2017年03月16日

南極のペンギンの個体数、これまでの推測の2倍 研究【AFPBB News2017年3月16日】

東南極で撮影されたアデリーペンギンのコロニー。オーストラリア南極局提供(撮影日不明、2017年3月15日提供)
南極のペンギンの個体数、これまでの推測の2倍 研究

【3月16日 AFP】東南極(East Antarctica)に生息するアデリーペンギンの個体数は、これまで考えられていた数の倍以上だとする調査結果が15日、発表された。

 調査を行ったのは、オーストラリア、フランス、日本の研究チーム。今回の数字は、上空と地上の2方向からの調査やタグの取り付け、観察データ、繁殖時期の自動撮影の画像などを使った調査で明らかになった。

 研究チームは、全長5000キロメートルの海岸線を対象とし、そこに生息する個体数を590万羽と推測。これは、これまでの予想よりも360万羽多い。そしてこの数字を基に、世界全体の生息数を1400万〜1600万羽と推測した。

 オーストラリア南極局(AAD)の海鳥保護活動家、ルイーズ・エマーソン(Louise Emmerson)氏によると、以前は個体数の推測には繁殖中のつがいの数のみが考慮されていたという。

 エマーソン氏は、「しかし東南極で行ったわれわれの調査では、繁殖中ではないアデリーペンギンの数が、繁殖中のペンギンの数と同程度、あるいはそれよりも多いことが明らかになった」と述べ、「これらのペンギンは将来の繁殖に重要で、その数を推測することによって、個体全体が必要とする餌の量についての理解を深めるべきことが明白になった」と続けた。

 泳ぎが得意なアデリーペンギンは、南極大陸とその周辺にある複数の小島に生息しており、沖に浮かぶ海氷の周囲で越冬する。
http://www.afpbb.com/articles/-/3121615

http://archive.is/vdtCF
【南極日誌】手を振るペンギン しらせ、シドニーへ北上中【共同通信2017年3月16日】
「渡辺佑基 バイオロギングで海洋動物の真の姿に迫る」第15回 海氷の消えた南極とアデリーペンギン【ナショナルジオグラフィック日本版ニュース2017年3月13日】
(デジタル版から)南極観測特集、更新中【朝日新聞デジタル2017年3月1日】

posted by BNJ at 23:44 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【南極日誌】手を振るペンギン しらせ、シドニーへ北上中【共同通信2017年3月16日】

通り過ぎる観測船「しらせ」に向かってフリッパーを広げるアデリーペンギン。手を振って見送っているように見えた=9日、南極海

氷で覆われた海に進入する観測船「しらせ」=8日、南極海

観測船「しらせ」の艦橋にあるマグネットコンパス。南磁極を通過中、東に向かっているのにほぼ西を示していた=10日、南極海

仙台市の真南約1万1千キロを航行中の観測船「しらせ」の船内で、東日本大震災の発生時刻に合わせて黙とうする乗員ら=11日、南極海

観測船「しらせ」に掲げられた半旗=11日、南極海
 南極大陸の沖合を東進していた観測船「しらせ」は13日、東経150度線に沿って進路を北に取り始めた。氷山はいつの間にか、船の周りから姿を消した。観測隊の船旅も終盤。日々は穏やかに過ぎている。

 ▽見納め

 3月8日朝、目を覚ますと、「しらせ」は氷に覆われた海を進んでいた。数年後に予定されている海洋観測の実施場所に向かうためだ。見渡す限りの氷の海を見るのは昭和基地を離岸した日の翌日、2月16日以来。氷の上にいるペンギンやアザラシを目にするのも久々だった。

 3月9日にはその海域を抜けた。あっという間にまばらになっていく海氷の上のペンギンにカメラを向けていると、一緒に撮影していた隊員たちの誰かが、「ペンギンの姿もここで見納めだな」とつぶやいた。

 もうペンギンが立つような氷のある海を通ることはないのか―。少し感傷に浸った私の気持ちを知ってか知らずか、ファインダーの中のアデリーペンギンが手を振るようにフリッパーをぱたぱたさせた。

 ▽迷うコンパス

 3月10日夜、「しらせ」は南磁極を通過した。理科年表によると、南磁極とは、地球の磁力線が垂直に真上に向かっている場所のことだそうだ。地磁気に詳しい隊員によると、小学校の頃に棒磁石の上に紙を置いて、その上に砂鉄を振る実験で見られた線が磁力線の身近な例とのこと。

 南磁極の上に立つと船のコンパスにも影響があるかもしれないという話を聞き、南磁極を間もなく通過する旨を知らせる艦内放送が流れた午後9時過ぎ、船外に明かりを漏らさぬようまっ暗になった夜の艦橋に上がっていった。

 すると、普段は進行方向を示している操舵席の上のマグネットコンパスが進路の東とは正反対の西の方向を指しているではないか。ちなみに、マグネットコンパスが正確でなくても、ジャイロとGPSで方角をしっかりと割り出して「しらせ」は進むことができる。

 それにしても、こんな場所へ来ることになるなら、子どものころ、磁石の実験をもっと真剣にやっておけばよかった…。

 ▽青空に半旗

 3月11日、久々にすっきりと晴れた一日だった。南極大陸の沖合を東に向かっていた「しらせ」は、仙台市の真南約1万1000キロを航行していた。

 午後2時46分、「東日本大震災犠牲者に対して黙とうを行う」という放送に合わせて、船内で黙とうが行われた。6年前、昭和基地や「しらせ」の中で地震発生の報に触れた人々は、どれほどいてもたってもいられない気持ちに襲われたことだろう。帰りたくてもすぐには帰れない状況だ。

 青空にひるがえる半旗を見上げながら、すべての隊員が帰国するまで、その家族や友人たちがみな無事でいてくれることを切に願った。

 ▽時刻帯変更

 3月12日、3月に入ってから5度目の時刻帯変更があった。

 時刻帯は経度を15度移動する度に1時間ずつずれていく。南極沖の高緯度帯では経線の幅も短くなるため、同緯度で航行しているとすぐに15度移動して、1時間時計をずらすことになる。

 帰路では、「しらせ」は東に進んでいたため、時刻帯変更がある日の午後11時になると船内のすべての時計が1時間進み、午前0時を指す。睡眠時間が1時間短くなるのだ。西に向かっていた往路では、時刻帯変更の度に時計を1時間戻し、その分惰眠をむさぼっていたが、その“ツケ”が今来ているというわけである。

 この日の時刻帯変更により、東京との時差はプラス1時間になった。昭和基地と東京との時差はマイナス6時間だったので、かなり東に来たなと実感した。

 3月13日の午前中に「しらせ」は北上を開始した。ペンギンはおろか、氷山もすっかり見かけなくなった。下船するシドニーには、20日に到着予定だ。(共同通信=写真部・武隈周防)
https://this.kiji.is/215001836733267977?c=39546741839462401

http://archive.is/kwGdE
「渡辺佑基 バイオロギングで海洋動物の真の姿に迫る」第15回 海氷の消えた南極とアデリーペンギン【ナショナルジオグラフィック日本版ニュース2017年3月13日】
(デジタル版から)南極観測特集、更新中【朝日新聞デジタル2017年3月1日】
posted by BNJ at 23:40 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ、今年も産卵 豊岡周辺で12年連続【神戸新聞NEXT2017年3月16日】

豊岡市内で今季初めて確認されたコウノトリの卵=16日午前、豊岡市城崎町戸島(豊岡市提供)
 兵庫県豊岡市は16日、同市城崎町の市立「ハチゴロウの戸島湿地」内の人工巣塔で、国の特別天然記念物コウノトリの産卵を確認した、と発表した。卵が確認されたのは今季初めて。同市周辺では12年連続の産卵で、ほかにも3カ所で産卵しているとみられる。

 確認された卵は1個で、親鳥は同市内から放鳥された雄12歳と雌15歳のペア。これまでに同じ巣塔で19羽のヒナを巣立たせている。この日、施設職員が巣内を写真撮影して確認した。ふ化は4月中旬ごろの見込み。

 県立コウノトリの郷(さと)公園(同市祥雲寺)によると、このほか、1日までに市内2カ所の巣塔で2ペアが、10日にも1カ所で1ペアが卵を抱くようなそぶりを見せているという。(阿部江利)
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201703/0010005366.shtml

コウノトリ産卵確認 郷公園、人工巣塔で1個【日本海新聞2017年3月21日】
 兵庫県豊岡市祥雲寺の県立コウノトリの郷公園は18日、公園前の人工巣塔で野外コウノトリが産卵しているのをライブ映像で確認したと発表した。午前6時すぎに卵1個が巣内にあり、前日午後6時23分時点ではなかった。
http://www.nnn.co.jp/news/170320/20170320053.html

http://archive.is/KNeeO
http://archive.is/rwl1r
コウノトリ 孵化近し◇鳴門、20日頃にもヒナ誕生か【読売新聞2017年3月16日】
野外コウノトリペア、本格的に抱卵 福井県推定、越前市白山地区【福井新聞ONLINE2017年3月11日】(他3ソース)
コウノトリの巣塔ライブで 豊岡の公園など映像配信【神戸新聞NEXT2017年3月10日】
posted by BNJ at 23:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広がる新緑、みんなで歩こう 第22回ウオーキングフェスタ東京 4月29・30日【朝日新聞デジタル2017年3月16日】

笑顔でゴールする子どもたち=昨年の大会から

 多摩・武蔵野の新緑の中を歩く「第22回ウオーキングフェスタ東京」が4月29、30日の両日、東京都小金井市の都立小金井公園を中心に開かれる。「やさしく、楽しい健康づくりは歩くことから。みんなで参加し地域を知ろう。仲間になろう」を合言葉に、体力や経験に合わせて5、10、20、30キロの4コースが用意されているほか、ノルディックウォークや親子での体験学習なども楽しめる。

 ■中学生の参加費、今回から無料に

 大会のスタートやゴール地点となる都立小金井公園は、1954年に開園。面積約80ヘクタールと広大な敷地にはこどもの広場や桜の園、バーベキュー広場などもあり、都民の憩いの場所として親しまれている。コナラやクヌギなどの雑木林を中心に野鳥も訪れ、バードウォッチが楽しめる場所としても知られている。

 大会は東京最大の歩くイベントとして親しまれ、昨年は2日間で前回より125人多い7684人が参加して自然とのふれあいを楽しんだ。

 今大会は初日が小金井公園から南に下る「ハナミズキルート」。30キロコースでは神代植物公園から深大寺、野川公園などを巡る。2日目が多摩湖方面に北上する「サクラルート」。玉川上水沿いや小平ふるさと村のウォーキングを楽しみ、30キロコースは多摩湖も目指す。両日とも無理なく気軽に楽しめる5キロの「エンジョイルート」があり、小金井市内を巡り地域文化を楽しむことができる。

 どのコースも休憩や食事は自分のペースで自由。10キロ以上のコースでは途中のチェックポイントでチェックを受けると完歩証ももらえる。

 これまで有料だった中学生の参加費が今年から無料に。新たに親子自然体感学習として「歩育ウォーキング」も設けられた。

 ■絆つくる「歩育」、コーチが指導/ノルディック体験も

 「歩いて、自然や社会に触れ、五感で学ぶことを直接体験することで子供たちの豊かな心、生きる力を育てていく」という歩育。日本ウオーキング協会もその普及を目指して専門コーチの育成などを進めている。

 「歩くことは運動能力の差とは関係ない。ゲームにチャレンジするなどして歩くことを楽しむことで、新たな子どもの能力を引き出すことができる」(同協会)という。

 「親子の絆づくり歩育ウォーキング」と題し、大会期間中、定員は各日親子30組(1組4人まで)で、参加費は1組千円。歩育コーチが指導する。

 昨年に続き今大会も小金井公園いこいの広場でノルディックウォーク体験のブースが設けられる。スキーのストックに似た専用の「ポール」で地面をつきながら歩くノルディックウォーク。距離スキー選手の夏のトレーニングとしてフィンランドで発祥した。足腰への負担が和らぐことから高齢者の参加者にも好評だ。

 運営を担う東京都ノルディック・ウォーク連盟がポールの持ち方や長さの調整、基本的な歩き方の手ほどきをしてくれる。ポールも1日300円でレンタル可能だ。

 ■事前申し込み受け付け中

 ◇日時とコース 4月29日はハナミズキルート(10キロ、20キロ、30キロ)、4月30日はサクラルート(10キロ、20キロ、30キロ)。このほか両日とも5キロのエンジョイコースがあります

 ◇ところ 中央会場(発着地)は都立小金井公園いこいの広場=JR中央線東小金井駅から徒歩20分、またはCoCoバス(小金井市コミュニティバス)で5分▽武蔵小金井駅から西武バス、関東バスで5分▽西武新宿線花小金井駅から徒歩15分。必ず公共交通機関をご利用ください

 ◇受付時間 両日とも30キロは午前7時30分、20キロは午前8時30分、10キロと5キロは午前9時30分。それぞれ受け付け開始から30分後に出発式があります

 ◇参加資格 ウォーキングマナーと交通ルールを守る方なら誰でも参加できます。ただし、小学生以下は保護者(有料)の、介助の必要な方には介助者(有料)の同伴が必要です

 ◇申し込み 4月10日までに、所定の用紙を使った郵便振替かスポーツエントリーのサイト(https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/68600別ウインドウで開きます)、電話(0570・550・846、平日午前10時〜午後5時30分)で。当日申し込みも可能(5キロのエンジョイコースは当日申し込みのみ)

 ◇参加費 10キロ以上のコースの事前申し込みは、2日間でも1日でも一般2千円(多摩信用金庫での事前申し込みは開催地割引で1500円)。当日申し込み(1日の参加費)は一般1200円。5キロのエンジョイコースは当日申し込みのみで一般500円。中学生以下はいずれのコースも無料

    *

主催   第22回ウオーキングフェスタ東京実行委員会(小金井市、日本ウオーキング協会、東京都公園協会、朝日新聞社)

後援   環境省、厚生労働省、朝日新聞厚生文化事業団など

特別協力 多摩信用金庫、武蔵野徳洲会病院
http://www.asahi.com/articles/DA3S12845204.html

http://archive.is/vChpu
タグ:イベント
posted by BNJ at 23:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「これぞ暁斎!」展 軽妙な遊び心、魅惑の動物戯画【産経ニュース2017年3月16日】

「烏瓜に二羽の鴉」 明治4〜22(1871〜89)年 いずれもイスラエル・ゴールドマン コレクション Israel Goldman Collection,London Photo:立命館大学アート・リサーチセンター
 神聖な仏画や艶やかな美人画、写実的な動物画など多彩な作品で知られる絵師、河鍋暁斎(1831〜89年)。その画業の全貌を紹介する展覧会が東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開かれている。

 動物画を得意にした暁斎は、猫や猿、虎や象まであらゆるものをモチーフにした。写実的で緻密な絵も多数あるが、肩の力を抜いた動物戯画はほほえましい。たとえば「動物の曲芸」に登場するのは、はしご乗りをするネズミ、空中ブランコで曲芸を披露するモグラなど。伸び伸びとして無邪気。軽妙で遊び心にあふれ、自身も楽しんでいる姿が伝わってくる。

 暁斎は、時代が大きく動いた幕末から明治時代にかけて活躍。明治初期には新政府の役人を揶揄(やゆ)する風刺画がとがめられ、投獄されたこともあった。幼いころから絵に親しみ、歌川国芳や狩野派の絵師に学び、若くして頭角を現した。流派にとらわれない画法を独自に習得。仏画から戯画まで幅広い画題に取り組み、見る者を圧倒する迫力のある大作を数多く制作している。

 今回展示された約180点は、自由気ままに墨で描いた掛け軸などの小さめの作品が中心で、これまであまり出品されたことがない。中でも、目立つのがカラスの絵だ。「烏瓜に二羽の鴉」は、くちばしを大きく開き鋭い目つき。動きや表情は的確にとらえられていて、絵の中から騒がしい声までも聞こえてきそう。カラスウリの明るい朱色がアクセントを与えている。

 カラスは暁斎が好んだモチーフで特別な存在だった。明治14年の内国勧業博覧会では、カラスを主題にした作品で賞を受賞。この作品が高値で購入されたことが話題となり、その後、「鴉かきの暁斎」と呼ばれるほど多くの絵を描いた。

 日本美術に詳しい大英博物館のティム・クラーク日本セクション長は、その作品の魅力を「私たちを型にはまった世界から放り出してくれるということではないでしょうか」と、本展に文章を寄せている。

 本展は、世界屈指の暁斎コレクターとして知られる英国在住の画商、イスラエル・ゴールドマン氏の所蔵品で構成。鬼気迫る形相が怖い「鍾馗と鬼」、墨の線が伸びやかで力強い「半身達磨」、静謐さをたたえた「龍頭観音」といった暁斎らしい作品も公開されている。このほか、色っぽい春画も展示され、暁斎の画力の奥深さを実感させる。(渋沢和彦)

                  


 「これぞ暁斎!」展は4月16日まで、無休。一般1400円。問い合わせはハローダイヤル(電)03・5777・8600。
http://www.sankei.com/life/news/170316/lif1703160021-n1.html
http://www.sankei.com/life/news/170316/lif1703160021-n2.html

http://archive.is/hVcsQ
http://archive.is/cpak1
posted by BNJ at 23:28 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アートを楽しんで 磐梯熱海温泉に壁画完成(福島県)【NNNニュース2017年3月16日】(県の鳥/キビタキ)

訪れる観光客にアートを楽しんでもらおうと、人気の画家が描いた壁画が郡山市の温泉街に完成した。
壁画が完成したのは、郡山市の「磐梯熱海温泉」の萩姫ふれあい通り。
およそ40メートルの壁に、県の花シャクナゲと、県の鳥キビタキなどが繊細なタッチで描かれた。
東京を中心に活躍する壁画アーティスト、フランキー・スィーヒさんが8日間かけて完成させたもの。
*磐梯熱海温泉旅館協同組合・柴田佳哉さん
「このストリートに対しての彩づけということで、お客様にウェルカム感をお持ちいただけるような通りになったかなと思います」
このほか、通りには福島大学の学生が制作した行燈などもあり、様々なアートが観光客を出迎えている。
http://www.news24.jp/nnn/news86512765.html

http://archive.is/hMIFd
posted by BNJ at 23:26 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物たちと再会に笑顔 盛岡市動物公園の営業始まる【岩手日報WebNews2017年3月16日】

 盛岡市新庄の市動物公園は15日、今季の営業を始めた。式典の後、招待された幼児らが園内の一部を巡り動物との再会を喜んだ。

 開園は午前9時半〜午後4時半。水曜休園。鳥インフルエンザ対策で鳥類の展示は中止している。同市茶畑の久昌寺保育園(及川敦園長、園児92人)は5、6歳児15人が訪問した。

 ウサギを抱いた園児は「目がとてもかわいくて、温かい」と、雪に覆われた園内で一足早い春をぬくぬく―。

【写真=ウサギを優しく抱く園児たち】
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170316_4

http://archive.is/1y6Pc

北海道)アザラシ25頭が夏用プールヘ おたる水族館【朝日新聞デジタル2017年3月16日】(ペンギン)

移動用のおりの扉が開き、腹ばいになって夏用プールに進むアザラシたち=小樽市

 冬期休館中のおたる水族館(小樽市祝津3丁目)で14日、アザラシ25頭が冬用のプールから、海を仕切った夏用プールへ引っ越した。

 毎年10月から翌3月までは高波を避けるため、アザラシたちは高台の冬用プールで過ごす。この日、トラックで運ばれたアザラシたちはおりの扉が開くと夏用プールに飛び込み、5カ月ぶりの感触を楽しむように泳ぎ回った。

 営業は今月18日に再開。特別展「北海道のサケたち」の「旅立ちの春」編が始まるほか、「ペンギンの海まで遠足」やイルカショーなどの催しがある。隣接の遊園地「祝津マリンランド」は4月15日から営業する。(佐久間泰雄)
http://www.asahi.com/articles/ASK3G5T1ZK3GIIPE01Z.html

http://archive.is/q3XqV

釧路のシマフクロウ、ペア解消 野生での繁殖、困難に【共同通信2017年3月16日】

2016年10月に放鳥されたシマフクロウのつがい(環境省釧路自然環境事務所提供)
 環境省釧路自然環境事務所(北海道釧路市)は16日までに、釧路地方の山林に放鳥した絶滅危惧種のシマフクロウ2羽が、いったんつがいを解消した可能性が高いと明らかにした。同事務所は昨年10月、生息地の拡大を目的に放鳥したが、野生での繁殖は難しいとみられる。

 シマフクロウは国の天然記念物で、北海道東部を中心に140羽程度が生息しているとされる。同事務所は、2羽に取り付けた発信器などで行動をモニタリングしていたが、別々に行動するようになった。繁殖期の3月上旬になっても10キロ以上離れているという。

 2羽は飼育中、2度繁殖に成功していた。
https://this.kiji.is/215069028658398713?c=39546741839462401

シマフクロウ つがい解消か 釧路で放鳥 /北海道【毎日新聞2017年3月17日】
 環境省釧路自然環境事務所(釧路市)は、釧路地方の山林に放鳥した絶滅危惧種のシマフクロウ2羽が、いったんつがいを解消した可能性が高いと明らかにした。同事務所は昨年10月、生息地の拡大を目的に放鳥したが、野生での繁殖は難しいとみられる。

 シマフクロウは国の天然記念物で、道東を中心に140羽程度が生息しているとされる。同事務所は、2羽に取り付けた発信器などで行動をモニタリングしていたが、別々に行動するようになった。繁殖期の3月上旬になっても10キロ以上離れているという。

 2羽は飼育中、2度繁殖に成功していた。再びつがいに戻る可能性もあるが、近く発信器の電池が切れるため、追跡できなくなるという。シマフクロウのつがいの放鳥は1999年以来2例目。前回も繁殖を確認できなかった。
http://mainichi.jp/articles/20170318/ddl/k01/040/167000c

つがいのシマフクロウ「離縁」? 環境省、釧路管内に昨秋放鳥【どうしんウェブ2017年3月19日】
昨年10月に放鳥されたシマフクロウのつがい。カップルは解消された可能性が高い(環境省釧路自然環境事務所提供)
 【釧路】環境省釧路自然環境事務所(釧路市)は17日、釧路管内の河畔林に昨年10月放した国の天然記念物で絶滅危惧種のシマフクロウの雌雄2羽について、いったんつがいを解消した可能性が高いことを明らかにした。この2羽は過去2回、飼育ケージ内で繁殖に成功していた。つがいの放鳥は1999年以来2例目で、前回も繁殖は確認できていない。

10キロ以上離れ行動

 同事務所によると、2羽の尾羽に付けた発信器を通じて《1》11月下旬から雄が10キロ移動した《2》雌も3月上旬に雄と異なる場所に10キロ移動した《3》2、3月の繁殖期も2羽が10キロ以上離れている―などの行動が判明。同事務所は「ケージ内での飼育ではつがいになっても、野生で繁殖し続けるのは難しいとみられる。繁殖のためのなわばりを形成するのが難しいためではないか」と推測している。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0380464.html

http://archive.is/1h9dW
http://archive.is/cGVji
http://archive.is/nS0e6
posted by BNJ at 23:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都鉄道博物館×京都水族館「ナイトミュージアムツアー」SLの検修庫、幻想的な大水槽を120名限定で【プレスリリース2017年3月16日】(ケープペンギン)

京都鉄道博物館と京都水族館で、120名限定の「ナイトミュージアムツアー」が2017年4月29日(祝・土)に開催される。



「ナイトミュージアムツアー」は、京都鉄道博物館開業1周年を記念したもので、ツアーやワークショップを楽しめる特別企画。17時に京都鉄道博物館をスタートし、京都水族館も堪能。22時まで5時間にわたって存分に両館を楽しめる内容となっている。



まず、京都鉄道博物館では副館長による特別ツアーを実施。蒸気機関車の検査修繕専用のSL第2検修庫が特別公開され、普段は見ることのできない研修作業の実演姿を間近で見られる。加えて鉄道ジオラマの見学、運転士が実際に訓練で使用するシュミレーター体験なども用意される多様なラインナップだ。また、ちょうど夜ご飯時に行われることもあり、「ナイトミュージアム弁当」が来館者に配られる。



一方、京都水族館では普段は見ることのできない夜の水族館を公開。幻想的な照明の中、活発に動くオオサンショウウオ、すやすや眠るケープペンギンやゴマフアザラシなど、夜ならではの生き物たちの姿を楽しむことが出来る。さらに、館長・副館長による「夜のいきもの特別解説」の実施、手作りフォトフレームの制作など、子供から大人まで楽しめるコンテンツばかりだ。

【詳細】
京都鉄道博物館 開業1周年記念企画
「京都鉄道博物館」×「京都水族館」ナイトミュージアムツアー
開催日:2017年4月29日(祝・土)
開催時間:17:00〜22:00
開催場所:京都鉄道博物館(京都府京都市下京区観喜寺町)、京都水族館(京都府京都市下京区観喜寺町35−1)
■当日スケジュール
京都鉄道博物館
17:00:「旧二条駅舎」横の臨時入場口にて受付開始
※プロムナード中央にてお弁当を19時まで配布。
18:00〜19:55:「副館長による特別ツアー」(同内容にて各回20分×4回開催)
20:15:閉館、京都水族館へ移動
京都水族館
20:00:受付開始
20:30〜21:30:館長・副館長による解説ツアー「夜のいきもの特別解説」(同内容にて各回20分×4回開催)
22:00:終了

【チケット詳細】
販売期間:2017年3月18日(土)11:00〜4月24日(月)
※予定枚数に達し次第終了。
※京都鉄道博物館、京都水族館での発売は17:00まで。
価格:セット券 一般 5,200円(税込)、子供(3歳以上中学生以下) 3,100円(税込)
※各館の入場料を含む。
販売場所:京都鉄道博物館 チケットカウンター、京都水族館 チケットカウンター、全国のセブン-イレブン店舗
チケット内容:京都鉄道博物館「入館券」、お弁当引換券、京都水族館「入館券」、ワークショップ体験
※払い戻し不可。
※指定日時に来館できない場合、指定日より1か月以内は京都鉄道博物館および京都水族館ともに入館のみ可能。
※京都鉄道博物館の利用がなくても。京都水族館に20時に来館した場合は入館可能。
https://www.fashion-press.net/news/29642

http://archive.is/FGY3J
posted by BNJ at 23:18 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本で初めてGPS検索を搭載した野鳥図鑑アプリ「GPS動く野鳥図鑑400」がiOS版とアンドロイド版で登場!動画でだけ伝わる野鳥の姿と丁寧な解説で「ほんとうに 使える野鳥図鑑アプリ」の誕生です。【プレスリリース2017年3月16日】

生物図鑑のネットワーク配信を行う株式会社ナレッジリンク(東京都港区 代表取締役 清水良一)は平成29年3月16日にスマホアプリ「GPS動く野鳥図鑑400」の配信を開始します。野鳥撮影家の第一人者である真木広造氏の動画を主体に、近年活躍中の佐藤信行氏撮影の映像を加え、種毎に分かりやすい解説文を備えた野鳥図鑑アプリです。日本の野鳥400種を多様な方法で検索、楽しみながら野鳥の知識を得ることができます。
生物図鑑のネットワーク配信を行う株式会社ナレッジリンク(東京都港区 代表取締役 清水良一)は平成29年3月16日にスマホアプリ「GPS動く野鳥図鑑400」の配信を開始します。日本で初めてGPS検索を搭載した「GPS動く野鳥図鑑400」は野鳥撮影の第一人者である真木広造氏の撮影動画を主体に、近年活躍中の佐藤信行氏撮影の映像も使用、種毎に分かりやすい解説文を備えた野鳥図鑑アプリです。厳選された日本の野鳥400種を多様な方法で検索することで、楽しみながら知識を得ることができます。種別に動画と解説をカードにして90通りのバインダーに収め、それらを選んで開くインターフェイスを採用した新発想の図鑑です。

野鳥図鑑アプリ「GPS動く野鳥図鑑400」は動画を利用する図鑑のスタイルを全く新しい発想で企画されました。スマホやタブレットで動画を使用した野鳥図鑑を使うのには、どのようなインターフェイスが楽しいのか?使いやすいのか?そんな疑問からカード式という発想が生まれました。机の上に調べたい野鳥のカードを置いて、その写真をタップすると野鳥が動き出す!そんなイメージの実現を目指して開発はスタートしました。カードは多種多様なバインダーに50音順に整理され、棚に収められています。ユーザーは好きなバインダーを1つ選んで開き、カードを抜いて机に並べタップすると動画が動き出す。図鑑として充分な解説も簡単に閲覧できる。そんな仕組みを小さなスマホの画面で実現しました。具体的な機能は以下の通りです。

1 国内では初のGPS野鳥検索機能 
GPSを利用し、ユーザーがいる場所と時点(月区分け)で観られる可能性のある野鳥が判る「観られる野鳥」バインダーを用意しました。(GPS、カレンダー機能付端末利用が条件)日本を11地域に区分し、各地域内でその時点で観察されたことのある野鳥が検索されます。

2 バインダー方式による野鳥検索機能
 バインダー方式のインターフェイスで直感的な「色」、「大きさ」、「シルエット」、など、11区分90通りの検索が可能です。キーワードを入力したり、検索条件をチェックしたりする必要はありません。90冊のバインダーをスクロールさせ、その中から1つを選びファイルを開け、目的の野鳥カードを選びます。10枚まで一度に選ぶことができ、そのうち5枚までカード上の動画を再生させることも可能です。一枚をダブルタップすると大きな動画が再生され i ボタンで解説文が表示されます。

3 バインダーのカスタマイズ機能
バインダーは検索の目次として用意されたものですが、ユーザーがカスタマイズできるバインダーが2つあります。一つは観察済みの種をファイルする「観たことのある鳥」バインダー、あと一つはユーザーの「お気に入り」を整理するバインダーです。使い方は自由で、例えば「今年中に観察したい野鳥」や、「自宅周辺で観察できた野鳥」など、収録400種から自由な野鳥ファイルが作成できます。

4 情報のシェア機能
  このアプリには各画面にシェア機能があり、初見の野鳥をアプリで確認した直後にお友達に知らせたり、このアプリを紹介したり、様々な目的に利用できます。

5用語説明
 ヘルプに十分な100の用語説明を掲載しました。このアプリの解説で用いられる用語を中心に野鳥図鑑で頻繁に登場する主な用語はほぼカバーされています。絶滅種などについての記号やその意味も詳しく述べられています。

なお、同時に配信開始しました「GPS動く野鳥図鑑mini」は「GPS動く野鳥図鑑400」の機能をそのままに40種の野鳥動画をご覧いただける無料アプリです。40種の野鳥は一般的な生活でも比較的容易に観察することの出来る種を選びましたので、お子様などの野鳥図鑑としての実用価値もあります。

添付資料:インターフェイス、その他のスクリーンショット、バインダー全種の説明等のテキスト
【会社概要】
会社名:株式会社ナレッジリンク
代表者:代表取締役社長 清水良一
TEL:03-5562-5300
URL:http://www.knowledgelink.co.jp/index.html
Facebook:https://www.facebook.com/gpszukan/
事業内容:生物に関わるコンテンツの制作、アプリ開発等の開発と配信
担当者:清水良一
TEL:03-5562-5300
E-Mail:r_shimizu@knowledgelink.co.jp

アプリストアリンク:
Android
有料版:https://play.google.com/store/apps/details?id=co.jp.knowledgelink.birsbook400
無料版:https://play.google.com/store/apps/details?id=co.jp.knowledgelink.birsbookmini
iOS
有料版:https://itunes.apple.com/jp/app/gps%E5%8B%95%E3%81%8F%E9%87%8E%E9%B3%A5%E5%9B%B3%E9%91%91400/id1201169452?mt=8
無料版:https://itunes.apple.com/jp/app/gps%E5%8B%95%E3%81%8F%E9%87%8E%E9%B3%A5%E5%9B%B3%E9%91%91mini/id1201169955?mt=8
http://www.dreamnews.jp/press/0000148971/

http://archive.is/bKwNY
タグ:書籍
posted by BNJ at 23:15 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クランタン州、鳥インフル大流行中を宣言【NNA ASIA2017年3月16日】(マレーシア/H5N1型)

マレーシア・クランタン州政府は15日、緊急会議での討議を踏まえ、鳥インフルエンザウイルス「H5N1」の感染が同州内で急激に広がっている状態にあると宣言した。国営ベルナマ通信が伝えた。

今月6日に感染が確認されたコタバル南部トゥンジョンのカンポンプラウテブ地区を皮切りに、州都のコタバル、パシルマスで症例が見つかり、さらに、バチョクのカンポンドゥスンドリアン地区、パシルプテのカンポンブキメルバウ地区などの地域にも被害が拡大していることが分かったという。コタバルは最も影響を受けており、農村部18カ所で感染がみられた。

同州政府の農業・農業関連産業・バイオ技術・環境技術委員会のチェ・アブドゥラー委員長によると、これまでに2万3,768羽のニワトリが殺処分され、881個の鶏卵が廃棄された。
http://www.nna.jp/news/show/1584312

http://archive.is/AAzrI
マレーシア家きん輸入停止 鳥インフルで【JAcom農業協同組合新聞2017年3月13日】
マレーシアで鶏から鳥インフル検出、H5N1型【ロイター2017年3月9日】
posted by BNJ at 11:55 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル余波、「長良川鵜飼」練習できず(岐阜県)【NNNニュース2017年3月15日】

 鳥インフルエンザの余波は、5月から始まる岐阜市の名物「長良川鵜飼」にも及んでいる。鵜匠・山下哲司さんは、去年暮れに茨城県から新しくウミウ1羽を仕入れ、年明けから長良川で鵜飼いの練習を始める予定だったが、ウはかごの中で待機したまま。鳥インフルエンザの感染を防ぐためだ。山下さんは「ウとコミュニケーションが十分にできていないので、大丈夫かなという不安はある」と話す。長良川鵜飼は5月11日に開幕する予定だが、それまで川に入れない場合、山下さんは自宅にある専用プールでの練習を検討しているという。
http://www.news24.jp/nnn/news86233948.html

http://archive.is/v0tZ3
東山動植物園で鳥インフル続々…長良川鵜飼、予防を喚起 隣市の岐阜【産経WEST2016年12月14日】
日立・伊師浜海岸 3月末まで ウミウ捕獲場公開 ウ飼い文化知って【茨城新聞2016年1月15日】(鵜飼/既報1ソース)
posted by BNJ at 11:52 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

始祖鳥ぬりえの作り方 : KODOMO 【読売新聞2017年3月16日】

 読売KODOMO新聞の3月16日号では、新入学・進級をお祝いし、読者の皆様にもれなく「飛び出す始祖鳥ぬりえ」をプレゼントします。

 始祖鳥の翼はどんな色でしょうか?実は化石しか残っていないので、本当の色は誰にもわかりません。ぬりえは、始祖鳥の姿を自由に想像しながら七つのパーツに色えんぴつなどで色を塗ります。冊子に貼り付けると自分だけの飛び出す始祖鳥が完成! 動画では、その簡単な作り方を紹介しています。

 始祖鳥の化石が日本で初めて公開される「大英自然史博物館展」は東京・上野の国立科学博物館で、3月18日〜6月11日に開催されます。

動画を見るには下の画像をクリックしてください
http://www.yomiuri.co.jp/kodomo/fromeditor/notice/20170315-OYT8T50098.html

http://archive.is/1LiFW
posted by BNJ at 11:48 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生物愛する心育んで こどもの国で小猫さん講演【琉球新報2017年3月16日】

身ぶり手ぶりを交え、さまざまな動物の鳴きまねを披露する江戸家小猫さん=5日、沖縄こどもの国
 【沖縄】動物の鳴きまねで知られる江戸家小猫さんの講演「小猫が語る動物園の楽しみ方」が5日、沖縄市の沖縄こどもの国で開催された。小猫さんは声や口笛、指笛などを駆使し、さまざまな動物の声をまねて来場者を引き込んだ。「動物を好きになることで、動物を大切にしなければという心を持つ人が増えてほしい」と話し、動物園を通して生物を愛する心を育んでほしいとのメッセージを発信した。
 物まねの基本は「耳を澄ませ、よく見ること」と説明。猫八を襲名してきた祖父、父が国内はもちろん、海外の動物園も回って鳴き声の研究をしていたことを紹介した。

 ゾウの鳴き声や種類別の体の見分け方を説明しながら、アフリカゾウは去年、キバを狙われ、15分に1頭の割合で殺されているとの統計を紹介し、密猟などによって絶滅の危機にある動物もいることを解説した。やんばるなどで小動物が絶滅した場合「徐々に減っていなくなっても気が付かないかもしれない」と、身近な自然環境の大切さに目を向けさせた。

 動物園で好きな動物を見つけることで「もっと知りたいという思いが、動物のために何かをしたいという思いにもつながる」と話し、子どもが動物に夢中になるのであれば、ゆっくりと時間をかけて観察させてほしいと求めた。
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-461502.html

http://archive.is/PIkSH
生物の多様性、江戸家子猫師匠と考える 沖縄の児童が自然観察報告【沖縄タイムスプラス2016年10月31日】
(惜別)江戸家猫八さん 物まね芸人【朝日新聞デジタル2016年4月24日】(既報関連ソースあり)
「江戸家猫八」は明治30年代から続く名跡 3代目が名前全国区に【スポーツ報知2016年5月30日】
posted by BNJ at 11:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ 孵化近し◇鳴門、20日頃にもヒナ誕生か【読売新聞2017年3月16日】

立ち上がって、巣の中をくちばしでつつくコウノトリ(鳴門市で)
 ◇鳴門、20日頃にもヒナ誕生か

 鳴門市で営巣している国の特別天然記念物・コウノトリのペア(雄5歳、雌3歳)が抱卵を始めて約1か月になる。20日頃にも孵化ふかするとみられる。関係者はヒナの誕生に向け準備を進めており、「鳴門がコウノトリの生まれ故郷に早くなってほしい」と日に日に期待が高まっている。(皆川聡美、河合修平)

 15日午後、巣では1羽が卵を抱いていた。立ち上がって巣の中をくちばしでつつく行動がみられ、カメラや望遠鏡を持った人たちは熱心に観察していた。同市鳴門町の無職山瀬なみ代さん(66)は「卵を抱く様子に安心している。ヒナが生まれる日が待ち遠しい」と話した。

 県や地元農家などでつくる「コウノトリ定着推進連絡協議会」によると、最近は、雄と雌が交代で抱卵を続けており、2羽の関係も安定しているという。

 同協議会の竹村昇会長(64)は「ここまでくれば、あと数日で孵化するはず」と期待する。

 人工飼育など先進的な取り組みを行う兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷さと公園によると、抱卵開始から孵化までの日数は、過去の観察結果から平均して約31日という。鳴門市のペアは2月18日頃から巣に長時間伏せるなど本格的な抱卵を始めたと推定され、順調にいけば、3月20日頃には孵化するとみられる。

 同公園によると、コウノトリは、かつて各地に生息していたが、明治時代以降、激減した。生息する森林の伐採や、餌となるドジョウやカエルなどが水田の農薬使用でいなくなるなどしたためとみられる。国内の野生のコウノトリは1971年に、豊岡市での生息を最後に絶滅した。

 同公園は2005年に野生繁殖を進めるため放鳥を開始したが、現在、野外での繁殖は兵庫県北部とその周辺に限られている。

 鳴門市のペアは15年2月に同県北部から飛来し、レンコン畑近くの電柱に営巣した。16年3月に産卵が確認されたが、繁殖に失敗。

 協議会はその後、巣の近くに餌になる生き物が暮らせる「ビオトープ」を通年で設け、休耕田に水を張り、ドジョウなどがすめるようにした。孵化の成功に備え、ヒナを識別するための足環あしわを装着する研修も行っている。

 一方、孵化の期待が高まるにつれ、見学者も増えており、鳴門市は15日、観察地点に警備員3人を配置した。竹村会長は「トラブルや事故なく『ヒナ誕生』の明るいニュースが聞けるよう、静かに見守ってほしい」と呼びかけている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokushima/news/20170315-OYTNT50154.html

http://archive.is/f7mHu
徳島)ヒナ誕生へ足環研修 コウノトリの郷公園から講師【朝日新聞デジタル2017年3月9日】
徳島)抱卵中のコウノトリを観察 鳴門で60人【朝日新聞デジタル2017年3月6日】
コウノトリのひなに足輪 プロジェクトチーム発足【徳島新聞2017年2月16日】
posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル沈静化 三重の水族館など、ペンギン散歩など再開へ【産経ニュース2017年3月16日】

 鳥インフルエンザウイルスの感染例の沈静化を受け、ペンギンの散歩やショーなどを中止していた県内の水族館などは、今月中旬から約3カ月ぶりにパレードなどを再開させる。志摩マリンランド(志摩市)は18日からペンギンお散歩タイムを再開。近畿日本鉄道のペンギン列車も25日から再開される予定といい、春休みの観光シーズンを前に関係者らは集客の弾みになると期待している。

 昨年12月の東山動植物園(名古屋市)での感染例などを受け、県内では志摩マリンランドや鳥羽水族館(鳥羽市)、伊勢市の伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス(伊勢市)などでイベントが中止に。その後、明和町で野鳥のオオタカの感染死亡も確認されたが、継続監視の結果、今月まで発生事例はない。

 このため、各施設で順次イベントを再開させることになり、志摩マリンランドは「冬休みに入館者が少し減ったが、再開できるのでうれしい」と歓迎、待ち望んだ観光客らの集客アップに期待している。

 鳥羽水族館でも18日からペンギン散歩を再開、伊勢シーパラダイスも25日からペンギンイベントを再開させる方針だ。
http://www.sankei.com/region/news/170316/rgn1703160057-n1.html

http://archive.is/S2kEB

華麗なジャンプ練習着々…南知多ビーチランド【読売新聞2017年3月16日】(ペンギン)

 南知多ビーチランド(美浜町)で15日、春限定のイルカショー「ドルフィンハーモニー」などの公開リハーサルが行われた=写真=。

 春休み・大型連休や遠足シーズンに向けて、来場者にイルカの能力や生態をよく知ってもらい、園内の約30種の生き物と触れ合ってもらう新しいイベントが企画された。

 限定イルカショーは、イルカが水中で発する3種類の鳴き声を解説するとともに、来場者の合図に合わせてジャンプに挑戦する。この日は、6頭のイルカが、来場者の合図で華麗なジャンプを披露した。

 また来場者は、イルカやアシカ、アザラシに触ったり、ペンギンに餌をあげたりしたほか、「ふれあいおさかな館」では、ヒラメの稚魚やヒトデ、ナマコなどに触り、感触を確かめていた。

 イベントは18日から7月9日まで。隣接の南知多おもちゃ王国では、リカちゃん販売50周年を記念したイベントや新アトラクション「パニックダイバー」も楽しめる。問い合わせは同ランド(0569・87・2000)。
http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20170315-OYTNT50167.html

http://archive.is/BtkJx

生き残りはイケメンのみ、トキ04「失踪宣告」【読売新聞2017年3月16日】(既報1ソース)

 2008年に新潟県の佐渡島で行われた国の特別天然記念物トキの第1回放鳥の生き残りで、本州などで定着していた雌の識別番号「04」が11日、環境省から行方不明扱いとなった。

 関係者は様々な恩恵をもたらしてくれた04との“別れ”を惜しんだ。

 04は新潟市、福島市、山形県米沢市、富山県黒部市、福井市、石川県輪島市、同県羽咋市、同県珠洲市などに飛来し、昨年9月11日以来、姿を消した。環境省の定義により、11日付で行方不明扱いとなった。

 14年から15年に石川県珠洲市で定着した04を撮影していた会社社長(50)は「どこかで元気に餌探しをしていると信じたい」と語る。

 13年には同県羽咋市の田んぼに飛来。羽咋市はトキが暮らせるよう、無農薬、無肥料の「自然栽培」の水田作りに取り組んだ。JAはくい農業振興課課長の粟木政明さん(47)は「自然栽培を実践することの意義を気づかせてくれた」と感謝する。

 富山県黒部市が飛来した04に特別住民票を交付したことをきっかけに、佐渡市は09年、放鳥トキの出身地を証明する「トキ戸籍謄本」を発行した。トキの絵の透かしが入った紙に、本籍、氏名、生年月日が記され、当時佐渡市長だった高野宏一郎さん(77)の署名も入れた。高野さんは「行方不明になったのは残念だが、感謝している。これからも島で育ったトキが本州各地へ飛来して定着し、佐渡島をPRしてほしい」と話していた。

 08年に放鳥されたトキは10羽で、島内に生息している雌の識別番号03も17日に行方不明扱いとなる見通し。生き残りは、11歳雄の識別番号11(愛称・イケメン)のみとなる。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20170315-OYT1T50017.html

最も旅し愛されたトキ、どこへ…11日行方不明扱いに【新潟日報モア2017年3月10日】
2008年の第1回トキ放鳥で放たれた10羽の生き残りで、本州に7年以上定着している12歳雌(個体番号4番)の姿が昨年9月を最後に確認できていない。新潟市をはじめ、富山県や石川県などに飛来。放鳥されたトキの中で最も広範囲に移動し、人懐っこい性格で各地の住民から愛された。11日付で行方不明扱いとなるため、関係者が胸を痛めている。...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20170310312030.html

http://archive.is/rWTPF
http://archive.is/7Ryqh
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木彫りの鳥が集結 新橋コミハで展示会【タウンニュース泉区版2017年3月16日】

 木彫りの鳥を作るバードカービングサークル「木鳥の会」の作品展が新橋コミュニティハウスのロビーで現在開催されている。

 1つの木片を巧みに削り出し、生き生きとした鳥の姿を標本のように作り上げるバードカービング。彩色やシチュエーションにもこだわった会員の力作がそろう。入場無料。時間はコミハの開館時間内で、月〜土曜日は午前9時から午後9時まで。それ以外は5時閉館。期間は4月13日(木)まで。

 問い合わせは同コミハ【電話】045・392・5538。


バードカービング展示会(木鳥の会)
2017年3月11日〜2017年4月13日
0:00開始 〜 0:00終了
神奈川県横浜市泉区 新橋コミュニティハウス
費用:無料
http://www.townnews.co.jp/0107/2017/03/16/374128.html

http://archive.is/SM8wr
posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラムサール条約 葛西海浜公園の都内初登録検討 /東京【毎日新聞2017年3月16日】

 小池百合子知事は15日の都議会予算特別委員会で、野鳥の飛来地として知られる葛西海浜公園(江戸川区)のラムサール条約保全地域登録を目指す考えを示した。登録されれば都内初となる。公明党の上野和彦議員の質問に答えた。

 上野議員は「同公園には2万羽を超えるスズガモなどの野鳥が飛来する」などと指摘。小池知事は「国際的にも重要な生息地。国や区と連携して調査を行い、検討を加速する」と述べた。同公園は1989年に開園。日本野鳥の会・東京の調査によると、約411万平方メートルの敷地に植物や昆虫など多くの生き物がすみ、野鳥だけでも260種類が確認されている。【柳澤一男】

〔都内版〕
http://mainichi.jp/articles/20170316/ddl/k13/040/164000c

http://archive.is/6YXhg
posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【探鳥】カモメ(鴎) 早春の海で採餌【東京新聞2017年3月16日】

カモメ(鴎) 早春の海で採餌
 千葉県銚子市の銚子漁港で2月28日、海面に浮かぶ餌を捕るカモメ。羽ばたいて、くちばしですくい上げた。十数羽が何度も繰り返した。冬から春の銚子漁港は日本有数のカモメウオッチングの場所で知られる。数も種類も多い。
 日本産のカモメ類25種はウミネコとカモメ以外、◯◯カモメと名が上に付く。カモメ類は総称して「カモメ」と呼ぶ。そのためにカモメをわざわざ「ただカモメ」と呼ぶ人も。神奈川県の県鳥。全長45センチ。(写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2017031602000158.html

http://archive.is/xwsTG
posted by BNJ at 11:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四島周辺で共同漁業を 経済活動 高橋知事、世耕氏に提案【どうしんウェブ2017年3月16日】(既報関連ソースあり)

 高橋はるみ知事は15日、経済産業省を訪問し、世耕弘成経産相兼ロシア経済分野協力担当相に、北方四島でのロシアとの共同経済活動や元島民の墓参拡充に関する要望書を提出した。道内企業の経済活動参入に加え、四島周辺での共同漁業やウニ、ホタテの増養殖、海獣や野鳥を観察する洋上観光などを提案した。

 共同経済活動の具体化に向けた初の日ロ公式協議が18日に東京で行われるのを前に、要望書を提出した。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0379264.html

http://archive.is/NdU0h
四島で共同漁業、道の駅 経済活動 道、政府に要望へ【どうしんウェブ2017年3月12日】(海獣や野鳥をウオッチする洋上観光)
posted by BNJ at 11:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする