2016年10月10日

早くも「冬の使者」 渡り鳥マガン、渡良瀬遊水地周辺に 小山【下野新聞SOON2016年10月10日】

 【小山】冬の使者とも言われる渡り鳥のマガン5羽が9日、渡良瀬遊水地周辺の田んぼに飛来しているのが確認された。

 マガンはシベリア周辺で繁殖し、冬になると餌を求めて南下する。国内では宮城県内などが越冬地として知られる。

 自然保護団体「わたらせ未来基金」の内田孝男(うちだたかお)さん(65)によると、4日、渡良瀬遊水地第二調節池の上空で7羽を確認。うち、5羽が田んぼと同調節池を行き来しているという。

 5羽のうち2羽は成鳥、3羽は幼鳥の家族とみられ、落ち穂をついばんでいる。内田さんによると、市内の田んぼにマガンがいるのは珍しいという。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20161010/2473167

http://archive.is/hXa2T

posted by BNJ at 13:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県自然博物館で企画展 外来生物の生態紹介 剥製や標本漫画パネル 農漁業被害にも焦点【茨城新聞2016年10月10日】

企画展「外から来た生き物たち〜Youはどうして日本へ?」で展示された、ハクレンやソウギョなど外来生物の剥製=坂東市大崎の県自然博物館
海外から人為的に導入され野生化したアライグマやアメリカザリガニ、ウシガエルなどの「外来生物」に焦点を当てた企画展「外(よそ)から来た生き物たち〜Youはどうして日本へ?」が8日、坂東市の県自然博物館で始まった。外来種を哺乳類、鳥類、爬虫(はちゅう)・両生類、魚類、昆虫類、昆虫以外の無脊椎動物、植物に大きく分類。野生化の現状と生態、環境問題と対策などが、剥製や標本、4こま漫画を使った解説パネルなど千点以上の展示物を通し、分かりやすく紹介している。身近に生息する外来生物を数多く取り上げ、子どもたちの大きな話題を集めそうだ。

日本の野外に生息する外来生物は、知られているだけで2千種を超えるという。導入のきっかけは食用やペット目的だったり、意図的ではなく人や物資の移動に伴うものなどさまざま。県内でも外来生物により農業や漁業が被害を受けたり、在来の生物多様性が破壊されるなど、問題が起きている。

会場には、野生化したアライグマのビデオ映像とともに剥製を展示し、野菜や果物などの農作物の被害状況や2015年度だけで約250匹のアライグマが捕獲されている県内の実情を詳しく説明している。

近年、霞ケ浦で繁殖している北米原産のナマズ「チャンネルキャットフィシュ」については、鋭いトゲを持つ稚魚に、ワカサギ漁の漁師が手を焼いている問題を取り上げている。利根川に生息する中国原産の大型淡水魚、ソウギョやハクレンの巨大な&剥製も大きな見どころだ。

企画展チーフの同館主任学芸主事、中川裕喜さん(39)は「ペットは最後まで責任を持って飼う必要があることを、子どもたちが再認識するきっかけになれば」と話している。

会期は2017年1月29日まで。問い合わせは同館(電)0297(38)2000。

(冨岡良一)
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14760145965038

http://archive.is/uDmrW
posted by BNJ at 13:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒガラの群れ「パチリ」…室蘭・測量山で探鳥会【室蘭民報2016年10月10日】

 日本野鳥の会室蘭支部(篠原盛雄支部長)の探鳥会が9日朝、室蘭市清水町の測量山唐松平で行われ、参加者が秋の野鳥を観察した。

 約30人が参加した。この日は午前8時半の開始前後に断続的な雨に見舞われ、木陰に避難しながらの観察となった。雨足が弱まるまでの時間を活用して、篠原支部長がこの季節に室蘭で見られる野鳥の種類を説明。「10月下旬には3千羽の群れをつくるヒヨドリも見られます。ほかの鳥に襲われないよう、海面近くを飛びます」と述べた。

 参加者は双眼鏡や望遠レンズを用いて強風をかいくぐるように飛ぶ野鳥を観察していた。ヒガラの群れが現れると熱心にシャッターを切っていた。
(石川昌希)

【写真=室蘭で見られる野鳥の種類を学ぶ参加者】
http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2016/10/10/20161010m_04.html

http://archive.is/byJa6
posted by BNJ at 13:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする