2017年06月30日

新種インコを発見、声はタカ似、残り100羽ほどか きわめて珍しい野生からの発見、新種とするには慎重な意見も【ナショナルジオグラフィック日本版ニュース2017年6月30日】

オウム目の新種と発表されたボウシインコ属のAmazona gomezgarzai(メス、メキシコで撮影)。同じ地域にいる近縁種に比べて鳴き声がうるさく、活発に動き回る。(PHOTOGRAPH BY TONY SILVA (CC BY), CREATIVE COMMONS)

 この数十年、希少な種を見つけようとしてユカタン半島を歩き回った鳥好きは数え切れないほどいる。それでも、探索の目を逃れてきた種がいたらしいことがわかった。しかも、その鳥は派手な色と大きな声を持っていた。(参考記事:「世界を驚かせたアマゾンの新種:ハゲインコ」)

 6月27日付けの学術誌「PeerJ」に発表された新種は、色とりどりの体とタカのような鳴き声を持つオウム目ボウシインコ属のAmazona gomezgarzaiだ。英語で「ブルー・ウイングド・アマゾン」と名付けられたこの鳥は、数年前まで科学者たちに全く知られていなかった。(参考記事:「動物大図鑑 オウム」)

 そのため、発見までの過程も変わっている。近年命名されたオウムの新種は、亜種とされてきたものが後に独立の種に格上げされるパターンが多かった。たいていはDNA分析の結果だ。

「今回の発見は、まぎれもなく鳥類学がまだ発見の時代にある証です」。メキシコ、ヌエボレオン州立大学のミゲル・ゴメス・ガルサ氏は話す。ガルサ氏はメキシコの公的機関が没収した野生生物の世話を担当する獣医で、2014年に新種のオウムを初めて目にした人物だ。「今後も注意深く観察していく必要があります」(参考記事:「インドネシアで新種の鳥を発見」)

 だがその一方で、ブルーウイングを新種とすることに慎重な専門家もいる。

ブルーウイングの鳴き声
「タカを捕まえたのかい?」

 ガルサ氏が珍しい鳴き声を耳にしたのは、ユカタン半島の森を調査しているときだった。声を発していたのはインコの一群だった。街にいるハトくらいの大きさで、翼を広げると目立つ鮮やかな青い風切羽と、燃えるように赤い額が、ほかの既知の種とは違っていた。(参考記事:「フォトギャラリー:ゴージャスな羽を誇る美鳥14選」)

 メキシコ当局の助力で、ガルサ氏はこの鳥のオスとメスを1羽ずつ捕獲し、自宅にある広い飼育場に放した。次いで、米フロリダ州にいる在野の鳥類専門家で、後に論文の共著者となるトニー・シルバ氏に電話した。

「電話越しに初めて鳴き声を聞いて、『タカを捕まえたのかい?』と尋ねました」と、シルバ氏は振り返る。ほかのインコと違い、この“ブルーウイング”は猛禽類のように鋭い音を繰り返す鳴き声をしていたのだ。(参考記事:「ハヤブサがタカよりインコに近かったことが示すもの」)

 うるさいほどの声は、彼らの活発な性質によく合っているように見える。ガルサ氏が見つけた鳥について、シルバ氏は「高い所に登り、物をかみ砕き、羽をつくろい、互いに引っ張りっこもします」と話す。「実に活動的なのです」(参考記事:「ヘンなくちばしをもつ鳥、写真12点」)

 同じ地域にはキバナボウシインコ(Amazona xantholora)という別のボウシインコがいるが、ブルーウイングに比べると声は小さく、行動も落ち着いている。

コンゴウインコ
 捕獲した2羽の特徴的な行動、外見、そしてDNAから、研究チームはこれを新種と発表。ガルサ氏に敬意を表して、学名をAmazona gomezgarzaiと付けた。

 DNA分析から、新種のインコが進化したのはわずか12万年前であることも示された。おそらく、気候変動によって新しい生息地ができた結果ではないかと研究チームは話している。

次ページ:新種の認定には疑問の声も

早急な保護を

 鳥類の専門家たちがこのインコを長く見過ごしてきた経緯は明らかではないが、個体数が極めて少ないため、目に留まることなく生きてきたのかもしれない。

 野生のブルーウイングは100羽ほどしかいないと研究チームは推定しており、森林の減少や違法なペット取引が目当ての捕獲から守るための、早急な対策が必要だと訴える(シルバ氏自身、インコの密輸により1990年代に服役している)。(参考記事:「野生の生息数が150羽に満たないアカハラワカバインコ」)


インコ科の新種(写真はオス)が報告されたが、専門家からは慎重な意見も出ている。(PHOTOGRAPH BY TONY SILVA (CC BY), CREATIVE COMMONS)

 米ニューヨーク市、アメリカ自然史博物館のオウム目の専門家であるカミラ・リバス氏は、ブルーウイングが新種の可能性はあると考えているものの、論文に記載された2羽以外の遺伝子を調べた結果も見たいと話した。

 米シカゴにあるフィールド自然史博物館の准学芸員、ジョン・ベイツ氏も同意見だ。今回の研究で検査された遺伝子は、この種の分析においては「とても弱い」部分だと指摘する。

「何であれ結論を出す前に、遺伝子の分析結果をもっと見たいと個人的に思っています」

 例えば、この研究で示されたブルーウィングの分析結果は、コボウシインコ(Amazona albifrons)にかなり近いとベイツ氏は話した。(参考記事:「ダーウィンフィンチのゲノム解読が広げる種の概念」)


ブルー・ウイングド・アマゾン(写真はオス)の個体数は100羽前後と推定され、きわめて希少と考えられる。(PHOTOGRAPH BY TONY SILVA (CC BY), CREATIVE COMMONS)

「我々の遺伝学的研究は完璧」

 同じく疑いをもつ研究者は他にもいる。米テキサスA&M大学獣医学部でオウム目の保全生物学を研究するドナルド・ブライトスミス氏は、この研究を「よいスタートだ」と評価する一方、ブルーウイングの行動に関する記述があいまいだと指摘している。

 これに対しシルバ氏ら著者は、研究のために希少な種をさらに捕獲するのは非倫理的だろうという。著者の1人でポーランド、ヴロツワフ大学の遺伝学者、パベル・マッキービッチ氏も、今回はインコに関する他の研究でも使われる遺伝子を分析しており、新種がほかの種と遺伝的に近いことはありえると強調した。(参考記事:「賢いインコ「ヨウム」、アフリカで激減」)

「論文を読んだ他の専門家は、遺伝子の比較的小さな違いが過大評価されるべきではないと言いながらも、異論を唱えた人はいませんでしたし、新種であることにもほとんど疑問をもたれませんでした」

 シルバ氏も付け加える。「我々の遺伝学的研究は完璧です。この種が科学界の厳しい批判にも耐えるという自信があります」

文=Traci Watson/訳=高野夏美

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/062900247/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/062900247/?P=2

http://archive.is/OGEdm
http://archive.is/QLYeK

タグ:メキシコ
posted by BNJ at 23:03 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30年にわたる鳥を中心とした朝鮮半島の野生生物研究/鄭鐘烈【朝鮮新報2017年6月30日】

「鳥を研究して、いったい何になるんですか?」

周囲の人たちはもちろん、朝鮮でも、日本の友人からも、よく聞かれる。そんなとき、私はこう答える。

「鳥が安心して暮らせる環境の下では、人も安心して暮らせる。そんな環境を守るため、三千里錦繍江山を守るために、私は鳥の研究をしています」と。

ウリナラ(わが国=朝鮮)で絶滅の危機に瀕した鳥類を保護するために取り組んできた、これまでの活動について話したい。...
http://chosonsinbo.com/jp/2017/06/sinbo-j_170703-3/

http://archive.is/YF3sj
タグ:北朝鮮
posted by BNJ at 22:59 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「中国で最も美しい鳥」 ルリノドハチクイとカワリサンコウチョウ【中国国際放送2017年6月30日】

 湖北省潜江市野鳥観察協会の会員12人がこのほど、2組に分かれて同市で重要鳥類の調査を行い、「中国で最も美しい鳥」と称されるルリノドハチクイ96羽を観察した。そのほかにも、珍しいカワリサンコウチョウの生態の撮影も行った。中国新聞網が伝えた。「人民網日本語版」http://j.people.com.cn/

http://japanese.cri.cn/2021/2017/06/30/141s262868.htm
http://j.people.com.cn/n3/2017/0628/c94659-9234296.html

http://archive.is/Dv595
http://archive.is/rJ5X6
posted by BNJ at 22:57 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライチョウの糞は地球温暖化を覚えていた【サイエンスポータル2017年6月30日】(既報3ソース)

動物の糞(ふん)を調べると、いろいろなことが分かる。ペットなら健康状態、野生の動物なら何を食べているのか。そして富山県の寒い山岳地帯にいるライチョウの糞からは、ここのライチョウが、かつて地球温暖化で生息数が減ってしまう大ピンチを切り抜けていたことが分かったのだという。富山大学の山崎裕治(やまざき ゆうじ)准教授らの研究グループが、このほど発表した。

山崎さんらが調査したライチョウは日本にだけいる固有の種類で、北アルプスや南アルプスなどの、おもに標高2200メートル以上の高山で繁殖している。絶滅が心配されており、国の特別天然記念物にも指定されている。

ライチョウ1羽ごとの遺伝子の細かな違いを調べるため、山崎さんらはライチョウの糞を狙った。糞は腸を通ってくるので、その表面には腸の細胞が付いている。2013年と2014年の5〜7月、富山県の立山でライチョウが糞をして立ち去ったのを確認し、すぐに糞の表面を綿棒でこすって腸の細胞を採取した。これを研究室に持ち帰り、遺伝子を分析した。

ひとつの集団を作っている同じ種類の生き物でも、個体ごとに遺伝子がすこし違っていて、遺伝子には一定の「多様性」がある。ところが、集団内の個体数がなんらかの原因で減ると、特定の遺伝子が失われてしまう確率が高まり、この「多様性」は小さくなる。また、以前に比べて個体数が増えているのか減っているのかを、遺伝子の違いから推定する方法などもある。これらをもとに糞から採ったライチョウの腸細胞を調べたところ、立山のライチョウは、今から約4000年前に数が増えたことが分かった。

地球は約2万年前、最終氷期の寒さのピークを迎えていた。ライチョウは、そのころ大陸から渡ってきて日本に住み着いたと考えられている。その後、地球は温暖化し、6000年ほど前に暖かさのピークになった。世界中の氷河が解けて水が海に流れ込み、海面の水位が上がった。そのころの日本は縄文時代。関東地方などで海面が数メートルも上昇し、海は低地にはい上がった。「縄文海進」という現象だ。

高山にいたライチョウは、暑さを逃れようにも、ふもとの高温地帯を越えて別の地域に移ることは難しい。ライチョウが暮らすハイマツの茂みも狭くなり、このころからライチョウは、現在に向けて、しだいに数を減らしてきたと考えられていた。

しかし実際には、ライチョウの数は約4000年前に増えていた。ちょうど地球温暖化のピークが過ぎて気温が下がってきたころだ。そこで山崎さんらは、立山のライチョウは「縄文海進」をもたらした温暖化の危機を乗り越え、自然環境が回復するとともに数が増えたのだと結論した。

立山でライチョウの数がかつて増加したという事実は、今回の研究で初めて分かった。現在は絶滅が心配されているライチョウ。環境さえ整えば、また数が増えるのだろうか……。ライチョウの糞が伝えてくれた教訓だ。

写真 富山県・立山のライチョウのつがい。手前がメス(山崎さん提供)

図 立山のライチョウ個体数変化のイメージ。最終氷期に個体が増え、その後の地球温暖化で減少。気温が下がって個体数は回復した(山崎さんら研究グループ作成・提供)

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2017/06/20170630_01.html

氷河期後ライチョウ激減 富山大の山崎准教授がDNA分析【北日本新聞ウェブ2017年6月9日】
 立山・室堂平周辺のニホンライチョウが氷河期が終わった1万年前から約6千年前にかけ温暖化の影響で激減し、その後、生息数が回復したとする研究成果を、富山大理学部生物学科の山崎裕治准教授(46)らがまとめた。ライチョウのふんからDNAを分析し、遺伝子型の歴史的な変化を読み解いた。1万年前から個体数は減り続けてきたという定説を覆すもので、日本生態学会(東京)が発行する冊子「保全生態学研究」に掲載された。

 ニホンライチョウは国の特別天然記念物で絶滅危惧種。立山一帯には現在、約300羽が生息しているとされる。富山市ファミリーパークなどが人工繁殖に取り組んでいる。

 山崎准教授は研究室の学生や県雷鳥研究会と協力し、2013年から室堂平周辺でライチョウ50羽分のふんを集め、DNAを分析。その結果、立山のライチョウは、大きく三つの遺伝子型に分類されることを突き止めた。

 さらに詳しく分析すると、約4千年前から遺伝子型が多様化していることが分かった。遺伝子型の多様性と個体数には相関関係があり、当時の立山ではライチョウの数が増えていたことが推測されるという。

 准教授らは、氷河期が終わった1万年前から最も地球が温暖だった6千年前にかけて立山のライチョウが餌不足などによって激減、その後の環境の改善で増加に転じたと結論付けた。

 准教授は「ライチョウが厳しい環境を乗り越え、現代まで生き残ってきたことが分かった。遺伝子情報を分析した結果を、今後の繁殖事業にも生かしていきたい」としている。個体数の具体的な推移を今後特定していくという。
http://webun.jp/item/7374489

6000年前 富大、遺伝子分析で新説 温暖化の緩和後に ライチョウ再増加【中日新聞2017年6月9日】
 富山県の立山連峰に生息する国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」が、約九千年前に始まった地球温暖化で激減した後、温暖化が緩和し始めた約六千年前から再び増加し始めたとの推定結果を、富山大の研究グループがふんによる遺伝子分析で明らかにした。温暖化以降、個体数は減少し続けたという従来の見解を覆す内容。成果は五月三十日発行の研究誌「保全生態学研究」で発表した。

 富山大理学部の山崎裕治准教授(46)=保全遺伝学=らは二〇一三〜一四年、立山連峰に生息するニホンライチョウ百二羽のふんを採取し、うち五十羽の遺伝子分析に成功。三つの遺伝子型を見つけ、立山連峰以外の生息地と同程度の多様性を保持していることを突き止めた。

 さらに、遺伝子の配列の比較や過去の気候変化などを参考にして分析を進めた結果、約九千〜六千年前の温暖化で個体数が減ったが、生息環境が改善し始めた約六千年前から回復したと結論づけた。山崎准教授は「遺伝子データを詳しく分析することで血縁関係も分かり、(人工繁殖で)個体の多様性を保ちながら増やすことが可能になる。他の生息地と比較すれば、生き方の違いも調べられる」と話している。

 ニホンライチョウは特別天然記念物のため体を傷つけることができず、遺伝子調査はこれまでほとんど行われていなかった。山崎准教授は「傷つけずに調査する方法を確立できたのも一つの成果」と強調した。

 ニホンライチョウは、富山や長野県などの山岳地帯に千七百〜千八百羽が生息。立山連峰には氷河期だった約一万年前までにすみ始めたとされ、現在は約三百羽が生息している。 (山中正義)
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2017060902100011.html

過去の温暖化で激減=ライチョウ、遺伝子分析−富山大【時事ドットコム2017年6月8日】
立山山麓に生息するニホンライチョウ=富山県立山町、2016年4月
 国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」が約9000年前に始まった地球温暖化で激減した後、温暖化が収束し始めた6000年前以降に個体数が回復したとの推定結果を、富山大の研究チームが8日発表した。ふんから採取した遺伝子を分析した。
 富山大の山崎裕治准教授は「現在は再び地球温暖化が進んでいるとされるが、当時ライチョウが激減した理由を調べることで、保護の在り方のヒントになるかもしれない」と話している。
 ニホンライチョウは富山、長野両県の山岳地帯などに1700〜1800羽が生息。絶滅危惧種に指定されており、保護の機運が高まっている。
 研究チームは2013〜14年、富山県の立山山麓に生息するライチョウ50羽のふんを採取し、遺伝子を分析した。
 遺伝子の変化の過程と過去の気候変動を比較した結果、約9000年前〜6000年前の温暖化でいったん個体数が激減し、温暖化が収まり始めた約6000年前〜4000年前に回復したと推定した。
 ライチョウは氷河期だった約1万年前までに、立山地域にすみ始めたとされる。これまでは温暖化以降、一貫して減ってきたと考えられていた。(2017/06/08-17:58)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017060801089&g=soc

http://archive.is/D7yiN
http://archive.is/Xzup9
https://megalodon.jp/2017-0609-1117-20/www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2017060902100011.html
南アルプス北岳 ケージでライチョウ保護へ【伊那谷ねっと2017年6月2日】
posted by BNJ at 22:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル、野鳥で拡散=昨冬に12件発生−農水省【時事ドットコム2017年6月30日】

 農林水産省は29日、昨年11月から今年3月にかけて各地の養鶏場などで発生した高病原性鳥インフルエンザの感染経路に関する調査報告書を公表した。報告書は昨冬発生した12件のうち、ほぼ全てで現場周辺に野鳥が飛来しやすい池、沼があったことや、野鳥の感染が過去最多だった点を指摘。渡り鳥が国内に持ち込んだウイルスに野鳥が感染し、全国に拡散した可能性があると結論付けた。
 昨冬、養鶏場などで鳥インフルが発生したのは北海道と青森、宮城、新潟、千葉、岐阜、佐賀、熊本、宮崎の9道県。これまで最多だった2010年度の24件に次ぐ大量発生で、約167万羽の鶏と食用アヒルが殺処分された。いずれも国内の野鳥や韓国で確認されたH5N6型ウイルスが検出された。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017062900989&g=eco

http://archive.is/EI0rv
posted by BNJ at 22:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする