2017年01月31日

コウノトリの繁殖行動カメラで観察 3月から撮影開始【徳島新聞2017年1月31日】

 鳴門市大麻町に居着いているコウノトリのペアが繁殖期に入ったことを受け、コウノトリ定着推進連絡協議会は30日、ペアの繁殖行動などを観察するカメラを巣の近くに設置した。

 カメラは直径23センチの球状。全方位の静止画、動画の撮影が可能で、インターネットでズーム機能などを遠隔操作する。ペアが巣作りした電柱の東約60メートルに支柱(高さ約5メートル)を立て、その先端付近に据え付けた。

 撮影した画像で産卵したかどうかを推定するほか、抱卵やヒナの観察に活用する。協議会はカメラのそばでコウノトリの餌場となるビオトープ作りを進めており、餌をついばむ様子を撮影してビオトープの効果についても検証する。

 2月中に動作テストを行い3月から撮影を始める。協議会のホームページで3月上旬から画像を公開する予定。

 ペアは30日も巣作りをしており、繁殖への期待が高まっている。竹村昇会長(64)は「良好な環境下で産卵してもらい、ここでコウノトリが生活できるようにしたい」と話した。
【写真説明】コウノトリの繁殖状況を観察するためのカメラ=鳴門市大麻町
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/01/2017_14858260941471.html

今年こそは繁殖を!コウノトリに観察カメラ【MBSニュース2017年1月31日】
 徳島県鳴門市で巣作りをしているコウノトリの巣の近くに、繁殖行動などを観察するためのカメラが設置されました。

 鳴門市では2年前にコウノトリ2羽が兵庫県から飛来し、電柱の上で巣作りを行っています。
 鳴門市などでつくる協議会は繁殖を目指して保護活動を続けていますが、去年は巣の上で産卵が確認されたもののカラスに卵を奪われるなど、これまでのところ成功していません。
 今年も繁殖行動などが確認されたことから、協議会はストレスを与えないよう巣から60メートル離れた場所にカメラを設置して、コウノトリの様子を観察することにしたということです。
 カメラの映像は早ければ3月ごろから協議会のホームページで公開する予定で、現地では400メートルほど離れた場所から見学するよう呼びかけています。
http://www.mbs.jp/news/kansai/20170131/00000001.shtml

http://archive.is/3EZQo
http://archive.is/r9E34
コウノトリ早くも繁殖期入り 鳴門 産卵の期待高まる【徳島新聞2017年1月30日】

posted by BNJ at 11:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探鳥会 冬の里山、ヤマセミなど21種類 十日町 /新潟【毎日新聞2017年1月31日】

 十日町市松之山松口の市里山科学館越後松之山「森の学校」キョロロ周辺の里山で、「探鳥会」が開かれた。同館と松之山野鳥愛護会の共催で、参加者らは雪景色の中を飛ぶ鳥の姿を追っていた。

 探鳥会は28日に開催。参加した8人は、積雪約180センチの里山を望遠鏡や双眼鏡を手に歩き、立ち止まっては耳を澄まし、レンズをのぞき込んでいた。この日は、ヤマセミやヒヨドリなど21種類を確認した。

 上越市から参加した山崎美枝子さん(62)は「鳥の鳴き声に耳を傾け、その姿を目にした時、自然と触れ合っていることを実感して楽しかった。観察を続けることで、生息する鳥の種類や数などが貴重な資料として残る」と話した。【板鼻幸雄】
http://mainichi.jp/articles/20170131/ddl/k15/040/213000c

http://archive.is/bRN8j
posted by BNJ at 11:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国V3狙う若き鷹匠 榛東中3年の小川涼輔さん【上毛新聞2017年1月31日】

 今年の干支えとは「酉とり」。人に癒やしを与えたり、パートナーとして活躍したりと、鳥の役割はさまざまだ。鳥と人の関わりを紹介する。

  ◇  ◇  ◇  

 群馬県の榛東中3年の小川涼輔さん(榛東村山子田)は、相棒のタカと狩りをしたり、害鳥を駆除する「鷹匠たかじょう」だ。学校から帰宅すると、毎日のようにハリスホーク2羽とオオタカ1羽を調教している。

 保育園児のころから鳥好きだった小川さんは、中学入学と同時にハリスホークの「ルギー」を飼い始めた。2カ月に1回のペースで茨城県在住のベテラン鷹匠に指導を受け、カラスやウサギなどを捕獲する技を身に付けた。昨年11月に鷹匠と名乗ることを認められた。

 昨年行われた国内最大級の競技大会「フライトフェスタ」のハリスホークの部門で連覇し、3月の大会で3連覇を目指す。小川さんは「まだまだ見習い。もっと訓練を積んで立派な鷹匠として活躍していきたい」と目を輝かせている。

鷹匠としてタカを巧みに操る小川さん
http://www.jomo-news.co.jp/ns/2914857923873416/news.html

http://archive.is/ImyKx

中2 鷹匠へ 相棒と一直線【YOMIURI ONLINE2015年5月15日】

カラスやハト追い払え、タカ飛ばし上空から威嚇【読売新聞2017年1月27日】(富田林市/既報関連ソースあり)

鷹によるムクドリ追い払い作戦が失敗【OBS大分放送ニュース2017年1月25日】(既報関連ソースあり)
宮崎の鳥インフル受け県が注意喚起【OBS大分放送ニュース2017年1月25日】
鷹匠の妙技に歓声 佐賀城で飛行実演 [佐賀県]【西日本新聞2017年1月8日】

カラス撃退へ「再鳥戦」 山形駅前周辺に猛禽類放つ【山形新聞2016年12月21日】

山形)カラス撃退策、手詰まり 天敵去り、群れ再び出没【朝日新聞デジタル2016年11月11日】
大分)スズメ1000羽超、街戻る 騒音・フン害に悩み【朝日新聞デジタル2016年10月7日】
ムクドリ退散 しかし別の鳥が…(大分県)【NNNニュース2016年9月15日】

タグ:鷹匠
posted by BNJ at 11:09 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

鹿児島)鳥インフル、野鳥監視重点区域が解除【朝日新聞デジタル2017年1月30日】


 出水市でツルやカモなどから高病原性鳥インフルエンザウイルスが相次いで検出されていた問題で、環境省は29日午前0時、市内に設定していた野鳥の監視重点区域を解除した。昨年12月14日に見つかったツルからウイルスが検出されたのを最後に、45日間新たにウイルスが検出されなかったため。県や出水市の重点パトロールは終わるが、県ツル保護会は引き続き巡回監視を続ける。

 野鳥の監視重点区域は、昨年11月18日に市内のツルのねぐらの水から高病原性のウイルスが検出されて以降、検出地点を中心に半径10キロ圏内を対象に設定されていた。

 県自然保護課によると、今季、市内でウイルスが検出されたのはツル24羽、カモ4羽など過去最多の計30例にのぼっている。

残り:142文字/全文:461文字
http://www.asahi.com/articles/ASK1W6DT0K1WTLTB00K.html

http://archive.is/YOStK
鳥インフルエンザ 監視重点区域、解除へ 出水平野・あす /鹿児島【毎日新聞2017年1月28日】
鳥インフルエンザ 防疫対策徹底求める 県が緊急会議 /鹿児島【毎日新聞2017年1月26日】
ツルの北帰行始まる 昨季より6日早く 鹿児島・出水【朝日新聞デジタル2017年1月25日】(他2ソース)
鹿児島)出水の鳥インフル 専門家「警戒緩めないで」【朝日新聞デジタル2017年1月14日】
posted by BNJ at 22:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルエンザで県建設業協会と協定(山口県)【NNNニュース2017年1月30日】

鳥インフルエンザなどの家畜伝染病の発生に備え、県は迅速に対応するため建設業協会と協定を結んだ。県庁で行われた協定の締結式では村岡知事と県建設業協会の井森浩視会長が協定書に調印した。
この協定では、鳥インフルエンザや口蹄疫などの家畜伝染病が県内で発生した際に、建設業者がもつ機材や技術者を活用して殺処分した家畜の運搬や埋却処分などを支援してもらう。県内では今年1月9日に山口市で見つかった野鳥の死骸から高病原性の鳥インフルエンザウイルスが確認されていて、野鳥の監視など感染予防に向けた取り組みを行っている。県では、県建設業協会のほかにもこれまでに11の団体や業者と家畜伝染病の感染拡大を防ぐための協定を結んでいる。
http://www.news24.jp/nnn/news8708678.html

家畜伝染病対応で協定 県と県建設業協会【読売新聞2017年1月31日】
 県は30日、鳥インフルエンザや口蹄疫こうていえきなどの家畜伝染病の発生時、防疫業務に関して迅速に協力してもらう協定を県建設業協会(山口市、井森浩視会長)と締結した。

 県内では、2004年に旧阿東町、14年に長門市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染を確認。今月には、山口市の野鳥の死骸からウイルスが検出されている。

 協定書では、発生時に県からの要請を受け、同協会が必要な重機や人材を確保して殺処分した家畜を埋却処理するほか、消毒ポイントなど道路の通行規制に関する機材を配置することが盛り込まれている。

 この日、県庁で調印式があり、村岡知事は「協会の技術力や組織力を発揮していただき、県民の安心安全の確保が図られるよう、防疫態勢の強化に取り組んでいきたい」と語った。
http://www.yomiuri.co.jp/local/yamaguchi/news/20170130-OYTNT50104.html

協定 鳥インフルなど発生に備え、県が県建設業協と 防疫作業の機動力向上期待 /山口【毎日新聞2017年2月2日】
協定書を交わした井森会長(左)と村岡知事
 県と県建設業協会(井森浩視会長)は30日、高病原性鳥インフルエンザなどの発生に備え、殺処分した家畜を土中に埋めるなどの作業を同協会が支援する協定を結んだ。

 協定では、県が殺処分した家畜を埋める穴を掘るための重機と作業員を同協会が提供する。また殺処分された家畜を運び、埋める穴の掘削や埋め戻しも行う。同協会は事前に県内の建設業者と調整し、発生した際に迅速に対応するという。

 県庁であった協定締結式で村岡嗣政知事は「協会の組織力で防疫作業の機動力向上が図られる」と期待した。

 国は防疫指針で鳥インフルエンザや口蹄疫(こうていえき)が発生した場合、速やかな殺処分などを定めている。【松田栄二郎】

〔山口版〕
http://mainichi.jp/articles/20170131/ddl/k35/010/474000c

運搬や埋設へ協定 家畜伝染病【中国新聞アルファ2017年1月31日】
協定書に署名し、握手を交わす井森会長(左)と村岡嗣政知事
 鳥インフルエンザなどの家畜の伝染病が発生した場合に備え、山口県は30日、家畜伝染病予防法に基づいて殺処分した家畜を迅速に地中へ埋めるための支援協定を、県建設業協会(山口市)と結んだ。
(ここまで 92文字/記事全文 283文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=315395&comment_sub_id=0&category_id=112

http://archive.is/NxB5W
http://archive.is/uAboB
http://archive.is/t4JOJ
http://archive.is/k7ZAt
posted by BNJ at 21:56 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする