2016年10月22日

諏訪湖ヒシ 適正刈り取り量検討開始【長野日報2016年10月22日】

県が設置した諏訪湖の環境改善専門家会議で、夏〜秋に湖面を覆う浮葉植物ヒシの適正刈り取り量に関する検討が始まった。現在は繁茂面積の1割程度を目安に、専用船や手作業で年間500〜600トン(ぬれた状態)を除去しているが、勢いを大幅に抑えるまでに至っていない。複数の委員が現状では不十分との見解を示しており、刈り取り量増加の方向で議論が進んでいきそうだ。

「刈っても放っておけば3年で元通りになる。(繁茂面積の)3分の1以上取らないとヒシは減らせない」。県庁でこのほど開いた2回目の専門家会議。元県水産試験場諏訪支場長の武居薫委員は、かつての調査結果を基にこう説明した。さらに、流入河川に繁茂が拡大していることを問題視。「湖内で取っても種が流れてくれば元の木阿弥」として河川の刈り取り量も増やす必要性を訴えた。

窒素やリンを吸収して水質浄化に役割を果たしたり水鳥が利用したりする半面、湖内への光を遮って沈水植物の生育を阻害したり、沿岸部の水中酸素濃度を低下させたりしている。ヒシを急激に減らしたことでアオコが増えた事例が他水域であり、現在の「1割程度」は、環境や生態系への影響を見極める必要があるとして設定された。

東大大学院教授の山室真澄委員は、ヒシ刈りとアオコ発生の関係について「根拠がない」と主張。自身が諏訪湖で行った潜水調査を踏まえ「ヒシの下は酸素がほぼゼロ。過密すぎて魚が入っていける状態でない」とし、会議で「毎年同じように生えてくるのを繰り返し取るのは経費的にも無駄。全量除去でいい」と意見を述べた。

専用船の刈り取りは窒素・リンを十分に吸収したところで湖外に出し、水質浄化につなげることが主な狙いだ。ただ、貧酸素対策では繁茂させないことが望ましく、春のうちに湖底から種子を取り除くなどの方策をどう組み合わせていくかも焦点だ。信大山岳科学研究所准教授の宮原裕一委員は、今年の湖で目立つ沈水植物について「酸素供給面からは好ましい傾向だが、増えすぎるとヒシと同じような問題が起こりうる。管理手法をいまから考えていかないといけない」と指摘する。

航行障害や景観悪化をもたらしているとして、漁業・観光関係者らがヒシの刈り取り量増加を支持する一方、野鳥愛好者は「水鳥が利用するなどいい面もある」と強調。日本野鳥の会諏訪支部の林正敏支部長は取材に、「沈水植物の再生に向けてある程度は刈っていくべきだが、多様性の観点から群落は必要。抽水植物を含め、バランスの取れた豊かな水生植物帯を望む」と話した。
http://www.nagano-np.co.jp/articles/9535

http://archive.is/2bw7N

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハロウィーン 海響館など4施設で盛り上げるイベント 30日、市立大吹奏楽部が仮装パレード 下関 /山口【毎日新聞2016年10月22日】(ペンギン)

 ハロウィーン(10月31日)のイベントで街を盛り上げようと、海響館や旧下関英国領事館、はい!からっと横丁、あるかぽーとステージの唐戸地区4施設で、月末までさまざまなイベントが開催されている。30日には、下関市立大吹奏楽部の部員が仮装をしてパレードし、3施設で演奏を披露する予定だ。【上村里花】

 海響館では「ハロウィンダイブ」と題して、ハロウィーンの仮装をしたダイバーが31日までの毎日3回、関門海峡水槽に登場するほか、毎日午後1時から先着30組限定で、ペンギンと一緒にハロウィーンの仮装で写真撮影ができるイベントなどを開催している。旧下関英国領事館(083・235・1906)では、23日午前10時と午後1時の2回、カボチャのランタン制作の体験(参加費500円、要予約)を予定している。各回限定10人。

 また、はい!からっと横丁では、31日までの期間中、園内をハロウィーンのモチーフで装飾し、園内スタッフも仮装して雰囲気を盛り上げる。29、30日は、新聞紙でカボチャバッグを制作する「リサイクルクラフト」(体験料100円、午前10時〜午後4時)や頬にハロウィーンのワンポイントメークを入れる「Face Painting」(同)などがある。

 市立大吹奏楽部によるパレードは、30日午前11時、はい!からっと横丁を出発し、午前11時45分から旧下関英国領事館、正午にあるかぽーとステージ、午後1時と3時には、はい!からっと横丁で演奏を予定している。

 イベントに関する問い合わせは市産業振興課(083・231・1220)。土日祝日は、各施設で受け付ける。

〔下関版〕
http://mainichi.jp/articles/20161022/ddl/k35/040/621000c

http://archive.is/MmOX3

賢くてイタズラ好き「ミヤマオウム」 NZ南島固有種を神戸どうぶつ王国で公開中【産経WEST2016年10月22日】

神戸どうぶつ王国で展示されている「ミヤマオウム」=神戸市中央区
 ニュージーランド南島の固有種でオウムの仲間「ミヤマオウム」のカップルが、神戸どうぶつ王国(神戸市中央区)で公開されている。いずれも全長約50センチで推定1歳。国内では「那須どうぶつ王国」(栃木県那須町)に次いで2園目の展示という。

 神戸どうぶつ王国によると、同国南島の山岳地帯の高山に生息。全体が深緑色で、上くちばしが長くて鋭い。学習能力も高く、バッグのチャックを開けて中の餌を取り出すなど、いたずら好きで器用という。

 同園は「めったに見ることのできない珍しい鳥なのでぜひ会いに来て」と呼びかけている。
http://www.sankei.com/west/news/161022/wst1610220046-n1.html

http://archive.is/3dEpS

色鉛筆で描いた野鳥画65点 岡山・半田山植物園で作品展【山陽新聞デジタル2016年10月22日】

 岡山動物画の会の作品展「色えんぴつ野鳥画展」が岡山市北区法界院の半田山植物園展示ホールで開かれている。23日まで。

 野生動物画家の越山洋三さん(49)=赤磐市=から指 ...
http://www.sanyonews.jp/article/435428/1/

http://archive.is/k68So
タグ:鳥類美術
posted by BNJ at 21:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大きなママは優しいかな【AGARA紀伊民報2016年10月22日】(エンペラーペンギン/アドベンチャーワールド)

 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは21日、このほど生まれたエンペラー(皇帝)ペンギンの赤ちゃんの公開を始めた。人を親と認識しないよう、飼育員はマスクをかぶって餌を与えている。親の元へ返し、大きくなった時にペアをつくってもらうためだ。

 赤ちゃんは15日午後2時22分に体長15センチ、体重290グラムで生まれた。性別は不明。母親の産卵は8月8日だった。皇帝ペンギンの誕生は施設では2015年10月以来、10羽目。飼育数は17羽になる。

 南極大陸で暮らす皇帝ペンギンの成鳥は体長120センチ、体重40キロほどにもなる。つぶされないよう、施設では当初、赤ちゃんを人の手で育ててきたが、それだと成長した時にペアをつくらないという課題が生じた。このため数年前から、赤ちゃんが一定の大きさになるまで飼育員がペンギン型のマスクと手袋を身に付け、赤ちゃんに注射器で餌を与えている。餌はオキアミやニシンなどをミキサーにかけたもの。声は出さず、録音した親の鳴き声を流す。一方の親には、石灰で作った偽物の卵を抱かせる。

 赤ちゃんの体重が800グラムほどになると、偽物の卵と置き換える。赤ちゃんがねだり、親が餌を与えるようになれば成功だ。

 赤ちゃんの公開は午前9時半〜午後5時。


【ペンギン型のマスクをかぶって赤ちゃんペンギンに接する飼育員(アドベンチャーワールド提供)】
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=323092

和歌山・アドベンチャーワールドでエンペラーペンギンの赤ちゃん誕生【産経ニュース2016年10月22日】
 白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で、ペンギンの仲間では最大のエンペラーペンギンの赤ちゃんが誕生した。エンペラーペンギンは世界で18種あるペンギンの仲間では最大で、大人になると体重30〜40キロ、体長は約120センチに成長する。

 誕生した赤ちゃんの両親はともに18歳で、8月8日に産卵。今月15日に孵化(ふか)した。誕生時の体長は15センチ、体重290グラムで、性別はまだ不明という。

 同施設では平成16年、国内で初めてエンペラーペンギンの赤ちゃんが誕生しており、今回で10羽目。エンペラーペンギンはこれで17羽になり、国内最多。ほかにキングペンギン、フェアリーペンギンなど7種があり、全部で約400羽のペンギンが飼育されている。
http://www.sankei.com/region/news/161022/rgn1610220041-n1.html

皇帝ペンギン お外、まぶしいよ ヒナふ化 白浜 /和歌山【毎日新聞2016年10月19日】
ふ化したばかりの皇帝ペンギンのヒナ=アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)提供
 白浜町の動物公園「アドベンチャーワールド」で、エンペラーペンギン(皇帝ペンギン)のヒナがふ化した。15日に卵からかえり、性別はまだ不明。同園での皇帝ペンギンの繁殖は10羽目で、飼育数は17羽となった。公開日は未定。

 両親はともに18歳で、8月8日に産卵した。ふ化時の体長は約15センチ、体重290グラム。

 皇帝ペンギンは南極大陸に生息し、世界に18種いるペンギンの中で最も体が大きい。成鳥になると体長が約120センチ、体重は30〜40キロになる。国内で皇帝ペンギンを飼育している施設は同園と名古屋港水族館(名古屋市港区)だけで、飼育数は同園が最も多い。【野原隆】
http://mainichi.jp/articles/20161019/ddl/k30/040/378000c

http://archive.is/Tf0D1
http://archive.is/lSnMG
http://archive.is/E1OfJ
アドベンチャーワールド エンペラーペンギンの赤ちゃんが誕生しました!【プレスリリース2016年10月17日】

ハクチョウ 朝日浴び美しく 新潟・瓢湖【毎日新聞2016年10月22日】

朝もやの中、飛び立つハクチョウ=新潟県阿賀野市で2016年10月16日、小川昌宏撮影
 新潟県阿賀野市の瓢湖(ひょうこ)に、ハクチョウが越冬のため、飛来している。夜が明けるころ「コオー、コオー」と声を響かせながら、朝日を浴びたハクチョウが美しい姿を見せている。

【美しき冬の使者 瓢湖のハクチョウ写真特集】
 瓢湖は2008年にラムサール条約に登録された約8ヘクタールの人工のため池。60年以上前からオオハクチョウやコハクチョウがねぐらにしている。

 瓢湖管理事務所によると、今年は今月5日に7羽が飛来した。まだ暖かい日が多く、21日朝の時点で約1700羽と例年より少ないが、11月中旬までに約6000羽が訪れる。来年3月にロシア・シベリアに戻る。【小川昌宏】
http://mainichi.jp/articles/20161022/k00/00e/040/196000c

http://archive.is/i1mlR
「冬の使者」ハクチョウ各地に 阿賀野・瓢湖 今季初飛来【新潟日報モア2016年10月6日】
posted by BNJ at 12:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山梨)園児が巣箱かけ サントリー白州蒸留所の野鳥の森【朝日新聞デジタル2016年10月22日】

木に巣箱をつけて、笑顔の園児=北杜市白州町のサントリー白州蒸溜所

 北杜市白州町の「サントリー白州蒸溜(じょうりゅう)所」内にあるバードサンクチュアリ(野鳥の聖域)で21日、近くの白州保育園の年長組園児10人が愛鳥活動として木々に巣箱を取り付けた。

 園児は木製の巣箱にクレヨンで鳥や木などを描き、サントリーのスタッフに支えられ、脚立に上がって約2メートルの高さに取り付けた。鳥やうさぎを描いた水谷庭歌(ていか)さん(5)は「巣箱をつけるのが楽しかった。鳥に来て欲しい」。佐藤壮真(そうま)くん(5)は「松ぼっくりを拾うのが楽しかった」と話した。

 園児による巣箱の設置は1988年から続く。工場の敷地約82ヘクタールのうちサンクチュアリは約4ヘクタール。アカマツのほかドングリが実るクヌギなどの森が自然に近い状態に保たれている。同蒸溜所には年間約50種類の鳥が訪れるという。

http://www.asahi.com/articles/ASJBP51YSJBPUZOB00B.html

http://archive.is/66Smf
タグ:巣箱
posted by BNJ at 12:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巣箱作り通じ自然親しんで 安中の小根山森林公園、来園者増狙い体験プログラム【産経ニュース2016年10月22日】

 野鳥と植物の宝庫として知られる小根山森林公園(安中市松井田町横川)で、鳥の巣箱作りで入園者を増やそうというプログラム「野鳥と自然の秘密基地! 小根山森林公園で鳥たちのお家を作ろう」が繰り広げられている。

                   ◇

 同公園は約91ヘクタールの国有林。明治37年に林業のための試験地となり、日本産樹種20数種類と外国産樹種40数種類が植栽された。昭和30年からは見本林として活用され、48年に前橋営林局(現・関東森林管理局)と県、松井田町が協力して小根山森林公園・野鳥の森として整備された。平成18年以降は安中市が指定管理者となっている。

 入園無料ということもあり、バードウオッチャーらの人気を集めていたが、最近は12年度の1万6442人をピークに入園者減少傾向が続き、27年度は4793人と初めて5千人台を割り込んだ。

 園内にある鳥獣資料館の吉原明館長は「特に東日本大震災以降、右肩下がりで、何とかしなくては−という危機感が強くなった」と語る。

 そこで、鳥たちの巣箱を作る体験プログラムを実施し、それで入園者を呼び込むアイデアを思いついた。

 事前にドライバー1本で完成させられる小鳥用の巣箱を準備。巣箱の設置は参加者の前で公園職員が行う。11月末から野鳥が巣箱に入り、3月ごろから子育てが始まる。野鳥が巣箱に入ったら、その様子を収めた写真とともに巣箱の制作者に連絡するサービスも。

 「そうすることで、制作者だけでなく、その家族も再び足を運んでくれるのではないか。それが狙い」と吉原館長は説明する。

 9日にあった1回目の体験には3組が参加し、うち1組は再訪を予約した。

 年内は今月23日、11月13・27日、12月11・18日の計5回が予定されている。

 吉原館長は「2年続けないと結果は出ないと思う。公園のすばらしさを広めるためにもじっくり取り組んでいく」と話している。(椎名高志)
http://www.sankei.com/region/news/161022/rgn1610220036-n1.html

http://archive.is/IZbiF
タグ:巣箱
posted by BNJ at 12:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風16号被害 103億5000万円【読売新聞2016年10月22日】(養鶏)

 県は21日、9月20日に最接近した台風16号による農業被害が29億9500万円に上ったと発表した。道路や河川なども含めた全体の被害総額は、少なくとも103億5000万円になる見込み。

 農政水産部によると、1208か所で農地ののり面が崩壊するなどした被害が23億200万円、稲が倒れたり、野菜が浸水したりした農作物被害や農業施設の損壊が5億9800万円。被害を受けた栽培面積は5110ヘクタールにわたり、乳用牛20頭と鶏11万8026羽が水死するなどした。

 また、県土整備部が18日現在でまとめた道路の路肩や河川の護岸の崩壊などの被害は、県関係が220か所42億2700万円、市町村関係が240か所21億9200万円だった。

 政府は21日の閣議で、台風16号による災害を激甚災害に指定すると決定し、農地などの災害復旧事業に関して国の補助率が1〜2割程度かさ上げされる見通し。内閣府は県内の災害復旧費を13億円と見込んでいる。
http://www.yomiuri.co.jp/local/miyazaki/news/20161021-OYTNT50088.html

鹿屋・垂水、復旧道半ば 台風16号上陸から1カ月【373news.com2016年10月21日】
床上浸水し、土砂がまだ残る住家=20日、垂水市新御堂
 台風16号が大隅半島に上陸して20日で1カ月となった。被害が大きかった鹿屋市と垂水市では、20日現在、一部地域に土砂や流木がいまも残る。手つかずの浸水家屋や、避難生活を続ける人も多く、復旧は道半ばだ。
 鹿屋市上高隈町の串良川沿いに住む園田誠さん(61)の鶏舎は4棟が浸水し、4万2000羽が流されて死んだ。この1カ月間は、民間ボランティアの協力を得て、周辺の後片付けをするのがやっとだった。「復旧の見通しは立っていないが、時間がかかっても元通りにしたい」と前を向く。
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=79620

http://archive.is/y91kr
http://archive.is/MI7op
台風16号 養鶏場の土砂撤去 鹿屋市職員、被災地の復旧作業手伝う /鹿児島【毎日新聞2016年10月3日】
posted by BNJ at 12:38 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山中湖の魅力でラッピングバス 富士急行【読売新聞2016年10月22日】(ハクチョウ)

山中湖や富士山の写真が貼り付けられたラッピングバス
 富士急行は、東京都内と山中湖村を結ぶ高速バスの車体に、山中湖や富士山の写真を貼り付けた「ラッピングバス」の出発式が21日行われた。走る広告塔として、より多くの人に山中湖の魅力を知ってもらうことを目指す。

 車体の両側と後部に、山中湖と富士山、湖面にたたずむ白鳥の写真が貼り付けられている。山中湖は、富士五湖の中で最も高い標高約980メートルにあるため、「富士山にいちばん近い湖」というキャッチフレーズを日本語と英語で表記した。

 富士急行によると、バスは、新宿駅近くのバスターミナル「バスタ新宿」(東京都新宿区)などと山中湖村の間を1日1往復半して、年間の走行距離は12万〜13万キロになる。同村の担当者は「この走る広告塔を見て、さらに多くの観光客が来てくれることを期待している」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/yamanashi/news/20161021-OYTNT50303.html

http://archive.is/S8POl
posted by BNJ at 12:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小6生、市販の卵でウズラふ化成功 確率1%未満【神戸新聞NEXT2016年10月20日】

白根璃久君の手に乗るウズラのひな=姫路市飾磨区阿成鹿古
 兵庫県姫路市の小学生がスーパーで買ったウズラの卵のふ化に挑戦し、このほど、ひながかえった。きっかけは夏休みの自由研究だったが3度失敗し、新学期が始まっても続けた。4度目で生まれたひなは、すくすくと成長している。

 高浜小6の白根璃久(りく)君(11)=同市飾磨区阿成鹿古。7月末、同時に7個の卵を温めることができる機材を使って始めた。夏休み中に3度試したが変化はなく、4度目で有精卵からひながかえったという。

 「ケイちゃん」と名付けたひなは、白根君を親と思っているのか、学校に行く際は甲高い声で鳴くという。白根君は「いつか学校で成長過程を発表したい」と、いとおしげに見つめる。

 ウズラ卵の産地、愛知県豊橋市の「豊橋うずら農協」によると、ニワトリなどに比べて雌雄の判別が難しく、まれに紛れ込んだ雄が飼育場で交尾することがあるという。ただ、その可能性は低く、「99%以上は無精卵」と話す。(伊田雄馬)
https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201610/0009595122.shtml

http://archive.is/9GWbO
タグ:ウズラ
posted by BNJ at 12:34 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<蕪嶋神社>焼失…新社殿は2階建て【河北新報オンラインニュース2016年10月22日】(既報1ソース/既報関連ソースまとめあり)

蕪嶋神社新社殿のイメージ図

 昨年11月の火災で焼失した青森県八戸市の蕪嶋神社の再建を図る実行委員会は21日、仮拝殿で記者会見し、新社殿を従来の平屋から2階建てに変更する事業計画を発表した。完成時期は当初計画より1年先送りし、2019年12月となる見通し。
 計画によると、新社殿は参拝客向けの休憩スペースを1階部分に設け、2階拝殿に上がるための家庭用エレベーターを設置する。外観は旧社殿のイメージを踏襲し、建物全体の大きさはほとんど変わらない。総工費は当初計画通りの5億円に収めるという。
 11月2日に基礎工事に着手し、一般開放は20年3月を見込む。社殿のある蕪島頂上に向かう階段も改修し、傾斜を緩やかにする。4〜8月のウミネコ繁殖期は工事を中断する。
 今月17日現在の寄付金と保険金の合計額は2億7400万円で、不足分は引き続き寄付を呼び掛ける。野沢俊雄宮司(66)は「この1年は無我夢中だった。地域に根差した神社を目指したい」と話した。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201610/20161022_23019.html

蕪嶋神社2019年12月完成目指す/再建実行委【Web東奥ニュース2016年10月21日】
建される蕪嶋神社社殿のイメージ(同神社再建実行委員会提供)
 昨年11月に火災で焼失した青森県八戸市鮫町の蕪嶋神社について、神社総代らでつくる同神社再建実行委員会(福島哲男委員長)は21日、仮社殿で会見を開き、木造2階建ての社殿を2019年12月までに建設すると発表した。11月1日に地鎮祭を行い、2日に着工する。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20161021018932.asp

http://archive.is/ZRMdA
http://archive.is/Vswa4
八戸・蕪嶋神社 2階建てで再建【東奥日報2016年10月14日】
神の使い・ウミネコが命をつなぐ島 蕪島【朝日新聞デジタル&TRAVEL 2016年8月3日】
施設整備が影響か?ウミネコ営巣半減 八戸・蕪島【デーリー東北2016年7月25日】
東北電力プラスの会が八戸・蕪島に「ウミネコのフン害防止用」傘寄贈【八戸経済新聞2016年6月9日】
青森)ウミネコのひな、スクスク 八戸・蕪島【朝日新聞デジタル2016年6月4日】
蕪島でウミネコのひな続々誕生【Web東奥ニュース2016年5月26日】
ウミネコ ふ化確認 今年も新しい命が誕生 八戸の蕪島 /青森【毎日新聞2016年5月19日】
ウミネコ 産卵始まる 神社再建で寄付募集も 青森・蕪島【毎日新聞2016年4月20日】
ウミネコ営巣へ場所取り 蕪島前広場に築山【河北新報オンラインニュース2016年4月7日】
ウミネコ 飛来、今年も 市民「ホッとした」 全焼の蕪嶋神社 /青森【毎日新聞2016年3月7日】
【ZOOM東北】青森発 全焼の蕪島神社…「八戸の宝」再建へ善意【産経ニュース2016年1月24日】
<蕪嶋神社>再建目標2018年12月【河北新報オンラインニュース2016年1月14日】
青森・蕪嶋神社火災 焼失した「ウミネコの聖地」 再建を待つ住民と鳥たち【THE PAGE2015年11月23日】
蕪嶋神社焼失から1週間 広がる支援の輪【デーリー東北2015年11月13日】
posted by BNJ at 12:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする