2017年01月18日

500匹以上のネコを隔離 鳥インフルエンザまん延の懸念【Daily Sun New York2017年1月17日】

 12日付のエーエム・ニューヨークによると、ニューヨーク市内の動物シェルターから集められた500匹以上のネコが、鳥インフルエンザへの感染とまん延防止のため、クイーンズ区ロングアイランドシティにある隔離施設で飼育されている。
 動物シェルターの定期検査で鳥インフルエンザにかかったネコが見つかり、市内の動物保護センターの獣医、ロビン・ブレネン氏によると、「どういう経路かは不明」だという。ウィスコンシン大学獣医科のラボで分析したところ、この鳥インフルエンザは特異な種類で、家ネコで発症したのは初の事例。シェルターを消毒している間、ネコを隔離すべきとの結論に達したという。
 非営利団体の米国動物虐待防止協会(ASPCA)は、昨年のクリスマス直前から、広い施設の選定や用具の搬入など、移送に向けてさまざまな準備を行ってきた。ボランティアなども参加し、市内3カ所のシェルターからネコを移送し、隔離施設が完成したのは12月29日だった。
 ASPCAのティム・リッケイ副会長は、「3〜6匹のネコを一緒に飼育し、早期回復に向け尽力する」と述べた。
 市当局は、この隔離は45〜90日は続くとしている。
https://www.dailysunny.com/2017/01/17/news0117-2/

http://archive.is/Ykz09
韓国で猫2匹から鳥インフル検出 養鶏盛んな地域【共同通信2016年12月31日】(H5N6型)

posted by BNJ at 22:16 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知事「南関町の鳥インフル終息へ」改めて示す(熊本県)【NNNニュース2017年1月18日】(他1ソース)

先月、玉名郡南関町で発生した鳥インフルエンザが終息の見通し。蒲島知事は、ウイルスが発生した養鶏場周辺のニワトリなどの移動制限を19日午前0時に解除する方針を改めて示した。18日の会見で知事は「19日午前0時をもって移動制限区域の解除を行い終息を迎える」と述べ、鳥インフルへの対応をすべて完了する方針を改めて示した。ニワトリなどに異常がないかぎり、19日午前0時に養鶏場から半径3キロ以内でのニワトリや卵の移動制限を解除し、車両の消毒ポイントも撤去する。熊本県では、ニワトリへの感染が判明した先月26日以降、国の目安とされる72時間より早い39時間30分で防疫措置を完了し、その後の検査でも感染の拡大は確認されていなかった。
http://www.news24.jp/nnn/news8686599.html

鳥インフル 防疫対応終息へ【TLU-NEWS2017年1月18日】
去年末に玉名郡南関町の養鶏場で発生した鳥インフルエンザが終息する見通しです。去年12月に南関町の養鶏場で鳥インフルエンザの感染が確認されたことを受け、熊本県は現場で飼育されていたニワトリの殺処分や消毒などを12月28日までに完了。現場から半径3キロ以内の養鶏場で新たな感染が無いか検査を行った結果、異常がないことが確認されています。県は国の指針に基づき19日の午前0時で周辺の養鶏農家に対するニワトリやタマゴの移動や出荷の制限を全て解除します。18日の会見で蒲島知事は「最大かつ最高の防疫は発生させないこと」と述べ、県内で新たな鳥インフルエンザが発生しないよう対策をとる農家などの支援に取り組む考えを示しました。
https://www.tku.co.jp/news/%E9%B3%A5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%80%80%E9%98%B2%E7%96%AB%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E7%B5%82%E6%81%AF%E3%81%B8/

http://archive.is/Ev0NY
http://archive.is/WxY37
鳥インフルエンザ 熊本、搬出制限解除【毎日新聞2017年1月13日】(他2ソース)
posted by BNJ at 22:12 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル予防で消石灰配布(愛媛県)【NNNニュース2017年1月18日】

全国的に鳥インフルエンザの感染が拡大する中、県は、養鶏農家などに消毒用の消石灰の無償配布を始めた。伊予市下三谷の南伊予養鶏には、県の中予家畜保健衛生所の職員が訪れ、消石灰約3400キロを配布した。消石灰には消毒作用があり、地面に付着した鳥インフルエンザウイルスを殺したり、鳥のフンを介してウイルスを運んでくる可能性があるネズミの侵入を防いだりする効果があるという。県では、3日間かけて100羽以上の鶏などを飼育している156の養鶏場などに消石灰を無償で配布することにしている。
http://www.news24.jp/nnn/news8787986.html

愛媛)鳥インフルに備え 県、養鶏場に消石灰を配布【朝日新聞デジタル2017年1月19日】
養鶏農場に消石灰が運びこまれた=伊予市下三谷

 青森や新潟など全国の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生していることを受け、県は18日、養鶏場などに消毒用の20キロ入り消石灰約5400袋を配り始めた。20日までに、鶏やキジを100羽以上飼育している156農場に配り、各農場でまいてもらう。

 消石灰を鶏舎の周囲にまくことで、ウイルスを媒介するネズミが鶏舎に入るのを阻んだり、殺菌したりする効果があるという。

 約13万5千羽の鶏を飼育している伊予市下三谷の南伊予養鶏は18日、168袋を受け取った。毎冬、自主的に消石灰を購入して鶏舎周辺にまいたり、車の出入り口に自動消毒装置を設置したりするなどの防疫態勢をとっている。氏兼盛昭社長(63)は「鳥インフルエンザは死活問題で、発生すればほかの農家に迷惑をかけるうえ、消費者にも影響が出る。最大限の努力をしたい」と話した。

 県によると、18日現在で県内で鶏の異常などの報告例はないという。(宮田裕介)

■インフル患者数 今治で「初」警報

 県は18日、県内のインフルエンザ患者報告数(速報値)を発表した。今治保健所管内(今治市、上島町)が県内の保健所で今季初めて警報レベル(定点当たり30人以上)に達するなど、患者が増えている。

 県感染症情報センターによると、2017年第2週(1月9〜15日)に県内61の指定医療機関から報告があった患者数は988人で、前週の626人を上回った。県全域では1機関当たり16・2人(前週は10・3人)と、注意報レベル(定点当たり10人以上)が続いている。

 県内7カ所の保健所管内別では、今治30・6人、西条(新居浜市、西条市)24・2人、宇和島(宇和島市、松野町、鬼北町、愛南町)17・0人、四国中央15・0人、松山市12・4人の順となっている。
http://www.asahi.com/articles/ASK1K7QNHK1KPFIB017.html

県内の養鶏農家156戸を対象 鳥インフルに備え、養鶏場に消石灰配布【愛媛新聞ONLINE2017年1月19日】
高病原性鳥インフルエンザ対策のため、南伊予養鶏に運び込まれた消毒用消石灰=18日午前、伊予市下三谷
 宮崎や熊本など6道県で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されていることを受け、愛媛県は18日、100羽以上を飼育する県内の全養鶏農家156戸を対象に、感染を防ぐ消毒用消石灰の緊急配布を始めた。
 県家畜保健衛生所や農協などを通じて20日までに、計約108トンの消石灰を無償で配布。鶏舎周辺や農場出入り口での散布を求めている。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201701182855

鳥インフルエンザ
県、消石灰を無償配布 養鶏農家に消毒用 /愛媛【毎日新聞2017年1月19日】

消毒用の消石灰が入った袋を運ぶ業者=愛媛県伊予市下三谷で、橘建吾撮影
 国内各地で高病原性鳥インフルエンザの発生が相次いでいることを受け、県は18日、県内の養鶏農家に消毒用の消石灰の無償配布を始めた。100羽以上を飼育する156農場が対象で、20日までに計約108トン(約5400袋)を配る。県による消毒用消石灰の配布は3年ぶり。

 採卵鶏など約13万5000羽を伊予、大洲両市の5農場で飼育している伊予市下三谷の「南伊予養鶏」にはこの日、県中予家畜保健衛生所の職員4人が訪れ、3360キロ(168袋)を渡した。鶏舎の入り口や周辺にまき、消石灰を嫌う鳥や小動物の侵入を防ぐ。

 農林水産省などによると、昨年11月から今月にかけ6道県の8農場で鳥インフルエンザが発生し、約114万羽が殺処分された。野鳥の鳥インフルも17道府県で173件確認されている。今季は県内での発生は確認されていないが、同衛生所の丹比(たじ)就一・防疫課長は「十分な措置を講じて予防の徹底を」と呼び掛けている。【橘建吾】
http://mainichi.jp/articles/20170119/ddl/k38/040/564000c

http://archive.is/BGKQf
http://archive.is/e80nO
http://archive.is/TGj1e
http://archive.is/I21OA
posted by BNJ at 22:08 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルエンザ 野鳥死骸、高病原性と判明 県が養鶏場の消毒開始 /山口【毎日新聞2017年1月18日】

 県は17日、山口市で回収した野鳥の死骸から検出された鳥インフルエンザウイルスについて、鳥取大による確定検査の結果、毒性が強い高病原性のH5N6型と判明したと発表した。【松田栄二郎】

 野鳥はホシハジロ1羽で今月9日に維新百年記念公園近くで死んでいた。すでにホシハジロを回収した地点から半径10キロ圏内が野鳥監視重点区域に指定されており、県は引き続き野鳥の飛来数が多い河川や池などで死骸がないか監視する。

 また環境省は近く、野鳥の生息状況を調べる緊急調査チームを県に派遣する。専門職員らが河川沿いなどを調査する他、県の調査態勢も指導する。

 一方、県は17日、ウイルスの感染防止のため100羽以上を飼育する県内の養鶏場に、消石灰をまく緊急消毒を開始した。

 この日午前から、衛生対策を指導する県の家畜防疫員が長門市や萩市の養鶏場を回り、従業員に指示しながら鶏舎の周囲などに消石灰をまいた。さらに鶏舎内で異常がないことも確認した。消毒作業は27日に完了する予定。

〔山口版〕
http://mainichi.jp/articles/20170118/ddl/k35/040/350000c

山口市の野鳥、高病原性と確定 県、鳥インフル監視強化【山口新聞2017年1月18日】
山口県と環境省は17日、山口市で発見された野鳥の死骸の確定検査で、H5N6亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染が確定したと発表した。

検査結果を受け、環境省が数日中に野鳥緊急調査チームを派遣し、鳥類の生息状況調査を行う。県は引き続き、死骸が回収された地点から周囲10キロ圏内の野鳥監視重点区域で監視を強化する。

山口市の維新公園周辺で9日、カモ科のホシハジロ1羽の死骸が見つかり、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たため、鳥取大学で確定検査を行っていた。

県自然保護課によると、10日から野鳥監視重点区域で監視を強化しているが、これまでに野鳥の異常は確認されていないという。

■県内養鶏場で緊急消毒
山口市内で発見された野鳥の死骸から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たことを受け、山口県は17日、県内養鶏場の緊急消毒作業を始めた。27日までに100羽以上を飼育する県内の養鶏場105カ所で行う。

17日は、長門市と萩市の養鶏場5カ所で消毒作業に着手。家畜保健衛生所の家畜防疫員と農場の従業員が敷地内に消石灰を散布した。
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2017/0118/7.html

http://archive.is/3gVtm
http://archive.is/6oUvr
野鳥1羽の鳥インフル確定 山口【産経ニュース2017年1月18日】(H5N6型/他2ソース)
posted by BNJ at 22:06 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西宮と伊丹の鳥インフル 環境省調査チーム現地に【神戸新聞NEXT2017年1月18日】

野鳥の行動などを確認する調査チーム=西宮市山口町下山口
 兵庫県西宮市で野鳥の死骸から高病原性の鳥インフルエンザ(H5N6型)が検出されたことを受け、環境省は18日、緊急調査チームを現地に派遣した。飼育下のコブハクチョウから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された伊丹市の昆陽(こや)池公園も調べる。20日まで。

 専門業者2人が、回収地点から半径約10キロで、水鳥が多く飛来する川やため池、海などを調査。生息状況や異常がある個体がいないかなどを確かめる。この日は、望遠鏡を使い、生息する鳥の種類や行動を調べた。

 高病原性鳥インフルエンザは全国で多発しており、17日までに17道府県で172件が確認されている。

 環境省近畿地方環境事務所の担当者は「基本的に野鳥から人に感染することはなく、過度に心配する必要はない。死骸を見つけたときには触らず、県や市へ連絡してほしい」と話していた。(土井秀人)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201701/0009841056.shtml

環境省が野鳥緊急調査…高病原性インフル検出の兵庫県西宮市で【産経WEST2017年1月19日】
 兵庫県西宮市高座町の新池で死んだ野鳥のキンクロハジロ1羽から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたことを受けて、環境省が派遣した野鳥緊急調査チームが18日、現地周辺で調査を始めた。

 キンクロハジロは先月28日に死んでいるのが見つかり、今月13日に高病原性と確認された。これを受け、環境省は発見場所から10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定した。

 チームは鳥類などの調査を行う専門業者2人で、周辺10キロ圏内の水辺で目視調査した。この現場に近接する伊丹市昆陽池の昆陽池では13日以降、同市が飼育するコブハクチョウが相次いで死に、鳥インフルエンザの陽性反応が出ていることから、両市の発生地点付近で20日まで鳥類の生息状況などを調べるとしている。

 昆陽池で13日に死んだコブハクチョウ1羽から高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)が検出されたことが18日夜に判明した。
http://www.sankei.com/west/news/170119/wst1701190092-n1.html

http://archive.is/yI04T
http://archive.is/JLchP
鳥インフル、新たに4羽死ぬ 伊丹・昆陽池【神戸新聞NEXT2017年1月18日】(他1ソース)
西宮と伊丹の鳥インフル、環境省が調査へ【神戸新聞NET2017年1月17日】
posted by BNJ at 22:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル、新たに4羽死ぬ 伊丹・昆陽池【神戸新聞NEXT2017年1月18日】(他1ソース)

 兵庫県は18日、伊丹市昆陽(こや)池3の昆陽池公園で飼育するコブハクチョウ4羽が新たに死に、死骸から簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た、と発表した。

 13日以降、陽性反応が出たコブハクチョウは計14羽になった。毒性の強い高病原性ウイルスかどうかの確定検査を鳥取大で行う。(西井由比子)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201701/0009840664.shtml

4羽から鳥インフル陽性、伊丹市昆陽池のコブハクチョウ【産経WEST2017年1月18日】
 兵庫県は17日、同県伊丹市昆陽池の昆陽池から公園内のネットを張った人工池に隔離されていたコブハクチョウ4羽が死んでいるのが見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。池で飼育されていた25羽のうち陽性反応が確認されたのは計10羽になった。高病原性かどうか鳥取大で調べる。
http://www.sankei.com/west/news/170118/wst1701180023-n1.html

http://archive.is/y1J9f
http://archive.is/1M3AG
コブハクチョウ、計10羽が鳥インフル陽性 兵庫県【産経WEST2017年1月17日】(他2ソース)

保健所や市民病院で新型インフル訓練【読売新聞2017年1月18日】

患者役の男性を専用シートに収容する保健所職員(半田保健所で)
 鳥インフルエンザのウイルスが変異し、人から人に感染する新型インフルエンザの発生に備えた県の実動訓練が17日、半田保健所(半田市)と常滑市民病院(常滑市)で行われた。

 訓練は、海外から帰国した半田市在住の60歳代男性が、高熱や呼吸困難の重篤な症状を発症し、検査の結果陽性と判明したとの想定。昨年1月、特定感染症医療機関に指定された常滑市民病院へ患者を搬送することとなった。

 半田保健所では、男性の家族から連絡を受け、県健康対策課と協議して、専用車両で常滑市民病院に搬送することを決定。感染防護服を着た保健所職員が、患者役の男性を専用のシートに入れて密閉し、専用車両に乗せたあと、同病院に向かった。

 この専用車両は、県が今年度約500万円で購入。運転席と患者の収容スペースとは遮蔽板で仕切られ、他者への感染を防ぐ。専用車両を使った訓練は初めてで、県の担当者は「将来的には台数を増やして各保健所に配備したい」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20170117-OYTNT50221.html

http://archive.is/7BOMR
新型インフルに備え 県、砺波で訓練【北國新聞2016年12月10日】(鳥インフルエンザ)
posted by BNJ at 21:56 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

監視重点区域を解除 福島・岡部の鳥インフル【福島民報2017年1月18日】

 福島市岡部で見つかったオオハクチョウの死骸から高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、環境省は17日午前0時、現場から半径10キロ圏内に設定していた野鳥の監視重点区域を解除した。
 県は簡易検査で陽性反応が出た昨年12月2日以降、区域内の監視を続けていた。この間、区域内の他の検体から鳥インフルエンザウイルスが検出されなかったため、環境省が区域を解除した。
 ただ、同省は全国で鳥インフルエンザの警戒レベルを最高度の「3」に引き上げており、県は野鳥の飛来地の監視を継続していく。
http://www.minpo.jp/news/detail/2017011838237

http://archive.is/SgCGO
鳥インフル、福島の1羽は高病原性 11年以来、監視さらに強化【福島民友ニュース2016年12月9日】
posted by BNJ at 21:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎のペンギンvsバイオパークのカバ 比ぶうで! 長崎の宝(6) [長崎県]【西日本新聞2017年1月18日】

長崎ペンギン水族館のキングペンギン

長崎バイオパークで人気のカバのモモと子どものテト

 長崎県内は動物王国!? 地球上に生息する18種類のペンギンのうち、長崎ペンギン水族館(長崎市宿町)では世界最多の9種類を飼育する。旧長崎水族館時代から国内のペンギン繁殖の先駆けとしても知られてきた。長崎バイオパーク(西海市西彼町)は、泳げなかったカバ「モモ」を日本で初めて人工哺育で育てたことで知られる。今や立派な母親となり、2016年10月には男の子「テト」を出産した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/302140

http://archive.is/VHkNf

岡山の作家が絶滅危惧種の鳥ブローチ 酉年にちなみハシビロコウなど増やす【岡山経済新聞2017年1月18日】

ブローチを持つ黒田よし子さん

 酉(とり)年の今年、岡山在住のアクセサリー作家・黒田よし子さんが作る「絶滅危惧種ブローチシリーズ」の鳥ラインアップが増えている。

絶滅危惧種をモチーフとしたブローチ

 絶滅危惧種に約5年前から興味を持ち、約1年半前からブローチ制作を始めた。動物園などで見ることのできるゾウやトラ、昨年12月認定されたキリンなど多くの動物が絶滅危惧種であることはあまり知られていない。黒田さんは、絶滅危惧種の存在と多くの原因は人間にあることを多くの人に知ってもらいたいとブローチ作りを始めた。これまで制作した動物は100種以上。

 トキ、コウノトリ、ヤンバルクイナ、アホウドリ、ハシビロコウなど国内だけで約700種類の鳥類が絶滅危惧種とされている。その中にはすでに絶滅してしまったドードーも含まれている。黒田さんは「どこかで会ったことがあるような顔の鳥ばかり。気に入った鳥のブローチを着けて出掛けてほしい。ブローチをきっかけに話題になれば。いつか人間が絶滅危惧種にならないことを願っている」と話す。

 黒田さんは環境保護団体のWWF JAPANに個人寄付も毎年している。

 価格は1,100円〜1,500円。イオンモール岡山(岡山市北区下石井1)の「ハレマチ特区365」で販売している。
絶滅危惧種のヤンバルクイナのブローチ(関連画像)
絶滅してしまったドードーのブローチ(関連画像)
昨年12月に絶滅危惧種になったキリン(関連画像)
絶滅危惧種のアユモドキのブローチ(関連画像)
http://okayama.keizai.biz/headline/394/

http://archive.is/mF3hE
posted by BNJ at 21:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

満載 イベント編 大阪市内 /大阪【毎日新聞2017年1月18日】(夕暮れカモかんさつ会/大阪南港野鳥園)

大阪版画百景−大阪新美術館×大阪府20世紀美術コレクション−
 18日(水)〜2月11日(土・祝)11〜19時(月曜休館)、西区江之子島2の府立江之子島文化芸術創造センター(地下鉄阿波座駅徒歩5分)。同センターと大阪新美術館建設準備室共同企画。大阪ゆかりの作品を中心に、20世紀以降の版画約140点と関連資料を展示。観覧無料。江之子島文化芸術創造センター(06・6441・8050)。

シンポジウム「ミュージアムに求められる多言語化・国際発信」
 27日(金)13時半〜16時、中央区大手前4の大阪歴史博物館4階第1研修室(地下鉄谷町四丁目駅2号出口)。博物館の多言語化と国際発信の取り組み、地域連携を考える。当日先着50人。参加無料。市博物館協会(06・6940・0569)。

長居植物園案内
 28日(土)14時半〜16時、東住吉区長居公園の市立自然史博物館玄関前ポーチ(地下鉄長居駅徒歩10分)集合、植物園へ。学芸員が園内で植物の説明と観察の手引き。小学生以下は保護者同伴。参加無料(植物園入園料必要)。自然史博物館(06・6697・6221)。

夕暮れカモかんさつ会
 28日(土)15時半〜18時、住之江区南港北3の大阪南港野鳥園展望塔(ニュートラムトレードセンター前駅徒歩13分)。干潟で餌をとるカモ(夜行性)やシギなどを観察。展望塔からの夕日や夜景、星空が美しい。前日まで先着50人。参加無料。小学生以下は保護者同伴。市建設局臨港方面管理事務所(06・6460・7716。メールnanko−yachouen@city.osaka.lg.jp)。

カカオとコーヒー展〜この一粒は神からの贈りもの〜
 31日(火)〜2月26日(日)10〜17時(月曜休館)、鶴見区緑地公園の咲くやこの花館(地下鉄鶴見緑地駅徒歩10分)。国内最大級の温室植物園。カカオ・コーヒーの結実の様子やコーヒーの歴史、製造工程などを紹介。試食やコーヒー鑑定士の仕事体験、コーヒー豆入りキャンドル作りなども。一部予約制。入館料500円。中学生以下・障害者・市内の65歳以上無料。咲くやこの花館(06・6912・0055)。

節分イベント
 2月4日(土)、天王寺区茶臼山町の天王寺動物園(地下鉄動物園前駅徒歩6分)。動物たちに特製恵方巻きや豆などのプレゼント。10時半=チンパンジー▽13時半=アジアゾウ▽14時半=アフリカハゲコウ。入場料500円。小中学生200円。未就学児無料。天王寺動物公園事務所(06・6771・8401)。

大阪港開港150年記念「大阪港クルーズセミナー」
 2月12日(日)14時半〜17時、港区海岸通1の海遊館ホール(地下鉄大阪港駅徒歩5分)。クルーズ客船会社の講演、客船関連グッズなどが当たる抽選会、パネル展示など。隣接の天保山岸壁にクルーズ客船「アムステルダム」が入港予定。参加者に記念品あり。定員250人。今月25日(水)までに往復はがきで応募。市総合コールセンター(06・4301・7285)。

なおりやすい「がん」と治り難い「癌」
 2月16日(木)18時10分〜19時半、阿倍野区旭町1の医学情報センター・ホール(地下鉄・JR天王寺駅徒歩10分。あべのメディックス6階)。がんに関する最新情報。講師は八代正和・市立大准教授。今月30日(月)までに応募。18歳以上先着150人。市立大医学部市民医学講座(06・6645・3405)。

企画展「浪花の大ひな祭り−浪花の豪商の雛(ひな)道具−」
 2月25日(土)〜4月2日(日)10〜17時、北区天神橋6の大阪くらしの今昔館企画展示室(地下鉄・阪急天神橋筋六丁目駅3号出口直結)。NHK連続ドラマ小説のモデルとなった「加島屋」(廣岡家)伝来の雛人形と道具類を初展示。恒例の大ひな壇飾りも(摂南大所蔵)。企画展入場料300円。中学生以下・障害者・市内の65歳以上無料。大阪くらしの今昔館(06・6242・1170)。
http://mainichi.jp/articles/20170118/ddl/k27/040/379000c

http://archive.is/Yn6Xl
posted by BNJ at 21:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カモメの飛来に異変 田辺で減少、串本で増加【AGARA紀伊民報2017年1月18日】

 冬の使者として和歌山県の紀南地方に飛来するカモメ類に異変が起きている。ここ数年、田辺市やみなべ町などへの飛来が減少し、一方で串本町への飛来が増加している。日本野鳥の会県支部会員は、餌事情が影響しているのではと推測している。

 田辺市やみなべ町の漁業施設の周辺には毎年、多くの群れが飛来していた。しかし、県の増養殖研究所(田辺市)と水産試験場(串本町)が統合して施設が串本町に移った2006年あたりから、飛来数が減り始め、ここ数年は激減している。みなべ町に飛来していた冠を覆ったようなセグロカモメもここ2年ほど目撃されていないという。

 一方、串本町ではウミネコをはじめ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ユリカモメ、カモメなど、紀南に飛来する代表的なカモメ類のほとんどが集結している。中にはシロカモメやワシカモメ、ミツユビカモメなど珍しい種類も交じる。カモメたちは古座川河口付近で多く見られ、餌を食べる時は串本漁港に集まっているようだ。

 同会県支部の津村真由美副支部長(田辺市秋津町)は「はっきりしたことは分からないが、養殖する魚の量や漁獲量が変化するなどカモメ類の餌事情が影響している可能性がある」と話している。

【串本漁港で乱舞するさまざまなカモメ(和歌山県串本町串本で)】
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=327690

http://archive.is/pmPrK
posted by BNJ at 21:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハクチョウ、吐息も白く 加賀市の柴山潟干拓地【北國新聞2017年1月18日】

白い息を吐くハクチョウの群れ=18日午前7時20分、加賀市の柴山潟干拓地

 18日の石川県内は高気圧に覆われて晴れ、久しぶりに明るい日差しが降り注いだ。朝方は放射冷却現象で強く冷え込み、加賀市の柴山潟干拓地では、越冬するハクチョウたちの吐息が朝日を浴びて白く輝いた。

 朝の最低気温は、金沢を除く10の観測地点で0度を下回り、志賀で氷点下3・2度、輪島市三井で同3・1度、白山河内で同2・7度となった。

 柴山潟干拓地の水田には広い範囲で氷が張り、羽を休めるハクチョウが仲間同士で呼び交わすように甲高い声を上げるたび、くちばしから真っ白な息が漏れた。

 夜にかけて寒冷前線が県内に接近する影響で、強風や雷への注意が必要となり、金沢地方気象台は県内全域に強風・雷注意報を発令した。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/E20170118002.htm

http://archive.is/h4cmT
posted by BNJ at 21:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ことりカフェ「鳥フェス神戸」開催!初登場ふろしき文鳥ケーキやバレンタインスイーツも♪新作シマエナガケーキやインコオムハヤシも!「とりみカフェぽこの森」「インコサミット」も特別参加♪【プレスリリース2017年1月18日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、2017年2月11日(土)・12(日)の2日間、「神戸ビアバル食堂73(ナナサン)」( 兵庫県神戸市中央区)を貸し切り、“鳥好きによる鳥好きのためのフェスタ”「鳥フェス神戸2017〜ことりスイーツとカワイイ雑貨大集合!〜」(主催:ことりカフェ/協力:とりみカフェ ぽこの森 他)を開催いたします。昨年、東京・大阪・名古屋で開催し、計約4、000名が参加した「鳥フェス」。神戸初開催となる今回は地元で人気の「とりみカフェ ポコの森」協力のもと、話題の作家やクリエーターたちによる小鳥雑貨を多数販売。イートインエリアでは、酉年タコライスやインコオムハヤシ等のフードメニューの他、「ことりカフェ心斎橋」で人気の“ことりスイーツ”や、初登場となる、ふろしき文鳥ケーキもご用意。さらにバレンタインに向けた「ことりカフェ」オリジナルロールケーキや新作シマエナガケーキも数量限定にて販売いたします。

〈鳥フェス神戸2017開催概要〉
1.イベント名:「鳥フェス神戸2017〜ことりスイーツとカワイイ雑貨大集合!〜」
2.期間:
  ・2月11日(土)11:30〜18:00
  ・2月12日(日)10:00〜16:00
3.場所:「神戸ビアバル食堂73〜NANA:SAN(ナナサン)〜」
     (兵庫県神戸市中央区北長狭通1−1−1)
※アクセス:阪急神戸線 神戸三宮駅 西口 徒歩1分 /JR 三ノ宮駅 西口 徒歩1分/阪神本線 三宮駅 徒歩3分 /地下鉄西神・山手線 三宮駅 徒歩1分
4.入場料:¥300(お買い物券+オリジナルクリアファイル付)
      ※e+(イープラス)にて販売:http://eplus.jp/sys/main.jsp
5.出展予定:イラストレーターとき/インコサミット/KAPUSERUDOU(ぴいすけ)/CARURU(あひるすきー)/Kochan‘s(似顔絵)/ことのわ/ことりカフェ/ことりカフェ心斎橋/ことりちゃん/SUZUMEYA /TORINOSU/とりみカフェぽこの森/BIRDSTORY/ぴよ手帖/ぶんちょ組ぽぽりす/まゆイヌ(似顔絵)
/もも福 他
6.主催:株式会社ことりカフェ
7.協力:とりみカフェぽこの森/BIRDSTORY/ことりカフェ心斎橋

■「ことりカフェ」について
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月に「ことりカフェ心斎橋」(監修:株式会社ことりカフェ/運営:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉康一http://www.exceedjapan.co.jp/)を、12月に「ことりカフェ巣鴨」(運営:株式会社バードモア 代表取締役 木幡直希 http://www.birdmore.com/)をオープン。各店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店はインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。また、2016年11月11日に小鳥雑貨専門店“小鳥のいない「ことりカフェ」”1号店となる、「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」を東京・西新井にオープン(運営:小鳥雑貨専門店「よいなdeことのわ」)。「小鳥のための人と人の輪を大切にしたい」をコンセプトに展開。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062 東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ巣鴨」アクセス
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3−18−13(巣鴨駅徒歩5分)
営業時間:10:00〜18:00
■「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」アクセス
〒123-0842 東京都足立区栗原3−30−14(西新井大師駅徒歩7分)
営業日/営業時間:金・土・日・月/11:00〜18:00

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000252.000010272.html

http://archive.is/mxzt1
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 21:38 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇佐で鳥インフル 野鳥の1羽 養鶏場には異常なし【大分合同新聞2017年1月18日】(ノスリ/確定検査待ち/他4ソース)

 大分県は17日、宇佐市の平野部の雑草地で回収した野鳥1羽の死骸から、A型鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。毒性の強い高病原性かを判断する確定検査を鳥取大学(鳥取市)でする。環境省は回収地点の周辺10キロ圏内を野鳥監視の重点区域に指定。県などが監視を強める。周囲の養鶏場で異常は確認されていない。

 県森との共生推進室によると、見つかった死骸はタカの一種「ノスリ」。12日夕方に近くの住民が見つけて県に通報。県職員が死骸を回収し、消毒作業を実施した。県北部保健所(中津市)が同日に実施した簡易検査では陰性だったが、環境省の遺伝子検査で17日に陽性反応が出た。確定検査の結果判明には1週間程度かかるという。
 家畜伝染病予防法で家禽(かきん)の異常確認が必要な半径3キロ圏には、100羽以上を飼育する養鶏場1カ所(1万5千羽を飼育)がある。宇佐家畜保健衛生所の家畜防疫員が17日に立ち入り検査、異常は確認されなかった。
 10キロの監視重点区域内には28農場(計56万4千羽)がある。今回の発生で養鶏場を対象にした移動・搬出制限などはない。
 監視重点区域の指定は発生から45日間(3月3日まで)で、県職員や鳥獣保護管理員が巡回の頻度を高める。確定検査で高病原性でないと判明した場合には指定は解除される。
 今季は全国各地で野鳥から高病原性鳥インフルエンザが確認されており、環境省は昨年11月に野鳥の監視レベルを最高値に引き上げた。養鶏などの家禽でも6道県で感染が確認されている。大分県内の養鶏場も感染を防ぐための飼育管理の徹底を図っている。

<メモ>
 ノスリは北海道から四国で繁殖。秋冬にはユーラシア大陸から渡ってきた個体も加わり、ほぼ全国で見られる
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/01/18/JD0055384937

大分)宇佐の野鳥の死骸から鳥インフル検出【朝日新聞デジタル2017年1月18日】

 県内では2011年2月以来、約6年ぶりに鳥インフルエンザウイルスが見つかった。検出されたのは、宇佐市の林で12日に住民が見つけた野鳥「ノスリ」の死骸。環境省は17日、周辺の半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定した。県によると、目視調査では近くの養鶏場に異変はないといい、今後、防疫対策を徹底するとしている。

 ノスリはタカの一種。17日の県の発表によると、県の簡易検査では陰性だったが、環境省国立環境研究所の遺伝子検査で陽性反応が出たという。鳥取大学で、高病原性鳥インフルエンザウイルスかどうかの確定検査をするという。

 県によると、死骸の発見場所から半径3キロ圏内には養鶏農家が一つあり、計1万5千羽の鶏を飼育している。県は17日、職員を派遣して異常がないことを目視で確認したという。

 半径10キロ圏に広げると、2…
http://www.asahi.com/articles/ASK1K5DVDK1KTPJB013.html

大分でも野鳥1羽から鳥インフル【産経ニュース2017年1月18日】
 大分県は17日、同県宇佐市の山林で12日に野鳥のノスリ1羽の死骸が見つかり、環境省の遺伝子検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。高病原性かどうか鳥取大で確定検査する。県によると、回収地点から半径3キロ圏内にある養鶏農場1戸を目視で調べたが、異常はなかった。
http://www.sankei.com/region/news/170118/rgn1701180002-n1.html

死亡した野鳥から鳥インフルエンザ検出【OBS大分放送ニュース2017年1月17日】
宇佐市内で死んでいた野鳥からA型鳥インフルエンザの陽性反応が出たことがわかり、国が詳しい検査を進めています。県によりますと、今月12日、宇佐市内の農地でタカの一種「ノスリ」1羽が死んでいるのが見つかりました。住民から通報を受けて県北部保健所が簡易検査を実施した結果「陰性」でしたが、その後、環境省の遺伝子検査によりA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たということです。現在、より感染力の強い「高病原性鳥インフルエンザ」かどうかの詳しい検査が進められています。国の防疫指針に基づき県は17日、野鳥の回収場所から半径3キロ圏内にある1か所の養鶏場に対し、目視による調査を実施しましたが、異常はなかったということです。また周辺10キロ圏内は野鳥監視重点区域となり、パトロールを強化しています。2016年11月以降、国内では高病原性鳥インフルエンザが北海道と5県の養鶏場などで発生し、野鳥などの感染も16道府県で確認されています。今回、宇佐市で見つかった野鳥の詳しい検査結果はおよそ1週間後になる見通しで、高病原性鳥インフルエンザウイルスへの感染が確認された場合、県内では2011年2月以来となります。
http://www.e-obs.com/news/detail.php?id=01170036269&day=20170117

宇佐市 死んだ野鳥から鳥インフル(大分県)【NNNニュース2017年1月17日】
宇佐市の草むらで12日に見つかった野鳥の死骸から鳥インフルエンザウイルスが検出された。現在国が毒性の強い高病原性のウイルスかどうか検査を行っている。県内の養鶏農家で感染は確認されていない。野鳥からの検出のため鶏や卵の搬出制限は実施されない。
http://www.news24.jp/nnn/news8836255.html

鳥インフルエンザ 宇佐で発見 野鳥死骸から陽性反応 周辺養鶏場異常はなし 県、注意喚起 /大分【毎日新聞2017年1月18日】
 県は17日、宇佐市の山林で見つかった猛きん類の野鳥ノスリ1羽の死骸を遺伝子検査した結果、A型鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。県内で鳥インフルエンザが検出されたのは2011年2月以来。今後、確定検査を行って病原性を調べる。周辺の養鶏場に異常は確認されていないが、県は各農場に衛生管理の徹底を求めるとともに、野鳥の死骸を見つけた場合はすぐに近くの自治体へ連絡するよう、県民に呼び掛けている。

 県によると、12日午後4時ごろ、付近の住民がノスリの死骸を発見。県北部保健所の簡易検査では陰性だったが、その後、環境省による遺伝子検査で鳥インフルエンザウイルスが検出された。環境省は死骸の回収地点から半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定し、他に野鳥の死骸がないか監視を強化した。

 県宇佐家畜保健衛生所は17日、3キロ圏内にある養鶏場1カ所を立ち入り検査。異常は確認されなかった。県内には100羽以上の鶏を飼育する農場が172カ所あるが、これまでに異常は見つかっていない。県森との共生推進室は「通常は人には感染しないが、死んだ野鳥を見つけても、素手で触らないでほしい」としている。【西嶋正法】
http://mainichi.jp/articles/20170118/ddl/k44/040/258000c

野鳥から鳥インフル陽性 県が監視巡回【OBS大分放送ニュース2017年1月18日】
宇佐市内の農地で死んでいた野鳥から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たことを受けて、県は回収場所から半径10キロ圏内で野鳥の監視パトロールを強化しています。今月12日、宇佐市内の農地で野鳥の「ノスリ」1羽が死んでいるのが見つかり、遺伝子検査の結果、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ました。18日は野鳥監視重点区域に指定された半径10キロ圏内で、県の職員4人がパトロールを実施しました。現地では職員が死んだ鳥がいないかどうか双眼鏡を使って目視で確認し、今のところ異常はないということです。また、県は養鶏農家に対し市町村を通じて感染防止の徹底と死んだ鳥がいた場合、速やかに通報するよう改めて呼びかけています。
http://www.e-obs.com/news/detail.php?id=01180036287&day=20170118

http://archive.is/3hfho
http://archive.is/uZTH8
http://archive.is/9xdly
http://archive.is/R3sl8
http://archive.is/miDGf
http://archive.is/ZWVHs
http://archive.is/CoVju
posted by BNJ at 12:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥1羽の鳥インフル確定 山口【産経ニュース2017年1月18日】(H5N6型/他2ソース)

 山口県は17日、山口市で見つかったカモ科のホシハジロ1羽の死骸を鳥取大で確定検査した結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出されたと発表した。県によると、野鳥は9日に見つかった。10日から発見場所周辺の監視を実施しており、異常は確認されていない。
http://www.sankei.com/region/news/170118/rgn1701180003-n1.html

死骸から鳥インフル確認 山口【中国新聞アルファ2017年1月18日】
 山口県と環境省は17日、山口市の県維新公園周辺で回収したカモ化のホシハジロの死骸1羽が確定検査の結果、高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)に感染していたと確認した。
(ここまで 89文字/記事全文 223文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=312080&comment_sub_id=0&category_id=112

山口市・鳥インフルエンザ陽性反応の野鳥…高病原性と確定(山口県)【NNNニュース2017年1月17日】
県は、9日に山口市で見つかった野鳥の死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルスを確認したと発表した。今後、環境省から緊急調査チームが派遣される予定。9日に山口市で見つかった野鳥の死骸から簡易検査で鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ていたことから、県は、検体を鳥取大学に送り確定検査を行っていた。ウイルス分離検査の結果、17日、H5N6亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを確認したという。現在、県では死骸が見つかった場所を中心とする半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定しているが、引き続き監視を強化していく方針。これまでのところ重点区域圏内の野鳥に異常は確認されていないという。また高病原性鳥インフルエンザの確認を受けて、近く環境省から野鳥緊急調査チームが派遣され、生息状況調査や死亡野鳥調査などを行う予定。
http://www.news24.jp/nnn/news8708635.html

http://archive.is/RNX9L
http://archive.is/ufXLN
http://archive.is/yeS8X
鳥インフルエンザ 山口市の野鳥から陽性反応 県が防御対策徹底へ /山口【毎日新聞2017年1月10日】
山口で野鳥1羽鳥インフル陽性 今冬県内初【読売新聞2017年1月10日】(ホシハジロ/他3ソース/確定検査待ち)
posted by BNJ at 12:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岐阜の鳥インフル、防疫措置完了 来月にも出荷禁止解除【朝日新聞デジタル2017年1月18日】(他1ソース)

野鳥の様子を観察する専門家たち=17日午後、岐阜市長良志段見

 岐阜県山県市の養鶏場の鶏が高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)に感染した問題で、県は17日深夜に、殺処分した鶏約7万8千羽の埋却や鶏舎の消毒などの感染拡大防止(防疫)措置を完了した。来月8日にも周辺養鶏場への出荷禁止などを解除する見通しだ。

 県は発生地点から10キロ圏内で鶏を飼う養鶏場計13カ所への立ち入り検査も17日に終え、異常は確認されなかったという。また、13カ所のうち3キロ圏内の3カ所で飼う鶏の詳しい検査結果は18日夜にも判明する。

 国は防疫措置完了から21日以上を経過すれば、周辺養鶏場への出荷禁止や出入り車両の消毒などの「移動制限」を解除できると定めている。県は今後、周辺養鶏場の再検査や周辺の消毒を続け、早期の移動制限解除を目指す。

 環境省中部地方環境事務所は17日、野鳥の緊急調査チームを県内に派遣した。専門家2人が、10キロ圏内の池や川10〜15カ所を19日昼まで観察し、野鳥の大量死や異常がないかを調べている。17日夕までに異常の報告はないという。(山岸玲)
http://www.asahi.com/articles/ASK1K4TFHK1KOHGB00X.html

鳥インフル防疫完了 山県市の養鶏場【岐阜新聞2017年1月18日】
養鶏場の関連施設を消毒する関係者=17日午後1時43分、山県市内
 岐阜県山県市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの感染が確認された問題で県は17日、殺処分した鶏7万8084羽の埋却作業を終え、国の指針の72時間以内で全ての防疫措置が完了した。新たな感染がなければ養鶏場から半径3キロ以内の鶏や卵の移動制限を21日後の2月8日午前0時に解除する方針。

 17日は当初の計画から84人を増員。殺処分した鶏を埋める穴を掘り、鶏や飼料の入った袋を投入して重機で埋め戻した。午後11時に全ての作業が終了。3日間で県職員や自衛隊員ら延べ約2180人が作業に当たった。県は養鶏場から半径3キロ以内の農場4カ所のうち、鶏を飼育する3カ所で抗体検査などを実施。3〜10キロの農場12カ所の立ち入り検査も終えた。今のところ、感染が疑われる事例はないという。

 国の指針は、防疫措置の終了翌日から21日後に半径3キロ以内の移動制限を解除すると規定。県は新たな感染がなければ農林水産省と協議し、制限を解除するかどうか決める。養鶏場では14日朝に鶏約100羽が死んでいるのが見つかり、農業・食品産業技術総合研究機構の動物衛生研究部門(茨城県つくば市)の検査で高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)と判明。県内の家禽(かきん)で感染が確認されたのは初めて。

 古田肇知事は「自衛隊、警察など関係者に深く感謝したい。引き続き養鶏農家の衛生管理を徹底し発生予防に努める」とコメントした。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170118/201701180831_28834.shtml

鳥インフルエンザ 岐阜・ウイルス検出 埋却処分終了【毎日新聞2017年1月18日】
 岐阜県山県市の養鶏場で死んだ鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県は17日夜、殺処分した鶏全7万8084羽の埋却や鶏舎の消毒などを含めた防疫措置が全て完了したと発表した。

 国の指針では感染確認から72時間以内に防疫措置を完了するよう定めており、期限内に終わった。14日深夜の感染確認から防疫措置完了までに県職員や自衛隊員ら延べ約2180人で作業した。

 県によると、国の指針に基づき防疫措置完了の翌日から10日後に、鶏や卵の移動を制限した半径3キロ圏内の3養鶏場で鶏の血液検査を実施する。結果が陰性であれば3〜10キロ圏内の鶏や卵の搬出制限を解除し、その後も感染が確認されなければ21日後に3キロ圏内の移動制限も解除する。

 一方、県は防疫措置完了後の手続きとは別に、15日から半径10キロ圏内の13養鶏場の立ち入り調査を実施した。うち半径3キロ圏内の3養鶏場で実施した鶏の血液検査の結果は18日夜にも判明する見通し。

 3〜10キロ圏内の10養鶏場では異常はなかったという。【岡正勝】
http://mainichi.jp/articles/20170118/ddq/041/040/007000c

鳥インフル、感染防止作業終わる 岐阜県(岐阜県)【NNNニュース2017年1月18日】
 岐阜県山県市の養鶏場で起きた鳥インフルエンザ問題で、県は17日夜、感染拡大防止の作業を全て終えた。新たな感染がなければ、来月には出荷禁止が解除される見込み。岐阜県では、殺処分した約7万8000羽の鶏を埋めたり、鶏舎を消毒したりする感染拡大防止作業を国の指針通り、感染が分かってから72時間以内の17日午後11時に終えた。これをうけて18日朝から開かれた会議では、100羽以上飼育している県内全ての養鶏施設に消石灰を配って消毒指導を行うことや、鶏の殺処分、出荷自粛による農家の損失への支援手続きについてなどが報告された。今月28日にこの養鶏場から半径3キロ圏内の農場で検査を行い、新たな感染がなければ、出荷制限は来月8日に解除される見通しという。
http://www.news24.jp/nnn/news86233190.html

http://archive.is/Wz4lf
http://archive.is/plnMG
http://archive.is/Rs9Oh
http://archive.is/QRHFz
鳥インフルエンザ 岐阜、毒性強い「H5N6型」 きょう埋却完了目指す【毎日新聞2017年1月17日】(鳥インフルエンザ山県市関連17日分まとめ)
posted by BNJ at 12:04 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュースBOX 潮来でも鳥インフル確認 /茨城【毎日新聞2017年1月18日】(確定検査待ち)

 県は17日、潮来市前川で11日に回収したオオハクチョウの死骸から、遺伝子検査でH5型の鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。同市内での感染確認は初めてで、県内では55例目。簡易検査では陰性だった。新たに周辺10キロ圏内(潮来、行方、鹿嶋、神栖、稲敷の各市を含む)を野鳥監視重点区域に指定した。
http://mainichi.jp/articles/20170118/ddl/k08/040/143000c

http://archive.is/I1tce
posted by BNJ at 12:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2羽の野鳥死骸から鳥インフル 大田原【産経ニュース2017年1月18日】(他1ソース)

 県は17日、大田原市羽田で死んでいたオオハクチョウ2羽を国立環境研究所で遺伝子検査した結果、A型の鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。北海道大で確定検査する。高病原性の鳥インフルエンザが確認されれば、昨年12月に発見されたオオタカに続き今季2、3例目となる。

 県自然環境課によると、13日午後1時40分ごろ、野鳥を監視していた職員が死んでいたオオハクチョウ1羽を発見、簡易検査は陰性だった。14日には市民の通報で、別の死んでいたオオハクチョウ1羽を近くで回収し、陰性だったが、2羽とも遺伝子検査を行った結果、鳥インフルエンザウイルスが確認された。

 県は、発見場所の周辺10キロ以内で野鳥の監視を強化。3キロ以内で100羽以上の鳥類を飼育している1農場を立ち入り検査し、異常がないことを確認した。
http://www.sankei.com/region/news/170118/rgn1701180036-n1.html

行政ファイル オオハクチョウが鳥インフルエンザ陽性 /栃木【毎日新聞2017年1月18日】
 県自然環境課は17日、大田原市羽田の沼地で発見されたオオハクチョウ2羽の死骸を遺伝子検査した結果、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。オオハクチョウは今月13日と14日に同じ沼で死んでいるのが相次いで見つかった。簡易検査では陰性だったという。県は、発見場所から半径10キロ以内の野鳥の監視を強化するほか、養鶏場などへの聞き取り調査を行う方針。
http://mainichi.jp/articles/20170118/ddl/k09/040/055000c

大田原・羽田沼で2羽鳥インフル陽性【下野新聞SOON2017年1月18日】
 県は17日、大田原市羽田(はんだ)の羽田沼周辺で回収した野鳥のオオハクチョウ2羽を国立環境研究所が遺伝子検査した結果、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。北海道大に確定検査を依頼し、高病原性の型であるかなどを調べる。県内では昨年12月、真岡市で回収された野鳥のオオタカから高病原性ウイルスが確認されており、確定検査で2羽からウイルスが検出されれば、今季の感染例は3例となる。

 県によると、1羽目は13日午後、2羽目は14日朝、いずれも水辺で死んでいるのが、市民らに発見された。

◆大田原市、立ち入り自粛呼び掛け

 羽田沼の水辺で回収されたオオハクチョウから鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たことを受け、大田原市は17日、羽田沼野鳥公園への立ち入り自粛を呼び掛けた。人がふんを踏むなどしてウイルスが拡散することを防ごうと、沼南側の市道を封鎖し、人が近付くことが多い沼西側にロープを張った。

 周辺ではハクチョウを冬の地域のシンボルとして迎えている。全国的に鳥インフルの発生が相次いでいただけに、羽田沼白鳥を守る会の長嶋昭夫(ながしまあきお)会長(57)は「やはり来てしまったか」と戸惑う。守る会は公園の巡回やハクチョウの様子をチェックしてきた。「今後、より注意深く羽田沼を見守りたい」と話した。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20170118/2574078

http://archive.is/6ScEy
http://archive.is/AGa6G
http://archive.is/6ZZmt
posted by BNJ at 11:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教訓生かし道初動対応表 清水の鳥インフル【朝日新聞デジタル2017年1月18日】(他1ソース)

清水町で起きた高病原性鳥インフルエンザの対応の経緯

■養鶏場に防疫計画要請

 清水町で昨年12月、道内の養鶏場で初めて高病原性鳥インフルエンザが発生した問題は、関係機関の対応に大きな課題を残した。道は100羽以上を飼育する全養鶏場に防疫計画を策定させ、関係機関が取るべき初動対応をまとめたマニュアルも作るなどして、再発防止を図ることにした。

 道は17日、清水町の鳥インフルエンザを受けた最後の対策本部会議を開き、最終の検証結果を公表した。国の指針では感染確認から24時間以内に殺処分し、72時間以内に埋却するよう求めているが、清水町では殺処分に70時間半、埋却には80時間半かかった。検証結果ではその原因として、養鶏場の飼育数の把握が不十分だった▽十勝総合振興局と自衛隊だけで対応できると判断し、周辺市町村や関係機関に作業員派遣の要請をしなかった▽自衛隊などへの支援要請の内容があいまいだった▽関係機関の情報共有も不十分だった――などと指摘した…
http://www.asahi.com/articles/CMTW1701180100002.html

鳥インフルエンザ 初動混乱、処分遅れる 道が検証し対策 清水町 /北海道【毎日新聞2017年1月18日】
 清水町の養鶏場で昨年末、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、約28万4000羽が殺処分された問題で、道の対策本部は17日、対応の検証結果と道独自の今後の対策を明らかにした。大規模鶏舎だったことに加え、厳寒期の防疫作業で国の指針より処分の時間がかかったとして、防寒対策なども考慮して一定規模以上の養鶏場ごとに防疫計画を月内に策定させる方針を打ち出した。【酒井祥宏】

 国は鳥インフルエンザ発生時の対応として、採卵用で3万〜6万羽、食肉用で5万〜10万羽の養鶏場を想定し、殺処分を24時間以内に実施し、埋却処分を72時間以内に終えると定めている。しかし今回、殺処分と埋却処分の完了まで80時間半かかった。

 対策本部は今回の鳥インフルエンザ対応への検証で、発生養鶏場で小動物が侵入可能な隙間(すきま)が複数あったことや、正確な殺処分数が当初分からなかったことなどを問題視。作業員が不慣れだったことに加え、資材が円滑に調達できなかったこと、道庁と現場、関係機関との情報共有が不十分だった点なども課題に挙げた。

 さらに最低気温が氷点下10度以下と厳寒だったことや、作業員の休憩や睡眠の場所、食事の供給や通信手段の確保が不十分だったことにも言及した。

 このため、今後は未然防止のための措置▽初動対応と防疫措置の円滑化▽指揮命令系統の明確化▽現地本部などで必要な設備の確保−−の4項目で改善が必要と指摘。

 具体的には、全道で家畜保健衛生所による養鶏場の点検・指導を徹底し、図上訓練の実施や必要資材のリスト化などで迅速な対応を目指すとした。

 また、道庁内危機管理センターに関係機関も常駐できる指揮室を設置。現地へ次長級の職員を派遣し、速やかに情報共有するとした。

 一方、今回の養鶏場は国の想定以上に大規模で、また道内には100万羽以上の規模の施設もある。冬季は防寒対策も必要と判明したため、道は今後のために独自の防疫方針を作ることにした。ウイルスが見つかった鶏舎の殺処分を24時間以内に完了させ、その後の埋却などの防疫措置は規模に応じて期限を定める。初動対応の強化も目指し、100羽以上を飼育する道内208の全養鶏場で、施設ごとに防疫計画を月内に策定する。

 高橋はるみ知事は「いつどこで発生してもおかしくない。主要養鶏業者と対応の反省点や要望などについて意見交換の場を設けたい」と話した。

鳥類展示、中止相次ぐ
 清水町の養鶏場での鳥インフルエンザ発生や、野鳥などからのウイルス検出を受け、道内では水族館や動物園など観光地で鳥の展示やイベントの中止が相次いだ。

 登別市の水族館・登別マリンパークニクスは、年末年始のペンギンの屋外展示を休止した。ペンギンショーやペンギンとの記念撮影といったイベントも取りやめた。

 釧路市も特別天然記念物タンチョウへの活魚(ウグイ)の給餌を中止。活魚を狙うオオワシやオジロワシが飛来し、タンチョウと取り合っていることから、感染リスクがあると判断した。

 札幌市円山動物園は、屋外でトビやフクロウの生態を観察できるイベントなどを中止した。来園者が動物を間近に見られるイベント「みんなのドキドキ体験」のうち、鳥類が関わるタカ匠体験なども取りやめた。【今井美津子】

 ■清水町で発生した高病原性鳥インフルエンザの経過■

 <2016年12月>

16日10時    清水町の養鶏業者が「約30羽死んでいる」と十勝家畜保健衛生所に通報

   22時30分 遺伝子検査で高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したため、発生養鶏場周辺は通行制限し、半径3キロ圏内の家きんの移動を制限、3〜10キロ圏内は家きんの搬出を制限

   23時    道が対策本部を設置

17日正午     約700人態勢で約21万羽の殺処分を開始。3〜10キロ圏内に消毒ポイントを設置

18日正午     国の指針に基づく殺処分終了予定時刻(24時間)

19日21時    殺処分が終了。殺処分数は当初より約7万羽増の約28万4000羽。道は増員したが殺処分終了まで70時間半かかった

   22時30分 国の指針に基づく埋却措置の終了予定時刻(72時間)

20日 7時    清水町有地に殺処分した鶏の埋却措置終了。埋却終了まで80時間半経過

    9時15分 発生養鶏場の清掃・消毒作業開始

22日       道が対応の検証チーム設置

24日19時    発生養鶏場の1回目の清掃・消毒作業を終了

31日       発生養鶏場の2回目の消毒作業

 <2017年1月>

 7日       発生養鶏場の3回目の消毒作業

10日15時    検査で3〜10キロ圏内でウイルスが確認されなかったため搬出制限解除

15日 0時    移動制限解除し防疫措置を終了。延べ約6200人が従事した

 ■ことば

鳥インフルエンザ
 鳥に感染するA型インフルエンザウイルス。高病原性と低病原性があり、高病原性に感染すると家禽(かきん)の多くは死ぬ。感染した鳥の肉や卵を人が食べても感染しないが、感染した鳥の体液や排せつ物の粉末などを吸い込むと、感染する可能性がある。
http://mainichi.jp/articles/20170118/ddl/k01/040/196000c

http://archive.is/MjHu2
http://archive.is/sWk9Q
清水鳥インフルエンザの移動制限解除 道「感染拡大なし」【どうしんウェブ2017年1月15日】
鳥インフル対策、観光に影響必至  釧路【朝日新聞デジタル2016年12月22日】(タンチョウ/オジロワシ/ハクチョウ/他3ソース)
posted by BNJ at 11:55 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

写真展 県内飛来した鳥、50点を展示 新潟で31日まで /新潟【毎日新聞2017年1月18日】

 県内に飛来した野鳥を収めた写真展「幸せを運ぶ鳥たち」が、新潟市西区内野町の「やしち酒店」2階ギャラリーで開かれている=写真・日報連会員の池田友好さん撮影。

 「新潟自然を撮(うつ)す会」と「西蒲区に飛来したトキを守る会」が初めて企画。会場には、幸せを呼ぶというコウノトリや世界的にも希少種とされるソデグロヅル、長岡市に飛来したトキなどの写真約50点を展示している。

 自然を撮す会の久保田昌照さんは「会員同士で珍しい鳥を見つけると、互いに情報交換して撮影している。コウノトリは時々見かけるが、ソデグロヅルは珍しく、多分迷い込んで来たのだろう」と話していた。31日まで。問い合わせは久保田さん(090・2475・1377)。
http://mainichi.jp/articles/20170118/ddl/k15/040/059000c

http://archive.is/BS5n6
posted by BNJ at 11:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奄美・琉球、正式名4島で推薦 世界自然遺産へ、環境省方針【沖縄タイムスプラス2017年1月17日】

 国内5番目の世界自然遺産として2018年の登録を目指す「奄美・琉球」(鹿児島、沖縄)について、環境省が正式名称を「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」とする方針を固めたことが17日、分かった。

 政府は、文化遺産候補の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本)とともに、世界遺産への推薦を近く閣議了解。2月1日までに国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書を提出する。18年の世界遺産委員会で2件の審査、登録を求める。

 環境省によると、ユネスコから地域を特定できる名称とするよう要請があったという。(共同通信)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/80189

http://archive.is/Dets9
奄美国立公園指定を答申=世界遺産登録に前進−中環審【時事ドットコム2016年12月27日】
タグ:奄美
posted by BNJ at 11:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島)川面で一休み 越冬中のヒドリガモ 鳴門【朝日新聞デジタル2017年1月18日】

川面で羽を休めるヒドリガモ=鳴門市大津町側から

 鳴門市の市街地を流れる新池川の川面で、100羽を超える冬鳥のヒドリガモが一休み。オカヨシガモも交じっていた。

 昼間は海岸に近い川で遊んでおり、夜から朝にかけて周辺の陸地などでえさをついばむ。雄は口笛に似た鳴き声、雌は濁った鳴き声を出し、にぎやかだ。しばらくすると集団で飛び立ち、気に入った場所に移動する。

 暮れに、やって来て越冬。3月下旬にシベリア方面へ北帰行が始まる。同市大麻町の中池でも、越冬中のマガモが護岸に集まって日なたぼっこしていた。
http://www.asahi.com/articles/ASK1J3HRLK1JPUTB002.html

http://archive.is/6ivYW
posted by BNJ at 11:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチからオシえて 噴火した島に戻る海鳥 小笠原諸島・西之島、生態系進化の実験場に【毎日新聞2017年1月18日】(既報関連ソースまとめあり)

 2013年の噴火以降、面積が22ヘクタール(噴火前)から268ヘクタールと10倍以上に拡大した小笠原諸島・西之島。昨年10月に実施された初の上陸調査で複数の海鳥の繁殖が確認された。孤立した島独特の生態系が新たに誕生する過程が観察できる「自然の実験場」として注目を集めている。

 ●8種中3種確認

 噴火前に繁殖が確認されていた海鳥は8種。当時の面積は東京ドーム5個分にも満たなかったが、小笠原諸島の中では最も多くの種が繁殖していた。

 「小さいが海鳥にとっては楽園のような場所」。森林総合研究所の川上和人主任研究員(鳥類学)によると、脅威になるネズミやネコなどがおらず、巣を作りやすい環境を変えてしまうような外来植物も入っていなかった。特にアオツラカツオドリの国内の繁殖地は他に尖閣諸島だけで、噴火の影響が注目されていた。

 上陸調査に参加した川上さんが溶岩流を免れた場所を調べたところ、8種のうち3種の営巣が確認できた。アオツラカツオドリは抱卵中。カツオドリの若鳥がおり、オナガミズナギドリの巣穴も多数あった。アジサシの仲間は、繁殖は確認できていないが、島の近くを飛んでいた。

 ●場所に執着強く

 大規模な噴火だったにもかかわらず、海鳥はなぜいるのか。川上さんによると、海鳥は場所に対する執着性が強いという。寿命が数十年と長い種も多く、仮に1〜2年繁殖できなくても落ち着いた後に巣が作れれば戻るらしい。また、カツオドリの仲間2種は大型だが、アオツラカツオドリは秋から冬、カツオドリは夏と繁殖期が違うため、営巣場所が狭くても共存できているのではないかという。

 川上さんは今回の調査の最大の成果を「生態系を構成する機能が維持されていることが確認できたことだ」と話す。現在の島のほとんどは溶岩に覆われているが、周辺部は火山噴出物が細かな岩石の粒となって堆積(たいせき)。浜ができて、海岸性の植物が根を張りやすい環境になっていた。そのような場所に、海鳥によって植物の種が運ばれ、さらに海鳥のふんは肥料になる。動物の死骸などを食べる昆虫のハサミムシなどもみつかり、多様な生物が生きるための生物同士のつながりが保たれているという。

 西之島のように大陸や他の島からはるか離れた土地で、新たな生態系が作られていくのが観察できるケースは海外でもほとんどない。川上さんは「どんな生態系ができるかは全く予想できない。島の生物相の成立をこの目で見るのは島しょ生物学者の夢の一つ。人類共通の財産として変化を見守ってほしい」と訴える。【大場あい】
http://mainichi.jp/articles/20170118/ddm/013/040/028000c

http://archive.is/kLik1
西之島噴火3年 測定データを基に海図作製、領海確定へ【産経ニュース2016年11月20日】(海鳥の鳴き声を録音する機器)
西之島、上陸して見た“最新の表情” 測量船が帰還【テレ朝ニュース2016年11月8日】
海鳥、西之島に戻る 噴火後初の上陸調査【産経ニュース2016年11月7日】
NEWSの窓 科学 西之島 貴重な「生態系の実験場」毎日小学生新聞【毎日新聞2016年10月30日】
15歳のニュース 目が離せない西之島 噴火3年で初上陸 大陸形成の解明に期待【毎日新聞2016年10月29日】
ニュース交差点 地域 西之島に海鳥のヒナやトンボ 毎日小学生新聞【毎日新聞2016年10月27日】
西之島にカツオドリ・昆虫・ダニ… 上陸調査の結果発表【朝日新聞デジタル2016年10月26日】
面積が大きくなった無人島に上陸したいぞ! : KODOMO【読売新聞2016年10月26日】
西之島に噴火後初上陸 東大地震研など生態系調査【朝日新聞デジタル2016年10月20日】
(科学の扉)生態系、よみがえるか 噴火の西之島、貴重な観察の場【朝日新聞デジタル2016年10月9日】(オオアジサシ/アカオネッタイチョウほか/既報関連ソースあり)
新たな生態系、西之島で調査 環境省、来年度上陸へ【朝日新聞デジタル2016年8月30日】
小笠原諸島・西之島、「研究目的以外の上陸自粛を」 専門家【日本経済新聞2016年8月19日】
噴火から2年半、西之島で海鳥営巣…抱卵の姿も【読売新聞2016年6月4日】
西之島、海鳥の生息を確認 噴火みられず、わずかに噴煙【朝日新聞デジタル2016年2月15日】
溶岩の島、海鳥たくましく生息…西之島噴火2年【YOMIURI ONLINE2015年11月18日】
溶岩で覆われた西之島、花咲き鳥歌う島になるか【AFPBB News2015年5月20日】
くらしナビ・環境:西之島噴火、海鳥どうなる 国内有数の繁殖地 溶岩で覆われ【毎日新聞2015年3月20日】
posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀戸天神社 うそ替え神事控え、縁起物制作ピーク 24、25日 /東京【毎日新聞2017年1月18日】

 学問の神様、菅原道真をまつる江東区の亀戸天神社(亀戸3)で24、25日にある「うそ替え神事」を前に、縁起物の「ウソ」の制作がピークを迎えている。神社では大小11種類、約3万体を用意。10人の神職が木彫りのウソの目や羽の色づけなどに追われている。

 「ウソ」はスズメよりやや大きい小鳥。「嘘(うそ)」と読み方が同じことから「凶事を嘘にして吉事に取り(鳥)換える」ことを祈念して、うそ替えの神事が行われる。参拝者が前年に買ったウソを神社に納め、新しいものを購入する習わしもあり、例年、受験生の家族など多くの人が訪れるという。【谷本仁美】

〔都内版〕
http://mainichi.jp/articles/20170118/ddl/k13/040/112000c

http://archive.is/ob0rs
posted by BNJ at 11:38 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京)母校へ土地寄付「自然に触れて」昭島【朝日新聞デジタル2017年1月18日】(野鳥観察)

感謝状の贈呈式で(左から)臼井伸介市長、志茂光男さん、加賀田真理校長=昭島市役所

 ◇昭島の小学校に83歳卒業生

 昭島市立成隣(せいりん)小学校(大神町4丁目)の卒業生が「子どもたちのために使ってほしい」と、母校に隣接する私有地約730平方メートルを市に寄付した。17日、市役所で感謝状の贈呈式があった。

 寄付したのは不動産業の志茂光男さん(83)。市教育委員会によると、成隣小は1873(明治6)年に寺で開いた「執中学舎」が始まりとされる歴史ある学校。小学校用地も地域の地主らの好意によって長年提供され、現在も複数の地主からの借地部分が残る。志茂さんからは、ビオトープなどとして約200平方メートルを借りていたという。

 志茂さんは「父もお世話になった母校。皆さんに喜んで使っていただけるのが私の最高の喜び」として、前市長時代に寄付を申し出た。昨年11月に周囲の土地も含め約730平方メートルの寄付が実現した。

 感謝状を贈った臼井伸介市長(61)は「子どもたちはもちろん、地域やご家族にも自然と触れ合える場として使っていただけるよう整備したい」と感謝を述べた。加賀田真理(まさのり)校長(54)は「蛍も見られる自然のままの土地。カリンなど実のなる木を植えて、やって来る鳥を観察するなど、授業に生かしたい」と言う。

 昭島市では、市立の小中学校19校のうち2校が民地、4校が国有地を借りており、年間の借地料は約1億4200万円に上る。市教委は「全国市長会を通じて国有地の無償提供を要望している。寄付は本当にありがたい」としている。

 (宮坂麻子)
http://www.asahi.com/articles/CMTW1701181300001.html

http://archive.is/Rf2Xf
posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BirdListening 消えゆく鳥たち オオワシ【毎日新聞2017年1月18日】

「クワッ、クワッ」と鳴く=中川雄三氏撮影
 極東ロシアで繁殖し、北海道などで冬を過ごす。餌は主に魚で、遡上(そじょう)するサケや漁港に落ちている魚を食べることもある。黒い体に、大きなくちばしは鮮やかな黄色をしており、飛ぶと白い肩と尾が目立つ。生息環境や餌の減少のほか、狩猟の銃弾による鉛中毒や風力発電施設への衝突などの影響が心配される。<文・岡本裕子(日本野鳥の会)>
http://mainichi.jp/articles/20170118/ddm/013/070/041000c

http://archive.is/KZ4S5
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする