2017年05月31日

高田守先生の生き物語り(番外編)子育ては他人任せ【毎日新聞2017年5月31日】

他の種に子育てを任せることで知られるカッコウ=日光国立公園管理事務所提供
 子育てというのは、多くの生物にとって、労力がかかり大変なものである。もし誰かに代わってもらえるなら、これほどありがたいことはないだろう。我が子を他人がちゃんと育ててくれるなら、自分の血を受け継ぐ子どもの数を大幅に増やすこともできる。子育てに労力をかける生き物なら、一度はトライしたくなること、それが他人任せの子育てなのだ。

 実際に、鳥でも魚でも昆虫でも、他人に子育てをさせてしまう生物がいる。というより、他人に子育てをしてもらえるのに、してもらわない生物の方がまれである。もっとも簡単なのは、子育て中の同種の仲間のところに行き、自分の子をこっそり紛れ込ませる方法だ。あまりに簡単なので、生態の解明が進んでいるほとんどの種で、こうした行動を取る個体が見つかっている。しかし、子育てをする側からすれば、血のつながらない子を育てさせられるなど、迷惑極まりない話である。それゆえ、これに対抗する術(すべ)も進化してきた。子育てを他人に見つかりにくい場所でしたり、近づくものを追い払ったり、自分の子と他人の子を見分ける能力を身につけたりして、ガードを固めているのだ。

 ここまでは同種の仲間に子育てをさせる例だが、異なる種に子育てを任せてしまう生物もたくさんいる。彼らは他人に子どもを育ててもらわなければ、子孫を残すことができない。代表的なのが、カッコウをはじめとする托卵(たくらん)する鳥類だ。

 彼らは、忍び込んだ巣に本来あった卵を捨てたり、見分けられないほどそっくりな卵を産んだりして、相手のガードを破っている。そうして生まれてきた子もまた、血のつながらない「親」からたっぷりと栄養を搾り取る術を身につけている。カッコウのひなが、巣の中にある他の卵をすべて地面に落とし、給餌を独り占めするという話を聞いたことがある人も多いだろう。しかし、托卵先の子どもを皆殺しにして給餌を独占すると、ひなの数が減るため、「親」があまり餌を運んでこなくなるという問題に直面する。そこで、カッコウなどのひなは、複雑な鳴き方をすることであたかもひながたくさんいるように装ったり、他のひなが口を開けているように見える模様の翼を広げたりして親をだまし、たくさんの餌を運ばせるのだ。

 視力が10.0以上あり目がいいことで知られる鳥類にしては、あまりにも単純にだまされすぎでは……? と思われた方、大変鋭い。素人である我々人間が見てもすぐに違いに気づくのに、なぜ彼らは見分けられないのだろう?

 きちんと解明されているわけではないが、考えられる理由はこうだ。まず、親が子を認識する際、彼らは特定の単純な情報に頼っている。先ほどの鳥の例で言えば、赤や黄色のひなの口や鳴き声こそが重要で、その他の情報はほとんど知覚されない。人間でも、授乳中の女性におなかをすかせた乳児の泣き声を聞かせると、スピーカーで再生されていることが明らかな場合でも、泌乳(ひつにゅう)量が増加する。このような、認識の鍵となる情報をうまく利用することで、隠し通していると考えられる。

 また中には、卵を紛れ込ませた後しばしば巣の様子を見に行き、自分の子が育てられていないとその巣を破壊する、というあくどい方法をとる種もいる。「ちゃんと育てないと巣を破壊するぞ」と脅迫することで、我が子を育てることを強要しているわけである。毒を食らわば皿まで、ということなのだろう。(動物行動学者・高田守)=次回は6月30日掲載予定

 たかた・まもる 1984年千葉県生まれ。東京農工大農学部卒。英ケンブリッジ大行動生態学研究室留学を経て、東京農工大大学院連合農学研究科博士課程修了。京都大大学院農学研究科特定助教。専門は動物行動学、進化生物学。現在は生き物の家族や社会の研究に携わっている。趣味の「金魚すくい」は毎年全国大会上位の腕前。
https://mainichi.jp/articles/20170530/mog/00m/100/001000d

http://archive.is/UazOL
高田守先生の生き物語り (番外編)困ったら生き物に教えてもらおう【毎日新聞2017年4月28日】
高田守先生の生き物語り 息子・娘 どちらを産むべきか【毎日新聞2016年9月6日】

タグ:カッコウ
posted by BNJ at 23:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛媛)大洲でもうすぐ鵜飼い 園児がPRお手伝い【朝日新聞デジタル2017年5月31日】(他2ソース)

鵜のモニュメントに色を塗る園児たち=大洲市

 大洲市を流れる肱川の夏の風物詩「鵜飼(うか)い」が6月1日から始まる。JR伊予大洲駅のホームに30日、恒例の鵜飼いのモニュメントが置かれた。近くの喜多保育所の園児たちは腰みの姿の鵜匠(うしょう)に扮し、モニュメントの色塗りを手伝った。

 鵜飼いをPRするためにJR四国が2006年から毎年モニュメントをホームに展示しており、2羽の鵜がアユを口にくわえている様子を再現している。

 この日は鵜匠も登場し、本物の鵜のつがいを連れてきた。園児たちは「おっ!2匹おる」「かわいい」と声を上げ、羽を触らせてもらうと「気持ちがいい」と喜んでいた。(佐藤英法)
http://www.asahi.com/articles/ASK5Z3QTCK5ZPFIB00B.html

鵜飼いワクワク 大洲 6月1日開幕【読売新聞2017年5月31日】
屋形船の掃除をする従業員ら(大洲市の肱川で)
 ◇肱川で屋形船準備 ■ 駅にモニュメント

 大洲市で6月1日に開幕する鵜飼うかいを前に、肱川の下船場(大洲)では屋形船の準備が急ピッチで進められている。また、JR伊予大洲駅構内には30日、鵜のモニュメントが設置された。

 下船場では、「うかい登録店」5店と市観光協会が所有する屋形船計27隻の準備が進められていた。

 5隻を所有する「うめたこ」では、従業員ら5人が作業。腰まで水につかって船体の汚れを落とし、船上では掃除した後、ちょうちんをつるしていた。

 川が増水すると中止になるため、うかい登録店組合の熊田洋一組合長(55)は「好天を期待したい」と話した。

 一方、モニュメント(幅約1・7メートル、奥行き1メートル、高さ0・5メートル)は、アユをくわえた鵜2羽をかたどったもので、同駅の1番ホームに設置。近くの市立喜多保育所の年長児14人が訪れ、鵜や水面などを黒や水色の絵の具で塗って仕上げた。

 鵜匠の井上利和さん(51)が本物の鵜2羽を披露すると、子どもたちは、鵜に「頑張ってね」と声をかけた。森本陸斗ちゃん(6)は「今度は鵜がアユをとるところを見てみたい」と話した。モニュメントはシーズンが終わる9月20日まで展示される。
http://www.yomiuri.co.jp/local/ehime/news/20170530-OYTNT50321.html

招き猫ならぬ「招きウ」 鵜飼いPR、かわいいウ像登場 伊予大洲駅【愛媛新聞ONLINE2017年5月30日】
JR伊予大洲駅のホームでウ像に色を塗る園児
 列車の乗客を6月1日に開幕する愛媛県大洲市の鵜飼いへ誘うウ像2体が30日、JR伊予大洲駅(大洲市中村)のホームに登場した。この日は近くの喜多保育所園児14人に色を塗ってもらい、準備完了。招き猫ならぬ「招きウ」としてシーズン最終日の9月20日まで活躍する。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201705301869

http://archive.is/fb3jm
http://archive.is/UL1Xt
http://archive.is/WRlYR
posted by BNJ at 23:40 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツバメが巣作り 牟岐・連絡船で子育て【徳島新聞2017年5月31日】

 牟岐町の牟岐港と出羽島を結ぶ連絡船「大生丸」に2年ぶりにツバメが巣を作り、ヒナを育てている。親鳥に餌を求めて「ピーピー」と鳴くヒナの姿を、乗客は温かく見守っている。

 ツバメのために、ロープを縫い合わせて客室入り口付近に置かれた小さなかごに巣を作った。4月末ごろから卵を温め始め、30日時点で5羽のヒナが確認された。

 2羽の親鳥が餌を運んでくる度に、ヒナは巣から顔を出してくちばしを大きく開ける。船が動く間も餌をもらう姿が見られ、ほほえましい様子をスマートフォンのカメラで撮影する乗客も多い。

 連絡船は乗客の乗り降りが多く、ツバメの天敵のカラスが近づきにくいため、ほぼ毎年巣が作られる。2年前はヒナがカラスに攻撃されたが、3年前は無事に巣立った。奥村鶴夫船長(49)は「今年も全羽が無事に成長してほしい」と願っていた。
【写真説明】連絡船「大生丸」に巣を作ったツバメ。餌を求めてヒナがかわいらしい声で鳴いている=牟岐町の牟岐港
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/05/2017_14961928129366.html

http://archive.is/JiKPQ
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 23:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ 扱い方学ぶ 研修に各地の関係者ら 豊岡 /兵庫【毎日新聞2017年5月31日】

赤石地区人工巣塔から下ろされたヒナへの足輪装着=兵庫県豊岡市赤石で、柴崎達矢撮影
 「コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル」(IPPM−OWS)は30日、豊岡市内で、全国のコウノトリ関係者を対象にした足輪装着研修を開いた。生息域が但馬地域以外にも広がる中、各地の担当者が自力でコウノトリを扱えるようにするのが狙い。

 IPPM−OWSは、県立コウノトリの郷公園(豊岡市祥雲寺)の山岸哲園長が代表を務める。研修には東京都、埼玉県、横浜市、徳島県、京都府京丹後市、豊岡市から、動物園や行政の担当者ら計12人が参加。一行の多くは29日に豊岡市内を訪れ、同日は郷公園で足輪装着やコウノトリの扱い方について郷公園の職員から講義を受けた。30日は、戸島地区人工巣塔(豊岡市城崎町)と赤石地区人工巣塔(豊岡市赤石)で、巣塔にいるヒナを高所作業車で下ろし、郷公園の飼育員による足輪装着を見学したり、実際に装着したりしたほか、コウノトリの扱い方などを学んだ。

 日本野鳥の会徳島県支部の鹿草誠さん(60)は「小鳥ではやったことがあるが、大きい鳥の足輪装着は初めて。すき間ができないように止めるのが難しかった。今までは郷公園に手伝ってもらっていたが、来年以降はできるだけ徳島のスタッフだけでやれるようにしたい」と話した。IPPM−OWS事務局長で井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)教育普及係長の大橋直哉さん(43)は「今後、関東でも野外での営巣が想定される。今後のため、こういうことを定期的にやっていきたい」と話した。【柴崎達矢】

〔但馬版〕
https://mainichi.jp/articles/20170531/ddl/k28/040/366000c

http://archive.is/73Fve
posted by BNJ at 23:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいしいお米作ってね 三田の児童、水田にアイガモ 兵庫【産経ニュース2017年5月31日】

水田にアイガモを放つ児童=三田市須磨田
 アイガモを使った有機農法を体験してもらおうと、三田市立本庄小学校の3年生10人が30日、同市須磨田の水田でアイガモのひな30羽を放した。田植えを終え、水が張られた水田でアイガモが泳ぎ出すと、児童らから「かわいい」などと歓声があがった。

 同小では、食の安全や命の大切さを学ぶ環境学習の一環として、3年生がアイガモを放つ体験を行っている。アイガモ農法は田植え後の水田にアイガモを放って害虫や雑草を食べさせ、ふんも肥料にする有機農法の一つ。

 児童らは、地元の農家5軒でつくる「三田合鴨稲作会」メンバーの福本妙子さん(74)の水田を訪れ、体長15センチほどのアイガモを放った。田中蓮さん(9)は「初めて触ったけどふわふわしていた。おいしいお米を作ってほしい」と話していた。
http://www.sankei.com/region/news/170531/rgn1705310006-n1.html

アイガモが育てる安全な米 三田の児童らひな放鳥【神戸新聞NEXT2017年5月31日】
アイガモのひなを水田へ送り出す子どもたち=三田市須磨田
 農薬に頼らないアイガモ農法を学ぼうと、兵庫県三田市立本庄小の3年生10人が30日、同市須磨田で、田植え後の水田にアイガモのひな30羽を放鳥した。学校支援ボランティアで農家の福本妙子さん(74)が協力し、食の安全の大切さを伝えた。

 アイガモは水田の雑草や害虫を食べる上、泳ぎ回って土をかき混ぜることで雑草が生えにくい環境をつくる。JA兵庫六甲の「三田合鴨稲作会」では市内5農家が計約1万8千平方メートルで取り組み、例年、約9トンを出荷。農産物直売所「パスカルさんだ」で販売する。

 福本さんの田んぼでは2000年から開始。農薬を使わず、アイガモと有機肥料のみで栽培する。

 児童は羽や脚をばたばたさせるひなをそっと両手でつかみ、田んぼの中へ。群れながらすいすい泳ぎ始めると、歓声を上げた。男子児童(9)は「ふわふわでかわいい。おいしいお米を育ててほしいな」と見つめていた。(神谷千晶)
https://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/201705/0010238752.shtml

http://archive.is/wW3Yf
http://archive.is/LQ3cj
posted by BNJ at 23:24 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする