2017年04月08日

カラスの営巣、電柱上で活発化 停電の原因に【山形新聞2017年4月8日】

電柱から除去した直径約50センチのカラスの巣
 カラスの繁殖期に入り、停電の原因となる電柱上の営巣が県内で活発化している。東北電力山形支店によると、2〜3月に除去した巣は2538個で、前年同期の約1.2倍。少雪の影響か例年より早く活動しているという。除去数が過去最多となった2016年を上回る勢いだが、効果的な対策はなく、地道な除去作業が続いている。

 小枝が重なり、絡み合う直径約50センチの巣。山形市新開1丁目の田園地域の電柱で見つかり、同支店が7日、撤去作業を公開した。山形営業所の職員2人が高所作業車に乗り、工具で取り除いた。

 山形営業所管内の除去数は2〜3月だけで800個に上った。前年同期の約2倍で「雪が少なかったことで活動が早まったのではないか」と担当者。巣が原因の停電は同市内で3月以降、既に3件起きている。

カラスの巣を除去する職員=山形市新開1丁目

 県内の除去数は増加傾向にあり、同支店によると16年は過去最多の7869件。「作業を増やしたというより、巣の実数が多かったようだ」と説明する。

 悩ましいのは効果的な営巣防止策がないこと。電柱上に障害物などを仕掛けても、カラスは次第に慣れて巣を作るという。各営業所が週2、3回パトロールしているが、県内にある電柱は28万本以上。全ての巣を見つけることは難しい。

 予防のため市民にできることもある。一つは餌となるごみの出し方。集積所を扉付きにするなど、カラスに食い散らかされない工夫が求められる。巣の材料を減らすことも重要だ。山形営業所の担当者は「カラスに持ち去られないよう、針金のハンガーや剪定(せんてい)した枝を外に放置しないでほしい」と話す。


 巣の早期発見と除去のため、同社は情報提供を求めている。通話無料の同社コールセンター0120(175)366。
http://yamagata-np.jp/news/201704/08/kj_2017040800159.php

http://archive.is/aFZWc
電柱に鳥の巣、機器に接触して停電 名古屋の1400戸【朝日新聞デジタル2017年4月9日】

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オージー・ワイルドライフ 診療日記 第43回 世界最速の動物、ハヤブサ【日豪プレス2017年4月8日】

カランビン・ワイルドライフ病院で保護されたハヤブサ
カランビン・ワイルドライフ病院では現在、3羽のハヤブサが療養中です。いずれも、脊椎損傷を負って飛べなくなっていたところを保護されました。そのうちの1羽、オスカーと名付けられたハヤブサは、保護された当初は立ち上がることもできない状態でしたが、数カ月に及ぶ治療を経て、歩いたり短距離の飛行ができるまでに回復しました。これからオスカーが野生に帰るまでには、まだまだたくさんのリハビリと訓練が必要になります。

まず、野生で高速飛行や急上昇急降下を繰り返して鍛えられたハヤブサの筋肉は、保護されて2週間もするとすっかり衰えてしまいます。長い療養生活で失われた筋力と持久力、そして、生きた獲物を捕る技術や「野生のカン」を取り戻すため、オスカーは特別な訓練を受けることになります。

生きた動物を餌として訓練に用いることは動物愛護法で禁止されていますので、肉片をひもにくくり付け、それを投げたり振り回したりして、獲物を追う練習に用います。体力がすっかり衰えてしまったオスカーを野生に返すまでにはまだまだ時間がかかりますが、これまでにカランビンで捕食の訓練を受けた猛禽類たちは全て野生に返すことに成功していますので、オスカーにも期待したいところです。


■床次史江(とこなみ ふみえ)
クイーンズランド大学獣医学部卒業。カランビン・ワイルドライフ病院で年間7,000以上の野生動物の診察、治療に携わっているほか、アニマル・ウェルフェア・リーグで小動物獣医として勤務。
http://nichigopress.jp/live/oz_wildlife/141012/

http://archive.is/pCZ7F
posted by BNJ at 21:26 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ ヒナ2羽ふ化 野外今年初 豊岡 /兵庫【毎日新聞2017年4月8日】(既報1ソース)

今年初めて野外でのふ化が確認されたコウノトリのヒナ(親鳥の足元付近)=2017年4月7日、兵庫県立コウノトリの郷公園提供
 県立コウノトリの郷公園(豊岡市祥雲寺)は7日、豊岡市福田地区の人工巣塔でコウノトリの卵がふ化し、ヒナ2羽を確認した、と発表した。コウノトリのヒナのふ化が野外で確認されたのは今年初めてで、豊岡市内での野外でのふ化は2007年から11年連続となった。

 郷公園によると、ふ化したのは7歳の雄と8歳の雌のペアによる卵。7日午前10時過ぎ、郷公園の職員がヒナ2羽を確認した。順調に育てば6月前半ごろには巣立ちを迎える見通し。

 このペアは15年にも2羽を巣立たせており、パートナーを失った者同士では豊岡市周辺唯一のペア。【柴崎達矢】

〔但馬版〕
https://mainichi.jp/articles/20170408/ddl/k28/040/467000c

豊岡でコウノトリふ化 今年初、11年連続【神戸新聞NEXT2017年4月7日】
人工巣塔で誕生したコウノトリのヒナ。赤い丸の中にくちばしが見える=豊岡市福田(兵庫県立コウノトリの郷公園提供)
 兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市祥雲寺)は7日、豊岡市福田の人工巣塔で営巣していたコウノトリのペアが、卵2個をふ化させたと発表した。豊岡市周辺での野外コウノトリのヒナ誕生は今年初めてで、11年連続。

 親鳥は7歳の雄と8歳の雌で、いずれも豊岡市内の人工巣塔などで生まれた。2015年にもヒナ2羽を巣立たせた実績があり、今年も3月1日までに卵を産み、巣で温めていた。

 7日午前10時15分ごろ、同公園の職員が望遠レンズ付きのカメラで動画や写真を撮り、巣内にヒナ2羽がいるのを確認した。(阿部江利)
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201704/0010075332.shtml

http://archive.is/jFK7R
http://archive.is/Lq4X9
コウノトリ、今年も産卵 豊岡周辺で12年連続【神戸新聞NEXT2017年3月16日】
posted by BNJ at 21:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天龍小児童がブッポウソウ巣箱作り【ミナミシンシュウ.jp2017年4月8日】

 天龍村立天龍小学校(熊谷三枝校長)のみどりの少年団を構成する3―6年生児童17人が7日、村に5月に飛来する渡り鳥ブッポウソウの巣箱作りに励んだ。手作りで1人1箱を手掛け、後日、天竜川に架かる橋や山林などに設置して営巣、繁殖を手助けする。

 巣箱作りは東南アジアから渡ってくるブッポウソウの保護を目的に、1998(平成10)年から毎年実施。昨年度から3年生もみどりの少年団に加わり活動展開している。

 巣箱は例年同様6枚の板を組み合わせて作製。生徒たちは飯伊森林組合や地域おこし協力隊の協力も得ながらコツコツと作業を進めていった。団長を務める6年の熊谷翔太君(11)は「色鮮やかで美しい鳥。今年も作った巣箱に入ってもらいたい」と話した。

 ブッポウソウは天龍村の村鳥で県の特別天然記念物にも指定されている希少種。例年、5月中旬に同村に渡り、各地の巣箱などで営巣する。金緑色に輝く美しい姿が特徴で、生徒たちは毎年、飛来した直後から観察を行い、渡り去った後には巣箱を集めて鳥の繁殖状況などを調査している。今年は既存の巣箱も加えて計23個を設置する予定だ。

 同少年団はブッポウソウ保護活動のほかにも、地域内環境美化作業「ピカピカ大作戦」などを展開しており、国際ソロプチミスト飯田(伊藤かゑ子会長)は認証25周年記念の一環として、同少年団の今後の継続した活動に期待を寄せ、支援金20万円を贈呈した。
http://minamishinshu.jp/news/education/%E5%A4%A9%E9%BE%8D%E5%B0%8F%E5%85%90%E7%AB%A5%E3%81%8C%E3%83%96%E3%83%83%E3%83%9D%E3%82%A6%E3%82%BD%E3%82%A6%E5%B7%A3%E7%AE%B1%E4%BD%9C%E3%82%8A.html

http://archive.is/tdXuP
天龍小児童がブッポウソウ巣箱づくり【南信州新聞2016年4月9日】
posted by BNJ at 21:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5年連続でひな誕生 試験放鳥、今年も実施へ 野田市のコウノトリ【千葉日報ウェブ2017年4月8日】(既報1ソース)

誕生したばかりのひなとふ化しそうな卵(手前2個)。残りは擬卵=7日午後3時15分ごろ、野田市三ツ堀(同市提供)
 国の特別天然記念物コウノトリの野生復帰に取り組む野田市は7日、埼玉県こども動物自然公園から譲り受けて托卵(たくらん)した三つの有精卵のうち、1羽目のひなが誕生したと発表した。ひなの誕生は5年連続。残りの卵にもふ化の兆しが見られ、3年目となる今年の試験放鳥の取り組みに期待が高まっている。

 市みどりと水のまちづくり課によると、同市三ツ堀の飼育施設「こうのとりの里」で同日正午、飼育員がモニターに映った巣の中に生まれたひなの姿を発見。午後3時15分ごろに目視で確認した。ひなは元気な様子だという。

 残りの卵2個も殻が割れたりひびが入ったりしている状態。同市が2012年12月から飼育している「コウくん」「コウちゃん」ペアが交代で熱心に卵を温めており、同課は「順当なら8、9日と続けてふ化しそう。ひなの成長を見守りたい」と喜ぶ。

 市は先月末、同公園から有精卵を譲り受け、親鳥となる別のペアに抱かせる托卵を行っていた。ひなが順調に生育した場合、今年の試験放鳥の予定個体とする。既に文化庁からの許可は得ており、放鳥時期は成育状況を見て決定する。
https://www.chibanippo.co.jp/news/local/399623

こうのとりの里 今年初となるコウノトリのヒナ誕生【毎日新聞2017年4月8日】
誕生したコウノトリのヒナ。もう一つの卵も割れていて、誕生が期待される=千葉県野田市提供
 国の天然記念物・コウノトリの野生復帰に取り組む千葉県野田市の飼育施設「こうのとりの里」で7日、ヒナ1羽が今年初めて誕生した。飼育員が施設に設置されているモニターで正午に確認した。

 ふ化した卵は埼玉県こども動物自然公園から運ばれ、托卵(たくらん)させた卵の内の1個。残りの卵も誕生が期待されている。試験放鳥は3年計画で今年が最終年。同市は6月中旬以降に2〜3羽の放鳥を予定している。

【橋口正】
https://mainichi.jp/articles/20170408/k00/00e/040/232000c

http://archive.is/JL3Si
http://archive.is/lfWjz
【千葉】野田のコウノトリ 卵3個温め始める 6月、試験放鳥へ【東京新聞2017年4月1日】
【千葉】コウノトリ放鳥を2年延長 野田市、定着を目指す【東京新聞2017年2月9日】

いばらき魅力見つけ隊 大子・シャモゲタン すべて地場食材 ブランド地鶏鍋 /茨城【毎日新聞2017年4月8日】(奥久慈しゃも)

 大子町特産のブランド地鶏「奥久慈シャモ」の身を使った鍋料理「シャモゲタン」がどうしても気になり、八溝山地にある大子町を訪れた。骨のダシがしみ込んだスープは上品なのに濃厚で、ショウガとニンニクのほのかな香りが食欲をそそる。

 町内で提供する六つの料理店や旅館の一つ、「だいこん」を訪ねた。新鮮なシャモの骨付き肉をメインに、乾燥リンゴにコシヒカリ、湯葉を土鍋に入れて煮込み、最後にクレソンを添える。すべて大子町産だ。味付けは塩だけ。じっくり育てた奥久慈シャモは身が引き締まり、煮崩れしにくい。

 シャモゲタンは、東京都内の奥久慈シャモ専門店「銀座バードランド」が2015年7月、町の依頼を受けて発案した。もち米やニンニクを詰めた若鶏を1羽丸ごと煮込む韓国の薬膳料理「サムゲタン」をヒントに、シャモゲタンと名付けた。

 食べる前に、店主の高安正博さん(59)が何か細い切れ端のようなものを鍋から取り出した。漆の木の枝だ。大子町は漆の生産量が多い。韓国や中国では枝が漢方薬として使われており、二日酔いなどに効果があるという。韓国のサムゲタンにも、漆の枝が入った高級品がある。

 高安さん自身も約30年にわたり奥久慈シャモを育ててきた。高安さんは「この小さい町の産品だけでこんなにおいしい鍋ができる。ぜひ来てほしい」。

 奥久慈シャモ料理店「だいこん」のシャモゲタンは2日前までに予約が必要。1人前2500円で、2人前から受け付ける。電話は0295・76・8002。提供する6店の情報は同町特産品販売室(0295・72・1128)。【山下智恵】

 ◆ひとくちメモ

次は泊まりで
 漆の枝は二日酔いに効くという。唇にコラーゲンが残る濃厚な味はきっと地酒に良く合うことだろう。水戸に戻る道すがら、日帰りで来たことを悔やんだ。肌の美容と心の健康のためにも、次は上司に内緒で一泊したい。
https://mainichi.jp/articles/20170408/ddl/k08/040/218000c

http://archive.is/CL9RN
posted by BNJ at 21:11 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英窃盗犯の盗品は動物の剥製18点、ライオンやキリンも【ロイター2017年4月6日】(ペンギン/フラミンゴ)

[ロンドン 5日 ロイター] - 英国で動物の剥製18点、10万ポンド(約1380万円)相当を盗んだとして、47歳の男に執行猶予付の禁錮刑が言い渡された。警察が5日、明らかにした。

剥製は、ライオン、キリン、チンパンジー、サイ、ワニ、ナマケモノ、シマウマ、ペンギン、フラミンゴなどで、認可を受けている剥製製造業者から持ち出したという。

男は罪を認め、執行猶予2年禁錮12カ月、および200時間の社会奉仕活動を命じられた。

剥製は昨年3月、ウィンブルドンの保管施設から盗まれ、匿名の通報によって発見された乗り捨てられたワゴン車のなかで見つかった。ワゴン車の所有者が犯人の男と判明したという。

警察の捜査担当者は「この事件の窃盗品の分類と陳列は本当に独特で、記憶に残る経験だった。今回の捜査は長年思い出に残るだろう」と述べた。
http://jp.reuters.com/article/stuffed-idJPKBN17831F

http://archive.is/YIPtc
posted by BNJ at 11:38 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若松主席自然保護官が着任「トキ1羽でも多く自然界に」と抱負【新潟日報モア2017年4月8日】

 佐渡市の環境省佐渡自然保護官事務所に7日、若松徹首席自然保護官が着任した。「トキが1羽でも多く自然界に生息できるように力を尽くしたい」と抱負を語った。

 沖縄県の石垣自然保護官事務所から着任した若松首席自然保護官は、千葉市出身。2003年に環境省に入省し、06〜08年には世界自然遺産の知床を管内に持つ、北海道の羅臼自然保護官事務所で、タンチョウやオジロワシの保全に携わった。「トキと共通する部分もあると思う。経験を生かしたい」と語る。

 3日に来島し、島内各地に飾られるトキのイラストや写真を見たという。「トキが島に根付いていることを実感した。島民が一体となった保護活動をより発信していきたい」と意欲をみせる。

 トキは現在、繁殖期を迎えている。「重圧も感じるが、佐渡の皆さんと力を合わせ頑張りたい」と話した。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20170408317331.html

新潟)「トキとの共存、発信を」 新首席自然保護官【朝日新聞デジタル2017年4月8日】
環境省佐渡自然保護官事務所の首席自然保護官に着任した若松徹さん
[PR]
 環境省佐渡自然保護官事務所の新しい首席自然保護官に、若松徹さん(38)が就いた。着任から1週間の7日、「佐渡の人たちのトキに対する思いを強く感じます」と、現場責任者としての感想を述べた。

 同事務所は、一度絶滅した日本のトキ再生事業を行う最前線だ。中国からのトキを人工繁殖させ、放鳥を繰り返してきた。昨年、佐渡の自然界で生まれ育った雄と雌のペアから「自然界生まれの2世」のひなが初めて誕生した。より自然に近い状態になりつつあるが、トキの生存率はまだ低く、放鳥事業は続く。

 その責任者として地域の協力は欠かせないと考えている。「佐渡ではどんな店で買い物をしてもレジ袋は有料にしていて、トキのためにゴミを出さないという考えが浸透している。こうした小さな協力こそが大切だと思います。トキとの共存を全国発信していければいい」と話す。

 千葉市出身。宇都宮大卒業後、環境省に入った。前任地は沖縄県・石垣島の石垣自然保護官事務所で、国立公園化事業に尽力した。全国各地を回る転勤族で、北海道・羅臼自然保護官事務所時代に知り合った妻さやかさん(38)と結婚し、2人の子どもに恵まれた。新潟県も佐渡市も初めての土地。4人家族で佐渡での新しい生活が始まった。(原裕司)
http://www.asahi.com/articles/ASK4745LQK47UOHB006.html

http://archive.is/mJOcf
http://archive.is/lop7c
新潟)トキを見守った3年10カ月、広野さん離任【朝日新聞デジタル2017年4月1日】(既報1ソース)
posted by BNJ at 11:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皇居東御苑 散策が人気 四季折々の自然魅力 昨年入園者数、過去最高 /東京【毎日新聞2017年4月8日】

 四季折々の自然を楽しめる皇居東御苑(ぎょえん)の人気が高まっている。昨年の入園者数は145万5592人で、1968年に公開を始めて以来、最高を記録した。東御苑は天皇、皇后両陛下も散策される思い入れの深い場所。宮内庁は「皇室のお庭」のさらなる魅力発信のため、工夫を重ねている。【山田奈緒】

 東御苑にあたる場所は、江戸時代は城の本丸などが置かれていた。戦後に整備、公開され、現在は多種多様な植物や、カワセミなどの野鳥の観察も楽しめる。「果樹古品種園」などには両陛下が手植えした植物もある。古品種園は、江戸時代の品種を植えれば来園者が楽しめるのではないかという天皇陛下の発案で設けられた場所。宮内庁管理課は「豊かな自然に加え両陛下にまつわるエピソードを知ると、より一層味わい深い散策ができる」と提案する。

 先月下旬、同庁は東御苑に入園できる三つの門(大手門、平川門、北桔橋門)の近くに「皇居東御苑と天皇皇后両陛下」と題する案内板を設置した。バラ園や古品種園など見どころを地図に示したうえで、両陛下ゆかりのエピソードを日本語や英語で紹介。二の丸庭園の池に放流した「ヒレナガニシキゴイ」は天皇陛下の発案でインドネシアのコイと日本のコイを交配したこと、阪神大震災の復興の象徴として全国に広がった「はるかのひまわり」を両陛下も住まいの御所で育て、その種で東御苑でもひまわりを栽培していること−−などを解説している。

 東御苑の入園者数は10年前と比べ約1・7倍に伸びた。外国人観光客からの認知度も徐々に上がり、現在は入園者の約4割を外国人が占める。宮内庁は昨年6月、三つの門の外に「皇室のお庭」「入園無料」などと英語や韓国語でも記した看板も設置した。看板に添える園内の写真を季節に合わせて入れ替えるなど、多くの人が親しみすい環境作りを進めている。

 東御苑は原則、月、金曜が休園。

〔都内版〕
https://mainichi.jp/articles/20170408/ddl/k13/040/215000c

http://archive.is/bgw4C
タグ:カワセミ
posted by BNJ at 11:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル、重点監視を解除 那須塩原【下野新聞SOON2017年4月8日】

 那須塩原市板室のダムで野鳥のオシドリ1羽から高病原性の鳥インフルエンザが検出された問題で、環境省は7日午前0時、回収地点から半径10キロの野鳥監視重点区域の指定を解除した。

 2月20日のオシドリ回収以降、区域内の監視で異常が見られなかったことから、指定期間の目安となる45日を経過したため指定を解除した。
http://www.shimotsuke.co.jp/category/journal/national/news/20170408/2654583

行政ファイル 那須塩原の鳥インフルで重点監視を解除 /栃木【毎日新聞2017年4月9日】
 環境省は7日、那須塩原市板室の鳥インフルエンザ感染野鳥発見地点から、半径10キロに設定していた野鳥監視重点区域を解除したと発表した。同区域は2月20日に指定されたが、その後1カ月以上、異常が確認されなかったとし、解除を決定した。
https://mainichi.jp/articles/20170409/ddl/k09/010/101000c

http://archive.is/Eb5MM
http://archive.is/qaGJC
行政ファイル 那須塩原市のオシドリから鳥インフルウイルス検出 /栃木【毎日新聞2017年2月28日】(確定検査結果)
posted by BNJ at 11:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栗原・鳥インフル 制限解除に向け養鶏場3キロ圏内で検査【産経ニュース2017年4月8日】(他1ソース)

 栗原市の養鶏場で死んだ鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県は7日、問題の養鶏場から半径3キロ圏内にある養鶏場3カ所で感染が広がっていないかを確認する検査を実施した。

 県畜産課によると、血液検査などで陰性が確認できれば、11日にも運び出しを禁じた半径10キロ圏内の制限を解除する。半径3キロ圏内に指定した移動制限区域については、問題がなければ18日午前0時にも解除し、同時に対策本部も解散する。

 県は先月24日未明から26日早朝にかけて、飼育する全22万羽の殺処分と埋却を実施。作業には県職員や自衛隊など延べ3140人が参加した。
http://www.sankei.com/region/news/170408/rgn1704080023-n1.html

<鳥インフル>栗原 半径3キロの養鶏場検査【河北新報オンラインニュース2017年4月8日】
ニワトリから検体を採取する職員
拡大写真
 宮城県栗原市の養鶏場で死んでいたニワトリから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、宮城県は7日、現場から半径3キロ以内にある養鶏場3カ所で、ニワトリがウイルスに感染していないかどうかを調べる検査を行った。
 県北部家畜保健衛生所(大崎市)の職員4人が2班に分かれて実施。養鶏場でニワトリの粘液や血液を採取し、仙台市内の検査機関に回した。柴崎卓也所長は「警戒を緩めることはない」と話した。
 検査は、発生養鶏場での防疫措置が終了してから10日後に実施することが国の指針で定められている。検査結果は11日に判明する見込み。陰性であれば、国と協議の上、半径3〜10キロ圏内から圏外への鶏肉や卵の搬出制限が解除される。
 県によると、鳥インフルが発生した養鶏場で殺処分したニワトリは22万2290羽と確定。防疫措置が終わった3月27日以降も、おおむね1週間に1回のペースで消毒作業を続けている。半径5キロ以内にある養鶏場5カ所で異常は確認されていないという。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201704/20170408_13029.html

http://archive.is/HVwXz
http://archive.is/CpuPK
<鳥インフル>なぜ3月に 首かしげる現場【河北新報オンラインニュース2017年4月2日】
posted by BNJ at 11:16 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする