2017年04月25日

「ヒナは拾わないでね」と野鳥の会が呼びかけ / 毎年恒例 “ヒナが巣立つ季節” がやってまいりました【Pouch2017年4月25日】

「ヒナは拾わないでね」とツイッターを通じて広く呼びかけているのは、日本野鳥の会。現在「野鳥の子育て応援(ヒナを拾わないで)キャンペーン」を行っています。

春から夏にかけては、野鳥のヒナの巣立ちの時期。「飛ばなきゃ……飛びたい!」と奮闘するヒナたちの姿を目にする機会がグッと増える季節です。

まだうまく飛べないヒナたちの姿を見たら、ついつい手を差し伸べたくなるけれど、日本野鳥の会では「なにも手を出さず、その場を離れてそっと見守ってください。」と訴えています。

【巣立ち後は「学びの時期」】
日本野鳥の会ホームページによれば、巣立ったばかりのヒナたちは、親鳥と一緒に行動しながら飛び方やエサのとり方を身につけていきます。

1週間から1か月というわずかな期間に、「何が食べ物か」「何が危険なのか」といった生きていく術を親から学ぶことでようやく一人前になれるため、ヒナたちはできるだけ自然のなかにいることが大事だというわけです。

【人の手によって親と子が引き離されるケースが多発】
学びの時期はまだ上手に飛べないヒナもいて、時には地面に降りていることがあるけれど、そばには必ず親鳥がいます。たとえるならば『初めてのおつかい』で子供たちを見守る、親やスタッフのみなさんのように、ね。

しかし人間がヒナの近くにいると、親鳥は警戒して近づくことができません。

良かれと思ってヒナを保護した結果、親鳥と引き離されてしまうというケースが相次いでいることを受け、このキャンペーンをスタートさせたという日本野鳥の会。この活動は実に20年以上ものあいだ続けられているんですって。

【野鳥を守るには周知が大切】
誰かの「知らなかった」が、親と子を引き離す。悲しいことが少しでも減るように「知って」おくことが大切です。このキャンペーン情報をツイッターで共有することで、救われるヒナや親鳥がいるかもしれません。

「日本野鳥の会」ホームページでは、『ヒナとの関わり方がわかるハンドブック』をダウンロードできます。よくある質問なども掲載されているので、詳細は「日本野鳥の会」ホームページをご覧ください。

また「日本野鳥の会」では、地域の掲示板や学校などで、キャンペーンのポスターを貼ってくれるところを探しているそうです。「協力できるかも!」という心当たりのある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:日本野鳥の会、Twitter @NACSJ
執筆=田端あんじ(c)Pouch

▼野鳥のみなさんの子育てを応援☆

Twitterで画像を見る

フォローする
日本自然保護協会(NACS-J) @NACSJ
【ヒナは拾わないでね】毎年恒例、鳥のヒナが巣立つ季節がやってまいりました。あまりにも飛べない雰囲気のヒナを見つけて、可哀想でついつい…実は「初めてのおつかい」よろしく親がちゃんと見ているから大丈夫なんです!ページは野鳥の会に飛びます→http://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/hina-can/
2017年Apr24日 13:47
5,787件のリツイート いいね1,999件
http://youpouch.com/2017/04/25/429624/

http://archive.is/HPEds

旅立ちの時 フクロウを放鳥 しろとり動物園【四国新聞2017年1月14日】
御前崎の公園にフクロウ幼鳥 縁起のいい兆し?【静岡新聞アットエス2017年1月12日】

負傷フクロウを久留米署が保護 小学生が届け出 [福岡県]【西日本新聞2016年12月15日】

「福」呼ぶ?フクロウ 1羽がすみ着き人気者に−防府・宇佐八幡宮【山口新聞2017年1月2日】
フクロウ 福を運ぶか「ふく」…山口・防府の人気者【毎日新聞2016年8月9日】(既報1ソース)
(eひと)野鳥を保護、復帰手助け 「小さな鳥の資料館」館長・池田昇さん 67歳【朝日新聞デジタル2016年11月8日】(誤認救護)
奈良)フクロウの落とし物… 野生だった【朝日新聞デジタル2016年11月5日】
秋田)けがした野鳥発見、どうしたら【朝日新聞デジタル2016年10月14日】
きび談語 野生生物の子を人間が勘違いして保護する「誤認救護」という言葉を初めて知った… /岡山【毎日新聞2016年9月13日】(既報関連ソースあり)
野生動物「誤認救護」に注意 「手差し伸べる前に連絡を」 保護センター、今年8件確認 /岡山【毎日新聞2016年9月3日】

タグ:誤認救護
posted by BNJ at 22:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(@北京)とらえどころのなさがおもしろい【朝日新聞デジタル2017年4月25日】(コクチョウ)

華為技術の本社にある池には、ブラック・スワンがたたずんでいた=広東省深圳市、福田直之撮影

■特派員リポート 福田直之(中国総局員)

 「ブラック・スワン(黒い白鳥)」を実際に見たことがある方はどれほどいるだろうか。

 中国南部にある広東省深圳市には、世界的な電子機器メーカー、華為(ファーウェイ)技術の本社がある。幹部の執務棟がある敷地の池には、ブラック・スワンが数羽たたずんでいる。

 「白鳥はすべて白い」という定…

残り:3259文字/全文:3406文字
http://www.asahi.com/articles/ASK4N5JHTK4NUHBI01L.html

http://archive.is/pdZhH
posted by BNJ at 21:56 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サシバがつなぐご縁です 台湾の小学生ら八重山訪問へ 日本の歴史や文化も興味津々【沖縄タイムスプラス2017年4月25日】

 【松田良孝通信員】台湾でもよく知られている渡り鳥のサシバについて、渡りのルートに含まれる沖縄に関心を持った台湾の小学生が5月、石垣島や西表島を訪れることになった。石垣市に住む台湾出身者や小学生との交流を予定しており、サシバの縁をきっかけにした沖縄訪問を前に、子どもたちは日本語の勉強などにも取り組んでいる。

八重山について学習する中山小学校の児童ら=台湾・彰化市
 台湾中部・彰化(チャンフア)市の中山(チョンシャン)小学校の4〜6年生16人と教員、保護者合わせて約25人が5月20日から5日間の日程で訪問する。

 彰化市は市街地近くの八卦山(バグア)(標高98メートル)がサシバの渡りの休憩地の一つで、同校は八卦山近くにある。児童たちは昨年から八卦山のサシバを調べ、地域の環境について学んできた。

 昨年9月には、絵本「サシバ舞う空」(文・石垣幸代、秋野和子、絵・秋野亥左牟、福音館書店)を取り寄せ、同校保護者で日本語通訳の林瓊施(リンチョンシ)さんが手助けしながら沖縄とサシバの関係を学習。八重山に多くの台湾出身者が暮らしていることまで調べ上げ、旅行先に八重山を選んだ。八重山に住む台湾人を追ったドキュメンタリーフィルム「海の彼方」の黄胤毓(フアンインユ)監督を同校に招いて話も聞いており、石垣島では同作品に登場する台湾出身者、玉木玉代さん(88)を自宅に訪ねる計画。

 頼依婷(ライイティン)教諭は「日本との交流を取り入れながら、自然環境と文化について学ぶことが学習のテーマ」と話す。サシバの渡りに適した環境を考える学習から派生する形で、日本本土で里山保護に取り組む地域との交流も目指している。

 6年生の陳賛安(チェンツァンアン)君(11)は「日本語や日本の歴史に興味がある」、5年生の林芮儀(リンルイイ)さん(10)は「文化の交流をしてみたい」と話した。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/94547

http://archive.is/mYpZA
タグ:台湾 サシバ
posted by BNJ at 21:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金作原林道 ゲート施錠 鹿児島森林管理署、きょうから希少種保護対策で 奄美 /鹿児島【毎日新聞2017年4月25日】(ルリカケス)

 林野庁鹿児島森林管理署は、世界自然遺産登録を目指す奄美市の金作原(きんさくばる)原生林を通る林道で、車両進入防止ゲートの施錠を25日から始める。入り込み客が増えると予想される大型連休を前に、希少種保護などを目的に一般車両の通行を規制する。

 金作原林道は全長3・8キロ。ルリカケスなどの野鳥や希少種の植物などが観察できる観光客らに人気のスポットだ。奄美群島森林生態系保護地域で、奄美群島国立公園にも含まれる。

 禁止されている一般車両の進入が多かったため、希少な植物の踏み付けや、散策する人たちとのトラブルを防ごうと3月下旬、林道の東西2カ所にゲートが設置された。今後は英語、韓国語と中国語の看板も設ける。

 緊急車両や道路の維持補修のための車両などの通行は許可する。同管理署では「一般車両の通行は想定していない。歩いて自然を楽しんでもらいたい」と話している。【神田和明】
https://mainichi.jp/articles/20170425/ddl/k46/040/303000c

http://archive.is/Q47v4
posted by BNJ at 21:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うそかえ祭 開運願い 綾川・滝宮天満宮 /香川【毎日新聞2017年4月25日】

「うそ鳥」を授与される参拝者(右)=香川県綾川町の滝宮天満宮で、山口桂子撮影
 綾川町滝宮の滝宮天満宮で24日、縁起物の「うそ鳥」を他人と交換することで、それまでの災いや凶事をうそに変え、吉兆や開運を招くとされる「うそかえ祭」があった。参拝者は、授与されたうそ鳥を「かえましょ」と言い合いながら交換、幸福を願った。

 うそかえ祭は各地の天満宮で行われ、滝宮天満宮でも80年以上続いている。天満宮に祭られている菅原道真が渡り鳥のウソに助けられたなど、起源は諸説ある。

 この日、滝宮天満宮では午前10時と正午に計約1000個のうそ鳥が参拝者に授与された。うそ鳥はハゼの木から作られ、直径3センチ、高さ11センチ。参拝者の「かえましょ」という声が境内のあちこちで響いた。

 さぬき市志度から妻と訪れていた松下元さん(76)は「家族5人の1年の無事故を願った」。毎年来ているという高松市の主婦、伊賀静代さん(75)は「元気で毎日過ごしたい」と笑顔で話した。【山口桂子】
https://mainichi.jp/articles/20170425/ddl/k37/040/418000c

福求め“とり”かえましょ 滝宮天満宮「うそかえ神事」 参拝者、声掛け合い【四国新聞2017年4月25日】
 開運を願って鳥の形の木彫り人形を交換する「うそかえ神事」が24日、綾川町滝宮の滝宮天満宮で開かれた。境内は良縁や息災、…

「かえましょ、かえましょ」と声を掛け合いながら、うそ鳥を交換する参拝者=綾川町滝宮、滝宮天満宮
https://www.shikoku-np.co.jp/bl/digital_news/article.aspx?id=K2017042500000001000

http://archive.is/krS6d
http://archive.is/EzbnK
posted by BNJ at 21:51 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国内アザラシや極地の動物紹介【読売新聞2017年4月25日】(ペンギン/徳島県)

 ◇県立博物館で特別展

 徳島市八万町の県立博物館で、国内のアザラシや北極などに生息する動物を紹介する特別展「日本のアザラシと極地の動物たち」が開かれている。2005年に那賀川河口に現れ、愛らしい姿で人気者となったアゴヒゲアザラシ「ナカちゃん」に関する展示もある。6月11日まで。

 県民になじみが深いアザラシについての生態を知ってもらおうと展示。

 会場には、日本に生息するクラカケアザラシやゴマフアザラシなどの生態を解説するパネルや、徳島市の写真家・香川美穂さんが北極や南極で撮影したホッキョクグマやペンギン、セイウチなどの写真を展示。06年の死後、同博物館に保管されているナカちゃんの骨格や毛皮、爪などの標本もある。

 家族で訪れた徳島市新浜町、市立津田小1年片山詩野さん(6)は「アザラシは写真で見るととてもかわいかったけど、骨は大きくて驚いた」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokushima/news/20170424-OYTNT50463.html

http://archive.is/DPfrp
posted by BNJ at 21:48 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

常盤湖のハクチョウ「慰霊碑」、26日除幕式【宇部日報2017年4月25日】(コブハクチョウ)

宇部市が整備を進めてきたハクチョウの慰霊碑が、常盤湖畔に完成した。高病原性鳥インフルエンザの感染拡大防止のため、2011年に失ったハクチョウの慰霊が建立の目的。26日午前9時半からは除幕式を実施。事前申し込み不要で、市公園整備局では市民の来場を呼び掛けている。
市は市民募金や飼育施設の設計など、ハクチョウ復活へ取り組んでおり、慰霊碑の建設もその一環。各種団体や市民から設置を望む声が多くなってきたことから、慰霊の気持ちをみんなで共有しようと、建立を決定。整備に向け、昨年の12月21日から1カ月間、碑に入れるハクチョウをイメージしたデザインを募集し、市内外の6人から7点の応募があった。
碑は御影石製で、横、高さとも70a。中央部分にブロンズ製のハクチョウのレリーフが取り付けられ、「白鳥慰霊碑」という文字も刻まれている。レリーフに採用されたデザインの考案者は尾山健二さん(宇部市)。御影石は西田石材(同)から寄贈された。
碑の建立に併せて、市でハクチョウを飼育することになった経緯や、常盤公園での高病原性鳥インフルエンザへの対応経過などを記した1・5b四方の説明板2枚も設置される。
慰霊碑、説明板とも設置場所は常盤湖階段上の親水護岸に隣接する緑地。当日は久保田后子市長、安藤巧市議会産業建設委員会委員長らが除幕する。
問い合わせは市公園緑地課(電話51―7252)へ。

http://ubenippo.co.jp/admini/%E5%B8%B8%E7%9B%A4%E6%B9%96%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%80%8C%E6%85%B0%E9%9C%8A%E7%A2%91%E3%80%8D%E3%80%81%EF%BC%92%EF%BC%96%E6%97%A5%E9%99%A4%E5%B9%95%E5%BC%8F/

宇部・常盤湖ほとりにハクチョウの慰霊碑(山口県)【NNNニュース2017年4月27日】
6年前、高病原性鳥インフルエンザの感染拡大を防ぐために、ハクチョウが殺処分された宇部市の常盤公園で、慰霊碑が完成し、26日、除幕式が行われた。ハクチョウの慰霊碑が設置されたのは、宇部市常盤公園の中にある常盤湖のほとり。常盤湖では、かつてハクチョウたちが湖面を優雅に泳いでいたが、2011年2月、高病原性鳥インフルエンザに感染した鳥が見つかり、感染拡大を防止するため、300羽を超えるハクチョウがすべて殺処分された。26日、久保田市長ら関係者が除幕して、慰霊碑の完成を祝った。慰霊碑のレリーフのデザインは市が公募したもので、7点の応募のなかから市内に住む尾山健二さんのデザインが選ばれた。久保田市長は「大変苦渋の決断の中でハクチョウを失って6年余り、市民のみなさまの多くのご支援、またご期待に応えることができて、安堵しているところですし、また本当に感謝しているところ」と話していた。宇部市は現在、まちのシンボルであるハクチョウの復活を目指していて、5月1日には、つがいのハクチョウが常盤湖に放されることになっている。
http://www.news24.jp/nnn/news8709017.html

http://archive.is/ajZ3D
http://archive.is/2LiDZ
ハクチョウ慰霊碑を 宇部市がデザイン募集【山口新聞2016年12月23日】(コブハクチョウ)
常盤公園のハクチョウ復活に向けて特別講座【宇部日報2016年10月31日】(コブハクチョウ/既報関連ソースあり)
ハクチョウ飼育再開へ 宇部市 野鳥と接触避ける設備【読売新聞2016年10月18日】

コウノトリとの共生を映像に 豊岡市、来月13日に上映会【産経ニュース2017年4月25日】

「コウノトリと共に生きる」の一場面。映像はふるさと教育に活用される(豊岡市提供)
 コウノトリの野生復帰に向けた豊岡市の取り組みなどを追った映像作品「コウノトリと共に生きる」が完成した。制作した同市は子供たちへのふるさと教育に活用し、「次世代に“思い”をつないでいきたい」としている。来月13日に記念上映会が開かれる。

 同作品は平成17年の飼育コウノトリの初放鳥までの歩み、コウノトリ育む農法の普及で餌になる生物の多様性を図る環境整備などを描写。「いつか必ず空にかえす」と誓い、飼育員として野生復帰に長年務めてきた松島興治郎さんの熱意や全国にコウノトリの飛来地が広がり、共生のまちづくりが進んでいることなども見つめている。制作費は約1千万円。同市がNHKエンタープライズに委託、完成まで2年間をかけた。

 同市は小学3、5年生と中学3年の授業で、豊岡ふるさと学習ガイドブックとともに映像を利用し、「コウノトリも住めるまち」への理解を深める。

 来月13日午後1時から、同市役所で開かれる上映会では、「制作よもやまばなし」として撮影秘話などが語られるほか、コウノトリファンクラブ会長の俳優、柳生博さんも参加。同14日からは市立コウノトリ文化館で公開される。

 映像は22分間。5分間の短縮版もある。中貝宗治市長は「特に次世代を担う子供たちがコウノトリについて学ぶきっかけにしたい」と制作目的を強調した。

 上映会は先着50人、申し込みは同10日まで。問い合わせは同市コウノトリ共生課(電)0796・21・9017。
http://www.sankei.com/region/news/170425/rgn1704250045-n1.html

http://archive.is/tHmoP
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 21:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セイタカシギ スラリ美脚 絶滅危惧2類、環境省が指定 元鳥獣保護員の朝倉さん「市内で初めて撮影」 /三重【毎日新聞2017年4月25日】

 絶滅の恐れがあるセイタカシギを元鳥獣保護員、朝倉啓介さん(79)=名張市緑が丘中=が、同市蔵持町の河原で撮影に成功した。県総合博物館によると、県内で生息が確認されているのは15羽ほどで、名張で目撃された記録はないという。

 セイタカシギはセイタカシギ科の水鳥で、ピンクの長い脚と黒色のくちばしが特徴。海岸や水田、河口付近などが主な生息地で、絶滅が危惧される鳥類の一種としてレッドデータブックに記載されており、環境省は絶滅危惧2類、県は2ランク上の絶滅危惧1A類に指定している。

 朝倉さんは今月8日に計6羽のセイタカシギを確認。市内で見たのは初めてで、夢中でシャッターを切ったという。23日にも3羽の姿が見られた。

 同博物館のほ乳類・鳥類担当の学芸員、田村香里さんは「生息域が狭まったことなどが影響し、内陸部の名張に立ち寄ったのでは」と推測している。【広瀬晃子】

〔伊賀版〕
https://mainichi.jp/articles/20170425/ddl/k24/040/273000c

http://archive.is/7uJ5U
posted by BNJ at 21:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県庁ハヤブサ子だくさん【北國新聞2017年4月25日】(他1ソース)

 石川県庁舎上層階のベランダで営巣している県絶滅危惧種のハヤブサに、ひな5羽が誕生した。初めてひなが確認された2014年から4年連続となる。専門家によると、一度に5羽が生まれるのは全国的にも珍しい。

 県によると、ハヤブサの親鳥は3月22日に5個の卵を産み、4月24日までに全てふ化した。一度に3〜4個の産卵が一般的とされるが、県庁では昨年も5羽が誕生しており、「子だくさんなハヤブサ」(県自然環境課)という。

 ハヤブサは2005年から営巣し、14年は3羽、15年は4羽が巣立った。県は25日、ひなが餌をついばむ様子などを撮影した映像をホームページで公開した。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/E20170425002.htm

ことしも県庁で「ハヤブサ」のひな誕生(石川県)【NNNニュース2017年4月25日】
国の絶滅危惧種に指定されているハヤブサ。ことしも県庁の高層階で巣を作り、ひなが誕生した。
県庁の職員が撮影した映像では、親鳥のハヤブサがエサを食べさせている様子が分かる。3羽は、くちばしが見えるが、向こう向きに1羽さらに、その下にほとんどみえないが1羽、あわせて5羽が確認された。県によると3月22日に産卵が確認されていて、全てのタマゴがふ化に至ったという。県庁では、2005年から巣が作られ、10年目の2014年に初めてひなが生まれて以来、4年連続の誕生となる。
http://www.news24.jp/nnn/news87115977.html

石川)県庁高層階で絶滅危惧のハヤブサ5羽誕生【朝日新聞デジタル2017年4月26日】
生まれたばかりのヒナたち(左)と親鳥=県自然環境課提供

 環境省のレッドリストで絶滅危惧U類に指定されているハヤブサのヒナ5羽が、24日に県庁舎高層階のベランダで生まれた。県が25日、発表した。

 県自然環境課によると、2005年から県庁舎でハヤブサの産卵が確認されるようになった。孵化(ふか)に携わる福井県自然保護センターの松村俊幸所長(58)は「ハヤブサは獲物を見下ろせる高い崖地が好き。県庁舎は崖の環境と似ており、巣作りに適していたのだろう」と話す。

 孵化しやすい環境を作るため、県は松村さんの指導を受けながらベランダに砂を敷き、窓のブラインドを下ろして刺激を減らすなど対策を講じてきた。14年、ついに初めてヒナ3羽が誕生。以来、4年連続での誕生となった。今年もほぼ毎日、県職員が観察していて、孵化したヒナを見つけたという。県自然環境課の担当者は「無事生まれてよかった。巣立ちまで頑張ってほしい」と喜んだ。(定塚遼)
http://www.asahi.com/articles/ASK4T3T0XK4TPJLB002.html

毎小ニュース 話題 石川県庁でハヤブサ子育て【毎日新聞2017年4月27日】
 石川県金沢市いしかわけんかなざわしの石川県庁いしかわけんちょうのベランダで、絶滅危惧種ぜつめつきぐしゅのハヤブサのひな5羽わが誕生たんじょうしました=写真しゃしん・同県提供どうけんていきょう。5個この卵たまごが先月見せんげつみつかり、職員しょくいんが今月こんげつ24日かに、全すべてふ化かしたのを確認かくにんしました。

 ハヤブサは海沿うみぞいの岸壁がんぺきで産卵さんらんするため、19階建かいだてと高たかい県庁けんちょうの建物たてものを選えらんだようです。2005年ねんに初はじめて卵たまごが見みつかって県けんが砂すなを敷しいて環境かんきょうを整ととのえるようになり、14年ねんには初はじめて3羽わが生うまれていました。ひなは生後約せいごやく30〜40日にちで巣立すだつそうです。
https://mainichi.jp/articles/20170427/kei/00s/00s/010000c

http://archive.is/ARvF3
http://archive.is/sduv9
http://archive.is/HpbUP
http://archive.is/DTFD4
県庁で5羽のハヤブサ誕生=石川〔地域〕【時事ドットコム2016年5月2日】
タグ:ハヤブサ
posted by BNJ at 21:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキの知識 深めて広めて 佐渡・行谷小で自然保護官が講和【新潟日報モア2017年4月25日】

トキについて講話する佐藤知生さん=佐渡市・行谷小

 佐渡自然保護官事務所の自然保護官佐藤知生さん(26)が、佐渡市新穂正明寺の行谷小学校でトキについて講話した。全校児童約70人を前にトキの餌や繁殖などについて教えた。

 行谷小は1965年から67年にかけてトキを飼育していたこともあり、ゴールデンウイークや夏休みに児童がトキの森公園でガイドを務めている。トキについて最新の知識を学ぼうと、毎年自然保護官を招いて勉強している。

 20日に開いた授業では佐藤さんが「トキの足跡はどれでしょう」「羽の色が黒色になるのはいつでしょう」などのクイズを出題。次々と正解する児童に「小学生とは思えないくらい詳しい」と驚いていた。

 環境省は野生下のトキの正しい観察方法をまとめた「トキのみかた」という活動を推進している。佐藤さんは「皆さんにもトキの味方になってもらい、案内する観光客に伝えてほしい」と呼び掛けた。

 3年生の児童(8)は「トキの体重は約1・5キロで、意外と重いことを初めて知った。観光客の人に知ってもらいたい」と話した。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20170425320364.html

http://archive.is/swdAv
タグ:トキ
posted by BNJ at 21:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電線トラブル防止へ…カラスの巣を撤去(長野県)【NNNニュース2017年4月24日】

カラスの巣による電線のトラブルを防ぐため須坂市で24日、巣の撤去作業が行われた。作業が行われたのは須坂市の幹線道路沿いだ。高さ14メートル、ビルの4階部分に相当するところにカラスの巣があり、中部電力の作業員が高所作業車を使って取り除いていた。カラスは3月から6月にかけて繁殖のため巣作りの季節を迎える。今年、電柱に作られた鳥の巣が原因の停電は中部電力管内で6件発生している。カラスの巣の撤去作業は6月末まで続く予定。
http://www.news24.jp/nnn/news8847799.html

http://archive.is/JFL6G
カラス 「巣」撤去めぐり電力会社と攻防 石川【毎日新聞2017年4月14日】
カラスの巣で1050戸停電【読売新聞2017年4月12日】(会津若松市)
北海道)厄介者のカラスとどう共存【朝日新聞デジタル2017年4月12日】
電柱に鳥の巣、機器に接触して停電 名古屋の1400戸【朝日新聞デジタル2017年4月9日】
唐津など2万2000戸、1分間停電 鳥の巣原因か【佐賀新聞LiVE2017年3月26日】
停電の原因 カラスの巣  九電「見たら連絡を」【大分合同新聞2017年3月26日】
停電被害防げ、電柱のカラスの巣撤去【読売新聞2017年3月25日】(岐阜県)
カラスの巣原因、山形で一時停電【山形新聞2017年3月16日】
posted by BNJ at 21:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フンボルトペンギン 愛称は「グット」 藤沢・新江ノ島水族館 /神奈川【毎日新聞2017年4月25日】

 藤沢市の新江ノ島水族館で昨年6月に誕生したフンボルトペンギンの愛称が「グット」に決まった。館内の専用ボックスで一般公募していた。総数4347件の中で一番多い117件の応募があり、覚えやすく縁起のいい愛称として採用した。2位は74件の「ボルト」、3位は62件の「チョキ」。

 グットは成鳥と同じくらいの大きさに育ったが、特徴でもある胸の黒い1本の帯はまだなく、夏にかけて羽替わりを終えると成鳥と同じ体の模様になるという。現在、同水族館生まれの両親らとともに、ペンギンプールで元気に泳いでいる。

 22日に行われた命名式では、命名者の中から抽選で選ばれた埼玉県狭山市の山崎彩乃さん(26)にペンギンのぬいぐるみと同水族館の年間パスポートがプレゼントされた。【鈴木篤志】
https://mainichi.jp/articles/20170425/ddl/k14/040/212000c

http://archive.is/HTa9E

Around Tokyo【朝日新聞デジタル2017年4月25日】(干潟で水鳥観察@習志野)

京都の抹茶フェア@新宿

 ■京都の抹茶フェア@新宿

 京都のこだわりの抹茶を使ったスイーツやカクテルが味わえる「京都 和束茶フェア」が5月1日〜6月30日、東京都新宿区のリーガロイヤルホテル東京で開かれる。「和束茶のクリームみつまめ」(税込み2495円)などのスイーツが楽しめるガーデンラウンジは午前11時〜午後7時半で原則ログイン前の続き無休、カクテルが飲めるセラーバーは午後6時〜午前0時で日曜定休。問い合わせは同ホテル(03・5285・1121)へ。

 ■まちさんぽ@メトロ沿線

 東京メトロの沿線を散策するイベント「東京まちさんぽ」が5月27日に開かれる。半蔵門線住吉駅をスタートし、猿江恩賜(おんし)公園、砂町銀座商店街、地下鉄博物館、浦安市郷土博物館などを経て東西線浦安駅までの約14キロを4時間余りかけて歩く。募集人数は5千人で、はがき(5月2日必着)かインターネット(同3日午前0時まで)での事前申し込みが必要。応募多数の場合は抽選。問い合わせは東京まちさんぽ運営事務局(03・6891・1142)へ。

 ■干潟で水鳥観察@習志野

 水鳥の生息地などとして国際的に重要な湿地の保全を目的とするラムサール条約の登録地、千葉県習志野市の谷津干潟で5月3日、夕焼けに染まる干潟とねぐらに入る渡り鳥チュウシャクシギを観察する催しがある。午後5時〜6時半。予約制で参加費は1人500円(お菓子付き)。同5〜7日は地元の谷津遊路商店街などでオリジナル缶バッジがもらえるスタンプラリーも実施される。問い合わせは谷津干潟自然観察センター(047・454・8416)へ。

 ■ビーチスポーツ@お台場

 東京・お台場海浜公園で5月5日、体験イベント「ビーチスポーツレクリエーション」が開かれる。ビーチスポーツの公式戦日本招致をめざす「ジャパンビーチゲームズフェスティバル2017」(同3〜7日、スポーツ庁など後援)の一環。元日本代表選手らを指導者に、ビーチテニスやビーチバレーのほか、綱渡りとトランポリンを合わせたスラックライン、うつぶせの状態から離れた旗をつかみに行くビーチフラッグスなどが体験できる。午前10時〜午後4時。当日会場で申し込み、無料。問い合わせは同実行委員会(03・3552・1171)へ。

 ◆東京周辺のイベントやスポット、生活に役立つ情報などを掲載します。情報はaroundtokyo@asahi.comメールするへ
http://www.asahi.com/articles/DA3S12908007.html

http://archive.is/QPVnU
タグ:谷津干潟
posted by BNJ at 21:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【東京】日の出町の廃棄物処分場 絶滅危惧のサシバ撮ったぞ【東京新聞2017年4月25日】

二ツ塚廃棄物広域処分場内で初めて撮影されたサシバ=日の出町で(東京たま広域資源循環組合提供)

 多摩地域の二十六市町でつくる東京たま広域資源循環組合は二十四日、不燃物の埋め立てをしている日の出町の二ツ塚廃棄物広域処分場内で、絶滅が危惧されている渡り鳥で猛きん類のサシバの姿を撮影した、と発表した。
 組合によると、上空を飛んでいる様子は過去にも確認されているが、数日間にわたり処分場内の監視用カメラなどに止まっている様子を確認、撮影するのは初めてという。
 組合によると、職員が今月十九日、点検のため処分場内を巡回していたところ埋め立て地内を脚からヘビをぶら下げたサシバが飛んでいるのを見つけた。二十一日まで監視用カメラに止まったりしたという。
 処分場内にはシマヘビやアオダイショウなど、サシバの餌になる動物が生息しているのが確認されている。組合は、サシバが渡りの途中で餌を捕る場として利用したとみている。
 処分場は山林などの緑地部分も含めて五九・一ヘクタールの広さで、このうちの一八・四ヘクタールに多摩地域二十六市町から出る不燃ごみを埋め立てている。
 サシバは都のレッドリストで、ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いとされる「絶滅危惧IA類」に登録されている。 (萩原誠)
<サシバ> 東アジアから東南アジアに生息する猛きん類の一種で、日本では本州から九州に繁殖のために飛来する夏鳥。島しょ部を除く都内では1970年代に丘陵地だけでなく、山間地域でも生息が確認されていたが、90年代にはほとんど見られなくなった。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201704/CK2017042502000162.html

http://archive.is/HrYhF
タグ:サシバ
posted by BNJ at 21:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉)野田のコウノトリ、ヒナの愛称募集【朝日新聞デジタル2017年4月25日】

今月9日に生まれたヒナ=19日撮影、野田市提供

 野田市は24日、コウノトリの飼育施設「こうのとりの里」で今月9日に生まれたヒナ1羽の愛称を募集すると発表した。今年は孵化(ふか)した3羽のうち2羽が死んだが、1羽は元気に育っているという。順調に成長すれば、6月に試験放鳥するとしている。

 野田生まれのコウノトリに愛着を持ってもらおうと、市内外から親しみやすい名前を募る。表記はカタカナで、性別が判明していないためオス1点、メス1点の計2点を応募できる。1人1口までで、締め切りは5月7日。1次選考で5点程度に絞った後、最終選考は市内の小学生の投票で決め、放鳥日に発表する。

 これまで親鳥のペアにコウくん、コウちゃん、生まれたヒナにつばさ、サクラ、アカリ、ミライ、愛ちゃん、未来(みき)ちゃん、翔(しょう)くん、きずな、ひかるの名前がつけられている。

 応募は、はがきやメールなどでできる。詳細は市のホームページか市みどりと水のまちづくり課(04・7125・1111、内線2694)。
http://www.asahi.com/articles/ASK4S4D3QK4SUDCB009.html

【千葉】コウノトリのヒナにカタカナで愛称を 野田市が公募【東京新聞2017年4月27日】
愛称を公募している今月生まれたヒナ(野田市提供)

 国の特別天然記念物コウノトリの野生復帰を進める野田市は、飼育施設「こうのとりの里」で今月九日に生まれたヒナ一羽の愛称を公募している。ヒナは三羽生まれたが、二羽は間もなく死んだ。
 今回は「カタカナ」表記で募集。性別が分かっていないため、雄と雌の愛称各一点、計二点を一人一回応募できる。一次選考で五点ほどに絞り、市内の小学生の投票で決め、放鳥の式典で発表する。採用者を表彰し、一次選考通過者には市の特産品「黒酢米」を贈る。
 はがきや市ホームページなどで、愛称、命名の理由(五十字以内)、住所、氏名、電話番号を記入し応募。五月七日必着。
 市や福井県越前市など他の地域で使われている愛称は対象外。野田市にいるつがいは、コウくん、コウちゃん。これまでのヒナの命名は二〇一三年、つばさ、サクラ▽一四年、アカリ、ミライ▽一五年、翔(しょう)、未来(みき)、愛(死ぬ)▽一六年、きずな、ひかる。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201704/CK2017042702000186.html

赤ちゃんに愛称つけて 4月誕生のコウノトリ 野田市【千葉日報ウェブ2017年4月27日】
愛称の募集が始まったコウノトリのひな=野田市三ツ堀の飼育施設(同市提供)
 国の特別天然記念物コウノトリの野生復帰に取り組む野田市は、同市三ツ堀の飼育施設で4月誕生したひな1羽の愛称を全国から募っている。ひなは今年試験放鳥される予定。親しみのある愛称をつけ、多くの人に ・・・

【残り 451文字、写真 1 枚】
http://www.chibanippo.co.jp/news/local/404388

コウノトリ「名前つけてね」 来月7日まで募集 野田・こうのとりの里 /千葉【毎日新聞2017年4月27日】
 野田市は、コウノトリの飼育施設「こうのとりの里」で今月9日に誕生したヒナ1羽の愛称を募集している。性別が分からないため、1人雄1点、雌1点の計2点まで応募できる。締め切りは5月7日。

 これまで生まれたヒナの愛称は「つばさ」「サクラ」「アカリ」「ミライ」「愛ちゃん」「未来(みき)ちゃん」「翔くん」「きずな」「ひかる」。親鳥のペアは「コウくん」と「コウちゃん」と名付けられている。

 1次選考で5点程度に絞った後、市内の小学生の投票で決め、6月に予定されている放鳥日に発表する。

 はがきでの応募は、〒278−8550 野田市鶴奉7の1 市みどりと水のまちづくり課へ。【橋口正】
https://mainichi.jp/articles/20170427/ddl/k12/040/172000c

http://archive.is/3v6MX
http://archive.is/NhYia
http://archive.is/4hhxC
http://archive.is/Aaz08
ひな2羽が死ぬ 原因調査へ、1羽は元気 野田市のコウノトリ【千葉日報ウェブ2017年4月13日】

春の戦場ヶ原 歩こう…5月3〜7日【読売新聞2017年4月25日】

カラマツ芽吹き カエルの戦い…

 奥日光の県立日光自然博物館は、大型連休中の5月3〜7日に自然観察イベント「戦場ヶ原春のガイドウォーク」を開催する。自然解説員の案内で、芽吹き始めた植物や産卵期を迎えるカエルを観察しながら早春の戦場ヶ原が楽しめる。

 戦場ヶ原では4月下旬から5月初旬にかけて、カラマツが芽吹き始めるほか、冬ごもりしていたアズマヒキガエルが繁殖期を迎える。大人の握り拳ほどもある大型のカエルの雄同士が、雌を巡って激しい戦いを繰り広げる様子や、ノビタキやオオジシギといった夏鳥のさえずりなどが、春の訪れを感じさせるという。

 イベントでは、戦場ヶ原の春先にしか見られない自然の見所や動物たちの営みを、同解説員が詳しく解説する。コースは、赤沼自然情報センターから自然研究路・青木橋までの約2キロ・メートル。

 各日とも、午前10時〜正午と、午後1時半〜同3時半の2回開催。対象は4歳以上で、参加費500円。各回とも定員20人程度で、当日、集合場所となる赤沼自然情報センターで先着順で受け付ける。参加者は、ウォーキングに適した服装で、飲料水や携行食、防寒着や雨具などを持参する。

 問い合わせは同博物館(0288・55・0880)へ。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tochigi/news/20170425-OYTNT50056.html

http://archive.is/hF94G
posted by BNJ at 21:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<八木山動物公園>フラミンゴなど展示再開【河北新報オンラインニュース2017年4月25日】

 仙台市八木山動物公園(太白区)は25日、ダチョウ2羽とフラミンゴ17羽の展示を再開する。鳥インフルエンザ対策で昨年11月16日から展示を中断していた。
 ネットで覆われた施設に移していたガンカモ類26羽も、野外の池での展示を再開する。冬鳥が大陸に帰り、東北地方で鳥インフルエンザの発生例が減ったため再開を決めた。来園者の靴底の消毒は5月11日まで継続する。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201704/20170425_13043.html

http://archive.is/8D7q8
秋田で鳥インフル、仙台でフラミンゴの展示休止【読売新聞2016年11月18日】(八木山動物公園)

国内最高齢のイヌワシ死ぬ 大森山動物園、47歳【秋田魁新報2017年4月25日】(他1ソース)

ニホンイヌワシ「鳥海」
 秋田市の大森山動物園は25日、国内最高齢のニホンイヌワシ「鳥海」が24日に死んだと発表した。47歳だった。死因は老衰とみられる。
http://www.sakigake.jp/news/article/20170425AK0019/

ニホンイヌワシ「鳥海」死ぬ(秋田県)【NNNニュース2017年4月25日】
大森山動物園で飼育されていたニホンイヌワシの「鳥海」が死んだことが分かりました。国内最高齢47歳と推定されていて、イヌワシとしては国内の動物園で最も長く飼われていた鳥海。老衰と見られています。絶滅危惧種ニホンイヌワシの「鳥海」は雄で推定47歳。人間でいうと100歳を超えています。記録が残る中では世界で最高齢です。数日前から体調を崩して、きのう午後3時半過ぎ息を引き取ったということです。「鳥海」は、1970年の7月、鳥海山麓で地元の人に保護され、秋田市の動物園に預けられました。野生のニホンイヌワシは500羽程度しかいないとされ、稀少な動物です。大森山動物園はニホンイヌワシの研究に関しては国内トップクラスで、繁殖や人工授精の研究も進められています。研究の功績などが認められ、日本動物愛護協会から先月「鳥海」に対して功労動物賞が授与されていました。小松守園長は「もし一言で言うならば、よくここまで生きてくれた。頑張ったね。それとお疲れさまでしたと。月並みだが動物園で一緒にいてくれて、やっぱり鳥海というのは、あなたはすばらしい鳥だったよと言いたいですね。」と話しました。動物園ではゴールデンウィーク期間中、功績を称え、鳥海のパネルや献花台を設置して追悼することにしています。
http://www.news24.jp/nnn/news86111707.html

秋田)最高齢のイヌワシ死ぬ 秋田の大森山動物園【朝日新聞デジタル2017年4月26日】
国内最高齢だったイヌワシ「鳥海」=2015年9月、渡部耕平撮影
[PR]
 秋田市の大森山動物園は25日、飼育していた雄のニホンイヌワシ「鳥海」が24日に死んだと発表した。国内では最高齢の47歳だった。人間なら100歳以上に相当すると見られる。

特集:どうぶつ新聞
 同園によると、鳥海は21日朝から体調を崩し、自力で姿勢を保持できなくなった。診療室に移されたが24日午後3時40分ごろ、死んだ。同園の三浦匡哉・獣医師は「25日に解剖したが、病変が無かったため、死因は老衰と思われる」と話した。

 鳥海は体調を崩す前まで、餌のヒヨコを1日に9羽食べていた。猛禽(もうきん)類は消化できないものを固まり(ペリット)にして吐き出す習性があるが、3〜4日間出せなくなることがあり、園がヒヨコに手を加えるなど餌を工夫していた。

 鳥海は1970年、鳥海山麓(…

残り:376文字/全文:688文字
http://www.asahi.com/articles/ASK4T53F8K4TUBUB00L.html

最高齢ニホンイヌワシ死ぬ 秋田・大森山動物園【産経フォト2017年4月26日】
24日、秋田市大森山動物園で死んだ、47歳と推定される雄のニホンイヌワシ「鳥海」(同動物園提供)

 秋田市大森山動物園は25日、47歳と推定される雄のニホンイヌワシ「鳥海」が24日に死んだと発表した。同園によると国内最高齢で、担当者は「大往生だった。よく頑張ってくれた」と話した。
 同園によると、鳥海は1970年、秋田県の鳥海山麓で地元住民に保護され、同園前身の秋田市児童動物園に預けられた。当時ニホンイヌワシを飼育している動物園は少なく、手探りの状態だったという。昨年11月、大森山動物園で高病原性鳥インフルエンザが発生。感染が心配されたが無事に乗り越えた。今月21日に体調を崩した。死因は老衰とみられる。
http://www.sankei.com/photo/story/news/170425/sty1704250018-n1.html

国内最高齢のイヌワシ「鳥海」死ぬ…推定47歳【読売新聞2017年4月26日】

24日に死んだニホンイヌワシの「鳥海」(今年1月23日撮影)=秋田市大森山動物園提供
 秋田市の大森山動物園は25日、飼育していた国の天然記念物で国内最高齢のニホンイヌワシ「鳥海ちょうかい」(雄)が死んだと発表した。

 推定47歳で老衰とみられる。

 同園によると、21日に飼育舎で横たわっている鳥海を獣医師が発見、治療を続けたが、24日に死んだ。同園では昨年11月、コクチョウなどが鳥インフルエンザに感染したが、鳥海は無事だった。しかし、3月頃から足元がふらつくようになり、最後は立った姿勢を保つことも難しくなっていた。

 鳥海は1970年夏、秋田県の鳥海山麓で保護された。小松守園長は「鳥海がいなければ日本のイヌワシの研究は進まなかった。心から感謝したい」と話した。

 同園によると、鳥海が死んだことに伴い、多摩動物公園(東京都)のイヌワシ(雄、推定34歳)が国内最高齢になる。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170425-OYT1T50108.html

http://archive.is/rFzjD
http://archive.is/anwZP
http://archive.is/lDMtT
http://archive.is/1dK70
http://archive.is/5opaM

41年前の野鳥ガイド本デジタル化 根室の市民団体が改訂 収録125種【どうしんウェブ2017年4月25日】

デジタル化された「ニューフィールドガイド根室」の表紙
 【根室】根室市民有志が41年前に出版した野鳥のガイドブックが改訂されてデジタル版に生まれ変わった。市民団体がボランティアで編集やデジタル化の作業を行い、「幻の名著」が最新の野鳥の写真を取り込むなど修正を加えられてインターネット上によみがえった。

 改訂されたのは、市民有志が1975年から76年にかけて出した「フィールドガイド根室」シリーズ全4巻のうち、76年出版の「鳥とけもの編」。

 ニューフィールドガイド根室は、道内の電子書籍の総合サイト「ホッカイドウイーブックス」と、根室市の農林課のホームページから閲覧できる。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0393017.html

http://archive.is/FPCBm
タグ:書籍
posted by BNJ at 21:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ことりカフェ×カピバラさん」コラボカフェ東京・大阪で同時開催!カレー温泉?!であったまるカピバラさん&インコカレーや新作スイーツも♪「ことりカフェ」全店舗に「カピバラさん」登場♪【プレスリリース2017年4月25日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、株式会社バンダイ(本社:東京都台東区駒形 代表取締役社長 川口 勝)が展開する、人気のキャラクター「カピバラさん」とコラボレーションしたコラボカフェを、2017年5月1日(月)〜6月30日(金)まで「ことりカフェ」全店舗(表参道/吉祥寺/巣鴨/心斎橋)において開催いたします。期間中、カピバラさんと小鳥をモチ−フにした「カピバラさんケーキドリンクセット(特製ランチョンマット付)」や、「カピバラさん&インコカレードリンクセット(特製ランチョンマット付)※吉祥寺店1日15食限定メニュー」等のフードの他、オリジナルコラボクッキーやクリアファイル、ガーセタオル等の限定グッズも登場。カフェ店内の装飾もカピバラさん仕様となり、カピバラさん達に囲まれた癒しの雰囲気を演出。トリ年ならではの、カピバラさんと小鳥たちの癒しコラボレーション企画第2弾をぜひお楽しみください。cTRYWORKS


〈コラボカフェ開催概要〉
1.場所:ことりカフェ表参道/ことりカフェ吉祥寺/ことりカフェ巣鴨/ことりカフェ心斎橋
2.開催日:2017年5月1(月)〜2017年6月30日(金)
3.コラボカフェ限定メニュー
【表参道/巣鴨/心斎橋限定メニュー】
・カピバラさんケーキドリンクセット(特製ランチョンマット付):¥1,600(税抜)
・カピバラさんマシュマロドリンク(特製ランチョンマット付):¥800(税抜)
・ホワイトさんマシュマロドリンク(特製ランチョンマット付):¥800(税抜)
【吉祥寺店限定メニュー】
・カピバラさんブリュレドリンクセット(特製ランチョンマット付):¥1,600(税抜)
・ホワイトさんブリュレドリンクセット(特製ランチョンマット付):¥1,600(税抜)
・カピバラさん&インコカレードリンクセット(特製ランチョンマット付):¥2,000(税抜)※カレー:1日15食限定。売切れ次第、終了となります。
※吉祥寺カレー販売期間(下記、日程以外は販売しておりませんのでご注意ください)
・5/3〜7、11〜14、18〜21、25〜28
・6/8〜11、15〜18、22〜25、29、30

■「カピバラさん」について
カピバラさんはミドリノ草原でなかまたちと一緒に暮らしています。
温泉にはいることと、草を食べることが大好きで、それ以外は基本的にぼーっとすごしているか、すぅすぅ寝てすごしています。ちょっとおちこんだり、元気をだせなくなったり、そんな人たちにカピバラさんの「のんびりマイペース」な生き方をみておおらかな楽しい気分になってほしい、また、自然や動物の温かさを感じてほしい、そんな願いから生まれたキャラクターです。2015年に誕生10周年を迎え、これからも様々な企画を予定しています。公式サイト http://tryworks.jp/

■「ことりカフェ」について
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月に「ことりカフェ心斎橋」(監修:株式会社ことりカフェ/運営:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉康一http://www.exceedjapan.co.jp/)を、12月に「ことりカフェ巣鴨」(運営:株式会社バードモア 代表取締役 木幡直希 http://www.birdmore.com/)をオープン。各店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店はインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。また、2016年11月に「ことりカフェ」公式小鳥雑貨専門店1号店となる「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」(運営:小鳥雑貨専門店「よいなdeことのわ」)を東京・西新井に、2017年2月に第2号店目となる「ことりと。」(運営:小鳥専門店「ことりや ふぁみりぃ/ペットショップ ふぁみりぃ」)を九州・大分県大分市にオープン。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062 東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1−14−7
(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ巣鴨」アクセス
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3−18−13 (巣鴨駅徒歩5分)
営業時間:10:00〜18:00
■「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」アクセス
〒123-0842東京都足立区栗原3−30−14(西新井大師駅徒歩7分)
営業日/営業時間:金・土・日・月/11:00〜18:00
■「ことりカフェGOODS SHOP/ことりと。」アクセス
〒870-0844 大分県大分市古国府10−1 天神ビル1F
定休日/営業時間:毎週火曜日・第2金曜日/11:00〜16:00

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000276.000010272.html

http://archive.is/ywZwv
posted by BNJ at 21:12 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする