2016年12月31日

鳥インフルエンザ 監視重点区域を解除 小野市の鴨池周辺 /兵庫【毎日新聞2016年12月31日】

 小野市来住町でカモ類のふんから毒性の強いH5N6亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出した問題で、県は30日午前0時、野鳥監視重点区域の指定を解除した。確定検査の結果が出た1日以降、ふんを採取した鴨池の周辺10キロ圏内を同区域に指定。県と環境省のチームが監視を強化してきたが、新たな異常は認められなかった。【松本杏】

〔播磨・姫路版〕
http://mainichi.jp/articles/20161231/ddl/k28/040/246000c

http://archive.is/1lguy
鳥インフル監視区域解除へ 兵庫・小野の池周辺【神戸新聞NEXT2016年12月28日】

posted by BNJ at 22:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国で猫2匹から鳥インフル検出 養鶏盛んな地域【共同通信2016年12月31日】(H5N6型)

 【ソウル共同】聯合ニュースは31日、韓国北部の京畿道抱川で死んでいるのが見つかった猫2匹から、同国で感染が拡大している鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出されたと伝えた。抱川は養鶏が盛んな地域で、既に養鶏場などで感染が広がっている。

 聯合ニュースによると、韓国で哺乳類の鳥インフルエンザウイルス感染が確認されたのは、2015年2月に南部の慶尚南道固城で飼い犬が感染して以来。

 今回感染が確認されたのは飼い猫と野良猫で、それぞれ12月25日と26日に死骸で見つかった。当局は付近の他の野良猫を捕獲し、感染の有無を調べている。
https://this.kiji.is/187860618967877111?c=39546741839462401

猫も鳥インフルエンザ感染の疑い=韓国【中央日報2016年12月31日】
猫が鳥インフルエンザウイルスに感染して死んだと疑われる事例が京畿道抱川(ポチョン)で発生した。

30日の農林畜産食品部によると、25−26日に抱川のある家庭で雄猫1匹と子猫3匹が相次いで死んだため、飼い主が京畿道当局に申告した。

京畿道が道内北部動物衛生試験所で死体を検査した結果、鳥インフルエンザウイルスと疑われ、慶尚北道金泉(キムチョン)の農林畜産検疫本部に精密検査を依頼した。猫が感染した鳥インフルエンザウイルスの類型はH5型まで確認された。

キム・ヨンサン農林畜産食品部防疫管理課長は「ウイルスが高病原性かどうかに対する結果は近いうちに出る予定」と述べた。また「現在まで死んだ猫と接触した人たちのうちウイルス感染が疑われる人はいない」とし「今後10日間は能動的な監視をする計画」と伝えた。
http://japanese.joins.com/article/164/224164.html

http://archive.is/Ye2Vz
http://archive.is/VQZPP
鳥インフル:韓国で深刻な卵不足、最大の被害者は零細商人【朝鮮日報2016年12月29日】(他2ソース)
posted by BNJ at 22:34 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

干支の動物園 十二支にちなむ、本物の動物展示 天満屋倉敷店 /岡山【毎日新聞2016年12月31日】

写真撮影会でハリスホークを腕に止まらせてもらう親子=岡山県倉敷市阿知1の天満屋倉敷店で、小林一彦撮影
 十二支にちなむ動物を全て生きたまま展示する「干支(えと)の動物園」が倉敷市阿知1の天満屋倉敷店で開かれている。

 今年の申(さる)はリスザルを、来年の酉(とり)はセキセイインコやシロフクロウなど4種を紹介。トラやイノシシ、牛(ホルスタイン)の子などもガラス越しに見ることができる。リスザルのエサやり体験やタカ科のハリスホークなどと一緒の写真撮影会などもある。

 ハリスホークを腕に止まらせて写真撮影をした市内の幼稚園児、菅野日那ちゃん(3)は「羽をぱたぱたさせて可愛かった」とうれしそうだった。

 来月9日までで同1日は休み。中学生以上900円、小学生以下600円、2歳以下無料。同店(086・426・2111)。【小林一彦】
http://mainichi.jp/articles/20161231/ddl/k33/040/262000c

http://archive.is/QNV25
天満屋倉敷店に遊べる水族園! 21日まで【産経ニュース2016年8月12日】(マゼランペンギン)
「てんまや恐竜王国」3日開幕 生物の進化紹介【山陽新聞デジタル2016年8月2日】(エピオルニス)
ペンギンやサメ…間近で観察して 岡山天満屋の葦川会館で「奇跡の海パラオと南洋ミクロネシアの世界」【産経ニュース2015年8月3日】

企画展 いろーんな酉がいっぱい 豊橋・自然史博物館、来月15日まで /愛知【毎日新聞2016年12月31日】

 来年の干支(えと)「酉(とり)」にちなんだ、トリのはく製や絶滅したトリの化石、鉱物などを集めた企画展「酉にちなむ」が、豊橋市大岩町の「市自然史博物館」で開かれている。来年1月15日まで(29日〜1月1日、休館日は除く)。

 絶滅したペンギン類の頭骨化石をはじめ、キジ科のはく製やトリに由来する名前の生物、岩石鉱物など約100点が展示されている。また、浜松市博物館が収蔵する「鳥形埴輪(はにわ)」や「ニワトリの張り子」など、歴史や民俗に関する貴重な資料も展示されており、来場者は食い入るように観賞していた。【石塚誠】
http://mainichi.jp/articles/20161231/ddl/k23/040/080000c

http://archive.is/pGJK3
タグ:イベント
posted by BNJ at 22:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タンチョウしばし羽休め【産経ニュース2016年12月31日】

明け方、国の特別天然記念物のタンチョウの姿が=北海道鶴居村(三尾郁恵撮影)
 北海道・釧路湿原北西部に位置する鶴居村では12月中旬の明け方、国の特別天然記念物のタンチョウが、ねぐらとなっている雪裡(せつり)川の音羽橋付近に集まって、羽を休めていた。

 この日の気温はマイナス19度という極寒。当地で「毛嵐(けあらし)」と呼ばれる川面から立ち上った霧がゆらめき、凍り付いた木々は白い霧氷に覆われている。タンチョウたちは、夜が明けて朝日が差し込む幻想的な舞台で、首を上げて羽を広げ、徐々に飛び立っていった。
http://www.sankei.com/life/news/161231/lif1612310025-n1.html

http://archive.is/w9B6D
鳥インフル対策、観光に影響必至  釧路【朝日新聞デジタル2016年12月22日】
タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 22:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ、野外100羽に=兵庫、福井、千葉で放鳥−広がる野生復帰【時事ドットコム2016年12月31日】

大空を舞うコウノトリ=2016年4月5日、兵庫県豊岡市(兵庫県立コウノトリの郷公園提供)
 国の特別天然記念物コウノトリを、野生に復帰させる動きが広がっている。日本では野生のコウノトリが一度姿を消したが、人工飼育して放鳥する試みが兵庫県で2005年に始まり、各地で大空を舞う姿が見られるようになった。福井県や千葉県野田市も放鳥を始め、野外にすむコウノトリは17年に100羽を超えそうだ。

 コウノトリはかつて各地の水田や湿地などに生息し、ドジョウやカエルなどを餌にしていた。しかし、戦後の乱獲などが原因で生息数が減少。野生のコウノトリは1971年にいなくなったとされる。今ではロシアや中国など極東地域に約2000羽しかいない絶滅危惧種だ。
 そこで、日本でコウノトリの再野生化を目指そうと、繁殖地の一つだった兵庫県北部にある県立「コウノトリの郷(さと)公園」(豊岡市)が立ち上がった。ロシアから譲り受けた野生のペアを中心に人工飼育を手掛け、05年から放鳥を始め、これまでに41羽を空に放った。

繁殖用に設置された塔の上に作った巣で暮らすコウノトリの親子=2016年5月26日、兵庫県豊岡市(兵庫県立コウノトリの郷公園提供)
 野外での巣作りに向け、塔の上に鉄製の網皿を置いた構造物の設置も県内外で進む。郷公園によると、放鳥したコウノトリと野外で生まれ育った分を合わせ、90羽前後が野外で暮らす。担当者は「これまでに45都道府県で飛来が確認された」と説明する。
 放鳥の試みは広がり、福井県と千葉県野田市はともに15年から始めた。「豊かな自然環境を将来に残したい」(野田市)と、自然再生のシンボルとして着目。福井県は4羽、野田市は5羽を放ち、うち計8羽が野外で生息。今後も放鳥を続けるという。
 徳島県は飛来するコウノトリの定着を狙う。ここ数年で約20羽が姿を見せ、同県鳴門市では産卵する姿が見られた。今後、ビオトープ(生態系に配慮した空間)の整備などで餌場を用意する。
 コウノトリが再び空を舞うようになり、郷公園の江崎保男統括研究部長は「(豊岡では)野生でヒナを産み育てることができるような環境になった」と話す。一方で「コウノトリは1日1キロほど食べる大食漢。餌の淡水魚や生物を増やすことが必要」と指摘。野生のコウノトリを増やすには、豊かな自然の再生が求められる。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016123100101&g=soc

http://archive.is/Wnu66
posted by BNJ at 22:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「鳥カフェ」がブームに=女性中心に人気−インコやフクロウが癒やし【時事ドットコム2016年12月31日】

東京都江東区の「鳥のいるカフェ」木場店で鳥を見ながらくつろぐ来店客=2016年12月9日
 色鮮やかなインコ、物静かなフクロウ、おしゃべり好きなオウム。こんな鳥たちがいる「鳥カフェ」がブームになっている。ガラス越しに眺めたり、肩に乗せたりなど過ごし方はさまざまだが、かわいい姿に癒やされると、女性を中心に人気を集めている。
 東京・南青山の「ことりカフェ」では、セキセイインコや文鳥など25羽ほどが出迎えてくれる。休日には150〜200人が訪れ、開店前から待つ人も。鳥と触れ合うには別料金がかかるが、ほとんどの人が希望する。2016年は大阪・心斎橋と東京・巣鴨に新店を開き、4店舗になった。川部志穂社長は「全国から、出店の誘致や相談が届いている」と話す。
 「こんにちは」−。東京・木場の「鳥のいるカフェ」では、人気者のショウジョウインコがごあいさつ。テーブルでインコと触れ合えるほか、フクロウが集まる部屋で記念撮影ができる。店長の鳥山美佳さんによると、「最近は会社帰りにお気に入りの鳥と遊ぶ人など、女性を中心にリピーターが増えている」そうだ。
 店内の鳥は野鳥と接触しないため、鳥インフルエンザに感染する危険性は低い。また、「開店3時間前から念入りに掃除。十分に換気をして臭いにも気を付けている」(鳥山さん)など衛生面には細心の注意を払う。快適に過ごしてもらうことで、一人でも多くのファンを増やすのが酉(とり)年の目標だ。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016123100109&g=soc

http://archive.is/mChFa

※閲覧注意※ペンギン動画でほっこりしてしまいます:南極のぞき穴【共同通信2016年12月31日】

12月20日に撮ったアデリーペンギン。
 取材に出ている間に、レークサイドホテルの近くに、はぐれペンギンがひょっこりと一匹現れたらしい。
 
 昭和基地のペンギン第1号を見逃してしまった。
 地団駄を踏みながら悔し涙を流していると、本社の映像音声部から「ペンギンの動画をyoutubeに上げておいたよ」と連絡が。
 昭和基地はネット環境はあるものの、動画を閲覧するのはなかなか難しいため僕はまだ見れていないけれど、撮影者として言えるのは、撮りながら思わず「かわいい!」と声を上げてしまうくらいペンギンの仕草は愛らしいということ。
 
 一年の疲れを、ペンギンで癒してください。
http://www.47news.jp/feature/kuma_nankyoku/2016/12/284600.html

http://archive.is/lSlIP
posted by BNJ at 22:06 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルエンザ 野鳥の大量死など異常は確認されず /熊本【毎日新聞2016年12月31日】

 県は30日、南関町で26日に陽性反応が出た高病原性鳥インフルエンザについて、発生元となった養鶏場から半径10キロ圏とその周辺で野鳥の大量死などの異常は確認されなかったと発表した。

 環境省の緊急調査チームが28〜30日、福岡県大牟田市を含む6市町19地点で、渡り鳥の飛来地となる河川などを調べた。環境省は26日に半径10キロ圏を野鳥監視重点区域に指定しており、解除は早くて来年2月10日午前0時になる。【中里顕】
http://mainichi.jp/articles/20161231/ddl/k43/040/143000c

熊本の鳥インフル 野鳥大量死はなし【読売新聞2016年12月31日】
 環境省は30日、熊本県南関なんかん町の養鶏場での鳥インフルエンザ発生を受け、現地調査した結果、野鳥の大量死は認められなかったと発表した。

 調査は28〜30日の3日間、養鶏場から半径10キロ圏内の河川やため池など19地点で実施。マガモやオシドリなど51種類の鳥類を確認したが、大量死はなかったという。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20161231-OYS1T50008.html

http://archive.is/LHhQv
http://archive.is/PJr5E
一部農場で出荷再開 鳥インフルで県が例外措置【くまにちコム2016年12月30日】
posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルで県内養鶏場に不安 年末年始も警戒【岩手日報WebNews2016年12月31日】

 鳥インフルエンザが全国的に猛威を振るっており、県内も各地で野鳥への感染が相次ぐ。県内の各養鶏場は消毒や野生動物の侵入防止などの防疫を徹底しているが、業者の心配は尽きない。他県では養鶏場への感染も広がっており、年末年始も厳戒態勢が続いている。

 年間約1千万羽を扱う一関市室根町の鶏肉生産加工販売業オヤマは、鶏舎周辺への消石灰散布や野生動物の侵入防止などの対策を11月から徹底している。小山征男社長は「休みも、見回りの人員強化など危機意識を持って対策に当たるが、県内の養鶏場に感染が広がらないことを祈るばかりだ」と嘆く。全国的に消毒用品の需要が高まれば、消石灰などが手に入りにくくなる懸念もある。

 年間約500万羽を出荷する大船渡市盛町の食品製造・販売アマタケも、鶏舎への巡回頻度を高めるなどし厳戒態勢を敷いている。吉田亨総務部長は「早い段階からここまで全国的に猛威を振るう年はあまりない。本来は春先までの警戒だが、今回のインフルは来年5月の連休辺りまで警戒が続くのではないか」と気を引き締める。

 二戸市石切所の十文字チキンカンパニーの村上一明生産部次長も「養鶏業をしている以上、防疫体制の構築は永久の課題。今年をしのげても、野鳥は来年も再来年も飛来するので安心はできない」と頭を抱える。
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/news.cgi?ec=20161231_1

http://archive.is/fFvzm
posted by BNJ at 11:25 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒシクイ、伊江に飛来 国天然記念物【琉球新報2016年12月31日】

牧草地で羽休めするヒシクイ
 【伊江】国の天然記念物に指定されているカモ科の鳥類、ヒシクイ1羽が12月の初め頃から伊江島に飛来している。島のシンボル、城山(ぐすくやま)(タッチュー)の麓にある農業用溜(た)め池(グスク北溜め池)周辺で、住民に頻繁に目撃されている。 

 ヒシクイは溜め池で悠々と泳いで水遊びをしたり、通りを挟んだ牧草地で羽休めをするなど、溜め池と牧草地を行ったり来たりし、心地良い遊び場を見つけたようだ。

 同じ溜め池にはアオサギも訪れている。ヒシクイが牧草地に行くとアオサギが溜め池へ、アオサギが溜め池を離れるとヒシクイが溜め池で泳ぐなど、互いに居心地の良い居場所を分かち合っている様子だった。

 沖縄野鳥の会の山城正那会長によると、近年は県内でもヒシクイの飛来があり、ことしも金武町で確認されているが、離島での記録は少ないという。
(中川廣江通信員)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-420434.html

http://archive.is/b6jFi
posted by BNJ at 11:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする