2016年11月30日

鳥インフルエンザ 鹿児島・出水のツル5羽も【毎日新聞2016年11月30日】

 環境省と鹿児島県は29日、国内最大のツルの越冬地、出水(いずみ)平野(同県出水市)のツル5羽からH5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。越冬ヅルからの高病原性ウイルス検出は今季13羽に上り、過去最多となっている。

 環境省によると、5羽は、22〜24日に死体で回収されたり保護されたりした。マナヅル1羽とナベヅル4羽。いずれも遺伝子検査で陽性を示し、鹿児島大の確定検査で高病原性のウイルス感染が確認された。【内田久光】
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddp/041/040/030000c

南九州の各県も厳戒 鳥インフル【西日本新聞2016年11月30日】
鳥インフルエンザに感染したナベヅルが見つかった干拓地周辺で車両を消毒する作業員=29日、鹿児島県出水市(写真の一部を加工しています)

 新潟、青森両県の養鶏場の鶏などから高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認され、国内の鶏肉生産量の4割を占める南九州では、養鶏関係者が警戒を強めている。今季は鹿児島県出水市のナベヅルなど全国的に野鳥からのウイルス検出が相次ぎ、韓国でも家禽(かきん)から確認されている。関係機関は空港など水際対策の強化を進めている。

 農林水産省によると、今季は夏に渡り鳥の営巣地であるロシアなどでウイルスが確認され、渡り鳥が南下する秋以降のウイルス侵入が懸念されていた。28日までに全国で野鳥やふん便など24例のウイルスを検出し、うち19例が高病原性と判明。例年より検出数が多く、環境省は対応レベルを最高の「3」に引き上げた。

 ナベヅルからウイルスが検出された出水市は、ツルが越冬する干拓地周辺に養鶏農家が点在しており、危機感が強い。市は干拓地周辺に26カ所の消毒ポイントを設け、うち6カ所は噴霧器で通行車両を消毒したり、路面に消毒液をまいたりして防疫を徹底する。

 宮崎県では宮崎空港(宮崎市)が30カ所に消毒マットを敷き、海外からのゴルフ客などの靴も消毒。宮崎−ソウル線が12月から増便されることもあり、宮崎空港ビル危機管理室の西原庄司室長は「絶対にウイルスを侵入させない」。

 同県は29日、緊急防疫会議を県庁で開き、養鶏関係者に防疫強化を要請した。食肉製造販売「ウェルファムフーズ」霧島事業所(鹿児島県霧島市)の松元浩徳さん(55)は「国内でこれだけ発生しており、今年は相当危険だ。やれる対策は全部やる」と話した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/292557

http://archive.is/Q3eRm
http://archive.is/6X7C1
出水の鳥インフルエンザ、カモ2羽も高病原性【373news.com2016年11月29日】(出水関連29日分まとめ)

posted by BNJ at 22:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県内養鶏業者ら緊張感 鳥フル国内猛威【Miyanichi e-press2016年11月30日】

 「いよいよ迫ってきた」「絶対に発生させない」。野鳥だけでなく、青森、新潟県の農場で高病原性鳥インフルエンザが発生し、一夜明けた29日、県内の養鶏業者らの間では、これまで以上に緊張感が高まった。専門家は「すでにウイルスが本県に侵入している可能性が高い」と指摘し、一層の防疫徹底を呼び掛ける。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_22962.html

宮崎県鳥インフル対策会議へ、九州・山口過去被害【読売新聞2016年11月29日】
 新潟県関川村の養鶏場で見つかった鶏の死骸から鳥インフルエンザの陽性反応が出た問題で、県は29日、鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。毒性の強い高病原性とみられ、県は同日未明、この養鶏場で飼育している鶏約31万羽の殺処分を始めた。青森市の農場で飼育されていた食用のフランス鴨からも高病原性とみられるウイルスが確認され、青森県が殺処分を進めている。

 高病原性鳥インフルエンザは過去に九州・山口など各地で発生しており、感染を食い止めようと警戒感が高まっている。

 ブロイラーの飼育羽数が全国トップの宮崎県は、29日午後、緊急の対策会議を開催する。同県内で2011、14年と発生が続いた際は直前に国内で野鳥への感染が確認され、養鶏場に広がった。県家畜防疫対策課の担当者は「いつ感染が起きてもおかしくない」と危機感を募らせる。

 国内最大のツルの越冬地・出水平野(鹿児島県出水市)で回収されたナベヅルなどから鳥インフルエンザウイルスが検出された鹿児島県では、関係者が養鶏場周辺で通行車両のタイヤを消毒するなど対策を徹底させている。

(ここまで465文字 / 残り66文字)
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20161129-OYS1T50076.html

鳥インフルエンザ「脅威すぐ近くに」 対策緊急会議 県庁 /宮崎【毎日新聞2016年12月1日】
 新潟、青森両県で鶏や食用アヒルから高病原性鳥インフルエンザの感染疑いが確認されたことを受けて、宮崎県は29日、養鶏関係者らを集めた緊急会議を県庁で開いた。約40人が参加し、鶏舎などでの防疫対策の徹底を確認した。

 会議では県の担当者が、新潟、青森両県での殺処分の状況や防疫措置について説明。11月中旬以降、鹿児島県出水市で野生のナベヅルから相次いでウイルスが検出されていることを挙げて「脅威はすぐ近くまで来ている」と注意を呼び掛けた。

 その上で鶏舎などへのウイルス侵入を防ぐために、長靴や作業着、車の消毒▽鶏舎周辺への石灰散布▽野生動物の侵入防止対策−−などの確認を求めた。

 県内各地に養鶏場があるウェルファムフーズ霧島事業所(鹿児島県)農場課の松元浩徳さん(55)は「防鳥ネットを整え、消毒や小動物対策もした。絶対にウイルスを入れないということを各農場に徹底している」と話した。【黒澤敬太郎】
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k45/040/308000c

http://archive.is/WRZ3x
http://archive.is/D5nHv
http://archive.is/YPQu3
posted by BNJ at 22:46 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟・青森で鳥インフル 県内養鶏農家156戸異常なし、県が緊急防疫会議【愛媛新聞ONLINE2016年11月30日】

高病原性鳥インフルエンザの防疫対策などを確認した緊急会議=29日午後、県庁
 新潟、青森の両県で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、愛媛県は29日、緊急防疫会議を県庁で開いた。100羽以上を飼育する県内の養鶏農家156戸を対象に、28、29の両日に実施した聞き取り調査で異常は確認されていないと報告した。
 会議には県畜産課と家畜保健衛生所の職員10人が出席した。県畜産課の二宮幸誠課長が「県内への侵入防止に向けて意識統一し、万全を期したい」とあいさつし、養鶏場出入り口の消毒や防鳥ネットの点検などを農家に再度指導するよう呼び掛けた。
 県畜産課職員が新潟、青森両県の状況や、県内で起きた場合の対応策などを説明。「例年に比べて発生が早い。いつ西日本に下りてくるか分からないので、緊張感を持って対応してほしい」と述べ、今後は立ち入り検査などを実施していくことを確認した。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201611306673

http://archive.is/UvIqT
posted by BNJ at 22:43 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル コハクチョウから高病原性検出 鳥取・米子【毎日新聞2016年11月30日】(鳥インフルエンザ鳥取県関連30日分まとめ)

 鳥取県は30日、同県米子市の米子水鳥公園で見つかったコハクチョウの死骸1羽と衰弱した1羽から、H5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。

 11月20日に公園職員が2羽を発見。国の遺伝子検査で25日に陽性と判明したため、鳥取大が確定検査をしていた。環境省は25日から周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定している。

 県内では、鳥取市内でもカモ類のふんから高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されている。【高嶋将之】
http://mainichi.jp/articles/20161201/k00/00m/040/059000c

鳥取県米子市でも鳥インフル=環境省【時事ドットコム2016年11月30日】
 環境省は30日、鳥取県米子市で回収したコハクチョウ2羽の死骸などから、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたと発表した。野鳥やふんなどからのウイルス検出は全国で今季6カ所目。
 また、秋田市の動物園で死んだシロフクロウ2羽からもウイルスを検出した。この動物園ではこれまでに、コクチョウ3羽で感染が確認されている。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016113000750&g=soc

鳥インフルエンザ 警戒 県が対策を確認 庁内連絡会議 /鳥取【毎日新聞2016年11月30日】
 新潟、青森両県で飼育されている鶏やアヒルから、鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、県は29日、防疫対策を確認する庁内連絡会議を開いた。監視を強化し、鳥インフルエンザウイルスの家畜感染を防ぐことを確認した。

 県内では今月に入り、鳥取市気高町日光の水田で採取したカモ類のふんから、相次いでH5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。県はこれまでに県内84の養鶏場に聞き取り調査をしたり、施設を直接巡回したりして設備に問題が無いかを点検。鶏に異常が無いことを確認している。

 この日、県庁で開かれた会議では、県内でも家畜に感染した場合に備え、消毒のためのオゾン水発生装置3台や消石灰1200袋、防護服2000着を約900万円で追加購入する予定であることなどが報告された。平井伸治知事は「農場を守るため監視し、万が一に備えた態勢作りを早急に進めたい」と話した。【小野まなみ】
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k31/040/453000c

http://archive.is/gLRF0
http://archive.is/TXNen
http://archive.is/vOkHH
鳥インフルエンザ カモ類ふんから検出 高病原性 鳥取 /鳥取【毎日新聞2016年11月29日】
posted by BNJ at 22:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルエンザ 県や農業団体、緊急防疫会議 /広島【毎日新聞2016年11月30日】

 青森、新潟両県で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、県は29日、緊急の防疫対策会議を開いた。関係部局や農業団体の約20人が参加し、対策の徹底を確認した。

 会議で、県の担当者が両県農家からH5型の鳥インフルエンザウイルスが確認されたと報告。「国内全域で起こり得る。衛生対策を徹底していきたい」と話し、ウイルスを運ぶ野生動物の侵入防止や飼育時の衛生管理基準の順守を呼びかけた。

 県は同日、100羽以上の鶏を飼う県内全119農場に電話で聞き取り、異常は確認されなかったという。その他の飼育者にもホームページで、異常があった場合は速やかに県に届け出るよう呼びかけを強化するという。【石川将来】
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k34/040/518000c

http://archive.is/ZWNHh
posted by BNJ at 22:33 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする