2016年10月30日

富士通、ICT技術でシマフクロウ生息調査を支援【NEWSALT2016年10月30日】(既報1ソース)

富士通グループは、日本野鳥の会が北海道東部で実施しているシマフクロウ生息調査に対して情報通信技術(ICT)を活用した支援を15日から行っている。同グループの開発した音声処理技術を応用し、生息域で録音した音声データの中からシマフクロウの鳴き声を自動認識して高精度で抽出するプログラムを開発した。シマフクロウ生息域調査の効率化、精度向上が図れる。

シマフクロウは環境省のレッドリストで絶滅危惧IA類に指定されている。日本では北海道東部の知床、根室、日高地域などで見られるだけになり、つがい約50組、140羽程が生息している。

野鳥の会は、1986年から野鳥保護区の設置によりシマフクロウ生息地の保全活動をしてきた。その調査にあたり、従来は調査員が数時間、耳で聞いて鳴き声を確認していた。2011年10月からは、ICレコーダーを設置して録音した音声を、市販の音声解析ソフトによるスペクトル解析や試聴によって人が確認してきた。

富士通グループは、シマフクロウのオスとメスが鳴き交わすときの音声パターンに着目。録音データの中からシマフクロウの鳴き声だけを自動認識して高精度で抽出するプログラムを開発した。これによりこれまで1時間かかる処理作業が2、3分に短縮されるとともに、人での作業では見落としていた遠くの声も検知可能となり、調査精度も向上した。

富士通グループは今後もICT技術で、シマフクロウの他にも生物多様性保全に取り組んでいくとしている。

(写真はイメージ)

参考記事
日本野鳥の会、土地を購入してシマフクロウの保護区を設置(2016/08/29)
http://newsalt.jp/it/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E9%80%9A%E3%80%81ict%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%A7%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%95%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A6%E7%94%9F%E6%81%AF%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%82%92%E6%94%AF%E6%8F%B4

絶滅危惧種、シマフクロウを守れ!野鳥の会と富士通の保護大作戦 音声認識プログラムで声を抽出、数の把握が格段に早まる【ニュースイッチ日刊工業新聞2016年10月27日】
シマフクロウ(日本野鳥の会提供)
 オスが「ボボ」と鳴くとメスが「ブ」を鳴き返す。シマフクロウのつがいの鳴き交わしだ。夜、暗い森に響く鳴き声からシマフクロウの数を確認できる技術を富士通が開発した。

 シマフクロウは両翼の幅が2メートル近くになる巨大フクロウ。日本では北海道で140羽の生息しか確認されておらず、環境省レッドリストで絶滅危惧IA類に指定されている。

 日本野鳥の会は長年、シマフクロウの保護に取り組んでいる。会の会員でもある富士通環境本部グリーン戦略統括部の畠山義彦氏は「保護には生息域を知り、生息数を知ることが大事」と話す。だが、シマフクロウは夜行性なので姿を確認すること自体が難しい。

 そこで野鳥の会は、ICレコーダーを山中に置いて夜間に3時間録音し、再生した鳴き声から数を把握していた。音の波形を画面上に表示し、シマフクロウの声を見分ける調査もしていた。だが、人の耳と目に頼るので早送りしてもICレコーダー1台の調査に1時間かかっていた。

 富士通が開発した音声認識プログラムは音声データを入力すると、周波数からシマフクロウの声を抽出し、瞬時に数を解析する。ICレコーダー1台の解析時間は数分だ。

 野鳥の会は人の作業だと7地域49地点の解析に3カ月かかることがあった。富士通の技術だと18地域142地点に広げても解析は2週間で済み、調査効率が飛躍的に高まった。

 2組のつがいが同時に鳴いても、聞き分けられるのも強みだ。人だと1組2羽にしか聞こえないが、音声認識プログラムで2組4羽がいることも分かるようになった。

 プログラムで行動範囲を調べると、日本製紙の社有林を生息域としていることも判明。野鳥の会と日本製紙は2015年に覚書を結び、繁殖期に伐採しないなどを取り決めた。

 「シマフクロウはアイヌの村の守り神だった。今は人が守る立場になった」(畠山氏)という。情報通信技術(ICT)の活用で人の調査が効率化されれば、保護できるシマフクロウも増える。いずれ、シマフクロウを守り神とする文化も復活する。

 富士通は本業のICTによる生物多様性保全に取り組む。シマフクロウの音声認識プログラムは、グループ会社が研究していた携帯電話の音声認識技術が生かされた。他にも携帯電話のカメラで撮影した画像データを地図と結びつけ植物の生息地図を作る技術もあり、自然保護団体や研究機関が活用している。
https://newswitch.jp/p/6588

http://archive.is/3qEpl
http://archive.is/IzSiL

posted by BNJ at 12:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NEWSの窓 科学 西之島 貴重な「生態系の実験場」毎日小学生新聞【毎日新聞2016年10月30日】

まいにちしんぶんデジタル編集委員へんしゅういいん・元村有希子もとむらゆきこ
 小笠原諸島おがさわらしょとうの西之島にしのしまを知しっていますか。もともと無人島むじんとうでしたが、2013年ねん、近ちかくの海底かいていで火山かざんが噴火ふんかしました。大量たいりょうの溶岩ようがんが島しまをのみ込こみ、もとの12倍ばいもの大おおきな島しまに生うまれ変かわったのです。

 島しまに生はえていた草木くさきは燃もえ、生いき物ものも逃にげたり死しんだりしてしまいました。いま、島しまの自然しぜんはどうなっているのか−−。噴火ふんかがおさまった今月こんげつ、科学者かがくしゃたちが初はじめて西之島にしのしまに上陸じょうりくしました。

 その結果けっか、島しまにはトンボやハサミムシなどの昆虫こんちゅうがすんでいました。アオツラカツオドリという海鳥うみどりがすみつき、ひなが生うまれていたことも分わかりました。新あたらしい生態系せいたいけいが生うまれていました。

 野生やせいの生いき物ものと、それらが生いきる環境かんきょうをまとめて「生態系せいたいけい」と呼よびます。島しまは、まわりが海うみなので、生いき物ものの出入でいりが限かぎられます。その結果けっか、独自どくじの生態系せいたいけいが作つくられ、守まもられることがあります。有名ゆうめいなのは、ダーウィンが「進化論しんかろん」を思おもいつくきっかけとなったガラパゴス諸島しょとうです。同おなじ種類しゅるいの鳥とりでも、それぞれの島しまでたくさん取とれるえさを食たべやすいように、くちばしの形かたちが変化へんかしていることを発見はっけんしました。

 西之島にしのしまがおもしろいのは、噴火ふんかによってそれまでの生態系せいたいけいが「リセット」されたことです。新あたらしい生態系せいたいけいができていく様子ようすを、はじめから観察かんさつできるなんてめったにないことです。

 そのため、科学者かがくしゃたちは上陸じょうりくのルールを決きめました。生態系せいたいけいに影響えいきょうを与あたえる虫むしや植物しょくぶつの種たねなどを持もち込こまないように、靴くつや衣服いふくは新品しんぴん。持もち込こむ荷物にもつも、上陸前じょうりくまえに海水かいすいにつけるという念ねんの入いれようです。

 小笠原諸島おがさわらしょとうは、住所じゅうしょは東京都とうきょうとですが、自然しぜんが豊ゆたかで「東洋とうようのガラパゴス」と呼よばれています。今後こんご、西之島にしのしまは「生態系せいたいけいの実験場じっけんじょう」として、大切たいせつに守まもられていくことになります。

 福岡県生ふくおかけんうまれ。科学技術かがくぎじゅつや環境問題かんきょうもんだいを主おもに取材しゅざい。趣味しゅみは山歩やまあるきと温泉おんせん。著書ちょしょに「気きになる科学かがく」(中経ちゅうけいの文庫ぶんこ)など。デジタル報道ほうどうセンター所属しょぞく。

http://mainichi.jp/articles/20161030/kei/00s/00s/006000c

http://archive.is/gx2Gn
15歳のニュース 目が離せない西之島 噴火3年で初上陸 大陸形成の解明に期待【毎日新聞2016年10月29日】
ニュース交差点 地域 西之島に海鳥のヒナやトンボ 毎日小学生新聞【毎日新聞2016年10月27日】
西之島にカツオドリ・昆虫・ダニ… 上陸調査の結果発表【朝日新聞デジタル2016年10月26日】
面積が大きくなった無人島に上陸したいぞ! : KODOMO【読売新聞2016年10月26日】
西之島に噴火後初上陸 東大地震研など生態系調査【朝日新聞デジタル2016年10月20日】
(科学の扉)生態系、よみがえるか 噴火の西之島、貴重な観察の場【朝日新聞デジタル2016年10月9日】(オオアジサシ/アカオネッタイチョウほか/既報関連ソースあり)
新たな生態系、西之島で調査 環境省、来年度上陸へ【朝日新聞デジタル2016年8月30日】
小笠原諸島・西之島、「研究目的以外の上陸自粛を」 専門家【日本経済新聞2016年8月19日】
噴火から2年半、西之島で海鳥営巣…抱卵の姿も【読売新聞2016年6月4日】
西之島、海鳥の生息を確認 噴火みられず、わずかに噴煙【朝日新聞デジタル2016年2月15日】
溶岩の島、海鳥たくましく生息…西之島噴火2年【YOMIURI ONLINE2015年11月18日】
溶岩で覆われた西之島、花咲き鳥歌う島になるか【AFPBB News2015年5月20日】
くらしナビ・環境:西之島噴火、海鳥どうなる 国内有数の繁殖地 溶岩で覆われ【毎日新聞2015年3月20日】
posted by BNJ at 12:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道)クッチャロ湖に冬の使者続々 浜頓別【朝日新聞デジタル2016年10月30日】

湖畔で羽を休めるハクチョウや風に舞うカモメの群れをカメラに収める観光客=浜頓別町

 渡り鳥の中継地、浜頓別町のクッチャロ湖に今年も冬の使者・ハクチョウが相次いで飛来している。29日は約400羽を数え、寒風吹きすさぶなか、観光客らがカメラを向け、冬の訪れを感じ取っていた。

 同湖に飛来するのは主にコハクチョウ。今季は例年並みの今月2日に16羽が初飛来し、17日に今季最多の約1200羽を観測した。湖畔の水鳥観察館の職員小西敢(かん)さん(46)によると、今季は羽がまだ灰色の幼鳥の比率が高いのが特徴で、6羽の幼鳥連れが2組見られたという。例年だと11月に入って、飛来数が再びピークを迎える。

 ロシア極東から南下したコハクチョウは、さらに本州の越冬地へ向かう。春に北へ帰る際にも同湖で羽を休め、4月下旬ごろには数千羽の群れでにぎわう。(島田賢一郎)
http://www.asahi.com/articles/ASJBY5K09JBYIIPE00X.html

http://archive.is/8cKAP
posted by BNJ at 12:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝書バトは役目を終えても【西日本新聞2016年10月30日】

 福岡市・天神の西日本新聞会館の玄関前に重厚な石柱の台座が残っている。旧社屋のモニュメントである。

 旧社屋の屋上にはその昔、ハト小屋があって伝書バトを飼育していたという。入社間もないころ、先輩にそう伝え聞いた時は本当にびっくりした。驚いてから、もう三十数年たつ。今ならさしずめ「昔はざら紙の原稿用紙にペンで記事を書いていたんだ」とパソコンになじんだ若い記者に教えるようなものだろう。

 「わが社のハトの歴史は古い。もっとも終戦時には、飼料難などでわずか四十羽ていどに減っていた。戦後も燕麦(えんばく)、黒豆などの特配(特別配給のこと)をうけてしのぎながら、しかし伝書バトとしての活躍は再び活発化した」(「西日本新聞戦後小史」、1962年刊)。

 中国大陸や朝鮮半島から博多港に向かう引き揚げ船の写真フィルム、離島からの総選挙開票速報など、伝書バトは貴重な情報を素早く新聞社に送り届けてくれた。「数々のあっぱれな業績を残している」と小史はたたえている。

 通信技術や交通手段の発達で、伝書バトは「お役御免」となる。小史によれば、最後まで飼育されていた147羽が福岡市の動物園に寄贈されたのは58年4月だった。

 伝書バトは多くの新聞社で活躍したが、弊社とハトの縁はそれだけではない。かつて新聞題字の地紋にはハトの群れが優雅に舞っていた。社章もハトの羽を図案化していた。もちろん、ハトは「平和の使者」「平和の象徴」だ。

 「改憲勢力」が衆参両院で3分の2以上を占める国会で憲法の改正論議が本格化しようとしている。「駆け付け警護」など、安全保障関連法に基づく自衛隊の新任務が国連平和維持活動(PKO)で付与されようとしている。平和とは何か。改めて考えさせられる戦後71年である。

 伝書バトはとうに役目を終え、題字や社章からハトの図柄は消えたけれど、こと「平和」については、とことんこだわる新聞社であり続けたいと思う。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/editorialist/article/285603

http://archive.is/APAeD
【特集】知られざる鳩レースの世界 秋はトップシーズン【MBS関西のニュース2016年10月26日】
伝書バト 漁師の命綱 いすみ・大原小運動会で放鳥再現 「港町の歴史知って」 /千葉【毎日新聞2016年10月20日】
ハトレース、高齢化で先細り 「肩身狭い」趣味に【神戸新聞NEXT2016年10月3日】
大阪)伝書鳩と成長はばたく 幼児生活団で卒業式【朝日新聞デジタル2016年3月13日】
子どもと成長した伝書鳩 新聞社で活躍の子孫、空に舞う【朝日新聞デジタル2015年11月27日】
喜界島から伝書バト 伊江の宮城さん、保護、手厚く看護【琉球新報2015年8月20日】
伝書バト 高い帰巣性、戦地に駆り出された歴史も【日本経済新聞2015年4月18日】
タグ:伝書鳩
posted by BNJ at 12:12 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衣装着た動物とパチリ 松江フォーゲルパークで催し【山陰中央新報2016年10月30日】(ペンギン)

仮装したペンギンと記念写真を楽しむ子どもたち
 仮装した動物と共にハロウィーンを楽しむイベントが29日夜、松江市大垣町の松江フォーゲルパークであった。来場者約300人が集まり、ペンギンと並んで記念写真を撮るなど楽しんだ。

 今年初めて同パークが企画。スタッフが手作りしたオレンジや黒のマントを羽織ったペンギンたちが、花とカボチャで作ったモニュメントの前に並び、仮装した子どもらと記念写真に収まった。出雲市立大津小3年の井上心結(みゆう)さん(9)は「ハロウィーンの衣装を着たペンギンがすごくかわいかった」と喜んだ。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=562015004

http://archive.is/GlCms

野鳥ヒメクイナを福井県内で確認 57年ぶり、写真愛好家が姿とらえる【福井新聞ONLINE2016年10月30日】

福井県内で57年ぶりに確認されたヒメクイナ=10月8日(伊藤正敏さん提供)

 野鳥「ヒメクイナ」が福井県嶺北地方でこのほど見つかり、福井市の写真愛好家、伊藤正敏さん(36)が撮影した。県自然保護センターによると、県内でヒメクイナが確認されたのは57年ぶり2例目。

 ヒメクイナは茶褐色で体長約20センチ。国内では中部地方以北で繁殖するとされる。同センターと日本野鳥の会福井県によると、県内では1959年に福井市で確認された。この時の個体は現在、標本として同市自然史博物館で保存されている。

 伊藤さんが10月8日、野鳥の撮影をしていた際に見つけた。伊藤さんは「珍しい鳥だとは思わずに撮影したが、後で図鑑を調べてヒメクイナだと分かった。写真に収めることができてうれしい」と喜んでいた。

 同センターの松村俊幸所長は「ヒメクイナは県内でも水辺や湿地などの限られた場所に、まれに訪れている可能性がある。小型で草むらの中を縫うようにして素早く移動するため、発見が難しい」と話している。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/107888.html

http://archive.is/YGjGX
タグ:ヒメクイナ
posted by BNJ at 12:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする