2017年05月22日

民家の屋根に謎の赤い光? 実はカラス対策です…【神戸新聞NEXT2017年5月22日】

民家の屋根瓦に取り付けられたカラスよけの実験装置=三田市藍本
 「何かの通信機か?」「宇宙にメッセージを送ってるんちゃうか」−。兵庫県三田市藍本の民家の塀に取り付けられた謎の物体を巡り、不思議なうわさが飛び交っている。縦横14センチ、高さ10・5センチで手のひらに載るサイズ。円形の台の上に八つの小さな円柱が立てられ、赤い光が明滅する。さて、その正体は…。(山脇未菜美)

 民家を訪ねると、塀の屋根瓦の上に、見たことのない物体が粘着テープで張り付けられていた。よく見ると、小さな円柱が不規則に赤く光っている。田んぼや畑が広がる地域で、近くの別の家にはこのような物体は見当たらない。

 住民の今井康夫さん(67)が教えてくれた。「カラスよけの実験中やねん」

 物体の名前は「カラス忌避装置(仮称)」。今井さんと尼崎市の電子機器製造会社「マルチ」が、1年半前からカラスを追い払う実験をしているという。

 「せっかく野菜を植えても、全部カラスに食べられて」と今井さん。会社を退職後、農作業に精を出していたが、追い払ってもやって来るカラスに頭を痛めていた。知り合いでネズミ対策の装置の開発経験があるマルチの古林直泰社長(75)に相談し、カラスよけの実験をすることになった。

 古林社長は「カラスよけの商品はたくさんあるが、賢いからすぐに慣れてしまう」という。今井さんが「カラスが嫌がるかも」と、自宅の窓に赤いテープを張っていたが、そこだけカラスが近寄らなかったという話をヒントに試行錯誤で装置を作り始めた。

 実験装置は発光ダイオード(LED)の赤い光が不規則に明滅。今井さんらによると、実験は2年間で、1年半たった現在も効果は持続し、装置を中心に半径150〜200メートルほどはカラスが近寄らないという。ほかにも市内では上内神とテクノパークの民家でも実験は開始し、今のところ効果が見られるという。

 今後も効果が続けば、来年1、2月ごろに製品化する予定。マルチTEL06・6411・1701

【カラスの生態に詳しい県立人と自然の博物館の布野隆之研究員の話】カラスに見える光の波長は人間と違い、紫外線も見える。光線に不快を感じているのかもしれない。「カラスは赤色が嫌い」という研究結果はないので、色に効果があるとは言い切れないが、カラスはヒラヒラと揺れるものを嫌がる傾向がある。ランダムに明滅する光が苦手なのだろう。
https://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/201705/0010213715.shtml

http://archive.is/zg0Xu

posted by BNJ at 20:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリのひな、巣立ち間近 3羽が飛び上がる練習【徳島新聞2017年5月22日】

 鳴門市大麻町で生まれたコウノトリのひな3羽の巣立ちが迫ってきた。「3月21日ごろ」とみられる誕生日から21日で2カ月を迎え、親鳥とほぼ同じ大きさまで成長。3羽とも巣の上で元気よく羽根を羽ばたかせ、空に舞い上がるしぐさを繰り返している。

 ひなたちは今月4日ごろから羽根を羽ばたかせている。21日午前10時50分ごろには、雌の「あさ」(個体識別番号J0142)が巣から50センチほど垂直に飛び上がり、風を受けて1秒ほど空中に浮かんだ。1回飛び上がるごとに羽根を4、5回羽ばたかせており、他の2羽も順番に練習する姿が見られた。

 体も順調に成長しており、ひなのうち最も大きい雄の「蓮(れん)」(J0140)は、雌の親鳥とほぼ同じ大きさになっている。

 兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市)によると、野外で生まれた個体は生後63〜74日で巣立っている。ひなが巣の上で飛び上がる行動は、巣立つ直前に見られるという。

 初めて観察に訪れた鳴門市撫養町南浜の山田佳世さん(56)は「巣立ちが近いようなので急いで見に来た。羽ばたく姿を見られてよかった」と話した。

 ひなは雄2羽、雌1羽で、名前は同市が公募し、あさ、蓮のほかもう1羽の雄は「なる」(J0141)に決まった。ひなは巣立った後も数カ月は巣周辺にとどまる。県内の官民でつくるコウノトリ定着推進連絡協議会は、保護のため見学者らに巣を離れたひなから半径150メートル以内に近づかないよう呼び掛ける。
【写真説明】巣の上で羽ばたきながら宙に浮く雌のひな=21日午前10時50分ごろ、鳴門市大麻町
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/05/2017_14954150361772.html

http://archive.is/HNfpt
posted by BNJ at 19:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ 母鳥、誤射で死ぬ 新しいゆりかごへ ひな4羽を保護 島根【毎日新聞2017年5月22日】(他5ソース)

電柱の上の巣から保護されるコウノトリのひな=島根県雲南市で21日(市教委提供)
 島根県雲南市に飛来した国の特別天然記念物・コウノトリのペアの雌がハンターの誤射で死んだことを受け、市教育委員会は21日、巣に残ったひな4羽を保護した。雄の親鳥だけで育てるのは困難と判断した。兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)で人工飼育し、放鳥する予定。

 雲南市教委によると、雌が撃たれた翌日の20日、雄がひなに餌を8回、水を1回与えたのを確認。コウノトリの子育ては通常、ペアで協力しながら餌取りやひなの見守りをする。他の鳥に襲われる恐れがあることや、ひなの成長に伴って餌の量が増えることを勘案し、保護することを決めた。

 巣は高さ約10メートルの電柱の上にあり、高所作業車を使用。獣医師も同乗した。市教委によると雄はいったん飛び去ったが、作業終了後、空になった巣に戻ってきたという。景山明・雲南市教委教育長は「親子の情を感じた」と話した。ひな4羽の健康状態は良好だという。雄については今後も観察を続ける。

 国内の野生コウノトリは1971年に絶滅した。2005年にコウノトリの郷公園が野外放鳥を始めた後、豊岡市周辺以外でひなが生まれたのは徳島県に続いて全国2例目。今月19日、サギを駆除中の猟友会の男性が誤って雌を散弾銃で撃った。【山田英之】
https://mainichi.jp/articles/20170522/ddm/041/040/145000c

コウノトリ誤射 雲南市教委が巣のひな4羽保護へ 島根【毎日新聞2017年5月21日】
誤射で死んだコウノトリ=島根県雲南市で、市教委提供
 島根県雲南市に飛来した国の特別天然記念物・コウノトリのペアの雌がハンターの誤射で死んだことを受け、市教育委員会は21日、巣に残されたひな4羽を保護すると発表した。雄の親鳥だけで子育てを続けるのは困難と判断した。

<コウノトリ誤射>ハンター、サギと間違え 島根
<コウノトリ誤射>雲南市教委「ショック」 ひなの成長焦点 島根
<福井ではひな誕生>コウノトリ コウちゃんの孫
<ペンギンの父母は>交代で子育て 三重・伊勢シーパラダイス
<シマフクロウ抱卵放棄>育ての親にワシミミズク 北海道・釧路市動物園で初
<滋賀県に飛来したコウノトリを写真で>
 コウノトリの飼育・放鳥に取り組む兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)で人工飼育した後、野外に放鳥する予定。

 雲南市教委によると、雌が死んだ後、雄はひなに餌や水を与えていた。しかし、親鳥が餌を探す間に他の鳥に襲われる恐れがあることや、ひなの成長で餌の量も増えることから保護を決めた。

 雲南市のペアは電柱の上に巣を作り、今年4月に1羽目のひなの誕生が確認された。2005年の野外放鳥後、島根県では初のコウノトリのひな誕生で、巣立ちが期待されていた。今月19日にサギを駆除中の地元猟友会の男性が誤って雌の親鳥を散弾銃で撃った。【山田英之】
https://mainichi.jp/articles/20170521/k00/00e/040/175000c

コウノトリ誤射、ひな人工飼育へ げんきくんの子保護、島根県【福井新聞ONLINE2017年5月22日】
雌の親鳥がハンターの誤射で死に、保護されるコウノトリのひな=21日午後、島根県雲南市(同市教育委員会提供)

 島根県雲南市でコウノトリの雌の親鳥がハンターの誤射で死んだ問題で、兵庫県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市)の職員が21日、現地を訪れ、ひな4羽を保護した。コウノトリの郷公園に移し、人工飼育する。

 雲南市教育委員会によると、ひなは衰弱した様子は見られず、体重も標準的という。雲南市大東町にある巣から出し、健康状態を確認する作業には、同公園の獣医師や飼育員らが当たり、午後0時半ごろから1時間弱で終えた。

 市教委は残された雄「げんきくん」の行動観察記録を基に関係先と協議し、保護を決めた。雌が死んだ後も雄がひなに餌を与えていたが、(1)餌や水分を与え続けることができるか分からない(2)巣を長時間空けることが多くなり、外敵からの被害が心配―などを理由に、継続して育てるのは困難と判断した。市教委は同公園と連携し、早く対応するよう準備を進めていた。成育後は放鳥する予定という。

 市教委によると、害鳥の駆除活動をしていた猟友会のメンバーが19日午前、巣から約3キロ離れた水田にいた雌の親鳥をサギと間違って撃った。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/121444.html

母亡くしたコウノトリ人工飼育へ【朝日新聞デジタル2017年5月22日】
保護されたヒナ=市教委提供
[PR]
 島根県雲南市の電柱で営巣中だった国の特別天然記念物コウノトリの雌が誤射された問題で、同市教委は21日、残されたヒナ4羽を保護した。今後は兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)で人工飼育していくという。

 雌は19日、猟友会の会員にサギと間違われて射殺された。雄がヒナに餌を与え、世話していた。市教…

残り:128文字/全文:278文字
http://www.asahi.com/articles/DA3S12949586.html

誤射で親鳥死んだコウノトリのヒナ4羽、飼育へ【読売新聞2017年5月22日】保護されたコウノトリの4羽のヒナ(21日、島根県雲南市で)(雲南市教委提供)
 島根県雲南市で営巣していた国の特別天然記念物・コウノトリの雌(5歳)が猟銃で誤射されて死ぬトラブルがあり、同市教育委員会は21日、残されたヒナ4羽について、人工飼育するため兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷さと公園に送ったと発表した。

 雌が死んだのは19日。雲南市教委によると、田んぼにいたところを、サギを駆除しようとした地元猟友会員(69)に撃たれた。その後、雄(2歳)が餌を運ぶ姿も見られたが、巣を空ける間にカラスなどに襲われるおそれがあり、21日に保護した。4羽は体重3キロ前後になっており、同公園で巣立ち時期の7月頃まで飼育後、放鳥する。

 誤射した男性は読売新聞の取材に「コウノトリの特徴の黒い羽が見えず、サギだと思った。大変なことをしてしまった」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170521-OYT1T50156.html

誤射で死んだコウノトリのひな4羽保護 島根【産経WEST2017年5月22日】
雌の親鳥がハンターの誤射で死に、保護されるコウノトリのひな=21日午後、島根県雲南市(同市教育委員会提供)
 島根県雲南市でコウノトリの雌の親鳥がハンターの誤射で死んだ問題で、兵庫県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市)の職員が21日、現地を訪れ、ひな4羽を保護した。コウノトリの郷公園に移し、人工飼育する。

 雲南市教育委員会によると、ひなは衰弱した様子は見られず、体重も標準的という。雲南市大東町にある巣から出し、健康状態を確認する作業には、同公園の獣医師や飼育員らが当たり、午後0時半ごろから1時間弱で終えた。

 市教委は残された雄の行動観察記録を基に関係先と協議し、保護を決めた。雌が死んだ後も雄がひなに餌を与えていたが、(1)餌や水分を与え続けることができるか分からない(2)巣を長時間空けることが多くなり、外敵からの被害が心配−などを理由に、継続して育てるのは困難と判断した。

 市教委は同公園と連携し、早く対応するよう準備を進めていた。成育後は放鳥する予定という。

 市教委によると、害鳥の駆除活動をしていた猟友会のメンバーが19日午前、巣から約3キロ離れた水田にいた雌の親鳥をサギと間違って撃った。
http://www.sankei.com/west/news/170522/wst1705220013-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/170522/wst1705220013-n2.html

毎小ニュース 話題 コウノトリのひなを保護【毎日新聞2017年5月23日】
 島根県雲南市しまねけんうんなんしで子育こそだてをしていた国くにの特別天然記念物とくべつてんねんきねんぶつのコウノトリの雌めすが誤あやまって撃うたれて死しに、巣すに残のこったひな4羽わが21日にち、雲南市うんなんしに保護ほごされました。ひなたちは、健康状態けんこうじょうたいも良よく、兵庫県豊岡市ひょうごけんとよおかしで人工飼育じんこうしいくされ、再ふたたび自然しぜんに放はなたれる予定よていです。

 雌めすは19日にち、サギを駆除くじょしていた男性だんせいに誤あやまって銃じゅうで撃うたれました。雲南市うんなんしによると、翌日よくじつも、雄おすはひなに餌えさや水みずを与あたえていたのが確認かくにんされました。しかし、コウノトリは通常つうじょう、夫婦ふうふで協力きょうりょくしながら子育こそだてするため、他ほかの鳥とりに襲おそわれたり、ひなが育そだつと多おおくの餌えさが必要ひつようなことなどから、ひなの保護ほごが決きまりました。雄おすはひなが保護ほごされた後あと、空からになった巣すに戻もどってきたといい、今後こんごも観察かんさつが続つづけられます。
https://mainichi.jp/articles/20170523/kei/00s/00s/007000c

http://archive.is/u3SB5
http://archive.is/0Xa5B
http://archive.is/8ZJ6N
http://archive.is/nA0gv
http://archive.is/atBZt
http://archive.is/Afqcs
http://archive.is/O9pqw
http://archive.is/JBBPB
<NEWS EYE>市、猟友会に注意喚起せず【読売新聞2017年5月21日】(島根県雲南市コウノトリ誤射)
コウノトリ、サギと間違え射殺 島根【朝日新聞デジタル2017年5月20日】(他6ソース/既報関連ソースあり)

徳島、島根、福井…コウノトリ 広がる繁殖地【読売新聞2017年5月12日】
雲南でコウノトリ孵化【朝日新聞デジタル2017年4月27日】
元気ですよ! 雲南のコウノトリ【読売新聞2017年4月12日】
コウノトリげんきくん、パパに? 越前市で放鳥、島根で産卵推定【福井新聞ONLINE2017年3月31日】
島根)雲南でコウノトリが営巣 県内初、産卵に期待も【朝日新聞デジタル2017年3月18日】
posted by BNJ at 19:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国で4月以降24人が鳥インフル感染 過去最大規模の流行 WHOが警戒【ハザードラボ2017年5月22日】

鳥インフルエンザのヒトへの感染。中国では過去最大規模の流行が続いている(WHOの4月の月次報告より)
 昨秋以来、国内各地で相次いだ鳥インフルエンザの流行は、渡り鳥の季節が過ぎると同時に沈静化に向かっているが、中国では今年4月中旬以降、人間が鳥インフルエンザに感染するケースが24件にのぼったと世界保健機関(WHO)が明らかにした。

 中国では2016年10月以降、鳥インフルエンザウイルスに人間が感染するケースが急増。鳥インフルエンザA (H7N9)のヒトへの感染は、2013年3月に中国で最初に報告されて以来、過去4年間で1400人以上が感染しており、WHOは、今回の流行を過去最大規模とみなしている。

 中国の国家衛生・計画生育委員会(NHFPC)は今月初め、WHOに対し、4月14日から29日までの2週間あまりで、中国国内で鳥インフルエンザに感染した患者数は24人だったと報告。

 年齢は25歳から82歳までと幅広く、河北省7人、四川省6人など全土に及ぶ。24人の患者のうち9人が死亡、13人が深刻な肺炎で治療を続けており、19人は生きた鳥を扱う家禽市場で感染した可能性が高いという。

 WHOは今後も引き続き感染が拡大するおそれがあるとして、ウイルスで汚染された鳥との接触を最低限にとどめ、万が一触れた場合は、石鹸で頻繁に手を洗うよう呼びかけている。また、外国人旅行客に対しては、帰国後に肺炎や急性呼吸器不全などの症状がある場合は、ウイルス感染の可能性を疑って医療機関で診察を受けるよう推奨している。
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20290.html

http://archive.is/IXVIE
中国、H7N9型鳥インフル感染で4月の死者24人に【ロイター2017年5月12日】
WHO 中国が認めない限り台湾は総会に参加できず【NHKニュース2017年5月10日】
マカオ、生きた食用家禽類の取引全面禁止へ…鳥インフルエンザ防疫対策【マカオ新聞2017年4月29日】
北京で鳥インフル、1人死亡【日本経済新聞2017年4月15日】
鳥インフル、世界で猛威 欧州27カ国で発生 日本は野鳥感染最多【朝日新聞デジタル2017年4月6日】
中国H7N9型鳥インフル死者数、2月は61人【ロイター2017年3月13日】
posted by BNJ at 10:24 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眞子さま、秋篠宮ご夫妻と博物館展ご鑑賞【朝日新聞デジタル2017年5月22日】(モア/始祖鳥)

「大英自然史博物館展」をご覧になる秋篠宮ご夫妻と眞子さま(22日午前、東京都台東区の国立科学博物館で)=三浦邦彦撮影
 大学時代の同級生と婚約する見通しとなった秋篠宮あきしののみやご夫妻の長女眞子まこさま(25)が22日、ご夫妻とともに東京・上野の国立科学博物館を訪れ、特別展「大英自然史博物館展」(読売新聞社など主催)を鑑賞された。

 婚約することが明らかになってから初の公務で、ご両親と一緒に説明に耳を傾け、言葉を交わしながら、絶滅した鳥類「モア」の全身骨格などを見て回られた。

 同展は、恐竜から鳥への進化の過程を示す「始祖鳥しそちょう」の化石標本など、ロンドンの大英自然史博物館が収蔵する約8000万点から厳選した約370点を紹介している。6月11日まで。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170522-OYT1T50031.html

http://archive.is/MTnDg
タグ:モア 始祖鳥
posted by BNJ at 10:12 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(やんばるの森をたどって:1)藍ちゃん、パイン、灰色の鳥【朝日新聞デジタル2017年5月22日】

やんばるの森=沖縄県東村

 沖縄本島の北部一帯は「やんばる」と呼ばれ、漢字では「山原」と書く。国頭村(くにがみそん)、大宜味村(おおぎみそん)、東村(ひがしそん)などにまたがり、もこもこと緑が連なるところから「ブロッコリーの森」という愛称もある。

 東村は那覇市から車で約2時間、人口は1700ほどで本島では最も少ない。コンビ…
http://www.asahi.com/articles/DA3S12950680.html

http://archive.is/cfKrm
posted by BNJ at 10:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月2日にトキ放鳥 佐渡で16回目、中国から07年提供の孫も【新潟日報モア2017年5月22日】

 環境省は22日、トキの16回目の放鳥を佐渡市の佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションで6月2日に始めると発表した。約3カ月間の訓練を受けてきた1歳の雄8羽と1〜3歳の雌10羽の計18羽を、自然界に放す。

 放鳥はケージの扉を開けてトキが自然に飛び立つのを待つ「ソフトリリース」で行う。遺伝的多様性を保つため、2007年に中国から提供された溢水(イーシュイ)の孫に当たる2歳の雌1羽を加えた。

 08年の1回目以来、佐渡市ではこれまでに252羽が放鳥されている。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20170522325371.html

新潟)佐渡のトキ10年目の放鳥 共生の取り組み進む【朝日新聞デジタル2017年5月23日】
放鳥で大空を舞うトキ=2015年9月25日

 環境省は22日、今年のトキ放鳥を来月2日に、佐渡市の佐渡トキ保護センターで実施すると発表した。2008年に初めて放鳥して以来、10年目を迎える。自然界で生まれ育ったペアから2世が誕生するなど、佐渡の自然界で生息するのは約200羽となり、再生事業は順調に進んでいる。

 今回放鳥するトキは雄が8羽、雌が10羽の計18羽。センターで育てられたトキのほか、分散飼育されていた石川県のいしかわ動物園や東京・多摩動物公園からのトキも含まれている。

 日本産のトキは一度は絶滅したが、人工飼育されたトキを放鳥して自然界に返すことで再生事業が進められてきた。

 絶滅と前後して中国からトキが供与され、1999年にはこのうち雄のヨウヨウ(友友)と雌のヤンヤン(洋洋)の人工繁殖に日本で初めて成功、ユウユウ(優優)が生まれた。1回目の放鳥からモニタリングを続けている土屋正起さん(66)は「ユウユウが生まれた時、可能性が無限大に広がったと思った」と振り返る。

 同省は20年度までに、トキの…

残り:281文字/全文:702文字
http://www.asahi.com/articles/ASK5Q53LMK5QUOHB00M.html

http://archive.is/AdxL4
http://archive.is/D3lJx
posted by BNJ at 09:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茨城・古河市役所 フクロウ幼鳥2羽到来 名前まだなく…【毎日新聞2017年5月22日】

古河市役所に現れたフクロウの幼鳥=古河市下大野の古河市役所で2017年5月22日午後2時50分
 茨城県古河市役所(同市下大野)でここ数日、フクロウの幼鳥2羽が現れ、市民の目を楽しませている。

 毎日新聞記者は22日、2羽がそれぞれ、庁舎横のロータリー中央にあるプラタナスと、倉庫近くのソネの枝の上に止まっているのを確認した。2羽はいずれも30センチほどの大きさで、全身が白い産毛で覆われている。

 市役所を訪れた市民も時折足を止め、木の上を眺めたり、スマートフォンで撮影したりしていた。

 古河市在住で「日本野鳥の会」茨城支部幹事の一色安義さん(79)も2羽を目撃し、「こうした人の出入りが多い場所に止まっているのは珍しい。生後約1カ月ぐらいで、親鳥が近くで警戒しているかもしれず、襲われることもあるので、遠巻きに見た方がよい」と話していた。【鈴木加代子】
https://mainichi.jp/articles/20170523/k00/00m/040/062000c

http://archive.is/cekv7
タグ:フクロウ
posted by BNJ at 09:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする