2016年11月14日

「提案内容は自由」、千葉市が桜の名所・泉自然公園でプロポーザル【新・公民連携最前線 PPPまちづくり 日経BBネット2016年11月14日】(既報関連ソースあり)

桜の開花シーズンの風景(写真:千葉市)

今回の事業者決定プロセス(資料:千葉市)

月別の駐車場利用状況。桜と紅葉シーズンの3月、4月、11月の利用者は多いが、夏・冬の利用者は少ない。市では、民間提案により年間を通して多くの人に公園を利用してもらえるようになることを期待している(資料:千葉市)

 千葉市は、千葉市若葉区野呂町の泉自然公園について、現在、公募型プロポーザル方式で民間からの事業提案を受け付けている。事業の内容は特定せず、採用する提案も1つとは限定しない。提案のなかから数件を選定して、事業者と詳細の協議を行い、協議が成立した事業を実施する方針だ。締め切りは12月2日午後5時。所定の応募書類とともに企画提案書を郵送、または持参で提出する。

 泉自然公園は、千葉市の中心部から東南東に約11キロメートルの場所にある約42.5ヘクタールの広さの公園で、1969年開園の都市公園(風致公園)だ。敷地の約7割を樹林地が占める。公園の大部分が東千葉近郊緑地特別保全地区に含まれ、良好な自然環境が残されていることが特長だ。起伏に富んだ地形を活かした園内は、四季を通じて多様な自然とふれあうことができ、カタクリ、キツネノカミソリなどの野草やカワセミ、フクロウなどの野鳥、野ウサギなどの野生動物も見られる。「日本さくら名所100選(日本さくらの会)」に選ばれた桜や紅葉でも知られ、春と秋には特に多くの人で賑わっている。

 今回の募集の特徴は、市が事業内容を特定していないこと。公園の自然環境に配慮し、魅力向上につながるものであれば、新たな施設の整備も、駐車場や売店、サイクリングセンターといった既存の公園施設の利活用も自由に提案することができる。事業区域、事業内容が同一でなければ、同一事業者からの複数の提案を採用する。

 提案事業はすべて事業者の費用負担で行い、収益も全て事業者のものとする。市へは事業内容や使用範囲応じた公園使用料を支払う形となる。ただし市が提示している使用料は、既存の公園施設を活用する場合は月額14円/m2以上、520円/m2以内、新たに施設を設置する場合は月額10円/m2以上、21万円/m2以内と幅広く、妥当な使用料も含めて事業者からの提案を求めていく。事業期間は原則10年以内だが、事業展開上の理由が明確であれば、それ以上の期間を提案することもできる。

 提案に対する評価は、一次審査として事業者の財務状況や事業実績を審査するほか、内容を評価する二次審査では、泉自然公園の特徴や資源を生かし、公園の魅力向上につながる提案になっているかどうかを一番のポイントに、集客力や市に収める使用料の金額、市の管理負担の軽減などの面でも審査する。

 今後のスケジュールは、12月下旬までに協議の対象とする提案を選定し、2017年1月以降に市と事業者との間で諸条件などの詳細の協議を実施。実施の決定はこの詳細協議の内容で判断する。協議が整った場合は、協定の締結や必要な許可手続きを経て、事業者が事業を実施していく。
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/PPP/news/111300082/

http://archive.is/VlRTu
命名権で運営のライオン展示場、東京湾望む複合施設で続々成功 売店も閉鎖中の自然公園の運命は…【産経ニュース2016年11月7日】
千葉)公園のにぎわい、民間の発想に期待 千葉市【朝日新聞デジタル2016年10月15日】
千葉市の泉自然公園、来園者数ピーク時の半分以下… 集客アップ アイデア求む!【産経ニュース2016年10月9日】

posted by BNJ at 21:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昭和記念公園でバードウオッチング 日本野鳥の会奥多摩支部が初心者向けに【西多摩経済新聞2016年11月14日】

愛らしい野鳥が訪れる

 日本野鳥の会奥多摩支部は12月3日、昭和記念公園で「はじめてみませんか、バードウォッチングin昭和記念公園」を開く。

 同園は180ヘクタールにおよぶ自然豊かな国営公園で、水鳥の池、花木園、日本庭園、こどもの森などが整備され、季節ごとに多くの野鳥が訪れる。

 今回は初心者でもベテランでも楽しめる探鳥会。で、同会のスタッフが望遠鏡を用意して解説も行う。「野鳥の名前が分かったらいいなと思っている方など、野鳥を探しに参加してもらえれば」と呼び掛ける。

 開催時間は9時30分〜12時。参加費は100円で、別途入園料(大人=410円、小人=80円、65歳以上=210円)が必要。問い合わせは同支部事務局・荒井さん(TEL 0428-23-3498)まで。
http://nishitama.keizai.biz/headline/729/

http://archive.is/zKHJh
posted by BNJ at 21:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岐阜で住宅全焼、80歳男性が軽傷 鵜匠宅も一部焼ける【朝日新聞デジタル2016年11月14日】

現場周辺は煙が立ちこめた=岐阜市長良、吉川真布撮影

 14日午前8時20分ごろ、岐阜市長良の無職下條孝夫さん(80)宅から出火。岐阜県警岐阜北署によると、木造2階建て住宅約140平方メートルが全焼し、北側の鵜匠(うしょう)山下哲司さん(61)宅も一部、約64平方メートルが焼けた。下條さんが病院に搬送されたが、軽傷だという。消火活動にあたった消防団員3人が、落ちてきた屋根瓦が頭などに当たり、軽傷。

 現場は長良川北側の住宅地で、道路を挟んで西側に市の観光施設「長良川うかいミュージアム」があるが、署によると、被害はないという。

 現場近くでは、鵜匠や市職員、近隣住民らが集まり、消火活動を見守った。近所の自営業の男性(62)は「煙がすごく出ていて、一気に暗くなった。火が高く上がっているのが見えた」と話した。

 現場近くに集まった鵜匠や船頭が鵜の様子を心配していたが、署によると、山下さん宅には鵜が18羽いたが、延焼した家からは離れた飼育小屋にいたため無事だという。近くに住む鵜匠代表の山下純司さんは「鵜が煙をかぶって怖がっていないか心配」と話した。(室田賢、吉川真布)
http://www.asahi.com/articles/ASJCG3CPYJCGOHGB001.html

http://archive.is/VY5vi
鵜匠を書類送検 長良川鵜飼、船頭死亡事故【岐阜新聞WEB2016年8月17日】
posted by BNJ at 21:41 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独の養鶏場で鳥インフル、高病原性H5N8型【産経ニュース2016年11月14日】(既報関連ソースあり)

 ドイツ政府は13日までに、北部シュレスウィヒ・ホルシュタイン州の養鶏場の鶏からH5N8型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。州当局はこの養鶏場の約3万羽を殺処分する。

 ドイツ政府はハンガリーやオーストリア、デンマークなど欧州各地でH5N8型の高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出が相次いでいると指摘。養鶏業者に感染防止を呼び掛けている。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/161114/wor1611140011-n1.html

ドイツ、鳥インフルエンザに緊急対策【中国国際放送2016年11月13日】
 ドイツ連邦食糧農業省は12日、国内におけるH5N8型高病原性鳥インフルエンザ感染の拡大を受けて、「動物疫病中央危機対処グループ」を設置し、感染の抑制に当たると発表しました。
 連邦食糧農業省は、これまでH5N8型鳥インフルエンザウィルスのヒトへの感染は確認されていないが、可能性が全くないとは言えないとしています。

 ドイツの緊急対策実施に先立って、近隣のオーストリアやスイス、ハンガリー、クロアチアなどの国でも、近頃鳥インフルエンザの発生が確認されています。

 連邦食糧農業省はまた、ドイツ国内での鳥インフルエンザの発生は、最初は野鳥で確認されましたが、現在は家禽にも拡大していることを明らかにしました。

 ドイツのテレビ局の報道によりますと、H5N8高病原性鳥インフルエンザが発生したシュレースヴィヒ・ホルシュタイン州のフレンスブルガーのある養鶏場で飼育されている家禽3万羽はすべて殺処分されるということです。(ZHL、Keiko)
http://japanese.cri.cn/2021/2016/11/13/141s255312.htm

http://archive.is/pBhOa
http://archive.is/0tfBA
H5N8型鳥インフルの感染拡大、欧州数カ国で【ロイター2016年11月11日】
ハンガリーで鳥インフル 生きた家きんなど輸入停止措置【農業協同組合新聞2016年11月8日】
posted by BNJ at 11:15 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿児島)希少種の事故死深刻 ゆっくり走行呼びかけ【朝日新聞デジタル2016年11月13日】(アマミヤマシギほか)

エサを探し、峠道を横切る国内希少野生動植物種のアマミヤマシギ

 曲がりくねった峠道を、1台の車が勢いよく下っていった。10月末、奄美大島中部の三太郎峠。その速度を測ろうと、自然写真家の常田守さん(63)は車で後を追ったが、すぐに諦めた。「速すぎて怖い。(生き物を)ひいちゃう」。そう言った直後にブレーキを踏み、指をさした先の路上で、県天然記念物アマミハナサキガエルが死にかけていた。車にひかれたとみられる傷があり、数分後に動かなくなった。

 この峠道は世界自然遺産候補地の森に近く、夜の生き物を観察するナイトツアーの名所。以前は一部の自然愛好家やガイドが訪れる程度だったが、遺産登録への動きが進むにつれて知名度が上がり、特に有名なアマミノクロウサギを目当てに訪れる人が増えている。

 そこで懸念されるのが、車にひかれて死ぬ「ロードキル」だ。環境省によると、同島と徳之島で2000〜15年に輪禍により死んだクロウサギは計160匹で、把握できた死因の第1位。あまり知られていないが、ケナガネズミやアマミヤマシギといった希少種に加え、カエルやヘビなども被害に遭っている。

 ログイン前の続き対策として同省は毎秋、事故防止キャンペーンを続ける。フンや食事をするために路上に出るクロウサギの生態や、事故の多発路線などをチラシや講演で紹介。奄美大島5市町村でつくる協議会は昨年、多発路線に減速帯を設けた。長さ2・5メートル、幅35センチ、厚さ5センチのゴム製で、その上を通過する時の振動で注意を促す仕組み。いずれも希少種生息域での「ゆっくり走行」を呼びかけている。

 「速度を落とせばロードキルが防げると同時に、色んな動物を発見しやすくなる。楽しみが広がるよ」

 そう語る常田さんは峠道や林道で安全運転に気を配り、路上の生き物を避けながら進む。時速は10キロ以下。車窓から奄美ならではの生き物を次々と見つけ出す。島の固有種アマミイシカワガエル、国天然記念物のルリカケスやオオトラツグミ、フクロウの仲間リュウキュウコノハズク、県の天然記念物オットンガエル――。「クロウサギしか見ないのはもったいない」。経験を積めば、次第に生き物に気付けるようになる。

 県が設けた遺産候補地の保全や活用法を考える検討会は、希少種が多い道での通行規制やガイドの同行義務付けなどの案を打ち出している。常田さんはさらに、生活道路ではない尾根道などで舗装の一部をはがしてみてはどうか、と提案する。でこぼこ道になればスピードは出せなくなり、在来種の生息環境も向上。遺産登録の可否を判断するユネスコ関係者に対し、「自然を大切にする島であることをアピールできる」と強調する。(外尾誠)
http://digital.asahi.com/articles/ASJCC6G7ZJCCTLTB00V.html

http://archive.is/ikqcp
posted by BNJ at 11:12 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡り鳥など観察 川崎で専門家が解説【神奈川新聞ニュース2016年11月13日】

昨年の観察会の様子
 川崎市環境総合研究所(川崎区殿町)は12月4日、同研究所と多摩川河口付近で野鳥観察会を開く。

 秋から冬にかけて飛来するカモや、河口に生息しているカモメなどを見ることができ、専門家が解説する。昨年は、チョウゲンボウというハヤブサの仲間で、珍しい渡り鳥を観察することができた。

 午前9時半〜正午。小学生以上と保護者が対象で参加費無料。双眼鏡は貸し出し可。定員50人(応募者多数の場合は抽選)。希望者は11月20日までに住所、参加者全員の氏名、学年、電話番号、ファクス番号またはメールアドレスを明記し、はがきかファクス、メールで応募。問い合わせは、同研究所電話044(276)9001、ファクス044(288)3156。
http://www.kanaloco.jp/article/212124/

http://archive.is/JL61T
posted by BNJ at 11:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする