2016年09月03日

野生動物「誤認救護」に注意 「手差し伸べる前に連絡を」 保護センター、今年8件確認 /岡山【毎日新聞2016年9月3日】(フクロウ)

野生動物をむやみに保護しないよう呼びかける服部花奈子さん=岡山市北区京山2の県鳥獣保護センターで、林田奈々撮影
 野生の動物の子どもや鳥のヒナを「親とはぐれた」などと勘違いして保護してしまう「誤認救護」が毎年、春から夏にかけて起きている。事故に遭った動物の保護などにあたる県鳥獣保護センター(北区京山2)は今年、8件(2日現在)を確認し、これらを引き取った。センターは「誤認救護は『動物の誘拐』。手を差し伸べる前に考えてほしい」と注意を呼びかけている。【林田奈々】

 センターによると、誤認救護は人間側の勘違いで起こる。あるフクロウのケースでは、巣立ち直後でまだ外見もヒナに近く、うまく飛べずに路上にいたところを、見つけた人が心配になって自宅に連れて帰った。しかし、フクロウは餌を食べるそぶりを見せず、どうしていいか分からなくなってセンターに連絡。保護から数日たっており、「親元に戻すのは難しい」と判断し、やむを得ずセンターで預かったという。

 他にも、巣の引っ越しのために一時的に親と離れて隠れていた野ウサギやタヌキの子どもなどが誤って保護されることが多い。幼い野生動物は、親とはぐれると餌の取り方など自然界で学ぶべきすべを身につけることができなくなる。

 センターは、保護して1日程度しか経過していなければ、元の場所に戻すよう指導しているが、引き取らざるを得ないケースは毎年10件前後ある。引き取った鳥獣は一定期間飼育してから野生に返しているが、人間に育てられた動物が野生に戻って生き残る確率は3割以下という。

 センター獣医師の服部花奈子さん(25)は「野生動物を捕まえて飼育するのは鳥獣保護法で禁止されている行為。保護をする前に一度連絡を」と話している。相談は同センター(086・252・2131)へ。受け付けは午前9時〜午後5時、年中無休。

http://mainichi.jp/articles/20160903/ddl/k33/040/612000c

http://archive.is/Ivei9
フクロウ 福を運ぶか「ふく」…山口・防府の人気者【毎日新聞2016年8月9日】
自然界でも元気で 保護のフクロウ巣立つ 渋川【上毛新聞2016年7月29日】
フクロウのフクちゃん、今度こそ山へ帰れるかな? 襲われたイタチにトラウマ 寺で保護受け成長も 兵庫・三田市【産経WEST2016年6月11日】

posted by BNJ at 22:55 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いばらき魅力再発見 守谷市 「野鳥の森散策路」と「鳥のみち」 15年かけ市民らが整備 /茨城【毎日新聞2016年9月3日】

 守谷市の住宅地に囲まれた緑地に総延長約4キロの散策路がある。「守谷野鳥の森散策路」と北側の「鳥のみち」の2ルートだ。それぞれ半分は市道だが、それ以外は市観光協会の市民ボランティアが約15年間かけて完成させた。

 最初に、市立愛宕中学校に接する「野鳥の森散策路」に着手。湿地には木製のフローティングブリッジ(増水時に浮く橋)を整え、2年前に仕上げた。

 「鳥のみち」は14年7月着工、15年4月に開通した。「つくばね森林組合」(石岡市)の協力で杉やヒノキの間伐材約1300本を格安で入手し、木道を造った。表面に樹皮とおがくずを敷き詰めて踏み固め、歩きやすくした。愛宕中生徒や近守谷小児童も手伝った。幅約90センチと狭いが、数十メートルおきの「待避所」で、すれ違うことができる。

 悩みのタネは「鳥のみち」沿いのアシ。放っておくとすぐに人の背丈ほどに成長してしまうため、2〜3週間おきの草刈りが欠かせない。8月中旬の午前6時、観光協会会員数人が現地に集合し、作業に励んだ。会長の作部屋(さくべや)義彦さん(79)は新会員に「もうちょっと根元を。地面を滑らすような感じでやってくれたらいい」と、草刈り機を操るこつを伝授していた。

 市は散策路を含む一帯を「緑の拠点」とし、保全・活用する方向だ。作部屋さんは「民間と行政が手を取り合い、地権者の協力で出来上がった」と胸を張る。

 今夏、守谷小そばの市道沿いに会員が無料専用駐車場(16台)を造成した。散策路の問い合わせは協会事務局の市経済課(0297・45・1111)。【安味伸一】

http://mainichi.jp/articles/20160903/ddl/k08/040/267000c

いばらき魅力再発見 守谷市 「野鳥の森散策路」と「鳥のみち」 浜田耕志さん /茨城【毎日新聞2016年9月3日】
 ◆推薦人

駅からも近く自然たっぷり 浜田耕志さん(国体守谷市・常総市・坂東市準備委員会事務局長)
 守谷駅から歩いて行ける近さで、自然がしっかり残されています。観光協会や小中学生の市民協働によって整備された道。市外からもぜひ、散策に訪れていただきたい。新しい発見もあるでしょう。
http://mainichi.jp/articles/20160903/ddl/k08/040/269000c

http://archive.is/geEFT
http://archive.is/UawaB
posted by BNJ at 22:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(関西食百景)ここだけの話―9月3日配信【朝日新聞デジタル2016年9月3日】(純国産鶏「もみじ」/美豊卵)

純国産鶏「もみじ」を抱く熊野養鶏の熊野憲之社長=愛媛県四国中央市妻鳥町、筋野健太撮影

熊野養鶏の鶏舎=愛媛県四国中央市妻鳥町、筋野健太撮影

■(取材余話)大きな卵工場 消毒から出荷まで

 熊野養鶏は、毎日産まれてくる1万3千個の卵を集め、工場で消毒して発送する一貫体制を整えています。紙幅の都合で紹介できなかった工場の様子を紹介します。

「関西食百景」本編はこちら
バックナンバーはこちら
 まず、夜明けとともに鶏舎で生まれた卵は、パートさんが箱に詰め、社長の熊野憲之さん(46)がその箱を軽トラックに積み、自宅隣にある工場に運びます。

 数人のパートさんが働いている工場の工程は次のように流れています。

 @箱に入れられた卵の上に、アイロンをかけるように吸卵器をかぶせ、いっきに30個をつかみます。それを作業レーンの上ではなします。

 A消毒液を吹きかけます。

 B洗卵機に通します。

 洗卵機の中ではブラシが回転していて卵を磨いています。まるで洗車機のようです。同時に光熱をあてて乾かしてもいます。

 C洗卵機から出てきた卵は、パートさんたちが待ち構えているところで作業レーンから自動的に転げ落ちてきます。レーンに組み込まれているはかりが卵の大きさを調べているからです。

 Dこの工場では、太っちょ(3L)・LL・B品(形が少しいびつなもの)・L・M・小さい――に分類しており、それらをパートさんらがトレーに並べたり網に入れたりします。そして出荷です。

 この工場を仕切っているのが、憲之さんの妻の智子さん(47)です。憲之さんと知り合ったのは高松市の会社員時代。1995年に結婚し、Uターンする憲之さんについてきました。

 ――「農家の嫁」になることに戸惑いはありませんでしたか。

 「まあいいかなと。友達からも『農家の嫁に行くこと、考えたでしょう』と聞かれましたが、ふーん、そういうことも考えんといかんのかなと。鶏の世話をしないでいいと言われていましたし」

 「だから鶏のことは何も知らなかったんですよ。一番びっくりしたのは、子どもが鶏の鳴き声をまねしたときですね。私はてっきりコケコッコーとばかり思っていました。ところが子どもたちはコッコッコッとやっているんです。子どもたちが言うには『オスしかコケコッコーは言わんけんの』と」

 そんな智子さんでしたが、義父の敏彦さん(79)ら家族が毎夜、酒を飲みつつ鶏の話をしているのを聞いているうちに、「私も関わりたい」と思うようになったそうです。3人目の子どもが幼稚園に通い出したころに手伝いを本格的にはじめようと考えていたら4人目を妊娠。工場にベビーベッドを持ち込んで温泉卵づくりやネット詰めをするようになりました。

 2007年からは、この年にできた直営食堂「熊福」の店長さんになりました。また、日本卵業協会(東京都)の三ツ星タマリエ(タマゴのソムリエ)でもありますから、「熊福」を訪ねた際には鶏や卵のあれこれについて智子さんに教えてもらうのも楽しいでしょう。(下地毅)

■挑戦してみては?

◇熊野家特製お好み焼き風「納豆ご飯の卵とじ」

 熊野憲之さん(46)の妻智子さん(47)は、熊野養鶏が直営している食堂「たまご専門店 熊福」(0896・56・5125)の店長さんであり、4人の子どものお母さんでもあります。

 その智子さんが、食べ盛りの子どもたちのために発明したお好み焼き風「納豆ご飯の卵とじ」を紹介します。「作り方はすっごい簡単。しかも栄養たっぷり。量をようけ食べてもらうのにも一番いい」という逸品です。

 材料は、生卵、納豆、刻みネギ、ダシしょうゆ、ご飯。これだけです。

 熊野家ではもちろん生卵に美豊卵(びほうらん)を使いますし、納豆は憲之さんの父敏彦さん(79)のお手製ですが、近所のスーパーで手にはいる生卵と納豆でもかまいません。

【作り方】

@ボウルに生卵1個を落として溶き卵にします。ここに、納豆、ネギ、ダシしょうゆを入れてかき混ぜます。その後にご飯をくわえて再びかき混ぜます。

 熊野家では、茶わん1杯のご飯と大さじ3杯の納豆という割合ですが、好みにあわせて増減してもいいでしょう。

Aフライパンかホットプレートに油をひいて熱します。あとは@をお好み焼きのように焼きます=写真「料理1」。ほんのり焦げ目がついたらできあがりです。

B智子さんは「うちではここで食べます」と言います。よりお好み焼き風にしたいときはソースやマヨネーズ、カツオ節、ネギをかけてもいいでしょう=写真「料理2」。見栄えもよくなります。

 智子さんがこの料理を思いついたのは、子育て中の、それこそホンモノのお好み焼きを作っているときでした。ホットプレートで焼いていると、腹ぺこ状態の4人の子どもたちは待ちきれません。そこでプレートの端っこで焼いてみると、子どもたちの食いつきは抜群だったそうです。以来、熊野家の定番となりました。

 智子さんの思いつきから生まれた完全オリジナルの家庭料理ですから名前はありません。熊野家の子どもたちは「納豆の〜」と呼んでいるそうです。

 これでは読者に分かりにくいかもしれないと考えて、智子さんに無理やり「納豆ご飯の卵とじ」と名づけてもらいました。

◇「ビックリ!ジャンボ出し巻」(3〜4人前)

 取材でお世話になった「蒲公英(たんぽぽ)」専務の大家靖司さん(43)に、お店で提供している美豊卵(びほうらん)を使った巨大だし巻きを作ってもらいました。

@生卵6個をボウルに落とします。「白身と黄身がしっかりと混ざり合う」まで溶きます。前は生卵10個を使っていたそうですが、美豊卵に変えてからは1個のサイズが大きいので6個で十分となったそうです。

A溶き卵に和風だし150ccをくわえます。

 和風だしの作り方は以下の通り。

 水130ccにダシ昆布を入れます。

 火にかけて沸いたらカツオ節を入れます。カツオ節を入れたらすぐに火を止めます。最後に、しょうゆ10ccとミリン10ccをくわえます。

 お店ではカツオ節のほかにも「あるもの」もくわえているそうですが、これは「企業秘密」だそうです。

B和風だしをくわえた溶き卵を、四角い鉄板で焼いてできあがり。

 「ビックリ!ジャンボ出し巻」は、「蒲公英」が大阪市で営む計10店の居酒屋「遊遊」と「たんぽぽ」のうち、「遊遊」で食べることができます。

 「蒲公英」各店のウリは、「産地直送・漁港直送」。各店内や入り口には、食材を取り寄せている各地の農家さんらの写真が誇らしげに飾られています。

 大家さんによると、大阪で飲食店を経営していると「水揚げから2日後に届くのが普通のルート」ということです。そこで「旬のものを直送できないか」と考えて7年ほど前から社長や大家さんらが各地を歩く食材探しを始めました。高知県宿毛市の漁港から始めて、いまでは西日本の各地に魚、野菜、肉の直送ルートを確立しているそうです。そのなかに愛媛県の美豊卵もあります。

 大家さんは取材にこう話していました。「現地に行き、生産者と触れ合い、その思い、情熱、苦労を自分の目で見て自分の肌で触れて、そうすることで僕らもその食材に愛情がわいてきます。熊野養鶏さんにも、うちのスタッフはアルバイトも含めて定期的に訪問させてもらっています。生産者の方も日本各地の人に食べて欲しいと思っている。僕らは生産者とお客さまとのパイプ役です」
http://www.asahi.com/articles/ASJ8L65J2J8LPTIL012.html

http://archive.is/IyLfl
posted by BNJ at 22:46 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(関西食百景)毎日手間かけ 弾むキミ【朝日新聞デジタル2016年9月3日】(純国産鶏「もみじ/美豊卵)

産みたての美豊卵の黄身は膜がしっかりしており、うまくつかむと破れない=愛媛県四国中央市妻鳥町、筋野健太撮影

純国産鶏「もみじ」が産んだ卵がベルトコンベヤーに載って運ばれてきた=愛媛県四国中央市妻鳥町、筋野健太撮影

■愛媛の美豊卵(びほうらん)

 親指と人さし指につまみ上げられた黄身のポスター写真を、大阪市の飲食街で見た。ぽとりと落ちそうな瞬間を凝固させる弾力性に、目を奪われた。

今回の「ここだけの話」
「関西食百景」特集ページはこちら
【100回特集】食百景まんぷくフォトギャラ
 美豊卵(びほうらん)というらしい。その名にもひかれて、愛媛県四国中央市妻鳥(めんどり)町を訪ねた。

 ログイン前の続き熊野養鶏場は山のふもとにある。夏の終わりのセミの声。北向こうに瀬戸内海。この地で盛んな製紙業の煙突が、海岸線の青空に白煙をなびかせている。

 午前6時、養鶏農家の熊野憲之さん(46)が鶏舎の戸を引いた。「入った瞬間、鶏の状態がわかります」。素人の耳には鶏声の大合唱にしか聞こえないが、「オペラ歌手のように響く元気な声」「卵を産んだ自慢の声」「水が無いよと騒ぐ声」……といろいろ違うのだという。

 長さ100メートルの鶏舎を歩く。端に着くと引き返す。隣舎に移り、歩き、引き返す。こうして6棟を一日中ぐるぐる回る。1万5千羽の顔色とトサカの血色、1日に産み落とされる1万3千個の色形に目をこらす。

 「365日、この繰り返しです」。飼育環境の改善やエサの改良など工夫の方法はいろいろあっても、健康な卵づくりには決まり事の積み重ねしかない。

 にしてもなぜ、美豊卵なのか。その名前には、憲之さんの父敏彦さん(79)の祈りのような願いが込められていた。

■卵は私の命 豊かな食卓作りたい

 関西の飲食店経営者でつくる「楽花成(らっかせい)の会」は5年前、熊野養鶏を訪ねた。会員の大家靖司さん(43)は、直営食堂「熊福」のたまごかけご飯に驚いた。「白身までしっかり甘い」

 大家さんが専務を務める蒲公英(たんぽぽ)(大阪市)は、居酒屋10店舗を市内で営む。各地の畑や漁港から買いつけた食材がウリだ。美豊卵(びほうらん)の値はそれまで使っていた卵の3倍したが、「うちで使わせて欲しい」と即決した。

 あのポスターは、蒲公英のもの。新鮮だからこそつまみ上げられる黄身の瞬間を撮った。

    ◇

 熊野敏彦さん(79)が、野菜の行商先で5羽のヒナを買ったのは1955年、17歳の時だ。

 ここから始まる熊野養鶏の歴史は、養鶏農家の戦後史でもある。寝込んだときぐらいにしか口にできなかった貴重品は、高度成長をへて、ありふれたものとなった。だが、エサ代は上がり、問屋には買値をたたかれた。規模拡大で生き残ろうと、4万羽を飼育したが、借金は一時、1億2千万円に膨らんだ。

    ◇

 長男の憲之さん(46)は当初、家業を継ぐ気は全く無く、高松市の商社に勤めた。

 営業先の町工場が、後継者不足から高価な機械を朽ちさせていくのを見た。「もったいねえな」。そこで気づいた。「自分も同じことをしている」

 95年に帰郷。基本を敏彦さんに学びつつ経営の近代化を始めた。鶏のストレスを抑えるため1かご当たり2羽から1羽へ、全体で1万5千羽に減らした。トウモロコシ主体の配合飼料に、米ぬかやおからといった発酵飼料を混ぜ、パプリカやハーブなども忍ばせた。2001年に社長に就任。インターネット販売、「熊福」開店と続けた。

 憲之さんが帰ってきた翌年の96年、敏彦さんは美豊卵と名づけた。「美味(おい)しい卵で豊かな食卓を」という意味だ。

 由来は終戦直後の46年、食糧難の時代にさかのぼる。9歳だった敏彦さんは、産婆さんが駆けこんだ部屋をのぞいた。洗面器2杯の血。38歳の母は出産と同時に、生まれたばかりの妹は5時間後に亡くなった。

 敏彦さんは死の意味を考えた。「家でふんだんに卵を食べられるようになったらええ」

 「熊福」でたまごかけご飯を頼んだ。「卵は私の命」という敏彦さんの言葉が頭をよぎった。ただ黙って食した。(文・下地毅 写真・筋野健太)

     ◇

 日本卵業協会(東京都)によると、国内の卵の普及は昭和30年代。それまでは鶏を木箱や庭で育てていたが、米国式ケージ飼いが導入されて国民1人に1・1羽の時代を一気に迎えた。

 現在は若者の卵離れが指摘される一方、明治以降に広まったという「たまごかけご飯」の再発見も起きている。島根県雲南市吉田町は2005年から地域興しとして「日本たまごかけごはんシンポジウム」を毎年開いている。全国各地でも、専門食堂の開店が相次ぐ。

 海外ではなじみの薄いとされるたまごかけご飯だが、外国人観光客の利用が多い道頓堀ホテル(大阪市)は、「Egg over rice」「日本典型家常早飯」と題した食べ方案内図を美豊卵とともに食堂に置いている。専務の橋本明元さん(41)は「日本文化の体感に卵が一役をかってくれています」

■百店まんてん(契約農場直送たんぽぽ本町店 大阪市中央区)

 美豊卵を使った「金のたまごかけご飯」(税込み419円)や「手作りプリン」(同359円)など。大阪市営地下鉄中央線か御堂筋線の本町駅から歩いて1分。午後5時〜午後11時、日曜祝日休み。大阪市中央区安土町3の2の2中外ビル地下1階。 電話06・6271・4666

■訪ねる

 ◆川之江城 南北朝時代(14世紀)に築かれ、1986年に天守閣や涼櫓(すずみやぐら)などが復元された。午前9時〜午後4時、月曜休み。電話0896・28・6267

 ◆紙のまち資料館 四国中央市で盛んな製紙業について学べ、手すき体験もできる(要予約)。午前9時〜午後4時、月曜と祝日の翌日休み。電話0896・28・6257
http://www.asahi.com/articles/ASJ8N74JTJ8NPTIL011.html

http://archive.is/ztxds
posted by BNJ at 22:43 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする