2016年09月04日

辺野古の外来種対策を勧告 国際自然保護連合が決議 日米棄権、中国は反対【沖縄タイムスプラス2016年9月1日】(日本野鳥の会/ラムサール・ネットワーク日本ほか)

 世界170カ国以上の政府や政府機関、NGOで構成する国際自然保護連合(IUCN)は31日、日米両政府に対し、名護市辺野古を含む沖縄本島の外来種侵入防止対策の強化を求める勧告案を圧倒的多数で決議した。電子投票の結果は843票中、賛成539、反対26、棄権278で、日米両政府は棄権に回った。

沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部

 新基地建設に伴う埋め立てに伴い、日本政府は島外から最大1700万トンの土砂を持ち込む計画。過去に例のない規模のため、沖縄本島にいない外来種が紛れ込み、沖縄固有の生態系を破壊する恐れが指摘されている。勧告の決議で、計画の見直しを求める国際世論がいっそう高まりそうだ。

 決議された「島しょ生態系への外来種の侵入経路管理の強化」は、日本自然保護協会などのNGO6団体が共同で提出。外来種の混入を防ぐため、土砂搬入前に外来種の早期発見方法を確立し、第三者的立場の専門家を関与させるよう日本政府に勧告。米国政府にも日本政府と協力し、本島への外来種侵入を防ぐ適切な方法を求めている。

 勧告に法的な拘束力はないが、案の作成に携わった同協会の安部真理子主任研究員は「国際条約と同じ重みがある。日本政府は誠意と責任を持ち、勧告に従って、直ちに大量の土砂搬入を見直すか、勧告にある全てのことを実行すべきだ」と強調した。

 勧告案は同協会ほか、ジュゴン保護キャンペーンセンター、野生生物保全論研究会(JWCS)、日本野鳥の会、ラムサール・ネットワーク日本、WWFジャパンが2月に提出。文案を巡る議論では日本政府が2度にわたり「辺野古」関連の文言削除を求め、IUCN側が却下していた。

 賛成票は政府(政府機関含む)が80、NGOが459。投票権を2票持つ中国政府が領土問題を背景に反対し、24のNGOも賛成しなかった。棄権票は日米両政府を含む政府が74、NGOが204。

 勧告案は、米ハワイ州で9月1日から始まるIUCNの第6回総会を前に、8月3日から17日まで電子投票にかけられていた。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/60030

http://archive.is/COmMb

posted by BNJ at 22:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外こぼれ話】人を恐れなくなった野鳥100羽超、学校活動を妨害【産経ニュース2016年9月4日】(ガン)

 米南部ウェストバージニア州の高校の周囲に100羽以上のガンが居着いて路上に密集するなどし、生徒の登校や課外活動を妨害して関係者の頭を悩ませている。米メディアが伝えた。

 「講堂まで行くにも、ふんの中を歩かなければならず不快だ」と校長。人々が餌を与えるためガンが人間を恐れなくなったのが原因だとして、地元当局と協力して何とかガンを怖がらせて追い払おうと対策を練っている。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/160904/wor1609040022-n1.html

http://archive.is/VrNa2
タグ:ガン一般
posted by BNJ at 22:06 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

撮影希望!小鳥とスイーツ投稿で「ことりカフェ」写真部からプレゼント♪表参道や吉祥寺の小鳥たちやスイーツをツイッターに投稿して「ことりカフェ」酉年カレンダーやポストカードをゲットしよう♪【プレスリリース2016年9月4日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、2016年9月に発足した「ことりカフェ」写真部企画として、「ことりカフェ」店内の小鳥たちやスイーツを撮影し、twitterで「#(ハッシュタグ)ことりカフェ」を付けて投稿していただいたお客様全員に「ことりカフェ」オリジナルポストカードをプレゼントいたします(会計時スタッフ確認にてお渡し)。さらに100RTされたツイート投稿者には2016オリジナルカレンダーをプレゼント(ことりカフェ表参道か吉祥寺にご来店時お渡し)。「ことりカフェ」写真部では、今後も愛鳥家や小鳥ファン、および写真やカメラ好きの方々に向けた様々な企画をご提供してまいります。

             ※可愛い小鳥やスイーツ写真を投稿してプレゼントをゲット♪
■「ことりカフェ」とは?
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月に「ことりカフェ心斎橋」(監修:株式会社ことりカフェ/運営:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉康一http://www.exceedjapan.co.jp/)をオープン。各店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)、およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062 東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000213.000010272.html

http://archive.is/TXVim
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 22:04 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神奈川)小鳥グッズ5万点 におい楽しめるアイスも【朝日新聞デジタル2016年9月4日】(小鳥のアートフェスタin横浜)

会場には100人を超える作家のグッズがずらりと並んだ=横浜市港南区

 さまざまな小鳥をモチーフにした雑貨やお菓子などの「小鳥グッズ」約5万点をそろえた「小鳥のアートフェスタin横浜」が京急百貨店(横浜市港南区)の7階催事場で開かれている。6日まで。

 イベントは今年で4回目で、毎年県内外から多くの人が訪れる。愛知県豊田市から来た二瓶希美さん(11)は「鳥グッズが増えてうれしい」と笑顔で話した。

 今回は京急百貨店開店20周年記念として、インコカフェ「とりみカフェ ぽこの森」(神戸市)が全国初出店。会場内のイートインコーナーでは、インコのにおいがするという「インコクサイパスタ」や「インコアイス」などが楽しめる。

 午前10時〜午後8時。最終日のみ午後5時まで。問い合わせは(045・848・1111)。(前田朱莉亜)
http://www.asahi.com/articles/ASJ9341K5J93ULOB003.html

http://archive.is/LfYaL
関東最大規模!話題の“インコアイス”“インコサイダー”など約50,000点の小鳥アイテムが集結!【小鳥のアートフェスタ in横浜】9月2日(金)より開催。全国百貨店初登場の「とりみカフェ」や鳥の愛好家でカメラ女子として知られているSKE48高柳明音さんが9月3日(土)10時30分に来場予定。【プレスリリース2016年8月25日】
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 12:08 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

露唯一の国立水族館で首相「イルカも日本から」【読売新聞2016年9月4日】(ペンギン)

水族館を訪れた安倍首相(前列左)、プーチン露大統領(同右から2人目)、韓国の朴槿恵大統領(同右)=ロイター
 【ウラジオストク=寺口亮一】安倍首相は3日、ロシア極東ウラジオストクに新たに建設された同国唯一の国立水族館「アケアナリウム」の開館式にロシアのプーチン、韓国の朴槿恵パククネ両大統領とともに出席した。

 首相は、式典のあいさつで、水族館建設に日本企業の技術が導入されたことを説明し、「水族館で活躍するイルカも日本から来たものだ」と紹介した。今後、日本からペンギンを提供する計画もあるという。

 水族館建設は、極東開発を重視するプーチン氏の肝いりのプロジェクトで、首相には、プーチン氏との信頼関係を温める絶好の機会になったようだ。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160904-OYT1T50005.html

http://archive.is/lVmPL

癒やし、非日常… 多様化する動物カフェ【神戸新聞NEXT2016年9月3日】(追加記事/フクロウカフェ)

フクロウカフェ「ビビ&ジョージ」では店舗前で“散歩”もできる=神戸市中央区栄町通1
飼い主探しも兼ねた「保護犬カフェシェルター ガーディアン」=神戸市兵庫区中道通1

 個性的な「動物カフェ」が兵庫県内にも登場している。犬同伴でくつろげる「ドッグカフェ」や、猫たちと触れ合える「猫カフェ」が癒やしの場として定着して久しいが、フクロウやトカゲなど日ごろ目にする機会の少ない動物と交流できる店も人気だ。触れ合うだけでなく、保護された犬ともらい手の間を取り持つ店もオープン。多様化する動物カフェをのぞいて見ると…。(石川 翠)

 神戸・南京町。観光客らがカメラを向けるのは、スケートボードにちょこんと乗ったフクロウ。くりくりした目で周囲を見回す2羽はフクロウカフェ「ビビ&ジョージ」の“スタッフ”だ。

 同店では13種18羽を飼育。2階が喫茶室、1、3階が触れ合いスペースになっており、1時間1300円(土日祝日はドリンク代別料金)で利用できる。代表の近野吉晴さん(59)が2013年、大阪のフクロウカフェを訪れ、ペットとして2羽を購入。生活しているうちに、気持ちが穏やかになり、「多くの人に癒やしを体感してほしい」と、14年に開店した。その後、近くに別のフクロウカフェもオープンしている。

 フラッシュ撮影の禁止や大きな音を立てないなど、ストレスを与えないための注意事項はあるが、腕に乗せたり、店の周囲を散歩させたりすることができる。当初は大半が女性客だったが、最近では男性や子どもも目立ち、休日は1日100人超が訪れることも。常連客も増え、目当てのフクロウに毎日会いに来る人もいる。

 このほかカメレオンなどが出迎えてくれるは虫類カフェも神戸市内にオープン。トカゲを腕に乗せたり、ヘビを首に巻いたり、普段味わえない体験が人気を呼んでいる。

 一方、飼い主探しを目的にした「保護犬(猫)カフェ」は同市や姫路市に相次いで登場。神戸市兵庫区の「保護犬カフェシェルター ガーディアン」では全国の保健所に収容された犬をカフェで一時的に預かり、もらい手を探している。一般のカフェのようにメニューを注文し、店内で大小さまざまな犬種と過ごすことができる。2年間で約150匹を譲渡しており、「カフェと名付けてハードルを低くし、触れ合うことで引き取ろうという気持ちになりやすい」と代表の秋山文子さん(43)。

 譲渡後も飼い主になった客が犬と一緒に遊びに来たり、相談に訪れたりするといい、その後の支援の拠点にもなっている。秋山さんは「ブームが単なる癒やしだけでなく、動物を大事にする気持ちにもつながれば」と話していた。

 ビビ&ジョージTEL078・391・2960(月曜定休)▽ガーディアンTEL078・381・9890(水曜定休)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201609/0009452380.shtml

広がる動物カフェ ブームの背景に?【神戸新聞NEXT2016年9月3日】
 動物カフェを始めるには、第1種動物取扱業の登録が必要で、神戸市生活衛生課によると、同市内の登録は現在15件。このうち11店が2014年以降に開店した。阪神間や姫路市などの都市部でも広がっている。

 人間と動物の関係に詳しい関西学院大社会学部の奥野卓司教授は、ブームの背景として「住環境の変化と、嗜好(しこう)の多様化」を挙げる。1人暮らしやマンション住まいが増え、動物を飼いにくくなったほか、「SNS(会員制交流サイト)で周囲の目を引くことができ、『人とは違うもの』を選ぶ人が増えたことも要因」と指摘。「わざわざ飼うほどではないが、目新しい動物に触れたいという欲求を気軽に満たすことができるためではないか」と話す。

 動物を扱うため、課題もある。神戸や大阪に出店していたウサギカフェの廃業後にウサギの保護に携わったというNPO法人「ラブ&ピース」(大阪市)の阪上義昭代表理事は「適切な管理や計画的な運営をしない店も一部にある」と指摘し、「店側はできるだけ動物のストレスを軽減するために独自のルールを作ることも大切」としている。
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201609/0009452383.shtml

http://archive.is/rJ71W
http://archive.is/o2U6w

オロロン鳥の化身?【どうしんウェブ2016年9月4日】

三谷さん宅で収穫されたオロロン鳥のようなキュウリ
 留萌管内羽幌町の主婦三谷美恵子さん(73)は2日朝、自宅の家庭菜園で鳥に似たキュウリを収穫した。「まるでオロロン鳥(ウミガラス)みたいな形。かわいくて食べられない」と目を細める。

 オロロン鳥は絶滅が危惧される貴重な海鳥。国内唯一の繁殖地である町内の天売島では今夏、過去20年の調査で最多の13羽のひなが巣立ったことが、環境省羽幌自然保護官事務所によって確認されたばかり。

 三谷さん宅は今年ちょうど築20年。庭の畑も20周年で「こんなキュウリが採れたのは初めて。うちにオロロン鳥が舞い降りてきてくれたようで縁起がいい」。白い皿に載せ、玄関に飾っている。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0312400.html

http://archive.is/90SP9
ウミガラス13羽巣立ち 過去20年で最多 天売島【どうしんウェブ2016年8月20日】
posted by BNJ at 12:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする