2016年11月30日

鳥インフルエンザ 鹿児島・出水のツル5羽も【毎日新聞2016年11月30日】

 環境省と鹿児島県は29日、国内最大のツルの越冬地、出水(いずみ)平野(同県出水市)のツル5羽からH5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。越冬ヅルからの高病原性ウイルス検出は今季13羽に上り、過去最多となっている。

 環境省によると、5羽は、22〜24日に死体で回収されたり保護されたりした。マナヅル1羽とナベヅル4羽。いずれも遺伝子検査で陽性を示し、鹿児島大の確定検査で高病原性のウイルス感染が確認された。【内田久光】
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddp/041/040/030000c

南九州の各県も厳戒 鳥インフル【西日本新聞2016年11月30日】
鳥インフルエンザに感染したナベヅルが見つかった干拓地周辺で車両を消毒する作業員=29日、鹿児島県出水市(写真の一部を加工しています)

 新潟、青森両県の養鶏場の鶏などから高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認され、国内の鶏肉生産量の4割を占める南九州では、養鶏関係者が警戒を強めている。今季は鹿児島県出水市のナベヅルなど全国的に野鳥からのウイルス検出が相次ぎ、韓国でも家禽(かきん)から確認されている。関係機関は空港など水際対策の強化を進めている。

 農林水産省によると、今季は夏に渡り鳥の営巣地であるロシアなどでウイルスが確認され、渡り鳥が南下する秋以降のウイルス侵入が懸念されていた。28日までに全国で野鳥やふん便など24例のウイルスを検出し、うち19例が高病原性と判明。例年より検出数が多く、環境省は対応レベルを最高の「3」に引き上げた。

 ナベヅルからウイルスが検出された出水市は、ツルが越冬する干拓地周辺に養鶏農家が点在しており、危機感が強い。市は干拓地周辺に26カ所の消毒ポイントを設け、うち6カ所は噴霧器で通行車両を消毒したり、路面に消毒液をまいたりして防疫を徹底する。

 宮崎県では宮崎空港(宮崎市)が30カ所に消毒マットを敷き、海外からのゴルフ客などの靴も消毒。宮崎−ソウル線が12月から増便されることもあり、宮崎空港ビル危機管理室の西原庄司室長は「絶対にウイルスを侵入させない」。

 同県は29日、緊急防疫会議を県庁で開き、養鶏関係者に防疫強化を要請した。食肉製造販売「ウェルファムフーズ」霧島事業所(鹿児島県霧島市)の松元浩徳さん(55)は「国内でこれだけ発生しており、今年は相当危険だ。やれる対策は全部やる」と話した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/292557

http://archive.is/Q3eRm
http://archive.is/6X7C1
出水の鳥インフルエンザ、カモ2羽も高病原性【373news.com2016年11月29日】(出水関連29日分まとめ)

posted by BNJ at 22:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県内養鶏業者ら緊張感 鳥フル国内猛威【Miyanichi e-press2016年11月30日】

 「いよいよ迫ってきた」「絶対に発生させない」。野鳥だけでなく、青森、新潟県の農場で高病原性鳥インフルエンザが発生し、一夜明けた29日、県内の養鶏業者らの間では、これまで以上に緊張感が高まった。専門家は「すでにウイルスが本県に侵入している可能性が高い」と指摘し、一層の防疫徹底を呼び掛ける。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_22962.html

宮崎県鳥インフル対策会議へ、九州・山口過去被害【読売新聞2016年11月29日】
 新潟県関川村の養鶏場で見つかった鶏の死骸から鳥インフルエンザの陽性反応が出た問題で、県は29日、鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。毒性の強い高病原性とみられ、県は同日未明、この養鶏場で飼育している鶏約31万羽の殺処分を始めた。青森市の農場で飼育されていた食用のフランス鴨からも高病原性とみられるウイルスが確認され、青森県が殺処分を進めている。

 高病原性鳥インフルエンザは過去に九州・山口など各地で発生しており、感染を食い止めようと警戒感が高まっている。

 ブロイラーの飼育羽数が全国トップの宮崎県は、29日午後、緊急の対策会議を開催する。同県内で2011、14年と発生が続いた際は直前に国内で野鳥への感染が確認され、養鶏場に広がった。県家畜防疫対策課の担当者は「いつ感染が起きてもおかしくない」と危機感を募らせる。

 国内最大のツルの越冬地・出水平野(鹿児島県出水市)で回収されたナベヅルなどから鳥インフルエンザウイルスが検出された鹿児島県では、関係者が養鶏場周辺で通行車両のタイヤを消毒するなど対策を徹底させている。

(ここまで465文字 / 残り66文字)
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20161129-OYS1T50076.html

鳥インフルエンザ「脅威すぐ近くに」 対策緊急会議 県庁 /宮崎【毎日新聞2016年12月1日】
 新潟、青森両県で鶏や食用アヒルから高病原性鳥インフルエンザの感染疑いが確認されたことを受けて、宮崎県は29日、養鶏関係者らを集めた緊急会議を県庁で開いた。約40人が参加し、鶏舎などでの防疫対策の徹底を確認した。

 会議では県の担当者が、新潟、青森両県での殺処分の状況や防疫措置について説明。11月中旬以降、鹿児島県出水市で野生のナベヅルから相次いでウイルスが検出されていることを挙げて「脅威はすぐ近くまで来ている」と注意を呼び掛けた。

 その上で鶏舎などへのウイルス侵入を防ぐために、長靴や作業着、車の消毒▽鶏舎周辺への石灰散布▽野生動物の侵入防止対策−−などの確認を求めた。

 県内各地に養鶏場があるウェルファムフーズ霧島事業所(鹿児島県)農場課の松元浩徳さん(55)は「防鳥ネットを整え、消毒や小動物対策もした。絶対にウイルスを入れないということを各農場に徹底している」と話した。【黒澤敬太郎】
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k45/040/308000c

http://archive.is/WRZ3x
http://archive.is/D5nHv
http://archive.is/YPQu3
posted by BNJ at 22:46 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟・青森で鳥インフル 県内養鶏農家156戸異常なし、県が緊急防疫会議【愛媛新聞ONLINE2016年11月30日】

高病原性鳥インフルエンザの防疫対策などを確認した緊急会議=29日午後、県庁
 新潟、青森の両県で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、愛媛県は29日、緊急防疫会議を県庁で開いた。100羽以上を飼育する県内の養鶏農家156戸を対象に、28、29の両日に実施した聞き取り調査で異常は確認されていないと報告した。
 会議には県畜産課と家畜保健衛生所の職員10人が出席した。県畜産課の二宮幸誠課長が「県内への侵入防止に向けて意識統一し、万全を期したい」とあいさつし、養鶏場出入り口の消毒や防鳥ネットの点検などを農家に再度指導するよう呼び掛けた。
 県畜産課職員が新潟、青森両県の状況や、県内で起きた場合の対応策などを説明。「例年に比べて発生が早い。いつ西日本に下りてくるか分からないので、緊張感を持って対応してほしい」と述べ、今後は立ち入り検査などを実施していくことを確認した。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201611306673

http://archive.is/UvIqT
posted by BNJ at 22:43 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル コハクチョウから高病原性検出 鳥取・米子【毎日新聞2016年11月30日】(鳥インフルエンザ鳥取県関連30日分まとめ)

 鳥取県は30日、同県米子市の米子水鳥公園で見つかったコハクチョウの死骸1羽と衰弱した1羽から、H5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。

 11月20日に公園職員が2羽を発見。国の遺伝子検査で25日に陽性と判明したため、鳥取大が確定検査をしていた。環境省は25日から周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定している。

 県内では、鳥取市内でもカモ類のふんから高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されている。【高嶋将之】
http://mainichi.jp/articles/20161201/k00/00m/040/059000c

鳥取県米子市でも鳥インフル=環境省【時事ドットコム2016年11月30日】
 環境省は30日、鳥取県米子市で回収したコハクチョウ2羽の死骸などから、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたと発表した。野鳥やふんなどからのウイルス検出は全国で今季6カ所目。
 また、秋田市の動物園で死んだシロフクロウ2羽からもウイルスを検出した。この動物園ではこれまでに、コクチョウ3羽で感染が確認されている。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016113000750&g=soc

鳥インフルエンザ 警戒 県が対策を確認 庁内連絡会議 /鳥取【毎日新聞2016年11月30日】
 新潟、青森両県で飼育されている鶏やアヒルから、鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、県は29日、防疫対策を確認する庁内連絡会議を開いた。監視を強化し、鳥インフルエンザウイルスの家畜感染を防ぐことを確認した。

 県内では今月に入り、鳥取市気高町日光の水田で採取したカモ類のふんから、相次いでH5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。県はこれまでに県内84の養鶏場に聞き取り調査をしたり、施設を直接巡回したりして設備に問題が無いかを点検。鶏に異常が無いことを確認している。

 この日、県庁で開かれた会議では、県内でも家畜に感染した場合に備え、消毒のためのオゾン水発生装置3台や消石灰1200袋、防護服2000着を約900万円で追加購入する予定であることなどが報告された。平井伸治知事は「農場を守るため監視し、万が一に備えた態勢作りを早急に進めたい」と話した。【小野まなみ】
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k31/040/453000c

http://archive.is/gLRF0
http://archive.is/TXNen
http://archive.is/vOkHH
鳥インフルエンザ カモ類ふんから検出 高病原性 鳥取 /鳥取【毎日新聞2016年11月29日】
posted by BNJ at 22:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルエンザ 県や農業団体、緊急防疫会議 /広島【毎日新聞2016年11月30日】

 青森、新潟両県で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、県は29日、緊急の防疫対策会議を開いた。関係部局や農業団体の約20人が参加し、対策の徹底を確認した。

 会議で、県の担当者が両県農家からH5型の鳥インフルエンザウイルスが確認されたと報告。「国内全域で起こり得る。衛生対策を徹底していきたい」と話し、ウイルスを運ぶ野生動物の侵入防止や飼育時の衛生管理基準の順守を呼びかけた。

 県は同日、100羽以上の鶏を飼う県内全119農場に電話で聞き取り、異常は確認されなかったという。その他の飼育者にもホームページで、異常があった場合は速やかに県に届け出るよう呼びかけを強化するという。【石川将来】
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k34/040/518000c

http://archive.is/ZWNHh
posted by BNJ at 22:33 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルエンザ 「全庁挙げ危機感共有を」 府が警戒本部会議 /京都【毎日新聞2016年11月30日】

 新潟、青森両県で高病原性鳥インフルエンザ感染の疑いが濃厚になり、鶏と食用アヒルの殺処分が開始されたことを受けて、府は29日、各部局長を集めた警戒本部会議を開いた。府が100羽以上を飼養する養鶏農家79戸の巡回を始め、農場や鶏舎出入り口での消毒の徹底を指導したことや、野鳥の監視を最高レベルに引き上げたことなどを会議で確認。ウイルスを媒介するネズミなどを鶏舎に入らせないため防疫体制を強化するよう、府内で鶏を飼養する全569戸に呼び掛けることも指示した。

 また、担当部署以外でも出先で野鳥が死んでいるなどの情報を得たら検査に回すなど、全庁で警戒にあたる意思統一を図った。山内修一副知事は2004年に京丹波町で鳥インフルエンザで鶏が大量死した事例を踏まえ、「全庁挙げて危機感を共有してやっていこう」と強調した。

    ◇

 京都市でも同日、関係課長会議が開かれ、市内で100羽以上飼養の養鶏農家12戸に対し異常発生時の市への連絡徹底を指導。食鳥処理施設に対する緊急立ち入り検査も始め、今週中に104カ所を対象に行うとしている。【野口由紀、木下訓明】

〔京都版〕
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k26/040/523000c

http://archive.is/3GeR4
posted by BNJ at 22:31 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟・上越市でも鳥インフル 養鶏場23万羽殺処分【共同通信2016年11月30日】(鳥インフルエンザ新潟県上越市関連30日分まとめ)

 新潟県は30日、同県上越市の養鶏場で鶏約100羽が死んでいるのが見つかり、簡易検査したところ、鳥インフルエンザの陽性反応が出たと明らかにした。養鶏場では鶏約23万羽を飼育しており、農水省の要請で、遺伝子検査の結果を待たず30日中に殺処分を始める方針。

 県によると、29日に40羽ほど、30日午前に60羽ほどが死んでいるのが見つかった。県が連絡を受けて7羽を簡易検査し、うち6羽から陽性反応が出た。

 県は遺伝子検査をし、高病原性かどうかを調べている。この養鶏場から半径10キロ以内の農場に鳥や卵の区域外への持ち出しを自粛するよう要請した。
http://this.kiji.is/176585575038141949?c=39546741839462401

新潟 上越の養鶏場 詳しい結果待たず23万羽処分へ【NHKニュース2016年11月30日】
新潟県上越市の養鶏場でニワトリが相次いで死んでいるのが見つかり、県の簡易検査で、6羽から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ました。県は現在詳しい検査を行っていますが、農林水産省からの要請に基づいて、詳しい検査の結果を待たずに、30日夜のうちに、この養鶏場のおよそ23万羽の処分を始めることを決めました。
新潟県によりますと、上越市の養鶏場の鶏舎の中で、29日と30日、ニワトリ合わせて100羽ほどが死んでいるのが見つかったということです。

県がこのうちの7羽を簡易検査した結果、6羽から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たということです。

この養鶏場ではおよそ23万羽を飼育していて、新潟県は鳥インフルエンザの疑いがあるとして、この養鶏場への部外者の立ち入りを制限し、出入りする際の消毒の徹底を指示しました。
また、この養鶏場から半径10キロ以内にあるほかの養鶏場などに対して、ニワトリや卵などの移動を自粛するよう要請しました。

新潟県はウイルスの遺伝子を調べる詳しい検査を行っていますが、結果が出るのは30日夜遅くになる見通しです。このため新潟県は、農林水産省からの要請に基づいて詳しい検査結果を待たずに、この養鶏場のおよそ23万羽の処分を30日夜のうちに始めることを決めました。

新潟県では、上越市から150キロ余り離れた県北部の関川村の養鶏場で29日、鳥インフルエンザウイルスが検出されています。
上越市でも対策会議
新潟県は30日夜、対策会議を開き、2か所で50万羽を超えるニワトリの処分を早急に行うため、自衛隊や県内の市町村に支援を要請することなどを確認しました。

県庁で開かれた会議には、県の幹部のほか自衛隊や警察などおよそ20人が出席しました。この中で米山知事は上越市の養鶏場のニワトリから簡易検査の結果、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たことについて、「国からは『遺伝子検査の結果を待たずに対処を始めてほしい』と言われた。関川村と2方面でやるのは大変だが、封じ込めに全力を尽くしてほしい」と述べました。このあと、会議は非公開で行われ、県によりますと、2か所で50万羽を超えるニワトリの処分を早急に進めるため、自衛隊や県内の市町村に支援を求めることを確認したということです。

会議のあと、米山知事は「非常に重大な事態だと受け止めている。県内のどこでも感染が起こるおそれがあり、徹底的に対処し、封じ込めを行いたい。養鶏業者には新たな感染が起きないよう全力を尽くしてもらいたい」と述べました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161130/k10010789911000.html

養鶏場のニワトリ、鳥インフルの疑い 新潟・上越でも【朝日新聞デジタル2016年11月30日】
 新潟県は30日、上越市の養鶏場で鳥インフルエンザに感染した疑いのあるニワトリが見つかったと発表した。遺伝子検査で高病原性鳥インフルエンザと確認した場合は、この養鶏場の計約23万羽を殺処分する方針だ。

 この養鶏場では29日に40羽、30日に60羽のニワトリが鶏舎で死んでいるのが見つかった。県では、関川村の養鶏場で鳥インフルエンザに感染した採卵用ニワトリが見つかり、約31万羽の殺処分が進められている。
http://www.asahi.com/articles/ASJCZ4T3QJCZUTIL01K.html

鳥インフル  新潟・上越の養鶏場でも疑い【毎日新聞2016年11月30日】

 新潟県は30日、同県上越市の養鶏場で飼育している採卵用の鶏6羽から、簡易検査で高病原性鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。県は、この養鶏場を含む半径10キロ以内の養鶏場などに、鶏などの移動の自粛を求めた。養鶏場では約23万羽を飼育しており、遺伝子検査で鳥インフルエンザウイルスが検出されれば、全羽を殺処分することになる。
http://mainichi.jp/articles/20161130/k00/00e/040/241000c

鳥インフル陽性反応、新潟・上越市の養鶏場でも【読売新聞2016年11月30日】
 新潟県は30日、同県上越市の養鶏場の鶏の死骸から、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。

 国からの指示を受け、この養鶏場で飼育する23万羽を殺処分する。同県では、北部の関川村の養鶏場でも高病原性とみられる鳥インフルエンザウイルスが検出されており、県は約31万羽の鶏の殺処分を進めている。

 県畜産課によると、上越市の採卵養鶏場で11月29日に40羽、30日に60羽の鶏が死んでいるのが見つかり、7羽について簡易検査を行い、6羽から陽性反応が出た。

 感染拡大を防ぐため、この養鶏場から半径3キロ圏を鶏や卵の移動を禁じる移動制限区域に、3〜10キロ圏を搬出制限区域に設定した。周辺には作業車両を消毒するポイントも設ける。

(ここまで316文字 / 残り272文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161130-OYT1T50079.html

速報】上越でも鳥インフルエンザか【新潟日報モア2016年11月30日】
 県は30日、上越市の養鶏場から高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したと発表した。29日に40羽、30日に60羽が死に、簡易検査を行ったところ7羽中、6羽が陽性だった。この養鶏場では約23万羽を飼っている。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20161130294230.html

鳥インフル、新潟で新たに陽性 鶏100羽死ぬ【日本経済新聞2016年11月30日】
 新潟県は30日、同県上越市の養鶏場で鶏約100羽が死んでいるのが見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと明らかにした。遺伝子検査でH5型の高病原性であることが確認され、12月1日に養鶏場で飼育している約23万羽全ての殺処分を始める方針。県では関川村に続き2件目。青森市ではアヒルの処分が続いている。

 新潟県によると、29日に40羽ほど、30日午前に60羽ほどが死んでいるのが見つかった。県が7羽を簡易検査し、うち6羽から陽性反応が出た。県は

 鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場に視察に向かう新潟県の米山隆一知事=30日午後、新潟県関川村
画像の拡大
 鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場に視察に向かう新潟県の米山隆一知事=30日午後、新潟県関川村
養鶏場から半径3キロ圏内を鳥や卵の移動制限区域に、3〜10キロ圏内を搬出制限区域として区域外への持ち出しを禁じた。

 新潟県では、上越市と約140キロ離れた関川村の養鶏場の鶏からH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、約31万羽を殺処分中。当初12月2日までに終えるとしていたが、県は3日か4日までずれ込むとの見通しを示した。

 

鳥インフルエンザウイルスが検出された青森市の農場周辺で続く、殺処分した食用アヒルを土に埋める作業=30日午後(青森県提供)
画像の拡大
鳥インフルエンザウイルスが検出された青森市の農場周辺で続く、殺処分した食用アヒルを土に埋める作業=30日午後(青森県提供)
一方、青森県は30日、H5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された青森市の農場で殺処分したアヒル1万8千羽余りを埋める作業を始めた。12月1日の完了を目指す。県によると、農場の半径10キロ圏を29日に調査したが、死んだ野鳥は見つからなかった。



 安倍晋三首相は30日夜、養鶏農家に厳重な警戒を要請するとともに適切な予防措置を助言するよう関係省庁に指示した。情報収集や迅速な防疫措置の徹底も求めた。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30HED_Q6A131C1000000/

http://archive.is/pkVYt
http://archive.is/rMMkN
http://archive.is/f5sFR
http://archive.is/uGIPz
http://archive.is/HcEXT
http://archive.is/GTVTx
http://archive.is/I0UOA
鳥インフル、新潟の殺処分遅れる…全体の1割【読売新聞2016年11月30日】(鳥インフルエンザ新潟県関川村関連30日分まとめ)
posted by BNJ at 22:27 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル、新潟の殺処分遅れる…全体の1割【読売新聞2016年11月30日】(鳥インフルエンザ新潟県関川村関連30日分まとめ)

 鳥インフルエンザウイルスが確認された新潟県関川村の養鶏場で、殺処分の初日となった29日、夕方の時点で処分を終えたのは2万6400羽と、全体の約1割にとどまった。

 処分する鶏を入れる容器の調達などが思うように進まず、作業工程が遅れている。

 処分対象は約31万羽で、新潟県は29日未明に作業を始めた。12月2日までの4日間で処分を終える計画。10羽ほどずつ容器に入れて二酸化炭素を注入して死なせ、消毒を経て、敷地内に掘った穴に埋める。約340人の班を編成し、1日に8時間ずつ3交代制で作業を続ける。

(ここまで248文字 / 残り409文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161130-OYT1T50065.html

鳥インフル「事前に野鳥で流行」 農水省など調査【朝日新聞デジタル2016年11月30日】
【動画】新潟の養鶏場で鳥インフルを確認=熊倉隆広撮影
写真・図版
鳥インフルエンザに感染したニワトリが見つかり、消毒作業が続く養鶏場=29日午後0時53分、新潟県関川村、本社機から、嶋田達也撮影
 青森県と新潟県の養鶏場などで、相次いで高病原性鳥インフルエンザ(H5亜型)が確認された問題で、農林水産省などは29日、野鳥が感染源となった可能性も視野に感染ルートの調査を始めた。両県では、ウイルスが検出された農場や養鶏場で殺処分が進んだ。

 農水省は29日、専門家でつくる小委員会を開催。会議後、委員長の伊藤寿啓(としひろ)・鳥取大教授は「今回の特徴は事前に野鳥での流行が確認されていること。自然環境中のウイルス濃度が高くなっており、リスクが高まっていた」と述べた。疫学調査チームも現地に入った。

 農水省や両県によると、殺処分の対象は、青森市の農場のアヒル約1万8千羽と新潟県関川村の養鶏場のニワトリ約31万羽。青森では29日夜に殺処分を終えた。それぞれ半径10キロの範囲で飼育されている鳥の移動や運び出しが禁じられた。殺処分された鳥については国が全額補償する。

 ログイン前の続き野鳥の感染について調べている環境省は、鳥インフルが確認された両県の農場や養鶏場の半径10キロを監視重点区域に指定。調査チームを派遣し、周辺にウイルスに感染した野鳥がいるかどうかなどを調べる。また、新潟県で国の特別天然記念物トキへの感染防止策を強化。佐渡トキ保護センターで敷地内を消毒した。

 今月に入って国内複数の地点で野鳥の死骸などからウイルス「H5N6亜型」が検出され、同省は警戒のため調査の対応レベルを最高の「レベル3」に引き上げていた。29日も、宮城県がマガン1羽の死骸から「H5N6亜型」が確認されたと発表した。青森県内でも死んだ野鳥から鳥インフルの陽性反応が出ている。

 京都産業大鳥インフルエンザ研究センター長の大槻公一教授(獣医微生物学)は新潟、青森両県のウイルスも「H5N6亜型」とみており、「感染した渡り鳥が樺太などから南下して運んできた可能性がある」と指摘。「養鶏場は、車両の消毒や防鳥ネットの完備など防疫対策を徹底することが重要だ」と呼びかけた。

 国立感染症研究所によると、「H5N6亜型」は中国で鳥から人への感染が確認され、人の死亡例もある。だが人に感染しやすい遺伝子変異は確認されておらず、北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター統括の喜田宏・特別招聘(しょうへい)教授は「人から人への感染はまず起こらないと考えていい」と話す。
http://www.asahi.com/articles/ASJCY5HBRJCYUTIL04B.html

関川村鳥インフル 風評被害拡大を懸念 新潟知事、手当金など適用を要請【産経ニュース2016年11月30日】
 関川村の養鶏場の鶏からH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、県は29日未明に米山隆一知事を本部長とする対策本部を設け、対応に乗り出した。現地で鶏の殺処分や防疫措置を進めるとともに、米山知事は政府から派遣された細田健一・農水政務官と県庁で対応を協議。風評被害の拡大を強く懸念し「万全の対応をお願いしたい」と細田氏に要望した。

                   ◇

 県は中央家畜保健衛生所(新潟市西蒲区)による検査結果を国に報告し、午前3時35分にH5型の遺伝子が確認されたとの連絡を受けた。関係部局の幹部をメンバーとする対策本部の1回目の会議を午前4時に開催。12月2日までの4日間、24時間態勢で約31万羽を殺処分すると決めた。

 米山知事は4時37分に自衛隊に災害派遣を要請。殺処分は県の職員や自衛隊の隊員らが340人態勢で行い、8時間ごとに交代しながら延べ約3100人が作業に当たる。

 細田氏との協議で、米山知事は風評被害の対策について「県も取り組む」とした上で、国の支援を求めた。また、ウイルスが検出された養鶏場の経営が行き詰まらないように、家畜伝染病予防法に基づく手当金などの適用を要請した。細田氏は「農林水産省として、できる限りの対応を取る」と約束。「被害が広がらないことを第一に迅速に取り組む」と語った。

 この養鶏場から半径10キロ内には59の農場があり、約50万羽の鶏が飼育されている。県は半径3キロ内について鶏や卵などの移動を禁止し、半径10キロ内では区域外への搬出を制限した。県は「死んでいたり衰弱している野鳥を見つけた場合、素手で触れず、すぐに県地域振興局などに連絡してほしい」と呼び掛けている。

 県は関川村と隣接する村上市の国道に計4カ所のポイントを設け、通行車両の消毒を徹底した。また、半径3キロ圏内にある3つの農場で5羽ずつウイルス分離検査などを実施。殺処分による水質汚染を懸念する周辺住民向けの説明会も開き理解を求めた。さらに養鶏場周辺の地下水と荒川、前川の水質調査も始めた。

 周辺の山林では、トビとハクチョウの死骸が1羽ずつ見つかったが、簡易検査では陰性と判明し、ウイルスへの感染はなかった。

 県は午後1時に対策本部の2回目の会議を開催。会議後、米山知事は「新たな感染が見つからなければ、4日である程度のめどはつく」と記者団に語った。

 県は、健康や食の安全について電話で相談を受け付ける窓口を県生活衛生課と12カ所の保健所に設けた。

                   ◇

 ■関川村「一日も早く収束を」

 静かな山あいの集落が物々しい空気に包まれた。関川村には29日、近くの村民会館に夜明け前から自衛隊員や村役場の職員が集合。白い防護服に着替えて慌ただしく出入りする姿を不安げに見つめた周辺住民は「これ以上感染が広がらないで」と祈った。

 第1陣は、まだ暗い午前4時半に出発。鶏を入れた箱に二酸化炭素を注入して殺処分し、地面に埋めていった。10時までに約3400羽を処分。県下越家畜保健衛生所の内山保彦防疫課長(46)は「淡々と終わらせるしかない」とやるせない表情を浮かべた。

 村民会館では、防護服を着た職員らが次のグループの作業に向けた準備を進め、トラックに乗った自衛隊員が続々と集まった。

 同村で地元産の豚や鶏などを加工・販売する女川ハム工房代表の大島信一さん(67)によると、取引先から影響を心配する連絡が10件以上あったという。大島さんは「店で扱う鶏肉は適切に加工処理されている。安全面で誤解が生まれないよう(関係機関は)正しい情報を周知してほしい。一日でも早く収束してほしい」と願っていた。

 一方、国の特別天然記念物トキが飼育され、野生下でも生息している佐渡市では、鳥インフルエンザウイルスの影響を防ぐため、佐渡トキ保護センターなどの飼育ケージの周辺に消石灰をまき、飼育施設への人や車両の出入り時に消毒を徹底する態勢をとった。
http://www.sankei.com/region/news/161130/rgn1611300006-n1.html

柏崎市長らが東電社長と会談 頻繁な意見交換を要望 新潟【産経ニュース2016年11月30日】
 東京電力柏崎刈羽原発が立地する刈羽村と柏崎市を29日、東電ホールディングス(HD)の広瀬直己社長が訪れ、個別に相次いで会談した同村の品田宏夫村長と柏崎市の会田洋市長、次期市長の桜井雅浩氏は、原発の安全確保とともに地元との頻繁な意見交換を求めた。

 刈羽村役場を訪れた広瀬社長は、22日に起きた福島県沖を震源とする地震での東電の対応に関し「訓練とリアルな事象は違い、反省点もある」と述べた。品田村長は「日頃の訓練によって、あらゆる想定外のことに臨機応変に対応できることが大切だ」と指摘した。

 15日に無投票で5選を果たした品田村長は再稼働を容認する考えを表明しており、この日の会談でも「門戸を開き、広い心で対応する」と述べた。

 一方、条件付きでの再稼働容認を掲げ、20日の市長選で当選した元市議の桜井氏は、自らが経営する同市内の学習塾で会談に応じた。広瀬社長は「今後はコミュニケーションを大事にしたい」と述べ、桜井氏は「柏崎の地域振興につながるよう、率直な意見交換を重ねたい」と応じた。

 また、任期満了に伴い12月で退任する会田市長は「原発の信頼回復と安全確保をしっかりお願いしたい」と、同市役所で広瀬社長に要望した。

 会談後、広瀬社長は「しっかりと取り組みを進め(再稼働を)理解してもらえるよう努力していく」と報道陣に語り、桜井氏は「知事、刈羽村長と(私の)3人で会談する機会を設け対話回数を増やすところから始めたい」とした。

 同日午後には、東電HDの数土文夫会長と広瀬社長らが県庁で米山隆一知事と初めて会談する予定だったが、関川村で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された影響で、福島沖地震が起きた22日に続き、再び延期された。
http://www.sankei.com/region/news/161130/rgn1611300016-n1.html

鳥インフルエンザ関川の養鶏場 風評被害懸念の声 関係者対応に全力 /新潟【毎日新聞2016年11月30日】
 関川村の養鶏場で、採卵用の鶏が高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染した疑いが濃厚となり、県などは対応に追われている。確定すれば県内では初の家畜感染例で、地元住民からは被害の拡大や風評被害を懸念する声も上がっている。【米江貴史、南茂芽育、後藤結有】

 「自衛隊の車がたくさん来て、物々しい雰囲気だった。心配なのでこれ以上広がらないでほしい」。同村上関の村民会館近くに住む主婦、米野加代子さん(68)は不安そうな表情で話した。一時集合場所となった村民会館では、災害派遣された陸上自衛隊員や県職員らがひっきりなしに出入りし、作業に追われている。

 米山隆一知事は29日、県庁を訪れた細田健一・農林水産政務官と会談。風評被害防止や被害を受けた養鶏農家への手当金の早期交付を要請し、細田氏は「できる限りの対応と支援に全力を注ぐ」と応じた。

 また午後の対策本部会議では、作業の進行状況や、半径3キロ圏内の3農場で鶏の遺伝子検査を始めたことなどが報告された。殺処分は12月1日まで、1日当たり8万羽程度を見込んでおり、殺処分後の埋却処分は2日午前中には終了する見通しだという。米山知事は会議後、記者団に「限られた時間で(作業者に)負担は出ると思うが、自衛隊も加わってくれているので迅速に進むと思う」と話した。

 約31万羽の殺処分という異例の事態だが、流通への影響について、県食品・流通課は「大きな影響はない」とみている。同課によると、県内では採卵用の鶏は計約540万羽飼育されており、殺処分される鶏は全体の約5%程度にとどまるためだ。

 ただ、風評被害を懸念する声は各方面から上がっている。県内のスーパーマーケット関係者は「12月はクリスマスや鍋物で、鶏肉や卵の需要が増える時期。お客が気にして、売り上げに影響するのでは」と危惧している。

 また問題となった養鶏場から約4キロ離れた同村上野新のハム加工店には29日、常連客から「そちらの肉は安全か」などと心配する電話が数件あったという。同店では、説明や対応に追われ、50代の女性従業員は「風評被害は困る。早く収まってほしい」と不安げな表情を浮かべていた。
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k15/040/178000c

新潟)鳥インフル、封じ込めに全力 31万羽を殺処分へ【新潟日報モア2016年11月30日】
夜中に行われる作業のため養鶏場へ向かう県職員ら=29日午後5時33分、新潟県関川村、田中恭太撮影
[PR]
 関川村の養鶏場で鳥インフルエンザに感染した疑いがあるとされたニワトリが29日未明、遺伝子検査の結果、高病原性と判明し、県は感染拡大の封じ込めに向けて一気に動き出した。24時間態勢でニワトリの殺処分に取り組み、96時間(4日間)以内の完了を目指す。

 遺伝子検査の結果、高病原性であると確認されたのは29日未明。午前4時から県庁で開かれた対策本部会議で、この養鶏場の採卵用ニワトリ約31万羽の殺処分が決まった。会議で、本部長の米山隆一知事は「初期対応が大事なので万全を期して封じ込めることに全力を尽くして下さい」と県幹部らに呼びかけた。

 県は12月2日までをめどに24時間態勢で、延べ約3100人の県職員や自衛隊員を動員し、1日7万〜8万羽のペースで殺処分を進める予定だ。この養鶏場から半径3キロ以内にある大きめの3養鶏場から抽出したニワトリのウイルス分離検査なども実施。感染が拡大していないかを確認する。

 感染源になる可能性もある野鳥…
http://www.asahi.com/articles/ASJCY4WNVJCYUOHB00W.html

東電社長 柏崎市長らと会談【読売新聞2016年11月30日】
広瀬社長(右側手前)ら東電幹部と会談する桜井氏(左、柏崎市で)
 ◆「コミュニケーション大事に」

 東京電力の広瀬直己社長は29日、会田洋・柏崎市長と後任の桜井雅浩氏、品田宏夫・刈羽村長と会談した。11月の柏崎市長選で桜井氏が初当選、刈羽村長選で品田村長が無投票で5選を決めたことを受けて行われた。米山知事とも会談する予定だったが、関川村で鳥インフルエンザが発生したため、再延期となった。

 広瀬社長は木村公一・新潟本社代表、設楽親・柏崎刈羽原発所長と、桜井氏が経営する柏崎市の学習塾を訪れ「コミュニケーションを大事にしたい」とあいさつした。桜井氏は「安心がどう醸成されるかが再稼働論議と深く関わっているので、そこの取り組みをお願いしたい」と述べた。

 また、来月退任する会田市長は広瀬社長らに「中越沖地震、東日本大震災、その後の福島原発事故と、仕事のかなりの部分は原発関係だった。信頼が前提なので今後も努力してほしい」と語った。品田村長は「住民が理解できるよう、地元に語りかけるような説明をしてほしい」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20161129-OYTNT50087.html

慣れない作業に戸惑い 募る疲労 関川 鳥インフルで大量処分【新潟日報モア2016年11月30日】
養鶏場で鶏の殺処分を進める作業員=29日午前、関川村(県提供)
養鶏場で鶏の殺処分を進める作業員=29日午前、関川村(県提供)
慣れない作業に戸惑い 募る疲労
関川 鳥インフルで大量処分

 鳥インフルエンザが確認された関川村の養鶏場では、被害を拡大させないために村や村上市、県の職員のほか、自衛隊員による処置が29日未明に始まった。31万羽という大量の鶏を処分しなければならない上、作業員は初めての経験に戸惑う場面も多く、手探りの状態が続いている。

 作業は24時間3交代制で進んでいる。白い防護服の作業員や、迷彩服を着た自衛隊員が次々と養鶏場に向かった。県によると、12月2日までに養鶏場内の全31万羽を殺処分し、敷地内に埋設する予定にしている。

 養鶏場に続く道路の入り口には警察官が立ち、関係車両以外は通行ができない。公道からは養鶏場の様子はうかがえない。住民や報道陣の姿もなく、大がかりな作業が行われている雰囲気は感じられなかった。

 一方、現地対策本部が置かれる関川村民会館では、養鶏場から戻った車両のタイヤを消毒するため、消石灰が敷地内にまかれた。長靴やポリバケツなど、作業に使うとみられる用具が運び込まれた。

 29日未明からの作業を終え、午前10時半ごろに村民会館に戻った村上市職員男性(28)は「鶏をケージから1匹ずつ出す仕事をした。あまりにも数が多くて、なかなか作業が進まなかった」と疲れた表情を浮かべた。

 大型重機で鶏を埋める穴を掘る仕事を夕方まで行った村上市の男性(62)は「地面がぬかるんでいて、簡単じゃなかった。30日も朝から作業です」と話した。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20161130294174.html

関川の鳥インフル 住民不安広がる 県は生活への影響否定【新潟日報モア2016年11月30日】
 鳥インフルエンザの確認を受け、県は29日、関川村で住民説明会を開いた。村民たちは飲用している地下水への影響などの不安を口々に訴えた。周辺自治体も住民や養鶏業者に注意を呼び掛けている。

 関川村で午前8時から開かれた住民説明会には村民約30人が参加した。村民からは、農業への影響や地下水を通したウイルス感染を懸念する質問が相次いだ。

 村内で野菜や花卉(かき)を生産する60代の男性によると、作物への直接の影響はないとの説明を受けたという。男性は「消費者には不安があり、販売への影響は避けられない。行政にはしっかり対応してほしい」と風評被害への対策を求めた。

 ウイルスの人体への影響に関する質問も多く上がった。養鶏場周辺には地下水を飲料用に使う地域もあり、ウイルスが地下水に混入しないかを懸念している。自営業の女性(58)は説明会後、「感染の可能性は低いということなので、とりあえず安心したい」と語った。

 隣接する胎内市では市内全戸に設置されている防災無線で「鳥の死骸を見つけたら連絡してほしい」などと呼び掛けた。子どもたちには、鳥への接触を避けるよう学校を通じて注意を促した。

 新発田市は市内の養鶏業者に対し、野鳥が養鶏場敷地内に入らないようにすることや、鶏舎への出入りの際は消毒を徹底することなどを求めた。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20161130294154.html

http://archive.is/YyBvz
http://archive.is/txlul
http://archive.is/SvczP
http://archive.is/0xLA1
http://archive.is/FO1aM
http://archive.is/MOVbh
http://archive.is/YiciU
http://archive.is/4friI
http://archive.is/ch0jU
関川で鳥インフルを確認 高病原性、養鶏31万羽を処分【新潟日報モア2016年11月29日】(鳥インフルエンザ新潟県関連29日分まとめ)
鳥インフルエンザ 青森と新潟、毒性強いH5型検出 計32万羽殺処分【毎日新聞2016年11月29日】(鳥インフルエンザ青森県新潟県総合29日分まとめ)
posted by BNJ at 22:19 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ふれあい白鳥デー」の再開断念/おいらせ【Web東奥ニュース2016年11月30日】

 全国各地で鳥インフルエンザの感染が判明していることを受け、青森県のおいらせ町観光協会(北向晃会長)は29日までに、8年間中止しているイベント「ふれあい白鳥デー」の本年度の再開を断念することを決めた。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20161130020179.asp

http://archive.is/C84Nv
青森・鳥インフル アヒル埋却作業開始【Web東奥ニュース2016年11月30日】(鳥インフルエンザ青森県県関連30日分まとめ)
posted by BNJ at 22:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森・鳥インフル アヒル埋却作業開始【Web東奥ニュース2016年11月30日】(鳥インフルエンザ青森県県関連30日分まとめ)

深さ4メートルの穴に殺処分した食用アヒルの入った袋を下ろす作業員=30日午前9時半ごろ、青森市
 青森市の家禽(かきん)農場でH5型鳥インフルエンザに感染した食用アヒル(フランスガモ)が確認された問題で、県は30日午前8時、同農場から約400メートル離れた市有地で、殺処分したアヒル1万8360羽を土中に埋める作業を開始した。埋却作業は、鳥インフル発生の判定から72時間以内に当たる12月1日午後9時45分までの終了を目標に、急ピッチで進める。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20161130020209.asp

鳥インフル、殺処分のアヒル埋却 青森、1万8千羽【共同通信2016年11月30日】
 青森市の農場で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、青森県は30日、殺処分したアヒル1万8千羽を埋める作業を始めた。12月1日までかかる見込み。
http://www.47news.jp/PN/201611/PN2016113001000903.html

アヒルの殺処分が終了 2日間で埋設【デーリー東北2016年11月30日】
 アヒルを飼育している青森市の農場で28日に高病原性鳥インフルエンザが発生した問題で、青森県は29日、国の指針に基づき、同農場の全1万8360羽を殺処分した。30日から同農場の南に約400メートル離れた市有地に埋設する方針で、12月1日までに全作業を終える予定。鶴田町では29日に死んだ野生のオオハクチョウ1羽から鳥インフルエンザウイルスが検出された。県は感染拡大に警戒を強め、引き続き、防疫対策に全力を挙げる。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20161130/201611290P159668.html

<鳥インフル>青森殺処分 感染ルート解明へ【河北新報オンラインニュース2016年11月30日】
殺処分のためアヒルを捕獲する県職員=29日午前8時30分ごろ、青森市内(青森県提供)

 青森市内の家禽(かきん)農場で飼育されていた食用アヒル(フランスガモ)から強毒性のH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、青森県は29日未明から、農場の全1万8360羽の殺処分を実施し、同日夜までに終えた。国と県による疫学調査チームが同日、現地調査をして感染ルートの解明を急ぐ。
 農場では県職員234人が29日午前0時25分から4班体制で殺処分を開始。午後8時5分に全羽の処分を完了した。敷地内では、白い防護服にゴーグル姿の県職員が殺処分したアヒルを詰めた袋を積み上げた。袋詰めしたアヒルは、ウイルス確認から72時間以内に近くの市有地に埋却処分する予定。
 県は農場の半径3キロ圏内を家禽や卵の移動制限区域に、10キロ圏内を搬出制限区域として区域外への持ち出しを禁じている。移動制限区域では4農場で約1万4000羽、搬出制限区域では3農場で約40万羽が飼育されている。
 県は3キロ圏の4農場に加え、発生農場から種卵の移動があった青森市内の1農場(約7880羽)で臨床・ウイルス検査を実施。臨床検査で異常はなかったが、ウイルス検査の結果は出ていない。
 農場外への感染防止を図るため、農場から10キロ圏の5カ所に畜産関係の車両を対象にした消毒ポイントを開設した。
 鳥インフルエンザが発生した農場では27日から28日朝にかけてアヒル10羽が死んでいるのが見つかり、県に連絡。県の簡易検査で陽性反応があり、青森家畜保健衛生所による遺伝子検査でH5型鳥インフルエンザの可能性が高いと判定された。

 青森県は29日、鶴田町で24日回収されたオオハクチョウ1羽の死骸から、A型鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。県内で野鳥からの検出は2011年3月以来となる。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161130_23013.html

<鳥インフル>青森の養鶏業者 風評対策を【河北新報オンラインニュース2016年11月30日】
高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された農場で食用アヒルの殺処分を行う県職員ら=29日午前10時35分ごろ、青森市

 青森市の家禽(かきん)農場で飼育されていた食用アヒル(フランスガモ)から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。青森県内で家禽類への感染が確認されたのは初めて。
 同市と隣接する青森県蓬田村で養鶏場を営む坂本佐兵衛さん(64)は「驚きはしたが、起こり得ること。秋田や岩手で陽性反応が出た報道を見てから、車両消毒装置などを使って対策を強化している」という。搬出制限区域内のため「新しい採卵用の鶏を入れられないので長期化すると困る」と話す。
 県養鶏協会の担当者は「(県内の)家禽では初めてなので驚いた」としつつも、「小動物や渡り鳥と鶏が接触しないよう管理の徹底を呼び掛けている」と会員に周知を図る。
 ブランド地鶏「青森シャモロック」を飼育、加工販売する同県五戸町の業者は風評被害を懸念。「年末にかけて需要が高まる時期なので影響が心配だ。取引先から安全証明書を出してほしいと言われることもある。国や県は風評被害が起きないように情報発信してほしい」と語った。
 青森市に隣接する平内町は県内有数のハクチョウの渡来地で、今冬も既に約90羽が飛来している。町は鳥インフル発生を受け、30日、観察所に靴底のふんを取り除くための消毒トレーを設置する。餌やりは十和田湖のハクチョウからウイルスが検出された2008年以降自粛している。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161130_23014.html

<鳥インフル>対策万全もガードできず【河北新報オンラインニュース2016年11月30日】
鳥インフルエンザウイルスが見つかった青森市の農場周辺で車を消毒する人=29日
拡大写真
 経営する農場で鳥インフルエンザが発生した青森市の食肉生産加工会社の社長は「近隣住民や同業他社に迷惑を掛けてしまった。申し訳ない気持ちでいっぱい」と肩を落とす。
 約10年前の鳥インフルエンザウイルス上陸時から衛生管理を徹底。農場内はウイルスを消失させる効果のある消石灰をまき、鶏舎窓には目の細かい金網を設置。農場に入る際は専用の長靴に履き替え、靴底を消毒液に浸す。
 ウイルスを媒介するネズミ対策は専門業者が実施。今夏は屋根、金網など鶏舎の破損箇所の修理にも取り組んだ。「ネズミ、カラスの侵入対策は万全だったが、100%ガードすることができなかった。非常に残念」と語る。
 同社は経営する6農場のうち、発生農場を含む2カ所と、1カ所に併設するふ化場の運営を停止、検査している。他の農場は10キロ圏外にあるが、共用する処分場の検査が終わるまでは出荷を停止するという。
          ◇         ◇         ◇
 青森市内の家禽(かきん)農場で飼育されていた食用アヒル(フランスガモ)から強毒性のH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、青森県は29日未明から、農場の全1万8360羽の殺処分を実施し、同日夜までに終えた。国と県による疫学調査チームが同日、現地調査をして感染ルートの解明を急ぐ。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161130_23015.html

【鳥インフル】グッタリ作業8時間…「二度とやりたくない」 殺処分終えた職員ら、疲労濃く【産経ニュース2016年11月30日】
食用アヒルからH5型の鳥インフルエンザウイルスを検出した青森市の家禽農場に集まる関係者=29日午前9時47分
 食用アヒルからH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された青森市北部の農場では29日午後、殺処分の作業を終えた青森県の職員が重い足取りでタクシーやバスに乗り込んだ。8時間作業した20代の男性職員は「きつかった。二度とやりたくない」と疲れ切った様子だった。

 職員らは防護服の上から消毒液を噴射されていた。ある男性職員は「鳥を運ぶ袋が足りなくなるなど、初めてのことで準備不足もあったが、みんな一生懸命だった」と話した。

 殺処分は午後8時すぎに全て終了。県の幹部は「(ウイルスの確認から)目標だった24時間以内に処分できて良かった。引き続き早期の収束に向けて取り組みたい」と前を向いた。

 一方、新潟県関川村の養鶏場で約31万羽の殺処分を進める同県。29日午後の対策会議後、報道陣の取材に応じた米山隆一知事は「今のところ大きな混乱はない」と引き締まった表情を見せた。
http://www.sankei.com/affairs/news/161130/afr1611300008-n1.html

鳥インフル 農家困惑「風評が心配」 青森【産経ニュース2016年11月30日】
 鳥インフルエンザウイルスの検出を受け、県内の農業関係者には「初の経験」「風評被害が心配」と戸惑いが広がった。

 農場近くの臨時拠点に集まった県庁職員は、健康診断を受けてから現場へ。約50人ずつ8時間交代で、二酸化炭素を入れたバケツ状の容器にアヒルを閉じ込めて殺処分する作業を続けた。農場の男性経営者は「県の指示に従って、粛々と対応する」と言葉少なだった。

 現場に近い蓬田村の養鶏組合は、家畜保健衛生所の指導で、野鳥と接触しないよう注意を払ってきた。担当者は「消毒を徹底しており拡大しないと思うが、風評被害が出れば死活問題だ」と不安を漏らした。

 農場から約9キロにある青森市の国道の消毒ポイントでは、県職員3人が白い防護服を着て、作業にあたっていた。
http://www.sankei.com/region/news/161130/rgn1611300013-n1.html

青森)鳥インフル、封じ込めへ懸命な作業【朝日新聞デジタル2016年11月30日】
アヒルの殺処分に用いる二酸化炭素のボンベが搬入された=29日午後0時41分、青森市四戸橋

 食用アヒル(フランス鴨〈かも〉)を飼育する青森市内の農場で発生した高病原性鳥インフルエンザ。封じ込めをはかるため、県は29日未明から同農場で飼育する約1万6500羽すべての殺処分を始めた。感染拡大と風評被害を防ぐ懸命な作業が続くなか、農場の経営者は「可能な限り対策をしてきたつもりでいたが、感染してしまい無念だ」と胸中を明かした。

 県によると、29日午後3時現在、9割弱にあたる約1万4500羽の殺処分が完了した。高病原性と判明してから24時間後の同日午後9時45分までに全羽の処分を終わらせる予定だ。

 殺処分は、約90リットルのバケツにアヒルを入れて二酸化炭素を注入し、窒息させるという方法で進められた。県がこれまで実施してきた訓練はニワトリを想定。ところが、今回初めて感染が確認されたアヒルはニワトリより一回り大きく、県幹部は「一度に処分できる数はニワトリの半分程度だ」と話す。

 29日正午までに県には鳥イン…
http://www.asahi.com/articles/ASJCY3WN0JCYUBNB00T.html

青森 オオハクチョウから鳥インフルエンザ【日テレNEWS24 2016年12月1日】
防護服を着用し、養鶏場に向かう担当者=30日午前、関川村
防護服を着用し、養鶏場に向かう担当者=30日午前、関川村
続く緊張 殺処分休みなく
関川・鳥インフル

 関川村の養鶏場の鶏からH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、同村では30日も殺処分が続けられた。

 30日午前10時ごろ、関川村の養鶏場で鶏の処分を担当した県職員が、現地対策本部の村民会館に次々と戻ってきた。

 県農林水産部の島田光幸さん(42)は「鶏舎内での作業は上下の動きが多く、腰の痛みを訴える職員が多かった。ほぼ休まず作業したので、非常に疲れた」と話した。県統計課の石橋誓さん(24)は「初めてやる作業なので戸惑いはあったが、重要な仕事なので責任感を持って臨んだ」と述べた。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20161130294212.html

http://archive.is/OcUwf
http://archive.is/iKOUI
http://archive.is/3Zjuh
http://archive.is/bTByA
http://archive.is/Sdv82
http://archive.is/0f5ae
http://archive.is/7fZaJ
http://archive.is/zIzxO
http://archive.is/CxPvx
http://archive.is/zwE5i
アヒル殺処分開始/青森・鳥インフル【Web東奥ニュース2016年11月29日】(青森県鳥インフルエンザ関連29日分)
鳥インフルエンザ 青森と新潟、毒性強いH5型検出 計32万羽殺処分【毎日新聞2016年11月29日】(鳥インフルエンザ青森県新潟県総合29日分まとめ)
posted by BNJ at 22:08 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥獣保護で新たな計画案 県、泡瀬干潟を守る連絡会要請に【琉球新報2016年11月30日】(ラムサール条約)

県自然保護課の金城賢課長(左から2人目)に要請書を手渡す小泡瀬干潟を守る連絡会のメンバーら=30日、県庁
 泡瀬干潟を守る連絡会の小橋川共男共同代表らは30日、湿地保全に関する国際条約であるラムサール条約に沖縄市の泡瀬干潟を登録するため、県自然保護課に協力を要請した。

 県は同条約に登録されるには(1)湿地の重要性の国際基準への該当(2)国による鳥獣保護区の指定(3)地元住民などの登録への賛意―が必要とし、現在は第12次鳥獣保護計画案を作成中であるとした。本年度内に計画案をまとめ、2017年度には関係市町村に正式な意見照会を求めるほか、パブリックコメントを実施する計画を明らかにした。

 同会の前川盛治事務局長は、登録には地元沖縄市の意向が鍵を握ると指摘。また、18年にドバイで開かれる「ラムサールCOP13」での登録を目指すなら、まずは第12次鳥獣保護計画の早期実現が不可欠であると訴えた。【琉球新報電子版】
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-403710.html

http://archive.is/6JCAz
posted by BNJ at 21:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ鴨生田上池で一休み 特別天然記念物 [福岡県]【西日本新聞2016年11月30日】

鴨生田上池に飛来した2羽のコウノトリ=29日午後1時ごろ

 直方市と宮若市の境にある鴨生田上池に国の特別天然記念物のコウノトリ2羽が飛来した。コウノトリは、絶滅が危惧されており、筑豊地区に飛来するのは珍しい。野鳥愛好家らが、水が引いた池を歩く姿などにカメラを向けている。

 数日前からの目撃情報もあるが、直方市畑の福岡野生動物保護センター獣医師、網野泰蔵さん(74)は、29日午前10時ごろ、魚を捕っているコウノトリを見た。「2羽とも足輪があるため、放鳥されたのではないか」と網野さん。

 コウノトリの保護増殖、野生復帰に取り組む兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)は、2005年から41羽のコウノトリを放鳥。今回飛来したコウノトリはそのうちの2羽の可能性があるという。14年8月には行橋市でも確認されている。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikuhou/article/292484

コウノトリ 鴨生田池に2羽飛来 /福岡【毎日新聞2016年12月1日】
鴨生田池に飛来したコウノトリ
 直方市と宮若市の境の鴨生田池に国の特別天然記念物、コウノトリが2羽飛来した。水を抜いた池で体を休めたり、魚を取ったりして優雅な姿を見せている。

 水が少なくなった池は、サギ類も多くやってきて餌の魚を狙う野鳥の“宝庫”。コウノトリには足輪が付いており、白い体に黒い尾が際立つ。28日に飛来が確認され、29日には、野鳥の会メンバーやアマチュアカメラマンが池の端にずらり。望遠レンズを構えた男性は「宗像市や下関市でも確認されたが、2羽同時にいるのは珍しい」と2羽をカメラで追っていた。

 コウノトリの増殖、野生復帰に取り組む兵庫県豊岡市のコウノトリの郷公園によると、国内で野外に生息するコウノトリは98羽で、福岡県でも約50件の目撃情報がある。千葉県野田市、福井県も放鳥しているが、その個体にはGPSが付けられており、鴨生田池の2羽は同公園で放鳥されたとみられる。【武内靖広】

〔筑豊版〕
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k40/040/442000c

http://archive.is/nAr2o
http://archive.is/uOrnR
posted by BNJ at 21:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ 今年もここに来ました 奈良・ガマ池 /奈良【毎日新聞2016年11月30日】

 奈良市今市町の「ガマ池」に国の特別天然記念物・コウノトリが飛来し、日報連奈良支部会員の平内幸雄さん(74)=同市=がカメラに収めた。兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市)によると、昨年の同時期に近くの広大寺池(同市池田町)を訪れていた雌。同公園は「周辺環境が良く、餌場として気に入ったので再訪したのでは」としている。【川畑展之】

 平内さんが26日午前7時半ごろ、黒と白の美しいコントラストを持つ羽を広げて飛び立つ姿、池で餌をついばむ様子などを撮影した。

 同公園によると、写真の足輪の色から、2013年4月に京都府京丹後市の人工巣塔で生まれた雌と判明。昨年11月から約2カ月間、ガマ池の南約100メートルの広大寺池に滞在し、今年1月下旬に豊岡市に戻ったことが確認されていた。

 日本野鳥の会奈良支部や市民団体「コウノトリ湿地ネット」などによると、今月3日以降、広大寺池や京都府木津川市などで複数回、この雌の目撃情報があったという。

 ウオーキングも兼ねて付近に約30回通って撮影したという平内さんは「羽を広げると模様が美しく優雅。今年も来てくれて良かった。コウノトリが訪れる環境が守られているからだと思う」と話していた。
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k29/040/599000c

http://archive.is/ClXsP
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 21:55 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ飛来する湿地帯着工【NHK NEWS WEB2016年11月29日】(福井市)

福井市内の日野川流域を浸水被害から守るとともに、コウノトリなどの生き物が飛来する湿地帯を作ろうという工事の着工式が行われました。
着工式は福井市竹生町の日野川の河川敷で行われ、工事関係者など20人あまりが出席しました。
式では、初めに国土交通省福井河川国道事務所の中村圭吾所長が、「県内の各河川で防災に向けた整備を進めているが、日野川では治水と環境の両立を目指した取り組みを行っていきたい」と挨拶しました。
このあと、工事の概要が説明され、増水した際の川の水位を下げるために河川敷を3.4キロにわたって最大で約6メートル掘る工事を行い、掘る幅や深さを調整することでコウノトリをはじめとした多様な生き物が生息する湿地帯を流域につくれることなどが示されました。
そして、出席者がくわ入れをして工事の安全を祈願しました。
福井河川国道事務所によりますと、戦後最大規模の洪水が起きると想定した場合、現状では今回、工事が行われる付近一帯で、1500ヘクタール、約9400戸で浸水被害が出ると想定されていますが、工事により浸水被害はなくなるということです。
11月29日 18時58分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukui/3054642191.html

http://archive.is/68Vil
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 21:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鍋に串焼き、カモを堪能 加賀調理師会が勉強会【北國新聞2016年11月30日】

カモを使った料理を堪能する出席者=加賀市大聖寺東町

 県調理師会支部加賀調理師会の「本鴨(ほんがも)を食す勉強会」は29日、加賀市大聖寺東町の加賀料理ばん亭で開かれ、旅館関係者ら55人が、藩政期から加賀に伝わる冬の味覚を堪能し、味付けや盛り付け方などを学んだ。

 カモを使った鍋や串焼きが振る舞われ、同店の水口清驕iきよたか)会長(70)が「各部位のおいしさを味わって」と声を掛けた。地元産のブランド野菜「加賀九谷野菜」や橋立漁港で水揚げされた魚も、鍋や刺し身の食材として使われた。

 加賀調理師会の大丸谷幸三会長があいさつし、宮元陸市長が祝辞を述べた。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20161130103.htm

http://archive.is/X2p2k
posted by BNJ at 21:45 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県、鳥インフル対策会議 感染防止策の指導徹底へ【読売新聞2016年11月30日】(大分県)

 新潟、青森県で飼育されている鶏などから鳥インフルエンザの陽性反応が出たのを受け、大分県は29日、県庁で対策会議を開いた。県畜産振興課と県内4家畜保健衛生所の職員がテレビ会議形式で実施。養鶏農家に対する感染防止策の指導を徹底することを確認した。

 同課によると、飼育された鶏の場合、ウイルスを保有した野鳥や、野鳥のふんを食べた野生生物との接触などが感染の原因になるという。このため、養鶏農家には野鳥との接触を防ぐ防鳥ネットに破損がないか確認を求め、鶏舎への野生生物の侵入を阻止する措置の徹底などを促す。

 異常の早期発見につなげるため、県民に対しては、死亡した野鳥を見つけたら素手で触らず、最寄りの市町村や家畜保健衛生所に連絡するよう呼びかける。

 県によると、県内には100羽以上を飼育している養鶏農場が177か所ある。県内では2004年に九重町で、11年に大分市で鳥インフルエンザの発生事例があった。
http://www.yomiuri.co.jp/local/oita/news/20161129-OYTNT50038.html

鳥インフルエンザ「農家へ対策徹底を」 県がテレビ会議 /大分【毎日新聞2016年12月1日】
 鳥インフルエンザの発生が青森県と新潟県で確認されたことを受け、県は情報交換のため緊急のテレビ会議を開き、予防に向けた対策を養鶏農家に徹底させることを確認した。

 県庁の畜産振興課と大分、豊後大野、玖珠、宇佐の4家畜保健衛生所を、テレビ回線で直結。同課は、最新情報の確認などを定めた管理基準、野鳥や野鳥のふんを運ぶネズミなどの侵入対策、鶏に異常があった場合の早期通報などを、農家に徹底するよう指示。各家畜保健衛生所は、農家への指導や訓練の実施状況を報告した。

 県が対応する「100羽以上を飼育する養鶏施設」は、姫島村を除く17市町に177カ所ある。このほか市町村が対応する100羽未満の施設は約4000カ所に上り、県は市町村と連携して鳥インフルエンザの予防に全力を挙げる。県内では2004年に九重町、11年に大分市で鳥インフルエンザが発生している。【池内敬芳】
http://mainichi.jp/articles/20161201/ddl/k44/040/368000c

http://archive.is/mV25U
http://archive.is/RbiXv
posted by BNJ at 13:20 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐賀県、鳥インフル関係機関緊急会議 警戒強める「予防徹底、迅速対応を」【佐賀新聞LiVE2016年11月30日】(他1ソース)

鳥インフルエンザ予防のポイントや発生時の対応手順を確認した緊急会議=佐賀県庁
 新潟県や青森県の農場で高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)が確認されたのを受け、昨年1月に西松浦郡有田町で発生した佐賀県や県内の養鶏農家、JAなど関係機関が警戒を強めている。県は29日、農業団体や養鶏関係業者を集めた緊急防疫対策会議を開き、予防策の徹底や発生時の速やかな通報と対応を呼び掛けた。

 H5N6亜型は10月下旬以降、韓国の西部を中心に発生が続く。会議にはJAや養鶏団体などから35人が出席、県の担当者は今月中旬に鹿児島県出水市の渡り鳥のナベヅルにも被害が広がりつつあるなど国内の情勢を報告した。

 ウイルスを持ち込む野鳥などの侵入を防止するネットの設置状況確認や鶏舎の消毒、出入り口などへの消石灰散布を促し、発生時の防疫手順の確認や殺処分後の埋却地の確保も求めた。

 JAグループ佐賀の食鳥事業を手掛ける「JAフーズさが」は、契約農家29戸730万羽に消毒と消石灰の散布頻度を増やすよう指導した。約3カ月分に相当する消石灰(20キロ入り)1千袋と消毒液(20リットル入り)50缶を確保した。

 会議に参加した食肉加工業者は「県内で発生した時の記憶があり、農家も不安を抱えている。われわれも鶏舎に出入りする車両の消毒などできることをやっていくしかない」と表情を曇らせた。県畜産課の山田雄一課長は「韓国や国内各地で発生している状況が有田の時と似ていて、時期が早くなっている。早めの対策で最大限の警戒をもって防疫に当たっていただきたい」と話す。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/381769

佐賀)県でも鳥インフル対策会議 青森・新潟の発生受け【朝日新聞デジタル2016年11月30日】
 青森・新潟両県で、ニワトリなどから鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受けて、佐賀県庁でも29日、緊急防疫対策会議が開かれた。JAや家畜保健衛生所など関係団体の担当者が集まり、国内外での発生状況や予防対策について確認した。

 2県の発生を受け、農林水産省がこの日、各都道府県に予防や監視を強めるよう通達。それを受けて県も会議を開いた。会議では11月以降、韓国のほか、国内でも鹿児島県や秋田県などの野鳥からウイルスが確認されていること、青森、新潟両県で現在、鳥の殺処分が進んでいることを県が説明した。その上で、県内でも鶏舎に消毒用の石灰をまいたり、野生動物の侵入を防ぐためのネットを設置したりするなど、防止対策を徹底するよう求めた。

 県内では15年1月、有田町の養鶏場で発生し、約7万3千羽のニワトリが殺処分された。県畜産課の山田雄一課長は、冬にかけて他県で発生が相次いでいる点が当時と同じだとして、「渡り鳥の飛来でいつ県内に入ってくるかわからない。最大限の警戒が必要」と述べた。
http://www.asahi.com/articles/ASJCY4TSJJCYTTHB008.html

http://archive.is/1Wk4p
http://archive.is/3IV1r
posted by BNJ at 13:18 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル 異常なし【読売新聞2016年11月30日】(香川県)

消石灰をまく試験場の職員(三木町で)
 ◇県対策会議 全農場に消毒薬

 青森県や新潟県の養鶏場でフランス鴨がもや鶏が死に、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出た問題を受け、県は29日、職員ら約30人を集めて臨時の対策連絡会議を開いた。

 畜産課やみどり保全課などの担当者が参加。同日、鳥類を飼育する県内の全194農場に電話で聞き取り調査を実施したところ、異常は確認されなかったことが報告された。職員らは「ウイルスが確認されても、可能な限り迅速な対応で被害を最小限に食い止めなければならない」と危機感を共有した。

 畜産課家畜防疫主幹の光野貴文さんは会議後、「四国に近い中国地方でも野鳥の感染が確認されており、危機感を覚えている」と話した。

 今後、県は農家との連絡を密にするほか、全農場に消毒薬を配布して緊急消毒を実施してもらう。

     ◇

 ブランド肉の研究用として鶏約2000羽を飼育している県畜産試験場(三木町下高岡)では29日、ウイルスの侵入を防ぐため、鶏舎の周りに消石灰約900キロを散布。同試験場の田中隆場長は「渡り鳥が飛来するシーズンに入り、ウイルスの感染リスクも高まっている。鶏に感染させないよう、毎日の観察に力を注いでいきたい」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kagawa/news/20161129-OYTNT50129.html

http://archive.is/vaCQV
posted by BNJ at 13:15 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滋賀 鳥インフルで県緊急会議 全52農場に異常なし【中日新聞2016年11月30日】

 新潟県や青森県で鳥インフルエンザが確認されたことを受け、県は二十九日、県庁横の県危機管理センターで関係部局や土木事務所の担当者を集めた緊急の対策会議を開いた。

 県内でニワトリなど百羽以上を飼育する五十二農場すべてで異常がなかったことを報告。これまでの鳥インフルエンザの発生状況や監視体制の強化、県内で発生した場合の防疫措置などを確認した。県は死亡した野鳥を発見した際に市町や近くの県森林整備事務所に連絡してもらうよう周知を図っていく。

 会議後、県畜産課の井口信行課長は「養鶏農家の巡回で異常がないかなどを確認し、徹底した予防をしたい」と話した。

 県はホームページで鳥インフルエンザに関する注意事項を発信する。

 (堀尾法道)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20161130/CK2016113002000018.html

ファイル 県が鳥インフルエンザ警戒 /滋賀【毎日新聞2016年12月1日】
 県は29日、鳥インフルエンザ対策会議幹事会を開催した。聞き取り調査の結果、100羽以上飼育する養鶏農家50戸と農業高校2校に異常はなかったという。
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k25/010/570000c

http://megalodon.jp/2016-1130-1313-05/www.chunichi.co.jp/article/shiga/20161130/CK2016113002000018.html
http://archive.is/qmubY
posted by BNJ at 13:13 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉県、きょう緊急会議 防止対策呼び掛け 高病原性鳥インフル検出【千葉日報ウェブ2016年11月30日】(他1ソース)

 全国有数の養鶏県である千葉県にも緊張が走っている。県は29日、野鳥などの侵入防止対策の点検を呼び掛けるとともに、市町村の担当者らを集めた緊急会議を行うことを決めた。

 県畜産課によると、養鶏農家などに広報紙を送り、ウイルスの検出情報や感染経路を周知したほか、防鳥ネットなど野鳥侵入防止対策の点検と補修を呼び掛けている。

 緊急会議はきょう30日午後1時半から、県庁に市町村や県の農業事務所の担当者を集めて開く。国内外での発生状況や夜間・休日に発生した場合の連絡体制を確認する。連絡用の名簿ができた後に訓練も予定している。

 県内では2011年3月、千葉市若葉区の鶏卵農家と食肉用のブロイラー農家で鳥インフルエンザの発生が2例あり、両農家で飼育していたすべての鶏、計9万7千羽を殺処分した。

 千葉県は君津地域を中心に鶏卵の生産が盛んで、農家数、飼育羽数、生産高ともに全国2位。鶏卵農家は155戸で1190万羽の採卵用鶏がいる。ブロイラー農家は26戸で177万羽飼育している。
http://www.chibanippo.co.jp/news/national/368663

鳥インフル、新潟・青森で殺処分 千葉県内も23年に検出…教訓踏まえ防疫協定や研修、対策強化【産経ニュース2016年11月30日】
 新潟、青森両県で養鶏場のニワトリなどから強毒性で大量死につながるおそれのあるH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、両県では29日、ニワトリなどの殺処分が相次いだ。本県内の養鶏場では平成23年3月以来、ウイルスの検出はないが、関係者の間では県内での発生を警戒する動きも。県は前回発生時の課題を踏まえ、ハード・ソフト両面で対策を強化し、万が一の事態に備えている。

 県家畜衛生対策室によると、千葉市若葉区の採卵養鶏場で死んだニワトリからH5N1型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは、23年3月12日。前夜突然死していた2匹のニワトリに、とさかが青紫色になるチアノーゼや顔面の腫れといった異常症状が確認された。検査を行ったところ、死んだ2羽に加え、別の1羽からもウイルスを検出。県が翌13日、対策本部を設置した。

 ウイルスはその後、別のブロイラー(肉用鶏)養鶏場でも見つかり、2カ所で計約9万7千羽を殺処分。農家には国から補償金として約5800万円が支払われたが、卵や餌も汚染されたとして処分されたため、被害額はさらに上回るとみられるという。

 県内の26年2月現在の採卵鶏の飼養戸数や成鶏雌の羽数は全国2位。国内有数の一大養鶏地域として知られる本県は23年の発生を受け、鳥インフルエンザ対策の強化に取り組んできた。ウイルスを持った野鳥やウイルスを媒介するおそれのあるネズミやタヌキといった小動物の侵入を防ぐための防鳥ネットや鶏舎の改修、消毒を呼びかけるなどしている。中でも、冬場は小動物が暖を求めてすき間などから鶏舎内に入り込む実例が多く寄せられているといい、各農家に鶏舎の修繕の徹底を訴えている。

 また、前回は発生が東日本大震災の直後だったため、物資や人手不足に悩まされた苦い経験がある。当時を知る県の担当者は「節電などで電気も乏しい中、職員らが不眠不休で対応に当たっていた」と苦々しく振り返る。

 県ではそういった教訓を踏まえ、有事の際などにウイルスが発生した場合に備えた「防疫対策業務協定」を県の建設業やトラック協会など8団体と締結。防疫資材や家畜の運搬や、消毒などの作業時における物資や人材の確保を取り決めた。

 また、指揮系統の不備の改善に向け、農家や県職員に向けた研修などの教育体制にも尽力している。県の担当者は「ハード、ソフトの両面で対策を強化し、迅速な対応ができるよう万全の準備を整えておきたい。農家の方々には、ニワトリの突然死が相次ぐといった異変が見つかった場合には、すぐに家畜保健衛生所に連絡してほしい」としている。
http://www.sankei.com/region/news/161130/rgn1611300047-n1.html

http://archive.is/zrgoH
http://archive.is/0RbK5
posted by BNJ at 12:18 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【新潟と青森32万羽殺処分】鳥インフル、群馬県内も不安視【産経ニュース2016年11月30日】

 ■防疫対策会議「早期通報と消毒」確認

 新潟、青森両県の養鶏場で鳥インフルエンザウイルスが確認され約32万羽の殺処分が始められたのを受け、県は29日、県内の生産者や食鳥処理などの関係団体を集め、現状や今後の対応について話し合う防疫対策会議を開催した。関係者からは「隣県で起きたことだけに、鳥インフルは県内でいつ起きてもおかしくない」と不安の声が上がっている。

 会議には関係者約40人が参加し、県は新潟、青森の鳥インフル発生状況を報告した。いずれも検出されたのは、H5亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスで、強毒性があり鳥の大量死につながるもの。

 国内では、鳥インフルにかかった肉や鶏卵を食べた人への感染はこれまで確認されていないが、海外では生鳥市場などで日常的に濃厚接触して感染したとする報告もある。

 両県は当該農場の飼育家禽(かきん)の殺処分を始めたほか、農場から半径3キロ以内は移動制限区域、3〜10キロ以内は搬出制限区域に設定するなど感染拡大防止の措置を取っている。

 今月は秋田や岩手、鹿児島など各地で野鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されており、県畜産課は「県内でも十分注意が必要」としている。

 発生を受け県は、同日、養鶏農家に情報を周知し、各地域の家畜保健衛生所の所長を集めた緊急会議も開催した。ネット設置などで飼育場に野鳥が入らないようにする▽異常があった場合、早期に通報▽農場出入り口での消毒徹底−などを呼びかけている。

 ニワトリなどを100羽以上を飼育する養鶏農家から週1回寄せられる情報では現在のところ異常はなく、県内の野鳥からもウイルスは検出されていない。

 養鶏農家から生鳥を仕入れて加工、配送している「クリチク」(伊勢崎市)の原料部集鳥課の堀江浩課長は、「新潟で起きているので、いつ県内で起きてもおかしくない、とピリピリしている。発生したら仕事が止まってしまう」と不安を隠さず、「気付かないうちにウイルスを持ってきてしまうのが怖い。車両の消毒や従業員の消毒を徹底したい」と話した。
http://www.sankei.com/region/news/161130/rgn1611300027-n1.html

鳥インフルを防げ 関係団体が緊急会議 【上毛新聞2016年12月1日】
 青森県と新潟県で相次いで高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、群馬県は29日、関係団体による緊急の防疫対策会議を県庁で開いた。

生産者や獣医師、食肉処理業者ら約40人が集まり、農場出入り口での消毒の徹底や野生動物の侵入防止といった各種対策を再確認した。

鳥インフルエンザの予防策などを再確認した対策会議
http://www.jomo-news.co.jp/ns/9014804683828278/news.html

http://archive.is/QTxZe
http://archive.is/ICeE2
posted by BNJ at 12:14 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「発生しないこと願うのみ」 鳥インフルに動物園や養鶏場危機感 栃木県内【下野新聞SOON2016年11月30日】(他1ソース)

 新潟、青森両県で検出された高病原性の鳥インフルエンザウイルス。県内の動物園や養鶏場は感染の広がりを懸念し、危機感を募らせている。関係者は戦々恐々としながらも、消毒徹底や防鳥ネット設置といった対策に腐心している。

 宇都宮市上金井町の「宇都宮動物園」。トキやツルなど約20羽が住む「トリ舎」の通路は通常、来園客が歩けるが、11月中旬から閉鎖した。

 荒井賢治(あらいけんじ)園長(52)は「今年は流行が早い」と感じる。

 対策を講じているが、100%の対策はない。「発生しないことを願うのみ」と荒井園長。「『動物園は危険』と避けられてしまうのが一番怖い」

 宇都宮市針ケ谷町の養鶏場で約2万5千羽の鶏を飼育する鶏卵生産販売業「卵明舎」。寺内昌文(てらうちまさふみ)代表(62)は「うちの鶏に感染が発生したら破産してしまう」と強い危機感を抱く。

 「鳥インフルに感染した野鳥が養鶏場にふんを落とすなどしたら…」。寺内代表は「本当に怖い」と口にした。

 一方、県は県民に対し「通常、人への感染はないので安心を」と呼び掛けている。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20161130/2525261

鳥インフルで緊急会議 栃木県、農場の防疫態勢を確認へ【産経ニュース2016年11月30日】
 県は29日、青森県と新潟県の農場の鶏やアヒルから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたのを受け、県内での発生に備えた防疫態勢の確認のため、県鳥インフルエンザ対策庁内連絡会議を緊急に開いた。

 県庁北別館で開かれた会議では、畜産振興課から、青森市のアヒル飼育農場と新潟県関川村の採卵鶏飼育農場で鳥インフルエンザが発生し、飼育鶏が殺処分され、移動、搬出が制限されていることを説明。県内の鳥インフルエンザ発生に備えた各職員の初動防疫対応を確認した。

 自然環境課の説明を含め、これまでのところ、県内に鳥インフルエンザの発生は確認されていない。県は、鶏とウズラを100羽以上飼育している農場130軒に対し、消毒や防鳥ネット設置などを確認する立ち入り検査を進めている。
http://www.sankei.com/region/news/161130/rgn1611300017-n1.html

http://archive.is/dy8De
http://archive.is/DWoYV
posted by BNJ at 12:13 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル、県が防疫徹底確認 緊急会議、養鶏業者に呼び掛け【茨城新聞2016年11月30日】

新潟県や青森県の農場で鶏やアヒルからH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、県は29日、緊急に危機管理連絡会議を開き、養鶏業者に対し、鶏舎に野鳥が侵入しないよう呼び掛けるなど防疫の徹底と、ウイルスが検出された場合の対策を確認した。

ウイルスが検出されれば全庁的な対応が必要となるため、各部の担当者約20人が出席した。

会議では、28日以降、県内全ての養鶏業者約360戸に対し、新潟県などで検出されたウイルスに関する情報を提供するとともに、鶏に異常がないか聞き取り調査を行ったことなどが報告された。これまでに県内でウイルス感染は確認されていないという。

県は、生産者が鶏舎に出入りする際の消毒や、関係者以外の入場制限の徹底をはじめ、鶏舎の周辺には定期的に消石灰を散布するなど、防疫の強化を指導している。

県内の生産者が飼育する鶏は、採卵用と肉用を合わせると、計約1530万羽に上る。鶏卵の生産量は全国1位で、年間20万トンを超えている。

2005年には、県内養鶏場で飼育する鶏から鳥インフルエンザウイルスが検出された。翌06年にかけ、当時、県内で飼育する鶏の半数に当たる約568万羽が処分された。

県畜産課は「鳥インフルエンザウイルスはどの野鳥が持っていてもおかしくない。十分な注意が必要」と警戒を呼び掛けている。      (大平賢二)
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14804283383070

http://archive.is/CCMmY
posted by BNJ at 12:09 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<鳥インフル>登米のマガンも強毒性確認【河北新報オンラインニュース2016年11月30日】(鳥インフルエンザ宮城県関連30日分まとめ)

 宮城県は29日、登米市の民家敷地内で死んでいたマガンから、強毒性のH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。県内での確認は初めて。
 見つかったマガンは21日の簡易検査で陰性だったが、その後の遺伝子検査で陽性を示し、北海道大での確定検査でH5型鳥インフルエンザと判明した。
 県は対策本部の幹事会を29日開き、対応を協議した。畜産課によると、県内で100羽以上を飼養する養鶏場は142カ所、計約700万羽。青森、新潟両県で確認された家禽(かきん)への感染を受け、28、29の両日に電話で全施設の状況を調べ、異常がないことを確認した。
 県農林水産部の横山亮一次長は「予断を許さない状況だ。関係各課で情報を共有し、しっかりと対応していきたい」と話した。
 環境省は29日、栗原市内で死んでいるのが見つかったマガンからも鳥インフルエンザウイルスの陽性反応を検出し、確定検査に回している
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161130_13016.html

県内初、鳥インフル…高病原性【読売新聞2016年11月30日】
初めて設置された鳥インフルの対策本部の幹事会(29日、県庁で)
◆対策本部を設置

 県は29日、登米市で見つかった野鳥のマガン1羽の死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5N6亜型」を検出したと発表した。高病原性の鳥インフルエンザウイルスの検出は県内初で、県は同日、対策本部を設置した。養鶏場などでの異常は現在確認されていないが、秋田や青森など東北地方で鳥インフルエンザウイルスの検出が相次いでいることから、県は警戒を強めている。

 マガンの死骸は21日、同市の民家敷地内で見つかった。県の簡易検査では陰性だったが、国立環境研究所の遺伝子検査で陽性反応が出たため、環境省は24日、発見場所から半径10キロを野鳥監視重点区域に指定。北海道大で確定検査を行った結果、同ウイルスを検出した。

 また、県などは29日、栗原市内の沼地で26日に回収したマガンの死骸の遺伝子検査でも陽性反応が出たと発表。同大で確定検査を行っている。

 こうした状況を受け、県は21、22日、100羽以上の鶏などを飼育する県内142の農場に電話で聞き取り調査を実施。今のところ大量死などの異常は確認されていないが、県は29日、知事を本部長とする対策本部を設置した。

 独自の対応レベルは5段階で一番低い「1」としたが、関係部署との連携を強化し、万が一、農場で発生した場合の被害を最小限に抑えるための準備を進める。警戒態勢は当面続ける。

 この日、対策本部の幹事会が開かれ、終了後、横山亮一・農林水産部次長は「鳥インフルエンザで東北はこれまで聖域だったが、全国で相当流行していると見られ、農家もピリピリしている。引き続き情報を共有していきたい」と話した。また、「感染したものが市場に出ることはないので安心してほしい」とも呼びかけた。

 また、県は県民に向け〈1〉野鳥や野生動物の死骸には触らず、同じ場所で大量に死んでいたら、役場などに連絡する〈2〉野鳥のフンが靴の裏や車に付くことで他地域に広がる恐れがあるので、野鳥に近付きすぎない――ことなどを注意喚起している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/miyagi/news/20161129-OYTNT50287.html

【鳥インフル】宮城・登米市で野鳥のマガンからウイルス検出【産経ニュース2016年11月29日】
 宮城県は29日、同県登米市内で見つかった野鳥のマガンの死骸から、H5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表。県は同日、対策本部を設置して関係部署による幹事会を開き、今後、感染レベルが上昇した場合の対応などを確認した。
http://www.sankei.com/life/news/161129/lif1611290051-n1.html

鳥インフル 宮城の野鳥からも検出【毎日新聞2016年11月29日】
 宮城県は29日、同県登米市の住宅地で見つかった死んだマガン1羽を調べた結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)を検出したと発表した。県は回収された場所を中心とする半径10キロ圏内での監視を強化する。県内で同ウイルスに感染した鳥が確認されたのは初めて。

 県によると、21日朝、住民が1羽の死骸を発見。県の簡易検査で陰性だったものの、国立環境研究所の検査で陽性反応が出たため、北海道大で確定検査をしていた。【本橋敦子】
http://mainichi.jp/articles/20161130/k00/00m/040/056000c

http://archive.is/smpwL
http://archive.is/9IY7U
http://archive.is/u9kyX
http://archive.is/TkAiy
posted by BNJ at 12:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル、衛生管理徹底を確認 県が緊急対策会議【山形新聞2016年11月30日】

 新潟、青森両県の養鶏場などで死亡した家禽(かきん)から高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認されたことを受け、山形県は29日、関係部局を集めた緊急の危機管理対策会議を開いた。県内では野鳥や家禽の発症は確認されていないが、家禽については24時間の通報体制を強化し、情報収集と養鶏場などでの衛生管理の徹底を指導することを確認した。

 会議では韓国での発症情報を受け、今月11日に警戒レベルを通常の1から2とし、秋田市の動物園で飼育されていたコクチョウの感染が確認されたことを受け21日には、警戒レベルを3に引き上げた経緯を説明。関係機関への注意喚起と野鳥の複数死がいの確認などの情報提供を呼び掛けていることが報告された。

 県内では492戸で約125万羽の家禽が飼養されているとされる。県はこのうち100羽以上を飼養する農場103戸を重点に、異常があった場合の早期通報や、家禽の衛生管理と健康観察の徹底を呼び掛けている。鶏舎周辺には消石灰を散布する他、野鳥や野生動物の侵入防止を徹底するよう指導することも確認した。

 県内各地の家畜保健衛生所では、常時24時間体制で家畜・家禽に関する通報受理体制を取っており、相談を含めて体制を強化する。野鳥の複数死がいの発見などに関する通報は、県内各地の総合支庁環境課で受け付け、早急に初動対応が取れるようにしている。細谷知行副知事は「情報収集と、関係部局の連携を強化し、風評被害防止のための正確な情報を県民に提供してほしい」と指示した。
http://yamagata-np.jp/news/201611/30/kj_2016113000640.php

http://archive.is/ZsChH
posted by BNJ at 12:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県、危機警戒本部設置 鳥インフル 初会合で防疫体制確認【岩手日日新聞2016年11月30日】

 青森市内の農場でアヒルから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け県は29日、危機警戒本部(本部長・津軽石昭彦県環境生活部長)を設置し、第1回会議を県庁で開いた。危機管理レベル3段階のうち、上から2番目に引き上げ、関係者が防疫措置の手順や被害が万一県内で発生した場合の対応などを確認した。

 本県では24日、盛岡市の高松の池で回収されたオオハクチョウ1羽から「H5N6亜型」の高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認された。青森市内では28日、飼養していたアヒルから高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認された。東北地方で鳥インフルエンザ感染が発生したことを受け、県は危機管理連絡会議から危機警戒本部設置に引き上げた。

 第1回会議には県関係部局や関係機関などから約30人が出席。津軽石本部長は「本県の家禽(かきん)にも感染する危険性が高まっている。万が一感染した場合に備えて速やかに対応できるよう緊張感を持って対応してもらいたい」と述べた。

 会議では防疫措置として、遺伝子検査の結果、国が高病原性鳥インフルエンザ感染の疑いが濃厚な「疑似患畜」となった場合、決定から24時間以内に殺処分、72時間以内に汚染物品の埋却完了することなどを改めて確認。10万羽の殺処分となった場合、県職員約620人の支援班を設置して、殺処分や運搬、埋却、消毒などの防疫作業に当たる。

 県によると、県内では100羽以上を飼養する養鶏場511戸で異常の有無を確認している。青森市の養鶏場と本県の鶏や飼料移動などは確認されていない。

野鳥緊急調査チームを派遣 きょうから本県入り 環境省

 環境省は29日、盛岡市でオオハクチョウ1羽からH5N6亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認されたことを受け、30日から本県に野鳥緊急調査チームを派遣すると発表した。

 調査期間は12月2日までで、野鳥調査の専門業者らが鳥類の生息状況調査や死亡野鳥調査などを実施する。結果は来月2日公表予定。
http://www.iwanichi.co.jp/ken/19578.html

鳥インフル、県が危機警戒本部【読売新聞2016年11月30日】
 青森市の農場のフランス鴨がもから高病原性とみられる鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、県は29日、指針に基づいて危機警戒本部を設置した。

 県によると、指針による危機管理レベルは3段階の2番目。会議では、青森市と新潟県の状況が報告され、県内の農場で高病原性鳥インフルが発生した場合の防疫措置の流れも説明された。10万羽の飼育規模の農場で発生した場合、県職員計620人が3交代(8時間作業)で殺処分にあたる計画案も示された。防護服などの資材の備蓄は完了している。

 県畜産課によると、100羽以上を飼育する県内の511の養鶏場のうち、8割は10万羽未満。100万羽以上は1か所のみとなっている。県は511の養鶏場に異常の有無を確認しており、29日午後5時現在、異常の報告はない。

 高松の池(盛岡市)では、オオハクチョウの死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されており、環境省は30日から3日間、緊急調査チームを派遣し、現地調査を行う。
http://www.yomiuri.co.jp/local/iwate/news/20161129-OYTNT50069.html

http://archive.is/r206w
http://archive.is/qiQYt
岩手)高松の池のオオハクチョウ、鳥インフル陽性確定【朝日新聞デジタル2016年11月29日】(岩手県鳥インフルエンザ関連まとめ)
posted by BNJ at 12:01 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苫小牧で鳥インフル陽性 回収のハヤブサから【どうしんウェブ2016年11月30日】(確定検査待ち)

 道は29日、苫小牧市内で回収された野鳥のハヤブサ1羽の死骸から、鳥インフルエンザの陽性反応があったと発表した。北大で致死率の高い高病原性かどうかを調べる確定検査を行い、結果判明まで約1週間かかる見通し。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/health/health/1-0343403.html

http://archive.is/TToLx
posted by BNJ at 11:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうひとつの動物園 守り・伝える/138 ペンギン/15止 /東京【毎日新聞2016年11月30日】(既報まとめあり)

命つなぐ最後のとりでに
 大西洋南西部のフォークランド諸島は、ミナミイワトビペンギンやマゼランペンギンなど多くのペンギンが繁殖や子育てにやってくる。1982年、同諸島の領有を巡り英国とアルゼンチンの間で紛争が起きた。ペンギンたちが集まる島や海は軍艦や航空機から漏れた燃料油で汚染され、巣を作る岩場などの繁殖に好まれる場所は、砲弾や爆撃で破壊された。砂浜には埋められたままの地雷もあるといい、紛争の傷は癒えない。

 今年10月、葛西臨海水族園ではオウサマペンギンとミナミイワトビペンギンが、春から秋にかけて過ごした冷房室から屋外展示場に戻り、プールで泳いだり岩場をジャンプしたりしていた。フンボルトペンギン、フェアリーペンギンと合わせ、展示場は5カ月ぶりに4種類がそろった。今月4日には今年生まれたミナミイワトビペンギン4羽もデビュー。幼鳥たちはトレードマークの黄色い飾り羽が生えそろっていないが、展示場は一段とにぎやかだ。

 動物園や水族館で「かわいい」と見とれるペンギンたちだが、その命を育むはずの野生の生息域には、環境問題だけでなく、国際紛争が影を落とすこともある。飼育担当の山本達也さん(30)は「動物園や水族館は最後のとりで。環境が回復するまでペンギンたちの命をつなぐ役割を担っています」と話した。【斉藤三奈子】

     ◇

 「ペンギン」は今回で終了。次回から「ライオン」を掲載します。
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k13/040/110000c

http://archive.is/sWrKe
もうひとつの動物園 守り・伝える/137 ペンギン/14 /東京【毎日新聞2016年11月23日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/136 ペンギン/13 /東京【毎日新聞2016年11月16日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/135 ペンギン/12 /東京【毎日新聞2016年11月9日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/134 ペンギン/11 /東京【毎日新聞2016年11月2日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/133 ペンギン/10 /東京【毎日新聞2016年10月26日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/132 ペンギン/9 /東京【毎日新聞2016年10月19日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/131 ペンギン/8 /東京【毎日新聞2016年10月12日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/130 ペンギン/7 /東京【毎日新聞2016年10月5日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/129 ペンギン/6 /東京【毎日新聞2016年9月28日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/128 ペンギン/5 /東京【毎日新聞2016年9月14日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/127 ペンギン/4 /東京【毎日新聞2016年9月7日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/126 ペンギン/3 /東京【毎日新聞2016年8月31日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/125 ペンギン/2 /東京【毎日新聞2016年8月24日】
もうひとつの動物園 守り・伝える/124 ペンギン/1 /東京 人気者をめぐる物語【毎日新聞2016年8月17日】
もうひとつの動物園:守り・伝える/80 ツシマヤマネコ/4 /東京【毎日新聞2015年6月10日】
もうひとつの動物園:守り・伝える/76 ライチョウ/22 /東京【毎日新聞2015年4月29日】

BirdListening 消えゆく鳥たち ヤンバルクイナ【毎日新聞2016年11月30日】

歩き回るのに適した、太い脚を持つ
 沖縄北部の山原(やんばる)地方にだけ生息するクイナの仲間で、1981年に発見された。黒い体に胸のしま模様、赤いくちばしと脚が特徴。朝や夕方に「キョキョキョキョ」とよく響く声で鳴く。外来種のマングースの影響や森林の消失、道路による生息地の分断、交通事故など、彼らを囲む環境は厳しい。<文・岡本裕子(日本野鳥の会)>
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddm/013/070/011000c

http://archive.is/LSBdr
posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄 石垣島 40年ぶりにオオハクチョウの飛来確認【NHKニュース2016年11月29日】

沖縄県の石垣島に、渡り鳥のオオハクチョウ3羽が飛来しているのが40年ぶりに確認されました。オオハクチョウの生態に詳しい専門家によりますと、国内での渡りの南限は千葉県で、およそ2000キロ離れた石垣島で確認されるのは珍しいということです。
27日の朝、沖縄県の石垣島の水田地帯にふだん見かけない3羽の鳥がいるのを農家の男性が見つけました。

日本野鳥の会石垣島支部の佐野清貴副支部長や野鳥に詳しい地元の教師によりますと、3羽は渡り鳥のオオハクチョウで、石垣島で確認されたのは昭和51年以来、40年ぶりだということです。1羽は白い羽根を持つ大人の鳥で、ほかの2羽は灰色の羽根をしているため若鳥とみられていて、草地をつついて餌を探したり、羽づくろいをしたりしていました。

オオハクチョウの生態に詳しい宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団の嶋田哲郎上席主任研究員によりますと、オオハクチョウは通常、北海道や東北地方で越冬し、国内での渡りの南限は千葉県とされていて、およそ2000キロ離れた石垣島で確認されるのは珍しいということです。嶋田上席主任研究員は「低気圧や風向きの影響で本来の行き先とは違うところへ行くことがあり、先週の寒波が影響している可能性や、モンゴルから渡って朝鮮半島で越冬するオオハクチョウがたどりついた可能性がある」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161129/k10010788711000.html

http://archive.is/dKDog
posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥の会諏訪 60周年記念講演 下諏訪で来月18日 /長野【毎日新聞2016年11月30日】(オオワシ/アホウドリ)

 創立60周年の日本野鳥の会諏訪支部(林正敏支部長、240人)は12月18日、下諏訪総合文化センター(下諏訪町)で記念講演「アホウドリの復活大作戦」を開く。山階(やましな)鳥類研究所研究員の佐藤文男さん(64)が講師を務め、国特別天然記念物のアホウドリを絶滅の危機から救う活動を紹介する。

 諏訪支部は1946年に教員を中心に結成された「諏訪探鳥会」が前身。56年に現在の名称になり、野鳥観察を通じて自然保護活動に取り組んでいる。

 佐藤さんは99年1月、衰弱して諏訪湖に落下し、保護された国天然記念物オオワシ(愛称「グル」)の回復後の放鳥に立ち会うなど、広く野鳥保護活動に取り組んでいる。講演ではアホウドリ繁殖の取り組みと成果について話す。林支部長は「貴重な話が聞けるので大勢の聴講を」と呼びかける。入場無料。問い合わせは林支部長(0266・22・8907)。【宮坂一則】
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k20/040/157000c

http://archive.is/NGXDz
posted by BNJ at 11:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷子インコ、署員に飛び乗り「保護」 宇都宮南署、飼い主待つ【下野新聞SOON2016年11月30日】

 宇都宮南署員が、署駐車場で迷子になったセキセイインコを保護した。署は期限を決めず、引き取りに訪れる飼い主を待つことにしている。

 27日午後3時20分ごろ、パトロールから戻った須藤貴之(すどうたかゆき)巡査長(28)がパトカーを誘導しようとすると、駐車場の枠の中にいるインコに目が止まった。

 体長約20センチ、羽は青く、メスとみられる。「こんなところにいたら、ひかれてる」。手を差し伸べると、逃げもせず、肩にちょこんと飛び乗った。

 人慣れしやすいことで知られるセキセイインコ。須藤巡査長は肩に乗せたままパトカーの誘導を終える。すると、インコは来署者の背中に移り、玄関の自動ドア上部に止まったところを、須藤巡査長が保護した。

 宇都宮南署はゲージやエサなどを用意し、署で保護していくという。
http://www.shimotsuke.co.jp/town/region/central/utsunomiya/news/20161130/2525267

http://archive.is/oE5mV
posted by BNJ at 11:39 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥のイキイキとした“正面顔”だけを集めた写真集 『鳥の正面顔』が11月30日に登場!帯文では高柳明音(SKE48)さんがコメント【プレスリリース2016年11月30日】

株式会社玄光社(本社:東京都千代田区)は、2016年11月30日(水)に『鳥の正面顔』を発売します。

『鳥の正面顔』
http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=11581


【収録されている鳥の萌え顔は172種!】
愛くるしい顔、ブサカワな顔、ひょうきんな顔、かっこいい顔、色っぽい顔…。
そんな日本の野鳥の正面顔を集めた初の写真集です。
鳥好きの方はもちろん、そうでない方も、パラパラめくるたびに心が癒され、いつのまにか彼らの正面顔のトリコとなること請け合いです。


【高柳明音(SKE48)のコメント(本書・帯文より)】
『新たな鳥の魅力を発見!
たくさんの鳥が貴方ひとりを
見つめてくれます』


【著者 ♪鳥くん】
プロバードウォッチャー。バードウォッチングツアーガイド、野鳥写真提供、執筆、講演、イラスト、コンサルタント、野鳥とバードウォッチングにまつわるさまざまな活動をしている。
ライフワークはとりカフェ巡り、鳥の正面顔写真など。元作詞・作曲家、歌手。
著書に「♪鳥くんの比べて識別!野鳥図鑑670」(文一総合出版)、「バードウォッチングの楽しみ方」(エイ出版社)、「東京近郊野鳥撮影地ガイド」(山と渓谷社)、「鳥ビア」(アスペクト)、「とりカフェさんぽ」(イーフェニックス)など。
http://www.nagaimasato.com/


【本の概要】
タイトル: 鳥の正面顔
発売日 : 2016年11月30日(水)
定価  : 本体 1,600円(税別)
著者  : ♪鳥くん(永井真人)
協力  : 木村壱典
ISBN  : 978-4-7683-0782-3
判型  : A5変型判 160ページ
URL   : http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=11581
出版元 : 株式会社玄光社


【会社概要】
商号  : 株式会社玄光社
所在地 : 〒102-8716 東京都千代田区飯田橋4-1-5
設立  : 1931年
事業内容: 出版
URL   : http://www.genkosha.co.jp
https://www.atpress.ne.jp/news/116705

http://archive.is/9MRBX
鳥の正面顔
鳥の正面顔
posted with amazlet at 16.11.30
♪鳥くん(永井真人)
玄光社
売り上げランキング: 7,111

posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兵庫県内でも鳥インフル陽性反応、姫路セントラルパーク鳥展示エリア閉鎖へ【産経WEST2016年11月30日】

 兵庫県は29日、小野市来住町の男池(鴨池)で採取した野鳥のふんから鳥インフルエンザの陽性反応が出たことを明らかにした。県は同池から半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定。さらに同池から3キロ圏内にある養鶏農家7軒で立ち入り検査をしたが、異常はなかったという。また同池周辺で消毒作業を行った。

 県によると、厚生労働省のワクチン開発のための新型インフルエンザウイルス調査で、14日に同池で鳥のふんを採取。簡易検査で陽性反応が確認され、その後の遺伝子検査でH5型が判明した。

 県は29日、新潟県や青森県の養鶏場などで高病原性鳥インフルエンザが確認されたことも受け、神戸市内で対策連絡会議を開催。県内の全養鶏農家に野鳥の侵入防止の徹底などを注意喚起したことを報告した。

 県は高病原性かどうかを確認するため、検体を検査設備が整う京都産業大(京都市)に送った。結果は12月上旬に判明する見通しという。井戸敏三知事は「段階的な対応をすべき体制を整えている。県民には過剰な心配をしないでほしい」と呼びかけた。

 一方、鳥インフルエンザの感染拡大への警戒のため、姫路セントラルパーク(姫路市豊富町神谷)では同日、鳥の展示エリアを閉鎖する措置を取った。

 展示エリアではインコやカモなどの鳥類を多数飼育。エリア内には鳥とのふれあいを楽しめるゾーンも設けられていたが、同パークは、鳥取県で高病原性鳥インフルエンザが確認されたことを受け、22日から来園者と鳥との接触を禁止していた。
http://www.sankei.com/west/news/161130/wst1611300014-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/161130/wst1611300014-n2.html

鳥インフルエンザ 兵庫・姫路のサファリ、一部施設を閉鎖【毎日新聞2016年11月29日】
 兵庫県姫路市でサファリパークなどを運営する「姫路セントラルパーク」では、来園者が歩いて動物を観察できる「ウォーキングサファリ」の一部を29日から閉鎖した。放し飼いの鳥がいる場所を歩ける「フライングケージ」のコーナーなどで、周辺地域の鳥インフルエンザが収束するまで様子を見るという。

 同県小野市内の池で、野鳥のふんから鳥インフルエンザの簡易検査で陽性反応が出たとの報告を県から受け対応した。【加藤敦久】
http://mainichi.jp/articles/20161129/ddf/041/040/011000c

http://archive.is/vKGOd
http://archive.is/9flqW
http://archive.is/NFlxz
鳥インフル ふん陽性で小野の池を消毒【神戸新聞NEXT2016年11月29日】

鳥インフルエンザ トキ生息の新潟・佐渡、施設の消毒徹底【毎日新聞2016年11月30日】

 新潟県内の養鶏場の鶏から高病原性鳥インフルエンザが検出されたことが29日に明らかとなり、国の特別天然記念物トキが多く生息する新潟県佐渡市では、環境省の職員らが対応を検討した。同省佐渡自然保護官事務所によると、佐渡トキ保護センターなどの飼育ケージの周辺に消石灰をまいたり、飼育施設への人や車両の出入り時に消毒を徹底したりするという。

 広野行男首席自然保護官は「佐渡には渡り鳥も多いので、予防できることから実施する」と話した。
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddm/041/040/083000c

鳥インフル感染防止対応に追われる トキ飼育施設など【新潟日報モア2016年11月29日】
鳥インフルエンザの感染予防のため石灰を散布する職員=29日午後1時ごろ、佐渡市新穂長畝

 トキを飼育している佐渡市、長岡市の施設や県内のハクチョウの飛来地などでは29日、感染拡大を防ぐ対応に追われた。

 佐渡市の佐渡トキ保護センターでは、駐車場1カ所を閉鎖したり、隣接する公園への立ち入りを禁止したりして、観光客らが近づくことを制限した。歩道には感染を防ぐ石灰をまいた。野生復帰ステーションでも正面ゲートまでの道や飼育ケージ周辺に石灰を散布した。

 環境省佐渡自然保護官事務所の広野行男首席自然保護官は「今後も情報収集や野生のトキのモニタリングなどを通じて注意していきたい」と話した。

 トキ10羽を飼育している長岡市のトキ分散飼育センターでもトキのケージ周辺に石灰をまいた。関係者以外が施設に近づかないよう、センターにつながる通路の立ち入りを制限した。

 ハクチョウの飛来地として知られる阿賀野市の瓢湖では、市の管理事務所が観光客に靴の裏を消毒してもらうための消毒用マットを設置した。

 フラミンゴやオウムなどを飼育していて、12月から冬季閉園の予定だった「樽ケ橋遊園」(胎内市)は29日から前倒しで休園した。市は「安全性を考慮した」と説明している。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20161129294110.html

鳥インフル トキ生息の佐渡で対応検討 飼育施設消毒徹底【毎日新聞2016年11月29日】
 新潟県内の養鶏場の鶏から高病原性鳥インフルエンザが検出されたことが29日に明らかとなり、国の特別天然記念物トキが多く生息する新潟県佐渡市では、環境省の職員らが対応を検討した。同省佐渡自然保護官事務所によると、佐渡トキ保護センターなどの飼育ケージの周辺に消石灰をまいたり、飼育施設への人や車両の出入り時に消毒を徹底したりするという。

<まんがで解説>鳥インフルって?【2013年配信】
 広野行男首席自然保護官は「佐渡には渡り鳥も多いので、予防できることから実施する」と話した。佐渡市ではトキ136羽が飼育されており、新潟県内の野生下で生息するトキは推定で213羽いる。(共同)
http://mainichi.jp/articles/20161130/k00/00m/040/004000c

http://archive.is/6Kz0F
http://archive.is/C6BaR
http://archive.is/xpCGB
関川で鳥インフルを確認 高病原性、養鶏31万羽を処分【新潟日報モア2016年11月29日】(鳥インフルエンザ新潟県関連まとめ)

山形)佐渡島で放たれたトキ、鶴岡に飛来 県内3例目【朝日新聞デジタル2016年11月30日】

鶴岡市内に飛来したトキ=11日、工藤光一郎さん撮影
 新潟県佐渡島で放たれたトキ1羽が鶴岡市に飛来していたことが確認された。環境省が28日発表した。本州側での確認は19例目で、うち県内は3例目という。

 環境省によると、11日午後3時ごろ、鶴岡市内の水田でエサを探している鳥を鶴岡市民が発見した。連絡を受けた佐渡自然保護官事務所が、撮影された写真から、2015年に生まれ、今年6月に放鳥されたメス(No.258)と確認した。

 環境省は、トキを発見した際には近づかずに静かに見守り、同事務所(0259・22・3372)まで連絡してほしいとしている。
http://www.asahi.com/articles/ASJCY4H8RJCYUZHB00H.html

山形・鶴岡にトキ飛来 7年ぶり、環境省確認【産経ニュース2016年11月29日】
山形県鶴岡市に飛来したトキ=11日(工藤光一郎さん提供)
 環境省は28日、国の特別天然記念物トキが山形県鶴岡市に飛来していることが確認されたと明らかにした。
 環境省によると、山形県への飛来は2009年4月以来3例目で、鶴岡市では初めて。確認されたトキは今年6月に新潟県佐渡市で放鳥された1歳の雌とみられる。
 11月11日午後3時ごろ、鶴岡市の水田で餌を探している様子を同市の男性が確認し、知人を通じて28日、同省佐渡自然保護官事務所に連絡した。国内の野生下には28日時点で、推定215羽のトキが生息している。
http://www.sankei.com/photo/story/news/161128/sty1611280012-n1.html

山形でトキ確認【読売新聞2016年11月29日】
 環境省は28日、今年6月に放鳥されたトキが山形県鶴岡市で確認されたと発表した。

 同省佐渡自然保護官事務所によると、今月11日午後3時頃、鶴岡市の水田でエサを探しているトキを地元住民が発見した。28日に同事務所に写真が送られて、足輪から今年6月にトキ野生復帰ステーションで放鳥された1歳の雌であることが確認された。

 これで本州で確認されたトキは19例目で、生存が確認されているのは10月13日に長岡市で確認された1歳の雌に次いで2羽目となる。
http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20161128-OYTNT50182.html

http://archive.is/sGeIk
http://archive.is/6uKWq
http://archive.is/HBmtp
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 11:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする