2017年05月01日

宇部・常盤湖に白鳥が復活 6年3カ月ぶりの飼育再開、2羽放鳥に歓声も【山口宇部経済新聞2017年5月1日】(コブハクチョウ/他1ソース/既報関連ソースあり)

宇部・常盤湖に白鳥が復活 6年3カ月ぶりの飼育再開、2羽放鳥に歓声も
常盤湖を泳ぐ2羽の白鳥

 宇部ときわ公園(宇部市則貞3)の常盤湖で5月1日、6年3カ月ぶりに白鳥の飼育が再開された。

2羽の白鳥は元気いっぱいに湖へ(動画ニュース)

 飼育する白鳥は雄と雌の各1羽で、1980(昭和55)年に同園から下関響灘ライオンズクラブに譲渡したハクチョウの子孫という。

 同湖では60年前に白鳥の飼育が開始されたが、2011年2月に園内で死んでいる鳥から高病原性鳥インフルエンザが見つかり、感染拡大防止のため、当時飼育されていた白鳥やそのほかの鳥類300羽以上が処分対象になった。

 以来、白鳥が姿を消していたが市民からの復活の要望が多く、市は高病原性鳥インフルエンザ対策マニュアルに基づく飼育法や、リスク軽減策の調査、動物の療養や手術ができる施設をときわ動物園内に新設するなどし、飼育が再開された。

 同日、関係者や地元園児、市民ら200人が集まる中、湖に白鳥を放つ「放鳥式」が行われた。白鳥がゲージから勢いよく飛び出して湖に放たれると歓声が上がり、「常盤湖には白鳥が似合う」「復活してよかった」と声が上がった。

 久保田后子宇部市長は式典で、「6年かけて協議を重ね、飼育設備・人的配置など綿密な準備を進めてきた。今日は白鳥復活の記念すべき日」とあいさつ。「野鳥が多く飛来する地域のため、準備は万全に整えたが油断はできない。元気にやってきてくれた2羽を、責任を持って安全に飼育していきたい」と話した。

 今後は、最大飼育数は20羽程度としながら、春〜夏に湖に放して飼育し、秋〜冬に湖横に新設する飼育施設で飼育する体制を取る。
https://yamaguchi.keizai.biz/headline/2792/

常盤湖に6年3カ月ぶりハクチョウ復活【宇部日報2017年5月1日】
常盤公園で1日、ハクチョウの放鳥式が行われた。同園に縁を持つコブハクチョウの雄、雌各1羽が放たれ、6年3カ月ぶりに常盤湖に市のシンボルが復活。飼育開始から60周年の節目の年に、宇部とハクチョウの歴史に新たな一ページが刻まれた。
放鳥されたのは、1980年以降、宇部ライオンズクラブ(LC)の仲立ちにより、常盤公園から下関響灘LCに譲渡し、下関市の深坂ため池で飼育されているハクチョウの子孫。飼育再開に当たり、市は同園に関係があるハクチョウをと考え、同クラブに相談したところ寄付の申し出があり、提供を受けることが決まった。
式では久保田后子市長、重枝尚治市議会議長があいさつ。下関響灘LCの千徳米法会長から久保田市長に目録が手渡された。この後、放鳥に移り、ハクチョウはケージに入れられた状態で、ときわ動物園の宮下実園長らとともに石炭記念館下の常盤湖護岸へ。入り口が開き、優雅な姿が湖に現れると、見守っていた市民、来賓、園児らの歓声が上がった。
市は、今後の飼育に関して方針を策定しており、高病原性鳥インフルエンザ対応マニュアルに基づき、通常時は常盤湖での放し飼い、同インフルエンザのリスクが高い時期(おおむね11〜4月)は、施設(10月完成予定)での飼育と定めている。
常盤湖でのハクチョウの飼育は57年に開始。オランダ・ロッテルダムの動物園から導入した20羽が同湖に放たれた。市公園整備局によると、76年度にはハクチョウ類の飼育数は過去最多の458羽を数えるなど、常盤湖は「白鳥湖」として全国から注目されるようになり、ハクチョウは市民にとっても身近な存在だったが、高病原性鳥インフルエンザの感染拡大防止のため、2011年2月に処分され、姿を消していた。
http://ubenippo.co.jp/admini/%E5%B8%B8%E7%9B%A4%E6%B9%96%E3%81%AB%EF%BC%96%E5%B9%B4%EF%BC%93%E3%82%AB%E6%9C%88%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E5%BE%A9%E6%B4%BB/

ハクチョウ飼育ときわ公園再開 宇部・2羽放鳥【読売新聞2017年5月2日】
ときわ公園の白鳥湖に放たれるコブハクチョウ
 2011年に高病原性鳥インフルエンザの影響でハクチョウなど300羽以上が殺処分された宇部市のときわ公園で1日、6年ぶりにハクチョウの飼育が再開した。「放鳥式」が行われ、つがいのコブハクチョウ2羽が園内の「白鳥湖」に放たれた。

 放鳥されたのは、1980年以降、同園から下関市の民間団体に譲渡されたコブハクチョウの子孫。2羽は体長1メートル30ほどで、次々とかごから飛び出し、元気よく湖面を泳いだ。

 市によると、園内では、57年にオランダの動物園から輸入したハクチョウの飼育が始まり、個体数が増加した。2011年2月、園内で飼育していたコクチョウの死骸から鳥インフルエンザが検出され、市は感染拡大を防ぐために、園内のハクチョウなどを殺処分した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/yamaguchi/news/20170501-OYTNT50356.html

http://archive.is/ZwKml
http://archive.is/iBnDb
http://archive.is/0jGz6
常盤湖のハクチョウ「慰霊碑」、26日除幕式【宇部日報2017年4月25日】
ハクチョウ慰霊碑を 宇部市がデザイン募集【山口新聞2016年12月23日】(コブハクチョウ)
常盤公園のハクチョウ復活に向けて特別講座【宇部日報2016年10月31日】(コブハクチョウ/既報関連ソースあり)
ハクチョウ飼育再開へ 宇部市 野鳥と接触避ける設備【読売新聞2016年10月18日】
ハクチョウ 復活へ、募金活動スタート 再飼育決める 宇部・ときわ公園 /山口【毎日新聞2016年9月30日】
鳥インフルエンザ:殺処分のハクチョウ、慰霊記念碑の建立を 署名運動協力呼び掛け 宇部 /山口【毎日新聞2015年11月5日】

カワウ食害対策に躍起 広島県【中国新聞アルファ2017年5月1日】

散弾銃を手にカワウを待ち伏せする駆除班のメンバー(三次市)
 カワウによるアユなどの漁業被害を減らそうと、中国地方の漁協や自治体が躍起になっている。広島県は4月策定の管理計画で、被害の深刻な県北部の生息数と被害額を3年で半減させる目標を掲げた。漁業者は対策の強化を望むが、拡散のリスクや野鳥保護の観点からむやみに駆除できない難しさもある。県は目標達成に向けプロの捕獲技術者を招いたり、小型無人機「ドローン」の活用を模索したりしている。
(ここまで 187文字/記事全文 1400文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=338789&comment_sub_id=0&category_id=110

http://archive.is/OnXMa
広島県が初のカワウ管理計画【中国新聞アルファ2017年4月6日】
害鳥対策にドローン出撃! 「音で驚かす」「猟銃の発射音を鳴らす」「巣にドライアイスを運ぶ」【ライブドアニュース(Jタウンネット)2016年10月9日】
ドローンでカワウ対策 広島県【中国新聞アルファ2016年9月27日】
カワウ対策協でアユ漁被害防止へ【中国新聞アルファ2016年3月17日】
タグ:カワウ 鳥害
posted by BNJ at 21:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三石小2017年度  4月報告=メダカを放流【毎日新聞2017年5月1日】

ビオトープの周囲で桜が満開
 4月11日 入学式 ビオトープの隣の桜が満開です。

 4月14日 メダカ50匹ほどを昼休みにビオトープに放流しました。


みんなで池を囲んで
 4月28日 「オオガハス」を植えてくださいました。 つぼみがついていました。オオガハスを植えてくださっている方は、野鳥の会に入っておられる人で、自然観察クラブの指導に来てくださる予定です。


メダカを放流
 5月から自然観察クラブが活動し始める予定です。


オオガハス
 ★めっちゃ関西「生態園をつくろう」のトップページはこちら>>
https://mainichi.jp/articles/20170501/oog/00m/040/100000c

http://archive.is/wEIAn
posted by BNJ at 21:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にいがた市民探鳥会 愛鳥週間を前に80人が野鳥探索 /新潟【毎日新聞2017年5月1日】

野鳥観察を楽しむ参加者たち=新潟市中央区の西海岸公園で
 「愛鳥週間」(10〜16日)を前に、新潟市中央区の西海岸公園と同市西区の青山海岸保安林で4月30日、第37回にいがた市民探鳥会が行われた。早朝午前6時のスタートにも約80人が参加、野鳥の探索を楽しんだ。

 会は同市が主催、にいがた野鳥の会が解説を担当した。会場となった林には渡り鳥が多く立ち寄り、60種類以上を観察でき、愛鳥家に人気のスポット。参加者は解説員の手ほどきで、鳴き声を頼りに約2時間探索した。ウグイスやアオジが枝を渡る姿を見つけると、「かわいい」「きれいな鳴き声」と歓声が上がった。家族で参加した医師、河内俊太郎さん(41)は「初めてアカゲラを見られた」と笑顔を見せた。市担当者は「野鳥に関心を持ち、豊かな自然環境を大切にしてほしい」と呼びかけた。【井口彩】
https://mainichi.jp/articles/20170501/ddl/k15/040/063000c

http://archive.is/U6Ubp
posted by BNJ at 21:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ゆるキャラ「すがもん」×「ことりカフェ」!5月5日こどもの日「巣鴨とりまつり」開催♪カワイイことりグッズやスイーツが「巣鴨地蔵通り」に大集合!すがもんサイン会&ミニライヴも♪【プレスリリース2017年5月1日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、2017年5月5日(こどもの日)11:00〜16:00に東京都豊島区・巣鴨地蔵通り商店街「すがもん広場」にて開催される「巣鴨とりまつり」(主催:巣鴨地蔵通り商店街振興組合すがもんプロジェクト/協賛:ことりカフェ巣鴨/協力:ことりカフェ・BIRDSTORY)に参画いたします。今回、酉年企画として“とり”つながりで、巣鴨商店街公式イメージキャラクターの人気ゆるキャラ「すがもん」とコラボ。オリジナル「すがもんケーキ」や「ことりドーナツ」等スイーツの他、カワイイ小鳥雑貨を多数販売。また、オリジナルグッズがもらえる、すがもんジャンケン大会やサイン会、石田洋介ミニライブも開催されます。※公式サイト http://sugamon.jp/?p=1337


〈巣鴨とりまつり開催概要〉
1.日時:2017年5月5日(金)こどもの日/11:00〜16:00
2.会場:巣鴨地蔵通り商店街(巣鴨駅側アーチ付近)「すがもん広場」
3.内容(予定):
・11:00〜 すがもんグリーティング
・12:00〜 すがもんジャンケン
・14:00〜 すがもんサイン会
・15:30〜 すがもん&石田洋介ミニライブ
4.主催:巣鴨地蔵通り商店街振興組合すがもんプロジェクト
  /協賛:ことりカフェ巣鴨/協力:ことりカフェ・BIRDSTORY
5.公式サイト:http://sugamon.jp/?p=1337

■「ことりカフェ」について
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月に「ことりカフェ心斎橋」(監修:株式会社ことりカフェ/運営:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉康一http://www.exceedjapan.co.jp/)を、12月に「ことりカフェ巣鴨」(運営:株式会社バードモア 代表取締役 木幡直希 http://www.birdmore.com/)をオープン。各店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店はインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。また、2016年11月に「ことりカフェ」公式小鳥雑貨専門店1号店となる「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」(運営:小鳥雑貨専門店「よいなdeことのわ」)を東京・西新井に、2017年2月に第2号店目となる「ことりと。」(運営:小鳥専門店「ことりや ふぁみりぃ/ペットショップ ふぁみりぃ」)を九州・大分県大分市にオープン。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062 東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ巣鴨」アクセス
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3−18−13 (巣鴨駅徒歩5分)
営業時間:10:00〜18:00
■「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」アクセス
〒123-0842東京都足立区栗原3−30−14(西新井大師駅徒歩7分)
営業日/営業時間:金・土・日・月/11:00〜18:00
■「ことりカフェGOODS SHOP/ことりと。」アクセス
〒870-0844 大分県大分市古国府10−1 天神ビル1F
定休日/営業時間:毎週火曜日・第2金曜日/11:00〜16:00

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000277.000010272.html

http://archive.is/WjOsP
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 21:49 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR九州ファーム「うちのたまご」、需要増で増産へ【産経ニュース2017年5月1日】

 JR九州の子会社、JR九州ファーム(佐賀県鳥栖市)がブランド卵「うちのたまご」を増産する。都内での卵料理販売店などの売れ行きが好調で、需要が増加しているのに対応する。今夏に福岡県筑前町に新たな養鶏場を設け、年間で最大170万個を出荷できる生産能力を確保する。

 新たな養鶏場の敷地面積は約4000平方メートルで、飼育棟数を年に1棟のペースで増やす。平成34年度までに4棟の鶏舎で計6400羽を飼育する。投資額は約1億円。新たな養鶏場では今年9月、生産を始める。

 同社は平成24年に創業した。現在、同県飯塚市の養鶏場で計9600羽を育て約260万個を出荷。平成28年度実績では約1億円を売り上げた。
http://www.sankei.com/region/news/170501/rgn1705010004-n1.html

http://archive.is/j0dqX
posted by BNJ at 11:37 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島根)こいのぼりの衣装でペンギンパレード【朝日新聞デジタル2017年5月1日】

ペンギンと間近で触れ合う子ども連れら=松江市大垣町

 松江フォーゲルパーク(松江市大垣町)で、ケープペンギンが色とりどりのこいのぼりを身にまとってパレードをしている。ペンギンが園内を散歩する毎日のイベントの特別版で、こいのぼりはゴールデンウィーク限定の恒例衣装。5月7日まで楽しめる。

 30日には、2〜13歳の4羽がプールから近くの広場まで往復約100メートルをよちよちと散歩。くしゃみをしたり、鳴き声を上げたりする様子に来園客からは歓声が上がった。

 連休を利用して岡山県から来園した難波千恵さん(32)は「こんなに近くでペンギンを見られて、子どもたちも大喜びです」と家族で記念撮影を楽しんだ。

残り:73文字/全文:346文字
http://www.asahi.com/articles/ASK4Z5D5BK4ZPTIB006.html

松江フォーゲルパーク こいのぼり似合うでしょ おしゃれペンギンが散歩 /島根【毎日新聞2017年5月6日】
こいのぼりの衣装を身にまとったペンギンたち=松江市大垣町の松江フォーゲルパークで、長宗拓弥撮影
 松江市大垣町の「松江フォーゲルパーク」で、こいのぼりの衣装を身につけたペンギンの散歩ショーが来園者を楽しませている。7日まで。5日の「こどもの日」に合わせて職員が手作りの衣装を作った。

 ペンギンたちは赤や黄色などのこいのぼりのマフラーを身につけて登場。よちよちと歩く愛らしい姿に来園者は夢中でカメラを向けていた。松江市黒田町の小学1年、園山結菜さん(6)は「こいのぼりがよく似合っていてかわいかった」と話した。

 散歩ショーは、午前10時半、午後2時、午後4時15分からの3回。問い合わせは同園(0852・88・9800)。【長宗拓弥】
https://mainichi.jp/articles/20170506/ddl/k32/040/224000c

http://archive.is/KYVVm
http://archive.is/Q0Dfv

ぐるっと首都圏・食べる・つながる 埼玉のタマシャモ 身締まり、広がるうまみ ストレスかけず長期飼育 /東京【毎日新聞2017年5月1日】

 埼玉県の地鶏ブランド「タマシャモ」は身が引き締まり濃厚な味が特徴だ。「彩の国地鶏タマシャモ普及協議会」の尾島一正会長(60)は飼育や販売のほか飲食店も営む。知名度も徐々に高まってきたタマシャモをもっと知ろうと、同県坂戸市にある尾島さんの飼育場を訪ねた。【内田幸一】

 タマシャモは同県養鶏試験場(現・同県農業技術研究センター)が1975年ごろから開発をはじめ、91年に完成した。胸の厚みがある「大和軍鶏」と「ニューハンプシャー種」を交配したものに、体が大きく肉質が優れた「大シャモ」をかけあわせて「タマシャモ原種」をつくる。さらに、この「タマシャモ原種」に卵の生産力に優れ飼育しやすい「ロードアイランドレッド」をかけあわせた。もちろんブランド名の「タマ」は「埼玉」に由来する。

 尾島さんの約1000坪の飼育場ではタマシャモが放し飼いにされ、伸び伸びと育っている。尾島会長が言う。

 「ストレスなく育てることで羽の色つやや肉の締まりが違ってくる。自然に近い状態にすることが大事」

 地元の農家育ちの尾島さんは東京都内の高級中国料理店で修業後、25歳で独立してバブル期には2店舗を構えたこともある。一方、新しい事業のヒントにと、実家の畑に10羽の廃鶏を放し飼いにしたところ、生き生きとしたおいしい卵を産んだ。これをきっかけに知ったのが食肉用のタマシャモの存在だ。だが普及はしておらず、93年から県職員らと飼育法や加工、調理法などの研究を始めた。試行錯誤の末に分かったのは、地鶏は飼育期間が長いほど肉が締まりうまみが増すことだ。そこで120日だった飼育期間を150日以上とし、尾島さんは180日とさらに長く育ててから出荷している。

 調理法も大事だ。歯ごたえがあるタマシャモは塊ではなく、一口大やスライスしての調理が向く。尾島さんが腕を振るう坂戸市の料理店「穂久柳(ほくりゅう)」でサイコロステーキをいただいた。歯ごたえがあり、かみ切ると一気に肉汁があふれて、いつまでもうまみが広がる。「鶏肉の特徴に合わせた調理法を提案していくことが大切」と尾島さんは言う。

 流通しているタマシャモ肉は鶏肉としては高価だ。尾島さんはその将来にも期待を寄せる。「鶏は鶏という人もいるけど、それだけ手間が掛かっているし、物語もある。外国の人にも胸を張って出せるものを育てていきたい」

取扱店◇
 穂久柳(ほくりゅう)(埼玉県坂戸市芦山町30の8、電話049・284・3979)。タマシャモ肉を使った料理を食べられる。スライスした肉を味付けして冷凍した「タマシャモ物語」(税抜き1100円)や精肉とガラに分けたタマシャモ1羽分(同5000円〜)などの通信販売もしている。

 ■シンプルレシピ

 ◆タマシャモと季節野菜の炒め

 <材料>(2〜3人分)タマシャモ肉(240グラム)、ピーマン(2個)、長ネギ(1本)、シメジ(100グラム)、サラダ油、塩、こしょう、酒(各少々)、しょうゆ(大さじ1)

 <作り方>(1)肉は繊維と逆にスライスし、塩、こしょう、酒をふり、もんでおく。ピーマンは短冊切り、長ネギは薄めにスライス、シメジは根本を切ってほぐす(2)フライパンにサラダ油を引き、肉を焼くように炒める(3)長ネギ、ピーマン、シメジの順に入れ、野菜がしんなりしたらしょうゆを垂らし、盛りつける。

 ツイッター @mainichi_shuto

 フェイスブック 毎日新聞 首都圏版
https://mainichi.jp/articles/20170501/ddl/k13/100/009000c

http://archive.is/jy0yY
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山形唯一の離島 飛島のカフェ営業開始【河北新報オンラインニュース2017年5月1日】

地場の魚介を使ったカレーやパスタを味わえる「しまかへ」

 山形県酒田市飛島のカフェスペース「しまかへ」が4月29日に今季の営業を始め、山形県内唯一の離島が本格的に観光シーズン入りした。
 しまかへは定期船発着所近くにある20席ほどのオープンカフェ。島の若者でつくる合同会社とびしまが2012年から運営し、「イカのニンニク焼き」など特産のイカやワカメを使った料理、酒類を提供する。
 初日は雨天で客足はまばらだったが、オオルリやキビタキなど春の野鳥を楽しみに来た客らが自慢の料理を満喫した。
 茨城県つくば市の会社員鹿内俊秀さん(41)は「昼はバードウオッチング、夜は自分で釣ったイカを味わえる。人も温かく、最高です」と話した。
 定期船を運航する市は5月7日まで、小学生以下の乗船料金を無料にする。期間中は連日、飛島行きの第1便で鳥海山・飛島ジオパーク認定ガイドが島の見どころを解説する。
 しまかへの営業は10月中旬まで、午前10時〜午後9時。定期船の連絡先は市定期航路事業所0234(22)3911。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170501_53002.html

http://archive.is/HpJ1i
posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雄キジの鳴き姿とらえる/階上【デーリー東北2017年5月1日】

畑の中で鳴き声を上げるキジ=30日午前7時40分ごろ、階上町内

 階上町角柄折の畑で30日朝、ケーン、ケーンと鳴くキジの雄の姿をとらえた。

 北海道以外の国内各地に生息し、日本の国鳥に制定されるキジは、林や草地、農耕地、河川敷をすみかとする。4〜7月が繁殖期とされ、この日は青色の首、緑色の体、ハート型の赤い顔をしたカラフルな雄が畑の中を巡回。所々で立ち止まっては鳴き声を上げて縄張りを宣言≠オていた。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20170501/201704300P171784.html

http://archive.is/YHMk6
タグ:キジ
posted by BNJ at 11:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする