2016年12月30日

伝統・文化 北斎の肉筆画を発見 竹背景に、鶏2羽を描く【産経フォト2016年12月30日】

葛飾北斎の肉筆画とみられる「竹鶏図」
 江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎(1760〜1849年)の肉筆画とみられる掛け軸が見つかったことが30日、分かった。竹を背景に、石灯籠に止まっている鶏2羽が描かれた「竹鶏図」で、絵を確認した慶応大の内藤正人教授(日本美術史)は「緻密な画風や落款などから北斎作で間違いない」としている。
 この掛け軸は東京都内の美術商が11月末、デンマークでの競売で落札。美術商によると、鹿鳴館の設計で知られる英国の建築家ジョサイア・コンドル(1852〜1920年)の旧蔵品という。
 縦110センチ、横51センチの絹本に、竹や豆、鶏が写生風に綿密に描写されている。「北斎」と署名し、「亀毛蛇足」の印を押していることなどから、北斎の40代半ばごろの作品とみられる。
 内藤教授によると、北斎はこの時期、花鳥画などの同時代の中国画風を、日本で刊行された画集から学んでいた。内藤教授は「これまで見たことがない図柄。人物画、役者絵という浮世絵の枠を超え、花鳥画にも進出していった過程を示す作品で、とても貴重だ」と話している。
http://www.sankei.com/photo/story/news/161230/sty1612300008-n1.html

北斎の肉筆画新発見 色とりどりの「鶏竹図」【朝日新聞デジタル2016年12月30日】
「鶏竹図」に描かれている鶏(部分)

 江戸後期の浮世絵師・葛飾北斎(1760〜1849)の肉筆画「鶏竹図(けいちくず)」が見つかった。来年のえとでもある鶏が描かれており、東京の美術商が11月末、デンマークでの競売で落札した。鹿鳴館を設計した英国人建築家ジョサイア・コンドル(1852〜1920)の旧蔵品とされ、日本では存在がほとんど知られていなかった。

 竹を背景に石灯籠(いしどうろう)の上に止まる2羽の鶏を、縦110センチ、横51センチの絹本に写実的に描いた掛け軸。左下に「歩月老人 北斎」の落款と印があり、儒学者・大田錦城(きんじょう)の讃(さん、文章)も添えられている。

 内藤正人・慶応大教授(江戸絵画)は「落款、印、画風、どれも北斎作と疑う余地はない」と話す。印の状態などから、「北斎」を名乗って数年ごろの40代の作品とみる。「鶏と竹を描いた北斎の肉筆画は初めて見た。竹の葉の色の変化などは浮世絵にはないもので、中国系の(花鳥画を得意とする)南蘋(なんぴん)派の描写を消化した写生画といえる。新鮮な作風で、まさに鳥の飛躍のごとく上向きに脂の乗っている時期。できは非常によく、貴重な発見だ」と評価する。

 オークション会社のカタログに…
http://www.asahi.com/articles/ASJDW51R8JDWPLZU008.html

http://archive.is/trNHP
http://archive.is/5Ri1e

posted by BNJ at 21:34 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一部農場で出荷再開 鳥インフルで県が例外措置【くまにちコム2016年12月30日】

 高病原性鳥インフルエンザが発生した南関町の養鶏場から半径10キロ圏内にある一部農場で29日までに、家禽[きん]や卵の出荷が再開した。県が27日から、例外措置として認めた。

 区域内には鶏やウズラなどの家禽農場が計25カ所あるが、特定や風評被害を避けるため、適用した農場数は公表していない。

 国の防疫指針では、10キロ圏内の家禽や卵は圏外への搬出が制限されている。ただ、県や国が業者の十分な感染防止策や衛生管理体制を確認すれば、例外措置を適用できる。

 適用には(1)感染が疑われる鳥が農場にいない(2)ウイルスを媒介する小動物の侵入を防ぐ建物の構造(3)出入りする車両の消毒設備−などの条件がある。

 一部の卵で出荷が認められた農場の経営者は「少し安心した。全面的に出荷を再開できる状況に早くなってほしい」と話した。

 農林水産省によると、高病原性鳥インフルエンザが確認された5道県7農場のほぼすべてのケースで例外措置が認められ、適用農場は数十カ所に上る。(猿渡将樹)
http://kumanichi.com/news/local/main/20161230003.xhtml

http://archive.is/vp0nb
鳥インフル、防疫措置が完了【くまにちコム2016年12月28日】(鳥インフルエンザ南関町関連28日分まとめ)
posted by BNJ at 11:53 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恒例「干支の引き継ぎ式」に異変 初の両者欠席【朝日新聞デジタル2016年12月30日】(到津の森公園/他1ソース)

猿と鳥の代理で引き継ぎ式に出席した飼育員=北九州市小倉北区の到津の森公園

 北九州市の到津(いとうづ)の森公園で29日、干支(えと)の引き継ぎ式があった。例年は一方の干支の動物は参加していたが、今年は開園以来初となる両者欠席の式となった。

 猿代表のニホンザルは猿山が工事中で不参加。鳥代表のフクロウは、鳥インフルの警戒で人前に出られず、代理として両者の飼育員が着ぐるみで参加した。

 園の鳥119羽中93羽が退避や隔離されているが、鳥の飼育員は「閑古鳥が鳴かないよう、イベントをメジロ押しにします」。新年は2日から開園する。(宮野拓也)
http://www.asahi.com/articles/ASJDY5H4YJDYTIPE00S.html

干支の引き継ぎ式 鳥インフルで飼育員が着ぐるみで代役【毎日新聞2016年12月30日】
鳥インフルエンザの警戒のため、着ぐるみ姿の飼育員同士で干支の引き継ぎ式が行われた=小倉北区で2016年12月29日午後、比嘉洋撮影
 動物園「到津の森公園」(福岡県小倉北区)の今年最後の営業日となった29日、今年の干支(えと)の申(さる)から酉(とり)への引き継ぎ式があった。本来は酉年の代表として本物のフクロウが登場するはずだったが、全国で高病原性鳥インフルエンザの発生が相次いでいるため、着ぐるみを着た飼育員が代役を務めた。

 引き継ぎ式では、ワオキツネザルの着ぐるみを着たサルの飼育員、有川瞭さん(22)が「すばらしい1年になるよう鳥さんには頑張ってほしいでござる」とあいさつ。アカコンゴウインコを装った鳥の飼育員、大槻千菜津さん(23)は、ヒマワリの種や落花生などの鳥の餌をプレゼントされ、「閑古鳥が鳴かないよう、チキンと雁(がん)張ります」と応え、来場者の笑いを誘った。

 新年は1月2日午前10時に開園する。【比嘉洋】
http://mainichi.jp/articles/20161230/k00/00e/040/130000c

http://archive.is/bBq90
http://archive.is/42J1u
鳥インフル対策で北九州の鳥類展示施設閉鎖【産経WEST2016年12月23日】
鳥インフルで展示中止 九州の動物園、イベントも変更【西日本新聞2016年12月19日】

ゆるキャラ・バリィさんが鳥の「代役」 愛媛で干支送り【朝日新聞デジタル2016年12月30日】

【動画】今回の干支送りは、本物の鳥の代わりにゆるキャラ「バリィさん」が代役=村上綾撮影

申年生まれの榎木さくらさん(左)から、酉年生まれの剣持明さんにしめ縄が手渡された=砥部町

 愛媛県砥部町上原町の県立とべ動物園で28日、今年の干支(えと)「申(さる)」から来年の「酉(とり)」へバトンタッチをする年末恒例の干支送りがあった。今年は全国的に流行している鳥インフルエンザの予防のため、本物の鳥の代わりに今治市のゆるキャラ「バリィさん」が代役を務めた。

 園は11月中旬から鳥インフルエンザの感染予防対策の一環として、ルリコンゴウインコを含む鳥類の屋外展示を中止。屋外飼育のフラミンゴやペンギンの展示スペースには野鳥の進入を防ぐネットを張っている。

 そのため今回は、フサオマキザルとルリコンゴウインコの檻(おり)の前でイベントを開催。屋外に出られないインコの代役として、園がバリィさんを招待した。

 来園者の代表として、申年生まれの榎木さくらさん(48)=松山市=から酉年生まれの剣持明(さやか)さん(35)=同市=に、しめ縄が手渡された。この日が誕生日の榎木さんは「記念になった。笑いの絶えない一年を迎えたい」。剣持さんは今年生まれた息子の羽久(はく)くんと訪れた。「子どもが生まれて幸せな一年だった。母としても年女としても飛躍できる一年にしたい」と話した。(村上綾)
http://www.asahi.com/articles/ASJDX2VSWJDXPFIB001.html

バリィさんへバトンタッチ
申から酉へ「えと送り」 とべ動物園【愛媛新聞ONLINE2017年12月28日】

 愛媛県立とべ動物園(砥部町上原町)で28日、年末恒例の「えと送り」があり、今年の「申(さる)」から……
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201612289881

http://archive.is/UUQYU
http://archive.is/blFl3
インコの代役にバリィさん とべ動物園「干支送り」に鳥インフル影響【産経ニュース2016年12月23日】