2017年05月25日

世界中でバードウオッチングする日、今年はコロンビアが優勝【AFPBB News2017年5月19日】

コロンビアのメデジン近郊で観察されたズグロアオフウキンチョウ(学名:Tangara heinei、2017年5月18日撮影)
【5月19日 AFP】世界中のバードウオッチャーが、できるだけ多くの鳥を観察して記録する毎年恒例のイベント「グローバル・ビッグ・デー(Global Big Day)」。今年は140か国以上が参加し、1486種を記録したコロンビアの優勝が17日、発表された。
http://www.afpbb.com/articles/-/3128751

http://archive.is/YfUiG

posted by BNJ at 22:20 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

志高湖で今年最初の白鳥のヒナ誕生【OBS大分放送2017年5月25日】

別府市の志高湖で今年初めて、かわいい3羽の白鳥のヒナが誕生しました。別府市の志高湖キャンプ場で場内の見回りをしていたスタッフが25日午前8時半頃、白鳥の巣でヒナ1羽が生まれているのを見つけました。その後、昼までに2羽が卵からかえり合わせて3羽が誕生しました。管理事務所では4月19日までの8日間に卵が5個産まれているのを確認。卵を獣から守るため、巣の周りに防護ネットを張り卵を温めるつがいを見守ってきました。親鳥がヒナを守るように抱える姿に訪れた人は思わず優しい表情になっていました。残り2個の卵もあすまでにはふ化すると見られていて管理事務所は生まれたヒナが無事に巣立つまで温かく見守っていく事にしています。
http://www.e-obs.com/news/detail.php?id=05250037588&day=20170525

大分)ヒナ5羽、ネットに守られすくすく 別府・志高湖【朝日新聞デジタル2017年5月28日】
生まれたばかりのヒナと母親のコブハクチョウ(別府市の志高湖畔、市綜合振興センター提供)

 別府市の志高湖キャンプ場で、白鳥の一種であるコブハクチョウのヒナ5羽が25日から相次いで生まれた。

 キャンプ場によると、つがいが協力してキャンプ場内の小池の周囲に巣を作り始めたのは3月ごろ。4月12〜19日に計5個の卵を確認。今月25、26日に孵化(ふか)した。ヒナたちはグレーの産毛に身をくるみ、野犬やカラスからヒナを守るネットの中で、親鳥の後を追いかけたり小池で泳いだりしているという。

 昨年も卵は5個産んだがかえったのは1羽だけだった。志高湖のコブハクチョウはこれで計17羽に。市綜合(そうごう)振興センターでキャンプ場を管理する藤沢明雄さん(34)は「冬には湖を泳ぐ多くの姿を見てみたい」と世話を続ける。(加藤勝利)
http://www.asahi.com/articles/ASK5W3C61K5WTPJB002.html

コブハクチョウのひな5羽誕生 泳ぐ姿は「一人前」 別府市 [大分県]【西日本新聞2017年5月】
親鳥と並んで泳ぐ姿はすでに「一人前」

 別府市の志高湖畔で、コブハクチョウのひな5羽がすくすく成長している。まだ薄茶色の産毛が残るが、親鳥に身を寄せながら泳ぐ姿はすでに「一人前」。愛らしい様子に見学客から「かわいい」の声が上がっている。

 市営志高湖キャンプ場によると、4月12〜19日に卵5個を確認し、今月25日から3日間で全てふ化した。体長は十数センチほど。今は外敵よけのネットの中で暮らし、きょうだいそろって小さな池で泳いだり、餌を取るため水中に顔を突っ込んで小さなお尻を振るわせたりしている。

 昨年は1羽、一昨年は5羽生まれた。ひなは8月上旬ごろには湖に放つという。湖には12羽の成鳥がすんでおり、同キャンプ場の菅原直樹さん(42)は「今年はにぎわいそうです」と話している。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/oita/article/332196/

愛らしいひな4羽 志高湖のコブハクチョウ【大分合同新聞2017年5月26日】
]生まれたばかりのコブハクチョウのひな。巣の奥にはふ化を待つ卵も=25日午後4時ごろ、別府市の志高湖
 別府市の志高湖で、コブハクチョウのひなが4羽誕生した。ふわふわの羽毛に包まれた愛らしい姿を見せている。
 志高湖キャンプ場を管理する市綜合振興センターによると、25日午前8時ごろ、湖畔の巣の中で1羽が生まれているのを職員が見つけた。26日午前10時までに計4羽を確認した。体長はいずれも10センチほど。4月12日から19日の間に親鳥が卵を5個産んでいた。
 イタチやキツネ、カラスなどからひなを守るため、巣の周りに保護用ネットなどを張っている。体長約30センチに育つ8月下旬から9月上旬にかけて、湖に放つという。
 コブハクチョウはひなを除いて12羽おり、一年中、湖で暮らしている。約15年前に3羽を購入し、繁殖した。
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/05/26/130938427

コブ白鳥 ヒナ誕生、今年は5羽 志高湖畔 /大分【毎日新聞2017年5月29日】

母鳥の背中に乗るヒナたち
 標高600メートルの高原にある別府市の志高湖畔で、今年もコブ白鳥のヒナが生まれた。市営キャンプ場によると、27日までにヒナ5羽が誕生。4月中旬に見つかった卵5個の全てが無事にかえった。

 灰色の毛に覆われた体長約10センチのヒナたちは、カラス、イタチ、キツネなどから守るため、ネットを張った小さい池の周囲で育つ。ヒナたちは母鳥の周囲に集まり、母鳥の体に登ろうとして転げ落ちるなど、観光客の笑みを誘っている。昨年は6個の卵が見つかったが、育ったのは1羽だけだった。

 今回のヒナを除くと、志高湖には12羽のコブ白鳥が住み、ボートとともに湖の風景の一部になっている。外敵から身を守れるアヒル大まで無事に育てば、8月下旬ごろ、ヒナたちも湖に放たれる。【大島透】
https://mainichi.jp/articles/20170529/ddl/k44/040/156000c

http://archive.is/652Rz
http://archive.is/Qk88Y
http://archive.is/vU7M5
http://archive.is/z5LPR
http://archive.is/BORAw

野鳥 たくましい 紫川 /福岡【毎日新聞2017年5月25日】

堰の魚道で魚を捕まえたアオサギ
 北九州市内を流れる紫川は、思いの外に魚影が濃く、その川魚を捕食する野鳥の種類が多い。川周辺が都市化してしまっても、意外に野鳥たちはたくましく生きている。

【写真特集・たくましい紫川の野鳥】浅瀬で川魚を捕まえるダイサギ
 朝方と夕方に水面で羽化する昆虫を求めて魚が次々に跳ねる。特に夕方の様子は、水面が沸き立つようだ。

 堰(せき)に設けられた魚道でしばしば見かけるのはアオサギだ。大きな体と長い首を利して魚道の横壁の上から魚道を上下する魚を捕る。

 ダイサギはアオサギと同じほどの体格を持つのに、なぜか堰の周辺で見かけることが少なく、川の中に入って魚を捕っている。

 首の短いササゴイも岸辺の石の陰に身を潜めて、魚を狙う。カワウは潜水漁法だ。最近は都市河川でもしばしば姿を見せるカワセミも何度か目撃した。

 日本野鳥の会北九州支部の前田伸一事務局長は「都市化、河川改修で野鳥が生息できる場所が減った。それでもサギ類などは順応してたくましく生きているといえる」と話している。【衛藤親】

〔北九州版〕
https://mainichi.jp/articles/20170525/ddl/k40/040/361000c

http://archive.is/Mnirk
posted by BNJ at 22:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ 1羽、朝来でふ化確認 郷公園 /兵庫【毎日新聞2017年5月25日】

 県立コウノトリの郷公園(豊岡市祥雲寺)は23日、朝来市山東町三保地区の拠点施設で、コウノトリ1羽のふ化が確認されたと発表した。

 郷公園によると、この施設でのふ化は5年連続。郷公園の職員が確認した。

 今回かえったのは、東京都多摩動物公園で4月下旬に産まれ、郷公園に移された後、5月19日に三保地区の拠点施設で飼育中のペアに託した卵2個のうち1個。【柴崎達矢】

〔但馬版〕
https://mainichi.jp/articles/20170525/ddl/k28/040/462000c

http://archive.is/PejR9

写真展 野鳥の魅力 奈良の西村さん夫婦、松阪「波瀬駅」で /三重【毎日新聞2017年5月25日】

 松阪市飯高町波瀬の観光施設「波瀬駅」で、周辺山間部に生息する野鳥の姿を捉えた写真展が始まり、行楽客の話題を集めている。7月11日まで。

 撮影者は奈良県宇陀市榛原の元家電メーカー社員、西村速雄さん(66)と妻の清美さん(66)。2人は20年ほど前から野鳥の魅力にとりつかれバードウオッチングを始めた。

 会場には輝く青が美しいオオルリをはじめキセキレイ、キジ、カルガモ、キビタキ、ヤマセミなどの見事な一瞬を捉えた四つ切りサイズの13点が並ぶ。西村さん夫妻は「野鳥の姿を通じ、身近な自然の尊さを再確認してほしい」と呼び掛けている。【橋本明】

〔三重版〕
https://mainichi.jp/articles/20170525/ddl/k24/040/289000c

http://archive.is/bBbrN
posted by BNJ at 22:08 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神社境内 灰皿の中でシジュウカラが子育て(山梨県)【NNNニュース2017年5月25日】

 甲府市の神社にユニークな場所で子育てに取り組むシジュウカラがいる。関係者はヒナが元気に巣立つよう厳戒態勢で成長を見守っている。
 シジュウカラが子育てをしているのは、甲府市岩窪町の山梨縣護國神社。神社で暮らすシジュウカラの番が愛の巣を作ったのはなんと灰皿の中…。先月29日に参拝客が気付き、4羽のヒナがすくすく成長している。
 神職によるとシジュウカラが灰皿に巣を作るようになったのは20年程前。この季節になると毎年、灰皿は使用が禁止される。4羽のヒナたちは今週末には巣立ちそうだという。
http://www.news24.jp/nnn/news88810455.html

毎小ニュース ぴよぴよNEWS 灰皿でシジュウカラ子育て中【毎日新聞2017年5月26日】
灰皿の巣からエサを探しに飛び立つ親鳥
 山梨県甲府市岩窪町やまなしけんこうふしいわくぼちょうにある山梨県護国神社やまなしけんごこくじんじゃのけいだいのはい皿ざらで、シジュウカラが子育こそだてをしています。親鳥おやどりがとび回まわり、ヒナたちにエサを運はこんでいます=写真しゃしん。

 同神社どうじんじゃのはい皿ざらは約やく20年前ねんまえから毎年まいとし、春先はるさきにシジュウカラがす作づくりをしていて、この時期じきだけは神社じんじゃが「使用しようきん止し」のはり紙がみをしています。

 今年ことしは、4月がつにさんぱい者しゃが2か所しょのはい皿ざらで、計けい8羽わのヒナをかくにんしました。すでに6羽わがす立だち、神社じんじゃの人ひとは「あと2羽わもぶ事じにす立だってほしい」とねがっています。
https://mainichi.jp/articles/20170529/kei/00s/00s/011000c

http://archive.is/S70jF
http://archive.is/I4hxd
その一服 思いとどまらせる小さな命 長岡山古志【新潟日報モア2017年5月19日】
posted by BNJ at 22:05 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニホンライチョウ、上野動物園でも産卵【産経ニュース2017年5月25日】

産卵した、上野動物園で飼育する「ニホンライチョウ」の雌(同動物園提供)
 国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む環境省は24日、上野動物園(台東区)で飼育する雌が卵1個を産卵したと発表した。同事業による産卵は、20日に産卵が確認された富山市ファミリーパークに次いで2カ所目。

 環境省などによると、上野動物園のつがいは、19日に同居を始めると交尾する姿が確認され、23日に産卵した。

 富山市ファミリーパークでは、24日までに計3個の産卵が確認されており、上野動物園の担当者も「しばらく様子を見守りたい」としている。

 同事業では平成27〜28年に北アルプスの乗鞍岳で、計22個の野生の卵を採集。上野動物園、富山市ファミリーパーク、大町山岳博物館(長野県)で孵化(ふか)させて、飼育している。
http://www.sankei.com/region/news/170525/rgn1705250073-n1.html

ライチョウ産卵…人工繁殖事業【読売新聞2017年5月25日】
ライチョウが産んだ卵
卵を産んだメスのライチョウ(いずれも東京動物園協会提供)
卵を産んだメスのライチョウ(いずれも東京動物園協会提供)
 環境省は24日、国の特別天然記念物で絶滅が心配されているニホンライチョウについて、上野動物園(台東区)で飼育していたメスが卵1個を産んだと発表した。同園での産卵は初めて。同省が進める人工繁殖事業では富山市でも今月、産卵が確認されており、卵は計4個となった。

 同園によると、昨年6月に孵化ふかしたオスとメス各1羽を今月19日から同じケージで飼育したところ、同日交尾が見られ、23日に卵1個が確認された。卵は1週間程度で孵卵器に入れる予定で、有精卵であれば早くて6月には孵化する見込み。同園は「繁殖に向け、着実な一歩を踏み出せた」としている。

 同省は人工繁殖技術を確立してニホンライチョウを保全するため、2015、16年に乗鞍岳(長野、岐阜県)で採卵し、孵化した14羽の飼育を3施設に委託している。同園では4羽、富山市ファミリーパーク(富山市)で7羽、大町山岳博物館(長野県大町市)で3羽を飼育している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyo23/news/20170525-OYTNT50114.html

http://archive.is/8uXSO
http://archive.is/2GcGD
ニホンライチョウ 懸命の求愛 大町山岳博物館【信濃毎日新聞2017年5月23日】
富山)人工飼育のニホンライチョウ、初産卵確認【朝日新聞デジタル2017年5月21日】

「トキは日中友好のシンボル」 孫総領事が佐渡市を初訪問【新潟日報モア2017年5月25日】

トキの森公園を視察する孫大剛総領事=23日、佐渡市新穂長畝

 在新潟中国総領事館の孫大剛(そんたいごう)総領事(54)が23、24の両日、佐渡市を初めて訪問した。佐渡市役所や新穂長畝の「トキの森公園」などを訪れ、「トキは日中友好のシンボル。野生に舞うトキがもっと増えてほしい」と話した。

 孫総領事は23日に佐渡市役所で三浦基裕市長と面会。孫総領事が「佐渡は自然豊かで素晴らしい島だ」と島の印象を語ると、三浦市長は「互いの交流を深め来島する中国人観光客を増やしたい」と語った。

 続いて訪れたトキの森公園では、施設の獣医師から佐渡でのトキ保護の歴史について説明を受けた。「中国から頂いたトキを大切に育て、野生下には約200羽が生息するまでになった」と解説されると、孫総領事は「佐渡にとってトキは大きなPRポイント。もっと増えてほしい」と期待感を語った。

 トキを観察できる「トキふれあいプラザ」では双眼鏡を手にケージ内を歩き回るトキを興味深そうに見た。繁殖期になると首周辺が黒くなることなど、トキの生態について理解を深めた。

 国内では2007年に贈られた華陽(ホアヤン・雄)と溢水(イーシュイ・雌)以来、中国からトキの提供が実現していない。遺伝的多様性が低いため、特定の病気への抵抗がないことが懸念されている。孫総領事は「まずは民間レベルの交流を増やして、日中関係を改善していきたい」と述べた。

 孫総領事は24日、佐渡金銀山や大野亀のカンゾウなどを視察した。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20170525325896.html

http://archive.is/xZOux
posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県 獣医師確保に躍起…募集18人→採用3人【読売新聞2017年5月25日】(鳥インフルエンザ)

説明会や奨学金新設

 酪農や畜産が盛んな本県で、家畜伝染病「口蹄疫こうていえき」や鳥インフルエンザなどに対応する県採用の獣医師の人気が低迷している。県は昨年度、18人の獣医師を募集したが、採用は3人のみ。民間の動物病院などが就職先として人気という。県は「獣医師の争奪戦が起きている」として、獣医学生向けに返済免除の奨学金や就業体験の宿泊費補助を用意するなど、人材確保に懸命だ。(菅原智)

 県が採用する獣医師は、家畜保健衛生所や食肉衛生検査所などに勤務して、家畜の伝染病対策や酪農家への衛生指導、食品検査といった業務にあたる。昨年度には、鶏などの家畜に感染する恐れがある鳥インフルエンザウイルスが県内の野鳥から検出されており、県獣医師の役割は増大している。

 一方、県獣医師の確保は難航している。2010年には132人いたが、定年退職などで、20年度までに42人の減少が見込まれている。県は20年度に132人とする目標を掲げるが、今年4月1日現在で122人にとどまっている。

 18人募集した昨年度は5人を合格としたものの、2人が辞退した。社会人経験者なども対象に計9回募集をかけたが、応募がゼロのこともあった。今年度は2回の募集を終え、応募はない。新卒者向けの採用試験は、7月頃を予定しているという。

■動物病院が人気

 農林水産省によると、獣医師の国家試験には年間約1000人が合格しているが、16年3月に卒業した獣医学生の就職先は、民間の動物病院などが42%で、公務員は17%にとどまる。獣医師を目指す女子学生が増加傾向で、大型の家畜を診察する公務員よりも、犬や猫といったペットを診る動物病院勤務が人気という。

 県は「少ない獣医師を全国の自治体が奪い合っている。獣医師が不足すれば、酪農家へのサービスが低下し、家畜の疾病リスクが高まる心配がある」とため息をつく。

■待遇の改善も

 こうした状況を打開しようと、県も様々な確保策に乗り出している。県獣医師が各地の大学を回り、学生に仕事の魅力を伝える説明会を開催。就業体験も毎年受け入れており、今年度からは県外から参加する学生に2万円程度の宿泊費を補助する。

 卒業後、貸与期間の1・5倍の期間を県獣医師として働けば返済が免除となる、獣医学生向けの奨学金も用意。貸付額も、これまで月額7万円だったが、今年度から最大12万円に増やした。獣医師を目指す高校3年生向けの奨学金も新設した。

 県獣医師の待遇改善も図っており、13年度には月額で最大2万円支給していた手当を最大3万5000円に増額した。

 県畜産課の菊池伸也振興・衛生課長は「全国有数の畜産県なので様々な家畜がおり、仕事の幅は広い。ぜひ岩手で働いてほしい」と呼びかけている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/iwate/news/20170525-OYTNT50040.html

http://archive.is/DOzGI
posted by BNJ at 21:56 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

調べて、見て、楽しもう!「学研図鑑LIVE」のケンコー・オリジナル版図鑑セット付き光学製品4種が新発売!【プレスリリース2017年5月25日】

(株)学研ホールディングス(東京・品川、代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、(株) 学研プラス(東京・品川、代表取締役社長:碇 秀行)は(株)ケンコー・トキナー(東京・中野、代表取締役社長:山中 徹)と、図鑑シリーズ「学研の図鑑LIVE」でライセンス契約を締結。双眼鏡・鳥図鑑(ケンコー・オリジナル版)セット、虫眼鏡・昆虫図鑑(ケンコー・オリジナル版)セット、顕微鏡・植物図鑑(ケンコー・オリジナル版)セット、天体望遠鏡・宇宙図鑑(ケンコー・オリジナル版)セットの4種光学製品が5月25日に発売されます。











この商品は「図鑑で調べて知識を得たのち、実際に本物を見てさらに理解を深めよう」というコンセプトのもと子どもの学習用シリーズとして全国の書店やGMS、玩具店などで発売されます。セットの図鑑にはスマートフォンと連動して楽しめるAR画像もついています(植物図鑑はのぞく)。

倍率20〜40倍のズーム式の顕微鏡や倍率20倍、30倍の天体顕微鏡など確かな機能性を持つこの商品で「調べて、見て、楽しむ」をぜひ体感してください。

●商品名
双眼鏡・鳥図鑑(ケンコー・オリジナル版)セット
虫眼鏡・昆虫図鑑(ケンコー・オリジナル版)セット
顕微鏡・植物図鑑(ケンコー・オリジナル版)セット
天体望遠鏡・宇宙図鑑(ケンコー・オリジナル版)セット
すべてオープン価格

◆『学研 LIVE図鑑』とは
ハイクオリティな写真や最新の情報はもちろん、イギリスBBC制作のDVDと、スマートフォンやタブレットをかざして見られるAR動画で、生き物などの動く姿が映像で見られる、本物よりも本物を観察できる図鑑です。既刊13巻
◆公式サイト
http://zukan.gakken.jp/live/index.html

<製品販売に関するお問い合わせ>
(株)ケンコー・トキナー  http://www.kenko-tokina.co.jp
0120-775-818(ケンコー・トキナーお客様相談室)
月〜金 9:15〜17:30 (土、日、祝日、年末年始定休)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001113.000002535.html

http://archive.is/elux5
タグ:書籍
posted by BNJ at 21:54 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小鳥のかわいい姿や愛くるしいシーンが満載♪ 『日本のかわいい小鳥』発売 株式会社インプレスホールディングス【プレスリリース2017年5月25日】

インプレスグループでデザイン分野のメディア事業を手がける株式会社エムディエヌコーポレーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤岡 功、略称:MdN)は、『日本のかわいい小鳥』を発売しました。



『日本のかわいい小鳥』
http://www.mdn.co.jp/di/book/3217403002/

日本で見られるかわいい小鳥を集めた写真集です。

小鳥が枝などにとまっている姿だけでなく、まだひなのときの小鳥や、水浴び、毛づくろいをしているなど、小鳥のかわいい仕草を捉えた写真も多数載せています。

また、初心者でも気軽に行えるバードウォッチングの楽しみ方や、小鳥に出会える場所、小鳥を上手に撮る方法なども掲載することで、日本のかわいい小鳥を目一杯楽しめる、そんな写真集になっています。

鳥好きの方はもちろん、かわいい動物が好きな方にもオススメです!

【掲載している小鳥】
シジュウカラ/キクイタダキ/シマエナガ/エナガ/コガラ/メジロ/ヤマガラ/
オジロビタキ/ウソ/センダイムシクイ/ジョウビタキ/ゴジュウカラ/カワセミ/
ノビタキ/アオジ/コヨシキリ/アトリ/スズメ/キビタキ/コマドリ/
ソウシチョウ/オオルリ/ホオジロ/ノゴマ/アカヒゲ/ホオアカ/ベニヒワ/
モズ/ヒバリ/イスカ/シマアオジ/カシラダカ/コサメビタキ/ベニマシコ/
ヒガラ/マヒワ/ミソサザイ/ミヤマホオジロ/ルリビタキ/ウグイス/キバシリ/
ツメナガセキレイ/コルリ/サンコウチョウ/コゲラ/ヤイロチョウ

【仕様】
♪鳥くん 監修
定価(本体1,300円+税)
A5変型判/104ページ/オールカラー
ISBN978-4-8443-6670-6








【株式会社エムディエヌコーポレーション】
株式会社エムディエヌコーポレーションは、雑誌・書籍・イベントを通して、グラフィックデザイン、およびWebデザインのノウハウと可能性を伝える事業を展開しています。デザインとグラフィックの総合情報誌『MdN』をはじめ、多数のデザイン関連書籍を発行しています。
URL:http://www.MdN.co.jp/

【インプレスグループ】
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
URL:http://www.impressholdings.com/

【本件に関するお問い合せ先】
株式会社エムディエヌコーポレーション
E-mail:info@MdN.co.jp
URL:http://www.MdN.co.jp/

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001673.000005875.html

http://archive.is/FVFbc

日本のかわいい小鳥
日本のかわいい小鳥
posted with amazlet at 17.05.25

エムディエヌコーポレーション (2017-05-25)
売り上げランキング: 3,798

posted by BNJ at 21:51 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南極の氷に耳すませば 王寺北小で特別授業 奈良【産経ニュース2017年5月25日】(アデリーペンギン)

 南極観測隊に同行した教諭による「南極授業」が王寺町の王寺北小学校で開かれ、5年生60人が熱心に聞き入った。

 実際に体験をした人から“本物”を学んで科学に興味を持ってもらい、「科学のこころ」を育もうと同小学校が企画。平成28年11月〜今年3月まで「教員南極派遣プログラム」で、第58次南極地域観測隊に同行した県立青翔中学・高校の教諭、生田依子さん(40)が講師を務めた。

 22日に行われた授業では、生田さんが南極で撮影をしたアデリーペンギンや、昭和基地の映像を紹介。「南極では空気が澄んでいるため、吐く息が白くならない」など、南極ならではの話も披露し、「南極について調べることで、地球全体について知るきっかけができる」と話した。

 南極から持ち帰った約1万年前の氷に触れるという“サプライズ”も。児童らは氷に耳を当てて、氷に閉じ込められた昔の空気がはじける「パチパチ」という音を楽しんでいた。

 沢部晴太郎君(10)は「何万年も前の空気の音だと思うと、不思議な気持ちになった。南極に行ってみたいと思った」と話していた。
http://www.sankei.com/region/news/170525/rgn1705250042-n1.html

http://archive.is/U1aT7
posted by BNJ at 11:28 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(天声人語)コウノトリ舞い戻れ【朝日新聞デジタル2017年5月25日】

 翼を広げると2メートル。目の周囲が赤く、首をまっすぐ伸ばして飛ぶ――。パンフレット「あなたのまちにコウノトリが飛来したら」はサギとの見分け方を図解する。兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園が2年前から各地の自治体に配ってきた。放鳥を始めて10年の節目に作った▼懸念された事故が先週、園から西へ約170キロの島根県雲南市で起きた。サギの駆除を頼まれたハンターが、誤ってコウノトリを撃ってしまう。足環(あしわ)から、園を巣立った5歳のメスとわかった。何とも気の毒な事故である▼「心のあかりが消えたみたい。お年寄りも子どももがっかりしています」と雲南市大東町の石川幸男さん(71)は話す。住宅地の電柱に巣を作ったのが3月初旬。以来、巣に異変がないか皆で見守るのが日課になった▼車での通行をなるべく避ける。あぜ道の草刈りを先に延ばす。こいのぼりをやめた家もある。子育ての邪魔をすまいという地域の心配りに頭が下がる▼かつては各地で見られる身近な鳥だった。戦時中、巣に適した松林が切られ、戦後は農薬でエサの魚やカエルが減る。1971年、野生下では絶滅した。最後の生息地となった兵庫県が飼育の努力を続け、89年春にヒナが初めてかえった▼放鳥も軌道に乗り、園の田中隆之総務課長(49)によると、いま約90羽が野山を舞う。足環をつけて飛ぶ姿は、秋田をのぞく46都道府県と韓国で目撃されている。かの瑞鳥(ずいちょう)が筆者の頭上を舞った日もあったかと思うとそれだけで胸が温かくなる。
http://www.asahi.com/articles/DA3S12954513.html

http://archive.is/INXP9
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 11:26 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美を継ぐ 上村三代 <10>人生には限りがある【読売新聞2017年5月25日】(コマドリ/ケリ)

「間之町(あいのまち)の家」で、金魚が泳ぐ水槽を前にスケッチをする松篁(左)と、松園。2人の絵描きならではの真剣なまなざしが、淳之にも影響を与えた(1930年頃、松伯美術館提供)
 奈良・平城山の「唳禽荘れいきんそう」で飼っている鳥は200種1000羽を超える。毎朝、淳之は様子を見て回る。

 ここ1年、この日課を大儀に思うことが増えた。「不摂生が過ぎたか」と気にとめなかったが、知人の勧めで渋々、検査を受けた。早期の胃がんが見つかり、4月に手術した。

 画室での生活が当たり前だったから、絵の道具がないと落ち着かない。病室にスケッチブックと色鉛筆を持ち込んだ。

 「記憶の中の鳥を描こうと思ってな」。水浴びをするコマドリ。朝もやにたたずむケリ。花鳥画への扉を開き、悩んでいた余白表現の手がかりをくれた、胸中に棲すむ鳥たちを。

 松園も松篁も、絵一筋、持ちうる時間すべてを創作に充てた。2人の画室は中庭を挟んで向かい合い、夜更けに松園の仕事場の灯がついていると、松篁は「そんなきつうやったらあきませんで」と声をかけた。返事は決まって「もうちょっとだけ」。「それならば、と負けずに筆をとったもんや」と松篁が度々、言っていた。

 淳之もいつしか「24時間、絵のことを考え、極めるのが絵描きや」と考えるようになっていた。なのに、入院中、「記憶の中の鳥」は1枚も描けなかった。

 「こんな無機質なところにおったら感覚的にも情緒的にも心揺さぶられることがあれへんし、気力が失うせる。早よ出て仕事せな」

 84歳。98歳で天寿を全うした松篁には及ばないが、松園が生きた74の年は、とうに超えた。「人生には限りがある」。思いもよらない病に初めての手術を経験し、切磋琢磨せっさたくまする祖母と父の姿を心に浮かべ、強くそう思った。

 「残された時間でせなあかん仕事は何か、よう考えんと」。退院したその日のうちに画室へ戻り、秋の個展に出す描きかけの大作に向き合った。「これからまた精進の日々や」

(木村未来、敬称略)

 ◇次回は6月中旬に掲載する予定です。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/feature/CO029414/20170524-OYTAT50000.html

http://archive.is/12QnI
posted by BNJ at 11:23 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AI国内侵入株 少なくとも5系統 4系統は韓国ウイルスと重複【鶏鳴新聞2017年5月25日】(鳥インフルエンザ)

 農林水産省は、昨秋から今春にかけての高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)発生を踏まえた改善策の検討を進める。農場段階の侵入防止策は、疫学調査チームが6〜7月にまとめる疫学調査報告書を基に、具体的な対策を助言・指導していくほか、防疫措置従事者や資材の確保、殺処分鶏などの迅速な処理、移動制限や制限の例外適用の迅速な周知なども改善していくことにしている。第2回検討会では、ウイルスが韓国を含む「環日本海」に広く持ち込まれたことなどが確認された。

 農林水産省の高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)疫学調査チームは5月11日に第2回検討会を開き、平成28年11月から29年3月にかけて、9道県12農場で発生したH5N6亜型AIの現地調査や、分離ウイルスの遺伝子解析などに基づき発生要因を検討。報告書は今年6〜7月をめどにまとめることにした。
 検討会では、発生農場が全国(発生順は青森、新潟、北海道、宮崎、熊本、岐阜、佐賀、宮城、千葉)に分散している点が、野鳥での広範囲な発生状況(22都道府県218事例)と類似していることや、池や沼、川が家きん舎の近隣にある発生農場が多い傾向が確認された。
 分離ウイルスは、遺伝子解析の結果から「韓国で確認されたウイルスと由来が同じ」と考えられ、野鳥も含めた同ウイルスの遺伝子レベルでの比較では「少なくとも5系統のウイルスが国内に侵入し、このうち少なくとも4系統のウイルスは韓国で確認されているウイルスと重複していると考えられた」とした。
 鶏への感染性や致死性は、ウイルスの感染実験結果から「過去のH5N1亜型ウイルスより低下している可能性」があるものの、各事例とも死亡数の増加が確認されたことから、「早期通報において死亡数の増加が指標として引き続き重要と考えられる」としている。
 ウイルスの国内への侵入経路については、過去の事例と比較して早い時期(11月初旬)から、渡り鳥によって広く日本に持ち込まれたとみられ、韓国での発生状況と併せると、「日本全域、韓国を含む環日本海の地域に、ウイルスが広く持ち込まれた」とみている。
 さらに、3月下旬の宮城県と千葉県での発生を踏まえ、「渡り鳥の春の渡りの時期にも、警戒が必要であることが再確認された」としている。
 家きん舎への侵入経路については「発生状況や飼養衛生管理状況などから現在、特定の経路から家きん舎内にウイルスが持ち込まれたことを示す情報は得られていない」ものの、発生農場の特徴として「家きん舎の近隣に池や沼、川がある場合が多い傾向が確認された。このような農場では、周辺に野鳥などの飛来が多く、家きん舎周囲にウイルスが増加している可能性があるため、家きん舎内への野生動物の侵入防止対策はもちろんのこと、人が家きん舎に出入りする際、靴底や、持ち込む物も含めた消毒などのさらなる徹底が必要」と強調している。
http://www.keimei.ne.jp/article/20170525t1.html

http://archive.is/ZnPGI
中国で4月以降24人が鳥インフル感染 過去最大規模の流行 WHOが警戒【ハザードラボ2017年5月22日】
野鳥の鳥インフル過去最多218件 22都道府県、流行ほぼ終息【日本経済新聞2017年5月13日】
posted by BNJ at 11:21 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑顔いっぱい 打上校区活性化協議会 唐津市鎮西町【佐賀新聞LiVE2017年5月25日】

田植えの参加者とともに=唐津市鎮西町打上
笑顔いっぱい 打上校区活性化協議会

 唐津市鎮西町の打上校区活性化協議会(坂本金満代表)は2014年2月に発足。閉校した打上中学校の校舎を活動拠点に、地域資源を生かした地域づくりを行っている。

 「荒れた田畑、山林も地域の宝」と坂本さん。都市住民と遊休農地を開墾して米作りやタケノコ掘りなど体験活動の場にし、自然観察教室の開催、花木の植栽、鳥の巣箱掛けなど活動の幅は広い。環境保全型農業、生物多様性の根付く地域を目指している。電話090(2078)5887(山本さん)。(地域リポーター・坂田あや子=唐津市)

 坂本 金満(かねみつ)さん(60)

 一人一人が力を出すことで大きな力となる。この力を生かし地域を元気にしたい。世代間交流も進めたい。

 山本 善文さん(55)

 地域の良さを生かし、交流人口増加を目指す。会の活動が永く地域活性化につながってほしい。

 松本 俊則さん(66)

 地域を見て社会を見て発想力を豊かにする。知恵を出し合い、地域の活性化につなげたい。

 塩見 清美さん(69)

 子どもたちとの交流の機会を大切にしたい。子どもが集う場所があることで、地域が元気になる。

 市丸 弘尚さん(58)

 農地を開拓、整備し、みんなが集う場所をつくり、グリーンツーリズムを広げ、農村都市交流事業を進めたい。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/432265

http://archive.is/QT3Nx
タグ:巣箱
posted by BNJ at 11:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浴室の照明にツバメ営巣 春日町黒井・中川さん宅【丹波新聞2017年5月25日】

写真・照明に巣を作った2羽のつばめ=春日町黒井で

 営巣とヒナへの餌やりのため、五月の空をツバメが飛び交うなか、丹波市春日町黒井の中川節雄さん(61)宅では、浴室の照明にツバメが巣を作った。日暮れになると、つがいと見られる2羽が帰宅。入浴する中川さんを眼下に見下ろしながら、特段あわてる風もない。中川さんは「まさかこんな所に巣を作るとは」と笑い、時折口笛を吹いてツバメの気を引いている。
 5月13日に自宅の軒先に作っていた巣が落ちていた。かわいそうに思い巣があった場所に支えになる板を打ち付けてやったものの、そこには戻らず、扉が開いていた脱衣所に入り込み、巣づくりを始めた。洗面台を土で汚したため締め出した。
 15日の夜、湯船につかってふと見上げると、目の高さより高い球状の照明の上に巣をし、巣の縁で羽を休めているツバメを見つけた。「いつの間に。よりによってこんな所に巣を」とビックリしたが気持ちを落ち着かせ、卵を産んでひなでもかえればおもしろいと、静かに見守ることにした。
 幅20a、高さ40aほどある窓は開け放し、自由に出入りできるようにしている。夜明けにツバメが出かける時間は定かではないが、あたりが薄暗くなる午後7時ごろになると、決まって2匹そろって巣に戻って来る。中川さんの入浴時間と重なることから、毎晩ツバメに見守られながら一日の疲れを癒している。巣に近いシャワーを使っても、じっとしている。
http://tanba.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=2765

http://archive.is/fmfoz
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 11:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

28日に葦毛湿原の観察会 NPO東三河自然観察会が開く【東日新聞2017年5月25日】

 NPO東三河自然観察会(寺本和子会長)は28日午前7時30分〜同10時、豊橋市岩崎町の県指定天然記念物、葦毛湿原で自然観察会を開く。 野鳥の鳴き声に耳を傾け初夏の草花を観察し、湿原の成り立ちや現状、行く末などを学びつつ、郷土の自然をどう保...
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=60602

http://archive.is/2HPsC
posted by BNJ at 11:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巣穴からこんにちは 甲賀の民家にフクロウのひな【中日新聞2017年5月25日】

23日、木の幹から顔を出した2羽のフクロウのひな=甲賀市甲賀町和田で

 甲賀市甲賀町和田の農機具店経営、片淵充広さん(60)方の庭にあるシイの老木に、野生のフクロウのひな二羽が姿を見せた。木の上部のうろが巣穴になっていて、間もなく巣立つとみられる。

 片淵さんは十年ほど前の強い風雨の翌朝、自宅脇の田んぼの土手にフクロウのひながいるのを見つけて保護。それを機にフクロウが庭の木を巣穴にして卵を産むと分かり、観察するようになった。

 小まめに観察日記を付けている妻暁子(あけこ)さん(54)によると、今年は四月中旬に近くの森で親鳥が「ホーホー」と鳴くのが聞こえ、今月二十一日には、ひなが巣穴から顔を出すようになったという。

 二十三日夕には、二羽のひなが巣穴の外に仲良く並ぶ様子が見られた。暁子さんは「かわいくて、毎年この時期は仕事が手に付きません」と苦笑いしていた。

 (築山栄太郎)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20170525/CK2017052502000026.html

https://megalodon.jp/2017-0525-1105-01/www.chunichi.co.jp/article/shiga/20170525/CK2017052502000026.html
タグ:フクロウ
posted by BNJ at 11:05 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サシバ観察マナーブック作成 非公認ゆるキャラを活用 市貝などの有志2人【下野新聞SOON2017年5月25日】

マナーブックを持つ市貝町非公認ゆるきゃらの「サシバード」
 【市貝】町を拠点に活動するボランティア団体「Project SSB」はこのほど、町内を営巣地とする猛きん類「サシバ」を観察する子ども向けのマナーブックを作成した。町「公認」と「非公認」のゆるキャラがサシバの特徴や観察の注意点などを説明する内容で、メンバーの田野辺、団体職員長野大輔(ながのだいすけ)さん(36)は「町やサシバについて知ってもらえるきっかけになれば」と話している。

 同団体は、長野さんと知人の宇都宮市簗瀬1丁目、団体職員鈴木和彦(すずきかずひこ)さん(36)の2人がまちおこしの一環として2014年に結成。町の「非公認」ゆるキャラ「サシバード」を考案し、イベントやテレビ出演などを通して町のPR活動を行っている。

 マナーブックはA4判三つ折り。体長や鳴き声などサシバの特徴や、「はなれて見よう!」「見たばしょはヒミツ」といった観察マナーをサシバードと町公認のゆるキャラ「サシバのサッちゃん」が説明している。写真やイラストを多用し、漢字の使用は最小限にとどめて振り仮名を振るなど、子どもにも分かりやすく工夫した。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20170525/2700418

http://archive.is/3DL8M
タグ:サシバ
posted by BNJ at 11:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古里の自然守り文部科学大臣賞 葛巻・小屋瀬中【岩手日報WebNews2017年5月24日】

 葛巻町葛巻の小屋瀬中(佐久山明彦校長、生徒17人)は、2017年度の野生生物保護功労者表彰(環境省、日本鳥類保護連盟など主催)で文部科学大臣賞に選ばれた。03年以降、サクラソウなど希少な動植物を調査・保護している環境ボランティア活動が評価された。生徒は古里の自然にいっそう愛着を深め、活動への意欲を高めている。

 表彰は野生生物の保護に功労があった個人や団体が対象。同校は地域に密着し、教育活動として動植物の保護を継続している点が評価された。表彰式は14日、静岡県熱海市で開催された全国野鳥保護のつどいで行われた。

 同校は1997年、周辺地域では珍しいモリアオガエルを生徒が発見したことをきっかけに、学区内の希少動植物の調査を始めた。03年からは行政と連携し、環境ボランティアとして自然保護活動を展開。同校を卒業した高校生や小屋瀬小の児童も参加してきた。

【写真=受賞を励みに、環境ボランティア活動への意欲を高める小屋瀬中の全校生徒】
https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170524_9

http://archive.is/eYzsM
posted by BNJ at 11:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食用キジ ふ化ピーク 岩見沢就労施設、特産定着目指す /北海道【毎日新聞2017年5月25日】

 岩見沢市日の出町にある知的障害者の就労支援施設「ワークつかさ」(白戸浩雅所長)で、食用に飼育しているキジがふ化のピークを迎えている。

 生まれたばかりの卵をふ卵器に入れ、23日間でふ化。体長4、5センチのひなが次々に誕生しており、7月初旬まで続く。成鳥になるまでには鶏の2倍近い約6カ月かかり、ひなは寒さに弱いため温度管理も大切という。

 今年は年間5000羽以上の出荷が目標。飼育を担当する高島礼夫さん(43)は「札幌の飲食店からの引き合いが増えた。1万個以上を採卵し、岩見沢の特産として定着させたい」と話している。

 岩見沢市では上志文地区の農家が約20年前まで副業としてキジ飼育をしていたが、生産を中止。1998年にこの施設が飼育を引き継いだ。【千々部一好】
https://mainichi.jp/articles/20170525/ddl/k01/040/069000c

http://archive.is/VsJjX
大きく育ってね 岩見沢 名産キジふ化ピーク【どうしんウェブ2016年6月9日】
食用キジのひな「ピイ、ピイ」 北海道・岩見沢の飼育舎でふ化【どうしんウェブ2015年5月16日】
タグ:キジ
posted by BNJ at 11:00 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする