2017年05月31日

東京)2年連続でフクロウ繁殖確認 日の出【朝日新聞デジタル2017年5月31日】

巣箱を出たフクロウのヒナが近くのもみの木の枝にとまっていた=16日、日の出町の谷戸沢処分場、東京たま広域資源循環組合提供

 ◆処分場の森にフクロウ一家

 多摩地域の家庭ごみを埋め立てた日の出町の谷戸沢処分場の森で5月中旬、フクロウのひな1羽が巣立った。営巣と繁殖の確認は2年連続。15年間で計260万立方メートルの大量ごみを埋め立てた地はかつて、環境問題が課題だった。管理する広域行政組合は「里山の自然環境が再生された一つの指標」としている。

 営巣したのは、埋め立て地に続く里山の林に設置された巣箱。フクロウのメスの抱卵が確認されたのは3月13日で、1カ月後の4月14日に割れた卵が見つかった。ヒナは5月14日に周囲の森に巣立っていった。昨年に繁殖が見られたのも同じ巣箱だったという。

 処分場を管理する東京たま広域資源循環組合(管理者・長友貴樹調布市長)は、巣箱の天井板に据え付けた自動撮影のカメラで営巣から子育ての様子を記録してきた。ただ、去年と同じつがいかは不明という。

 ◇管理組合「里山環境再生の証し」

 1998年4月に役目を終えた処分場は、ごみを土などで覆い、サッカー場や遊水池・草地などに姿を変えた。組合は自然環境の指標として動植物の調査を建設時から続けており、オオムラサキやトウキョウサンショウウオなど希少な生き物の生息を確認した。中でもエサとなる小動物や樹林の豊かな地に生息するフクロウは、自然の再生をみるうえで重要な指標と位置づけてきた。

 多摩地域26市町の家庭ごみを焼却・破砕して埋め立てた管理型処分場は、1990年代を中心に増大する量とともに、汚水漏れ疑惑などで揺れた。その後のごみ減量化や環境対策に影響を与えたとされる。現在は後継となる近くの二ツ塚処分場が稼働している。

 処分場の自然再生を目指す組合は3月、民間の調査機関に依頼した継続調査の結果を冊子にまとめた。今回のフクロウの巣立ちの前だったが、里山の自然環境が再生されてきたと評価したうえで、引き続き環境再生と保全に向けて努めるとしている。

 (山浦正敬)
http://www.asahi.com/articles/CMTW1705311300002.html

http://archive.is/RHzRA
【東京】日の出町の廃棄物処分場 絶滅危惧のサシバ撮ったぞ【東京新聞2017年4月25日】
【東京】今年もフクロウが巣作り 日の出・谷戸沢廃棄物処分場内【東京新聞2017年4月6日】
処分場でフクロウ誕生=東京都日の出町〔地域〕【時事ドットコム2016年5月2日】(既報1ソース/既報関連ソースあり)
【東京】フクロウ、巣箱で抱卵 東京たま広域資源循環組合HPに巣内画像【東京新聞2016年3月4日】

タグ:フクロウ
posted by BNJ at 23:08 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水田にコウノトリ飛来 栃木・藤岡町【下野新聞SOON2017年5月31日】

藤岡町藤岡の水田に飛来したコウノトリ

 【栃木】特別天然記念物に指定されているコウノトリが30日、藤岡町藤岡の水田に飛来した。飛来したコウノトリは昨年3月に千葉県野田市で生まれ、同年6月に放鳥された「ひかる」。同市によると、28日には静岡県御殿場市にいたことが確認されているという。

 「ひかる」は30日午前6時半ごろ、藤岡町大田和の農業早乙女正司(そうとめしょうじ)さん(65)が発見。水田でカエルなどの餌をついばんでいたという。

 早乙女さんは「何か大きい鳥がいるなと思った。40年以上ここで農業をやっているが見たのは初めて」と驚いた様子。近所の住民らも、貴重な姿をカメラに収めようと夢中でシャッターを切っていた。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20170531/2706645

http://archive.is/mIsA8
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 23:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

油壺マリンパーク前に新バス停 人気動物がお出迎え【神奈川新聞2017年5月31日】

拍手で出迎えられる第1便のバスの乗客=京急油壺マリンパーク他の写真を見る
 京浜急行バスは27日、京急油壺マリンパーク(三浦市三崎町小網代)前にバス停留所を新設した。コツメカワウソなど人気の動物が来場者を出迎えるセレモニーが行われた。

 バス停新設は来年の同パーク開館50周年を記念した企画の一環。約350メートル手前の「油壺」停留所で折り返していた5路線が繁忙期などを除き、同パークの営業時間に限定して延伸される。

 セレモニーでは、キタイワトビペンギンとコツメカワウソが、同パーク行きのバスで開館前などに到着した来場者らを出迎えた。同パークによると、昨年の来場者数は約27万人で、3〜4割がバスを利用。「バス利用客が増え、30万人を達成できれば」としている。

 年に4〜5回は訪れるという会社員女性(22)=埼玉県川越市=は「だいぶ便利になったので、もっと来たい。ペンギンが好きなので、出迎えはうれしい」と話していた。

コツメカワウソによるくす玉割りが行われたセレモニー

http://www.kanaloco.jp/article/254575/

http://archive.is/yBVG0

「ことりカフェ」×「プレミィ・コロミィ」コラボグッズ新発売!カワイイ小鳥シリーズ「鳥フェス札幌」で初登場♪【プレスリリース2017年5月31日】

プレミィ・コロミィ&ことりカフェ監修オリジナル文鳥グッズ!駅ナカショップ&ことりカフェ各店舗にて販売♪

株式会社ことりカフェ

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、「プレミィ・コロミィ」を運営する株式会社JR東日本リテールネット(本社:東京都新宿区西新宿/代表取締役 大和田徹)とのコラボグッズ“カワイイ文鳥シリーズ”(監修:ことりカフェ&プレミィ・コロミィ/デザイン:株式会社モンゴベス)を、2017年6月3日(土)・4日(日)札幌で開催するイベント「鳥フェス札幌2017」(会場:ロイトン札幌)内で先行販売、以降、JR東日本リテールネットの直営店である「プレミィ・コロミィ」、および「ことりカフェ」の各店舗(表参道/吉祥寺/巣鴨/心斎橋)で販売いたします。


■「プレミィ・コロミィ」について
「あなたの欲しかったモノに気づかされるお店」をコンセプトに21店舗を展開(運営会社:株式会社JR東日本リテールネット)。生活雑貨、服飾雑貨、洋服、アクセサリーの他にセキセイインコを中心としたオリジナル小ことりグッズを80種類以上を取り扱っております。
公式サイトhttp://www.j-retail.jp/brand/plamecollome/


                   ※「鳥フェス札幌2017」で先行販売!
■「ことりカフェ」について
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月に「ことりカフェ心斎橋」(監修:株式会社ことりカフェ/運営:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉康一http://www.exceedjapan.co.jp/)を、12月に「ことりカフェ巣鴨」(運営:株式会社バードモア 代表取締役 木幡直希 http://www.birdmore.com/)をオープン。各店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店はインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。また、2016年11月に「ことりカフェ」公式小鳥雑貨専門店1号店となる「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」(運営:小鳥雑貨専門店「よいなdeことのわ」)を東京・西新井に、2017年2月に第2号店目となる「ことりと。」(運営:小鳥専門店「ことりや ふぁみりぃ/ペットショップ ふぁみりぃ」)を九州・大分県大分市にオープン。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062 東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ巣鴨」アクセス
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3−18−13(巣鴨駅徒歩5分)
営業時間:10:00〜18:00
■「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」アクセス
〒123-0842 東京都足立区栗原3−30−14(西新井大師駅徒歩7分)
営業日/営業時間:金・土・日・月/11:00〜18:00
■「ことりカフェGOODS SHOP/ことりと。」アクセス
〒870-0844 大分県大分市古国府10−1 天神ビル1F
定休日/営業時間:毎週火曜日・第2金曜日/11:00〜16:00

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000284.000010272.html

http://archive.is/4FEJC
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貼るワクチン 北大チーム開発 インフルエンザに効果 マウス実験で確認【毎日新聞2017年5月31日】(H5N1型鳥インフルエンザ)

 皮膚に貼って使う新しいタイプのインフルエンザワクチンを北海道大などのチームが開発し、長崎市で開かれた日本臨床ウイルス学会で発表した。

 マウスを使った実験で注射より効果が高いことが確かめられ、新型インフルエンザとしての流行が懸念されるH5N1型の鳥インフルエンザウイルスにも効いたという。北大大学院獣医学研究院の迫田義博教授は「人間への活用を目指したい」としている。

 貼るワクチンは、シートに長さ約0・5ミリの非常に細かな針が並んだ構造で、皮膚に貼り付けると針が溶けて、中のワクチンが体内に入る仕組み。

 チームはマウスを使い、毎年流行する季節性のA型インフルエンザとH5N1型で実験。マウスの背中にシートを5分間貼り付けた後にウイルスに感染させ、皮下注射でワクチンを投与した場合と効果を比較した。

 この結果、季節性とH5N1型のどちらも貼るワクチンを使ったマウスの生存率が皮下注射をおおむね上回った。注射より少ない量のワクチンでも効果があった。ワクチンに使った細かな針は富士フイルムが開発。北大と共同で今回の研究に取り組んでいる。
https://mainichi.jp/articles/20170531/ddr/041/040/003000c

http://archive.is/LBQ39
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする