2017年05月03日

中国で新種の羽毛恐竜の化石 鳥類と同じ特徴 英科学誌【朝日新聞デジタル2017年5月3日】

新種の羽毛恐竜「ジアニアンフアロング テンギ」の想像図(Julius T.Csotonyi/Xu、Currie、Pittmanら提供)

 中国東北部の白亜紀前期(約1億4500万〜1億年前)の地層から、新種の羽毛恐竜の化石が見つかった。鳥類のような滑空に適した特徴のある羽があった。「ジアニアンフアロング テンギ」と名付けられた。中国やカナダの研究チームが3日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。

 ジアニアンフアロングは羽毛恐竜トロオドン類の新種で、全長は推定約110センチ。羽毛が保存されたほぼ全身の骨格が見つかった。尾羽の羽が軸をはさんで非対象になっていた。翼の羽がこうした特徴を持つかどうかは確認できなかったという。

 非対称の羽は滑空と飛行に適していると考えられており、いまの鳥類の風切り羽が持つ特徴だという。いまの鳥類は羽毛恐竜のドロマエオサウルス類かトロオドン類から進化したと考えられている。これまで、こうした特徴の羽はドロマエオサウルス類では確認されていたが、トロオドン類では見つかっていなかった。

 国立科学博物館標本資料センターの真鍋真ディレクターは「非対象な羽がトロオドン類からも見つかったことは重要だ。だが、尾羽の羽の非対称性が、滑空や飛行に適していたかどうかは今後の研究が必要だ」としている。(神田明美)
http://www.asahi.com/articles/ASK5242Z8K52ULBJ009.html

【化石】現生鳥類のような羽毛を持っていた鳥類様恐竜【natureasia.com2017年5月3日】
Fossils: Modern feathers in an ancient bird-like dinosaur

Nature Communications
中国で発見された化石から羽毛恐竜の新種が認定され、これまでに報告されたトロオドン類(鳥に似たマニラプトル類恐竜)の中で最も古く、非対称の羽毛を有することが記述された論文が、今週掲載される。非対称の羽毛は、飛翔の進化に伴う大きな革新だった。

今回、Xing Xu、Michael Pittmanたちの研究グループは、羽毛の保存されたほぼ完全な骨格化石から新種Jianianhualong tengiを同定した。この化石は、中国東北部で発見され、白亜紀前期(約1億〜1億4500万年前)と年代決定された。

Jianianhualong tengiに飛翔能力があったのかどうかは分かっていないし、非対称の羽毛は飛翔能力のある現生鳥類からも飛翔能力のない現生鳥類からも見つかっている。それでも今回の研究成果は、鳥類の初期の近縁種が既に高い空力特性を備えていたことを示唆しており、非対称の羽毛が進化した時期に関する手掛かりとなっている。

DOI:10.1038/ncomms14972 | 英語の原文
「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。
http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/11868

http://archive.is/jVGER
http://archive.is/lkhR4

posted by BNJ at 21:34 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(eco活プラス)野鳥、都心でも出会える ヒナが地面にいても、見守って【朝日新聞デジタル2017年5月2日】(誤認救護/既報関連ソースあり)

イソヒヨドリのオス=東京都渋谷区、北野美穂子さん撮影

 10〜16日は愛鳥週間(バードウィーク)。野山だけでなく街中でも野鳥のさえずりが聞こえる。繁殖期を迎える野鳥も多く、ヒナの姿を見かけることもある。通勤通学や散歩の途中にちょっと足を止めて、野鳥を眺める時間を持つのも楽しい。

 4月下旬、日本野鳥の会の江面(えづら)康子さんの案内で、東京都心の品川ログイン前の続き、目黒区周辺を歩いた。

 川沿いの桜並木にさしかかると「ツーピー」と透き通った声が響いた。「シジュウカラのさえずりです。これからの季節、飛び方を教える親鳥とヒナを見かけますよ」と江面さん。

 ビルの合間をヒヨドリが飛び、メジロが歌うように鳴いていた。公園の木には野生化した黄緑のワカケホンセイインコが集う。都心にこんなに野鳥がいたのかと驚いた。「鳴き声や好む場所を知れば見つけやすくなります」と江面さん。野鳥の会が無料で配布する冊子「おさんぽ鳥図鑑」が役立ちそうだ。

 全国の研究者や愛鳥家ら約150人が参加する「都市鳥(としちょう)研究会」は都市などに順応して繁殖や越冬をする「都市鳥」の観察を続けている。川内博代表によると、街中から減っている鳥や新たに現れた鳥に注目するのも、野鳥観察を楽しむポイントのひとつだ。

 例えば、半世紀前まで東京都心でも子育てをしたフクロウの一種アオバズクは姿を消した。ツバメの巣も減少傾向にある。一方、各地の都市部で増えているのがイソヒヨドリだ。本来は海辺の岩礁にいる鳥で、オスは青や赤の模様が目立つ姿をしている。2000年ごろには東京ではほとんど確認されていなかったが、近年は八王子など内陸でも繁殖。近畿や中部地方でも街中で見られるという。都市鳥研究会はイソヒヨドリが都市に広がってきた理由を研究するため、目撃情報を募っている。

 川内さんは「鳥はほかの生物よりうまく人間社会に適応してきた。鳥を観察することで、社会や都市の変化にも気づける。興味は尽きません」と話す。

 鳥の子育てが本格化するこの時期、地面にいるヒナの姿を見かけることもあるだろう。巣から落ちたのかと、つい助けたくなるが、野鳥の会は「ヒナは拾わないで」と呼びかける。

 野鳥の会によると、巣立ちしたヒナは親鳥と行動して飛び方やエサのとり方を学ぶ。うまく飛べないヒナが地面にいることがあるのだ。親鳥が近くで見守っていることもある。ヒナに近づかず、そのままにしておくのがいいようだ。

 ヒナがけがをしている場合もある。野鳥の会によると、都道府県の鳥獣保護担当部署に相談するのがいい。動物病院などにヒナを運ぶよう求められれば、空気穴を開けた小箱に入れて運ぶといいという。(竹野内崇宏)

 <eco活の鍵>

 日本野鳥の会は、地面にいるヒナを見つけたときの対処法をまとめた「ヒナとの関わり方がわかるハンドブック」をウェブサイト(http://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/hina-can/別ウインドウで開きます)で公開している。冊子「おさんぽ鳥図鑑」を希望する場合は、住所、氏名を記してメール(y_shop@wbsj.org)で申し込む。「おさんぽ鳥図鑑希望」と明記する。

 また、イソヒヨドリの目撃情報はメール(hkawachi2dream@yahoo.co.jp)で都市鳥研究会へ。6月末まで。

    *

 eco活(エコカツ)プラス
http://www.asahi.com/articles/DA3S12920858.html

http://archive.is/Gv0Do
「ヒナは拾わないでね」と野鳥の会が呼びかけ / 毎年恒例 “ヒナが巣立つ季節” がやってまいりました【Pouch2017年4月25日】
旅立ちの時 フクロウを放鳥 しろとり動物園【四国新聞2017年1月14日】
御前崎の公園にフクロウ幼鳥 縁起のいい兆し?【静岡新聞アットエス2017年1月12日】

負傷フクロウを久留米署が保護 小学生が届け出 [福岡県]【西日本新聞2016年12月15日】

「福」呼ぶ?フクロウ 1羽がすみ着き人気者に−防府・宇佐八幡宮【山口新聞2017年1月2日】
フクロウ 福を運ぶか「ふく」…山口・防府の人気者【毎日新聞2016年8月9日】(既報1ソース)
(eひと)野鳥を保護、復帰手助け 「小さな鳥の資料館」館長・池田昇さん 67歳【朝日新聞デジタル2016年11月8日】(誤認救護)
奈良)フクロウの落とし物… 野生だった【朝日新聞デジタル2016年11月5日】
秋田)けがした野鳥発見、どうしたら【朝日新聞デジタル2016年10月14日】
きび談語 野生生物の子を人間が勘違いして保護する「誤認救護」という言葉を初めて知った… /岡山【毎日新聞2016年9月13日】(既報関連ソースあり)
野生動物「誤認救護」に注意 「手差し伸べる前に連絡を」 保護センター、今年8件確認 /岡山【毎日新聞2016年9月3日】
posted by BNJ at 21:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

接着技術 生き物に学べ ハムシの技を水中ロボットに【毎日新聞2017年5月3日】

 東京電力福島第とうきょうでんりょくふくしまだい1原発げんぱつのために開発かいはつされたロボットの中なかには、クモやヘビのような形かたちをしたものがあります。形かたちのほかに、生いき物ものの能力のうりょくをまねて新あたらしい技術ぎじゅつを開発かいはつしようという試こころみ(バイオミメティクス)が盛さかんです。

 物ものと物ものをくっつける技術ぎじゅつの開発かいはつを目指めざす研究けんきゅうを紹介しょうかいします。二枚貝にまいがいのムラサキイガイは、体からだから糸いとのような物質ぶっしつを出だし、船底ふなぞこに強つよく張はり付つきます。飛行機ひこうきや自動車じどうしゃを軽かるく造つくる接着剤せっちゃくざいが開発かいはつできるのではと、研究けんきゅうが進すすんでいます。

 また、甲虫こうちゅうのハムシは、水みずの底そこでも浮うかび上あがらずに歩あるくことができます。物質ぶっしつ・材料研究機構ざいりょうけんきゅうきこう(茨城県いばらきけんつくば市し)のグループは、ハムシの足あしの裏うらに毛けが生はえていて水みずをはじき、自然しぜんにできた泡あわが接着剤せっちゃくざいのように働はたらくことを突つき止とめました。水中すいちゅうを自由じゆうに動うごくロボットを作つくるのに活用かつようしようとしています=イラスト参照。

私わたしたちの身みの回まわりにも
 バイオミメティクスは、私わたしたちに身近みぢかな製品せいひんや技術ぎじゅつにも広ひろく取とり入いれられています。先駆さきがけは、衣服いふくについたゴボウの実みをヒントに発明はつめいされた面めんファスナーで、化学かがくメーカーのクラレが1960年ねんに「マジックテープ」の商品名しょうひんめいで発売はつばいしました。2000年ねんのオーストラリア・シドニー・オリンピックでは、水みずの抵抗ていこうが少すくないサメ肌水着はだみずぎが登場とうじょうしました。V字形じがたの溝みぞが規則的きそくてきに並ならぶサメの肌はだがヒントになっています。有名ゆうめいなのは、新幹線しんかんせんのパンダグラフ(電気でんきを電線でんせんからとるための装置そうち)です。1997年ねん3月がつに登場とうじょうしたJR西日本にしにほんの500系新幹線けいしんかんせんでは、世界せかいで一番厳いちばんきびしい日本にっぽんの騒音そうおんルールをクリアするため、鳥とりの中なかで一番静いちばんしずかに飛とぶフクロウの羽根はねをまねた仕組しくみが取とり入いれられました。
https://mainichi.jp/articles/20170503/kei/00s/00s/008000c

http://archive.is/3VxdJ
posted by BNJ at 21:18 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊本)阿蘇の観光施設 再出発の春【朝日新聞デジタル2017年5月3日】(フンボルトペンギン)

ペンギンの水中での姿も見ることができるペンギンの滝=阿蘇カドリー・ドミニオン

 観光シーズンを迎えた阿蘇地域では、熊本地震で被災した観光施設の復旧とリニューアルが進む。厳しい1年を乗り越え、夏に向けて阿蘇へ多くのお客さんが戻って来るようにと、この大型連休に期待をかける。

 阿蘇市黒川の阿蘇カドリー・ドミニオンはフンボルトペンギンたちの泳ぐ姿を間近で見ることができる「ペンギンの滝」を4月29日にオープンさせた。和風庭園の池だった場所を利用してペンギンのプールに改造。ガラス越しに水中のペンギンを見ることもできる。

 近くの池にはカピバラの親子も引っ越して来て、泳ぐ姿や木陰で寝そべる姿が来場者を楽しませている。今月末までリニューアルを進め、動物と触れ合える場を増やす。広報宣伝担当の北山元さんは「地震で壊れた施設の修復に終わらせず、お客様がもっと喜ぶ施設にしたい」と話す。

 南阿蘇村下野の杉養蜂園阿蘇み…

残り:439文字/全文:787文字
http://www.asahi.com/articles/ASK517QZ3K51TLVB013.html

http://archive.is/RIj9L

春本番の野鳥たち 鳥取・米子水鳥公園【産経WEST2017年5月3日】

ヘラサギ(左)の前を横切るセイタカシギ(右)=鳥取県米子市の米子水鳥公園
 春本番を迎え、鳥取県米子市の米子水鳥公園は、渡り鳥のシギなどが立ち寄り、水辺のにぎわいが増している。ゴールデンウイークの連休に、家族で楽しめる野鳥観察スポットを紹介する。

 春の主役は、かわいらしいシギたちだ。大半は春と秋、日本より北の繁殖地と南の東南アジアの越冬地とを行き来し、公園には、旅の途中に日替わりで登場する。

 人気は長い脚で浅瀬を歩き回るセイタカシギ(全長37センチ)と小型のハマシギ(同21センチ)。ともに絶滅危惧種などに指定されるが、観察施設の目の前に姿を見せる。

 時折、飛来する珍鳥のヘラサギ(同83センチ)も見逃せない。長いしゃもじ状のくちばしが特徴で、数時間しか滞在しないこともある。留鳥ではタカの仲間ミサゴ(同約60センチ)が、魚をわしづかみにして飛来する。

 このほか、ソリハシシギ(同23センチ)やチドリの仲間ムナグロ(同24センチ)など数十種が訪れている。しばらくは楽しめそうだ。
http://www.sankei.com/west/news/170503/wst1705030023-n1.html

http://archive.is/JYucV
旅鳥ツルシギが夏羽を披露 米子水鳥公園【産経WEST2017年4月28日】
posted by BNJ at 21:12 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ ひなに識別用足輪 巣立ちへ向け準備 鳴門 /徳島【毎日新聞2017年5月3日】(他2ソース)

足輪を装着し、巣に戻されるコウノトリ=徳島県鳴門市で(代表撮影)
 鳴門市に飛来した国の天然記念物、コウノトリのひな3羽に2日、個体識別用の足輪が取り付けられた。大勢の地域住民が見守る中、県や民間団体などでつくるプロジェクトチーム計50人で取り掛かり、作業は無事成功した。

 足輪は直径2センチ、縦4センチ、重さ10グラムのアルマイト製で、赤や黄色など5色ある。1羽あたり4色装着し、色の組み合わせで個体を識別する。

 作業は午前9時半ごろに始まり、兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)の飼育員が高所作業車に乗り込んで網をかぶせ、ひなを一時的に捕獲。体重の計測、足輪の装着をして巣に戻し、約1時間で終了した。作業後、雌の親鳥がすぐに巣に戻った。

 県やコウノトリの郷公園によると、ひなの体重は3570〜4310グラムで、羽毛の発育状態も良く順調に成長しているという。成鳥になると体重は雄が5000〜6000グラム、雌が4000〜5000グラムまで増える。性別は採取した羽毛のDNAを鑑定し、約2週間で判明する。今月末から来月上旬に巣立ちを迎えるとみられる。

 捕獲作業にあたったコウノトリの郷公園所属の飼育員、船越稔さん(53)はひなについて「元気だがおとなしい性格で作業がしやすかった」と話し、現場の統括責任者を務めた県環境首都課の河崎敏之課長は「ひとまず無事に終わってほっとしている。このまま元気に巣立ってほしい」と安心した様子だった。【河村諒】
https://mainichi.jp/articles/20170503/ddl/k36/040/413000c

コウノトリ、ひな3羽に足輪装着 順調に成長 【徳島新聞2017年5月3日】
 徳島県などでつくる「コウノトリ足環(あしわ)装着プロジェクトチーム(PT)」は2日午前、鳴門市大麻町で生まれたひな3羽に、個体識別用の足輪を装着した。作業は無事終了し、体重測定の結果、3570〜4310グラムだった。足輪は今月末とみられるひなの巣立ち後の移動追跡や、行動調査などに役立てる。

 作業にはPTのメンバーや兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市)の飼育員ら50人が参加した。午前9時24分、高所作業車2台を使って巣に接近。ひなが驚いて巣の下に落ちないようにひなを網で押さえ、作業員が手づかみで1羽ずつ捕獲した。

 ひなをいったん地上に降ろして体重や足の太さなどを測った後、足輪の上下などを確認した上で両足に装着した。性別判定のため、羽毛も採取した。

 ひなが転落した場合などに備え、巣の下では救護班が待機していたが、作業は順調に進み、同10時半までに3羽を巣に戻した。

 親鳥2羽は作業中、巣を離れていた。雌はひなの様子を心配するように巣の近くを旋回するなどしていたが、作業終了後の同10時34分、巣に戻った。

 ひなの捕獲と足輪装着に携わった郷公園の船越稔主任飼育員は「無事に終わって、ほっとしている。ひなの成長も順調で、巣立ちやその後も温かく見守り続けてほしい」と話した。

 装着後の記者会見で河崎敏之県環境首都課長(PT統括責任者)が作業の経緯を説明。ひな3羽に識別番号「J0140」「J0141」「J0142」が付けられた。体重はそれぞれ4310グラム、3830グラム、3570グラムだった。

 ひなの性別については、採取した羽毛の血液を徳島大でDNA鑑定。2週間ほどで雌雄が判定するという。

 ひなは3月21日ごろに誕生したとみられており、生後41〜45日が足輪装着に望ましいことから、この日の作業となった。
【写真説明】両足に識別用の足輪を着け、巣に戻されるコウノトリのひな=午前10時18分、鳴門市大麻町(代表撮影)
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/05/2017_14937017942015.html

コウノトリの赤ちゃん、行動把握へ 識別用の足環を装着【朝日新聞デジタル2017年5月2日】
ヒナを捕獲する専門家=2日午前9時37分、徳島県鳴門市、中村律撮影

 徳島県は2日午前、同県鳴門市で誕生した国の特別天然記念物コウノトリのヒナ3羽に識別用の足環(あしわ)を装着した。今後、行動範囲や遺伝的なつながりを把握するのに役立てるという。

 ヒナは3月21日ごろに生まれたとみられ、4羽が確認されていた。育っているのは3羽。巣は電柱(高さ約14メートル)の上にあり、中でヒナが立ち上がって羽ばたくしぐさが確認できる。

 作業は県の担当者らが見守る中、兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市)の専門家らが行った。四国電力の高所作業車2台で巣に近づいて捕獲し、金属製(長さ4センチ、直径2・2センチ)の足環を装着して巣に戻した。体重を量ったところ、4・3〜3・5キロあり、成鳥(オス約5キロ、メス約4キロ)に近づいている。専門家は「順調に育っている」と話した。

 足環は黒、黄、赤、青、緑の5色あり、この組み合わせで判別する。それぞれの個体は同公園のホームページ(http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/別ウインドウで開きます)の「足環カタログ」で確認できる。(中村律)
http://www.asahi.com/articles/ASK513TR7K51PUTB004.html

http://archive.is/I54sX
http://archive.is/g4GXR
http://archive.is/1RYFr
posted by BNJ at 21:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊川の萩小3、4年生が「春の探鳥会」【東愛知新聞2017年5月3日】

 豊川市萩小学校(黒谷豪校長)は2日、「春の探鳥会」を行った。3、4年生児童が自然に恵まれた萩町内を歩き、双眼鏡を手に野鳥を観察した。
 4年生11人は赤坂町方面の田園地帯を散策。地元で活動する土曜探鳥会の権田茂さん(67)の説明を受けながら、スズメやカモなどさまざまな鳥が空を舞う姿を確認したり、ウグイスのさえずりに耳を澄ませた。
 雌にアピールするため、羽根を全力で羽ばたかせながら鳴き続けるヒバリの姿に、児童らは「もう10分間も飛んでいる」「面白い」などと感激の声を上げ、ノートに書き記した。3年生児童は観音山方面を散策した。
 旧宝飯郡音羽町の奥で、野山に囲まれた萩小独自の行事で、秋にも実施する。活動を始めて20年以上になる権田さんは「地の利を生かし、自然に興味を持ってほしい。大人になっても思い出してほしい」と話した。
(由本裕貴)
権田さん奄ニ共に野鳥を観察する児童ら=萩町内で

http://www.higashiaichi.co.jp/news/detail/944

http://archive.is/24SWR
posted by BNJ at 21:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキの解説 一工夫 佐渡・行谷小 手作りパネル利用【新潟日報モア2017年5月3日】

観光客にトキの生態について解説する行谷小の児童=2日、佐渡市新穂長畝
観光客にトキの生態について解説する行谷小の児童=2日、佐渡市新穂長畝

 ゴールデンウイークに合わせ、佐渡市の行谷小学校の児童が2日、新穂長畝のトキの森公園で観光客にトキの生態などを紹介した。手作りのパネルを使い、トキの餌や重さなどについてクイズ形式で解説し、観光客は感心した様子で耳を傾けていた。

 行谷小は1965年から67年にかけてトキを飼育し、現在は総合学習でトキについて学んでいる。4月に環境省の自然保護官から指導を受け、ガイドの準備を進めてきた。

 この日は3〜6年生35人が2、3人のグループに分かれ、観光客に積極的に話し掛けた。1日に食べる餌の量やトキの成長過程をイラストで説明した。

 4年の男子児童(9)は「解説を聞いて、トキのことを好きになってもらえたらうれしい」と笑顔を見せた。

 川崎市から訪れた馬場裕一さん(50)は「初めてトキを見る自分にも分かりやすく解説してくれた。みんなでトキを守っていくという地元の熱い思いを感じた」と感激していた。

 行谷小児童は、夏休みにも観光客向けにトキのガイドをする予定だ。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20170503321850.html

http://archive.is/wKnBm
タグ:トキ
posted by BNJ at 20:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキ 「純野生」新たに1羽誕生 佐渡・今季2例目 /新潟【毎日新聞2017年5月3日】(他1ソース)

 環境省は2日、佐渡市内で、野生生まれのトキのペアからひなが1羽生まれたことを確認したと発表した。両親とも野生生まれの「純野生」ひなが確認されたのは今季2例目。

 環境省によると先月30日、タブノキの林で親鳥がひなに餌を与える様子を担当者が確認した。現在、6組の野生同士のつがいが抱卵中で、別の1組が営巣中。先月23日に誕生が確認された純野生ひなも順調に育っているという。【後藤結有】
https://mainichi.jp/articles/20170503/ddl/k15/040/163000c

純野生ひな新たに1羽確認 佐渡【新潟日報モア2017年5月3日】

 環境省は2日、佐渡市の野生下で両親が野生生まれのトキのひな1羽を新たに確認したと発表した。「純野生」に当たるひなの確認は、4月23日に別のペアのひなに次いで今季2例目。 

同省...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20170502321791.html
http://archive.is/5bYrl
http://archive.is/A5gUR
2年連続純野生トキ誕生 佐渡 ひな1羽に給餌確認【新潟日報モア2017年4月28日】
タグ:佐渡島 トキ
posted by BNJ at 20:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアシアホウドリ 繁殖を初確認 八丈島近くで【毎日新聞2017年5月3日】(他1ソース)

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種のアホウドリの近縁種クロアシアホウドリが、東京・八丈島近くの八丈小島で繁殖に成功したことを樋口広芳東大名誉教授らの研究グループが確認し、2日に発表した。繁殖する地域が重なる傾向にあるアホウドリの新繁殖地となることが期待されるという。

 研究グループによると、無人島の八丈小島で今年1〜2月、8組のつがいが産卵した卵の一部がふ化。4月末時点で、2羽のひなが成長している。八丈小島では2013年以降に渡来や産卵が確認されていたが、ひなの成長は確認されていなかった。(共同)
https://mainichi.jp/articles/20170503/k00/00e/040/286000c

クロアシアホウドリのひな、八丈小島に 世界最北で確認【朝日新聞デジタル2017年5月2日】
八丈小島で順調に成長しているクロアシアホウドリのひな(4月25日、樋口広芳・東京大名誉教授提供)

 東京都・八丈島の西側にある無人島「八丈小島」で、クロアシアホウドリの繁殖が確認されたと、地元の環境保護団体「伊豆諸島自然史研究会」が2日、発表した。世界最北端の繁殖地になるという。

 クロアシアホウドリは翼を広げると約2メートルになる大型の鳥。国内では小笠原の聟島列島や鳥島、尖閣諸島の一部で繁殖していた。

 同研究会によると、八丈小島には2013年にクロアシアホウドリが飛来。その後、産卵などは確認されたが、ひなは巣立っていなかった。今シーズンは、20〜30羽が飛来し、8つがいが産卵。現在2羽のひなが育っており、6月ごろにも巣立つと見込む。

 今後も繁殖個体数が増えるとみられ、アホウドリやコアホウドリも飛来する可能性も高いという。同研究会代表の樋口広芳・東京大名誉教授は「アホウドリ類が数百羽は繁殖できる。人の生活圏に近いため、しっかりした保全が必要だ」と話している。(小坪遊)
http://www.asahi.com/articles/ASK5241FMK52ULBJ003.html

クロアシアホウドリの繁殖確認=世界最北端の八丈小島−東大名誉教授ら【時事ドットコム2017年5月4日】
八丈小島で生まれ、順調に成長するクロアシアホウドリのひな=4月25日撮影(樋口広芳東大名誉教授提供)
 東京大の樋口広芳名誉教授らは2日、伊豆諸島・八丈島に近い無人島の八丈小島(東京都)で、クロアシアホウドリの繁殖を確認したと発表した。北太平洋地域に生息し、日本国内では鳥島(同)などで繁殖しているが、鳥島から約300キロ離れた八丈小島は世界最北端になるという。
〔写真特集〕守ろう 絶滅危惧種

 クロアシアホウドリは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に入るおそれのある「準絶滅危惧」に指定されている。
 樋口名誉教授によると、昨年冬、3組のつがいの巣で産卵があり、4月下旬にこのうち2羽のひなが育っているのを確認。来年以降さらに増える可能性があるという。

 八丈小島は天敵が少なく、緩い傾斜があり、アホウドリ類が営巣して飛び立つには最適という。最近は絶滅危惧種のアホウドリも飛来するようになっている。
 アホウドリも多く生息する鳥島は活火山で、噴火した場合大きな影響が及ぶ。樋口名誉教授は「クロアシアホウドリが巣を増やすようになれば、アホウドリも繁殖を始めるのではないか」としている。(2017/05/02-16:06
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050200772&g=soc

http://archive.is/nZD6V
http://archive.is/wkWct
http://archive.is/HcVCk
posted by BNJ at 20:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉・北本市の団地でカラス20羽の死骸 胃に殺虫剤成分 警察が捜査【産経ニュース2017年5月3日】(他6ソース)

 埼玉県は2日、同県北本市栄の団地敷地内でカラス20羽の死骸が1日に見つかり、近くにあったパンとカラスの胃から、殺虫剤の成分が検出されたと発表した。県は、何者かが意図的に与えた疑いが強いとしている。鴻巣署は、鳥獣保護法違反容疑で捜査する方針。

 県によると、死骸は1日の朝から夕方にかけて見つかった。敷地の半径約50メートルの範囲で道路や芝などに倒れており、近くにはパン切れも複数落ちていた。カラス12羽の胃の内容物とパンを検査したところ、全てから殺虫剤の成分である「シアノホス」が検出された。 パンは約3センチ大に切られており、染みのようなものが付いていたという。

 鴻巣署によると、これまで現場近くで不審人物などの情報はない。
http://www.sankei.com/affairs/news/170503/afr1705030020-n1.html

埼玉・団地
カラス20羽大量死 死骸から「シアノホス」【毎日新聞2017年5月3日】

周辺に落ちていたパン切れからも検出
 埼玉県は2日、同県北本市栄の団地敷地内で、カラス20羽が死んでいるのが見つかったと発表した。検査の結果、死骸と周辺に落ちていたパン切れから有機リン系化合物で殺虫剤などに使われる「シアノホス」が検出された。何者かがシアノホスを混入したパンを放置した可能性があり、県警鴻巣署が鳥獣保護法違反容疑を視野に調べている。

 県や同署によると、1日午前6時20分ごろ、団地の住民から「鳥が7〜8羽死んでいる」と同署に通報があった。県の職員らが確認したところ、団地敷地内で20羽のカラスが死に、周辺にパン切れが落ちていた。検査の結果、カラスの胃の内容物とパン切れからシアノホスが検出された。シアノホスは農薬販売店などで入手できるという。【鈴木拓也】
https://mainichi.jp/articles/20170503/k00/00m/040/092000c

カラス20羽死ぬ 近くのパンくずに殺虫剤成分 埼玉【朝日新聞デジタル2017年5月3日】

 埼玉県は2日、北本市でカラス20羽の死骸を確認したと発表した。近くに落ちていた、殺虫剤成分が染み込んだパンを食べたためとみられ、県警は鳥獣保護法違反の疑いで捜査している。

 県みどり自然課によると、北本市栄の団地敷地内で1日、半径50メートルの範囲で計20羽のハシブトガラスの死骸が見つかった。うち12羽と、近くに落ちていた一口大の食パンを検査したところ、カラスの胃の中とパンから有機リン系薬剤シアノホスが検出されたという。農産物安全課によると、シアノホスは畑や果樹園で殺虫剤として使われ、一般的な農薬として流通している。
http://www.asahi.com/articles/ASK525JVPK52UTNB015.html

【社会】団地でカラス20羽の死骸、埼玉 胃に殺虫剤成分【東京新聞2017年5月3日】
 埼玉県は2日、同県北本市栄の団地敷地内でカラス20羽の死骸が1日に見つかり、近くにあったパンとカラスの胃から、殺虫剤の成分が検出されたと発表した。県は、何者かが意図的に与えた疑いが強いとしている。鴻巣署は、鳥獣保護法違反容疑で捜査する方針。
 県によると、死骸は1日の朝から夕方にかけて見つかった。敷地の半径約50メートルの範囲で道路や芝などに倒れており、近くにはパン切れも複数落ちていた。カラスの胃の内容物とパンを検査したところ、殺虫剤の成分である「シアノホス」が検出された。
 鴻巣署によると、これまで現場近くで不審人物などの情報はない。
(共同)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017050201002111.html

団地でカラス大量死、薬剤入りパン食べさせる?【読売新聞2017年5月3日】
 埼玉県は2日、北本市栄の団地敷地内で、ハシブトガラス20羽が死んでいるのが見つかったと発表した。

 検査可能な12羽について調べたところ、胃から殺虫剤として使われるシアノホスが検出されたという。

 発表によると、1日午前7時頃、団地の敷地内でカラスが死んでいると住民から鴻巣署に通報があった。同市が調べたところ、13羽の死骸を発見。同日午後、別の住民からも同市に通報があったため、市と県中央環境管理事務所が調べるとさらに6羽の死骸が見つかった。1羽は住民が処分ずみだった。

 20羽は約400メートル四方の範囲に集中して倒れていた。外傷はなく、周辺にパン切れが落ちており、県がこのうち4切れを回収して調べたところ、全てからシアノホスが検出されたという。

 県農産物安全課によると、シアノホスは殺虫剤として市販されており、生き物が摂取すると死に至る可能性が高い。鴻巣署は、何者かが薬剤をしみこませたパンをカラスに食べさせたとみて、鳥獣保護法違反の疑いで調べている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170503-OYT1T50012.html

カラス大量死、北本の団地敷地内 殺虫剤成分入りのパン切れまいたか【埼玉新聞2017年5月3日】
 県は、北本市栄で1日にハシブトガラス計20羽が死んでいるのが見つかったと発表した。検査した結果、死骸と周辺に落ちていたパン切れから、殺虫剤として使用される有機リン系薬剤シアノホスが検出された。

 県みどり自然課によると、1日午前7時ごろ、北本市栄の団地の住民から、カラスが死んでいると鴻巣署を通じて通報があった。北本市が現地調査を行ったところ、団地敷地内の道路や植え込みなど直径約100メートル範囲に、カラスの死骸13羽とパン切れが落ちていた。午後2時半ごろにも通報があり、県中央環境管理事務所が死骸5羽とパン切れを確認。さらに5時ごろにも北本市が死骸1羽を確認した。もう1羽はすでに住民が処分していた。

 原因特定のため、回収した19羽のうち12羽の死骸とパン4切れについて、化学物質検査をしたところ、カラスの胃とパン切れの全てからシアノホスが検出された。鳥インフルエンザ簡易検査は全て陰性だった。

 同課は、誰かが薬剤を染み込ませたパンをまいた可能性があるとみている。県は農薬などを染み込ませた食べ物を野生動物に与えるのは違法行為だとして、農薬の適正な使用について周知徹底していくほか、野鳥の死骸を見つけても素手で触れないよう、県民に注意喚起している。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/05/03/01_.html

団地でカラスの死骸20羽 薬剤シアノホス検出【FNN2017年5月3日】
埼玉・北本市の団地で、20羽のカラスの死骸が見つかった。
1日朝、北本市栄の団地でカラスの複数の死骸を近くの住民が見つけ、その後、相次いでカラスの死骸が見つかり、あわせて20羽の死骸が見つかった。
周りにはパン切れが落ちていて、カラスの胃やパン切れからは、殺虫剤などで使用される薬剤「シアノホス」が検出され、警察で経緯を調べている。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00357069.html

http://archive.is/e4FlL
http://archive.is/UEDZS
http://archive.is/8dbFf
http://archive.is/7az8c
http://archive.is/NNdM0
http://archive.is/KmvGz
http://archive.is/gfN95
公園に50羽のカラス死骸、警視庁は鳥獣保護法違反視野に捜査【TBS News i2017年3月25日】
鏡石のカラス大量死、鳥インフル検査「陰性」 胃に有機リン系物質【福島民友ニュース2016年8月24日】(既報関連ソースあり)
posted by BNJ at 20:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(各駅停話:915)鹿島臨海鉄道:8 新鉾田 貴重な水辺、北浦を守る【朝日新聞デジタル2017年5月2日】

「エコ・ハウス」でトンボの幼虫の写真を撮る川又利彦さん(左)=茨城県鉾田市

 北浦湖畔から新鉾田に向かう間は、鹿島臨海鉄道沿線で随一の眺望と言われている。高架線を走る列車からは北浦の湖岸に加え、天候に恵まれれば筑波山まで遠望できる。

 車窓から望む湖畔にあるのが茨城県鉾田市の「エコ・ハウス」。ヨシが生える水辺の鳥たちを小学生たちが観察したり、市民がカヌーを楽しんだりするため…

残り:343文字/全文:493文字
http://www.asahi.com/articles/DA3S12920889.html

http://archive.is/jQLxf
posted by BNJ at 20:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールデン・ウィークは「とりフォーラム2017」へ!「ことりカフェ」も参加♪鳥さん雑貨・鳥さん用品大集合!BIRDSTORY主催の愛鳥家や鳥好きさん向けイベント5月6日に開催♪【プレスリリース2017年5月3日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、2017年5月6日(土)11:00−16:30まで「大田区産業プラザPiO小展示ホール」(東京都大田区南蒲田1−20−20/京急蒲田駅徒歩3分)にて開催される、小鳥グッズや小鳥用品が大集合するイベント「とりフォーラム/主催:BIRDSTORY」(http://birdstory.net/toriforum)に参加いたします。鳥さんモチーフの雑貨や用品を販売する本イベント内では、同時開催の「Birds’ Grooming セミナー」で鳥さんの事をお勉強できたり、鳥さんグッズのクリエイターさんに会えるなどなど、様々な企画をご用意。愛鳥家の皆様に楽しんでいただけるイベントとなっております。今回「ことりカフェ」では、話題の新キャラ「ふろしき文鳥」グッズをはじめ小鳥雑貨を多数販売いたします。


■「BIRDSTORY(バードストーリー)」について
合同会社ほおずき印が運営する、愛鳥家さんのためのコミュニティサイト。鳥に関する最新ニュースの配信をはじめ、フォトコンテストの開催や鳥好きの友達探し、鳥に関する疑問・質問の解決等、鳥に関する様々なコンテンツを提供(http://birdstory.net/)。

■「ことりカフェ」について
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月に「ことりカフェ心斎橋」(監修:株式会社ことりカフェ/運営:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉康一http://www.exceedjapan.co.jp/)を、12月に「ことりカフェ巣鴨」(運営:株式会社バードモア 代表取締役 木幡直希 http://www.birdmore.com/)をオープン。各店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店はインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。また、2016年11月に「ことりカフェ」公式小鳥雑貨専門店1号店となる「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」(運営:小鳥雑貨専門店「よいなdeことのわ」)を東京・西新井に、2017年2月に第2号店目となる「ことりと。」(運営:小鳥専門店「ことりや ふぁみりぃ/ペットショップ ふぁみりぃ」)を九州・大分県大分市にオープン。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062 東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ巣鴨」アクセス
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3−18−13 (巣鴨駅徒歩5分)
営業時間:10:00〜18:00
■「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」アクセス
〒123-0842 東京都足立区栗原3−30−14(西新井大師駅徒歩7分)
営業日/営業時間:金・土・日・月/11:00〜18:00
■「ことりカフェGOODS SHOP/ことりと。」アクセス
〒870-0844 大分県大分市古国府10−1 天神ビル1F
定休日/営業時間:毎週火曜日・第2金曜日/11:00〜16:00

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000278.000010272.html

http://archive.is/BrwVp
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 20:22 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする