2016年11月29日

菅長官、鳥インフル「万全の対応を」 関係閣僚会議【朝日新聞デジタル2016年11月29日】

鳥インフルエンザ関係閣僚会議で発言する菅義偉官房長官(右から2人目)=29日午前8時46分、首相官邸、岩下毅撮影

 青森県の農場や新潟県の養鶏場で相次いで、死んだ食用アヒル(フランス鴨〈かも〉)やニワトリから高病原性鳥インフルエンザが確認されたことを受け、政府は29日午前、首相官邸で関係閣僚会議を開いた。菅義偉官房長官は「政府一丸となって感染拡大の防止のため、緊張感を持って万全の対応をとっていく」と述べた。

フランス鴨、高病原性鳥インフルと確認 青森、殺処分へ
養鶏場のニワトリ、高病原性鳥インフルと確認 新潟
 会議には、山本有二農林水産相らが出席。菅氏は「今年は野鳥においても、周辺国でも感染例が多数確認されており、今後更なる感染拡大のおそれがある」と説明。養鶏農家の衛生管理の徹底など、発生防止に向け、改めて全国の関係機関への注意喚起の徹底などを求めた。

 今回の鳥インフル発生を受け、安倍晋三首相は、現地の情報をしっかり収集する▽農水省はじめ関係各省が緊密に連携して徹底した防疫措置を迅速に進める▽国民に対して正確な情報を迅速に伝える――の3点を指示した。
http://www.asahi.com/articles/ASJCY338RJCYULFA004.html

鳥インフルエンザ 防疫の徹底指示 安倍首相【毎日新聞2016年11月29日】
 政府は29日午前、高病原性鳥インフルエンザ対策の関係閣僚会議を首相官邸で開いた。菅義偉官房長官は「政府一丸となって感染拡大防止のために緊張感を持って万全の対応をとりたい」と述べた。また、「今年は周辺国でも野鳥の感染例が多数確認されている」と指摘して迅速な対応を求めた。

 これに先立ち、安倍晋三首相は、現地情報の収集▽農林水産省はじめ各省の連携と、徹底した防疫措置▽国民に正確な情報を迅速に伝える−−の3点を指示した。【梅田啓祐】
http://mainichi.jp/articles/20161129/dde/001/040/066000c

http://archive.is/TcNAD
http://archive.is/SBlrV

出水の鳥インフルエンザ、カモ2羽も高病原性【373news.com2016年11月29日】(出水関連29日分まとめ)

 鹿児島県は28日、20〜23日に出水平野で回収したツルとカモ計5羽と、カモのふんから高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が新たに検出された、と発表した。ツル以外の野鳥から検出されるのは今季初めて。これでウイルス検出は計12件となり、2014年度の前回発生8件を超えた。
 県は29日、野鳥などが回収された地点から半径3キロの監視区域に新たに含まれる5養鶏場の計20万5000羽を立ち入り検査する。県畜産課によると、28日現在、養鶏場の異常は報告されていない。
 県自然保護課によると、新たにウイルスが検出されたのはナベヅル3羽、ヒドリガモ2羽、カモのふん1件の計6件。
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=80488

高病原性鳥インフル「H5N6亜型」検出、出水平野過去最多10羽に【読売新聞2016年11月29日】
 環境省と鹿児島県は28日、国内最大のツルの越冬地・同県出水いずみ市の出水平野で、ナベヅルとヒドリガモの計5羽から高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5N6亜型」を検出したと発表した。今季、出水平野で同型のウイルスが検出されたのは計10羽となり、最多だった2014年11月〜15年2月の7羽を上回った。

 周辺の養鶏場で大量死などの異常は報告されていないという。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20161129-OYS1T50012.html

新たにツル3羽とカモ2羽、鳥インフル陽性 鹿児島【朝日新聞デジタル2016年11月29日】

 環境省は28日、鹿児島県出水市で新たにナベヅル3羽とヒドリガモ2羽から、H5N6亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された、と発表した。鹿児島大が20日、独自に回収したカモ類のふんからも同じ型の高病原性ウイルスが検出された。

 出水市でカモから検出されたのは今季初めて。ツルやカモは21〜23日に死んだり弱ったりした状態で見つかり、鹿児島大で確定検査をしていた。このうち、ヒドリガモ1羽は、簡易検査や遺伝子検査では陰性だったが、鹿児島大が研究のために独自に確定検査し、高病原性ウイルスが検出された。
http://www.asahi.com/articles/ASJCX5WC9JCXTLTB019.html

鳥インフル 出水ツル、高病原性13羽に 過去最多【毎日新聞2016年11月29日】
 環境省と鹿児島県は29日、国内最大のツルの越冬地、出水(いずみ)平野(同県出水市)のツル5羽からH5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。越冬ヅルからの高病原性ウイルス検出は今季13羽に上り、過去最多となっている。

 環境省によると、今回確認した5羽は、22〜24日に回収されたマナヅル1羽とナベヅル4羽。いずれも遺伝子検査で陽性を示し、鹿児島大の確定検査で高病原性のウイルス感染が確認された。【内田久光】
http://mainichi.jp/articles/20161130/k00/00m/040/076000c

県議会開会 鳥インフルエンザ確認 知事「万全を期す」 /鹿児島【毎日新聞2016年11月29日】

 県議会の12月定例会が28日開会した。三反園訓知事は提案理由説明で、出水平野の越冬ヅルから高病原性鳥インフルエンザが確認されたことについて「高いレベルでの防疫意識を持って農場への侵入防止対策に取り組んでおり、引き続き万全を期す」と述べた。

 また、三反園知事は県財政について、扶助費が増加傾向にあることなどを踏まえて「今後とも厳しい財政状況が続くものと考えている」とした上で「歳入歳出両面にわたる徹底した行財政改革に取り組む必要がある」との考えを示した。

 会期は12月16日までの19日間で、代表質問は12月1日、一般質問は5〜8日。県は、台風16号などの災害復旧対策費102億5700万円や、九州電力川内原発について技術・専門的見地から意見や助言を得るための検討委員会の設置費300万円などを盛り込んだ今年度一般会計補正予算案を提案した。【杣谷健太】
http://mainichi.jp/articles/20161129/ddl/k46/010/317000c

http://archive.is/HOOSi
http://archive.is/HEzBz
http://archive.is/R4q89
http://archive.is/sAk6M
http://archive.is/zfKzP
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県が注意喚起 養鶏場も対策 高病原性鳥インフル【信濃毎日新聞2016年11月29日】

 新潟県と青森県の養鶏場などで高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認されたことを受け、長野県農政部は29日午前、県内で100羽以上を飼育する養鶏農家約100軒に、発生状況を知らせる文書をファクスで送信した。経緯を説明し、飼育する家禽(かきん)の異常を早期に発見、通報することを求めている。100羽未満を飼育する農家へは県内5カ所の家畜保健衛生所を通じて郵送で文書を送るという。

 鶏を1万羽近く飼育し、諏訪地域の食料品店やスーパーに卵を出荷している諏訪郡原村の八ケ岳中央農業実践大学校は、今季既に各地で鳥インフルエンザの陽性が確認されていたため、鶏舎の中にいる鶏が野鳥と接触しないよう鶏舎の窓の網の目を細かくし、網に開いていた穴をふさいだ。

 鶏舎には教員や学生が出入りし、普段から入り口に消毒用の石灰を置いている。清水矩宏校長は「今のところ100キロ以上離れた場所での感染確認。緊急に対策しなければいけないものではないと思うが、リスク管理は万全にしたい」と話している。

 採卵鶏約21万羽を飼育する松本市会田の農事組合法人会田共同養鶏組合は29日朝、緊急会議を開いた。感染があった新潟県関川村の養鶏場を独自に特定し、同じ経営母体が運営する他の養鶏場も含めて卵や餌の流通ルートを調べ、県内と接点がないことを確認したという。

 感染を防ぐため、養鶏場の入り口で出入りする車に自動噴霧器で消毒液をかける時間を、従来の2倍となる10秒に延ばし、通路に消毒用の石灰をまく回数を月2回から週1回に増やすことも決めた。

 同組合の上村博文組合長(65)は「相手は目に見えないウイルス。鶏舎に入ることが絶対にないよう管理を徹底する」と強調。養鶏場で感染が確認されたことから「卵にマイナスのイメージを持たれることが心配。二次的な風評被害が怖い」と懸念した。

 県松本家畜保健衛生所(松本市)によると、29日に養鶏農家らから「大丈夫だろうか」などの問い合わせが寄せられた。広報担当者は、同日は県内で発生した場合の職員の動き方を再確認したと説明。今後は県園芸畜産課の指示に沿って対応するという。
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20161129/KT161129FSI090011000.php

http://archive.is/SUp38
posted by BNJ at 23:46 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルエンザ 青森と新潟、毒性強いH5型検出 計32万羽殺処分【毎日新聞2016年11月29日】(鳥インフルエンザ青森県新潟県総合29日分まとめ)

 新潟、青森両県は29日未明、毒性の強いH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、感染が濃厚になったとして、新潟県関川村の養鶏場の鶏約31万羽と、青森市の農場で飼育されている食用アヒル約1万6500羽の殺処分をそれぞれ開始した。殺処分後、12月初旬までに埋却処分する。国内での家畜の鳥インフルによる殺処分は昨年1月の佐賀県以来で、国の機関が行うウイルス検出の確定には数日かかる見通し。【米江貴史、宮城裕也、佐藤裕太】

 農林水産省によると、新潟の31万羽は一つの養鶏場での殺処分数としては過去最多規模。同省は29日、専門家らを現地に派遣してそれぞれの感染経路の調査に着手する一方、両県は半径3キロ圏内の家禽(かきん)の移動制限と10キロ圏内の搬出制限をかけた。これらの制限は青森で7農場約40万羽、新潟で59農場約50万羽に上る。

 新潟県では29日午前3時半すぎ、米山隆一知事を本部長とする対策本部を設置して殺処分を決定。処分数が多いことなどから陸上自衛隊に災害派遣を要請し、県職員約1640人と陸自隊員1350人ら延べ約3100人態勢で同4時半から処分を始めた。

 さらに鳥インフル発生の養鶏場につながる国道の4カ所に消毒ポイントを設置し、家畜関係の通行車両などの消毒を行っている。

 米山知事は記者団に「初期対応がカギ。事態収束に全力を尽くしたい」と述べた。対応に集中するため、同日午後に予定されていた東京電力ホールディングスの数土(すど)文夫会長らとの面会は再び延期となった。

 青森県は新潟県に先立つ29日午前0時25分ごろ、県職員約230人態勢で殺処分に着手した。同7時半までに約4割を処分した一方、発生農場から半径10キロ以内の国道280号上など計5カ所に消毒ポイントを設置。雪が降る中、防護服などで厳重に身を包み消毒を続けている。

 一方、環境省は感染源となる野鳥の警戒レベルを2年ぶりに最高の「3」に引き上げ、監視を強化している。
http://mainichi.jp/articles/20161129/ddg/041/040/008000c

鳥インフル 山あいの集落騒然 白い防護服姿、慌ただしく【毎日新聞2016年11月29日】
鳥インフルエンザが検出された養鶏場で作業をする作業員ら=新潟県関川村で2016年11月29日午前9時34分、本社機「希望」から
 新潟、青森両県の養鶏場などで高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。感染拡大をくい止めるには初期対応が重要で、現場では29日未明から自治体関係者らが殺処分や通行車両などの消毒の作業に取りかかった。白い防護服姿の関係者が慌ただしく出入りし、普段は静かな山あいの集落はものものしい雰囲気に包まれた。

【写真特集】新潟、青森で鳥インフル検出…31万匹殺処分
<鳥インフルの衝撃>大量殺処分に「人、足りない」…食品スーパー品薄も
<鳥インフル>24時間以内に殺処分、72時間以内に埋却・焼却
<まんがで解説>鳥インフルって?【2013年配信】
【最近の鳥インフルでの殺処分の例を表で見る】
「処分の資材が足りない」新潟
 人口約6000人の新潟県関川村。殺処分や防疫対応に当たる関係者の一時集合場所となった村民会館には県職員や自衛隊員らが暗いうちから慌ただしく出入りした。午前4時半ごろ、職員ら約60人が防護服にゴーグル、マスク姿でバスに乗り込んだ。

 養鶏場につながる脇道の手前では警察車両が待機。村内には自衛隊車両や県職員を乗せたバスなどが行き交った。第1陣として養鶏場に入った下越家畜保健衛生所の内山保彦防疫課長によると、鶏は2段重ねになったケージの上部にいるため、取り出しは高所での作業となり、安全面でも注意が必要な状況だ。養鶏場関係者はさみしそうな様子で見守っていたという。「鶏を入れる箱など資材が足りない。家畜の扱いに慣れていない職員も作業に加わっている」と現場が混乱している様子を語った。【南茂芽育】

「いつまで制限が続くのか」養鶏農家
 新潟県関川村の養鶏場で死んだ鶏から鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、近隣の養鶏農家からは感染の広がりを懸念する声が聞かれた。

 同県新発田市の養鶏会社の男性経営者は「県内では今まで大きな発生がなく、衝撃を受けた。消毒の徹底や外来者の出入りを最小限に抑えるなど衛生管理の基本を徹底するほかない」と話した。自社の運営する養鶏場の一部も搬出制限区域に含まれるといい「いつまで制限が続くのか、経済的な損失の大きさが読み切れない。行政にしっかり調べてもらい、安全性が確保されれば速やかに制限を縮小してもらいたい」と不安を訴えた。

 また、鶏卵を扱う流通業者は消費者に冷静な対応を呼び掛ける一方、今後の広がりへの懸念も示した。新潟県内でスーパーマーケットを26店舗展開する「スーパーマルイ」の仕入れ担当者は「今のところ仕入れ先から取引している養鶏場で鳥インフルエンザが発生したとの連絡はないが、今後、出荷制限などで県内の鶏卵流通量が減り、品薄になってしまう懸念はある」と話す。

 また、県内39店舗のスーパー「ウオロク」の担当者は「仕入れ先は県外が中心なので影響はないと思う。(人に感染するかもしれないという心配から)卵の買い控えが起こるかもしれないが、過敏にならないでほしい」と呼び掛けた。【松浦吉剛、芳賀竜也】

「不安でたまらない」青森
 「これ以上は危険。近付かないで」。青森市の農場周辺では、県職員らが付近の道路を通行する畜産関係車両や一般車両の消毒にあたった。農場は国道から離れた場所にあり、周辺の砂利道では防護服姿の作業員が近付く車を手を上げて制止。収穫が終わった冬の水田地帯に緊迫した雰囲気が漂った。

 29日午前8時、雪が舞う中で作業員は黙々と噴霧式の器具で車の消毒を続けた。県は発生農場周辺のほか、農場から半径10キロ以内の国道280号上など計5カ所に消毒ポイントを設置。三村申吾知事は28日夜、「周辺では渋滞するなど考えられるが、県民も協力してほしい」と話し、理解を求めた。29日午前、周辺の国道で大規模な渋滞は発生していない。

 今回の殺処分対象となったのはフランスカモと呼ばれるアヒル。現場周辺で養鶏場を営む50代の女性は「うちも念のため家畜保健所に検査を頼んだ。やはり不安でたまらない」と話した。【成瀬桃子】
http://mainichi.jp/articles/20161129/k00/00e/040/200000c

鳥インフル 新潟・青森32万羽処分 鶏・アヒルにH5型【毎日新聞2016年11月29日】
鳥インフルエンザが検出された養鶏場で作業をする作業員ら=新潟県関川村で2016年11月29日午前9時34分、本社機「希望」から
 新潟、青森両県は29日未明、毒性の強いH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、感染の疑いが濃厚になったとして、新潟県関川村の養鶏場の鶏約31万羽と、青森市の農場で飼育されている食用アヒル約1万6500羽の殺処分をそれぞれ開始した。殺処分後、12月初旬までに埋却処分する。国内での家畜の鳥インフルによる殺処分は昨年1月の佐賀県以来で、国の機関が行うウイルス検出の確定には数日かかる見通し。

【写真特集】鳥インフル検出で31万匹殺処分…新潟、青森
<鳥インフルの衝撃>大量殺処分に「人、足りない」…食品スーパー品薄も
<鳥インフル>24時間以内に殺処分、72時間以内に埋却・焼却
【最近の鳥インフルでの殺処分の例を表で見る】
<まんがで解説>鳥インフルって?【2013年配信】
 農林水産省によると、新潟の31万羽は一つの養鶏場での殺処分数としては過去最多規模。同省は29日、専門家らを現地に派遣してそれぞれの感染経路の調査に着手する一方、両県は半径3キロ圏内の家禽(かきん)の移動制限と10キロ圏内の搬出制限をかけた。これらの制限は青森で7農場約40万羽、新潟で59農場約50万羽に上る。

 新潟県では29日午前3時半すぎ、米山隆一知事を本部長とする対策本部を設置して殺処分を決定。処分数が多いことなどから陸上自衛隊に災害派遣を要請し、県職員約1640人と陸自隊員1350人ら延べ約3100人態勢で同4時半から処分を始めた。

 さらに鳥インフル発生の養鶏場につながる国道の4カ所に消毒ポイントを設置し、家畜関係の通行車両などの消毒を行っている。

 米山知事は記者団に「初期対応がカギ。事態収束に全力を尽くしたい」と述べた。対応に集中するため、同日午後に予定されていた東京電力ホールディングスの数土(すど)文夫会長らとの面会は再び延期となった。

 青森県は新潟県に先立つ29日午前0時25分ごろ、県職員約230人態勢で殺処分に着手した。同7時半までに約4割を処分した一方、発生農場から半径10キロ以内の国道280号上など計5カ所に消毒ポイントを設置。雪が降る中、防護服などで厳重に身を包み消毒を続けている。

 一方、環境省は感染源となる野鳥の警戒レベルを2年ぶりに最高の「3」に引き上げ、監視を強化している。【米江貴史、宮城裕也、佐藤裕太】
http://mainichi.jp/articles/20161129/k00/00e/040/185000c

鳥インフルエンザ 消毒作業、厳戒の現場 養鶏農家ら拡大懸念【毎日新聞2016年11月29日】
 新潟、青森両県の養鶏場などで高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。感染拡大をくい止めるには初期対応が重要で、現場では29日未明から自治体関係者らが殺処分や通行車両などの消毒の作業に取りかかった。白い防護服姿の関係者が慌ただしく出入りし、普段は静かな山あいの集落はものものしい雰囲気に包まれた。

 ■新潟

 新潟県関川村の養鶏場で死んだ鶏から鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、近隣の養鶏農家からは感染の広がりを懸念する声が聞かれた。

 同県新発田市の養鶏会社の男性経営者は「県内では今まで大きな発生がなく、衝撃を受けた。消毒の徹底や外来者の出入りを最小限に抑えるなど衛生管理の基本を徹底するほかない」と話した。自社の運営する養鶏場の一部も搬出制限区域に含まれるといい「いつまで制限が続くのか、経済的な損失の大きさが読み切れない」と不安を訴えた。

 また、鶏卵を扱う流通業者は消費者に冷静な対応を呼び掛ける一方、今後の広がりへの懸念も示した。新潟県内でスーパーマーケットを26店舗展開する「スーパーマルイ」の仕入れ担当者は「今のところ仕入れ先から取引している養鶏場で鳥インフルエンザが発生したとの連絡はないが、今後、出荷制限などで県内の鶏卵流通量が減り、品薄になってしまう懸念はある」と話す。【松浦吉剛、芳賀竜也】

 ■青森

 「これ以上は危険。近付かないで」。青森市の農場周辺では、県職員らが付近の道路を通行する畜産関係車両や一般車両の消毒にあたった。農場は国道から離れた場所にあり、周辺の砂利道では防護服姿の作業員が近付く車を手を上げて制止。冬の水田地帯に緊迫した雰囲気が漂った。

 29日午前8時、雪が舞う中で作業員は黙々と噴霧式の器具で車の消毒を続けた。県は発生農場周辺のほか、農場から半径10キロ以内の国道280号上など計5カ所に消毒ポイントを設置。三村申吾知事は28日夜、「殺処分、埋却、消毒を速やかに行い、まん延を防ぐことが重要。周辺では車両の消毒で渋滞など考えられるが、県民も協力してほしい」と理解を求めた。【成瀬桃子】
http://mainichi.jp/articles/20161129/ddf/041/040/012000c

鳥インフル 鳥同士、強い感染力 防疫体制徹底を呼びかけ【毎日新聞2016年11月29日】
移動などの制限がかかった半径10キロ圏
 青森、新潟両県は28日深夜から29日未明にかけて、青森市の農場で飼育されている食用アヒルと、新潟県関川村の養鶏場の鶏について遺伝子検査を行い、いずれも毒性の強いH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが事実上検出されたと発表した。これを受け、青森県は農場のアヒル約1万6500羽、新潟県は養鶏場の鶏約31万羽の殺処分を開始。それぞれ24時間以内に殺処分し、72時間以内に埋却か焼却処分する。

【写真特集】新潟、青森で鳥インフル検出…31万匹殺処分
<鳥インフルの衝撃>大量殺処分に「人、足りない」…食品スーパー品薄も
【最近の鳥インフルでの殺処分の例を表で見る】
<鳥インフル>24時間以内に殺処分、72時間以内に埋却・焼却
<まんがで解説>鳥インフルって?【2013年配信】
        ◇

 今月に入り、国内では秋田、鹿児島、鳥取、岩手4県で野鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が19例確認されている。青森県の農場と新潟県の養鶏場で感染が疑われる鳥インフルも同じ高病原性ウイルスとみられ、これまでのウイルスと比べて鳥同士の感染力が強いのが特徴だ。中国では人に感染して死者も出ており、専門家は防疫体制の徹底を呼びかけている。

 鳥インフルは鶏やアヒルなど家禽(かきん)類の病気で、渡り鳥のカモ類が運び屋になっているとみられる。今回のウイルスは約10年前に中国で発生し、次第に周辺諸国に拡大。今年は韓国でも各地に感染が広がり問題化している。

 大槻公一・京都産業大鳥インフルエンザ研究センター長(獣医微生物学)は「2003年から東南アジアで感染が広がっているH5N1が変異したウイルスで、同じような病原性の強さがある。東北や九州・中国地方以外にもウイルスが広がっている可能性があり、養鶏場への野鳥の侵入防止や消毒など防疫対策の徹底が重要だ」と指摘する。

 また、世界保健機関(WHO)などによると、中国ではこれまでに人にも感染し、14年以降6人の死者が出ているという。濃厚な接触がなければ感染することはないが、大槻氏は「死んだ野鳥を見つけたら触らず保健所などに連絡してほしい」と呼びかけている。【千葉紀和】
http://mainichi.jp/articles/20161129/k00/00e/040/190000c

鳥インフル、殺処分開始 新潟・青森の32万6千羽対象【朝日新聞デジタル2016年11月29日】
【動画】新潟の養鶏場で鳥インフルを確認=熊倉隆広撮影

アヒルの殺処分のため、農場に入る県職員=28日午後10時40分、青森市四戸橋、榎本瑞希撮影

 青森県と新潟県の養鶏場などで鳥インフルエンザの疑いがある食用アヒル(フランス鴨(かも))やニワトリが見つかった問題で、青森県に続いて新潟県も29日、遺伝子検査の結果、高病原性と判断したと発表した。両県とも「H5亜型」のウイルスが検出され、感染拡大を防ぐため、発生場所で飼育されていた鳥の殺処分を開始。政府は関係閣僚会議を開いて対策の徹底を確認した。

フランス鴨、高病原性鳥インフルと確認 青森、殺処分へ
養鶏場のニワトリ、高病原性鳥インフルと確認 新潟
 殺処分の対象は、青森市の農場の食用アヒル約1万6500羽と新潟県関川村のニワトリ約31万羽。青森県では29日午前7時半現在、約3分の1にあたる6150羽の殺処分が完了。新潟県では、午前10時ごろまでに3400羽ほど処分したという。

 このほか、農林水産省や両県によると、青森市の農場から半径3キロの範囲にある4戸の計約1万4千羽の移動が禁じられ、3〜10キロの範囲にある3戸計約40万羽は出荷や運び出しが禁じられた。同様に、関川村の養鶏場の周囲では約60戸約50万羽の移動や運び出しが禁じられた。

 政府は29日午前、首相官邸で関係閣僚会議を開いた。菅義偉官房長官は「政府一丸となって感染拡大の防止のため、緊張感を持って万全の対応をとっていく」と述べた。安倍晋三首相は、現地の情報をしっかり収集する▽関係各省が緊密に連携して徹底した防疫措置を迅速に進める▽国民に対して正確な情報を迅速に伝える――の3点を指示した。

 野鳥について調べている環境省によると、11月18日から28日までに秋田、岩手、鳥取、鹿児島の4県で野鳥の死骸などから高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5N6亜型」が確認されている。21日に警戒のための対応レベルを最高に当たる「レベル3」に引き上げていた。韓国でも同じ型のウイルスが見つかっているという。
http://www.asahi.com/articles/ASJCY332SJCYUTIL00F.html

鳥インフル32万羽殺処分 国、感染拡大を警戒 新潟・青森【朝日新聞デジタル2016年11月29日】
農場の入り口で、アヒルの殺処分のための資材を運んできたトラックを消毒する県の職員=29日午前0時8分、青森市四戸橋、榎本瑞希撮影
写真・図版
[PR]
 青森県と新潟県の養鶏場などで鳥インフルエンザ=キーワード=の疑いがある食用アヒル(フランス鴨〈かも〉)やニワトリが見つかった問題で、青森県に続いて新潟県も29日、遺伝子検査の結果、高病原性と判断したと発表した。両県とも「H5亜型」のウイルスが検出され、感染拡大を防ぐため、発生場所で飼育されていた鳥…

残り:1402文字/全文:1552文字
http://www.asahi.com/articles/DA3S12682276.html

青森県と新潟県で“鳥インフル”【読売新聞2016年11月29日】
28日、新潟県関川村にある養鶏場で約40羽のニワトリが死んでいるのが見つかった。新潟県が遺伝子検査を行った結果、毒性の強い高病原性の鳥インフルエンザに感染していることがわかった。新潟県は養鶏場の全てのニワトリ約31万羽の殺処分を始めるとともに、半径10キロ以内にある農場からの移動制限を行うなど感染拡大防止の対策を進めている。高病原性鳥インフルエンザが検出されたのは青森市四戸橋の農場で飼育されているフランス鴨と呼ばれる食用のアヒル。青森県は29日午前0時半前から、農場で飼育されている1万6500羽全ての殺処分を始めた。また、農場の入り口と半径10キロ以内の地点に5か所の消毒ポイントを設け、車両の消毒を行うなどして感染の拡大防止に全力をあげる方針=(C)NNN 2016年11月29日公開
http://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=05435

新潟、青森で鶏などの殺処分続く  鳥インフル、周辺被害確認されず【共同通信2016年11月29日】
H5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された青森市の農場で食用アヒルを殺処分する青森県職員=29日(青森県提供)
 新潟県関川村の養鶏場の鶏や青森市の農場の食用アヒルからH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、新潟県や青森県は29日も殺処分や防疫措置を続けた。両県によると、感染が確認された養鶏場や農場以外に新たな被害は出ていない。

 新潟県によると、県職員や自衛隊員ら計約330人が交代しながら24時間体制で作業に当たり、12月2日には全31万羽の処分を終える見通し。県が公開した映像によると、鶏舎では白い防護服を着用、作業後には消毒を受けている。

 養鶏場周辺では29日、トビ1羽とハクチョウ1羽が死んでいるのが見つかり、簡易検査では、いずれも陰性だった。
http://this.kiji.is/176270004116029446?c=39546741839462401

http://archive.is/fckMl
http://archive.is/bsTBy
http://archive.is/H571p
http://archive.is/yY8wq
http://archive.is/LYER4
http://archive.is/1AcG8
http://archive.is/AiK8n
http://archive.is/S4FkR
posted by BNJ at 23:44 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関川で鳥インフルを確認 高病原性、養鶏31万羽を処分【新潟日報モア2016年11月29日】(鳥インフルエンザ新潟県関連29日分まとめ)

鳥インフルエンザの感染が判明した鶏の処分のため、防護服に身を包んで養鶏場に向かう関係者=29日午前5時ごろ、関川村

 県は29日未明、関川村の養鶏場の鶏から高病原性鳥インフルエンザに感染したことを示す遺伝子が確認されたと発表した。県内の家禽(かきん)で感染が判明したのは初めて。県は直ちに対策本部(本部長・米山隆一知事)を設置し、この養鶏場が飼っている約31万羽の殺処分を始めた。周囲10キロにある約60の養鶏場などが鳥や卵を搬出することも禁止した。

 県によると、28日朝に養鶏場で約20羽の鶏が死んでいるのが発見され、午後にもさらに約20羽が死んだ。連絡を受けた県下越家畜保健衛生所(新発田市)が5羽の簡易検査を実施し、5羽全てで陽性反応が出た。そのため遺伝子検査を行ったところ、29日午前3時半すぎに高病原性を示す「H5亜型」の感染が確認された。

 県は午前4時に対策本部会議を開き、午前4時半からこの養鶏場の鶏を全て殺処分して埋却する作業を始めた。自衛隊の災害派遣も要請した。米山知事は会議で「初期対応が大事。とにかく封じ込めることに全力を尽くす」と話した。作業は二十四時間体制で3、4日かかる見通し。

 県などによると、感染ルートは、渡り鳥から糞や小動物を介してうつったことなどが考えられる。国内では鳥インフルエンザが人に感染した事例はない。感染した鶏の肉や卵を食べても問題ないという。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20161129293944.html

新潟でも鳥インフル確認、31万羽の殺処分開始【読売新聞2016年11月29日】
鳥インフルエンザウイルスが確認され、殺処分の準備をする防護服姿の作業員たち(29日午前10時33分、新潟県関川村で、読売機から)=林陽一撮影
 新潟県関川村の養鶏場で見つかった鶏の死骸から鳥インフルエンザの陽性反応が出た問題で、県は29日、鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。

 毒性の強い高病原性とみられ、県は同日未明、この養鶏場で飼育している鶏約31万羽の殺処分を始めた。青森市の農場で飼育されていた食用のフランス鴨がもからも高病原性とみられるウイルスが確認され、青森県が殺処分を進めている。

 新潟県によると、関川村の養鶏場で28日に確認された死骸から鳥インフルエンザの陽性反応が出て、遺伝子検査で「H5亜型」のウイルスが確認された。国の機関でさらに詳しい検査を行う。

 県は29日未明、米山隆一知事を本部長とする対策本部会議を開き、防疫対策を決定。家畜伝染病予防法に基づき、県職員や自衛隊員ら延べ約3100人態勢で鶏の殺処分や死骸を土に埋める作業を始めた。作業は12月2日までに完了する見込みという。

(ここまで388文字 / 残り206文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161129-OYT1T50085.html

高病原性鳥インフル、新潟で検出 31万羽を殺処分へ【共同通信2016年11月29日】
 新潟県は29日、関川村の養鶏場で死んだ鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表、約31万羽の殺処分を開始した。国内の家禽からの検出は約2年ぶり。
http://www.47news.jp/PN/201611/PN2016112901001060.html

東電社長が桜井次期柏崎市長と面会【新潟日報モア2016年11月29日】
 東京電力の広瀬直己社長は29日、東電柏崎刈羽原発が立地する柏崎市を訪れ、20日の市長選で初当選した桜井雅浩氏と初めて面会した。桜井氏は原発賛成・反対両派の意見を聞くよう要請。両者は今後も率直な意見交換をしていくことを確認した。広瀬社長は米山隆一知事とも初めて面会する予定だったが、関川村で高病原性鳥インフルエンザの感染が確認された影響で、22日に続いて再び延期された。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20161129294112.html

米山知事、東電との面会を再延期 鳥インフル対応で要請【新潟日報モア2016年11月29日】
 東京電力ホールディングスは29日午前、関川村で鶏への高病原性鳥インフルエンザの感染が確認された影響で、同日午後3時半から県庁で予定していた数土文夫会長、広瀬直己社長と米山隆一知事の面会を再延期すると発表した...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20161129293982.html

鳥インフル受け相談受け付け 県や北陸農政局【新潟日報モア2016年11月29日】
 関川村の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したことを受け、県は29日、電話による健康相談の受け付けを始めた。

 県によると、鳥の肉や卵を食べたことで人が鳥インフルエンザに感染した事例は世界的にもない。生きている鳥との接触による感染も国内では報告されていないという。

 相談は平日午前8時半から午後5時15分まで。食品の安全性についての相談と、その他の健康相談に分けて対応する。発生地を管轄する村上保健所は食品関係が0254(53)8371、健康関係が0254(53)8368。

 問い合わせは県健康対策課、025(280)5200か、県生活衛生課、025(280)5205。

 一方、北陸農政局(金沢市)は局内に消費者や生産者を対象とする相談窓口を設置した。

 消費者からの相談は消費生活課、076(232)4227、076(232)0206。生産者からの相談は畜産課、076(232)4317。それ以外の全般的な相談は安全管理課、076(232)4106。いずれも平日午前8時半から午後5時15分まで受け付ける。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20161129294094.html

鳥インフルエンザ「損失、大きさ読めず」 養鶏業者、感染広がりを懸念【毎日新聞2016年11月30日】
 新潟県関川村の養鶏場で死んだ鶏から鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、近隣の養鶏農家からは感染の広がりを懸念する声が聞かれた。

 同県新発田市の養鶏会社の男性経営者は「県内では今まで大きな発生がなく、衝撃を受けた。消毒の徹底や外来者の出入りを最小限に抑えるなど衛生管理の基本を徹底するほかない」と話した。自社の運営する養鶏場の一部も搬出制限区域に含まれるといい「いつまで制限が続くのか、経済的な損失の大きさが読み切れない。行政にしっかり調べてもらい、安全性が確保されれば速やかに制限を縮小してもらいたい」と不安を訴えた。

 また、鶏卵を扱う流通業者は消費者に冷静な対応を呼び掛ける一方、今後の広がりへの懸念も示した。新潟県内でスーパーマーケットを26店舗展開する「スーパーマルイ」の仕入れ担当者は「今のところ仕入れ先から取引している養鶏場で鳥インフルエンザが発生したとの連絡はないが、今後、出荷制限などで県内の鶏卵流通量が減り、品薄になってしまう懸念はある」と話す。また、県内39店舗のスーパー「ウオロク」の担当者は「(人に感染するかもしれないという心配から)卵の買い控えが起こるかもしれないが、過敏にならないでほしい」と呼び掛けた。【松浦吉剛】
http://mainichi.jp/articles/20161129/ddh/041/040/005000c

http://archive.is/dX0zG
http://archive.is/jVfzu
http://archive.is/c3PmC
http://archive.is/oenpT
http://archive.is/VUgQr
http://archive.is/ejdWF
http://archive.is/4ZuSk
鳥インフル感染防止対応に追われる トキ飼育施設など【新潟日報モア2016年11月29日】
posted by BNJ at 23:24 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<鳥インフル>動物園のコクチョウから【河北新報オンラインニュース2016年11月29日】(秋田県/大森山動物園/H5N6型確定)

 秋田県は28日、秋田市大森山動物園で17日に殺処分したコクチョウ1羽から、毒性の強いH5N6型鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。北海道大で確定検査をしていた。
 15、17日にそれぞれ死に、確定検査で同型のウイルスを検出したコクチョウ2羽と同じ動物病院で飼育していた。感染拡大を防ぐため殺処分後、21日に遺伝子検査で陽性が判明した。
 同じ動物病院で飼育していた鳥類は、23日に死んだシロフクロウ2羽のうち1羽が簡易検査で陽性となり、鳥取大で確定検査をしている。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161129_43037.html

鳥インフルエンザ 感染確定3羽目 大森山動物園のコクチョウ /秋田【毎日新聞2016年11月29日】
 秋田市の大森山動物園でコクチョウの死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が確認された問題で、県は28日、既に殺処分したコクチョウ1羽の確定検査の結果、同型のウイルスが検出されたと発表した。感染の確定はこれで3羽目。

 県によると、今回確定したのは、同園内の動物病院で既に感染が判明したコクチョウ2羽と同じケージで飼育され、その後殺処分されたコクチョウ1羽。

 この動物病院では23日、別のケージにいたシロフクロウ1羽の死骸から、簡易検査で陽性反応が出ており、確定検査が進められている。

 また、この日に青森市の農場でアヒルの簡易検査で陽性反応が出たことを受け、県は危機管理連絡部の会議を開き、県内の養鶏農家に対し感染警戒を呼びかけている。【池田一生】
http://mainichi.jp/articles/20161129/ddl/k05/040/061000c

<鳥インフル>岩手で秋田と同型検出【河北新報オンラインニュース2016年11月29日】
 岩手県は28日、盛岡市の高松の池で23日に見つかったオオハクチョウの死骸を北海道大で確定検査した結果、H5N6型の鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。県内で同ウイルスが検出されたのは初めて。毒性の強い同ウイルスは、秋田市大森山動物園で発生した鳥インフルエンザのウイルスと近い種類とみられる。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161129_33036.html

http://archive.is/9tdxj
http://archive.is/NsZfT
http://archive.is/XMqe1

岩手)高松の池のオオハクチョウ、鳥インフル陽性確定【朝日新聞デジタル2016年11月29日】(岩手県鳥インフルエンザ関連まとめ)

 盛岡市で回収された野生のオオハクチョウ1羽の死骸から鳥インフルエンザウイルスの簡易検査で陽性反応が出た問題で、県は28日、北海道大での確定検査の結果、検体から「高病原性鳥インフルエンザウイルス」(H5N6亜型)が検出されたと発表した。

 検出されたのは、秋田市の大森山動物園で確認されたものと同じ型のウイルスで、高病原性は県内初。すでに環境省はオオハクチョウが回収された高松の池から半径10キロ以内を野鳥監視重点区域に指定しており、今後、現地調査のためのチームを派遣する。

 県は同日、関係機関と会合を開き、農場で発生した場合の対策などを確認した。県は渡り鳥の飛来地での監視を強化しており、現時点で異常死が疑われる個体は確認されていないという。県は未感染の野鳥や鶏などの家禽(かきん)への感染を防ぐため、野鳥への餌付けを控えるよう呼びかけている。(金本有加)
http://www.asahi.com/articles/ASJCX5QRWJCXUJUB00B.html

鳥インフル、高病原性検出 盛岡・高松の池【読売新聞2016年11月29日】
 ◆環境省、監視区域調査へ

 県は28日、盛岡市の高松の池で回収された野鳥のオオハクチョウ1羽の死骸から、毒性の強い高病原性の鳥インフルエンザウイルス「H5N6亜型」が検出されたと発表した。高病原性の鳥インフルエンザウイルスの検出は県内で初めて。環境省は高松の池から半径10キロ以内を野鳥監視重点区域に指定しており、今後、専門チームを派遣して他の野鳥の感染の有無などについて調査する。

 オオハクチョウの死骸は今月23日に発見された。県中央家畜保健衛生所で簡易検査を行ったところ、陽性反応が出た。確定検査機関の北海道大で遺伝子検査を行った結果、28日にH5N6亜型が検出されたという。

 環境省によると、H5N6亜型は国内で今季初めて検出が確認された鳥インフルエンザウイルス。これまでに秋田県のコクチョウ、鹿児島県のナベヅル、鳥取県のオナガガモなどで検出され、環境省は野鳥の監視体制を最も高い「対応レベル3」に引き上げている。

 県によると、県内で今年度見つかった渡り鳥の死骸17体を簡易検査した結果、H5N6亜型が検出された1体以外は陰性だった。また、45か所の養鶏場で450体を簡易検査した結果も全て陰性だった。

 県内では、2012年3月に野生のカルガモから弱毒性の鳥インフルエンザウイルスが検出されて以来、感染例はなかった。

 県は100羽以上を飼育する県内の養鶏場に対し、消毒や野鳥の侵入防止策を徹底するよう注意喚起した。野鳥監視重点区域が解除されるのは最後に感染した野鳥を回収した日から45日後で、県は引き続き、監視重点区域内の渡り鳥の主要飛来地や河川で、衰弱した野鳥や死骸の早期発見、回収に取り組む。

 28日は県庁で関係機関による危機管理連絡会議が行われた。県民くらしの安全課の田中耕平総括課長は「まだ野鳥の段階での確認にとどまるが、いつ農場で発生してもおかしくない」とし、対策の徹底を呼びかけた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/iwate/news/20161128-OYTNT50052.html

県内初の高病原性検出 盛岡の鳥インフル【岩手日報WebNews2016年11月29日】
 盛岡市高松の高松池で23日に死んでいたオオハクチョウから検出された鳥インフルエンザウイルスが、高病原性(H5N6亜型)だったことが28日分かった。同型のウイルスの検出は県内初。

 北海道大で行った確定検査結果を同日県などが発表した。環境省は近く野鳥緊急調査チームを現場に派遣し、生息状況など現地調査を行う。県は100羽以上を飼養する県内511戸の養鶏場と関係団体に改めて注意喚起した。

 同型のウイルスは感染力が強く、県は▽死んだ野鳥に触れない▽死んだ野鳥を見つけたら速やかに県か保健所に連絡する▽鳥同士のウイルス拡大の恐れがあるため、餌やりを控える―ことなどを呼び掛けている。
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20161129_3

鳥インフルエンザ 「高病原性」県内初確認 /岩手【毎日新聞2016年11月29日】
 県と環境省は28日、盛岡市の高松の池で死んでいるのが見つかり、鳥インフルエンザの陽性反応が出ていたオオハクチョウから、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)を検出したと発表した。北海道大が確定検査をしていた。県内で死んだ鳥から高病原性のウイルスが確認されたのは初めて。

 県内で鳥インフルエンザのウイルスが確認されたのは、2012年に滝沢市で死んだカルガモが発見されて以来。この時は毒性の弱い低病原性だった。環境省は緊急調査チームを派遣し、高松の池から半径10キロ圏内の野鳥の状況を調べる予定だ。【村山豪】
http://mainichi.jp/articles/20161129/ddl/k03/040/033000c

http://archive.is/XAu0N
http://archive.is/G2oDk
http://archive.is/uEWiD
http://archive.is/8ANNl
posted by BNJ at 23:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「行き過ぎた」魚の氷漬け、スケートリンクなぜ炎上?【朝日新聞デジタル2016年11月29日】

魚を入れたスケートリンク、批判受け中止に
 氷漬けの魚の上を滑る北九州市のスケートリンクの企画がネットで「炎上」し、営業を停止した。一方、「さっぽろ雪まつり」では魚入りの氷の彫刻が人気だ。今回、批判が殺到したのはなぜ?

魚5千匹氷漬けのスケートリンク、批判受け中止に
 「今年から、アホはじめます」

 北九州市八幡東区のテーマパーク・スペースワールド(SW)は今年、そんなキャッチフレーズでお経が流れるジェットコースターなど奇抜な企画を展開。その一環で今月12日、約5千匹の魚を氷漬けにしたスケートリンクを滑る「氷の水族館」を始めた。「海の上を滑る感覚を味わいつつ、いろいろな魚を見る機会に」との狙いだった。

 リンクの氷には、サンマやイワシ、キビナゴなど死んだ状態の魚を市場で仕入れて埋めた。一方、大型のエイやジンベイザメは写真を使った。小型の魚は写真では立体感を欠き、模型を用意する時間もなかったことから本物を使うことにしたという。

 26日までリンク利用者から批判はなかった。利用者数も昨年冬より多く、滑らずに魚を見るために来る人もいたほどだったという。

 ログイン前の続きところが26日午前、山口県の民放ローカル番組で「氷の水族館」の様子が放映されると、批判の電話が寄せられ、ネットやSNSで「残酷」「命を粗末にするものではない」「倫理観がなさ過ぎ」などの非難が殺到。園側はリンクの営業を27日に中止し、氷を溶かして普通のリンクにすると決めた。氷が溶けて魚を取り出した後は供養し、園内の肥料として再利用することも検討するという。

■札幌の彫刻は人気

 一方、2月に開かれている「さっぽろ雪まつり」。札幌市のすすきの観光協会は、魚が入った氷の彫刻を10年以上前から出展してきた。北海道産のサケやカレイ、カニなど約30匹が泳ぐ様子を再現した「北の竜宮城」(幅4メートル、高さ2・5メートル)は、沖縄産の魚を使った「南海の竜宮城」と並ぶ人気の展示で、今年の人気コンテストでは約60点の氷像のうち6位になった。記念撮影をする本州や海外の観光客も多い。「食べたい」との声も出るが、1週間展示して傷む恐れがあり、終了後は魚を廃棄しているという。

 いずれも魚の氷漬けだ。世間の反応がこれほど違うのはなぜか。

 SWは公式フェイスブック(FB)で、魚を氷漬けにする過程を数回にわたり「おっ・おっ…溺れる」「どんどん、氷浸けにされるばい。寒イボ」などと魚のコメントつきで紹介。生きたまま氷漬けにしたとの誤解が広まった。SWはFBにおわびの文章を掲載し、氷漬けにする過程の投稿を削除した。竹田敏美総支配人は「私たちがアホになって、みなさんに楽しんでもらおうとして、行き過ぎてしまった。大変反省している」という。

 これに対し、すすきの観光協会の担当者は「うちは北海道の魚をみなさんに楽しんで見てもらうのが趣旨。スケートリンクの下に敷くのとは目的が違う」と話す。

■動物使い、過去に物議も

 動物を使った展示が物議を醸すことはある。

 愛知県で8〜10月に開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2016」では、ブラジル人芸術家の生きた小鳥を使った作品が問題になった。豊橋市の4階建て空きビル内で約100羽の小鳥を放し飼いにする作品に対し、愛鳥家から「衰弱している鳥がいる」「衛生面が問題」などの指摘が約200件殺到。ネット上では「虐待」との批判も出た。文鳥やジュウシマツなど10羽が死に、3羽が金網の外へ逃げて行方不明に。

 トリエンナーレ実行委員会の担当者は「生き物を芸術作品に使う場合は、最初から専門家の意見を聞くべきだった」と反省する。

 では、博物館の動物標本はどうか。魚の標本作製に詳しい鹿児島大学総合研究博物館長の本村浩之教授(魚類分類学)は「博物館の標本は瞬間的な娯楽のためではなく、半永久的な文化研究のためのものだ」と強調する。スケートリンク内の魚の多くは漁で混獲されて捨てられることの多い魚種に見えたといい、SWについては「たたかれすぎな感じもする」としつつ、こう話す。「悪ふざけが過ぎた。死んだ魚の上を滑るという冒瀆(ぼうとく)的な行為に多くの人が違和感を感じたのだろう」(宮野拓也、工藤隆治、牛尾梓)
http://www.asahi.com/articles/ASJCX45S7JCXUTIL027.html

http://archive.is/Gkq0P
芸術祭の小鳥、希望者に説明会 「作品」展示で問題に【朝日新聞デジタル2016年11月27日】
芸術祭「作品」の鳥、飼い主募る 死亡や不明が問題化【朝日新聞デジタル2016年10月27日】
愛知の国際的芸術祭 展示の鳥でずさん管理【NHKニュース2016年10月19日】
小鳥、逃げたり死んだり 「あいちトリエンナーレ」豊橋の展示【中日新聞2016年10月14日】
[トリエンナーレ]現代アート 街飾る【読売新聞2016年8月17日】(文鳥/十姉妹)
タグ:事件事故
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アヒル殺処分開始/青森・鳥インフル【Web東奥ニュース2016年11月29日】(青森県鳥インフルエンザ関連29日分)

大型のプラスチックケースを持ち、農場内での作業に向かう関係者=29日午前10時20分、青森市
 青森市の家禽(かきん)農場で高病原性鳥インフルエンザに感染した可能性が高い食用アヒル(フランスガモ)が確認されたのを受け、県は29日午前0時25分、同農場に職員を派遣し、飼育する約1万6500羽全ての殺処分を開始した。県によると、同日午前7時半までに、全体の37%に当たる6150羽を殺処分した
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20161129020168.asp

農場経営者「封じ込めに全力」/鳥インフル【Web東奥ニュース2016年11月29日】
 高病原性鳥インフルエンザが発生した可能性が高い青森市の家禽(かきん)農場の経営者は28日、本紙取材に応じ「消費者や養鶏業者ら多くの方に迷惑をおかけして申し訳ない。感染がこれ以上広がらないよう封じ込めに全力を尽くしたい」と語った。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20161129020162.asp

「まさか青森県内で」周辺警戒/鳥インフル【Web東奥ニュース2016年11月29日】
防護服に着替える県職員ら=28日午後10時19分、青森市北部地区農村環境改善センター
 青森市で食用アヒルが高病原性鳥インフルエンザに感染した可能性が高まった28日夜、現場の農場付近は物々しい雰囲気に包まれた。暗闇の中、白い防護服に身を包んだ県職員らが、アヒルの殺処分などのために次々と農場に入っていった。「まさか県内で発生するとは」。近隣の養鶏業者らは不安を強め、施設の消毒など対策を急いだ。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20161129020161.asp

農場の鳥を殺処分へ 鳥インフルで青森県【デーリー東北2016年11月29日】
 青森県は28日、アヒル(食用ガモ)を飼育する青森市の農場で、高病原性鳥インフルエンザが発生したと発表した。農場で飼育されている鳥から発生が確認されたのは県内で初めて。発生を受け、県は県職員約230人を現地に派遣し、農場で飼育している約1万6500羽を殺処分する。県は同日、対策本部会議を開き、周辺農場への鳥の移動や搬出の制限措置を行うなど対応を確認した。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20161129/201611280P159626.html

アヒル1万8360羽全て殺処分 青森・鳥インフル【Web東奥ニュース2016年11月29日】
動画サイト「東奥NETテレビ」はこちら
 青森市の家禽(かきん)農場で高病原性鳥インフルエンザに感染した可能性が高い食用アヒル(フランスガモ)が確認された問題で、青森県は29日午後8時5分、同農場で飼育するアヒル1万8360羽全ての殺処分を終了した。県職員計339人が6班に分かれ、29日午前0時すぎから交代制で行い、20時間近くかけて終えた。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20161129020176.asp

<鳥インフル>青森で1万6500羽殺処分開始【河北新報オンラインニュース2016年11月29日】
高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された農場で食用アヒルの殺処分を行う県職員ら=29日午前10時35分ごろ、青森市

 青森市内の家禽(かきん)農場で飼育していた食用アヒル(フランスガモ)からH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、青森県は29日未明、農場の全約1万6500羽の殺処分を始めた。国と県による疫学調査チームが同日、現地調査を行い、感染ルートを調べる。

 農場では県職員234人が29日午前0時25分から4班体制で殺処分を開始。午前7時半までに37%に当たる6150羽を処分した。敷地内では白い防護服にゴーグル姿の県職員が殺処分したアヒルを詰めた袋を積み上げる姿が見られた。
 同日午前、県庁で記者会見した高谷清孝県農林水産部次長は「ウイルス確認から24時間以内の午後9時45分までには全ての殺処分を終えたい」と話した。袋詰めしたアヒルは、72時間以内に近くの市有地に埋却処分する予定。
 県は農場の半径3キロ圏内を家禽や卵の移動制限区域に、10キロ圏内を搬出制限区域として区域外への持ち出しを禁じた。移動制限区域では4農場で約1万4000羽、搬出制限区域では3農場で約40万羽が飼育されている。県は3キロ圏の4農場に加え、発生農場から種卵の移動があった青森市内の1農場を対象に、同日午前から臨床・ウイルス検査を行っている。
 同日午前6時40分までに農場から10キロ圏の5カ所に畜産関係の車両を対象にした消毒ポイントを開設し、農場外への感染防止を図っている。
 鳥インフルエンザが発生した農場では27日から28日朝にかけてアヒル10羽が死んでいるのが見つかり、県に連絡。県の簡易検査で陽性反応があり、青森家畜保健衛生所が実施した遺伝子検査でH5型鳥インフルエンザの可能性が高いと判定された。

◎新潟では鶏31万羽

 新潟県関川村の養鶏場で鶏約40羽が死んでいるのが見つかり、同県は29日未明、鶏から強毒性で大量死につながるH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。
 新潟県は、関川村の約31万羽の鶏の殺処分を始めた。新潟県に出動要請された陸上自衛隊も従事。県は12月2日まで24時間態勢で作業に当たる。
 養鶏場の半径10キロ内に約60の業者があり、約50万羽を飼育している。養鶏場の職員が28日、鶏約40羽が死んでいるのを確認。うち5羽の簡易検査で陽性反応が出たため、ウイルスの遺伝子を調べたところ、高病原性と確認された。
 政府は「まん延防止には初動対応が重要」として、29日午前に農林水産省の政務官や専門家らを新潟、青森両県に派遣。関係閣僚会議を開催し、菅義偉官房長官は「感染拡大防止に万全の対応をとりたい」と述べた。安倍晋三首相も徹底した防疫措置を迅速に進めるよう指示した。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161129_23058.html

<鳥インフル>青森のアヒル強毒性 殺処分へ【河北新報オンラインニュース2016年11月29日】
食用として育てられているアヒルから、鳥インフルエンザの陽性反応が出たとして記者会見する青森県の担当者=28日午後、青森市

 青森県は28日、青森市内の家禽(かきん)農場で飼育されていた食用アヒル(フランスガモ)が強毒性のH5型鳥インフルエンザウイルスに感染した可能性が高いと発表した。県は職員を動員し、農場の全約1万6500羽を殺処分する。農林水産省によると、国内で家禽の感染確認は今冬初めて。
 県は農場の半径3キロ圏を鶏や卵の移動制限区域、10キロ圏を区域外に持ち出せない搬出制限区域に指定。制限区域には計7カ所の家禽農場があり、鶏など約41万羽が飼育されている。10キロ圏の5カ所には、畜産関係の車両など対象の消毒ポイントを設ける。
 県によると、農場は九つの建物で食用アヒルを飼育している。27日から28日朝にかけて10羽が死に、連絡を受けた県が死んだ5羽と生きている5羽の簡易検査を実施。死んだ5羽全てと生きている4羽の計9羽から陽性反応が出た。青森家畜保健衛生所の遺伝子検査で、強毒性のH5型鳥インフルエンザの可能性が高いと判定された。
 県内の家禽農場や養鶏場で、強毒性の鳥インフルエンザの感染が確認されたのは今回が初めて。
 農場を経営する青森市の食肉生産加工会社は、主にフランスガモを飼育生産。食材卸業者のほか、大手ホテル、レストランに販売している。同市の農場に加え隣接する青森県蓬田村などに計6カ所の農場がある。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161129_23024.html

青森で鳥インフル…高級食材フランス鴨で確認【読売新聞2016年11月29日】
雪が降る中、防護服を着て農場に向かう青森県職員ら(28日午後10時42分、青森市で)
 青森県は28日、青森市内の農場で、フランス料理などの高級食材として使われるフランス鴨がも10羽が死んでいるのが見つかり、鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。

 毒性の強い高病原性とみられる。農林水産省によると、高病原性の感染は、家禽かきんでは今冬、全国で初めて。県は29日、この農場で飼育されているフランス鴨約1万6500羽の殺処分を始めた。

 農林水産省は28日、防疫対策本部を開き、青森市の農場の感染ルート調査などのため、専門家による疫学調査チームを派遣することを確認した。

 青森県畜産課によると、この農場では、フランス鴨を建物9棟で飼育している。28日朝、農場の関係者が、1棟で10羽が死んでいるのを見つけ、青森家畜保健衛生所(青森市)に連絡した。

(ここまで336文字 / 残り506文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161128-OYT1T50161.html

農場経営者「地域に迷惑、どうすれば…」 鳥インフル【朝日新聞デジタル2016年11月29日】
現場から約3キロの国道280号に設けられた消毒ポイントでは、県職員らが畜産関係車両の消毒にあたった=29日午前10時27分、青森市、休波希撮影

 約1万6500羽すべての殺処分が決まった青森市の農場。28日深夜から白い防護服を着た青森県職員約230人が次々と敷地内に入った。

鳥インフル、殺処分開始 新潟・青森の32万6千羽対象
 農場の男性経営者(52)は「生き物を育て、食用にすることの難しさと責任を感じながら仕事をしてきたが、地域のみなさんや同業他社に迷惑をかけることになった」。感染源となる野鳥の侵入を防ぐネットを張るなど感染防止に力を入れてきたといい、「どのように防げばいいのかわからない」と疲れをにじませた。

 新潟県関川村では、12月2日までかけて殺処分を実施する予定。鳥インフルが発生した養鶏場の敷地内に穴を掘って埋めていく。県職員のほか、災害派遣要請を受けた陸上自衛隊員も含めて延べ約3100人が作業にあたる。県内のある養鶏業者は「あまり恐怖に思わないで欲しい」と風評被害を心配していた。

 農林水産省によると、昨年の鶏卵生産量は青森県が10万407トンで全国8位、新潟県が9万6339トンで全国9位となっている。
http://www.asahi.com/articles/ASJCY332SJCYUTIL00G.html

鳥インフルエンザ  青森の食用アヒルで濃厚 新潟の鶏も疑い【毎日新聞2016年11月29日】
 青森県は28日、青森市の農場で飼育されている食用のアヒルについて遺伝子検査を行ったところ、高病原性鳥インフルエンザの疑いが濃厚な「疑似患畜」と国が判定したと発表した。県は29日未明、農場のアヒル約1万6500羽の殺処分を始めた。24時間以内に完了させる方針。半径3キロ圏内の農場の鳥には移動制限が、半径10キロ圏内には搬出制限がかかる。政府は28日夜、首相官邸内危機管理センターに情報連絡室を設置した。

 同県によると、感染が確認されれば、国内の家畜では昨年1月に佐賀県で発生して以来となる。青森市の農場ではフランスカモと呼ばれるアヒルを九つのケージで飼育。うち一つで28日朝に10羽が死んだと青森家畜保健衛生所に連絡があった。死んだ10羽のうち5羽と、同じケージにいた5羽の計10羽の簡易検査で9羽が陽性となり、遺伝子検査では10羽すべてが陽性となった。10キロ圏内には七つの養鶏場などがあり、約41万羽を飼育。このうち3キロ圏内では四つで約1万4000羽を飼っている。

 一方、新潟県では同日、関川村の養鶏場で約31万羽飼育している鶏のうち5羽から鳥インフルエンザの陽性反応が出た。県は確定を待たず、この養鶏場を含む半径10キロ以内の養鶏場などに鶏などの移動の自粛を求めた。

 28日朝、24ある鶏舎の一つで約20羽が1カ所にかたまって死んでいるのを養鶏場の職員が確認し、午後にもさらに約20羽が死んでいたため県に届け出たという。県の保健衛生所が立ち入り検査を行い、死んでいた鶏5羽を簡易検査したところ、すべて陽性だった。

 高病原性鳥インフルエンザの感染による鶏の殺処分例は2011年1〜3月、宮崎県の13農場で約102万羽▽11年2月、三重県の2農場で約31万羽▽15年1月、岡山県の1農場で約20万羽−−などがある。環境省の調べでは、今季の野鳥を巡る感染は28日現在、秋田▽岩手▽鳥取▽鹿児島−−の4県内で計19件確認されている。【米江貴史、佐藤裕太】
http://mainichi.jp/articles/20161129/ddm/041/040/110000c

http://archive.is/ImmM8
http://archive.is/1ScVX
http://archive.is/w4jqa
http://archive.is/AALnc
http://archive.is/LLjqt
http://archive.is/4YquW
http://archive.is/c0Zv8
http://archive.is/9hyll
http://archive.is/bN5eI
http://archive.is/aUSvA
posted by BNJ at 22:48 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

29日朝段階で道内は異常なし 道が鳥インフル対策会議【どうしんウェブ2016年11月29日】

 新潟と青森の両県で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことから、道は関係機関による対策会議「高病原性鳥インフルエンザ警戒本部幹事会」を29日、道庁で開いた。水際対策の徹底や関係機関との連絡体制の強化などを確認した。

 道が28日夜から29日朝までに、道内の養鶏場208カ所に電話などで確認したところ、異常はみられなかったという。道は養鶏場に対し、消毒など予防策の徹底や、異常時の早期通報を求めた。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0343173.html

http://archive.is/eaIpd
posted by BNJ at 22:35 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カリガネ 山口県内に初飛来【中国新聞アルファ2016年11月29日】

県立きらら浜自然観察公園に飛来した6羽のカリガネ(渡辺さん撮影)
 山口市阿知須の山口県立きらら浜自然観察公園の干潟に今月中旬、環境省のレッドリストで絶滅危惧IB類となっている渡り鳥カリガネ6羽が飛来した。県内で飛来が確認されるのは初めてという。北極圏から日本以南のアジアへ渡る途中に迷い込んだとみられる。
(ここまで 120文字/記事全文 431文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=301279&comment_sub_id=0&category_id=110

http://archive.is/8zJpX
タグ:カリガネ
posted by BNJ at 22:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(美の履歴書:477)「雪中水禽図」 円山応挙 リアルな鳥、どう描いた【朝日新聞デジタル2016年11月29日】

「雪中水禽図」=個人蔵

 ■「雪中水禽(すいきん)図」

 雪の積もった水辺に鴨(かも)やおしどりが集う。清澄な冷気が身中を通り抜けていくようだ。羽は微細な質感の違いまで表され、水に潜る鳥のお尻の毛のふわふわなこと。

 江戸後期に活躍した応挙は、観察に基づく写生画や、遠近法を用いた眼鏡絵など、リアルな視覚表現の追求で知られ…
http://www.asahi.com/articles/DA3S12682227.html

http://archive.is/mkliN
posted by BNJ at 22:22 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(自然旅)1万羽のツル飛来 鹿児島・出水 絶滅危惧種と住民が共存【朝日新聞デジタル2016年11月29日】

ツル観察センター近くの田んぼでえさをついばむツル=鹿児島県出水市荘

 羽を休めたツルの大群が、えさをついばむ。11月中旬、国内最大のツルの越冬地、鹿児島県出水市を訪ねた。市内に広がる出水平野、なかでも八代海沿いの水田には1万羽以上のツルが飛来する。

 最も多く飛来するのは、ナベヅルとマナヅル。ともに環境省のレッドリストでは、絶滅の危険が増している種「絶滅危惧2類」に指定されている。5日現在、ナベヅルが1万1617羽、マナヅルが244羽が飛来したという。11月〜3月には、干拓地を一望できる「出水市ツル観察センター」に多くの観光客が訪れる。

 「20〜30メートル先に絶滅危惧種のツルがたくさんいる。こんな光景、ほかでは見られませんよ」。センターのガイド大内山裕さん(65)は話す。多くのツルが集まるのは、えさの小麦を1日約1・5トンまき、遮光ネットで水田の周りを囲んでいるからだ。

 センターによると、出水のツルの保護活動は古く、江戸時代に始まったといわれている。1962年に地元住民らが「鹿児島県ツル保護会」を組織し、飛来地周辺は禁猟区に指定された。100ヘクタールの水田はツルの越冬期は借り上げられ、この中に水を張ってねぐらをつくり、過ごしやすい環境を整える。周りの農作物に被害を出さないようにする取り組みでもある。保護会事務局長の戸田重久さん(56)は「これからもツルを守り、共存していきたい」という。

 出水市ツル博物館の学芸員原口優子さんによると、ナベヅルは世界の9割、マナヅルは5割が出水市に集まる。鳥インフルエンザが発生して感染が広がれば、ツルの大量死や近隣の養鶏農家にも被害が出る恐れがある。

 11月18日にはツルの死骸が見つかり、鳥インフルエンザウイルスが検出された。市は消毒などの対策をとった。環境省は越冬地の分散化を検討している。同省の担当者は「大量死は種に大きなダメージを与える。今後具体策を考えたい」と話す。(富田洸平)

     *

 ツル観察センターの連絡先などの確認は出水市観光協会のサイト(http://www.kanko-izumi.com/別ウインドウで開きます)で。
http://www.asahi.com/articles/DA3S12682286.html

http://archive.is/vrkNM
posted by BNJ at 22:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

環境保全活動の成果報告 新潟 イオンと県の連携協定5年【新潟日報モア2016年11月29日】

 総合スーパー「イオン」を運営するイオンリテール北関東・新潟カンパニーは25日、新潟市江南区のイオンモール新潟南で、イオンと県が締結した包括連携協定に基づく環境保全活動などの報告会を行った。...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20161128293835.html

http://archive.is/aDDv6
タグ:トキ
posted by BNJ at 22:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アホウドリ移住繁殖成功=伊豆鳥島から小笠原諸島に−山階研【時事ドットコム2016年11月29日】(既報関連ソースあり)

聟島で確認されたアホウドリの親子=2月17日(山階鳥類研究所提供)
 山階鳥類研究所は29日、特別天然記念物で絶滅の恐れが指摘されているアホウドリのひなを東京都の伊豆鳥島から小笠原諸島に移送し人工飼育した結果、同諸島での繁殖を確認したと発表した。アホウドリは1930年ごろまで同諸島に生息していた。研究論文はロンドン動物学会の学術雑誌「アニマルコンサベーション」オンライン版に掲載された。
 同研究所によると、アホウドリ繁殖地の伊豆鳥島は活火山で、噴火した場合は大きな影響が及ぶと懸念される。このため2008年から12年にかけて約350キロ離れた小笠原諸島の聟島(むこじま)にひなを70羽移送し、再び繁殖地とする取り組みが行われた。
 聟島で育ち巣立ったアホウドリの一部が11年から聟島に戻ってくるようになったほか、12年には人工飼育した個体と別の島に生息する野生の個体とのつがいによる産卵が確認されたという。(2016/11/29-18:26)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016112900783&g=soc

移住アホウドリ、新世代 ヒナ運び8年、2世巣立つ 小笠原・聟島【朝日新聞デジタル2016年10月3日】
巣立ち間近のアホウドリの幼鳥(中央の黒い鳥)=5月13日、小笠原諸島・聟島、山階鳥類研究所提供

 国の特別天然記念物アホウドリの1羽の幼鳥が今春、小笠原諸島の聟(むこ)島から巣立った。父親は8年前、ヒナのときに約350キロ離れた繁殖地の鳥島から人の手で運ばれてきた。鳥島は火山島で、噴火で営巣地が壊滅する恐れもあるからだ。聟島での初の「2世」の巣立ち。絶滅が危惧されるアホウドリの新繁殖地づくりへログイン前の続きの大きな一歩であるとともに、新たな課題も見えてきた。

 東京都心から南へ約千キロの無人島・聟島。5月14日、黒い毛で覆われた幼鳥が巣立った。聟島で誕生した幼鳥の初の巣立ちだ。親鳥の後を追い、夏のエサ場となるアリューシャン列島海域からベーリング海、アラスカ湾へ渡った。

 アホウドリは羽毛採取のために乱獲され、一時は絶滅したと思われていた。だが、1951年に鳥島で約10羽が再発見された。その後、世界中でも繁殖地は鳥島と尖閣諸島だけとなっていた。

 大半が飛来する鳥島は火山島で、噴火すれば営巣地が壊滅する恐れがある。新たな繁殖地をつくろうと、米国魚類野生生物局が資金の多くを出し、環境省や民間も支援して、山階鳥類研究所がヒナの移送を2008年に始めた。朝日新聞も協力した。移送先はかつて繁殖していた聟島だ。

 アホウドリは巣立った島に戻って営巣する習性があるので、鳥島から生後約40日のヒナを毎年2月に10〜15羽ずつ、ヘリコプターで聟島へ運んだ。5年間で計70羽。無人島で山階鳥研の飼育員がエサをやり続け、3カ月後の巣立ちまで見守った。

 08年に巣立ったうちの1羽が11年2月から聟島へ戻り始め、翌年には別のメスとつがいになった。今年1月、ヒナが初めて誕生し、5月に巣立った。

 聟島で飼育を続けた山階鳥研の出口智広研究員は「これは第一歩。数が増え、かつての繁殖地の復活が目的です」と話す。

 5年間に聟島を巣立った幼鳥は計69羽。成鳥となって鳥島へ戻ってしまった鳥も多い。一方、聟島列島の媒(なこうど)島や嫁島でも新たに幼鳥が確認され、移送事業の思わぬ効果もあった。

 今月にはアホウドリが島に戻ってくる。人工飼育と野生個体の比較、聟島周辺の島々の調査など新たに取り組むべき課題も生まれている。

 ■獣医師・山岳ガイド、繁殖見守り続ける

 鳥島での調査や保護は1970年代から続いている。遠く離れた無人島で、多くの人がアホウドリの繁殖を見守り、支えてきた。

 渡辺ユキさんもそのひとり。国内では数人という野鳥の獣医師で、2000年ごろから鳥島へ通い始めた。巣から落ち、親からエサをもらえなくなったヒナに毎日給餌(きゅうじ)して助けたことも。08年2月には鳥島から聟島まで移送されるヒナに寄り添った。運ぶ箱の形や温度、抱き方、エサの与え方までこだわった。

 翌年の移送を最後に活動から遠ざかった。がんと闘病するなか、山階鳥研研究員の佐藤文男さん(63)宛ての手紙を残していた。「自分一人では経験することができないことに、たくさんふれられて感謝しています」。弱々しい字でつづった便箋(びんせん)3枚は12年春、悲報とともに佐藤さんの元へ。最後に「鳥島の海に散骨してほしい」とあった。53歳だった。

 村上速雄さんも、聟島での2世の巣立ちを見届けることができなかった。鳥島の営巣地は崖下にあり、ヒナを運び上げるのは極めて危険な作業だ。ルートの安全確保など、山岳ガイドとしての技術を生かした。14年暮れ、39歳の誕生日を病室で祝った1週間後に他界。がんだった。

 91年から鳥島に通い続ける佐藤さんはいう。「彼らの魂は、アホウドリたち、私たちを見守り続けてくれると信じています」(中山由美)
http://www.asahi.com/articles/DA3S12590329.html

http://archive.is/wHL1o
http://archive.is/pLtel
聟島でアホウドリ繁殖支え 巣立ち見届けず4年前他界の獣医師・渡辺さん【東京新聞2016年6月21日】
アホウドリ 新繁殖地 ひな初の巣立ち【毎日新聞2016年5月24日】
アホウドリひな聟島で初の巣立ち 新繁殖地計画の小笠原【共同通信2016年5月23日】
posted by BNJ at 22:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥久慈しゃも 給食で堪能 大子・児童生徒1400人「歯応え最高」【茨城新聞2016年11月29日】

奥久慈しゃもの生産者と児童が一緒にしゃも肉を味わった給食=大子町立生瀬小
大子町の特産品、奥久慈しゃも肉を使った「しゃもけんちん」が25日、町内の幼稚園、小中高校の学校給食のメニューに出され、児童生徒約1400人がソフト麺と一緒に、歯応えある肉を味わった。


肉は奥久慈しゃも生産組合(益子実津雄代表理事)が、2005年から寄贈を続け、今回は30キロを提供した。

同町高柴の生瀬小(石川水良校長、児童63人)では、組合員や古橋康夫教育長、学校給食センターの栄養教諭らが、4年生の教室に参加。給食前に益子代表理事が奥久慈しゃもの飼育を説明して、「普通の鶏肉と歯応えが違う。よく味わってほしい」とあいさつ。児童と一緒に、けんちんうどんの味を楽しんだ。

児童らは地元のこんにゃくや凍(し)みこんにゃく、イモガラなども加わえた汁に麺を入れ、笑顔で食べていた。加藤史織さん(10)は「肉をかむとジューとしておいしかった」と話した。

しゃも肉は来年1月20日にも30キロを提供、しゃもカレーとして味わう。11月29日はJA常陸大子りんご部会(仲野広部会長)が「ふじ」50キロをデザートとして、12月2日は大子清流高が農場で栽培したネギ、ダイコン計43キロを、けんちん汁用に提供する。 (蛭田稔)
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14803347938201

http://archive.is/WcCC7
posted by BNJ at 22:05 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルエンザ カモ類ふんから検出 高病原性 鳥取 /鳥取【毎日新聞2016年11月29日】

 県は28日、鳥取市気高町日光の水田から採取されたカモ類のふん3個から、H5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。

 鳥取大学が18日に採取したヒドリガモかヨシガモのものとみられるふんを確定検査した結果、新たに判明した。周辺の10キロ圏内は今月21日、コガモのふんから同ウイルスが検出されたことを受けて野鳥監視重点区域に指定されている。県がパトロールし、異常がないか調べている。【高嶋将之】
http://mainichi.jp/articles/20161129/ddl/k31/040/556000c

http://archive.is/wiB0J
鳥インフルエンザ 環境省が野鳥調査 あすまで約20カ所 鳥取 /鳥取【毎日新聞2016年11月24日】
posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノリ 摘み取り作業が本格化 常滑・鬼崎漁港沖 /愛知【毎日新聞2016年11月29日】(鳥害)

寒風の中、さおの間に張られたノリ網を持ち上げ、摘み取っていく潜り船=常滑市鬼崎漁港沖の伊勢湾で
 冬の風物詩となっている養殖ノリの摘み取り作業が、常滑市の鬼崎漁港沖の伊勢湾で本格化している。寒風の中、来年3月下旬ごろまで続く。

 鬼崎漁協(竹内政蔵組合長、組合員48軒)のノリ網は、沿岸部ではさおに、沖合では水面に浮かせて張られ、1枚は幅約1・2メートル、長さ約18メートル。中部国際空港の北から、南北約5キロ、東西約2キロにわたって約1万3700枚が張られている。組合員は早朝から「潜り船」と呼ばれる小舟に乗り、舌の形をしたポールを網の下に入れ、持ち上げて回転する刃で摘み取っていく。今年は水温が下がらず、例年より網張りが3日ほど遅れたが、竹内組合長は「今年は色、味、香りともいいが、その分鳥や魚の食害も多いのが悩み」という。摘み取ったノリは、漁協隣接の加工場で、すぐに板ノリにされる。

 同漁協は、県内産板ノリの約3分の1を生産する。12月3日の初競りは同漁協から350万〜400万枚を出す予定。今季は例年並みの約1億枚が目標という。【林幹洋】
http://mainichi.jp/articles/20161129/ddl/k23/020/179000c

食害に負けず…ノリ摘み取り 常滑【読売新聞2016年11月26日】
 常滑市沖の伊勢湾で、養殖ノリの摘み取り作業が行われている=写真、倉橋章撮影=。

 ノリ生産量が県内一の鬼崎漁協(常滑市)では、48軒の養殖業者がノリを養殖。今シーズンは海水温が高かったため、昨年より3日遅い19日から摘み取り作業を始めた。

 25日も養殖業者が沖合で、幅約1.2メートル、長さ約18メートルのノリ網を漁船に引き上げ、機械でノリを収穫。水揚げされたノリは工場で板ノリに加工され、来月3日の初セリにかけられる。

 同漁協によると、作業は来年3月末ごろまで行われ、例年並みの約1億枚を生産する。竹内政蔵組合長(70)は「魚や鳥の食害がひどかったが、今年のノリは軟らかくて、香りがいい。みなさんに食べてほしい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20161125-OYTNT50280.html

http://archive.is/SV8rr
http://archive.is/tAToE
タグ:鳥害
posted by BNJ at 11:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする