2016年10月31日

10カ月着地せず、滑空中に睡眠か 欧州に飛来の渡り鳥【朝日新聞デジタル2016年10月31日】(既報1ソース)

ヨーロッパアマツバメ。全長約20センチ=スウェーデン・ルンド大提供(N.Camilleri氏撮影)
[PR]
 夏の欧州に飛来する渡り鳥ヨーロッパアマツバメが、約10カ月間にわたり一度も着地せずに越冬地のアフリカとの間を往復していることがわかった。スウェーデン・ルンド大の研究チームが、飛行状況を記録できる小型装置を鳥の体に取り付けて確かめた。鳥類の連続飛行記録としては最長とみられるという。

 米科学誌カレント・バイオロジー電子版に発表した。ヨーロッパアマツバメは、全長20センチほどで、春先に欧州などに渡って巣を作り、秋以降はアフリカ南部で冬を越す。飛ぶのに適した流線形の体形で、ヒナを育てる約2カ月間以外は、食事も空中で昆虫を捕まえて済ますなど、生活の多くを飛びながら過ごすことで知られていた。

 2013〜14年にスウェーデンに飛来した計47羽を捕獲し、背中に飛行状況を記録できる装置(約1グラム)を装着。翌年以降に戻ってきた13羽の記録を分析したところ、越冬地のアフリカを往復する約10カ月間のうち99・5%以上の時間を空中で過ごしていた。一度も着地しなかった個体も複数いたという。

 アマツバメの仲間は長い間飛び続けることで知られており、別の種類で約半年飛び続けたという報告もあった。夜明けごろ数キロ上空まで上昇して滑空する習性があり、その際に眠っている可能性があるという。(ワシントン=小林哲)
http://www.asahi.com/articles/ASJBY2HKQJBYUHBI009.html

10か月飛び続けるアマツバメ、鳥類の連続飛行記録を更新【AFPBB News2016年10月28日】
ヨーロッパアマツバメ。Biosphoto提供。(c)Biosphoto/Minden Pictures/Mike Danzenbaker/BIA

【10月28日 AFP】こげ茶色の羽毛をした小型の鳥「ヨーロッパアマツバメ」が、10か月間にわたり一度も着地することなく連続飛行することが分かったとの研究結果が27日、発表された。空中で過ごす時間としては、知られている鳥類の中で最長だという。

 ヨーロッパアマツバメが生涯の大半を飛行して過ごすとの仮説は、英国の研究者ロン・ロックリー(Ron Lockley)氏が46年前に初めて提唱していた。米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に発表された今回の研究結果は、その仮説を裏付けるものとなっている。

 スウェーデン・ルンド大学(Lund University)の研究チームは、ヨーロッパアマツバメ13羽の背部に、重さわずか1グラムの超小型データ記録装置を取り付け、飛行状況や加速度、位置情報などを収集した。

 ルンド大の研究者、アンデシュ・ヘデンストローム(Anders Hedenstrom)氏によると、ヨーロッパアマツバメは8月に繁殖地を出発して西アフリカ経由で中央アフリカの熱帯雨林まで移動する際、10か月後の次の繁殖期に戻ってくるまで一度も着地しないのだという。

 同氏は「一部の個体は真冬に短時間、場合によっては一晩中、木に止まっていることもあるが、その他の個体はこの期間中、文字通り一度も着地しなかった」と説明している。実際に止まった個体もその期間はわずかで、10か月間の99.5%を飛行して過ごしたという。

 研究チームによると、移動中の睡眠の有無やその方法については、まだ解明されていないが、毎日の明け方と夕暮れに高い位置まで上昇し、そこからゆっくりと降下する間に一眠りしている可能性があるという。グンカンドリなどの鳥も、滑空しながら眠ることが知られている。ヨーロッパアマツバメは飛行中に餌を捕まえ、日中は暖気の上昇気流に乗って滑空することでエネルギーを節約していると思われる。

「今回の発見によって、動物生理学に関する知識の枠が大幅に広がる」とヘデンストローム氏は語る。「10か月に及ぶ飛行期間は、知られている鳥類の中では最長で、新記録だ」
http://www.afpbb.com/articles/-/3105964

http://archive.is/9aWY3
http://archive.is/qNMAv

posted by BNJ at 11:52 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キングペンギン何キロ?【長崎新聞2016年10月31日】(長崎ペンギン水族館)

子どもたちが見守る中、体重計にのるキングペンギンのニコ=長崎市、長崎ペンギン水族館

 「計量記念日」(11月1日)を前に子どもたちに体重や身長、体温などを測ることに関心を持ってもらおうと、長崎市宿町の長崎ペンギン水族館で30日、キングペンギンの重量当てクイズ大会があった。

 同水族館と県計量協会、長崎市消費者センターの共催。カメ、カブトガニなど水族館の生き物をモデルに、毎年実施している。

 今回のモデルは雄のキングペンギン「ニコ」。子どもたちは前日の昼食前後の重量などをヒントに体重を予想し、ニコが自ら体重計にのる様子をガラス越しに見守った。

 結果は「11.39キロ」で、的中者は6人。記念品を受け取った佐賀県嬉野市立嬉野小2年の内野瑠菜さん(7)は「キングペンギンはでっかくてかっこいい」とうれしそうだった。
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2016/10/31090359049501.shtml

http://archive.is/5BK4Z

迷子で日本に? 珍鳥サバクヒタキが兵庫に初飛来【神戸新聞NEXT2016年10月31日】

農道で羽を休める=神戸市西区岩岡町岩岡

農道で羽を休める=神戸市西区岩岡町岩岡

翼を広げて低空で飛ぶサバクヒタキの雄

 海を越えて日本に迷い込んだとみられる渡り鳥サバクヒタキの雄1羽が今月中旬、神戸市西区岩岡町岩岡の田園に飛来し、1週間とどまった。日本野鳥の会ひょうご(神戸市中央区)によると、兵庫県内で確認されたのは、記録の残る1991年以降初めて。

 サバクヒタキは中国西部などの乾燥地帯で繁殖し、インドなどで越冬する。西日本では昨年、愛媛県西条市で雌1羽が見つかっているが、雄の飛来は珍しいという。

 愛鳥家が17日、神戸市西区で発見した。体長約15センチの成鳥で、胴体は砂漠で保護色となるベージュ、喉と尾の先が黒。農道の上を低空で飛ぶ姿が見られた。24日に見えなくなった。

 観察に訪れた同市垂水区清水が丘のデザイナーの男性(52)は「一生に一度会えるかどうかの貴重な鳥で感激した。翼の模様の細かさが印象的ですね」と話していた。(笠原次郎)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201610/0009626797.shtml

http://archive.is/yFNAM
posted by BNJ at 11:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥たちの奏でるやさしいハーモニー!絵本作家ポストカード展「ことりカフェ」で開催♪絵本作家山田和明による鳥と音楽をテーマにしたイラスト&ポストカード「ことりカフェ表参道」初登場♪【プレスリリース2016年10月31日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、2016年11月1日〜30日まで、絵本作家山田和明氏による、鳥と音楽をテーマにしたイラスト&ポストカード展を「ことりカフェ表参道」店にて開催いたします。期間中、“鳥”をテーマにしたポストカードの他、2017年カレンダーをはじめとするグッズ販売も予定。「ことりカフェ」では今後も愛鳥家や小鳥ファンに楽しんでいただける様々な企画を進めてまいります。

※絵本作家「山田和明」(やまだかずあき)プロフィール
イラストレーター、絵本作家。
ボローニャ国際絵本原画コンクール2年連続入選(伊2010〜11年)、DIE ZEITルークス賞(独2011年)、トロイスドルフ賞(独2013年)を受賞するなど国際的に活躍している。音楽や動物がモチーフの色彩豊かなイラストは、見る人を癒し、優しい気持ちにさせてくれます。

■「ことりカフェ」とは?
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月に「ことりカフェ心斎橋」(監修:株式会社ことりカフェ/運営:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉康一http://www.exceedjapan.co.jp/)をオープン。各店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)、およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062 東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000226.000010272.html

http://archive.is/eRenB
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 11:45 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

富士通、ICT技術でシマフクロウ生息調査を支援【NEWSALT2016年10月30日】(既報1ソース)

富士通グループは、日本野鳥の会が北海道東部で実施しているシマフクロウ生息調査に対して情報通信技術(ICT)を活用した支援を15日から行っている。同グループの開発した音声処理技術を応用し、生息域で録音した音声データの中からシマフクロウの鳴き声を自動認識して高精度で抽出するプログラムを開発した。シマフクロウ生息域調査の効率化、精度向上が図れる。

シマフクロウは環境省のレッドリストで絶滅危惧IA類に指定されている。日本では北海道東部の知床、根室、日高地域などで見られるだけになり、つがい約50組、140羽程が生息している。

野鳥の会は、1986年から野鳥保護区の設置によりシマフクロウ生息地の保全活動をしてきた。その調査にあたり、従来は調査員が数時間、耳で聞いて鳴き声を確認していた。2011年10月からは、ICレコーダーを設置して録音した音声を、市販の音声解析ソフトによるスペクトル解析や試聴によって人が確認してきた。

富士通グループは、シマフクロウのオスとメスが鳴き交わすときの音声パターンに着目。録音データの中からシマフクロウの鳴き声だけを自動認識して高精度で抽出するプログラムを開発した。これによりこれまで1時間かかる処理作業が2、3分に短縮されるとともに、人での作業では見落としていた遠くの声も検知可能となり、調査精度も向上した。

富士通グループは今後もICT技術で、シマフクロウの他にも生物多様性保全に取り組んでいくとしている。

(写真はイメージ)

参考記事
日本野鳥の会、土地を購入してシマフクロウの保護区を設置(2016/08/29)
http://newsalt.jp/it/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E9%80%9A%E3%80%81ict%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%A7%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%95%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A6%E7%94%9F%E6%81%AF%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%82%92%E6%94%AF%E6%8F%B4

絶滅危惧種、シマフクロウを守れ!野鳥の会と富士通の保護大作戦 音声認識プログラムで声を抽出、数の把握が格段に早まる【ニュースイッチ日刊工業新聞2016年10月27日】
シマフクロウ(日本野鳥の会提供)
 オスが「ボボ」と鳴くとメスが「ブ」を鳴き返す。シマフクロウのつがいの鳴き交わしだ。夜、暗い森に響く鳴き声からシマフクロウの数を確認できる技術を富士通が開発した。

 シマフクロウは両翼の幅が2メートル近くになる巨大フクロウ。日本では北海道で140羽の生息しか確認されておらず、環境省レッドリストで絶滅危惧IA類に指定されている。

 日本野鳥の会は長年、シマフクロウの保護に取り組んでいる。会の会員でもある富士通環境本部グリーン戦略統括部の畠山義彦氏は「保護には生息域を知り、生息数を知ることが大事」と話す。だが、シマフクロウは夜行性なので姿を確認すること自体が難しい。

 そこで野鳥の会は、ICレコーダーを山中に置いて夜間に3時間録音し、再生した鳴き声から数を把握していた。音の波形を画面上に表示し、シマフクロウの声を見分ける調査もしていた。だが、人の耳と目に頼るので早送りしてもICレコーダー1台の調査に1時間かかっていた。

 富士通が開発した音声認識プログラムは音声データを入力すると、周波数からシマフクロウの声を抽出し、瞬時に数を解析する。ICレコーダー1台の解析時間は数分だ。

 野鳥の会は人の作業だと7地域49地点の解析に3カ月かかることがあった。富士通の技術だと18地域142地点に広げても解析は2週間で済み、調査効率が飛躍的に高まった。

 2組のつがいが同時に鳴いても、聞き分けられるのも強みだ。人だと1組2羽にしか聞こえないが、音声認識プログラムで2組4羽がいることも分かるようになった。

 プログラムで行動範囲を調べると、日本製紙の社有林を生息域としていることも判明。野鳥の会と日本製紙は2015年に覚書を結び、繁殖期に伐採しないなどを取り決めた。

 「シマフクロウはアイヌの村の守り神だった。今は人が守る立場になった」(畠山氏)という。情報通信技術(ICT)の活用で人の調査が効率化されれば、保護できるシマフクロウも増える。いずれ、シマフクロウを守り神とする文化も復活する。

 富士通は本業のICTによる生物多様性保全に取り組む。シマフクロウの音声認識プログラムは、グループ会社が研究していた携帯電話の音声認識技術が生かされた。他にも携帯電話のカメラで撮影した画像データを地図と結びつけ植物の生息地図を作る技術もあり、自然保護団体や研究機関が活用している。
https://newswitch.jp/p/6588

http://archive.is/3qEpl
http://archive.is/IzSiL
posted by BNJ at 12:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする