2016年10月05日

年間5000万羽の鶏の糞で発電、1万3000世帯分の電力を作る【スマートジャパン2016年10月5日】(岩手県/十文字チキンカンパニー/既報関連ソースあり)

岩手県の鶏肉生産会社が鶏の糞を燃料にバイオマス発電を開始した。周辺地域で飼育する年間5000万羽を超える鶏の糞を集約して、ボイラーで焼却して蒸気で発電する仕組みだ。焼却後の灰にはリンやカリウムが多く含まれているため、農作物の肥料に再利用してバイオマス資源の循環を推進する。
[石田雅也,スマートジャパン]

図1 軽米町の位置。出典:軽米町役場
 岩手県を中心に鶏肉の生産・販売を手がける十文字チキンカンパニーが、県北部の軽米町(かるまいまち)に大規模なバイオマス発電所を建設した(図1)。隣接する青森県を含めて170カ所の飼育農場で発生する鶏の糞を燃料に利用する。

 周辺に数多くの飼育農場がある山間部の一角に、「十文字チキンカンパニーバイオマス発電所」が9月28日に完成した(図2)。発電能力は6.25MW(メガワット)で、10月中に試運転を実施して、11月初めから本格的に稼働する予定だ。


図2 「十文字チキンカンパニーバイオマス発電所」の全景(画像をクリックすると拡大)。出典:十文字チキンカンパニー
 1日24時間の連続運転で1年間に315日の稼働を想定している。年間の発電量は4725万kWh(キロワット時)になる。一般家庭の使用量(年間3600kWh)に換算して1万3000世帯分に相当する電力で、軽米町の総世帯数(3300世帯)の4倍に匹敵する。

 発電した電力のうち1.45MWを発電所の内部で消費して、残りの4.8MWを固定価格買取制度で売電する方針だ。年間の売電量は3628万kWhを見込んでいる。廃棄物を使ったバイオマス発電の買取価格は1kWhあたり17円(税抜き)を適用することから、年間の売電収入は6億円強になる。


図3 飼育農場の所在地。出典:十文字チキンカンパニー
 十文字チキンカンパニーは岩手県と青森県の飼育農場から鶏の糞を集約する(図3)。170カ所の飼育農場では年5回のサイクルで、合計5000万羽を超える鶏を飼育している。大量の鶏が毎日排出する糞を燃料に利用できるため、バイオマス発電で課題になる燃料の安定確保にも支障はない。

 発電所では1日あたり400トンにのぼる鶏の糞を燃料に利用する計画だ。十文字チキンカンパニーが扱うブロイラーの糞には約3割の敷料(おがくず)が入っているため、そのまま燃焼させることができる。糞の含水率は40〜65%の範囲で、そのうち55%以下のものを燃料に利用する設計になっている。

糞の受け入れから発電まで一貫処理

 人間や動物の排泄物を資源に利用するバイオマス発電では、微生物を使ってメタン発酵させてガスを作る方式が一般的である。この方式だと発酵の設備が必要になるほか、発酵時に熱を加える必要があるために多くのエネルギーを消費する。それと比べて鶏の糞を利用したバイオマス発電は通常の火力発電と同様の設備で済む利点がある(図4)。


図4 鶏の糞を利用したバイオマス発電の流れ(画像をクリックすると拡大して全体を表示)。IDF:誘引通風機。出典:十文字チキンカンパニー
 十文字チキンカンパニーのバイオマス発電所では、周辺地域からトラックで運んできた鶏の糞を受入口から流し込み、クレーンとコンベアを使って焼却用のボイラーまで搬送できる仕組みになっている(図5)。


図5 燃料になる鶏糞の受入口(左)、燃料供給クレーン(右)。出典:十文字チキンカンパニー
 ボイラーで糞を燃焼した熱を使って、水から蒸気を発生させてタービンと発電機を駆動して発電する(図6)。と同時に糞を燃焼した後に排出する灰を回収して再利用することができる。鶏の糞を焼却した灰には、農作物の成長に必要なリンやカリウムを多く含んでいる。肥料として販売できるため、灰をフレコン(フレキシブルコンテナバッグ)に袋詰めする装置も備えた。


図6 ボイラー焼却炉(左)とタービン・発電機(右)の外観。出典:十文字チキンカンパニー
 1日に400トンの鶏の糞を焼却すると、そのうち1割にあたる40トンの灰が発生する。これをフレコン(1袋で500〜800キログラム)に詰めてトラックで搬出する流れだ。主に全農(全国農業協同組合連合会)グループの肥料部門に販売する。鶏の糞を利用して再生可能エネルギーの電力を作りながら、地域のバイオマス資源を循環させることが可能になった。
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1610/05/news030.html
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1610/05/news030_2.html

http://archive.is/KFnVB
http://archive.is/pcHy1
台風被害、深い爪痕【朝日新聞デジタル2016年9月2日】
十文字チキンに20億円融資 復興支援で農林中金【岩手日報WebNews2016年6月30日】
肉用若鶏の生産農場も拡大へ/十文字CC【デーリー東北2015年12月12日】
岩手)久慈の食鶏処理加工工場、増設へ 国内最大規模に【朝日新聞デジタル2015年10月22日】

posted by BNJ at 21:29 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奄美、来春国立公園に 自然遺産登録へ前進【373news.com2016年10月5日】(既報1ソース)

 「奄美・琉球」の世界自然遺産登録の前提となる奄美群島の国立公園指定について、山本公一環境相は4日の閣議後の記者会見で、来年春ごろを目指す方針を示した。
 山本環境相は早ければ今週中に国立公園の原案を公表し、パブリックコメント(意見公募)を実施することも明らかにした。奄美大島、徳之島、喜界島、沖永良部島、与論島の陸海域が公園区域に含まれる見通し。
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=79263

奄美群島を国立公園指定へ 世界遺産推薦に前進【共同通信2016年10月3日】
 環境省が、鹿児島県の奄美大島や徳之島などの区域を「奄美群島国立公園」(仮称)として新たに指定する方針を固めたことが3日、分かった。2018年に世界自然遺産登録を目指す「奄美・琉球」(鹿児島、沖縄)の鹿児島側を構成。沖縄側は既に国立公園指定を終えており、全エリアの厳格な自然保護体制が法的に位置付けられ、世界遺産推薦に向けた必須条件が整う。

 年内にも中央環境審議会に諮問し、答申を得る。国立公園の新指定は、9月の「やんばる」(沖縄)に続き全国34番目となる。

 奄美群島では、アマミノクロウサギなどの希少な動植物などが生息。
http://this.kiji.is/155627978628628481

http://archive.is/ekSz6
http://archive.is/36L7W
鹿児島)アジサシ、消えた大群 奄美の夏の風物詩はいま【朝日新聞デジタル2016年8月15日】
鹿児島)シマオオタニワタリの渓流 「最高級の風景」【朝日新聞デジタル2016年6月12日】
鹿児島)奄美企画B貴重な鳥の宝庫 子育ての季節【朝日新聞デジタル2016年5月15日】
幻の鳥オオトラツグミ、子育てに励む日々 奄美大島【朝日新聞デジタル2016年5月13日】
ルリカケス子育て真っ最中 奄美大島 [鹿児島県]【西日本新聞2016年4月20日】
鹿児島)生き物の中心、イタジイ萌える 新緑の奄美【朝日新聞デジタル2016年4月10日】
タグ:奄美
posted by BNJ at 21:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知県西部に2000羽超のチュウサギ飛来【高知新聞2016年10月5日】

 高岡郡四万十町や四万十市で5日、シラサギの仲間のチュウサギが2千羽以上見つかった。確認した日本野鳥の会高知支部は「南へ渡る途中、台風を避けて飛来したのでは」としている。
http://www.kochinews.co.jp/article/53727/

http://archive.is/O0he6
タグ:チュウサギ
posted by BNJ at 21:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「みはら神明鶏」でご当地グルメ【中国新聞アルファ2016年10月5日】

「水軍焼」の試作品について意見を交わす小林専務(右)たち
 三原市の鶏肉専門店「鳥徳」が、道の駅みはら神明の里(同市糸崎)などと連携し、市内のブランド鶏肉「みはら神明鶏」を使った、ご当地グルメ「水軍焼」の開発に取り組んでいる。新たな名物として定着させ、まちおこしにつなげる。
(ここまで 108文字/記事全文 473文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=287581&comment_sub_id=0&category_id=112

http://megalodon.jp/2016-1005-2116-33/www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=287581&comment_sub_id=0&category_id=112
posted by BNJ at 21:18 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拾得物のタカ、飼い主探す 神奈川、住宅庭で保護【共同通信2016年10月5日】

拾得物として保管されているタカ=5日、神奈川県警厚木署
 神奈川県厚木市愛甲の住宅で2日、庭に体長約45センチのタカがいるのを住人の男性が見つけて素手で捕まえた。足輪が付いているが、5日になっても飼い主は現れず、拾得物として保管している厚木署は「早く迎えに来てあげて」と呼び掛けている。

 署によると、男性は2日午後5時半ごろ、庭でじっとしているタカを発見。後ろから近づいて捕獲した。県動物保護センターに連絡したが、預かることができないと回答されたため、3日に署へ届けた。

 タカは人に慣れている様子で、署員から与えられた鶏胸肉を食べるなどゲージ内で元気に過ごしている。
http://this.kiji.is/156242779120123910

http://archive.is/857Rz
posted by BNJ at 12:51 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブックウオッチング 新刊 『ブッポウソウは忘れない 翼の謎解きフィールドノート』=鳥飼否宇・著【毎日新聞2016年10月5日】

 鳥の生態を研究する大学生の翼と、彼が在籍する動物生態学研究室の教授や学生の間で起こるさまざまな騒動を巡るミステリー。個性豊かな登場人物たちが研究する鳥の生態や習性は、物語を彩るだけでなく事件の謎にも関わってくる。ルックスも成績も人並みな翼の日常も描かれ、将来の進路や思いを寄せる先輩との関係に悩む姿はほほえましい。分かっていない部分が多い野鳥の雑学が盛り込まれたライトな小説。(ポプラ社・1512円)
http://mainichi.jp/articles/20161005/ddm/015/070/033000c

http://archive.is/xopJJ
ブッポウソウは忘れない
鳥飼 否宇
ポプラ社 (2016-07-15)
売り上げランキング: 142,073

posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうひとつの動物園 守り・伝える/130 ペンギン/7 /東京【毎日新聞2016年10月5日】

雄と雌が子育て協力
 葛西臨海水族園のフェアリーペンギンは、冬から春にかけて繁殖する。展示場に設けた人工の岩の穴に、ペアで集めた枯れ草などを敷き詰めて巣穴を作り、雌は2、3日間隔で卵を2個産む。雄と雌は交代で卵を抱き、約36日でふ化すると、その後も協力し合い、ひなを育てる。
 えさは、両親がある程度消化したアジなどを、口移しで与える。ひなはふ化時の体重は35グラムほどだが、30〜45日ほどで親鳥とほぼ同じ約1キロになる。30倍近くに急成長する計算だ。幼鳥特有のふわふわした茶色い羽は、背中側全体に青みがかった灰色の大人の羽に生え替わる。ふ化後、2カ月ほどで巣立つ。

 「雌が主導権を持ち相手を選ぶので、優しい雄でないともてません」。フェアリーペンギンの夫婦関係について、飼育担当の山本達也さん(30)はそう話す。「飼育下では、時々浮気もしますが、一度ペアになるとどちらかが欠けるまで添い遂げます」

 同園は1995年、国内で初めてフェアリーペンギンの繁殖に成功してから、他の飼育施設と協力しながら繁殖に取り組んできた。しかし、受精卵の採れるペアが限られたり、巣立ち率が低かったりで、繁殖に成功しない施設も多く、国内の飼育数は2005年の46羽から14年には半減している。【斉藤三奈子】
http://mainichi.jp/articles/20161005/ddl/k13/040/087000c

http://archive.is/plQIx
もうひとつの動物園 守り・伝える/129 ペンギン/6 /東京【毎日新聞2016年9月28日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/128 ペンギン/5 /東京【毎日新聞2016年9月14日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/127 ペンギン/4 /東京【毎日新聞2016年9月7日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/126 ペンギン/3 /東京【毎日新聞2016年8月31日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/125 ペンギン/2 /東京【毎日新聞2016年8月24日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/124 ペンギン/1 /東京 人気者をめぐる物語【毎日新聞2016年8月17日】
もうひとつの動物園:守り・伝える/80 ツシマヤマネコ/4 /東京【毎日新聞2015年6月10日】
もうひとつの動物園:守り・伝える/76 ライチョウ/22 /東京【毎日新聞2015年4月29日】

BirdListening 消えゆく鳥たち ヒシクイ【毎日新聞2016年10月5日】

「ガーン、ガーン」と鳴く=石田光史(アルパインツアーサービス バードガイド) 提供
 ロシアで繁殖し、日本の湖沼や池などで秋冬を過ごす大型のガンの仲間。茶褐色の体に、黒色とオレンジ色のくちばしを持つ。稲刈り後の田んぼで落ち穂や二番穂を食べるほか、植物の根やヒシの実も食べることから「ヒシクイ」と呼ばれる。夜明けとともに餌場に向けて飛び立つとき、にぎやかに鳴く。<文・岡本裕子(日本野鳥の会)>
http://mainichi.jp/articles/20161005/ddm/013/070/015000c

http://archive.is/h3dDG
posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギンのヒナすくすく 海響館【読売新聞2016年10月5日】

順調に成長を続けるヒナ
 下関市の水族館「海響館」で、キングペンギンのヒナが孵化ふかした。同館ペンギン村1階の亜南極水槽で、親鳥に見守られながら順調に育っている。

 母親のキャシーが7月30日に産んだ卵から9月22日にかえった。孵化時の体重は176グラムだったが、今月4日現在、595グラムにまで成長。キャシーや父親のタイガーから餌を口移しでもらったり、おなかの下に抱えられたりして愛くるしい姿を見せている。性別は、DNA鑑定を行っていないためまだ分かっていない。

 同館では2013年以降、毎年1羽ずつキングペンギンのヒナが孵化しており、4年連続。同館海獣展示課の飼育スタッフ上原正太郎さん(38)は「子育ての様子と、ヒナの成長の過程を見てほしい」と来館を呼びかけている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/yamaguchi/news/20161004-OYTNT50196.html

http://archive.is/r2CSD
タウンたうん キングペンギンにひな誕生 下関 /山口【毎日新聞2016年9月30日】

大洲 鵜飼いシーズン終え感謝祭【愛媛新聞ONLINE2016年10月5日】

シーズンを終えてアユを投げてもらうウ
 愛媛県大洲市の鵜飼いが9月にシーズンを終え、同市中村の肱川・肱北河原で4日、鵜感謝祭があった。今季の客数は6067人(昨季比374人増)と、まずまずの結果。関係者はウ10羽にアユのご褒美で報いていた。
 今季は肱川の増水も少なく、6〜9月の112日間の期間中、96日間開催できた。登録店は1店減の5店となったものの、客数は夜鵜飼いが5156人(189人増)、昼鵜飼いが911人(185人増)といずれも増加。関係者はツアー客増加や「えひめいやしの南予博2016」効果などを理由に挙げた。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201610051745

http://archive.is/RYGml
posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三次の鵜飼に再び打撃 6羽死ぬ【中国新聞アルファ2016年10月5日】(既報関連ソースあり)

posted by BNJ at 11:30 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防犯マスコット「うっぺ」誕生 8日にお披露目【神奈川新聞2016年10月5日】(市の鳥/ウミウ)

防犯意識を高めようと誕生したマスコット「うっぺ」
 市民の防犯意識を高めようと、三浦市の鳥ウミウをモチーフにしたマスコットが誕生した。名前は「うっぺ」。8日に同市三崎の三浦市民ホールで開かれる「市防犯のつどい」でお披露目される。

 うっぺは市防犯協会が製作、三崎署から防犯活動の特命巡査部長に任命され、胸には「階級章」を着けている。体長は約175センチ。趣味はパトロールといい、「防犯キャンペーンには飛んで駆け付けたい」と意気込んでいる。

 デザインは小学生以上の在住・在勤・在学者から公募、市立三崎中学校教諭の松木整さん(29)の作品が選ばれた。
http://www.kanaloco.jp/article/203637/

http://archive.is/1d9EX
posted by BNJ at 11:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする