2016年08月27日

鵜飼い 初舞台は「合格点」 昨年誕生のウッティー2羽 宇治 /京都【毎日新聞2016年8月27日】(既報4ソース)

鵜飼いデビューした2羽のウッティー=京都府宇治市で、富永浩三撮影
 宇治川の鵜(う)飼い(宇治市観光協会主催)で25日、人工ふ化で昨年誕生した2羽の「うみうのウッティー」がデビューした。初心者マーク付きの綱を着け、ベテランの鵜に交じって機敏に魚を追う姿に、見物客から拍手と歓声が送られた。

 2羽は昨年5月22、25日に相次いで生まれた雄と雌。直前リハーサルでは昨年デビューした長女のウッティーも登場、3きょうだいで競うように魚を取った。判別のため、綱には生まれた順に1〜3の番号札が付けられ、先端部も黄、青、赤に色分けされた。

 デビューを果たした2羽について、澤木万理子鵜匠は「姉に比べ泳ぎも漁も上手。妹はいい動きで魚をよく取っていた。ベテラン勢に見劣りしない。弟は深く潜るのが得意で、舟の動きに慣れればいい鵜になる。どちらも合格点」と話した。

 長女のウッティーは昨シーズン経験を積んでしっかり魚が取れるようになり、初心者マークも取れた。【富永浩三】
http://mainichi.jp/articles/20160827/ddl/k26/040/406000c

宇治川の鵜飼に「ウッティーきょうだい」 昨年生まれ2羽デビュー【産経ニュース2016年8月26日】
 宇治川の鵜飼(宇治市)で、昨年生まれの2羽の「うみうのウッティー」が25日、鵜飼デビュー。一昨年に生まれたウッティーとともに、3きょうだいの鵜飼スタートとなった。

 昨年生まれの2羽は、オスが体重約2.7キロ、メスが同2キロ。小柄の一昨年生まれのメスのウッティー(同1.7キロ)より大きい。

 昨年デビュー時のウッティーと同様、追い綱に「初心者マーク」がつけられた2羽。鵜匠の沢木万理子さんと江崎洋子さんが追い綱を操り、元気に魚を追いかけた。

 宇治川の鵜飼では、ウッティーたちによる追い綱なしでの「放ち鵜飼」の実現を目指しており、沢木さんらは「今年デビューの2羽も、まずは今シーズンの鵜飼で私たちとのつながりを深めるようにして、放ち鵜飼を目指したい」と話していた。
http://www.sankei.com/region/news/160826/rgn1608260063-n1.html

新顔ウッティーデビュー 京都・宇治川の鵜飼【京都新聞2016年8月26日】
専用の綱をつけて鵜飼デビューをした昨年生まれのウミウ2羽(左)らウッティー3きょうだい(宇治市宇治・宇治川)

 全国で唯一、人工ふ化でウミウが誕生している「宇治川の鵜飼」で25日、昨年生まれたウミウ「ウッティー」2羽が鵜飼デビューを果たした。一昨年、初めて人工ふ化で生まれた1羽も一緒で、ウッティー3きょうだいがそろって漁を披露した。

 2羽は昨年5月に誕生。1羽目と同様、生後2カ月からたらいで金魚を追う練習をスタートし、鵜飼の訓練を重ねてきた。この日、ウッティーたちは綱に生まれた順番を示す番号札、昨年生まれの2羽には初心者マークも付けて登場した。

 本番前の報道向けの鵜飼では、3きょうだいは待ちきれないように川に飛び込み、次々に魚を捕まえた。特に3番目のウミウは親代わりの澤木万理子鵜匠が「野生の鵜と一緒でも遜色ない。95点」と太鼓判を押した。続く本番ではウッティーたちは前半と後半に分かれて、先輩のウミウに混じって登板した。

 澤木鵜匠は「優秀な鵜飼の鵜になってくれると思う。鵜飼での動きを見て、来年から放ち鵜飼の練習を始めたい」と話した。「放ち鵜飼」は綱を使わない鵜飼で日本では廃れている。

 今季の鵜飼は9月30日まで。ウッティーたちは連日登場する予定。
http://this.kiji.is/141701987557836284?c=39546741839462401

きょウだいの絆【読売新聞2016年8月26日】
 ◇宇治川

 宇治市の「宇治川の鵜う飼い」で25日、国内初の人工孵化ふかで生まれた「うみうのウッティー」の弟と妹がデビューを果たし、3きょうだいが初共演した=写真=。

 宇治川では、2014年に国内初の人工孵化に成功。昨年5月には弟と妹が生まれた。名前はいずれもウッティーで、それぞれ2号、3号と呼ぶ。弟と妹はこの日、車の初心者マークが付いた手綱につながれて登場。くちばしで突っつき合ってけんかする場面もあったが、沢木万理子さん(42)ら鵜匠に促されると、次々に魚をくわえた。

 沢木さんは「2羽ともかがり火を怖がらない。特に3号は動きがよく、95点」と評価。今年も人工孵化できょうだいがさらに2羽増え、来年からは、手綱を使わない「放ち鵜飼い」に向けた訓練を始めるという。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20160825-OYTNT50245.html

京都)昨年誕生の2羽、鵜飼いデビュー【朝日新聞デジタル2016年8月26日】
【動画】「宇治川の鵜飼」で昨年生まれのウッティー2羽が鵜飼いデビュー=小山琢撮影
写真・図版
競い合うように魚をくわえる昨年生まれのウッティーのメス(右)とオス=宇治市の宇治川
 「宇治川の鵜飼(うかい)」(宇治市)で昨年、人工孵化(ふか)で生まれたウミウのひな「ウッティー」2羽が25日、初心者マーク付きの綱をつけ、鵜飼いにデビューした。

 昨年5月22日生まれのオス(体重2・7キロ=2号)と、同25日生まれのメス(同2キロ=3号)。一昨年生まれのウッティー(メス=1号)と先輩のウミウ3羽を加えた計6羽でチームを組んで舟から宇治川に入り、報道陣の前で初めての鵜飼いを披露した。

 昨夏から「追い綱」をつけて川に入る訓練を重ね、今年7月から、舟に乗る練習も始めていた。

 この日の初鵜飼いでは、体の小さな3号は舟と一緒にうまく動き、鵜匠(うしょう)の澤木万理子さんに「いちばんいい動き」とほめられた。ウッティーたちは今後、状況を見ながら鵜飼いに使っていく予定。

 鵜飼いを主催する宇治市観光協会は、綱でつながないウミウを使った「放ち鵜飼い」のトレーニングを来年から始める計画。昨年生まれの2羽について澤木さんは「今年の鵜飼いで使うことで、鵜匠と鵜の密接なつながりを深められれば、放ち鵜飼いもやっていけるのではないかな」と期待した。(小山琢)
http://www.asahi.com/articles/ASJ8T43WVJ8TPLZB00H.html

http://archive.is/3MLmP
http://archive.is/kxryH
http://archive.is/LEDQJ
http://archive.is/qVTqu
http://archive.is/HCtBA
「ウッティー」ハンカチできた 京都・宇治市観光協会【京都新聞2016年7月30日】
ウッティー、手綱なし「放ち」挑戦へ 京都・宇治川鵜飼【京都新聞2016年7月20日】
ウッティー公開「かわいい」 京都・宇治川の鵜飼【京都新聞2016年7月17日】
ウミウ一家がしっかりお仕事 宇治川の鵜飼、開幕 京都【朝日新聞デジタル2016年7月1日】

posted by BNJ at 21:38 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラスカで鳥インフル=米農務省【時事ドットコム2016年8月27日】(鳥インフルエンザ/H5N2型)

 【シカゴ時事】米農務省は26日、高病原性鳥インフルエンザに感染した野生のマガモをアラスカ州で発見したと発表した。米国で昨年猛威を振るったH5N2型で、このタイプの鳥インフルが確認されたのは1年2カ月ぶり。
 米国では2014年12月〜15年6月に養鶏場などでH5N2型の鳥インフルが大流行し、約5000万羽が殺処分された。今年1月には、これまでと違うH7N8型の鳥インフルがインディアナ州の七面鳥農場で発生した。(2016/08/27-05:50)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082700049&g=int

http://archive.is/YfaCE
posted by BNJ at 11:47 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長良川鵜飼、「閉幕まで鵜舟5隻」 船頭死亡で見通し【岐阜新聞2016年8月27日】

 船頭の死亡事故で、長良川鵜飼(岐阜市)が鵜匠が1人少ない5人で続けられていることについて、細江茂光市長は26日、「寂しさもあるが、今季は鵜舟5隻体制で終えることになるだろう」との見通しを示した。事故の捜査が続いているほか、事故を起こした鵜匠による後任の船頭探しが難航しているため。

 市によると、5人での鵜飼漁は、昭和初期までさかのぼっても記録がなく、異例の状態。細江市長は鵜匠の一子相伝による伝承が再び5隻体制を招く懸念も指摘し「来季は間違いなく6隻体制に戻れるよう、市もいろいろ考えたい」と述べた。

 長良川鵜飼は、開幕直後の5月23日の終了後に杉山市三郎鵜匠(75)の鵜舟に乗る男性船頭=当時(73)=が流され死亡。事故後、中止期間を経て、杉山鵜匠を除く鵜匠5人で再開している。

 岐阜労働基準監督署は16日に杉山鵜匠を労働安全衛生法違反の疑いで書類送検。検察による捜査が続いている。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20160827/201608270852_27923.shtml

http://archive.is/YH8XJ
鵜匠を書類送検 長良川鵜飼、船頭死亡事故【岐阜新聞WEB2016年8月17日】
ぎふ長良川鵜飼 救命着備え再開【毎日新聞2016年5月31日】(他1ソース/既報関連ソースまとめあり)
posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生き生き信州の野鳥 諏訪湖博物館写真展【長野日報2016年8月27日】

信州の自然に生きる野鳥の姿を収めた写真展=諏訪湖博物館・赤彦記念館
下諏訪町の諏訪湖博物館・赤彦記念館で26日から、企画展「風に揺れる緑と光に輝く水辺〜信州の野鳥たち」が始まった。野鳥撮影のスペシャリストでつくる「倶楽部(くらぶ) 鳥見人(とりみにすと)信州」(宮澤富幸代表)が、里山、高山、水辺など多様な環境で生きる姿をとらえた力作70点を展示。美しい自然と野鳥が融和した絵画のような作品、羽音や鳴き声が聞こえそうな臨場感ある作品など多彩な内容。9月25日までで、11日はギャラリートークも開く。

諏訪湖に飛来するオオワシ「グル」の撮影を通して知り合ったメンバーが2010年に結成したグループ。諏訪を中心に上伊那、松本、長野地方の12人でつくり、企画展には9人が作品を出した。

写真は野鳥の生息・活動域別に「里、里山」「高原、高山」「湖、水辺」の3分野で展示した。親鳥の背にひな鳥がもたれ掛かり親子の愛情を感じさせるカイツブリの子育て、朱色のくちばしと羽が印象的なアカショウビンが昆虫をとらえた瞬間の姿、何百羽ものスズメが一斉に飛び立つ迫力の群れ写真など多彩。1点ずつに作者の解説やコメントが添えられており、状況や生態に思いをはせて作品を楽しむことができる。

鳥見人では、野鳥の営みや自然環境を守っていくために鳥との接し方や自然活動のマナーを積極的に学び合っている。宮澤代表は「メンバーそれぞれの気持ちが作品ににじんでいると思う。野鳥に寄せる思いと共に、生き生きと躍動する鳥たちの姿を楽しんでもらえたら」と話している。

午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)。月曜と祝日の翌日休館。入館料は高校生以上350円、小中学生170円。9月11日のギャラリートークは午後1時30分からで、参加無料。希望者は事前に申し込む。

申し込み、問い合わせは同博物館(電話0266・27・1627)へ。
http://www.nagano-np.co.jp/articles/7318

http://archive.is/XwZ9p
posted by BNJ at 11:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

希少種カンムリカイツブリひな2羽確認 鉾田・北浦 関東唯一、8年連続繁殖【茨城新聞2016年8月27日】

24日、北浦北部の湖面を泳ぐカンムリカイツブリの親子(川又利彦さん撮影)
鉾田市の北浦北部で、貴重な水鳥カンムリカイツブリの繁殖が今年も確認された。2009年以降で8年連続だが、例年より少ない1つがい。かろうじて関東唯一の繁殖地の地位を守った。北浦周辺の自然再生を進める会の川又利彦さん(68)が、ひな2羽の写真撮影に成功した。


カンムリカイツブリは準絶滅危惧種に指定されるなどの希少種。国内では琵琶湖と青森県で少数の繁殖が確認されているだけで、北浦は関東唯一の繁殖地とされる。川又さんによると、例年は親鳥とひなで10羽くらいは確認できるという。

7月5日午後、川又さんが新宮小の児童に環境学習を行った際、親鳥と一緒にいるひな2羽を目視で初めて確認した。前日に背中が盛り上がっている成鳥を見つけており、「背中にいるのでは」と予測していた。8月10日午後と24日正午に、沖合にいるところを望遠レンズで写真に収めた。

川又さんは「ひなは順調に育っているようだが、浚渫(しゅんせつ)工事の影響か、今年は1つがいしかいない。岸辺にも近づかないため、見つけるのが難しい」と話した。来年以降、繁殖期(4〜10月)に工事を行わないよう要望したという。

川又さんらは4月、カンムリカイツブリと北浦北部の繁殖地を市の天然記念物に指定するよう申請している。 (島田真太郎)

http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14722100916515

http://archive.is/ArX6w
posted by BNJ at 11:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツバメ、南国へ旅支度 夕暮れ空に大群で乱舞、「集団ねぐら」づくり【福島民友ニュース2016年8月27日】

半田山を背に、夕暮れの空を飛び回るツバメの群れ=午後6時30分ごろ、伊達市梁川町
 福島県伊達市梁川町やながわ工業団地にあるヨシの群生地にツバメが集結し、南国への渡りの準備を始めている。夕暮れになると空を埋め尽くすようにツバメの巨大な群れが右に左に、高く低く乱舞する。

 「福島市小鳥の森」の細井俊宏レンジャーによると、今月上旬ごろから「集団ねぐら」を作り始めた。集団で寝ることで天敵から身を守っているという。

 ツバメは渡りに備え、羽虫などを食べて体重を増やすと、それぞれ集団を離れて南へと移動していく。南への移動は来月まで続くという。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160827-104089.php

http://archive.is/KJ6pP
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 11:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋田YPC展始まる…29日まで【読売新聞2016年8月27日】

力作を眺める来場者(26日、秋田市中通のアトリオンで)
 秋田読売写真クラブ(秋田YPC)による第20回写真展が26日、秋田市中通のアトリオンで始まった。「2016年東日本読売写真クラブ連合展」で優秀クラブ賞を受賞した6枚組写真「鳥海水景色」などの力作48点が並んでいる。風景写真のほか、ほほ笑ましい子どもの写真などを楽しむことができる。29日まで。

 会場では、にかほ市在住の会員・小松芳春さん(76)と岩井敏一さん(68)が撮影した地元鳥海山の景色や野鳥の写真を集めた企画展「彩の鳥海山麓」も同時開催している。蛍が舞う里や雪に覆われた湿原など、名峰がみせる四季折々の表情を切り取った作品に来場者は足を止め、見入っていた。

 秋田市新屋地区の主婦長谷川三子さん(69)は「普段何げなく見ている景色の知らない一面を知ることができた。どれもすばらしい作品ばかり」と感心していた。

 午前10時〜午後5時。入場無料。
http://www.yomiuri.co.jp/local/akita/news/20160826-OYTNT50211.html

http://archive.is/P7EJ1
posted by BNJ at 11:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする