2017年04月10日

オウム病、新たに1人の妊婦死亡を確認【産経ニュース2017年4月10日】

 オウムやインコなど鳥のふんを介して感染する「オウム病」に感染した妊婦の死亡例が国内で初めて確認された問題で、厚生労働省は10日、新たに妊婦1人の死亡が報告されたと明らかにした。

 オウム病は「クラミジア・シッタシ」という細菌に感染した鳥のふんなどを吸い込むことで人にもうつる可能性がある感染症で、年間数十例の患者が出ている。高齢者などで数年に一度、死亡例が報告されているが、国内ではこれまで、妊婦の死亡例は報告されていなかった。

 妊婦の感染症について研究する研究班が3月7日、オウム病に感染した妊婦が死亡していたことを厚労省に情報提供。厚労省は医師向けに注意を呼びかけていた。

 厚労省によると、研究班は4月10日、新たに1人の死亡例を報告。死亡例が相次いで報告されたことから、厚労省は国民に向けて注意喚起を行うかどうか検討している。
http://www.sankei.com/life/news/170410/lif1704100022-n1.html

国内初 オウム病で妊産婦2人死亡 インフルエンザのような症状【スポニチアネックス2017年4月10日】
 オウムやインコのふんから感染する「オウム病」にかかり、妊産婦2人が死亡していたことが10日、厚生労働省などへの取材で分かった。国内で妊産婦の死亡が判明したのは初めてとみられ、専門家は注意を呼び掛けている。

 オウム病は、ペットなどの鳥のふんに含まれる細菌「クラミジア・シッタシ」を吸い込むことで主に感染。潜伏期間は1〜2週間で、急な高熱やせきなどインフルエンザのような症状が出る。厚労省によると毎年数人から数十人の感染者が報告され、重症化すると死亡する。

 日本医療研究開発機構の研究班などによる2016年度からの調査で、妊産婦2人が感染後に死亡していたことが判明した。感染経路を今後調査する。

 研究班の柳原格・大阪母子医療センター研究所部長は「妊娠期は抵抗力が弱まるので、ペットの鳥との不必要な接触は避けてほしい」と話している。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2017/04/10/kiji/20170410s00042000285000c.html

オウム病 妊産婦2人死亡 国内で初【毎日新聞2017年4月11日】
 オウムやインコのふんから感染する「オウム病」にかかり、妊産婦2人が死亡していたことが10日、厚生労働省などへの取材で分かった。国内で妊産婦の死亡が判明したのは初めてとみられ、専門家は注意を呼び掛けている。

 オウム病は、ペットなどの鳥のふんに含まれる細菌「クラミジア・シッタシ」を吸い込むことで主に感染。潜伏期間は1〜2週間で、急な高熱やせきなどインフルエンザのような症状が出る。厚労省によると毎年数人から数十人の感染者が報告され、重症化すると死亡する。

 日本医療研究開発機構の研究班などによる2016年度からの調査で、妊産婦2人が感染後に死亡していたことが判明した。感染経路を今後調査する。

 研究班の柳原格・大阪母子医療センター研究所部長は「妊娠期は抵抗力が弱まるので、ペットの鳥との不必要な接触は避けてほしい」と話している。
https://mainichi.jp/articles/20170411/k00/00m/040/079000c

オウム病で妊婦2人死亡 国内で初めて【朝日新聞デジタル2017年4月11日】
 鳥から人に感染する「オウム病」にかかった妊婦2人が死亡していたことが、厚生労働省への取材でわかった。日本医療研究開発機構の研究班による2016年度の調査などから判明した。オウム病による妊婦の死亡が明らかになるのは、国内初という。

ハチミツ食べて乳児死亡、乳児ボツリヌス症って?
 オウム病は、インコやハトなど鳥類のフンを吸い込むほか、エサを口移しで与えることでも感染する。潜伏期間は1〜2週間。高熱やせきが出て、重症化すると肺炎や髄膜炎を起こす。治療には抗菌薬を使う。厚労省によると、統計のある1999年以降、388例の感染報告があり、死亡例は今回の2例も含めて9例。

 研究班の柳原格(いたる)・大阪母子医療センター研究所免疫部門部長は「免疫力が低下する妊婦や高齢者は、飼っている鳥などとの不必要な接触は避けた方がいい。高熱やせきが出た場合は受診時に鳥と接触歴があれば伝えて」と話している。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(黒田壮吉)
http://www.asahi.com/articles/ASK4C6J2TK4CUBQU00Y.html

人獣共通感染症「オウム病」妊婦で日本初の死亡例【産経ニュース2017年4月9日】
 オウムやインコなど鳥のふんを介して感染する「オウム病」に感染した妊婦が死亡していたことが9日までの厚生労働省への取材で分かった。オウム病は高齢者などで数年に一度、死亡例が報告されるが、妊婦の死亡例は初めてとみられる。厚労省は日本医師会を通じて、産婦人科医らに情報提供した。

 オウム病は人と動物が感染する人獣共通感染症の一つ。「クラミジア・シッタシ」という細菌に感染した鳥のふんなどを吸い込むことで人に感染する。鳥が感染しても症状が出ないことが多く、気がつかないうちに感染する恐れがある。1〜2週間の潜伏期間の後、急な発熱や頭痛、せきなど風邪やインフルエンザに似た症状が出て、気管支炎や肺炎を発症。重症化して死亡することもある。厚労省によると、毎年数十人ほどの感染報告があるという。

 今回感染が確認された女性は、妊娠24週に発熱のため入院。意識障害などがみられ、その後死亡した。妊婦の感染症を研究する研究班が女性の死後、体内からオウム病の原因となる細菌を検出し、厚労省に報告した。

 海外ではオウム病による高齢者や妊婦の死亡例が報告されているが、国内ではこれまで報告はなかった。厚労省は「妊娠中は抵抗力が弱くなる。胎児に影響を与える場合もあるので、ペットなど動物との密接な接触は控えてほしい」と呼びかけている。
http://www.sankei.com/life/news/170409/lif1704090032-n1.html
http://www.sankei.com/life/news/170409/lif1704090032-n2.html

http://archive.is/82hOi
http://archive.is/s9z5P
http://archive.is/vjyUr
http://archive.is/ge5O5
http://archive.is/mVB5k
http://archive.is/fJ4CG

posted by BNJ at 21:55 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリンワールド「九州の海」大パノラマ 12日再開 関係者ら招き内覧会 /福岡【毎日新聞2017年4月9日】(ペンギン)

改修工事を終えた「マリンワールド海の中道」の内覧会で玄界灘水槽に見入る人たち=矢頭智剛撮影
 大規模リニューアル工事が終了した「マリンワールド海の中道」(東区西戸崎)で8日、関係者らを招いた内覧会があった。昨年10月から閉館していたが、12日にグランドオープンする。

 生き物や自然を見てリフレッシュできるような「いつも新しい私になれる水族館」をコンセプトに水槽や内装を一新。展示テーマを「九州の海」とし、玄界灘や有明海、宮崎海岸水槽などが設置された他、熊本阿蘇の森や山の湧き水などの自然を見学できる「阿蘇 水の森」、ペンギンが身近に見られる「ペンギンの丘」なども新設された。

 内覧会に訪れた早良区城西の南里百恵さん(9)は「水槽が前よりもきれいになっていて楽しかった。また来たいです」と笑顔だった。【末永麻裕】

〔福岡都市圏版〕
https://mainichi.jp/articles/20170409/ddl/k40/040/300000c

http://archive.is/YUoLI

高知の追手前高校にお宝 アマミノクロウサギ剥製など3点【高知新聞2017年4月10日】(アホウドリ)

生物準備室で眠っていたアマミノクロウサギなどの剥製(高知市の追手前高校)
 生物準備室で眠っていたのは実は“お宝”でした―。高知県立追手前高校(高知市追手筋2丁目)で長く、ほこりをかぶっていた国の特別天然記念物のアマミノクロウサギなど剥製3点が補修され、改めて追手前高校で大切に保管されることになった。高知県須崎市の認定NPO法人「四国自然史科学研究センター」などが3年ほど前に見つけ、文化庁などに扱い方を確認しながら薫蒸などを進めていた。

 剥製は、国の特別天然記念物で環境省が絶滅危惧種にも指定しているアマミノクロウサギとアホウドリの若鳥、ワシントン条約で国際的な取引が制限されているイリエワニの幼獣の3点。

 四国自然史科学研究センターの谷地森秀二センター長によると、アマミノクロウサギの剥製は高知県内に一つしかなく、四国では最近になって愛媛県の高校で1点が確認されただけだという。

 発見のきっかけは、高知県立追手前高校が所有している別の剥製だった。

 高知県立追手前高校が1928年ごろに創立50周年記念で購入したとみられるカワウソの剥製が、絶滅したニホンカワウソの可能性があるとして、2014年に東京農業大学の学生が追手前高校を訪ねてきた。その際、谷地森センター長と共に生物準備室で今回の3点を発見したという。

 追手前高校に残る当時の写真にはカワウソと共に多くの剥製が写っており、今回の3点も50周年記念で購入され、90年近く保管されていたとみられる。

 ところで、カワウソの正体はというと―。遺伝子分析の結果、大陸にすむユーラシアカワウソと分かった。

 一連の経過に携わった生物担当の寺尾佳倫(よしみち)教諭は「ニホンカワウソでなく残念だが、おかげで貴重な3点の存在が分かった。実は処分しようかと思っていたんです」。追手前高校には他に、アシカの胎児とみられるホルマリン標本があり、絶滅したニホンアシカかどうかを今後調べる予定という。

 谷地森センター長は「学校には貴重な剥製が眠っている可能性が高い。廃校になった校舎なども含めて、処分する前に確認させてほしい」と呼び掛けている。情報提供は四国自然史科学研究センター(0889・40・0840)へ。
http://www.kochinews.co.jp/article/91786/

http://archive.is/Qy6Ga
タグ:アホウドリ
posted by BNJ at 21:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舞台を歩く 恋盛り上げる展望塔 「恋仲」富岩運河環水公園(富山市)【読売新聞2017年4月10日】

環水公園のシンボル、天門橋。両展望塔をつなぐ糸電話は、告白スポットにもなっている
 若手人気俳優の福士蒼汰さんと本田翼さんの共演で、2015年7月から放映されたフジテレビ系のドラマ「恋仲」。富山で育った幼なじみが離ればなれになったのち、再会するという王道のラブストーリーだ。

 県内各地でロケが行われ、射水市の内川を始め、浜黒崎の海岸や上市町の富山地方鉄道の駅など、美しい風景が高校時代の思い出の切なさをかきたてる。中でも印象的だったのが、最終回の舞台、富岩運河環水公園だ。

 かつて富岩運河の船だまりや貯木場として利用されていた場所を整備して生まれ変わった環水公園。富山駅から徒歩約10分という好立地でもあり、開放的な水辺の空間は、県内屈指のおしゃれなエリアとしてにぎわっている。

ドラマにも登場したガラス張りのカフェ(左)も人気だ

 「わあ、いい眺めだねえ」。天門橋の両側にある高さ約20メートルの展望塔には、眺望を楽しむ人たちが次々と訪れる。展望塔の間には糸電話が結ばれ、愛の告白スポットにもなっている。

 
 2人が語り合っていたのは、この辺りかな。公園を散策しながら、対岸にスターバックスコーヒーの店舗が見える位置で足を止める。

 カフェができたんだねと、本田翼さん演じるヒロインが、7年という歳月をかみしめていたっけ。
 

 ライトアップされた夕暮れの公園もロマンチックで、天門橋の二つの展望塔を結ぶ光が運命の赤い糸のように輝いていたシーンも忘れられない。

 野鳥の楽園でもあり、潤いと緑あふれる市民のオアシス、環水公園。3月下旬には県美術館が一部開館し、8月の全面開館に向けて期待が高まる。環水公園はまだまだ進化中だ。


 ★「恋仲」

 2015年7〜9月にフジテレビ系で放映されたドラマ。東京の建築設計事務所に勤める三浦葵は、富山の高校時代の同級生と7年ぶりに会う。付き合っていると紹介された女性は、葵が思いを伝えられないまま、離ればなれになった幼なじみだった。

ドラマにも登場したガラス張りのカフェ(左)も人気だ

環水公園のシンボル、天門橋。両展望塔をつなぐ糸電話は、告白スポットにもなっている

フリーライター  沢田 香織
http://www.yomiuri.co.jp/hokuriku/feature/CO023071/20170410-OYTAT50013.html

http://archive.is/qbQkt
posted by BNJ at 21:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナショナル ジオグラフィックとローソントラベルがツアーを共同開発『ナショナル ジオグラフィック ツアー』第1弾は、ネイチャーフォトグラファー柏倉陽介と行く「西表島写真の旅」【プレスリリース2017年4月10日】

ドキュメンタリー専門チャンネル、ナショナル ジオグラフィック(以下ナショジオ、運営:FOXネットワークス株式会社、本社:東京都品川区、代表取締役社長:デイビッド・シン)と株式会社ローソントラベル(本社:東京都品川区、代表取締役社長 渡辺章仁)は2017年3月に業務提携を行い、この度「ドキュメンタリーを体験する」をコンセプトに共同でツアーを開発することを決定いたしました。共同開発されるナショナル ジオグラフィック ツアー(通称ナショジオ ツアー)は、写真家や冒険家など様々な分野のエキスパートと共に旅をしながら、写真撮影や自然体験などのレクチャーを受けられる学習体験を提供します。


ナショジオ ツアーの第1弾は、6月に実施されるネイチャーフォトグラファー柏倉陽介と行く「西表島写真の旅」です。石垣島から高速船で40分、面積の9割を亜熱帯の原生林で覆われた日本最後のサンクチュアリーと称される西表島の大自然の中、カヌーでの移動やジャングルの散策をしながら、絶滅危惧種に指定されている貴重な野鳥の撮影や、キャンプスタイルでの天の川撮影に挑戦していただきます。撮影に際しては、カメラのセッティングや撮影ポイントの選び方、更には撮影後の画像処理に至るまで、ネイチャーフォトグラファーの柏倉陽介氏が丁寧にレクチャーし、旅の最終日にはツアー中に撮影した写真を審査の上、優秀作品をナショナル ジオグラフィックのメディア等で紹介いたします。

この西表島への旅の他にも、「世界遺産知床写真撮影の旅」や、古生物学者と行く「恐竜キャンプ」など、第2弾、第3弾のツアーも順次受付を開始する予定です。ドキュメンタリーで世界を“見る&知る”から、その先にある“体験する”へ。ナショジオ ツアーは、第一線で活躍するエキスパートからレクチャーを受ける学習体験の旅を通し、豊かで特別な体験を提供します。

<ネイチャーフォトグラファー柏倉陽介といく「西表島写真の旅」 ツアー概要>
※都合により変更になる場合があります

■日程 2017年6月30日(金)~ 7月3日(月) 3泊4日
■人数 30名(最少催行人数25名)
■旅行代金(大人おひとり様) 2名1室 274,500円(税込み)
※1名1室は2名1室おひとり様料金より30,000円増し
■宿泊ホテル ホテルニラカナイ西表島
■ナショジオ ツアー詳細 http://natgeotv.jp/special-contents/natgeotour
■行程
6月30日(金) 移動日。夕食後、柏倉さんによる写真レクチャーを開催。西表島(泊)
7月1日(土) 写真ツアー初日
【朝】浦内川よりカヌーで移動。ピナイサーラの滝までトレッキング。撮影レクチャー(その後カヌーで戻り)【昼】車移動。ジャングル散策・洞窟など都度写真撮影。滝で一休み。【夜】晴天時のみ、キャンプスタイルで天の川撮影
7月2日(日) 写真ツアー2日目
【朝】マングローブ散策・写真レクチャー。【昼】バラス島にて絶滅危惧種の野鳥撮影。【夜】ホテルにて写真発表会
7月3日(月) 移動日。戻り。

■受付:1名 ■食事:朝3・昼3(弁1)・夕3 ■最少催行人員:25名 ■添乗員:なし(現地係員が1日目石垣空港から4日目石垣空港まで同行)
■7月1日(土)、7月2日(日)の行程は天候などの状況により変更になる可能性がございます。

【参考情報】
【柏倉陽介プロフィール】
1978 年生まれ。雑誌や広告を中心に、自然に関わる分野を幅広く撮影している。写真作品は、米国立スミソニアン自然史博物館、国連気候変動枠組条約締約国会議、世界大都市気候先導グループ会議などに展示され、ドイツ博物館やロンドン自然史博物館の発行誌、LensCulture Earth Awards Book、International Photography Awards Book、ほか国内外の自然誌に掲載されている。

【ナショナル ジオグラフィックとは】
ナショナル ジオグラフィックは、空中都市マチュピチュ(1911年)や沈没したタイタニック号の発見(1985年)など、歴史に残る数多くの実績を有するナショナル ジオグラフィック協会を母体とし、あらゆる領域の“未知”へ挑み、次世代の“知”へと変えていく世界最高峰のドキュメンタリーチャンネルです。事実に基づき、エンターテイメント性を兼ね備えたコンテンツを創造し、より多くの人の知的好奇心を刺激し続けます。

【株式会社ローソントラベル会社概要】
ローソングループの旅行会社としてエンタテイメントと連携したツアーや個人旅行の取り扱いを行っています。
サービスURL :https://travel.l-tike.com/
会社情報URL :https://travel.l-tike.com/company/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000187.000003179.html

http://archive.is/39tih
posted by BNJ at 21:39 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口県、カワウ駆除へ新作戦【中国新聞アルファ2017年4月10日】

山口市の大原湖畔に群れで生息するカワウ(県提供)
 カワウによるアユなどへの漁業被害を受け、山口県が駆除対策を強めている。2015年度の捕獲件数は前年度比で約2・8倍の498羽に急増し、一定の効果を上げた。県は本年度から、ドライアイスを使った卵の冷却処理や小型無人機「ドローン」による巣の調査なども検討していく。
(ここまで 131文字/記事全文 746文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=333307&comment_sub_id=0&category_id=112

http://archive.is/TNo1h
大野川アユ放流 ドローンでカワウ追い払い【OBS大分放送ニュース2017年4月6日】
広島県が初のカワウ管理計画【中国新聞アルファ2017年4月6日】
南部川の稚アユ カワウ被害増加【日高新報2017年4月1日】
タグ:カワウ 鳥害
posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ ひな3羽すくすく成長【徳島新聞2017年4月10日】(既報1ソース)

 鳴門市大麻町で生まれたコウノトリのひな3羽が、すくすくと成長している。9日正午ごろには巣の中で羽を広げたり、動き回ったりする姿が見られた。白い羽の先端は黒くなり、くちばしの色も薄い灰色に近づいている。

 ひな3羽は「3月21日までに誕生」と推定されており、生後約20日となった。兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)によると、人工的に育てられたひなの生後20日前後の体重は1・1〜1・5キロで、野外での自然繁殖の個体はそれよりも大きいと予想されるという。

 観察していた男性は「アヒルくらいの大きさがあるのでは」と話していた。

 コウノトリのひなは生後40日くらいまで育てば、親鳥2羽が同時に巣を離れても、カラスなどの外敵から狙われにくくなる。

 営巣中のペアからは4羽のひなが誕生したが、うち1羽については3月30日に親鳥が「間引き行動」を取ったことが分かっている。
【写真説明】コウノトリの雌と並んで元気な姿を見せる3羽のひな=9日午後0時50分、鳴門市大麻町
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/04/2017_14917866291177.html

コウノトリ3羽のひなは元気(徳島県)【NNNニュース2017年4月7日】
鳴門市大麻町のコウノトリ。3羽のひなは元気に育っているようです。3月にふ化したコウノトリのひな。親鳥の間引き行動もありましたが残りの3羽は元気な姿を見せています。体もずいぶんと大きくなりました。羽を広げて巣の中を歩き回っています。7日も大勢の人がコウノトリの親子を見ようと集まっていました。餌を捕りに行っていたオスが巣に帰ってきました。今度はメスが餌を捕りに飛び立ちます。ひなが餌をねだるとオスのコウノトリは餌を吐き出して与えます。ここしばらく天気は崩れそうですがコウノトリの懸命な子育ては続きます。
http://www.news24.jp/nnn/news8674450.html

http://archive.is/A1uON
http://archive.is/xIeyp
コウノトリの巣の模型設置 観察者有志が手作り【徳島新聞2017年4月5日】
減農薬の畑 コウノトリ誕生後押し 徳島・鳴門、野外繁殖成功【日本経済新聞2017年4月5日】
コウノトリ ひな、間引きで3羽に「自然なこと」 /徳島【毎日新聞2017年4月4日】(他1ソース/既報1ソース)
posted by BNJ at 11:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラスの頭部 切断され木の枝に 神戸の中学校【毎日新聞2017年4月10日】

 9日午後0時40分ごろ、神戸市須磨区にある市立中学校で、体育館裏の高さ約85センチの木の枝にカラスの頭部が刺さっているのを男子生徒が発見した。兵庫県警須磨署は、切り傷が直線的であることから、人為的に切断されたものを何者かが刺したとみて、建造物侵入などの疑いで調べるとともに、始業式の10日は同校に警察官を配置して警戒に当たった。

 同署によると、現場周辺に血痕などはなく、カラスの胴体も見つかっていない。6日に学校の職員が見回った時には異常はなかったという。

 この学校では1997年の小学生連続殺傷事件で、殺害された男児(当時小学6年)の遺体の一部が置かれていた。【望月靖祥】
https://mainichi.jp/articles/20170410/k00/00e/040/102000c

木の枝にカラスの頭部 神戸・友が丘中【神戸新聞NEXT2017年4月10日】
 9日午後1時半前、神戸市須磨区友が丘7、友が丘中学校で、体育館裏の木の枝にカラスの頭部が刺さっているのを男子生徒が見つけ、同校教諭が須磨署に通報した。同署によると、カラスは首を人為的に切断されたとみられ、胴体は見つかっておらず、周囲に血痕もなかった。枝は約85センチの高さにあり、教頭が6日午前7時前に校内を見回った際は異常がなかった。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201704/0010083032.shtml

http://archive.is/PlNnf
http://archive.is/LVuij
今度は頭のないカモ 鋭利な刃物で切断か   神戸・垂水【産経WEST2016年1月27日】(既報関連ソース多数)
駐車場にカモ切断死骸 伊丹、周辺に血痕なし【神戸新聞NEXT2016年1月23日】
ハトの死骸、刃物で切断か 昨年11月から7件目 神戸・垂水【産経WEST2016年1月9日】
ハト2羽の死骸見つかる、刃物で首切断? 神戸・垂水区【産経WEST2016年1月4日】
芦屋・六麓荘で頭部のないハトの死骸発見【産経WEST2015年11月14日】
頭部ないハト発見相次ぐ=首切断か、死骸に吸い殻−警視庁【時事ドットコム2015年11月9日】
矢ガモ4羽目捕獲、矢を抜き放鳥 伊丹・昆陽池公園【産経WEST2015年11月14日】
posted by BNJ at 11:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《わがまち遺産》大沼公園(七飯町など)【朝日新聞デジタル2017年4月10日】

雪と氷に覆われた大沼。後ろに駒ケ岳がそびえる=3月、七飯町

■身近に命感じる、自然の宝庫

 切り立つ駒ケ岳(1131メートル)を背に水面に浮かぶ、いくつもの小島。独特の景色が人を引きつける。1915年に三保の松原(静岡県)、耶馬渓(大分県)とともに「日本新三景」に選ばれ、58年に国定公園となった。

 広さ約9千ヘクタールで七飯、森、鹿部の3町にまたがる。大沼と小沼、じゅんさい沼に126の島が点在し、十数本の橋を渡って島巡りが楽しめるコースもある。芥川賞作家の新井満さんは大沼のほとりの別荘で「千の風になって」を訳詞・作曲し、ミリオンセラーとなった。島のひとつにモニュメントがあり、観光スポットにもなっている。

     *

 大沼の魅力は景観だけではない。シラカバやナラが木陰をつくり、スイレンやミズバショウが水辺に彩りを添える。渡り鳥の中継地にもなっている。遊覧船を運航する「大沼合同遊船」の社長で、自然ガイドの小泉真さん(56)に案内してもらった。

 「ヒュールルルル」

 「ヒュイヒュイヒュイ」

 「ピロロロロロ」

 あちこちから鳥の鳴き声が響く。上空をゆったりと舞うのはオジロワシだ。目の前をエゾリスが横切り、アカゲラにも出合った。わずか5メートルほどの近さだが、気にする様子もない。ひんやりとした林の中に、「トントントン」と木をつつく音が響いた。

 散策地は、飲食店などが並ぶJR大沼公園駅から1キロほどで、道道のそばだ。「人が行きかうエリアのすぐ近くに、動植物の宝庫がある。大沼は、人が身近に命を感じられる場所なんです」と小泉さんは話す。

     *

 七飯町を訪れた観光客は、1991年度の約297万人をピークに減少傾向が続き、2015年度は約192万人だった。だが近年はアジアなどからの観光客が増えており、中国語や英語の看板があちこちにみられるようになった。さらに北海道新幹線が開業して1年。新函館北斗駅(北斗市)からは車で約15分の近さで、新たな観光客の獲得に期待がかかる。

(磯崎こず恵)
http://www.asahi.com/articles/CMTW1704100100007.html

http://archive.is/HaKyq
タグ:アカゲラ
posted by BNJ at 11:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フクロウブームの先駆け! 株式会社鳥カフェが運営する「鳥のいるカフェ六本木店」が4月11日にグランドオープンします グリム童話の世界にフクロウが飛ぶ! 六本木駅徒歩1分に六本木の新名所誕生【プレスリリース2017年4月10日】

フクロウブームの先駆けでもある株式会社鳥カフェが運営する「鳥のいるカフェ」の六本木店が4月11日にグランドオープンします グリム童話の世界にフクロウが飛ぶ!六本木駅出て徒歩1分地上6階。 フクロウカフェ最大級!8メートルの巨大放鳥ルームでは30羽以上の自由に飛び回るフクロウがお出迎え! 誰もが子供のころ思い描いた絵本の世界の中にフクロウやハリネズミなど常時50匹以上の鳥や小動物が暮らしています。
コンセプト

フクロウカフェ最大級!8メートルの巨大放鳥ルームでは30羽以上の自由に飛び回るフクロウがお出迎え!
誰もが子供のころ思い描いた絵本の世界の中にフクロウや鷹、シロハラインコやハリネズミなど常時50匹以上の鳥や小動物が暮らしています。
店内の至る所にフォトスポットがございますので触れ合って頂かなくても1時間充分楽しんで頂けます。そのほか「幸せのフクロウの石」や「隠れ足跡」などあなただけの秘密のポイントをぜひ探してみてください。

鳥のいるカフェ六本木店システム

時間制の後払い制
初めにスタートの時間のみ受付でお伝えしますのでお帰りの際ご精算願います。

最初の1時間 2000円(ワンドリンク付き)
1時間以降の延長 15分 400円
お試し 30分 1500円
※三歳まで無料。4〜6歳まで半額ですが子供だけでの入店はできません。

放鳥ルームに時間内に何度でも無料で入って頂けますが、混雑時など節度ある行動をお願いします。(飲み物、フードなど持ち込みは自由です)

すべての動物たちがストレスがなく過ごせ、そして楽しく安心して暮らせるような店づくりを心がけておりますので、過度なふれあいやフクロウの手乗せなどはできませんのでご了承ください。
自分からフクロウが勝手に乗ってくる場合も多々ありますがその際はそっと乗せておいてあげてください。


株式会社 鳥カフェ
〒135-0044 東京都江東区越中島1-2-14 菊泉5階
03-5875-9966
info@toricafe.co.jp

鳥のいるカフェ六本木店
〒106-0032 東京都港区六本木4-11-8 フランセビル 6F

HP
http://toricafe.co.jp/
http://www.dreamnews.jp/press/0000150664/

http://archive.is/Yki4B
posted by BNJ at 11:09 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする