクドリ対応は 会津若松で追い払い策試行へ【福島民友ニュース2016年8月21日】

ロケット花火に着火する中村さん
 会津若松市のJR会津若松駅前付近で、ムクドリなどのふん害や鳴き声による騒音が問題になっている。対応策を考えようと、20日、同市で勉強会が開かれ、信州大名誉教授の中村浩志さんの指導で市民らが追い払い対策を行い、対策を継続することの重要性を確認した。

 市や市民、NPO法人環境保全会議あいづの協働事業として開かれた。市などによると、同駅前では約6000羽のムクドリが確認されている。同駅近くの商店街では昨年9月から2カ月間、鳥が嫌がる忌避音をビルの屋上から流して追い払ったが、今年6月ごろに戻ってきてしまったという。

 勉強会では、中村さんが鳥の生態などについて講話。市街地にムクドリが集まる原因について「従来のすみかの郊外よりも、フクロウなどの外敵がいない市街地の方が安全で快適であることを学習した結果」と説明し、人と鳥とのすみ分けの必要性を強調。「市街地が危険であることを継続して鳥に学習させる必要がある」と、追い払いのポイントを話した。

 講話後、参加者は駅前に移動し、ロケット花火などを使って実際にムクドリを追い払った。同事業では来年1月まで、ムクドリの動向を見ながらロケット花火の打ち上げや、フクロウの剥製を設置した木の下から鳴き声を流すなど、ムクドリを追い払う対策が行われる。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160821-102442.php

http://archive.is/DZiyj
posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする