2016年12月24日

「ヨウム」など23の野生生物 来月から商取引を原則禁止へ【NHKニュース2016年12月24日】(既報関連ソースあり)

ワシントン条約の締約国会合で絶滅のおそれがあり、保護が必要とされた大型インコの「ヨウム」など23の野生生物について、環境省は、年明けから商業目的での輸出入や国内での取引を原則禁止することになりました。日本でもペットとして多く飼育されている種類もあり、環境省は、周知を徹底することにしています。
今回の規制の対象になるのは、アフリカに生息する大型インコの「ヨウム」や、インドやアフリカなどに生息し、皮が財布などに使われる「センザンコウ」、それにアフリカのタンザニアの森林に生息する「アオマルメヤモリ」など23の野生生物です。
いずれも、ことし9月下旬から10月はじめにかけて南アフリカで開かれたワシントン条約の締約国会合で絶滅のおそれがあり、保護が必要とされました。

これを受けて環境省は今月、絶滅のおそれのある野生の動植物を守るための法律、「種の保存法」を改正し、改正法が施行される来年1月2日から、商業目的での輸出入や国内での取引を原則禁止することになりました。

環境省によりますと、今回の措置で、すでに国内にいるものについても国に登録をしないと取り引きができなくなりますが、このうち「ヨウム」や「アオマルメヤモリ」などは日本でもペットとして多く飼育されているということで、環境省は、周知を徹底することにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161224/k10010818291000.html

http://archive.is/cLLxt
国内外の希少種取引規制 大型インコのヨウムも【共同通信2016年12月13日】
キリンが絶滅危惧種に、「レッドリスト」最新版で指定【CNN.co.jp2016年12月9日】
「ヨウム」の国際取引禁止 ワシントン条約締約国会議【共同通信2016年10月3日】(既報関連ソースあり)

タグ:ヨウム
posted by BNJ at 12:12 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル:韓国政府、卵加工品の輸入関税0%に 民生物価安定策を推進【朝鮮日報2016年12月24日】

 韓国政府は23日、「汎政府非常経済対応会議」を開き、農畜水産物・都市ガス・私教育費など、最近上昇している物価を安定させるため、民生物価安定策を推進することを決めた。鳥インフルエンザ発生で卵の価格が急騰しているうえ、ガソリンや軽油の価格も今年最も高い水準になるなど、「体感物価」が非常事態に達しているからだ。このため政府は、企画財政部(省に相当)・農林畜産食品部・公正取引委員会・食品医薬品安全処(省庁の一つ)・中小企業庁・関税庁などが参加するタスクフォース(特別作業班)を発足させた。

 政府はまず、卵の需給を安定させるため、限定的に農家からの卵の搬出を拡大する予定だ。製菓・製パン業者を支援するため卵白・卵黄粉など卵加工品の輸入に適用される関税(8−30%)も関税割当(0%)を適用する。また、旧正月用品の需給安定を含めた民生対策も来月中旬までに整備することにした。

 ガソリンなどについては値下げを誘導するため、節約ガソリンスタンド(石油公社や農協が大量に共同購入したガソリンを、付帯サービス抜きで安く売るガソリンスタンド)の共同購入量を増やすことにした。来年1月からガソリンスタンドや石油販売所などの電子商取引参加者の税制を優遇し、ガソリンスタンド供給単価や消費者販売価格の引き下げを誘導する方針だ。また、公共機関と協力して冬季の都市ガス料金など公共料金引き上げもできるだけ抑制する。

 家計支出において比重が高い通信費の負担を軽減する措置も推進する。高齢者・障害者・失業者など経済的弱者の状況に合わせた料金制を拡大し、大手携帯電話会社の既存のネットワークを利用して通信事業を行う格安携帯電話事業者がさらに安定して営業できるよう、関連法令の改正を進める。通信市場の競争を促進し、通信費の負担を軽減する考えだ。

 私教育費については、来年1月から学習塾代を屋外に掲示させる「屋外価格表示制」を全面実施し、不当な値上げを防ぐ方針だ。さらに、住居費の安定のため低所得者用ローンなどの政策金融支援規模を今年の41兆ウォン(約4兆円)から来年には44兆ウォン(約4兆3000億円)に増やすことにした。

郭来乾(クァク・レゴン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/24/2016122400377.html

【鳥インフル】韓国で史上最悪被害「卵が消える!?」 朴槿恵政権混乱で対応に遅れ 安倍政権の「電光石火」対応を称賛【産経ニュース2016年12月25日】
ソウル市内のスーパーの卵売り場。鳥インフルの影響で品切れの恐れがあるとの張り紙がある=20日(ロイター)
 【ソウル=桜井紀雄】韓国全土で高病原性鳥インフルエンザウイルスが拡大、鶏などの殺処分は2500万羽に達した。過去最悪の被害となり、卵価格の急騰で庶民の食卓を直撃している。韓国メディアは、同時期に鳥インフルが発生した日本の対応を「迅速だ」と称賛。朴槿恵(パク・クネ)大統領の疑惑をめぐる混乱もあり、後手に回った韓国政府の対応を痛烈に批判している。

 「日ごとに卵の値段が上がる。こんな経験は初めて。今後が心配です」。ソウル市内で製パン店を営む女性はこう顔を曇らせた。

 特に産卵鶏の被害が深刻で24日現在、約1700万羽が殺処分された。韓国の産卵鶏の4羽に1羽が消えたことになる。産卵鶏の親の種鶏に至っては4割以上が殺処分された。

 卵の小売価格は、先月に比べ約25%急騰。卵を多く使う製パン業界への影響が大きく、最大手パンチェーンが一部商品の生産中止を決めた。大手スーパーでも1人1パックに販売を制限し、それでも品切れになる店があるという。料理から卵を抜く飲食店も現れた。

 韓国各紙は「鶏卵大乱(ケランテラン)」との見出しで日々その深刻さを報道。韓国政府は、生卵の緊急空輸を決めるとともに、買い占めや売り惜しみがないかも調査する。

 このペースで感染が広がり続ければ、殺処分は5千万羽に上ると予測する専門家もいる。過去最悪だった2014年の殺処分約1400万羽をしのぐ被害をもたらしたのは初動対応の後れだ。黄教安(ファン・ギョアン)首相が政府の防疫対策室を訪れたのは11月25日。家禽の大量死が報告されてから約10日が過ぎていた。警戒レベルを最高に引き上げたのは約1カ月後だった。

 韓国メディアが注目するのは、日本政府との対応の差だ。青森、新潟両県で11月28日に感染が確認された約2時間後の深夜には、官邸に情報連絡室が設置され、安倍晋三首相が「防疫の徹底」を指示。翌未明までに殺処分に着手した。韓国紙は「電光石火のごとく動いた」と伝えた。日本では、農林水産省によると今月23日現在、殺処分は約97万羽にとどまっている。

 韓国では朴大統領をめぐる疑惑が拡大し、国政がまひしていた。鳥インフルへの対応の遅れについて、中央日報は「コントロールタワーが消えた現政権の問題点を見せる事例だ」と指摘。朝鮮日報は社説で「改めて『失敗した国』の姿を見た」と批判している。
http://www.sankei.com/world/news/161224/wor1612240042-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/161224/wor1612240042-n2.html

http://archive.is/3WN08
http://archive.is/Gglzm
http://archive.is/tOGWA
韓国製パン大手が一部商品の生産停止 鳥インフルで卵不足【朝鮮日報2016年12月23日】
posted by BNJ at 12:11 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稼ぎ時「出荷できない」 鳥フル影響深刻、続発を懸念【宮崎日日新聞2016年12月24日】

 川南町川南の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザにより、クリスマスなどで多くの需要を見込んでいた農家は一転、出荷を止められて苦境に陥った。ブロイラー農家は成長し過ぎによる商品価値の低下を懸念。鶏肉や卵の輸出にも影響が出た。移動・搬出制限区域に入った養鶏場は143戸(562万羽)。例外措置==により出荷を再開できた農家はいるが、ごく一部。産地としての信頼低下を心配し「1例で終わらせたい」との声が上がる。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_23417.html

http://archive.is/WcX4i
宮崎・川南町、鳥インフル警戒続く 環境省の野鳥緊急調査も [宮崎県]【西日本新聞2016年12月23日】(他2ソース)
posted by BNJ at 12:06 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルエンザ 雪で防疫作業中断 清水の養鶏場 /北海道【毎日新聞2016年12月24日】

 清水町の養鶏場で飼育されていた鶏から強毒性の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、道は、大雪のため23日に予定していた防疫措置の作業を中断した。養鶏場内の消毒と、ふんなど汚染物品の搬出が残されており、24日にも完了する見込み。

 国の指針で周囲から新たなウイルスが確認されなければ、防疫作業完了の10日後に搬出制限区域(半径3〜10キロ)内の鶏や卵の持ち出し制限が解除。移動制限区域(半径3キロ圏)の解除は3週間後となる。【三沢邦彦】
http://mainichi.jp/articles/20161224/ddl/k01/040/106000c

http://archive.is/MO0X3
養鶏場防疫、23日にも完了 清水・鳥インフル確定1週間【どうしんウェブ2016年12月23日】(他1ソース)
posted by BNJ at 12:03 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロツラヘラサギ、東よか干潟で羽休め =フォト日和=【佐賀新聞LiVE2016年12月24日】

潮が引くまで、木柱で休むクロツラヘラサギの群れ=佐賀市東与賀町の「東よか干潟」
 ユニークなくちばしが特徴のクロツラヘラサギが佐賀市東与賀海岸に飛来している。干潟に立つ木柱には同じ方向を向いたクロツラヘラサギが行儀良く羽を休め、潮が引くのを待っていた。クロツラヘラサギは現在個体数が約3千羽と少なく、環境省レッドリストに載る絶滅危惧種。東よか干潟で確認できたのは40羽ほどの群れで、ここに生息する小魚や甲殻類を目当てに、朝鮮半島方面から越冬してきた。

 カメラ片手に長崎から訪れた松林静風さん(73)は「こんなに近くで見られる所はほとんどない。この干潟は水鳥の天国」と興奮しながらシャッターを切っていた。

 野鳥の会佐賀県支部によると、満潮時の前後1時間が間近で見られる時間帯といい、「他にもたくさんの水鳥がいるのでそっと近づいて観察を楽しんで」。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/389591

http://archive.is/9C5pG
「世界的な希少鳥」くちばしに釣り具、左翼を負傷…クロツラヘラサギ回復し放たれる【産経WEST2016年11月25日】(既報関連ソースあり)
白石のレンコン畑、防鳥対策を協議 絶滅危惧種保護で【佐賀新聞LiVE2016年3月5日】(クロツラヘラサギ/既報関連ソースあり)
posted by BNJ at 12:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障害者への理解、絵本で深めて 京都府の鳥・オオミズナギドリ主人公に制作【産経ニュース2016年12月24日】(府の鳥)

 ■舞鶴の社福法人・みずなぎ学園

 障害者への理解を深めてもらおうと、社会福祉法人みずなぎ学園(舞鶴市鹿原)が絵本「ぬーたんがとぶ日」を制作した。府の鳥・オオミズナギドリの「ぬーたん」を主人公に飛び立つのが苦手でも、助けがあれば飛べることを表現した。同園の鈴木令子園長は「『ぬーたん』と(登場人物の)少年から支え合うことの大切さを感じてほしい」などと話している。

 同学園では、知的障害者ら約250人が通所施設や入所施設を利用。「ぬーたん」は利用者の30代の女性が描いた鳥のキャラクター。利用者が刺繍(ししゅう)などをつくる度に「これ縫(ぬ)うたんや」などと話していることにちなみ、キャラクターを「ぬーたん」と命名した。

 オオミズナギドリは舞鶴市沖の国の天然記念物・冠島に生息。地面から飛び立つことができず、斜面を走ったり、高い場所から飛び降りたりしないと飛ぶことができないとされる。

 絵本では、ハンディキャップのある人を「ぬーたん」に投影。うまく飛べない「ぬーたん」を少年が後押しすることで飛び立つ姿を描く。

 職員が物語を考え、利用者が作った刺繍など手芸品の写真を絵本の背景に取り入れた。今年3月ごろに制作を始めたが、今年7月、相模原市で多くの障害者が殺傷される事件が発生。障害者への理解を求めることの重要性を再認識し、制作を急いだという。

 絵本はカラー刷りの正方形(縦横21センチ)で1万部を発行。市内の小中学校や幼稚園、保育所などに配布するほか、1部650円で販売する。

 問い合わせは同学園(電)0773・63・5030。
http://www.sankei.com/region/news/161224/rgn1612240046-n1.html

http://archive.is/qbbM9
posted by BNJ at 11:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長野 ワカサギ、渡り鳥から守る 諏訪湖漁協が集中追い払い【中日新聞2016年12月24日】(カワアイサ/既報関連ソースまとめあり)

集中追い払いに参加する藤森組合長(手前右)と組合員=諏訪湖で
写真
 諏訪湖漁協(諏訪市)は二十三日、ワカサギを食べる渡り鳥「カワアイサ」を集中的に追い払う取り組みを始めた。組合員三十人がそれぞれの舟で沖に出て、湖内全域を分担して監視。諏訪湖を代表する水産資源の確保を図る狙いで二十五日まで続ける。

 漁協によると、今季も既に千羽のカワアイサが諏訪湖に飛来。今月上旬に当番を決めて追い払いを始めたが、効果を上げるために大掛かりな集中実施期間を設けた。

 湖内に散らばった組合員らは、カワアイサの群れを見つけると急いで接近。舟のエンジン音に驚いたカワアイサは一斉に飛び立ち、分散した。カワアイサは大群になるほどワカサギを効率的に捕食するという。

 この日は午前八時から追い払いを始めたが、風が強く波が立ち、短時間で切り上げた。

 諏訪湖のワカサギは七月下旬の大量死で生息数が激減。漁協は今季、休漁にする異例の対応を取った。藤森貫治組合長は「真剣に追い払わなければ来年の漁に影響する。生息数が少ないからこそ手抜きはできない」と話した。

 (中沢稔之)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20161224/CK2016122402000013.html

http://megalodon.jp/2016-1224-1150-00/www.chunichi.co.jp/article/nagano/20161224/CK2016122402000013.html
諏訪湖ヒシ 適正刈り取り量検討開始【長野日報2016年10月22日】
諏訪湖で銃猟 求め意見書 漁協「ワカサギ採卵 水鳥捕食で激減」【信濃毎日新聞2015年9月8日】(カワアイサ)
シジミ試験区変更へ 野鳥の営巣確認で配慮【長野日報2016年8月10日】(ヨシゴイ/ササゴイ)
「少ない」カモ類 諏訪湖で調査【長野日報2016年1月16日】(カワアイサ/鳥害)
カモ類生息数調査:諏訪湖、前年の2倍3164羽 /長野【毎日新聞2015年1月28日】
posted by BNJ at 11:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大町 ライチョウ捜索終了 不明2週間 目撃情報あれば対応【信濃毎日新聞2016年12月24日】

ライチョウを捜す宮野指導員(右から2人目)と市民ボランティア=23日午後4時10分、大町市
 大町市立大町山岳博物館は23日、同館付属園から10日に逃げ出した国の特別天然記念物ニホンライチョウの雌1羽について市職員らが巡回する捜索を終えた。逃げ出して2週間。鳥羽章人館長は「発見できなかったことは残念」とした。24日以降、市民らから目撃情報が寄せられた場合に捜索する態勢に切り替える。

 23日は、飼育担当の宮野典夫指導員とボランティア2人が、博物館がある同市の東山一帯を捜索。山肌を歩いたり、双眼鏡を使ったりして捜したが発見できなかった。

 人工飼育のライチョウは、餌を取る方法や天敵からの身の守り方が身に付いていない恐れがある。捜索終了は、元気な状態で保護できたり、周囲にいたりする可能性が低くなったため。宮野指導員は「今後も何かあればすぐに駆けつけたい」と話していた。

 同館は環境省と日本動物園水族館協会が進めるニホンライチョウの保護増殖事業に参加し、6月に卵4個を預かった。育ててきた4羽のうち雄1羽と雌1羽が10日に飼育舎の排煙用の窓から逃げ出した。窓を開けるためのひもにニホンライチョウが触れ、窓が開いたとみられる。

 同日中に近くのやぶの中で雄を保護し、雌の捜索を市職員らが続けてきた。市職員を中心に約100人態勢だったのを徐々に縮小し、17日からは、ライチョウが活発に動く朝と夕に市職員1人と同館友の会会員のボランティア数人が車で市内を巡回。この間、左足に青い足輪が付いているなど雌の特徴を市民に伝えてきた。

 環境省などの保護増殖事業では、上野動物園(東京)と富山市ファミリーパークもニホンライチョウを飼育している。
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20161224/KT161223FTI090006000.php

http://archive.is/aoMO7
ニホンライチョウ 捜索、規模縮小し継続 大町市教委 /長野【毎日新聞2016年12月17日】

新最終処分場の隣接林、ハヤブサ営巣初確認 宇都宮市 保全区域として新たに10ヘクタール取得へ【下野新聞SOON2016年12月24日】

 【宇都宮】市は23日までに、下横倉町の山林に整備する焼却灰などの新最終処分場「(仮称)第2エコパーク」に隣接する民有林周辺で、県レッドデータブックの絶滅危惧1類(Aランク)に指定されるハヤブサの営巣を市内で初めて確認した。このため市は、民有林約10ヘクタールを環境保全・活用区域として新たに取得する方針を決めた。今後は施設整備と並行して周辺の環境保全を進めるとともに、新最終処分場の見学と里山観察を一体的に提供するなど自然環境の活用を図る。

 新最終処分場は、市の清掃センターから出る焼却灰などを埋め立てる施設。埋立物の飛散や雨水の浸入防止などを目的に、埋め立て地全体を建物で覆う計画となっている。管理棟や埋め立て地を覆う建物は、事業区域約26ヘクタールに建設。新たに取得する環境保全・活用区域の用地と合わせ、「(仮称)第2エコパーク」の総敷地面積は約36ヘクタールとなる見込みだ。新最終処分場は、2019年度中の完成を目指している。

 施設整備に向けて、14年から事業区域の現地調査などを実施。本年度は有識者の意見を踏まえ、事業区域の北西に隣接する民有林などを詳しく調べてきた。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20161224/2548219

http://archive.is/sJt9C
posted by BNJ at 11:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする