2016年09月06日

ムクドリ撃退作戦、成果 大分・中央通り【読売新聞2016年9月6日】

 大分市中心部の目抜き通り「中央通り」の街路樹をねぐらにしているムクドリについて、市が天敵のタカやフクロウを使った「撃退作戦」を試験的に行った結果、群れが通りから姿を消している。市は同作戦が一定の成果を上げたとみている。

 市は8月3、4日、佐賀県の鷹匠たかじょうを招き、上空にタカを放してムクドリの群れを威嚇させたり、街路樹の下でフクロウの姿を見せたりした。ムクドリが危険を感じたときに発する鳴き声もスピーカーで流した。

 市によると、夕方に中央通りにやってきていた約2万羽のムクドリはその後、姿を消した。大音量の鳴き声はやみ、歩道のふん害も解消されているという。

 ただ、群れがどこにいったのかは不明で、再び通りに戻ってくる可能性もあることから、今後も状況を注意深く見守ることにしている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/oita/news/20160905-OYTNT50072.html

http://archive.is/CzvTK
ムクドリの次は「離れザル」鷹匠が現地調査【OBS大分放送ニュース2016年8月29日】
ムクドリ対策「鷹匠」で撃退に成功か 3週間経過、群れ姿消す 大分市長「農作物の鳥獣被害対策に活用も」 /大分【毎日新聞2016年8月27日】

posted by BNJ at 22:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水温上昇の海は「不健全」 世界自然保護会議で警告【AFPBB News2016年9月6日】(海鳥)

白化するサンゴ。インドネシア・ワカトビ県の海で(2011年3月4日提供、資料写真)。(c)AFP/The Nature Conservancy/ROD SALM
関連写真
水温上昇の海は「不健全」 世界自然保護会議で警告
水温上昇の海は「不健全」 世界自然保護会議で警告
水温上昇の海は「不健全」 世界自然保護会議で警告
▶ メディア・報道関係・法人の方向け 写真購入のお問合せ
【9月6日 AFP】地球温暖化により海洋がかつてないほど不健全な状態に陥っており、動物や人の間での疾病感染リスクや、世界各地での食糧安全保障リスクが懸念されているとした広範な科学報告書が5日、発表された。

 査読を経た研究に基づく今回の成果は、世界12か国の科学者80人によってまとめられた。米ハワイ(Hawaii)州で開かれた国際自然保護連合(IUCN)主催の世界自然保護会議(World Conservation Congress)で専門家らが発表した。

 世界各国の指導者と環境問題専門家9000人を集めて開催された今回の会議で、インガー・アンダーセン(Inger Andersen)IUCN事務局長は、「海がこの地球を支えていることは、誰でも知っている。海が人類の絶え間ない呼吸を可能にしていることは、誰もが知っている。それにもかかわらず、われわれは、海を不健全な状態にしている」と述べた。

 報告書の主執筆者の一人であるダニエル・ラフォリー(Daniel Laffoley)氏は、今回発表された報告書「Explaining Ocean Warming(海洋温暖化を説明する)」について、「海洋の温暖化が及ぼす結果に関する、これまでに実行された中で最も包括的で系統的な研究結果」だと説明する。

 ラフォリー氏によると、世界の海水は、気候変動によって1970年代以降に増した熱の93%以上を吸収し、地上で感じられる熱を抑制しているが、これにより、海に生息する生物のリズムが急激に変化しているという。

 IUCNの世界保護地域委員会(World Commission on Protected Areas)の副委員長を務めるラフォリー氏は「海は、人を守る盾となってきたが、このことの影響は決定的に重大だ」と指摘している。

■微生物からクジラまで

 今回の研究は、深海を含むすべての大規模な海洋生態系を対象としており、微生物からクジラまでのあらゆる生物を網羅している。

 報告書には、クラゲ、海鳥、プランクトンなどが、水温の低い極方向に、緯度にして最大10度移動している証拠が記録されている。

 この海洋環境での移動についてラフォリー氏は「進行速度が、地上で現在みられる移動の1.5〜5倍も速い」と説明し、「人類は、海の季節を変えている」と続けた。

 さらに、熱による海水温度の上昇は、微生物が海洋の生息範囲をさらに拡大することを意味している。

 報告書によると、海洋の温暖化が「植物と動物の個体群で、病気の増加を引き起こしている」証拠が、今回の研究では挙げられているという。

 コレラ菌などの病原菌や、シガテラ中毒などの神経障害を引き起こす恐れのある有害藻類ブルームなどは、温暖な海域の方がより容易に拡散し、人の健康に直接的な影響を及ぼす。

 海水温の上昇はさらに、サンゴ礁をかつてないペースで危機的状況へと追い込み、魚の生息環境を消失させていることで、魚種の減少を招いている。

 これらの事態を受け、IUCNの「世界海洋・極地プログラム(Global Marine and Polar Program)」を統括するカール・グスタフ・ルンディン(Carl Gustaf Lundin)氏は、「温室効果ガスの削減が不可欠だ」と強調した。

「この事態は人間が引き起こしていると、きっと誰もが考えているはずだ」と述べるルンディン氏。そして、「解決策が何であるかは分かっている。それを早急に実行に移す必要がある」と続けた。(c)AFP/Kerry SHERIDAN
http://www.afpbb.com/articles/-/3099938
http://www.afpbb.com/articles/-/3099938?pid=18266248&page=2

http://archive.is/Y6UOk
http://archive.is/2al0t
タグ:海鳥一般
posted by BNJ at 21:47 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

養老先生のさかさま人間学 生きるっておもしろい 哺乳類が夕方に動く理由【毎日新聞2016年9月6日】(鳥目)

 暗いより、明るい方がいいですね。でも「暗い方が落ち着く」ということもあります。明暗は、実はどちらがいい、悪い、とかの問題ではないんです。

 ヒトは元々、明るさを好む動物です。夜は寝てしまいます。サルの仲間はふつう昼間に活動しますが、夕方から活動する哺乳類も少なくありません。

 薄暗い時間に活動する哺乳類がいるのは、恐竜がいた時代に祖先が生きていたからだといわれています。

 恐竜は鳥に近いのです。というより、恐竜の一部が鳥として生き残っているんですね。ごぞんじのように鳥は「鳥目」というくらいで、夜になると目が見えなくなります。こわい恐竜が昼間はがんばっていたので、小さかった哺乳類の祖先は恐竜が活動しなくなる時間帯に活動するようになったのかもしれません。でもその恐竜が滅びて哺乳類の時代になったら、遠慮はいらない。サルの仲間のように昼間も活動するようになったらしいんです。

 現代の日本はとても明るいです。これは、人工衛星から写真を撮って、夜の日本を見るとよくわかります。日本全体が、かがやいています。屋外にも照明がたくさんありますからね。

 その写真をよく見ると、海と山脈が黒く写っています。たとえば中部地方なら、鈴鹿山脈が黒く、はっきりと見えるんです。山には照明がありませんからね。

 ここまで明るくていいのだろうか。時々そう思うことがあります。明るい方がいいのですが、夜は元々暗いのですから、屋外は、もっと暗くていいのかもしれませんよ。エネルギーの節約にもなります。(解剖学者・養老孟司、筆文字も)

http://mainichi.jp/articles/20160906/ddl/k09/070/188000c

http://archive.is/yz9Lg
posted by BNJ at 21:41 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わがまち・マイタウン ビオトープに“草原の迷路” 若松 /福岡【毎日新聞2016年9月6日】(サギ/シギ)

 若松区響町1の響灘ビオトープに、草原の草を生かした迷路が登場した。

 春から夏、巣作りをする鳥のために伸びたままにしていた草の一部を刈り込んで、今年初めて作った。広さは約1・6ヘクタールで、草丈は1メートルほどあり、分かれ道や行き止まりがある。迷路内には、ビオトープに生息する生き物が描かれた3種類のカードが隠されており、全て集めると景品がもらえる。

 垂水清一センター長は「迷路では、カエルやコオロギが横切り、園内ではシギやサギが虫などを食べている様子も見られます」と来園を呼びかける。

 迷路は10月末までで、雨天時は中止。開園は火曜日以外の午前9時〜午後5時。ビオトープ093・751・2023。【高芝菜穂子】

〔北九州版〕
http://mainichi.jp/articles/20160906/ddl/k40/040/406000c

http://archive.is/c0K39
posted by BNJ at 21:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキ トキめく輪島 愛称つけず見守る市民 昨春から定着 石川【毎日新聞2016年9月6日】

川から飛び立とうとするトキ=石川県輪島市で2016年7月24日、住民撮影
 新潟県佐渡市で放鳥された国特別天然記念物のトキが本州で唯一、石川県輪島市にすみ着いている。これまで姿を見せた北陸各地では愛称を付けられてきたが、命名と前後して他へ居場所を変えてしまう“ジンクス”もある。輪島市は特段の対応をせず、静かに見守っている。【竹田迅岐、堀文彦】

 毎日新聞は同市内に住む愛好家の60代男性からトキの写真の提供を受け、環境省佐渡自然保護官事務所(佐渡市)に確認を求めた。その結果、個体識別用の足輪から、中国産のペアから人工ふ化で生まれた11歳の雌と分かった。2008年9月、他の9羽とともに放鳥されたという。

 同事務所や男性によると、輪島市には昨年5月ごろからすみ着き、最近は宅地が混在する郊外の田畑に姿を見せたり、付近の川で小魚を捕ったりする様子が頻繁に目撃されている。

 このトキが本州で初めて確認されたのは、09年の新潟市。その後、福島、宮城などを経て、12年以降は富山県黒部市、石川県の羽咋(はくい)市、珠洲(すず)市を転々としてきた。同事務所の広野行男首席自然保護官は「放鳥されたトキの中でも広範囲に移動している個体」と指摘する。


本州で唯一生息が確認されている放鳥トキの主な移動歴
 これまで飛来先の各地では、自治体や愛好家グループなどが愛称を公募し、黒部市では「トキメキ」、羽咋市では「朱里(あかり)」、珠洲市では「美(み)すず」とそれぞれ名付けられた。ただ、命名と相前後して居場所を移し、愛好家の間では「名前を付けるとどこかへ行ってしまう」と、まことしやかに語られている。

 輪島市は愛称募集を行っておらず、同市水産振興室の延命公丈(えんめいこうじょう)室長は「自然に暮らしてもらうのが一番」と今後も静観する考えだ。同市はトキ飛来とは関係なく14年から稲作農家に減農薬を要請しており、結果的にトキの住みやすい環境づくりにつながった可能性もあるとみている。

 ◆野生下で120羽生存

トキの放鳥
 トキの野生復帰を目指して環境省が新潟県や佐渡市と連携して行っている。国産トキ絶滅(2003年)前の1980年代から中国から提供された個体で人工繁殖を試み、99年に初成功。08年9月〜今年6月の間に14回、計233羽が放たれ、野生下で現在約120羽の生存が確認されている。うち12羽は本州に飛来例があるが、現在は石川県輪島市の1羽を除き、佐渡へ帰ったり、佐渡に戻らないまま行方が分からなくなったりした。
http://mainichi.jp/articles/20160906/ddf/041/040/017000c

http://archive.is/l9v2e
トキ 朱色の羽、鮮やかに 輪島に定住 愛好家撮影 /石川【毎日新聞2016年8月28日】
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 21:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長良川鵜飼に外国客ツアー NPOと旅行会社連携【岐阜新聞2016年9月6日】

鵜匠装束の一つ、腰みのを体験する外国人参加者たち=岐阜市長良、長良川うかいミュージアム(ORGAN提供)
 観光まちづくり団体のNPO法人「ORGAN」(岐阜市)と旅行大手のJTBが連携し、企画した訪日外国人向けプログラム「鵜飼ツアー」が初めて催された。団体ツアーでは味わえない長良川鵜飼の奥深さに触れられるのが売り。個人客向けで、今後中部空港(愛知県)などで本格的に売り込む。

 ツアー客は鵜飼に詳しい通訳のガイドと共に、長良川うかいミュージアム(岐阜市長良)を見学し、鵜匠宅のある鵜飼屋地区や川原町地区などを散策する。鵜飼文化を理解した上で観覧船に乗り、鮎料理店「川原町泉屋」(同市元浜町)が手掛けた弁当を味わいながら漁を鑑賞する。

 JTBの外国人旅行者向け予約サイト「JAPANiCAN」で7月中旬に発売。魅力を伝え、口コミ効果も狙おうと、来日してまだ日の浅い米国と台湾の家族連れら3グループ11人に声を掛けて開催した。

 参加した外国人は、ミュージアムで説明に熱心に聞き入り、鵜飼装束の腰みのを着ける体験で盛り上がった。観覧でも学んだ知識を生かしながら、伝統の漁を楽しんだ。

 ORGANは今後、同空港内のJTBのカウンターで訪日外国人にプログラムを直接販売する計画。県内外のホテルにチラシも置いてもらう。弁当付きで大人1人9千円。原則、木、金、土曜日に行う。

 問い合わせはORGAN、電話058(269)3858。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20160906/201609060849_27988.shtml

http://archive.is/g6sfu
posted by BNJ at 21:33 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ピーピー飛び立つ鳥の巣キーケース」がフェリシモ『YOU+MORE![ユーモア]』から新登場 大事なかぎは小鳥たちの巣にしまえば安心【プレスリリース2016年9月6日】(桜文鳥/スズメ/ウソ)

フェリシモのユーモア雑貨ブランド『YOU+MORE! [ユーモア]』は、「ピーピー飛び立つ鳥の巣キーケース」のウェブ販売を8月9日より開始しています。玄関前でかぎが見つからなくてカバンをゴソゴソしている間に遅刻してしまった……。そんな経験はありませんか? 玄関前のお悩みは、かわいい小鳥たちが解決します。巣から小鳥がピヨーン!と勢いよく飛び出て、一直線にかぎを届けてくれ、ドアのかぎをカチャッと開け閉めしたら巣へトンボ返りするユーモラスな姿がかわいい、コードリール付きのキーケースです。2016年3月に登場した「ご飯をひと粒くださいな 小鳥のおねだりバッグハンガーの会」に続く、YOU+MORE!の小鳥シリーズ第二弾企画として新登場しました。

※写真〈桜文鳥〉

◆新作アイテムをYOU+MORE!ブログで
【NEW】 「ピーピー飛び立つ鳥の巣キーケース」をチェック >>> http://www.feli.jp/s/pr160906/1/




「巣から直行直帰」ぴゅーんとかぎを運んでくるよ。
ぷっくらかわいい“スズメ目(もく)”の小鳥さんたちが、巣の中に抱えたかぎを、一直線に届けてくれるキーケース。ぴゅーんと勢いよく飛び出て、カチャッとやったらトンボ返り。使命を帯びた姿、心なしか勇ましいぞ。※下記写真、左から〈シナモン文鳥〉〈スズメ〉〈白文鳥〉

【NEW】YOU+MORE! ピーピー飛び立つ鳥の巣キーケースの会
お申し込み番号:427687
月1個 ¥1,800(+8% ¥1,944)
・素材 / ポリエステル100% ふた:合成皮革 内生地:ポリエステル100%
・サイズ / 縦約8cm、横約12cm(ふたを閉じた状態) リールの長さ約38cm(最長)
・毎月1回、4種類の中から、1種類ずつお届けします。(全種類届くと、以降はストップします)
(中国製)
商品の詳細とお申し込み >>> http://www.feli.jp/s/pr160906/2/

本体〈front〉:付属のカラビナで、お手持ちのバッグに鳥の巣形のキーケースを装着するだけでおでかけ準備はOK!


本体〈back〉切符や小銭入れにも便利なファスナーポケット付きです。


かぎのほか、ICカードなどのカード類もぴったり収まるサイズ。


かぎを取り付けることができるリングは3個ついているので、家や自転車、 会社のロッカーなど複数のかぎをしっかりキープ!


〜プランナーからのひとこと〜
動物をモチーフとした雑貨の中でも、小さくて愛らしい小鳥ファンの方がたくさんいらっしゃいます。第一弾のバッグハンガーのご好評を受け、我が家にツバメが巣づくりをするように、もしも小鳥たちが自分のバッグに巣をつくったら!?……と想像をふくらませながら、このキーケースを企画しました。元気におうちを出る時も、ちょっぴり疲れて帰ってきたときにも、ほっこり笑顔でいられるようにデザインしました。私は〈スズメ〉と、ご家族で使い分けてくださるとウレシイです。

◆YOU+MORE!の小鳥シリーズ第一弾もご紹介
YOU+MORE! ご飯をひと粒くださいな 小鳥のおねだりバッグハンガーの会
お申し込み番号:691782
月1個 ¥2,100(+8% ¥2,268)
・素材 / バッグハンガー本体:亜鉛合金、スチール、真ちゅうなどカバー部分:ポリエステル・ポリウレタンなど
・サイズ / カバー部分:縦約7cm、横約7.5〜8.5cm
※耐荷重5kg
・毎月1回、4種類の中から、1種類ずつお届けします。(全種類届くと、以降はストップします)
(中国製)
商品の詳細とお申し込み >>> http://www.feli.jp/s/pr160906/3/

お出かけ先で、バッグを直置きすることなく、デスクやテーブルの淵バッグをハンガーに掛けておくことができます。※写真手前から、〈スズメ〉〈鷽(ウソ)〉〈白文鳥〉〈桜文鳥〉


小鳥の中のバッグハンガーを伸ばして使います。


付属のチェーンでバッグの持ち手に取り付けることができます。


◆『YOU+MORE! [ユーモア]』
フェリシモのユニーク雑貨ブランド『YOU+MORE! [ユーモア]』。すっかり見慣れた日常に「?」とか「!」をコソッと仕掛ける楽しさ、誰かと一緒にいる時間がもっとオモシロくなるアイテムをお届けします。
・YOU+MORE! [ユーモア]とは >>> http://www.feli.jp/s/pr160906/4/
・ウェブサイト(パソコン・スマートフォン) >>> http://www.feli.jp/s/pr160906/5/
・Blog >>> http://www.feli.jp/s/pr160906/6/
・Instagram >>> http://www.feli.jp/s/pr160906/7/
・Twitter >>> http://www.feli.jp/s/pr160906/8/



◆商品のご注文・お問い合わせ
0120-055-820 (通話料無料)
0570-005-820 (通話料お客さま負担)
(受付時間:月曜〜金曜/午前9時00分〜午後5時)
※携帯電話など「0120」を利用できない場合は、「0570」で始まる番号をお使いください。
※お客さまからのお電話は、ご注文の内容を確認・記録するために録音させていただいております。
※「0570」通話料は20秒につき10円(税別)かかります。
※PHS・一部のIP電話ではご利用できない場合があります。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000424.000012759.html

http://archive.is/Bye4t
posted by BNJ at 21:31 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高田守先生の生き物語り 息子・娘 どちらを産むべきか【毎日新聞2016年9月6日】(アオガラ)

強い雄が多数の雌と交尾するカブトムシ
 古来、子の性別は親の望み通りにいかず、もどかしい思いをするといった類いの話がある。人間の場合、性別はXとYの2種類の性染色体によって決まる。そのため、男女どちらの子が生まれるかは半々の確率、と聞かされたことがある方も多いだろう。しかし、この説明は半分間違っている。

 子の性別問題は、どちらの性別の子を産んだ方が有利になるのかを考えるべきなのである。例えば、栄養状態が良く、質の高い子を育てることができる母親にとっては、どちらの性別が最適なのだろうか?

 これは生き物によりけり。体が大きく闘争力の強い雄が、多くの雌と子を作れるシカの仲間では、栄養状態の良い母親は、息子を産みやすい傾向にある。また、あるネズミの一種では、質の高い子を育てられる見込みの低い母親は、雄の胎児を流産しやすく、娘を産みやすい。

 母親の栄養状態だけでなく、父親の魅力も影響する。例えば、アオガラという鳥の雄は奇麗な飾り羽を持ち、その奇麗さで雌にモテるかどうかが決まる。この種では、モテる雄と交尾した雌は、息子を産みやすくなる。これは、将来的にモテる雄に成長することが期待されるためと考えられる。

 このように子の性別によって、残せる子孫の数に差が生じるならば、子の性別を半々よりもどちらかに偏らせる仕組みを持ち得るのである。人間の場合は、ストレス環境下では、若干だが娘を産みやすい傾向にある。それでも男女どちらの子が生まれるかが、母親の栄養状態等で劇的に変化しないのは、どちらの子が生まれても、得られる利益に大きな差がないためだろう。(動物行動学者)=次回は10月4日掲載
http://mainichi.jp/articles/20160906/ddm/013/070/020000c

http://archive.is/3fi82
タグ:アオガラ
posted by BNJ at 12:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぐるっと秋田 県央特集 GAO 水族館の“裏側”体験 「1日飼育係」参加者募集 /秋田【毎日新聞2016年9月6日】(ペンギン)

 男鹿水族館GAO(男鹿市)は、水族館の“裏側”を体験できる「1日飼育係」の参加者を募集している。10月の土日、祝日に限り、観客の立場とは一味違った楽しみ方をしてもらう試みだ。

 参加者は専用の作業着を着用し、職員とともにペンギンやアザラシ、ホッキョクグマの餌作りや餌やり、水槽の掃除に参加する。

 1日飼育係が登場する期間は、計11日間。対象は小学4年生以上、2人1組で各日とも定員は2組。小学生は保護者との参加が不可欠だという。

 午前10時から午後3時半の予定で、料金は1人1500円(別に通常の入場料金も発生する)。申し込みは今月15日が締め切りで、GAOホームページにある「応募フォーム」に氏名、年齢など必要事項を記入すること。応募が多ければ抽選になるという。

 問い合わせはGAO(電話0185・32・2221)。【松本紫帆】

http://mainichi.jp/articles/20160906/ddl/k05/040/198000c

http://archive.is/73aNC

「ひと晩中鳴く」元選手村にムクドリが…対策に遅れ【テレ朝NEWS2016年9月5日】

 かつては、長野オリンピックの選手村だった住宅街で騒動です。鳴き声のうるさい鳥が大量に飛来し、一晩中、鳴き続けて住民らが頭を抱えています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000082833.html

http://archive.is/mgK1x
駅前の街路樹に浮かぶ「綿あめ」 上田で鳥のふん害対策【信濃毎日新聞2016年1月30日】
タグ:ムクドリ
posted by BNJ at 11:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミゾゴイまた会えた 上小で2年ぶり確認【信濃毎日新聞2016年9月6日】

樹上の巣で首を伸ばすミゾゴイのひな(柳沢盛一さん撮影)=8月7日
 日本野鳥の会特別会員で長野支部所属の柳沢盛一(もりかず)さん(69)=上田市=が、絶滅危惧種のサギ科の渡り鳥ミゾゴイが上田市内の山林で繁殖している様子を確認し、写真に収めた。県内で見つかるのは珍しく、同支部によると、上田小県地域での確認は2014年8月に次いで2度目。

 柳沢さんは5月、市内の山林で「フクロウのようなちょっと気味の悪い鳴き声」を聞き、ケヤキの樹上に小枝で作られた巣とミゾゴイの親鳥1羽を見つけた。7月には近くのキジバトの鳴き声に反応し、首から頭部にかけての羽毛を逆立てて周囲を威嚇する様子を確認。同17日には白っぽい産毛が生えたひな3羽を見つけ、警戒するように首を真っすぐに伸ばす姿もあった。8月16日には巣が空になっており、巣立ったとみられる。

 ミゾゴイは、「ボーッ」と繰り返す鳴き声が特徴。8月上旬に現地で観察した日本野鳥の会長野支部の小林富夫支部長(72)=長野市=は「県内ではほとんど見られない鳥。ミゾゴイが好む里山の環境を維持し、騒ぎ立てずにそっとしておくことが大事」と指摘する。

 ミゾゴイは国内で繁殖し、フィリピンなどに渡って越冬。環境省のレッドリストで絶滅の危険が増している絶滅危惧2類に指定されている。上田市では14年8月、市内の高校生が見つけ、ミミズを食べる様子などを写真に収めている。

 野鳥の観察歴50年以上の柳沢さんは、ミゾゴイを10年ほど前に初めて見てから今回が2度目。「たまたま見つかったのは運が良かった。成長して戻ってきてほしい」と願っている。
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160906/KT160905SJI090005000.php

http://archive.is/2eK9i
タグ:ミゾゴイ
posted by BNJ at 11:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする