2017年03月31日

【神奈川】動物園充実へふるさと納税 横浜市が「基金」創設 返礼品に年間パス【東京新聞2017年3月31日】

 横浜市は、市内の動物園で飼育する動物を長期的に安定して確保するため、ふるさと納税の仕組みを活用して「動物園基金」を二〇一七年度に創設する。まず市予算で積み立てる一千万円を呼び水に、民間からふるさと納税で資金を募る。 (志村彰太)
 市内にあるズーラシア、金沢、野毛山の三つの動物園などでは現在、二百十八種四千二百十四頭の動物を飼育している。動物の購入や他園からの貸し出しに関する予算は、十年前は一千万円以上あったが、最近五年間は五百万円前後で推移していた。
 近年、国内の動物は高齢化に加え、血縁が近くなっている。繁殖のためには海外から新しい血統の個体を連れてくる必要があり、それだけ費用も増大する傾向にあった。さらに、市動物園課は「高額な動物だと億単位になり、単年度予算では対応が難しい」と基金の創設を決めた。
 まず市が一千万円を基金に積み立て。一七年度から、ふるさと納税で「基金への積み立て」を使途に指定できるようにし、納税者の協力で基金の充実を図る。
 市はふるさと納税を使途別に募集しており、新年度から動物園基金への積み立てなど新たに九項目の使途を加え、全十九項目にする。また従来はふるさと納税の返礼品を設けていなかったが、簡単な返礼品を始める。
 一万円以上寄付の場合は、十九項目すべてで、市営の地下鉄とバスが一定区間で一日乗り放題の「みなとぶらりチケットワイド」二枚(千百円相当)を贈る。さらに使途が動物園基金の場合、ズーラシア、金沢の二園の共通年間パスポート(二千円相当)を贈呈。他にも「横浜みなと博物館の展示充実」の使途では、同博物館の入館券二枚(千二百円相当)を送付する。
 いずれの返礼も、市が所有する不動産や資産を活用するもので、新たな費用負担はほとんどない。ただし、ふるさと納税の「流出超過」は悪化を続け、一七年度は四十七億円の減収を見込んでいる。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201703/CK2017033102000212.html

http://archive.is/vsaDt

野生動物の生態まなぶ【タウンニュース2017年3月31日】

野鳥観察や講義のほかに、小鳥の巣箱づくりにも挑戦。1人1箱作成し自宅へ持ち帰った
 野生動物の保護や自然環境の保全に関心を持ってもらおうと「春休み子ども体験教室〜わくわく野鳥探検隊」が3月25日、七沢の県自然環境保全センターで実施された。同センターを拠点に活動するボランティア団体「野生動物救護の会」(渡辺優子理事長)が主催した。晴天に恵まれたこの日、小学生とその保護者ら11人が参加した。

 午前中はセンター周辺を散策しながらの野鳥観察。午後は交通事故で搬送され、同センターで救護されたタヌキとの触れ合いをはじめ、救護動物についてのレクチャーをセンター職員から受けるなど、野生動物や自然保護について親子でまなぶ1日になった。参加者からは「あらゆる角度から野生動物を知れてよかった」と好評だった。

 自然環境保全センターは、傷病鳥獣を収容して治療し、野生に還している。2015年度の救護実績は503件。運び込まれた時点で治療が厳しい鳥獣が多く、野生に返せる率は平均2〜3割程度だという。
http://www.townnews.co.jp/0404/2017/03/31/376604.html

http://archive.is/1Ecbl
タグ:巣箱
posted by BNJ at 11:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉)首に大けがの白鳥、元気に 深谷の荒川【朝日新聞デジタル2017年3月31日】(既報関連ソースあり)

首の傷痕がくびれてはいるが、元気になったコハクチョウ(手前、深谷市本田、堀口恭男さん提供)

 深谷市の荒川で首に大けがをした状態で見つかったコハクチョウが、その後傷が癒えて元気になった。桶川市の野鳥愛好家堀口恭男さん(73)が撮影した。

 見つかったのは1月。頭のすぐ下で気管が露出するほどの傷を負っていた。じっとうずくまっていて、あまり動こうとしなかった。

 今月初めに愛好家らの間で「傷が治ってきたようだ」との話が広まり、堀口さんが訪れた際は盛んに水草を食べたり、水面近くを飛んだりしていたという。けがの部分はくびれてはいたが、羽毛に覆われて傷は見えなくなっていた。堀口さんは「野生の生命力はすごい。元気で北へ帰ってくれると思う」。(川崎卓哉)
http://www.asahi.com/articles/ASK3T2SLKK3TUTNB002.html

http://archive.is/rAfE3
けがのコハクチョウ「元気」…深谷【読売新聞2017年1月24日】(既報関連ソースあり)
埼玉)コハクチョウ、首に深い傷 深谷の荒川に飛来【朝日新聞デジタル2017年1月17日】(他1ソース)
posted by BNJ at 11:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「本当に美味しいカラス料理の本」出版とお料理イベントのご案内【プレスリリース2017年3月29日】

学術出版のGH株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:竹澤慎一郎、以下GH)では、有害鳥獣として捕獲されたカラスの食資源としての有効活用の研究を行う総合研究大学院大学の塚原直樹氏が執筆した「本当に美味しいカラス料理の本」を出版いたします。4月22日には、著者と一緒にカラス料理を作り、それを試食できる著者のトーク付きの出版記念イベントを開催いたします。
【本当に美味しいカラス料理の本】
本書は有害鳥獣として捕獲されたカラスを美味しくいただくためのノウハウ本です。著者はこれまで15年間カラスの解剖学、行動学を研究してきた塚原直樹氏です。豊富な鉄分とタウリンを含むカラス肉の魅力、安全に食すための処理方法、美味しく調理するための仕込みなど、本書でしか得られない独自のメソッドを紹介しています。新たなジビエの可能性として、美食家必見の内容です!

五感で知る!「本当に美味しいカラス料理の本」出版記念お料理イベント
本書では、10件のカラス料理のレシピを紹介しています。しかし、現時点ではカラス肉は手に入りにくいもの。そこで、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感でカラスを知っていただく出版記念イベントを本年(2017年)4月22日に開催します。

視覚…実際のカラス肉を見ていただきます。
聴覚…著者塚原氏の特別セミナーをお聞きください。
触覚…カラス肉の弾力などを実際に調理して感じてください。
味覚…自分で調理したお肉を試食してみてください。
嗅覚…調理したお肉の香りを感じてください。

イベント(完全予約制)
2017年4月22日
10時30分 出版経緯説明(挨拶)
紙面紹介(著者塚原直樹氏)
調理試食会
12時00分 懇親会(記者会見)

会場 :パズル浅草橋(東京都台東区浅草橋5-2-3-2F)
会場URL:http://puzzle-scs.jp/akb
会場最寄り駅:「浅草橋」方面から
JR総武線 浅草橋駅 西口徒歩4分
都営浅草線 浅草橋駅 A4 徒歩6分

■注意事項
◯調理スペースの都合により、参加者様を第1部、第2部で2チームに分けて調理試食会を実施いたします。
チーム分けにつきましては、当日、当社よりご案内させていただきますので、ご了承ください。
◯調理試食会では「焼き鳥」を各自で体験していただきます。
◯自家消費の概念から自ら調理しカラス料理はよく火を通してお召し上がりください。
当日はご自分で焼き加減をみて、自己責任の範囲内でご試食ください。

報道関係者様(10席)先着順 特別無料
一般(40席)3,500円(税込み)
料金に含まれるもの:
セミナー聴講、調理試食会の機材使用と材料、書籍1冊

イベント参加方法
●一般(40席) ⇒ http://peatix.com/event/251041 こちらよりお申込ください。
●報道関係者(10席) ⇒ http://ghjapan.jp/form/inq/ フォームに、
「4/22カラスのイベント参加」を明記のうえ、ご所属、氏名、掲載予定メディアを記載ください。
下記をコピーしてご利用ください。
※尚、恐縮では御座いますが対応に限りがある為、先着順でのご案内になります。ご了承下さい。

「4/22カラスのイベント参加」
所属:
氏名:
参加人数:
機材:スチールorカメラ
掲載予定メディア:

【参考URL】
Yahoo!ショッピングで購入(予約販売可能)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/medister/spp-00003.html
Amazonで購入(予約販売可能)
https://www.amazon.co.jp/dp/4990730836/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1490058202&sr=8-2&keywords=カラス料理

◆GH株式会社について
1. 商号:GH株式会社
2. 代表者:代表取締役 竹澤慎一郎
3. 所在地:東京都港区南青山2-2-12
4. 設立:2007/01/29
5. 資本金: 31.7百万円(資本準備金含まない)
6. 従業員数:12名(平成29年3月1日現在、非常勤含む)
7. 主な事業の内容:医療・科学などの学術出版、専門情報流通を促進する事業
8 URL: http://www.ghjapan.jp/

<本件に関するお問い合わせ先>
GH株式会社 担当:竹澤
Tel:03-5829-9758
https://www.value-press.com/pressrelease/180581

http://archive.is/IShYR
タグ:書籍
posted by BNJ at 11:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

健康志向で「鶏むね肉」人気、価格も上昇?【日テレNEWS24 2017年3月30日】(鳥インフルエンザ)

コンビニエンスストアなどにも並ぶ「鶏のむね肉」が今、人気となっている。料理にも使いやすく手ごろな食材だが、需要が高まり、値段も上がりつつあるという。その背景には一体何があるのだろうか。

■東京・渋谷に4月2日にオープン予定の「Soup Stock Tokyo」の新店舗では、今までなかったという限定メニューが登場する。目玉商品は、はかた一番どりのむね肉を14種類の調味料で漬けてから焼き上げたタンドリーチキンのサラダ。その狙いは―

■「鶏むね肉というジューシーだけどヘルシーなもの」「カロリーが少ないので、ご飯は食べたくないけど、もうちょっと腹持ちがよく、食べ応えがあるものを食べたいお客様に提案させていただこうと」(渋谷マークシティ店・松本さん)

■健康意識の高まりを受け、鶏のむね肉の商品はコンビニでも。各社はむね肉をやわらかく蒸して薄く味付けした「サラダチキン」の販売でしのぎを削っている。

■一方、都内のスーパーの鶏のむね肉のコーナーをウオッチングしてみると、買い物かごに鶏のむね肉を入れる多くの人の姿があった。話を聞いてみると、多くの女性から「体にいい」「高たんぱくなのに低カロリー」といった声が聞かれた。

■鶏のむね肉は、最近の研究で疲労回復効果があることがわかってきたという。阿部医院の清水恵一郎院長は―

■「鶏のむねの肉はイミダペプチドというもの(成分)が多く存在します」「(摂取すると)一番大事な疲れやすい脳とか骨格筋にたどり着いて、非常に疲れをとるような効果があるんです」

■都内にある飲食店「筋肉食堂」では鶏のむね肉の健康効果に着目したメニュー「国産の鶏ムネ肉のステーキ」を提供している。特にダイエット中や筋肉をつけたい人などに人気だという。

■一方で、最近は国産の鶏のむね肉の価格が上昇している。卸売り価格をみてみると、去年の4月1日時点では1キロ259円だったが、今年3月末の時点では319円に。1年前に比べ、60円値上がりしている。

■その理由として、農水省は世界中で発生した鳥インフルエンザの影響で海外産の価格が上がったことや、今年冷え込みの日が多かったため、鍋物での需要が高まったことなどが要因ではないかとしている。

■価格上昇の影響はサラダチキンの製造会社にも及び始めている。3年前に販売を始め、順調に売り上げを伸ばす一方、最近は値上げする可能性も出てきたという。

■農水省によると、今後の価格の動向は不透明な部分も多く、市場を注視したいとしている。

詳しくは動画で。
http://www.news24.jp/articles/2017/03/30/06357769.html

http://archive.is/hjtNl
posted by BNJ at 23:45 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする