2017年04月29日

120年前の1897年4月、東京・八王子で大火が起きた…【西日本新聞2017年4月29日】(伝書鳩)

 120年前の1897年4月、東京・八王子で大火が起きた。約3千戸が焼失、42人が亡くなった。被害をいち早く報じるために活躍したのが伝書バトだった

▼「伝書鳩(ばと) もうひとつのIT」(黒岩比佐子著)によると、東京朝日新聞の記者が3羽のハトを使って現地から記事を送った。翌日の朝刊には八王子大火の記事の横に〈我(わが)社に飼育する伝書鳩によってもたらされた〉との一文。これが「ハトによるスクープ記事第一号」だそうだ

▼1923年の関東大震災以降、非常時の通信手段として伝書バトが注目され、新聞各社が相次いで導入。ハトたちがスクープ合戦の一翼を担ったという。写真を電送する技術がなかったころは、離島や山間地などからのフィルム輸送にも活躍した

▼脱線するが、三十数年前の新人時代、赴任した当時の北九州支社の建物に小さな塔屋があった。形ばかりの窓に簡易ベッドと無線設備だけの部屋。しばらくそこで寝起きするように言われた

▼かつてのハト小屋である。「ハト並みの扱いですか」とこぼすと、上司に「新米よりハトの方が役に立つばい」と一蹴された。今ならあり得ない話だが

▼文書も写真も動画までも手のひらに収まる携帯電話から簡単に送れる現代。新聞社にハトがいたことに驚く人もいよう。もう一つ、上司の言葉を思い出した。「相手に都合の良い報道発表だけを記事にする“伝書鳩記者”にはなるな」
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/syunzyu/article/325074

http://archive.is/KHyeL

タグ:伝書鳩
posted by BNJ at 20:49 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マカオ、生きた食用家禽類の取引全面禁止へ…鳥インフルエンザ防疫対策【マカオ新聞2017年4月29日】

マカオ政府民政総署は4月28日に記者会見を開き、今年(2017年)5月1日から生きた家禽類の取引、販売を全面禁止すると発表した。

マカオでは、昨年2月から今年2月にかけて、卸売市場内で鳥インフルエンザウイルスに感染した食用家禽類が5回にわたって見つかったほか、マカオで初めて人へのH7N9型鳥インフルエンザウイルスの感染事案が確認されており、抜本的な防疫対策として決定されたもの。

今後、マカオ市場における食用家禽類はすべて輸入の冷凍物となる。

なお、民政総署では、これまで生きた食用家禽類を取り扱ってきた事業者に対するサポートを行う意向も示した。
http://www.macaushimbun.com/news?id=20639

http://archive.is/t4ONT
マカオ南粤卸売市場で前週に続きH7亜型鳥インフル見つかる=生きた食用家禽類の売買を3日間停止、全量殺処分【マカオ新聞2017年2月4日】
中国の責任か? 鳥インフル蔓延で新型インフル“パンデミック”の現実味【dot.ドット朝日新聞出版2017年1月31日】
マカオ南粤卸売市場でH7亜型鳥インフル見つかる=食用家禽類売買を3日間停止、1万8千羽殺処分【マカオ新聞2017年1月27日】(既報関連ソースあり)
posted by BNJ at 12:36 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(ののちゃんのDO科学)鳥インフルエンザどう調べる?【朝日新聞デジタル2017年4月29日】

鳥(とり)インフルエンザはどう調(しら)べる?
 鳥(とり)インフルエンザどう調(しら)べる?

 鹿児島県・岩瀬祐美(いわぜゆみ)さん(33)からの質問

 ■ウイルスの遺伝子型(いでんしがた)を検査(けんさ)するの

 ののちゃん 鳥(とり)のインフルエンザが今季(こんき)は流行(りゅうこう)したね。ヒトがかかるものとは違(ちが)うの?

 藤原先生 インフルエンザウイルスはA、B、Cの3タイプがあるけど、ヒトの間(あいだ)で流行するのは主にA、Bの2種類(しゅるい)。鳥インフルはAだけね。でも基本的(きほんてき)な仕組(しく)みはヒトのインフルエンザと同(おな)じよ。ウイルスがのどや肺(はい)から入りこんで、体(からだ)の中で増殖(ぞうしょく)するの。強(つよ)い毒性(どくせい)をもつ「高病原性(こうびょうげんせい)」だと、ニワトリが感染(かんせん)するとほとんどが死(し)んでしまう。

 のの 怖(こわ)いウイルスなんだね。

 先生 インフルエンザウイルスは姿(すがた)を変(か)える「変異(へんい)」を起(お)こしやすいから、鳥がたくさんいる養鶏場(ようけいじょう)などで蔓延(まんえん)すると、病原性が高まったウイルスが生(う)まれる恐(おそ)れもある。伝染力も強く、ほかの農場(のうじょう)に広(ひろ)げないよう、高病原性ウイルスが確認(かくにん)されたら、同じ農場にいるすべてのニワトリを殺(ころ)して埋(う)めることにしている。

 のの かわいそうだね。

 先生 だから感染しないように、農場の人〈ひと〉たちは細心(さいしん)の注意(ちゅうい)を払(はら)っているの。越冬(えっとう)のため日本(にほん)に飛(と)んでくる渡(わた)り鳥などがウイルスを運(はこ)んでくると言(い)われているから、野鳥(やちょう)が農場に入らないようネットを張(は)ったり、ウイルスを持(も)ったほかの動物(どうぶつ)が入(はい)らないように柵(さく)を設(もう)けたりしている。もし感染が疑(うたが)われる鳥がいたら、すぐに届(とど)け出(で)ることになっている。

 のの どうやって感染しているかを調(しら)べるの?

 先生 まず各都道府県(かくとどうふけん)にある家畜保健衛生所(かちくほけんえいせいじょ)の職員(しょくいん)が、農場を訪(おとず)れて簡易検査(かんいけんさ)をする。鳥ののどなどに綿棒(めんぼう)を入れて検体(けんたい)を取(と)り、専用(せんよう)の迅速診断(じんそくしんだん)キットでA型(がた)のインフルエンザウイルスかどうか調べる。仕組みはヒトのインフルエンザ用(よう)と同じで、10分(ぷん)ほどで陽性(ようせい)かどうかわかる。

 のの それで終(お)わり?

 先生 それから検体を持ち帰(かえ)って、遺伝子(いでんし)検査をするの。ウイルスの遺伝子を増(ふ)やして型を検出する「PCR」っていう検査で調べる。高病原性は「H5」か「H7」というタイプだから、それかどうか確(たし)かめる。高病原性だとわかれば、鳥の殺処分(さつしょぶん)や農場の洗浄(せんじょう)などが始(はじ)まる。

 のの 鳥のインフルエンザは、人にうつらないんでしょう?

 先生 いいえ、感染する可能性(かのうせい)はあるわ。中国(ちゅうごく)などで流行する「H7N9」のウイルスでは、少なくとも約490人(にん)が亡くなっている。感染したのは生きた鳥を売る市場(いちば)で感染した鳥に触(ふ)れるなどしたためだと言われているけれど、注意(ちゅうい)は必要(ひつよう)ね。

 のの 学校(がっこう)の近(ちか)くの池(いけ)でも、鳥が死んでいるのを見たよ。

 先生 今季に国内(こくない)の野鳥から見(み)つかった鳥インフルエンザは200例(れい)を超(こ)え、過去最多(かこさいた)に上(のぼ)った。もし見つけても触らず、すぐに近くの大人(おとな)に言って自治体(じちたい)に連絡(れんらく)してね。

 (取材協力=農研機構動物衛生研究部門の西藤岳彦・領域長、構成=小川裕介)

     ◇

 NIE教育に新聞を

 www.asahi.com/edu/nie
http://www.asahi.com/articles/DA3S12912394.html

http://archive.is/nOQJJ
posted by BNJ at 12:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バードカービング展【読売新聞2017年4月28日】(国営昭和記念公園花木園展示棟)

 29日〜5月5日の午前9時30分〜午後4時(5日は午後3時)、国営昭和記念公園花木園展示棟。東京バードカービングネットワーク代表のバードカービング作家・水上清一さんと、同ネットワークのメンバーらが制作した精巧な木彫りの鳥たち=写真は岡田臣生さん作「オオタカ」=を展示する。昨年の全日本バードカービングコンクール受賞作品や檜原村立檜原小児童らの作品も。入園料大人410円、子供80円。水上さん(042・559・0662)。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/event/gallery/20170428-OYTBT50136.html

http://archive.is/SYdgU
posted by BNJ at 12:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再噴火した西之島 溶岩流が2カ所の海岸線に到達【テレ朝ニュース2017年4月29日】

 再び噴火した小笠原諸島の西之島で、火口から流れ出た溶岩が2カ所で海に到達したことが分かりました。

 これは、27日午後2時ごろ、特殊なカメラで撮影された西之島の最新の映像です。火口でマグマが激しく噴き出しているのが分かります。海上保安庁によりますと、溶岩流は枝分かれして西之島の西側と南側の海岸線にたどり着いたことを確認したということです。専門家は「今後は、やや激しい噴火が発生する可能性がある」と分析しています。去年10月の海上保安庁の上陸調査では、希少な鳥が生息しているのが確認されていました。海上保安庁は西之島の周辺に航行警報を出して、船舶に注意を呼び掛けています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000099677.html

1年半ぶり噴火再開の西之島 さらに拡大も【日テレNEWS24 2017年4月25日】
 約1年半ぶりに噴火を再開した西之島を、25日午後2時ごろ、日本テレビのカメラがとらえた。火口からはマグマのしぶきが激しく飛んでいる。

 20日、約1年半ぶりに噴火が再開した西之島では、新しく出来た火口から、勢いよく噴煙があがり、マグマのしぶきが噴き上がっている。新たに出来た火口から流れ出した溶岩は海岸まで到達し、水蒸気が上がっているのも確認できた。元々あった島の部分はまだ溶岩に覆われていない状態で、白い鳥のような生物もみることができる。

 去年の秋、上陸調査を行い、今回の取材にも同行した東京大学地震研究所の前野深准教授は、「溶岩は島の中心部から西と南側に勢いよく流れていて、島はさらに拡大するだろう」と話している。
http://www.news24.jp/articles/2017/04/25/07359865.html

http://archive.is/ZwUpq
http://archive.is/JP1np
小笠原諸島 西之島の火口周辺警報を解除 気象庁【NHKニュース2017年2月14日】
タグ:西之島
posted by BNJ at 12:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春を告げるミヤコドリ 風蓮湖に【NHKニュース2017年4月26日】

道東の風蓮湖では、春の訪れを告げる鳥として親しまれている渡り鳥のミヤコドリが数多く飛来して、野鳥の愛好家らを楽しませています。
ミヤコドリは、ハトほどの大きさの水鳥で、白と黒の体と赤いクチバシが特徴です。
伊勢湾や東京湾などで冬を越したあと、繁殖地のロシアに渡るため、この時期、姿を現します。
根室市と別海町にまたがる風蓮湖には、道内で最も多く飛来し、白鳥やオオワシといった冬の渡り鳥と入れ替わるように姿を見せることから、春の訪れを告げる鳥として親しまれています。
湖の周辺では、連日60羽前後が確認されていて、24日も野鳥の愛好家らが盛んに写真に収めていました。
日本野鳥の会の古南幸弘チーフレンジャーは、「漁師さんと並んで貝を捕る姿がおもしろいので、多くの方に見に来て欲しい」と話しています。
ミヤコドリは、風蓮湖周辺では大型連休の終わりごろまで見ることができるということです。
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20170426/5905621.html

http://archive.is/cEiGs
タグ:ミヤコドリ
posted by BNJ at 12:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図鑑を持って出かけよう!「危険・有毒生物」と「鳥」のポケット図鑑が新登場!外にもっていくのに便利なポケットサイズ。でも、とってもくわしい中身。ちょっとしたお出かけから、本格的な野外観察までばっちり対応!【プレスリリース2017年4月29日】

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、「学研の図鑑LIVE(ライブ)ポケット」シリーズの新刊『危険・有毒生物』『鳥』(定価:本体980円+税)を4月11日(火)に発売いたしました。


暖かくなり、外に出るのが気持ち良い季節がやってきました。連休もひかえ、どうやって過ごそうかワクワクしてきますね。キャンプや自然観察、動物園や水族館へのお出かけのおともに、図鑑はいかがでしょうか?

持ち歩きにぴったりな、学研の図鑑LIVEシリーズのポケット版「LIVE(ライブ)ポケット」シリーズに、新たに「危険・有毒生物」と「鳥」の2タイトルが加わりました。
どちらも自然観察や動物園などで役立つ情報が満載です。

【ここがポイント!】
☆充実の掲載種数!
「危険・有毒生物」
国内で遭遇する可能性がある約450種を掲載。動物や魚、昆虫、植物はもちろん、ウイルスや細菌も紹介しています。
「鳥」
日本の鳥と、動物園などで見られるものを中心にした世界の鳥・飼い鳥合計約650種を掲載。日本の鳥は約390種と、知っておきたい野鳥は網羅しています。

☆特徴や危険度、見られる時期が分かる!
「危険・有毒生物」「鳥」ともに、からだの特徴を引き出し線で解説、似ている種のちがいがよく分かります。
さらに各巻の特徴として
「危険・有毒生物」
生物ごとに「何が危険か」や「どれくらい危険か」のアイコンがついており、どんな生物なのかがひと目でわかります。また、屋外での注意点や具体的な症状、応急処置などの対処法も分かりやすく解説しています。
「鳥」
日本で見られる種は見られる時期もあわせて紹介。どの時期に見やすい鳥かを知ることで、見分けるヒントになります。また小コラム「発見」では、観察のポイントやおもしろい生態を紹介しています。

☆スマホで動画や鳴き声が楽しめる!
無料動画再生アプリをダウンロードすることで、動画や鳴き声が楽しめます。
「危険・有毒生物」
サメやハブ、スズメバチなどの動画15本が見られます。
「鳥」
野鳥の生態が見られる動画16本と、67種の鳥の鳴き声が楽しめます。


▲「危険・有毒生物」は今にもこちらに向かってきそうなスズメバチが目印です!


▲危険な生物の特徴と、被害にあったときの症状、危険を避ける手段も掲載しています。


▲植物ときのこは、食べられるものとよく似た毒のあるものを見開きにまとめ、ちがいがわかりやすいように紹介しています。安全なものは、大きなマークで一目でわかります。


▲「鳥」は躍動感あふれるカワセミが表紙!


▲「鳥」では日本で見られる鳥を中心に、近いなかまごとに紹介。きれいな写真と引き出し線でちがいがよく分かります。また、日本の鳥は見られる時期も掲載しています。


▲巻頭ページでは、野外で見られる鳥を生息環境ごとに紹介するコーナーがあり、どんな鳥がいるのか探しやすくなっています。

[商品概要]
学研の図鑑LIVE(ライブ)ポケットD 『危険・有毒生物』
定価:本体980円+税
発売日:2017年4月11日(火)
判型:B6変型/200ページ
電子版:なし
ISBN:978-4-05-204580-6
発行所:(株)学研プラス
図鑑のポータルサイト「学研の図鑑くらぶ」:http://zukan.gakken.jp
学研出版サイト:http://hon.gakken.jp/book/1020458000
【本書のご購入はコチラ】
Amazon  https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4052045807
楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/14753827/
セブンネット http://7net.omni7.jp/detail_isbn/9784052045806
学研出版サイト https://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=1020458000

学研の図鑑LIVE(ライブ)ポケットE 『鳥』
定価:本体980+税
発売日:2017年4月11日(火)
判型:B6変型/224ページ
電子版:なし
ISBN:978-4-05-204578-3
発行所:(株)学研プラス
図鑑のポータルサイト「学研の図鑑くらぶ」:http://zukan.gakken.jp
学研出版サイト:http://hon.gakken.jp/book/1020457800
【本書のご購入はコチラ】
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4052045785
楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/14753727/
セブンネット http://7net.omni7.jp/detail_isbn/9784052045783
学研出版サイト https://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=1020457800

【学研プラスの図鑑関連ニュース】
●読めばおやこで「猫まみれ」の1冊! ネコの「なぜ?」にこたえます!「なぜ?の図鑑ネコ」新発売! ネコのことが何でもわかる!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001069.000002535.html
●楽しく遊びながら脳力アップ!『あたまがよくなる!図鑑』は3月9日(木)発売!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001027.000002535.html
●いま何時? あと何分? 遊び感覚で時計の読み方がしっかりわかる!『めくって学べる とけい図鑑』発売! 入学祝い、進級祝いにもおすすめ!!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001026.000002535.html
●図鑑の学研から、圧巻の車両数700以上収録の本格『鉄道図鑑』発売! 新幹線から、ローカル列車まで「大好き!」な列車がきっと見つかる!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000929.000002535.html
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001097.000002535.html

http://archive.is/Lenj4

鳥 (学研の図鑑LIVEポケット)

学研プラス
売り上げランキング: 36,586

タグ:書籍
posted by BNJ at 12:25 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする