2017年04月26日

祝!世界ペンギンの日 かわいい写真12枚【ナショナルジオグラフィック日本版ニュース2017年4月25日】

サウスジョージア島のキングペンギン
2羽のサウスジョージア島のキングペンギン(Aptenodytes patagonicus)の華やかな羽。キングペンギンは4層構造の羽を持ち、寒さを避けるために体を寄せ合う。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

 タキシードのような姿で独特の求愛をするペンギンは、みんなに愛されている。

 ぜんぶで18種類いるペンギンの大きさはさまざまだ。南極の荒々しい海岸にすむコウテイペンギンは体長1.2メートルほどになるが、オーストラリア南部やニュージーランドに暮らすコガタペンギンは30センチほどにしかならない。(参考記事:「海を飛ぶコウテイペンギン」)

 4万5000年近く南極で生きてきたアデリーペンギンをはじめ、多くのペンギンは厳しい気候をものともせずに生活している。ペンギンが生息するのはほぼ南半球だけ。空を飛ぶことはできないが泳ぎはうまく、器用に海を泳ぎ回っては小さな獲物を追いかける。

 ペンギンは、驚くほど夫婦の絆が固いことで知られている。たとえば、1年のほとんどの時間は別々に暮らしているにもかかわらず、基本的に一夫一婦制を貫いている。繁殖期になると、営巣地には何百、何千というペンギンが集まるなかで、オスは毎年同じメスを探そうとする。(参考記事:「【動画】ペンギンの夫と愛人の熾烈な戦い」)


次ページ:美しいペンギンポートレート集11点

 痛ましいことに、気候変動の犠牲になっているペンギンもいる。南極の専門家たちは、気候変動によってペンギンの営巣地やオキアミなどの食料が減少すると予測している。(参考記事:「海氷の消えた南極とアデリーペンギン」)

 南極半島の西側とスコシア海では、海温や気温の上昇によって、ペンギンの数がここ30年で50%という急激なペースで減少している。(参考記事:「ペンギン繁殖地、今世紀中に最大60%が不適に」)

 4月25日は世界ペンギンの日。そこで、ゴージャスでコミカルなペンギンたちの写真を集めてみた。

マカロニペンギン
マカロニペンギン(Eudyptes chrysolophus)のトレードマークは、黄色と黒の羽飾り。18世紀の英国で流行した帽子のスタイルからこの名がついた。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

コガタペンギン
2羽のコガタペンギン(Eudyptula minor)の雛。茶色くやわらかい羽毛が生えている。コガタペンギンは夜行性で、人間が住む場所の近くに巣を作ることも多い。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

キングペンギン
キングペンギン(Aptenodytes patagonicus)は泳ぎが得意。獲物を追って水深300メートル近くまで潜ることもある。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

ケープペンギン
ケープペンギン(Spheniscus demersus、米サウスダコタ州ブランブル・パーク動物園で撮影)は、ナミビアから南アフリカにかけてのアフリカ南海岸の大きな営巣地で暮らす。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

ヒゲペンギン
米ケンタッキー州ニューポート水族館で5羽のヒゲペンギン(Pygoscelis Antarctica)が集まる。あごのあたりに特徴的な黒い線を持つことから、この名前で呼ばれている。南極や南大西洋の島の大きな営巣地で繁殖する。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

キマユペンギン
ニュージーランドのキマユペンギン(Eudyptes pachyrhynchus、オーストラリアのタロンガ動物園で撮影)は、絶滅が危惧されている。オコジョなどの外来の捕食動物に狙われることが多い。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

コガタペンギン
ポーズを取っているようなコガタペンギン。ニュージーランドのオークランドにある鳥のリハビリセンターSPCA Bird Wingで撮影。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

イワトビペンギン
多くのペンギンのようによちよち歩きをするのではなく、飛び跳ねて移動する。南極や、チリ、ニュージーランドの島の吹きさらしの岩場に生息している。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

フンボルトペンギン
ペルーやチリに生息するフンボルトペンギン(Spheniscus humboldti)。減少の一途をたどっており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで危急種(vulnerable)に指定されている。異常気象とエサの量の変化が減少の原因と考えられている。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

アデリーペンギン
スペイン、マドリードにあるファウニア動物園のアデリーペンギン(Pygoscelis adeliae)。オスとメスで協力して子育てをする。簡単にはオスとメスの区別がつかない。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

ジェンツーペンギン
ジェンツーペンギン(Pygoscelis papua)は、尾が長く、頭に白い模様があるのが特徴だ。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

【参考フォトギャラリー】みんな大好き!ペンギン写真
ナショジオの写真家たちがとらえた、さまざまなペンギンの姿。

文=Austa Somvichian-Clausen/訳=鈴木和博
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/042500160/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/042500160/?P=2

posted by BNJ at 11:12 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島)コウノトリ足環 装着手順を確認 来月2日に向け【朝日新聞デジタル2017年4月26日】

巣の上ですごすコウノトリの親鳥(左)と3羽のヒナ=25日午後0時16分、鳴門市内

 鳴門市で誕生した国の特別天然記念物コウノトリのヒナに識別用の足環(あしわ)を装着するため、県や市の担当者らが25日、鳴門市内で会議を開き、作業の手順を再確認した。装着は来月2日に予定している。

 足環装着の際、体重測定もする予定。また羽毛を採取し、1週間ほどかけて性別を判定するという。

 ヒナ3羽は現在、親鳥に迫るほどの大きさに成長し、時折立ち上がったり、羽ばたくしぐさを見せたりしている。(中村律)
http://www.asahi.com/articles/ASK4T4SFJK4TPUTB00Z.html

http://archive.is/1n0oJ
徳島)コウノトリのヒナ、家系図が完成【朝日新聞デジタル2017年4月22日】
徳島)ヒナ誕生へ足環研修 コウノトリの郷公園から講師【朝日新聞デジタル2017年3月9日】
posted by BNJ at 11:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関空 空の安全 タカや犬が守る バードストライク対策【毎日新聞2017年4月26日】(コアジサシ/既報関連ソースあり)

バードストライクを減らすため、空に放たれるハヤブサ=関西国際空港で2017年4月25日、井川加菜美撮影

バードストライクを減らそうと、においをつけながら歩き回る犬たち=関西国際空港で2017年4月25日、井川加菜美撮影
 タカやハヤブサなどの猛禽類(もうきんるい)や犬を巡回させて、野鳥が飛行機に衝突する「バードストライク」を防ぐ取り組みが関西国際空港で始まった。今年で3年目となり、空港を営巣地としているコアジサシに一定の効果を見せている。【井川加菜美】

 コアジサシは小魚を主な餌とし、海岸の砂浜や埋め立て地などを好む鳥で、広大な未利用地がある関空島は格好の住みかとなっている。空港を運営する関西エアポートによると、2014年度には毎日5回のパトロールで延べ計約8万3000羽が確認され、バードストライク43件のうち、約半数にあたる22件がコアジサシによるものだったという。

 15年から大阪府猟友会の協力のもと、タカなどの猛禽類や犬を巡回させている。府猟友会の川野謹一さん(63)によると、タカやハヤブサを放つことで、「コアジサシに、関空島は営巣地に適さないと意識づけできる」という。地上では、ビーグル犬などが巡回。犬のにおいをつけて、コアジサシを寄りつかせなくする。効果は大きく、15年度にはバードストライク24件のうち、コアジサシによるものは2件に減少。16年度は0件となった。

 25日には、第2ターミナルビル近くの未利用地にタカやハヤブサなど計6匹や犬が出動。グローブを着けた川野さんの腕からハヤブサが舞い上がり、空に弧を描いた。関西エアポートは「効果が出ており、今後も続けたい」としている。
https://mainichi.jp/articles/20170426/k00/00e/040/252000c

http://archive.is/3L3ut
タカ、猟犬でバードストライク防げ・・・関空【読売新聞2016年5月23日】
生き物 衝突防止へタカ舞い犬走る 関空、渡り鳥に「警告」【産経フォト2016年4月12日】
関空:バードストライク半減 決め手は鷹匠とタカ【毎日新聞2015年10月17日】
posted by BNJ at 11:04 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都)ウミウの卵8個が有精卵 宇治川の鵜飼【朝日新聞デジタル2017年4月26日】(他1ソース/既報関連ソースあり)

【動画】「宇治川の鵜飼」のウミウが産んだ卵を検査=小山琢撮影

ライトをあてると血管が透けて見えるウミウの有精卵=宇治市観光センター

 「宇治川の鵜飼(うかい)」を主催する宇治市観光協会は25日、鵜飼いのウミウが産んだ卵が有精卵かどうか検査し、8個が有精卵と判明した。7〜23日に見つかった計18個のうち6日以上たった13個を調べた。ほかは4個が不明で、1個が無精卵だった。

 孵卵(ふらん)器が置かれている市観光センターの一室を暗くし、同市の大和動物病院の高橋将哉院長が卵にライトをあて、血管などが見えるかを調べた。

 鵜匠(うしょう)の澤木万理子さんは「一羽でも多く健康な鵜が生まれてくるのを願っている。たくさん生まれてくれれば、今シーズンから(綱をつけない)放ち鵜飼いのトレーニングを始めていく中で、一歩先が見えてくるのではないか」と話した。

残り:71文字/全文:378文字
http://www.asahi.com/articles/ASK4T2SJ1K4TPLZB001.html

海鵜、今年も産卵 宇治川の鵜飼、8個有精卵 京都【産経ニュース2017年4月26日】
 「宇治川の鵜飼(うかい)」(宇治市)の海鵜(うみう)が今年も産卵した。4年連続の産卵となり、25日までに計18個の卵が採取された。同日には宇治市観光センターで「検卵」も行われ、計8個が孵化(ふか)の可能性がある有精卵であることが判明し、今年もヒナの誕生が期待されている。

 平成26年に全国初の人工孵化での誕生となった「うみうのウッティー」の親のペアなど、計4組のペアが4月7日以降に次々と産卵。うち2組は新たなペアで、今年初めて産卵した。

 検卵では、判定が可能とみられる日数が経過している13個の卵を、獣医師がライトで光を当てて検査。その結果、うち8個が有精卵であることが判明した。判定で不明だった卵や今後検査する卵もあり、有精卵が増える可能性がある。今年は従来の鵜小屋が増築されたことから、環境変化に伴う産卵の行方も心配されたが、ペアも増える結果となった。

 昨年は計13個の産卵で10個が有精卵。5羽が孵化したものの、未成熟などで3羽が死んだ。このため今年は孵卵器の温度を低く設定するなどして、卵の中でより長く成長させる方針。1日2回、孵卵器から卵を出して卵の中の空気を入れ替えるなどしながら慎重に管理しており、早ければ連休中に孵化する可能性もあるという。

 鵜匠(うしょう)の沢木万理子さんは、「今年は新たなつがいも産卵してくれた。1羽でも多く健康なヒナが誕生することを願っています」と話していた。
http://www.sankei.com/region/news/170426/rgn1704260049-n1.html

http://archive.is/34MyP
http://archive.is/Un6oe
ウミウ 卵、今年10個目 宇治川の鵜飼い /京都【毎日新聞2017年4月18日】
posted by BNJ at 10:58 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春本番、ツバメ舞う 住田の田んぼ、水しぶき上げ【岩手日報WebNews2017年4月26日】

 25日の県内は高気圧に覆われて晴れ、気温も上昇して36観測地点中18地点で20度以上の陽気となった。最高気温が17・5度(平年比1・0度高)だった住田町では、春の使者ツバメが姿を見せ始めている。

 同町世田米赤畑では、ツバメが田んぼの上を水しぶきを上げて飛び回った。近くに住む佐藤美代子さん(68)は「ツバメの姿を見ると、春を感じますね」と行方を目で追っていた。

 盛岡地方気象台によると、26日の県内は寒冷前線の影響で雨の降る所が多い見込み。

【写真=水しぶきを上げ、田んぼの上を飛行するツバメ=25日、住田町世田米】
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170426_P

http://archive.is/zd850
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 10:55 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鶏卵の自動箱詰め機導入 東北ファーム【デーリー東北2017年4月26日】

東北ファームが総合GPセンターで導入した自動箱詰め機=25日、三沢市

 三沢市の採卵養鶏業・東北ファーム(山本彌一社長)が建設していた鶏卵の洗浄や検査、包装などを行う施設「総合GPセンター」が完成し、25日までに一部が稼働した。5月中旬の本格操業を見込む。独自に開発した自動箱詰め機を導入するなどして省力化。選別と包装の作業を分けることで、受注先へ迅速に出荷できるようにする。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20170426/201704260P171183.html

http://archive.is/iePQy
posted by BNJ at 10:54 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル迅速に対応/釧路総合振興局【釧路新聞2017年4月26日】

  釧路総合振興局は25日、高病原性鳥インフルエンザの発生に備え、防疫対策本部指揮室を局内に設置する訓練を実施した。  昨年11月以降、全国各地で高病原性鳥インフルエンザが猛威をふるい、同12月には十勝管内の養鶏場でも発生。迅速な防疫の初動態勢を構築するため、管内の農場で鶏の大量死が発生したことを想定し、初めてこの訓練を行った。  この日は各課から16人が参加し、3階の大会議室に現場の農場や本庁などと連絡調整を行う同指揮室を開設した。農場から通報を受けてから、総務班、家畜防疫班、車両消毒班、集合施設班などを各テーブルに配置。電話やパソコンを運び込み、通信連絡態勢も確かめた。
http://www.news-kushiro.jp/news/20170426/201704264.html

http://archive.is/9TxK0
posted by BNJ at 10:52 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする