2016年10月31日

やんばるの森、空から見えた心配な「穴」【朝日新聞デジタル2016年10月31日】

 深い緑の森に、赤茶けた巨大な「穴」が、ポッカリと口を開けていた。

 米軍北部訓練場(沖縄県国頭〈くにがみ〉村、東村)で政府が進めるヘリパッド建設現場を、社機に乗って上空から見る機会があった。

 ヘリパッドというと、どこか小規模で大きな自然破壊を伴わないイメージがある。だが、実際はどうか。

 政府は「ヘリパッドの直径は45メートル」と説明するが、周囲に障害物のない空間を確保するため、伐採地の直径は75メートルにもなる。

 2万4千本もの樹木を伐採し、急ピッチで造成が進む赤土むき出しの現場を実際に見ると、到底小規模には見えない。

 作業中の「穴」は四つ。うち二つは連結しためがね形。穴からは、緑を切り裂き、ぐねぐねと幾筋も作業道が延びていた。

 森全体に視野を広げると、島中央の山間部から太平洋へと、切れ目なく照葉樹林が続く。だが、連なる緑のじゅうたんも、その工事現場でほころびを見せていた。

 北部訓練場の森で鳥類調査をした経験がある沖縄環境ネットワーク世話人、花輪伸一さん(67)は「ヘリパッドの影響は決して小さくない」と指摘する。「伐採した所から周囲の森に風が吹き込む。直射日光も当たり、森の乾燥化が始まる。林道建設後、切り開いた周辺のイタジイが枯れ始めた所もある。乾燥化が進んだためです」

 やんばるの森の動植物は、森の湿った空気がはぐくんできた。穴がもたらす影響を過小評価してはならない。(編集委員・野上隆生)
http://www.asahi.com/articles/ASJBX3RX5JBXTLZU001.html

http://archive.is/CFUiC

posted by BNJ at 22:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【感彩写論】田んぼの見張り番 神戸市西区 AM10:40【産経フォト2016年10月31日】(フクロウ)

田んぼの見張り役のフクロウの置物 =10日午前10時40分、神戸市西区(南雲都撮影)
田んぼの見張り役のフクロウの置物 =神戸市西区(南雲都撮影)
 「見られてる!」田んぼ道を歩いているとどこからともなく視線を感じる…。 振り返ると、大きな目がギョロリとにらみをきかせてくる。こちらはギョッとして後ずさり。

 恐る恐る近づいてみるとフクロウの置物だった。

 田んぼを荒らすスズメなどから稲を守るかかしの役目をしているそうだ。それにしても鳥で鳥を追い払うなんて。

 狙いも決まり、青空の下で撮影しよう!なんて思っていると、稲刈りが始まっていた。少し焦って空を見上げる。

田んぼの見張り役のフクロウの置物 =神戸市西区(南雲都撮影)
 次の日はさいわいいい天気。家から少し離れた田んぼへ行くと、黄金色の稲穂が半分だけ残っていた。

 今年の最後の仕事かな。けなげな見張り姿をパチリ。あれ、ちょっと迫力が足りないぞ。遠くから望遠レンズで写していたのを、広角レンズに付け替え、ぐっと近づき、またパチリ。秋空の中、稲穂を見つめる大きな目。

 家に帰ると農機具倉庫の前にフクロウが3羽横たわっていた。実は義父も“飼って”いたらしい。

田んぼの見張り役のフクロウの置物 =神戸市西区(南雲都撮影)
 今年もおいしい新米が食べられそう。フクロウさんごくろうさまでした。
(南雲都)
http://www.sankei.com/photo/story/news/161030/sty1610300014-n1.html

http://archive.is/KzZwb
posted by BNJ at 22:09 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公園に人気うどん店の残飯、店主逮捕…3年以上捨て続け「鳥に食わせるため」 名古屋【産経WEST2016年10月31日】(他3ソース)

 うどん店で出た残飯を公園に捨てたとして、愛知県警東署は31日、公園管理者への威力業務妨害の疑いで、名古屋市名東区八前、うどん店店主、村上幸徳容疑者(51)を逮捕した。

 東署によると、3年以上前から1週間分のうどんや野菜などの残飯を公園に毎週捨てていた。公園を休憩時間中の児童の遊び場として使っていた隣接の小学校が市に相談し発覚した。児童らが片付けることもあった。

 東署の調べに「捨てたのは間違いないが、鳥に食べさせるためで管理を邪魔するつもりはなかった」としている。

 逮捕容疑は10月23日朝、東区矢田南の矢田公園に、うどん店の残飯を捨てて、公園を管理する市の土木事務所の業務を妨害したとしている。

 インターネットのサイトによると、村上容疑者が経営するうどん店は、名古屋名物のみそ煮込みうどんやカレーうどんなど約100種類を出す人気店とされる。
http://www.sankei.com/west/news/161031/wst1610310052-n1.html

客の食べ残しうどん、公園にまく…容疑の男逮捕【読売新聞2016年10月31日】
 客が食べ残したうどんを公園にまき散らして土木事務所の業務を妨害したなどとして、愛知県警東署は31日、名古屋市名東区、うどん店経営の男(51)を威力業務妨害の疑いで緊急逮捕した。

 男は「捨てるぐらいならば鳥に食べさせた方がいいと思った」などと供述しているという。

 発表によると、男は10月23日未明、同市東区の矢田公園で客が食べ残したうどんをまき散らすなどし、公園を管理する市の土木事務所の業務を妨害した疑い。「自宅でまくとハトやカラスが来て迷惑だと思った。公園の管理を邪魔するつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

 男は約3年前から夜間、店から約4キロ離れた公園で残飯を放置するようになったという。公園近くには小学校があり、児童らが休み時間などに利用しているため、放置される度に学校職員らが清掃を実施。だが約1か月前からその頻度が増したことから市が同署に相談し、同署が防犯カメラの映像などから男を特定した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161031-OYT1T50113.html

公園にうどんをまき散らした疑いで男を逮捕 名古屋【中日新聞2016年10月31日】
 公園に客の食べ残しのうどんなどをまき散らしたとして、名古屋・東署は31日、威力業務妨害の疑いで、名古屋市名東区八前二、うどん店経営村上幸徳容疑者(51)を逮捕した。署によると「鳥が食べればいいと思っていた。公園の管理を邪魔するつもりはなかった」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑では23日午前六時ごろ、同市東区矢田南四の矢田公園でうどんなどをまき散らし、公園を管理する市の業務を妨げたとされる。

 同市の緑政土木局東土木事務所などによると、公園西隣の小学校からうどんが捨てられていると事務所に通報があり、市は24日に署に相談。「『麺類をまく迷惑行為』について東署に通報しました」と書いた看板を設置した。31日午前5時ごろ、残飯が入った袋を持った村上容疑者が現れ、看板を見て引き返したため、張り込んでいた署員が職務質問した。

 署によると、村上容疑者は3年以上前から、名東区の自宅兼店舗から矢田公園に1週間分の残飯を持って行き、鳥にやっていた。「自宅周辺だと近所に迷惑がかかると思った」と供述しているという。

 (中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016103190133938.html

威力業務妨害 公園にうどん捨てた疑い…店主逮捕 名古屋【毎日新聞2016年10月31日】
 うどん店で出た残飯を公園に捨てたとして、愛知県警東署は31日、公園管理者への威力業務妨害の疑いで、名古屋市名東区、うどん店店主の男(51)を逮捕した。

<ドローンが防ぐ 解体ごみの不法投棄>
<ごみ屋敷、解決に20年かかった>東京都足立区の苦悩
<秋田名物レトロ自販機うどん>40年で初の値上げ
<大阪といえば>粉もん+ごはん 府が「控えて」
<「うどんが食べたい」給食で復活 そばアレルギー防ぐため中止していた>
 東署によると、3年以上前から1週間分のうどんや野菜などの残飯を公園に毎週捨てていた。公園を休憩時間中の児童の遊び場として使っていた隣接の小学校が市に相談し発覚した。児童らが片付けることもあった。

 東署の調べに「捨てたのは間違いないが、鳥に食べさせるためで管理を邪魔するつもりはなかった」としている。(共同)
http://mainichi.jp/articles/20161031/k00/00e/040/241000c

うどん店主を逮捕 客の食べ残しを公園に投棄の疑い【NHKニュース2016年11月1日】
名古屋市のうどん店の店主が、客が残したうどんを公園に捨てていたとして、威力業務妨害の疑いで警察に逮捕されました。警察によりますと、店主は「公園の管理を邪魔するつもりはなかった」と容疑を否認したうえで、「鳥が食べればいいと思い、3年以上前から捨てていた」と供述しているということです。
逮捕されたのは、名古屋市名東区のうどん店「めん工房むらかみ」の店主、村上幸徳容疑者(51)です。

警察によりますと、村上容疑者は今月23日、うどん店からおよそ3キロ離れた名古屋市東区矢田南の矢田公園に、客が残したうどんやかまぼこなどの残飯を捨てて、公園を管理する土木事務所の業務を妨害したとして、威力業務妨害の疑いが持たれています。

公園には、これまでもうどんが捨てられていて、近くの小学校の児童たちが片づけることが何度もあったということです。
今月に入って、捨てられる回数が月に1回ほどから週1回程度に増えたことから、小学校が土木事務所に相談し、31日午前5時前、ゴミ袋3袋を持って現れたところを、警戒していた警察官が逮捕したということです。

警察によりますと、調べに対して「公園の管理を邪魔するつもりはなかった」と容疑を否認したうえで、「鳥が食べればいいと思い、3年以上前から捨てていた」と供述しているということです。
さらに、「店で捨てると、ハトやカラスが来て近所に迷惑がかかると思った」と供述しているということです。

このうどん店は、みそ煮込みうどんなど多くのメニューを提供する店として、インターネットのサイトで取り上げられています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161031/k10010750811000.html

うどんを公園にまき散らした疑い 「鳥なんかの餌に…」【朝日新聞デジタル2016年11月1日】
まき散らされたうどん=17日、名古屋市東区の矢田公園、東土木事務所提供
写真・図版
[PR]
 名古屋市の公園にうどんなどをまき散らして土木事務所の業務を妨害したとして、愛知県警は31日、同市名東区八前2丁目のうどん店の店主の男(51)を威力業務妨害の疑いで緊急逮捕し、発表した。男は「3年ぐらい前から客が残した残飯を1週間分まき散らしていたが、鳥なんかの餌になればいいと思った」と話しているという。

 東署によると、男は23日早朝、同市東区の矢田公園にうどんやかまぼこなどの残飯をまき散らし、公園を管理する土木事務所に片付けさせるなどして業務を妨害した疑いがある。

 公園近くの小学校が土木事務所に連絡し、土木事務所が24日に東署に相談。同署員が31日早朝、公園で警戒していたところ、残飯が入ったポリ袋3袋を持った男が現れたため、緊急逮捕した。

 うどん店から公園までは約4キロあり、車で運んでいた。「(店舗を兼ねる)自宅付近で捨てるとカラスなどが来て迷惑がかかると思った」とも供述しているという。署が今月分の公園の防犯カメラを確認したところ、日曜日と月曜日に捨てに来ていることが多かったという。
http://www.asahi.com/articles/ASJB043TBJB0OIPE00Y.html

http://archive.is/bBRE6
http://archive.is/YiPVV
http://megalodon.jp/2016-1031-2205-37/www.chunichi.co.jp/s/article/2016103190133938.html
http://archive.is/W85i1
http://archive.is/WI11T
http://archive.is/YvCYV
posted by BNJ at 22:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生物の多様性、江戸家子猫師匠と考える 沖縄の児童が自然観察報告【沖縄タイムスプラス2016年10月31日】

 生物多様性について考えるシンポジウムが24日、沖縄県の大宜味村農村環境改善センターであった。記念講演で二代目江戸家小猫師匠は「生態系の歯車が一つ狂えば全体に影響する可能性がある」として、自然を守る上で「好き、面白いと思える心が大事」と強調した。大宜味小の児童らは自然観察の結果を報告し、環境保全への理解を深めた。

チョウの観察結果をまとめ発表する大宜味小の児童ら=24日、大宜味村環境改善センター
ウグイスの鳴き声をしてみせる二代目江戸家子猫師匠

チョウの観察結果をまとめ発表する大宜味小の児童ら=24日、大宜味村環境改善センター
 子猫師匠はウグイスやカエル、シマウマなど15種類以上の動物の鳴き声をまねしてみせ「よく聞く動物の鳴き声も、耳を澄ませると発見がある。楽しく考えることが興味関心を生み、多様性を考えるきっかけになる」と話した。

 小学生の発表は野鳥とチョウの観察グループに分かれて行われた。野鳥のグループは「喜如嘉ターブク(田んぼ)」に飛来する鳥を2007年〜16年にかけて観察。飛来時期や種類などを細かく記録し、過去10年間の傾向を報告した。

 チョウのグループは屋古集落周辺で見ることができるチョウの種類をエリア別に記録。過去4年分の記録から5科52種のチョウを確認した。

 野鳥観察した小学5年の上原蓬(よもぎ)さん(11)は「観察し記録することで見えてくるものがあることが分かった。これからも続けていきたい」と話した。

 昨年、大宜味村とNPO法人やんばる舎が設立した「大宜味村生物多様性センター」の市田則孝センター長は講話で「なぜ生物多様性なのか。自然そのもののためでもあるが、食べる、好奇心を満たす、癒やしなど人間の暮らしを豊かにするためでもある」と指摘した。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/68939

http://archive.is/NJJ1m
(惜別)江戸家猫八さん 物まね芸人【朝日新聞デジタル2016年4月24日】(既報関連ソースあり)
「江戸家猫八」は明治30年代から続く名跡 3代目が名前全国区に【スポーツ報知2016年5月30日】
タグ:ウグイス
posted by BNJ at 22:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鶏の生食、見直しを 厚労省呼び掛け【Miyanichi e-press2016年10月31日】

 本県の郷土食ともいえる鶏のたたきや刺し身、レバーなど鶏の生食文化が岐路に立たされている。激しい腹痛や下痢を引き起こす細菌「カンピロバクター」による食中毒が後を絶たないため、厚生労働省はこの夏から、飲食店などに生肉の提供を見直すよう呼び掛けを始めた。牛生レバーなどのように致命的な症状が現れることはないとして、すぐに規制の対象にはならない見込みだが、取り扱う際のガイドラインの徹底など対策が急務となっている。
(全文は31日付朝刊または携帯サイトで)
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_22366.html

http://archive.is/Di7Uq
posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする