2016年12月21日

宮崎鳥インフル危惧 野鳥の侵入防止対策徹底を確認【日本海新聞2016年12月21日】(鳥取県)

 宮崎県の養鶏場で死んだ鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、鳥取県は20日、県庁で庁内連絡会議を開いた。発生事例の情報を共有し、県内における野鳥の侵入防止対策の徹底などを
http://www.nnn.co.jp/news/161221/20161221002.html

http://archive.is/uAvZi

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎で鳥インフル 熊本厳戒、県境で車両消毒【くまにちコム2016年12月21日】

 宮崎県川南町での高病原性鳥インフルエンザ発生を受け、熊本県は県内の防疫レベルを九州内の発生に対応する「2」(厳戒態勢)に引き上げる一方、20日に県内の全養鶏場への聞き取り調査を行い、異常がないことを確認した。

 県はまた、ウイルスの侵入を防ぐため、宮崎県境に近い湯前町上猪の国道219号横谷トンネル前駐車場と、山都町塩原の国道265号蘇陽葬祭斎場付近の2カ所で畜産関係車両の消毒を開始。県内に入る飼料運搬車などを24時間態勢で噴霧消毒する。宮崎県で実施中の防疫措置を踏まえ、当面の間継続する方針。

 県畜産課によると、県内の鶏の飼養数は約669万羽。県内5カ所の県家畜保健衛生所が同日、100羽以上を飼養する養鶏場184戸に電話調査したところ、大量死など鳥インフルエンザを疑う事例は確認されなかった。同課は引き続き、消毒の徹底や異常があった場合の早期通報などを呼び掛けている。

 県はこの日、関係各部による家畜伝染病対策会議も開き、濱田義之農林水産部長が「県内発生を食い止めるため、危機感を共有して対応に当たってほしい」と指示した。(蔵原博康)
http://kumanichi.com/news/local/main/20161221004.xhtml

http://archive.is/5sQ4o
posted by BNJ at 21:35 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防疫きょう完了 川南鳥フル、制限区域など設定【宮崎日日新聞2016年12月21日】(鳥インフルエンザ川南町関連21日分まとめ)

 川南町川南のブロイラー養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザで、県は20日未明に飼育している約12万2千羽の殺処分と埋却に着手し、深夜に完了した。県やJA職員、自衛隊員ら延べ640人で作業に当たった結果、殺処分は目標とした「疑似患畜の確定から24時間以内」より短い22時間余りで完了し、防疫措置の山場は越えた。同日は半径3キロ圏内の移動制限区域、半径3〜10キロ圏内の搬出制限区域を設定し、発生した養鶏場につながる道路は封鎖。周辺の道路11カ所に車両消毒ポイントを設置した。


 車両消毒ポイントは以下の通り。数字は地図内の番号、所在地、ポイント名、設置道の順。
 (1)川南町川南・発生農場から1キロポイント(町道)(2)木城町高城・JA児湯木城支所(県道近く)(3)木城町高城・木城(広域農道尾鈴サンロード)(4)都農町川北・三日月原神社付近(県道)(5)都農町川北・名貫(国道10号)(6)高鍋町持田・持田(同)(7)西都市南方・向陵の丘(県道)(8)西都市穂北・穂北橋(同)(9)都農町川北・都農インターチェンジ(東九州道)(10)高鍋町上江・高鍋インターチェンジ(同)(11)日向市美々津・食鳥処理場前(市道)
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_23347.html

川南の鳥フルもH5N6【宮崎日日新聞2016年12月21日】
 県は21日、川南町川南のブロイラー養鶏場で飼育していた鶏が確定検査の結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6)に感染していたと発表した。H5N6型は今年、国内の家きんや野鳥をはじめ、韓国でも猛威を振るっていた。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_23354.html

警戒態勢、最大限に 川南鳥フル【宮崎日日新聞2016年12月21日】
 高病原性鳥インフルエンザは、国内では2004年に山口県の養鶏場で79年ぶりに確認され、その後は数年おきに全国で発生している。この冬の殺処分数は北海道、青森、新潟県と本県を合わせて97万羽となった。04年以降で被害が最悪となった10〜11年冬の9県183万羽に次いで多い。


 大陸で夏を過ごした渡り鳥は樺太や朝鮮半島を経由して日本に入る。今年は韓国で爆発的に感染が広がり、殺処分数は1790万羽(19日現在)に上る。同様に、日本も拡大する傾向にある。


 県の委託を受け、11年から野鳥の調査を続ける日本野鳥の会県支部の前田幹雄支部長は「本県で2例発生した14年とカモの飛来のパターンが同じで多い」と指摘。「寒さが厳しくなると渡り鳥が本県へとさらに南下する恐れがあり、これまで以上の警戒が必要」と呼び掛ける。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_23349.html

鳥インフル 宮崎の12万羽処分完了 川南の養鶏場【毎日新聞2016年12月21日】
鳥インフルエンザウイルスが確認され、鶏の殺処分が行われている養鶏場=宮崎県川南町で2016年12月20日午前10時17分、本社ヘリから和田大典撮影
 宮崎県川南(かわみなみ)町の養鶏場の鶏から高病原性の鳥インフルエンザウイルス「H5型」が検出されたことを受け、県は20日午前3時から家畜伝染病予防法に基づき、この養鶏場で飼育する食肉用のブロイラー約12万2000羽の殺処分を開始した。同日午後10時10分に殺処分を終え、その30分後には全ての鶏の埋却も完了した。家畜から高病原性鳥インフルエンザ感染が確認されたのは今季6例目で九州では初めて。

 県は自衛隊などの応援も得て約400人態勢で殺処分を実施。国の防疫指針では感染確定から24時間以内に殺処分を終えることになっており、19日午後11時50分の感染確定から22時間余りで完了した。感染疑いが確認される前に同県日向市の食肉加工施設に養鶏場から出荷された1900羽も殺処分された。

 指針ではまた、72時間以内に埋却や鶏舎の消毒などを終えることになっている。殺処分と並行して、発生源となった養鶏場の敷地内で埋却作業を続けた結果、埋却は約23時間で完了し、消毒なども21日には終える見通し。

 県は養鶏場から半径3キロ圏内の鶏や卵などの移動を制限し、3〜10キロ圏内は搬出制限区域とした。日向市の食肉加工施設の1キロ圏内も移動を制限した。制限区域には計143農場があり、約562万7000羽が飼育されている。県による立ち入りや電話調査では今のところ、他の農場で異常は確認されていない。県は周辺11カ所に消毒ポイントを設置し、警戒を続けている。

 宮崎県は2007、11、14年にも鳥インフルエンザの被害を受けており、県内の養鶏場は防疫対策を徹底してきた。川南町を含む県内のブロイラー業者ら20社で作る県養鶏協会(宮崎市)の児玉州男(くにお)専務(62)は「今年は早くから青森や新潟で感染が出ていたので、相当注意しないと危ないと関係者全員が思っていた。例年以上に会員に防疫を徹底するよう呼び掛けてきた。非常に残念だが、これ以上絶対出さない、広げないということしかない」と話した。【黒澤敬太郎、塩月由香】
http://mainichi.jp/articles/20161221/k00/00m/040/182000c

高病原性鳥インフルと確認 宮崎県【朝日新聞デジタル2016年12月21日】

 宮崎県川南町の養鶏場で鳥インフルエンザの疑いがある鶏が見つかった問題で、県は20日、鶏2羽から遺伝子検査で高病原性ウイルス(H5亜型)が確認されたと発表した。この養鶏場のブロイラー約12万2千羽を殺処分し、半径10キロ内からの搬出を制限。他の養鶏業者にも防疫の徹底を要請した。

 国内の養鶏場などで…
http://www.asahi.com/articles/DA3S12715627.html

「ここで封じ込める」宮崎・鳥インフル憂える周辺農家【産経ニュース2016年12月21日】
 鶏を埋める穴を掘る重機の音が響いた。高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染が確認された宮崎県川南町の養鶏場で20日未明、殺処分が始まった。宮崎県はブロイラー飼育数が全国1位の養鶏王国だけに、作業にあたった県職員は「ここで封じ込めたい」と語った。鶏や卵の搬出が制限された周囲の養鶏場は「いつになったら出荷できるのか」と嘆いた。

 現場近くには午前3時ごろから、白い防護服とマスクをまとった県職員や自衛隊員らが続々と集まった。「服と手袋の間に隙間ができないようテープで留めて」。入念な確認を呼び掛ける声が聞こえた。

 県職員の男性は「被害を最小限に食い止める。やるべきことをしっかりやりたい」と力を込めた。

 「やっぱり来たか」。現場から半径10キロ圏内の搬出制限区域にある高鍋町の養鶏場。40代の男性社員は「出荷できない状況がいつまで続くのか」と憂えた。感染予防のため消石灰散布や車両の消毒をしている。それでも「防ぐのは難しいが、破れた金網の修理など、できることをやっていく」と話した。

 近くの出口綾子さん(74)は「町が月に1回、消毒を放送で呼び掛けていたのに、かかってしまうなんて」と嘆いた。

 殺処分に先立つ午前1時半ごろ、県庁では農政水産部の郡司行敏部長が職員約200人を前に「今回しっかり封じ込めることが、わが県の畜産を守る礎になる」と、厳しい表情であいさつした。
http://www.sankei.com/region/news/161221/rgn1612210027-n1.html

12万羽の殺処分完了 宮崎・鳥インフル【読売新聞2016年12月21日】
鳥インフルエンザが発生した養鶏場で進められる鶏の埋却作業(20日午前、宮崎県川南町で、本社ヘリから)=久保敏郎撮影
 宮崎県川南町の養鶏場で飼育されていた鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5亜型」が検出された問題で、県は20日、養鶏場の約12万羽を家畜伝染病予防法に基づいて殺処分し、養鶏場敷地へ埋却した。「これ以上、感染が広がらないで」。クリスマス前の繁忙期を迎え、養鶏業者からは祈るような声が漏れた。

 家畜からの検出は今季6か所目で、九州では初めて。県は感染確定から約22時間後の20日午後10時10分、約12万羽の殺処分を終え、その30分後には埋却も完了した。国の指針では、殺処分は感染確定から24時間以内、埋却は72時間以内に終えることを目安にしている。

 一方で県は、養鶏場から半径3キロ圏内にある川南町など2町の一部と、19日に養鶏場の鶏が出荷されていた日向市の食肉処理場の半径1キロ圏内を、鶏や卵の移動を禁じる移動制限区域に設定。養鶏場から半径3〜10キロ圏内は搬出制限区域とし、西都市など1市5町の一部から域外への持ち出しを制限した。

(ここまで420文字 / 残り478文字)
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20161221-OYS1T50007.html

鳥インフル 感染最小限へ作業続く 知事「経験生かし防疫対応」【読売新聞2016年12月21日】
殺処分した鶏を袋に入れて運び出す職員ら(20日午前8時29分、川南町で、本社ヘリから)
 川南町の養鶏場の鶏から高病原性の鳥インフルエンザウイルスが確認され、県内では20日未明から、感染を最小限に抑え込むための作業が続いた。宮崎では2007、11、14年と発生。その後演習を重ねてきたことを踏まえ、河野知事は「経験を生かし、使命感を持って対応する」と語った。

 河野知事は、木城町のJA児湯木城支所に設けられた消毒ポイントと現地対策本部がある高鍋町の県高鍋総合庁舎を視察し、防疫措置に対応する職員を激励した。

 知事は、「演習を重ねてきた経験を生かし、しっかり対応できている。日本の畜産関係者は宮崎の対応を注目している。畜産王国としてのプライド、使命感を持って防疫対応に取り組んでいきたい」と語った。
http://www.yomiuri.co.jp/local/miyazaki/news/20161220-OYTNT50062.html

公共施設に消毒マット 川南鳥フルで防疫に協力【宮崎日日新聞2016年12月21日】
 県内での高病原性鳥インフルエンザ発生に伴い20日、公共施設などで消毒マットの設置やイベント中止など、防疫に協力する動きが相次いだ。


 宮崎市フェニックス自然動物園は、鳥展示場近くに消毒マットを設置。また、鳥の展示場から来園者が距離を置くよう、カラーコーンを設置し、一部通路は閉鎖した。来園者と一定距離があるフラミンゴショーは続ける。


 宮崎交通は、全てのバス435台と宮崎駅バスセンターなどの販売窓口17カ所に消毒マットを設置した。終息するまで継続する。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_23345.html

「絶対封じ込める」最前線、懸命の防疫 川南鳥フル【宮崎日日新聞2016年12月21日】
 高病原性鳥インフルエンザが発生した川南町川南の養鶏場で殺処分が行われた20日、普段はのどかな田園地帯の風景は一変した。作業員を乗せたバスや白い防護服に身を包む県職員、大量の物資を届ける地元企業-。周辺を人や車両が慌ただしく行き交い、重機のエンジン音が響きわたるなど、現場は終日物々しい雰囲気に包まれた。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_23352.html

http://archive.is/UA15t
http://archive.is/ZOk8W
http://archive.is/GqYNK
http://archive.is/R36aB
http://archive.is/lR4CJ
http://archive.is/0pof9
http://archive.is/QIH5y
http://archive.is/6Fmkj
http://archive.is/yn0K3
http://archive.is/2bZdb
鳥インフルエンザ 宮崎で検出 養鶏王国、悪夢再び 口蹄疫教訓「最初が大事」【毎日新聞2016年12月20日】(鳥インフルエンザ川南町関連20日分まとめ)
posted by BNJ at 21:31 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラス撃退へ「再鳥戦」 山形駅前周辺に猛禽類放つ【山形新聞2016年12月21日】

夏場に行われた追い払い実験。さらに数が増える冬場に2度目を行う
 山形の空に猛禽(もうきん)類再び―。中心市街地で集団化するカラスを撃退するため、山形市は23〜25の3日間、JR山形駅周辺でオオタカなどを使った追い払いの実験を行う。ことし8月に続く2回目。夜明けを狙った前回は、危険を察知したカラスがタカの攻撃前に逃げてしまったが、今回は暗さが増して逃げづらい夕方に襲わせるほか、猛禽類をビルからビルへと滑空させて制空権を握る考えだ。

 日が沈んだ夕刻の空は、無数の黒い点に覆われ、電線や看板の下はふんで汚され、悪臭を放つ。「夏場のカラスは集団が分散している形だが、エサが減る冬場は大群化する」と市担当者。特に駅前ビルの屋上や看板には身を寄せ合うカラスがびっしりと並び、鳴き声の騒音や、集積場のごみを食い散らかす被害も深刻化している。

 前回の追い払いでは、タカの姿を確認したカラスが白んだ空へ散り散りに逃げた。市担当者は「カラスが猛禽類を恐れることは実証できた」とするが、カラスを襲って恐怖心を植え付ける場面はなかった。今回は暗い場所では飛び回るのが苦手な鳥の特性を考慮し、暗さが増す午後5時前に出動。カラスが飛びづらい環境は猛禽類も同じでハリスホーク2羽、オオタカ1羽の攻撃チャンスはそれぞれ1回になる見通し。

カラスの追い払い実験で、ハリスホークなどの猛禽類が再び山形市の空を飛ぶ=8月2日、山形市

 前回は地上から飛び立ったが、猛禽類は高所からの攻撃が得意なことから、同市香澄町3丁目の山形国際ホテル屋上に立つ鷹匠(たかじょう)が、北側の山交ビルに集まるカラスに向けて放つ工夫も。

 さらに、鳥が嫌がる強い光線を出すレーザーポインター、鳴き声や羽ばたきで威嚇するワシミミズクも使って畳み掛ける。市は、カラスが逃げた距離を特定して追い払いの効果範囲を算出するほか、3日間に及ぶ猛禽類の威嚇がどれくらい持続するかも検証し、来年度以降のカラス対策に生かしていく。
http://yamagata-np.jp/news/201612/21/kj_2016122100485.php

http://archive.is/8CBzz

【効果関連】
山形)カラス撃退策、手詰まり 天敵去り、群れ再び出没【朝日新聞デジタル2016年11月11日】
大分)スズメ1000羽超、街戻る 騒音・フン害に悩み【朝日新聞デジタル2016年10月7日】
ムクドリ退散 しかし別の鳥が…(大分県)【NNNニュース2016年9月15日】

【追い払いサービス関連】
能あるタカで害鳥追い払え! ふん害・ゴミあさりのトラブル解決…日本の伝統文化を新ビジネスに【産経WEST2016年12月2日】
鷹匠、カラス撃退に一役 福島県郡山の菊地さん、県内外で活躍【福島民友新聞2016年10月29日】
猛禽類でカラス撃退「一定の効果」【河北新報オンラインニュース2016年8月8日】
福島)鷹匠、「害鳥」の追い払いに引っ張りだこ【朝日新聞デジタル2016年4月23日】
posted by BNJ at 21:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル:卵不足でパン屋悲鳴、全社員が卵確保に街中奔走 飲食業界と製パン店は「超非常事態」【朝鮮日報2016年12月21日】

 江原道春川市内の大学に通うイさん(26)は20日、大学前にある行きつけの食堂で「鳥インフルエンザ問題のため、当分の間、卵焼きのサービスを中止します」という貼り紙を目にした。この食堂は卵焼きを無料で出しているため、学生たちに人気があった。イさんは「食堂のご主人が、10日前から卵が手に入らなくて卵焼きが作れない、と嘆いていた」と話した。

 過去最悪の高病原性鳥インフルエンザウイルス感染拡大により、韓国では深刻な卵不足が発生し、外食業界が悲鳴を上げている。供給不足によって卵の価格が急騰しているだけでなく、卵自体が手に入らないのだ。飲食店がサービスで出すおかずから卵焼きや卵スープが消え、卵を主原料とする製菓・製パン企業では、全社員が卵を確保するために奔走している。

 会社員のAさんは16日、ソウル市内の定食屋で6000ウォン(約590円)のスンドゥブチゲ(おぼろ豆腐の鍋料理)を注文したところ、店のオーナーから「卵の価格が高すぎて卵を乗せられない。代わりに豆腐をたくさん入れるが、それで大丈夫か」と聞かれた。Aさんは、卵の入っていないスンドゥブチゲをやめて、別の料理を注文した。オーナーは「鳥インフルエンザのせいで卵の値段が急騰しているだけでなく、品切れになっている。うちの食堂に材料を納品する業者が、卵が十分に確保できないと言っていた」と話した。通常卵を入れる料理も卵無しで提供したり、卵の代わりに海産物や豚肉を入れる食堂もある。

 卵の供給量の減少に伴い、規模の小さい食堂は卵の入手が困難になっている。


 ソウル・鷺梁津の予備校街にある食堂のオーナーは「鳥インフルエンザのせいで、オムライスや茶わん蒸し、卵焼きなどを別のメニューに変えなければならない。大手のパン店やフランチャイズ企業に卵が優先的に供給されるため、うちのように小さな食堂は卵を目にすることもできない状況だ」と嘆いた。

 外食・給食関連企業も卵を使用するメニューを調整している。サラダに卵を入れるのをやめたり、本来卵を入れるメニューを肉や魚の加工品で代用したりしている。

 中でも卵価格上昇の「直撃弾」を受けているのが製パン業界だ。ある大手カステラ専門店では全社員が卵確保のために総力を挙げている。ソウル・江南にあるカステラ店のオーナーは「店員たちは卵を買うために近くの大手スーパーや街の商店などを駆け回っている。明日使う卵も確保できず、生産量を減らしている状況だ」と話した。また、別のカステラメーカーの関係者は「卵が値上がりしても商品の値段は上げられないため、収益が急降下している」と話した。

 韓国国内のある大手製パン企業では19日、一部社員が卵を1パックずつ買って出勤した。前日に幹部社員が「卵の入手が困難なため、われわれも支援しよう」と述べたからだ。

 韓国政府は鳥インフルエンザ対策に乗り出したが、深刻な卵不足は当分続く見通しだ。韓国農水産食品流通公社が20日に調査した卵1パック(30個入り)の平均小売価格は6781円(約670円)で、1か月で25.4%上昇した。大手スーパーではここ2週間で卵の価格を約10%引き上げたが、販売制限などにより価格上昇は当分続く見通しだ。主婦のキム・ジヨンさん(39)は「今年は景気が悪くて年末気分もあまり盛り上がらない上、卵も気軽に買えない。食堂に続いて家庭でも卵料理が出せなくなるのではないかと心配だ」と話した。


チョン・ソンピル記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/20/2016122003064.html

http://archive.is/Fwozb
鳥インフル ソウル大公園でオシドリを殺処分【KBS WORLD RADIO2016年12月20日】(他1ソース)
posted by BNJ at 12:02 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル 県が対策会議 宮崎での発生受け【読売新聞2016年12月21日】(鹿児島県)

 宮崎県の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生したことを受け、県は20日、県庁で緊急の防疫対策会議を開いた。出席した畜産団体の関係者ら約90人に対し、鶏舎周辺の消毒などを徹底するよう改めて呼びかけた。

 会議では、国内外の鳥インフルエンザの発生状況などが報告された。県畜産課の佐々木幸良課長は「県内でも、いつどこで発生してもおかしくない。養鶏農家には再度、対策の徹底を求めていく」と話した。

 国内最大のツルの越冬地・出水市の出水平野では11月以降、ナベヅルなど野鳥28羽から鳥インフルエンザウイルス「H5N6亜型」が検出されている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kagoshima/news/20161220-OYTNT50081.html

http://archive.is/Zvc25
鳥インフル対策徹底 鹿児島市・平川動物公園【南日本新聞2016年12月14日】
出水のツル2羽、新たに鳥インフル検出【読売新聞2016年12月10日】
posted by BNJ at 12:00 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル警戒態勢 情報共有、消毒薬配布へ【大分合同新聞2016年12月21日】

 宮崎県川南町の養鶏場でのH5型高病原性鳥インフルエンザ発生を受け、広瀬勝貞知事は20日の会見で、「隣の県であり十分に気を付けないといけない。できるだけの警戒態勢を取り、問題がこちらに波及しないようにする」との考えを示した。
 21日に関係職員を対象にした連絡会議を開き、全庁的な情報共有を徹底する。ウイルスの侵入を防ぐ対策として26日から、100羽以上の鶏を飼育する県内172農場に、踏み込み消毒槽と消毒薬(620セット)、消石灰(1万袋)を配布する。
 国内ではこの冬、新潟、青森、北海道、宮崎の4道県で家禽(かきん)から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。
 県畜産振興課は「隣県まで迫っている。緊張感を持って対応したい。養鶏農家とは常に連絡ができる体制を整えており、適切な対応ができるよう情報発信していく」としている。
 11月以降、感染した野鳥の発見も全国で相次いでおり、環境省は警戒レベルを最高値に設定している。
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/12/21/JD0055309412

鳥インフル宮崎発生受け 県が連絡会議【大分合同新聞2016年12月22日】
宮崎県での鳥インフルエンザ発生を受けて開かれた連絡会議=21日、県庁
 大分県は21日、宮崎県内で高病原性鳥インフルエンザが発生したことを受け、関係者を集めた連絡会議を県庁で開いた。
 県の各部担当課、家畜保健衛生所職員ら約60人が出席。県農林水産部の安部欣司審議監は「近年になくリスクが高まっている。万一があっても迅速な初動対応ができるよう緊張感を持って万全の態勢で臨んでほしい」と話した。
 会議では、担当者が国内の発生状況を報告。県内の発生を想定した連絡方法などを説明した。養鶏農家に対して、防疫対策の強化や異常発生時の早期通報を徹底することを確認した。
 県畜産振興課によると、県内で100羽以上を飼育する農場は172ある。21日朝の時点で異常は報告されていない。宮崎県川南町では19日に鳥インフルエンザが発生。川南町は大分県境から約90キロの位置にある。20日午前に始まった12万2千羽の殺処分、埋却作業は同日中に終えた。
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/12/21/130642818

http://archive.is/i2OE0
http://archive.is/yEodT
posted by BNJ at 11:49 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎)「消毒・野鳥対策を」 宮崎の鳥インフル受け会議【朝日新聞デジタル2016年12月21日】(他1ソース)

県庁で開かれた緊急の警戒連絡会議=長崎市

 宮崎県の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染した鶏が確認されたことを受け、長崎県は20日、県内での感染防止のための緊急会議を開いた。

 浜本磨毅穂副知事と関係部局の担当者が参加した警戒連絡会議では、宮崎県での発生状況を確認し、感染防止に向けた防疫態勢について情報を共有した。

 続いてあった防疫対策会議には、農協や養鶏、飼料の団体、県獣医師会などから約50人が出席。農場の消毒や野鳥の侵入防止などを徹底することを確認した。

 県内で100羽以上の鶏やアヒル、ウズラ、10羽以上のダチョウを飼育しているのは計155戸。県は各農場に問い合わせ、これまでに異常がある鶏などは見つかっていないことを確認した。県畜産課は「日本各地で鳥インフルエンザが発生している。それぞれが注意して予防するしかない」と話している。
http://www.asahi.com/articles/ASJDN3J9BJDNTOLB003.html

県が鳥インフル防疫会議 鶏舎点検や消毒徹底【読売新聞2016年12月21日】
防疫対策会議であいさつする加藤部長(右)
 宮崎県川南町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生したことを受け、県は20日、県庁で防疫対策会議を開いた。県内の養鶏農家では鶏の大量死などの異常は見つかっていないことが報告され、関係機関が感染防止策を強化していく方針を確認した。

 県や農協、養鶏農協、食鶏肉衛生協会の担当者ら約50人が出席。冒頭、県農林部の加藤兼二部長が「県内での感染のリスクも高まっている。厳重な警戒と、万が一発生した場合の迅速で的確な対応が必要」とあいさつした。

 その後、県の担当者が、100羽以上を飼育している県内の農場155戸では異常は確認されていないことや、県内には宮崎県の発生農場とひな鳥や飼料を取引している業者はいないことなどを報告した。

 青森、秋田県では、野鳥やタヌキなどの野生動物が鶏舎に侵入し、感染原因となった可能性が指摘されていることから、鶏舎の隙間などを早急に点検・修繕し、防鳥ネットや消石灰の配備、消毒作業を徹底することなどを確認した。

 また、同日は県警戒連絡会議もあり、関係部局長や各振興局の担当者ら約30人が出席。鶏を飼っている小中学校や動物園に注意を呼びかけることなどを申し合わせた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/nagasaki/news/20161220-OYTNT50048.html

http://archive.is/xcRWJ
http://archive.is/M9wbu
posted by BNJ at 11:47 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県、鳥インフル防止へ 警戒レベル引き上げ 消毒強化など確認【佐賀新聞LiVE2016年12月21日】(他1ソース)

鳥インフルエンザの対策強化を確認した庁内連絡会議=県庁
 宮崎県川南町の養鶏場で鳥インフルエンザ感染が確認されたことを受け、佐賀県は20日、庁内連絡会議を開いた。農場内へのウイルス侵入防止に向け対策を強化することや、万が一の場合の初動体制について関係部署の約50人が情報共有した。

 九州の農場での感染は今年初めてだったため、警戒レベルを1段階引き上げた。この日は担当課が、食鳥処理場での消毒や生体検査、県民への広報などを強化していくことを説明した。県内で発生した場合の行動計画や各部署の役割も再確認した。

 同じ場所でたくさんの野鳥が死んでいたときに県民からの通報窓口となる各市町に対し、年末年始でも休日対応できるよう再要請することも報告された。

 今年2月時点で、県内では養鶏農家が149農場で約460万羽を飼育している。宮崎県からヒナを仕入れている農家は3農場あったが、いずれも現時点で異常は見られなかったという。畜産課の山田雄一課長は「ウイルスの侵入リスクは非常に高まっており、どこで発生してもおかしくない。防鳥ネットの補修や鶏舎周辺の消石灰散布、早期通報など農家への指導も徹底したい」と語った。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/388539

佐賀)鳥インフル警戒強化 宮崎の発生受け緊急会議【朝日新聞デジタル2016年12月21日】
20日に開かれた鳥インフルエンザ庁内連絡会議=県庁

 県は20日、宮崎県の養鶏場の鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認されたことを受け、緊急の庁内連絡会議を開いた。関係する県職員約50人が参加し、飼育している鶏の健康状態の確認をするよう養鶏農家に要請するなど警戒レベルを上げ、県内の農場内へのウイルスの侵入を防ぐ対策などを確認した。

 今年度、国内ではアヒルや鶏などでは6例目、野鳥では70例を超えるウイルスの検出が報告されている。県は、野鳥などの侵入を防ぐ鶏舎全体を覆うネットの強化や、異常な鶏が見つかったら早期に家畜保健衛生所に通報することを農家に徹底するよう求めることなどを再度確認した。

 県内の養鶏農家は2月時点で124戸で、約460万羽の鶏を飼っている。県畜産課の山田雄一課長は「九州での(今年度)初めての発生ということで、対策レベルを上げて対応していく。これだけ野鳥や鶏などで発生していて、どこで発生してもおかしくない状況だ。ぜひ警戒レベルをあげてほしい」と話した。
http://www.asahi.com/articles/ASJDN3JGQJDNTTHB005.html

http://archive.is/mMfPN
http://archive.is/pUeRS
posted by BNJ at 11:45 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル 高病原性ウイルス検出 明和町で死んでいたオオタカ【伊勢新聞2016年12月21日】(他3ソース/H5N6型/確定検査結果)

【ぶら下がり会見で鳥インフルエンザへの対応を語る鈴木知事=県庁で】

 県は二十日、明和町内で死んでいたオオタカから、毒性の強い「H5N6亜型」の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。高病原性の鳥インフルエンザが県内で確認されるのは、紀宝町と南伊勢町の養鶏所で約三十万羽が殺処分された平成二十三年以来。全国では今シーズンに入って十五道県目となる。

 県によると、このオオタカは今月十四日朝、車庫の屋根で死んいるのが見つかり、県の簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出た。県は鳥取大に検体を送り、高病原性かどうかの調査を依頼。二十日に環境省を通じて高病原性との連絡を受けた。

 県は県内の養鶏所や動物園など約二百九十施設に対し、高病原性の鳥インフルエンザが確認されたことを通知。いずれの施設にも異常はないという。このオオタカが見つかってから県内で十二羽の死んだ野鳥が見つかったが、いずれも簡易検査の結果は陰性だった。

 県は鳥の排泄物などに触れた場合に手洗いやうがいを徹底するよう呼び掛けている。「鳥インフルエンザは特殊な場合を除いて通常では人に感染しないと考えられており、日常生活では過度に心配をする必要はない。冷静な対応をしてほしい」としている。

 鈴木英敬知事は二十日のぶら下がり会見で「大変残年ではあるが、簡易検査が陽性だった時点で警戒区域のパトロールなどを実施しており、対応を継続したい。死亡した野鳥を発見した場合には、触れずに近くの農林水産事務所に連絡してほしい」と述べた。
http://www.isenp.co.jp/news/20161221/news01.htm

三重 鳥インフル確定【読売新聞2016年12月21日】
■東山は感染8羽目

 三重県は20日、同県明和町の民家で見つかった野鳥のオオタカ1羽の死骸から高病原性の鳥インフルエンザウイルス「H5N6亜型」が検出されたと発表した。同県で野鳥から高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは初めて。

 14日の簡易検査で陽性反応が出たため、県が鳥取大に確定検査を依頼していた。回収地点から半径10キロ以内の野鳥監視重点区域や12か所の養鶏場などで異常は確認されていない。

 一方、名古屋市の東山動植物園は20日、13日に死んだシジュウカラガンが確定検査の結果H5N6亜型に感染していたと発表した。同園での高病原性鳥インフルエンザ感染は8羽目。
http://www.yomiuri.co.jp/chubu/news/20161221-OYTNT50017.html

野生のオオタカ、高病原性鳥インフルと判明 三重【朝日新聞デジタル2016年12月20日】
 三重県明和町で14日に見つかった野生のオオタカの死骸について、県は20日、確定検査の結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたと発表した。三重県内での感染確認は、2011年2月以来。

 県は14日以降、県内で見つかったヒドリガモ、スズガモ、ハイタカ、オオバン、フクロウの5種12羽の死骸を簡易検査したが、いずれも陰性だったという。今季、全国で簡易検査も含め陽性反応が出たのは15道県の118例で、うち野鳥の感染確定は72例ある。
http://www.asahi.com/articles/ASJDN5J3YJDNONFB00Y.html

鳥インフル 野鳥オオタカから陽性反応 三重【毎日新聞2016年12月20日】
 三重県は20日、同県明和町で死んでいた野鳥のオオタカ1羽からH5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。簡易検査でA型鳥インフルエンザの陽性反応が出たため、鳥取大学で確定検査をしていた。

 オオタカの死骸は14日、民家の屋根で見つかった。環境省が野鳥監視重点区域に指定した、発生地の半径10キロ圏内を、県は14日以降、職員に毎日巡回させるなど監視を強化している。今回の結果を受け、巡回の継続を決め、県内148カ所の家きん農場にも改めて防疫対策の徹底を呼び掛けた。【田中功一】
http://mainichi.jp/articles/20161221/k00/00m/040/058000c

http://archive.is/MIjjv
http://archive.is/1Cixz
http://archive.is/k3Pq1
http://archive.is/cpOg7
明和町で野鳥から鳥インフル オオタカ1羽、簡易検査陽性【伊勢新聞2016年12月15日】(他1ソース/既報1ソース)
posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル シジュウカラガン1羽から検出 東山動植物園【毎日新聞2016年12月21日】

 名古屋市千種区の東山動植物園は20日、確定検査の結果、死んだシジュウカラガン1羽から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)を検出したと発表した。感染確認は8羽目。結果が出ていないのはシジュウカラガン2羽となった。
http://mainichi.jp/articles/20161221/k00/00m/040/145000c

http://archive.is/ChHcz
2つの池を消毒・水抜き 東山動植物園、鳥インフル問題【中日新聞2016年12月20日】

環境省、野鳥の生息状況を緊急調査 真岡のオオタカ、鳥インフル検出【下野新聞SOON2016年12月21日】

野鳥の生息状況などを確認する調査チーム=20日午後(県自然環境課提供)
 真岡市若旅で野生のオオタカ1羽の死骸から高病原性のH5N6亜型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、環境省は20日、緊急調査チームを現地に派遣した。22日までの3日間、オオタカの発見場所からおおむね10キロ圏内の水辺を中心に、野鳥の生息状況などを調べる。

 調査チームは、野鳥調査が専門の自然環境研究センター(東京都)と同省の職員らで構成。20日は5人が2カ所で、約3時間かけて生息する野鳥の種類や数などを確認した。カモ類が多かったが、異常のある鳥は見られなかったという。22日までに計7カ所で調査し、結果を公表する予定。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20161221/2546084

http://archive.is/GK4jH
真岡で回収のオオタカ、高病原性ウイルスを検出 鳥インフルエンザ【下野新聞2016年12月16日】(確定検査結果)
posted by BNJ at 11:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拡散防止へ羽切り検討 鳥インフルで水戸市【茨城新聞クロスアイ2016年12月21日】

水戸市の千波湖などの野鳥から鳥インフルエンザウイルスが相次いで検出されていることを受け、市は20日、千波湖に生息するコブハクチョウやコクチョウが他の場所に飛び立たないよう、羽の一部を切る処置を検討する考えを明らかにした。同日の市議会全員協議会で高橋靖市長が報告した。

市内でこれまで、同ウイルスが検出されたのは、ほとんどが千波湖に生息するコブハクチョウからだったが、19日に同市城東の桜川で死んだコクチョウからも検出されるなど拡散の恐れもあることから、新たな対策を取る必要があると判断した。

全員協議会で高橋市長は「羽切りができるのかどうかも含め、専門家と相談して(野鳥が)移動しない方法を考えていく」と説明。羽切りのためには個体の捕獲が必要で、人と濃厚接触するため、実施については慎重に検討していく考えだ。

市によると、市内には5カ所の養鶏場があり、約51万羽が飼育されている。
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14822423077784

茨城の鳥インフル 香取市の一部も監視重点区域に【産経ニュース2016年12月21日】
 茨城県鹿嶋市の湖で見つかったユリカモメ1羽の死骸から鳥インフルエンザウイルスの簡易検査で陽性反応が出た問題で、県は20日、回収場所から半径10キロ圏内に香取市の一部が含まれ、野鳥監視重点区域になったと発表した。県によると、指定された地域には養鶏農場が1軒あり、異常の有無の確認や侵入防止対策を徹底する。

 ユリカモメは19日の簡易検査で陽性と確認され、環境省が回収場所10キロ圏内を同区域に指定。20日に同省から県に香取市の一部も同区域に含まれるとの連絡があった。動物衛生研究所で高病原性鳥インフルエンザの確定検査が実施されており、結果が判明するまで数日から1週間程度かかるという。
http://www.sankei.com/region/news/161221/rgn1612210063-n1.html

香取市の一部で野鳥監視を強化 茨城、鳥インフル陽性で【千葉日報ウェブ2016年12月21日】
 茨城県鹿嶋市で鳥インフルエンザ陽性(簡易検査)のユリカモメが発見され、千葉県は20日、香取市の一部が野鳥監視の重点区域に指定されたと発表した。野鳥が少数でも死んでいれば簡易検査を実施するなど警 ・・・

【残り 214文字】
http://www.chibanippo.co.jp/news/politics/373156

http://archive.is/EYtmF
http://archive.is/wkscL
http://archive.is/dYABq
鳥インフル、鹿嶋・北浦で陽性1羽 水戸でも新たに判明【茨城新聞2016年12月20日】(ユリカモメ/コブハクチョウ/確定検査待ち)
鳥インフルエンザ 更に5羽 コブハクチョウ、半数の22羽死ぬ 千波湖 /茨城【毎日新聞2016年12月18日】
posted by BNJ at 11:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<鳥インフル>福島・矢吹オオハクチョウ陰性【河北新報オンラインニュース2016年12月21日】(確定検査結果)

 福島県は20日、矢吹町明新中の阿武隈川沿いで見つかり、北海道大で確定検査中だったオオハクチョウの死骸から鳥インフルエンザウイルスは検出されなかったと発表した。環境省は同日、野鳥監視重点区域の指定を解除した。死骸は9日に発見。県の簡易検査は陰性、国立環境研究所による遺伝子検査は陽性だった。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201612/20161221_63013.html

確定検査で鳥インフル不検出 矢吹で陽性確認のオオハクチョウ【福島民友ニュース2016年12月22日】
 福島県は20日、矢吹町の阿武隈川河川敷で回収され、鳥インフルエンザの遺伝子検査で陽性が確認されたオオハクチョウ1羽の検体を確定検査した結果、ウイルスは検出されなかったと発表した。ウイルスが死んで「不活化」したとみられる。

 確定検査の結果を受け環境省は同日午後3時、オオハクチョウが回収された河川敷から半径10キロに設定した「野鳥監視重点区域」を解除した。

 ただ、県内では他の地域で鳥インフルエンザの陽性反応が出ているため、引き続き監視を強化する。

 県によると、国立環境研究所の遺伝子検査で陽性と判断された後、毒性の強い高病原性のH5N6亜型などの型を調べる確定検査でウイルスが検出されない事例がまれにあるといい、全国をみると、陽性反応が出た118検体のうち青森県でも同様の1件の事例が確認されている。

 遺伝子検査では、ウイルスが不活化していても感染したかどうかなどを調べることが可能という。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161221-136299.php

http://archive.is/M7azY
http://archive.is/cc9Ve
矢吹で鳥インフル陽性 オオハクチョウ、高病原性か確認へ【福島民友ニュース2016年12月14日】
posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<鳥インフル>大森山動物園が冬季開園を中止【河北新報オンラインニュース2016年12月21日】(他1ソース)

 秋田市大森山動物園は20日、飼育していたコクチョウとシロフクロウ計6羽が11月、高病原性のH5N6型鳥インフルエンザウイルスに感染したことを受けて、来年1〜2月に予定していた冬季開園「雪の動物園」を中止すると発表した。
 園は休園期間中、鳥類の飼育小屋に感染源となる可能性がある野鳥が侵入しないようにするなどの対策工事を行う。展示方法の改善も検討している。
 園では11月23日に死んだり、殺処分したりしたシロフクロウ3羽が陽性だったのを最後に感染例はなく、飼育中の鳥類にも異常は見られないという。
 雪の動物園は2006年に始まり、今季は1月7日〜2月26日の土日と祝日に開園予定だった。中止は初めて。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201612/20161221_43026.html

鳥インフルで「雪の動物園」中止 大森山、再開は来年3月【秋田魁新報2016年12月21日】
 秋田市浜田の大森山動物園(小松守園長)は20日、11月に園内で鳥インフルエンザが発生したことを受け、冬季休業中の土、日祝日に開催する「雪の動物園」の中止を決めた。

 雪の動物園は寒い季節ならではの動物たちの生態を知ってもらおうと、1〜2月の土、日祝日限定で開催するイベント。2006年から毎年行われ、市民らに親しまれていた。

 営業再開は来年の通常開園となる3月18日を予定。
(全文 395 文字 / 残り 208 文字
http://www.sakigake.jp/news/article/20161220AK0023/

雪の動物園 鳥インフル影響で中止 大森山動物園 /秋田【毎日新聞2016年12月23日】
散歩するトナカイを触り喜ぶ子供たち =秋田市浜田の大森山動物園で1月
 秋田市浜田の大森山動物園(小松守園長)は20日、来年1月7日〜2月26日の土日祝日に予定していた「雪の動物園」の開催を中止すると発表した。園内のコクチョウなどから鳥インフルエンザウイルスが検出された問題を受けての対応。開催中止は、雪の動物園が始まった2006年以来始めて。

 雪の動物園は冬の時期ならではの動物の生態が観察できるとして、市民らから親しまれてきた。同園では11月、飼育中のコクチョウなど計6羽が鳥インフルエンザに感染。その後、園内で新たな感染はなく沈静化しているが、全国的に流行していることから中止を決めた。

 営業再開は通常開園となる来年3月18日からの予定。鳥舎などを改修し、展示方法を見直すという。同園の担当者は「雪の動物園を楽しみにしていた方々に申し訳ない。元気で魅力ある動物園として再開したい」と話していた。【松本紫帆】
http://mainichi.jp/articles/20161223/ddl/k05/040/072000c

2016秋田この1年(8)鳥インフルエンザ 動物園関係者に衝撃【秋田魁新報2016年12月25日】
冬季休業中の大森山動物園。今年は鳥インフルエンザの発生で通常より一足早く営業を終えた
 秋田市の大森山動物園で先月下旬に今冬初となる感染が確認された高病原性の鳥インフルエンザは、その後も全国各地で猛威を振るっている。北海道や青森県など4道県では家禽(かきん)にも感染し、殺処分された鶏などは約100万羽に達した。同園内の感染は落ち着いたものの、国内の流行は今なお続いている。

 同園で1羽目のコクチョウが死んでからちょうど1カ月後の今月15日。冬季休業中の園内には雪が降り積もり、出入り口などにまかれた消毒用の石灰を覆い隠していた。

 各地の動物園や養鶏場などは毎年、ウイルスを運ぶ渡り鳥が飛来する秋に施設の消毒などの予防策を強化する。同園も警戒を強めていた最中だっただけに、小松守園長ら関係者の衝撃は大きかった。
(全文 1153 文字 / 残り 841 文字)
http://www.sakigake.jp/news/article/20161225AK0015/

http://archive.is/2PcOZ
http://archive.is/JrQtN
http://archive.is/alTuZ
http://archive.is/PFcMy

<鳥インフル>一関はオオハクチョウA型陽性【河北新報オンラインニュース2016年12月21日】(確定検査待ち)

 岩手県は20日、一関市花泉町で回収したオオハクチョウ1羽の死骸の簡易検査で、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。県内では5例目。北海道大で確定検査を実施する。
 県によると、死骸は18日に同町油島地区のため池で見つかった。発見場所は13日に同ウイルスに感染したオオハクチョウを回収した同町涌津地区のため池から半径10キロ圏の野鳥監視重点区域内。環境省は今回の回収地点から半径10キロ圏を新たに監視重点区域に指定。区域には栗原、登米両市の一部も含まれる。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201612/20161221_33025.html

http://archive.is/DuBtZ
一関でも鳥インフル陽性 確定検査へ【読売新聞2016年12月18日】
<鳥インフル>岩手・滝沢のマガモ陽性【河北新報オンラインニュース2016年12月20日】(確定検査結果/他1ソース)
posted by BNJ at 11:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三沢市のコブハクチョウも高病原性と確定【デーリー東北2016年12月21日】(既報1ソース)

 環境省と青森県は20日、三沢市の湖畔で見つかったコブハクチョウの死骸1羽について、北海道大による確定検査の結果、感染力が強いH5N6亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。今冬、県内で野鳥の高病原性鳥インフルエンザ感染が確認されたのは、八戸市田向地区で発見されたオオハクチョウに次いで2件目。同省の緊急調査チームは21、22の両日、回収地点から半径10キロ圏内に指定した野鳥監視重点区域で生息状況などを調べる。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20161221/201612200P161186.html

鳥インフルエンザ 三沢の野鳥死骸、確定検査で陽性 /青森【毎日新聞2016年12月21日】
 環境省と県は20日、三沢市内で死骸が回収されたコブハクチョウの確定検査で、H5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。確定検査で野鳥から陽性反応が出たのは、八戸市のオオハクチョウに続き今季2例目。発見場所が近いことから、同省の緊急調査チームが周辺の野鳥の調査をしている。

 県自然保護課によると、今回確定したのは三沢市内の湖で5日に見つかった1羽の死骸。簡易検査は陰性だったが、その後の遺伝子検査でウイルスが検出され、北海道大で確定検査をしていた。【佐藤裕太】
http://mainichi.jp/articles/20161221/ddl/k02/040/040000c

<鳥インフル>三沢のコブハクチョウ強毒性【河北新報オンラインニュース2016年12月21日】
 環境省は20日、青森県三沢市の小川原湖畔で5日に回収したコブハクチョウを北海道大で確定検査した結果、強毒性のH5N6型高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。当初は6日回収と公表したが、5日に訂正した。
 回収地点から半径10キロ圏の野鳥監視重点区域指定は継続する。青森県内で野鳥の高病原性鳥インフルエンザウイルス感染が確認されたのは、八戸市のオオハクチョウに続き2例目。
 同省の野鳥緊急調査チームは19〜24日に八戸、三沢、むつ3市と平内町を回り、野鳥の生息状況や健康状態などを確認する。県はドローンを活用し、沼地、湖畔などを中心に異常がないかどうか調べている。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201612/20161221_23014.html

三沢のハクチョウ死骸、高病原性鳥インフル【Web東奥ニュース2016年12月20日】
 環境省と青森県は20日、青森県三沢市三沢の小川原湖畔で5日に回収されたコブハクチョウ1羽の死骸について、北海道大学で確定検査を行った結果、毒性が強い高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたと発表した。本年度、青森県内で野鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは、青森県八戸市田向で回収されたオオハクチョウに続き2羽目。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20161220020849.asp

http://archive.is/HwLI8
http://archive.is/KEKLd
http://archive.is/AFlwg
http://archive.is/OTzmf
<鳥インフル>三沢でコブハクチョウA型検出【河北新報オンラインニュース2016年12年13日】(確定検査待ち/他2ソース)
posted by BNJ at 11:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水・鳥インフル道外と同型 土中処分完了 指針時間は超過【どうしんウェブ2016年12月21日】(他1ソース)

鶏の搬出を終えた養鶏場で片付けが続いた=20日午後1時40分、清水町(本社ヘリから)
 【清水】十勝管内清水町の養鶏場の採卵用の鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、道が養鶏場のすべての鶏約28万羽を対象に行った殺処分と埋める作業が20日、完了した。農林水産省は同日、今回検出された高病原性ウイルスはH5N6型で、青森県など各地の農場や野鳥から検出されているものと同型であることを明らかにした。

 殺処分した鶏を埋める作業は、高病原性ウイルスと確定した16日午後10時半から80時間半を要し、国の指針が求める72時間以内に終えることができなかった。対象となる鶏の数を途中まで把握し切れなかったことなどが響いた。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0350708.html

清水・鳥インフル、28万羽埋却終える【朝日新聞デジタル2016年12月21日】
殺処分された鶏は重機を使って埋却された=19日、清水町、道提供

■飼育数多く遅れる

 清水町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生した問題で、道は20日、国が定める期限から大幅に遅れて殺処分と埋却を終えた。半径10キロ以内の農場では鶏の移動や搬出が制限されているが、感染拡大がなければ来年1月中に解除される見通しだ。

 国の指針は、高病原性と確認されてから24時間以内に殺処分し、72時間以内に埋却するよう求めている。道によると、養鶏場は飼育数を当初約21万羽としていたが、今月購入したヒナが含まれておらず、実際は28万3952羽だった。

 さらに厳しい寒さの中で手袋やゴーグル、マスクを着けて慣れない作業だった上、敷地内の除雪にも時間がかかったという。二酸化炭素による殺処分が完了したのは19日午後9時で、16日午後10時半の感染確認から70時間半が過ぎていた。

 埋却場所も、当初予定していた養鶏場敷地内から地下水が出たため、約16キロ離れた清掃センターの敷地になった。徹夜で作業にあたったが、終わったのは感染確認から80時間半が経過した20日午前7時だった…
http://www.asahi.com/articles/CMTW1612210100004.html

http://archive.is/f6QmK
http://archive.is/TBuZt
北海道の養鶏場、殺処分した鶏の埋却作業終わる【読売新聞2016年12月20日】(清水町鳥インフルエンザ関連20日分まとめ)
posted by BNJ at 11:17 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白老でも陽性反応 鳥インフル【どうしんウェブ2016年12月21日】(オナガガモ/確定検査待ち)

 道と環境省は20日、胆振管内白老町内で回収された野鳥のオナガガモ1羽の死骸から、鳥インフルエンザの陽性反応があったと発表した。北大で高病原性かどうかを調べる確定検査を行う。結果判明まで1週間程度かかる見通し。

 道によると、死骸は19日夜、一般住宅の庭でこの家の住民が発見。翌20日に道が回収して簡易検査を行った。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0350714.html

http://archive.is/4Dze7
posted by BNJ at 11:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊本)ヤマセミ、「人吉市の鳥」に 新観光列車に合わせ【朝日新聞デジタル2016年12月21日】

 人吉市は、球磨川流域に生息する野鳥、ヤマセミを市の鳥に追加指定する。来年3月4日から、JR九州が熊本―人吉間に新しい観光列車「かわせみ やませみ」を運行するのにあわせて、観光の活性化につなげる目的という。

 市は1972年にウグイスを市の鳥に指定したが、観光列車の名前が明らかになって以降、地元の野鳥愛好家や地域おこしグループが要望や陳情をしていた。市は来年1月中旬から市民の意見を聞いたり、専門家を招いて勉強会を開いたりして、運行開始までに告示して決定する方針。

 新観光列車は水戸岡鋭治さんがデザインを手がける。外観が青色の「かわせみ」と緑色の「やませみ」の2両編成。沿線の八代市と球磨村はカワセミをそれぞれ指定している。(知覧哲郎)
http://www.asahi.com/articles/ASJDN532FJDNTLVB00S.html

http://archive.is/kSWye
posted by BNJ at 11:12 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする