2017年06月03日

鵜飼 三次で開幕【読売新聞2017年6月3日】

鵜を操ってアユを捕る鵜匠(三次市の馬洗川で)
 県北の夏の風物詩・三次の鵜飼うかいが2日、三次市の馬洗川で始まった。400年以上の歴史がある県無形民俗文化財だが、昨年は1〜3月に14羽が死に、今年は新たにカワウ6羽を導入した。

 1日の開幕予定が雷雨のため順延となった。この日は天候に恵まれ、かがり火がたかれた鵜飼乗船場から烏帽子えぼしと腰みのを着た鵜匠が鵜舟に乗って出発。約7メートルの手綱をさばき、11羽の鵜が水中でアユを捕らえ、はき出す姿に遊覧船の見物客から盛んな拍手や歓声が起きていた。

 9月10日まで、荒天を除き毎晩行われる。3日は乗船場一帯で午後4時40分から「みよし鵜飼まつり」が開かれ、アユのつかみ取りやライブ演奏などがある。問い合わせは市観光協会(0824・63・9268)。
http://www.yomiuri.co.jp/local/hiroshima/news/20170602-OYTNT50318.html

http://archive.is/KNW8a
包装に鵜匠 三次でラスク販売【中国新聞アルファ2017年5月19日】

posted by BNJ at 23:03 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無農薬でコメ 小学生がアイガモ農法学ぶ【チューリップテレビニュース2017年6月3日】

 入善町では、化学肥料や農薬を使わずアイガモをつかったアイガモ農法を子どもたちが学びました。

 2日は、入善町の米原光伸(よねはら・みつのぶ)さんの田んぼに入善小学校の三年生51人がアイガモのヒナ45羽を放しました。

 アイガモ農法は、アイガモのヒナに田んぼの水草や害虫を食べさせることでコメの無農薬栽培に取り組むもので、アイガモのフンも土を肥やす肥料として効果が期待できます。

 児童たちは米原さんの指導を受けながら、アイガモの動きを観察していました。

 今年は、およそ180羽のアイガモのヒナが穂の出る8月上旬まで水田に放たれる予定です。
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/?TID_DT03=20170602153349

http://archive.is/Bms5J
アイガモ放鳥 除草は任せた 入善の農家、水田に【中日新聞2016年6月3日】
タグ:アイガモ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプトで「アヒルの大虐殺」一体、何が?【日テレNEWS24 2017年6月3日】

エジプトでアヒルの大虐殺か?一体、何が。

 先月29日付の新聞「アル・ワフド」に「アヒル大虐殺」の見出しが。エジプトは今、イスラム教の断食月・ラマダンを迎えている。イスラム教徒は日の出から日没まで、食べ物や飲み物を口にしないが、北部のある地域ではラマダン初日の日没後、アヒルを食べる習慣があるのだ。この1食だけで少なくとも40万羽のアヒルを消費したとみられている。
http://www.news24.jp/articles/2017/06/03/10363244.html

http://archive.is/aip4m
posted by BNJ at 22:30 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

済州島で「鳥インフル」の疑い 精密検査へ【KBS WORLD RADIO2017年6月3日】

済州島の農家が飼育している鶏が死亡し、 鳥インフルエンザの疑いがあるとして、
精密検査が行われています。
農林畜産食品部が3日明らかにしたところによりますと、済州島の農家から地鶏3羽が死亡したという通報があり、済州動物衛星試験所で簡易検査をしたところ、H5型鳥インフルエンザの遺伝子が確認されたということです。
現在、精密検査が行われていて、週明けの5日には高病原性鳥インフルエンザかどうか確認できるものとみられます。
韓国では去年11月に史上最悪の鳥インフルエンザが全国的に猛威を奮いましたが、ことし4月4日以降2か月あまりにわたって新たな発生はなく、政府は今月1日に危機警報を平常の水準に下方調整したばかりでした。
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=63836&id=Dm

http://archive.is/GlXOB
韓国、19日から鳥インフルエンザ警戒レベルを1段階引き下げ【ロイター2017年4月18日】
posted by BNJ at 22:28 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥の病院 傷ついた野鳥、再び空へ NPO代表・中津さん、6000羽以上救護 堺 /大阪【毎日新聞2017年6月3日】

 傷ついた野鳥を手当てして自然界へと戻す「野鳥の病院」が堺市にある。2008年設立のNPO法人で、代表の獣医師中津賞(すすむ)さん(74)はこれまでに6000羽以上を救護してきた。「一羽でも多くの命を救いたい」との思いから、応急処置や油汚染された水鳥を洗浄できるボランティアの育成にも力を入れる。

 中津さんは小学4年の時に飼ったジュウシマツに魅了され、無類の鳥好きに。1965年に日本獣医畜産大(現日本獣医生命科学大)を卒業して獣医師となり、73年に動物病院を開業すると、負傷したスズメやハト、フクロウなどが次々と運ばれてきた。

 NPO法人野生動物救護獣医師協会(東京)によると、国内では感染症の危険や、見合う対価が得られないなどの理由で、野鳥の治療に当たる獣医師は限られている。だが中津さんは意に介さず、海外の大学で最先端の治療法を学んできた。

 ガラス窓や自動車にぶつかったり、農業用ネットに絡まったり……。手当てするのは、主に人の生活に関係して傷ついた野鳥だ。翼を広げたり羽ばたかせたりするリハビリも施し、野生へ戻す。

 一方、傷ついた鳥は別の生き物の食料にもなるため、食物連鎖を壊さないよう「善意ある無視」も必要という。

 中津さんは、97年に島根県・隠岐島沖の日本海で発生したロシア籍タンカーの重油流出事故の際、汚染された水鳥の救護に駆け付けた。ただ、手当てが可能な個体を見極める作業は人手が足りず、洗浄法も手探りで「もっと救えるはずの命があった」と悔やむ。

 事故後は、洗浄技術を持つボランティア育成の講師役を務め、約800人が中津さんのもとで学んだ。リハビリを担当するボランティアの養成にも取り組み「準備万端で野鳥を救護できる体制をつくるのが夢です」と目を細めた。
https://mainichi.jp/articles/20170603/ddl/k27/040/453000c

http://archive.is/vVlHF
posted by BNJ at 22:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本物そっくり 紀の川市で野鳥木彫り展【わかやま新報2017年6月3日】

 紀の川市貴志川町高尾のオープンカフェ「野音(ののん)」で30日まで、バードカービング「野鳥の木彫り展」が開かれている。作品は、岩出市西国分の山中健児さん(82)が手作り。どれも本物そっくりで、来店客を驚かせている。

 山中さんは約20年前、趣味の一環で大阪府のバードカービング教室に参加。腕に磨きをかけ、これまでに約80点の作品を完成させた。

 加工しやすく、歯切れのいいジェルトン材を使用。専用の電動器具を使い、設計図通りに仕上げる。鳥の足は針金を使用し、細く切ったばんそうこうを針金の上に施す。色付けでは、下地を塗り、アクリル絵の具を何度も塗り重ねる。

 鳥の表情や色をより正確に表すため、バードウォッチングや写真撮影に出掛けて参考にするという。一つの作品を仕上げるのに20日以上の時間を費やし、「緻密な作業だから根気がいる」とほほ笑む。

 同店の協力を得て、和歌山で初めてとなる展示。作品は、アカゲラ、ヤマガラ、カワセミ、スズメなど15種類25点で、どの作品も今にも動き出しそうなほどリアルに仕上げられている。山中さんは「ぜひ実際に作品を見てほしい。お店に足を運んでください」と呼び掛けている。

 営業時間は午前10時から午後5時まで。月、火、水曜は定休日。問い合わせは同店(рO736・65・2530)。
http://www.wakayamashimpo.co.jp/2017/06/20170603_70047.html

http://archive.is/RGK8B
posted by BNJ at 22:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駅前ツバメの巣駆除、ヒナ落下死…利用者の前で【読売新聞2017年6月3日】

 相模原市緑区のJR相模湖駅前で先月27日、バス・タクシー乗り場の屋根にあったツバメの巣を、駅職員が利用者の目の前で棒を使って壊し、落ちたヒナ1羽が死んでいたことが2日、わかった。

 鳥獣保護管理法違反の可能性もあり、JR東日本は「配慮が足りなかった」と認めている。

 同社などによると、巣は高さ約3メートルの屋根の下にあり、「フンが汚い」という苦情を受け、職員2人が周辺の蛍光灯や壁の汚れを清掃した際、ツバメを追い払うために巣を壊した。巣は半分ほど残り、今もツバメがやって来るという。

 同社が利用者の批判を受けて調べたところ、ヒナ1羽が死んだことを確認。30日、神奈川県に事情を報告し、注意を受けたという。県自然環境保全課によると、ツバメは鳥獣保護管理法で、傷つけたり卵を壊したりすることが禁止されており、同課は「大変に残念な行為」と指摘する。

 読売新聞の取材に、JR東日本八王子支社広報課は「職員の認識が薄く、利用者に不快な思いをさせて申し訳ない」と陳謝した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170602-OYT1T50164.html

http://archive.is/akbxs
posted by BNJ at 22:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くらしナビ・ライフスタイル 海汚す微細プラスチック【毎日新聞2017年6月3日】(他1ソース)

回収したごみを品目別に集計するボランティアら=神奈川県藤沢市の鵠沼海岸で2016年9月、一般社団法人JEAN提供
 プラスチックごみによる海洋汚染が深刻だ。目に見えるごみに加え、近年では微細な「マイクロプラスチック(MP)」が生態系に及ぼす悪影響も懸念されている。6月5日は国連が定めた「世界環境デー」。私たちの日常的な消費が引き起こす問題について、考えたい。

 ペットボトルやレジ袋、包装容器……。私たちの生活にあふれるプラスチック。その生産量は世界で年間約3億1100万トンに上るという。そのうちおよそ1億トンがごみとなり、少なくとも800万トンが海に流出しているとされる。世界経済フォーラム(ダボス会議)が昨年、2050年までに海洋中のプラスチックが魚の総重量を上回るという試算を発表するほど、汚染は進んでいる。

 MPは、海に流出したプラスチックごみが波風や紫外線によって細かく粉砕されたもの。08年に米海洋大気局が開いたワークショップで、5ミリ以下のものと定義された。10年以降、欧米の学会で取り上げられることが増え、国際的な関心が高まっている。国連環境計画(UNEP)は5月上旬、MPを含む海洋ごみを規制する条約制定を目指す初めての会議を開いた。

 ●有毒物質の運び屋

 MPの問題は、ポリ塩化ビフェニール(PCB)やDDT(殺虫剤)といった海中の有毒物質を吸着し、プランクトンにも取り込まれることだ。東京農工大の高田秀重教授らは01年、MPが有毒物質の「運び屋」の役割を果たしているとする論文をまとめた。「MPを摂取したプランクトンを魚や貝が食べ、それを鳥や人が食べることで有毒物質が濃縮される。今のところ人体に影響がある量ではないが、見過ごせる問題ではない」と注意を促す。東京農工大の調査では、MPに含まれる有毒物質の濃度は同じ体積の海水と比べ、最大で100万倍。MPがカキの生殖能力を低下させるといった海外の研究結果もある。

 PCBやDDTは現在、国内で製造が禁止されているが、50年ほど前は乱用されていたため、海底に多量に沈殿しているとみられる。高田教授によると、東京湾の底には水中の約3万倍のMPが含まれていた。「海底で有毒物質を吸着したMPが浮上し、それを魚介類が食べれば過去の汚染が再び広がる恐れがある」と指摘する。

 ●世界平均の27倍

 世界的な問題意識の高まりを受け、国も調査を始めた。環境省は15年から、東京海洋大などに委託して日本周辺の沖合と東京湾や駿河湾などの沿岸計100地点以上を調べた。九州大の磯辺篤彦教授が分析した結果、日本周辺の沖合には世界平均の27倍にあたる172万粒(1平方キロ当たり)のMPが存在すると推計され、日本海北部や九州周辺で比較的濃度が高かった。別の調査では、人間の生活圏から遠く離れた南極海でもMPが採取された。環境省海洋環境室の森田紗世室長補佐は「潮流や季節風の影響で流れ着きやすい場所があること、汚染が世界中に広がっていることを示している」とした上で「実態把握を進めるため、今年度は海洋ごみ対策の予算を拡充し、調査海域を広げた」と説明する。

 汚染は海にとどまらない。東京理科大の二瓶泰雄教授らは15年から、国内23河川を調べたところ、北海道から沖縄までの全地点でMPが見つかり、市街地を流域とする川で多い傾向があった。「汚染は経済活動と関連しており、川から海にも流れ込んでいる」と二瓶教授は懸念する。

 ●洗顔料、衣類からも

 MPのほとんどは粉砕されたプラスチックごみだが、洗顔料や歯磨き粉に含まれるスクラブも「マイクロビーズ」と呼ばれるMPの一種だ。米国では15年、マイクロビーズの化粧品への配合を段階的に禁止する連邦法が成立。一方、日本ではメーカーの自主規制にとどまる。16年3月、日本化粧品工業連合会が会員企業約1100社に対して使用中止を呼びかけ、大手十数社は中止の方針を表明しているが、薬局やスーパーの店頭にはいまだに多数のスクラブ入り商品が並ぶ。そのほか、衣類の化学繊維やメラミン樹脂製スポンジからもMPは流出している。

 「30年前から毎朝、自宅周辺の道路でごみ拾いをしているが、住宅街でも1時間ほどで2、3袋がいっぱいになる。そうしたごみが雨で流され、最終的に海に集まる」。そう話すのは、1990年から海岸の清掃と調査に取り組む一般社団法人JEANの小島あずさ事務局長。JEANは米国の自然保護団体が主導する海岸清掃活動に参加。毎年秋、全国各地の有志が清掃で回収したごみを品目別に集計している。プラスチック片の割合は90年代から常に上位で、近年は最も多くを占める。「プラスチックは軽くて丈夫なのが利点だが、それはごみになると遠くまで広がる、生物に絡まって取れないといった欠点に変わる」と警告する。

 微細なMPは、一度海に広がると回収できない。最も有効な対策は、プラスチックごみをなるべく出さないことだ。小島さんは「日常でプラスチックを全く使わないことは不可能なので、安易に使い捨てない、レジ袋をもらわないといったことから始めてほしい」と訴える。また「プラスチック製品を割高で売る工夫をしている国もある。マナーやモラルに頼るだけでは解決しない」とも考える。

 欧州連合(EU)は14年、加盟国にレジ袋削減案策定を義務づけ、1人年40枚に減らす目標を掲げた。フランスでは昨年、20年以降に飲食店での使い捨てプラスチック容器提供を禁止する法案が成立。しかし日本ではそうした法規制や数値目標はなく、1人平均年300枚のレジ袋を消費しているとされる。高田教授は「レジ袋の有料化は自治体任せで、業界団体の反対もあり進んでいない。国がイニシアチブを取り、流通システムの見直しを社会全体で考えるべきだ」と強調する。【野村房代】
https://mainichi.jp/articles/20170603/ddm/013/040/017000c

{知る} 微細化「マイクロプラスチック」【読売新聞2017年6月3日】
回収困難世界の海汚染

 5ミリ・メートル以下の小さなプラスチックの破片「マイクロプラスチック」が、世界中の海で検出されている。微小なため回収が難しく、誤飲によって生物や生態系への影響も懸念される。国際的な対応が必要で、実態把握に向けた調査が進められている。(冨山優介)

大阪湾での調査で海水を採取する京都大のグループ(2015年11月)(田中周平・京都大准教授提供)
大阪湾での調査で海水を採取する京都大のグループ(2015年11月)(田中周平・京都大准教授提供)
マイクロプラスチックの拡大写真。目盛りは0.18ミリ (田中周平・京都大准教授提供)
マイクロプラスチックの拡大写真。目盛りは0.18ミリ (田中周平・京都大准教授提供)
琵琶湖や大阪湾で検出されたマイクロプラスチック(田中周平・京都大准教授提供)
琵琶湖や大阪湾で検出されたマイクロプラスチック(田中周平・京都大准教授提供)
■生態系に影響

 プラスチックは、主に石油を原料とする高分子がつながってできている。ペットボトルや包装フィルム、部品の材料など幅広く使われ、生活に欠かせない。化学的に安定した物質だが、紫外線や熱、波の力を繰り返し受けると微細化が進む。これがマイクロプラスチックになる。

 国内各地で調査している高田秀重・東京農工大教授(環境化学)は「プランクトンや小魚などが餌と間違えて食べると、傷つく恐れがある」と指摘。さらに、「マイクロプラスチックは汚染物質を吸着しやすい。食べた生物の体内に汚染物質を運び、ため込んでしまう」と話す。

 小魚が食べたマイクロプラスチックは、その小魚を食べる大型の生き物たちの体内に蓄積されていく。2015年にドイツで開かれた主要国首脳会議の宣言では、「海や沿岸の生物や生態系に直接影響し、潜在的には人間の健康にも影響しうる世界的な課題」と記された。

 環境省によると、日本の沿岸や沖合の各地でも検出されている。調査の一例では、日本周辺海域では1平方キロ・メートル当たり172万個が存在し、世界の海全体に比べると27倍も多かった。同省は「継続的に調査し、実態を把握していく」と説明する。


■南極でも

 影響は極域にも広がっている。九州大や東京海洋大の研究チームは昨年9月、南極海でマイクロプラスチックを検出したと発表した。多い場所では1平方キロ・メートル当たり28万6000個。北半球の平均的な密度に匹敵する数値だ。

 チームの磯辺篤彦・九大教授(海洋物理学)は「長い年月をかけて運ばれたものがほとんどだろう」とした上で、「人間の活動から最も遠い南極にも存在していた。地球上のどこで見つかってもおかしくないことを示している」と話す。

 田中周平・京都大准教授(環境工学)らのグループは琵琶湖や大阪湾で調査を続けている。16年、琵琶湖の南湖の6か所で行った調査では、1立方メートルの水の中に0・21〜6・51個のマイクロプラスチックが見つかった。ほとんどが、レジ袋や包装フィルムなどに使われるポリエチレンやポリプロピレンだった。また、琵琶湖のワカサギを調べたところ、31匹のうち9匹の消化器官からマイクロプラスチックを検出した。

 田中准教授は「外洋と違って琵琶湖は閉鎖された水域なので、周囲で捨てられたごみなどの影響を受けやすい」と語る。今後、滋賀県と共同でさらに詳しく調査を進める予定だ。

■海岸でごみ回収を

 愛媛大の日向博文教授(沿岸海洋学)らのグループは、東京都・伊豆諸島の新島村の海岸で、マイクロプラスチックがどれくらい海岸にとどまるかの検証を続けている。プラスチックに見立てた小さな木片に目印を付けて散布し、追跡する。マイクロプラスチック程度の大きさなら10日ほどで海へ流れ出る一方、10センチ程度なら7、8か月滞留するという試算が得られた。

 日向教授は「海岸に長期間残るうちに、紫外線などでマイクロプラスチックになり、微細化すればすぐに海へ流れてしまう」と指摘。「海岸に捨てられたプラスチックごみを片づけることは、マイクロプラスチックの発生を抑える有効な方法だ」と話している。

手離れた後考えて

 神戸市を拠点に、海岸のごみの調査を続けている団体「クリーンアップ関西事務局」の古川公彦・共同代表=写真=に、海岸のごみの現状を聞いた。

 我々の団体は1990年から、主に兵庫県の須磨海岸のごみの実態調査を続けている。社会人15人程度のメンバーが中心で、企業など協力してくれる団体とともに年2回、ごみの種類と量を記録している。

 プラスチック片の量は、ごみの中で常に1、2位の多さで、この十数年変わっていない。99年に鳥取砂丘で調べた際も、傾向は同じだった。数ミリ程度のものが多いが、より微細化すると回収は難しく、人の手では拾いきれないマイクロプラスチックは多くあるだろう。

 プラスチックは便利だが、化学的に安定であるために、環境の中に残り続け、生物への影響も出ている。自分の手を離れたプラスチックの行く末がどうなるのか。そこに思いを巡らせてほしい。
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/CO022791/20170502-OYTAT50018.html?from=tw

http://archive.is/kIhBW
http://archive.is/Owf34
「世界で最もプラスティックゴミの密度が高い場所」は、世界遺産の無人島だった:調査結果【産経ニュース2017年5月29日】
米科学誌サイエンス、論文の撤回を発表【朝日新聞デジタル2017年5月5日】
<社説>微細プラスチック 海を守る多角的な対策を【琉球新報2017年3月23日】
健康被害の可能性も?マイクロプラスチック問題とは【ダイヤモンド・オンライン2017年1月21日】
プラスチック海洋汚染 最果て南極も 九大など初検出【毎日新聞2016年9月26日】
社説 海洋ごみ汚染 国際連携で拡散を防止したい【読売新聞2016年8月26日】
微細プラスチック、魚から 吸着の汚染、体内蓄積 海洋生態系に脅威【朝日新聞デジタル2016年6月23日】
琵琶湖で直径5ミリ以下微細プラスチック見つかる 京大調査【産経ニュース2016年3月18日】
(教えて)海を漂流するごみが問題になっているの?【朝日新聞デジタル2015年10月5日】
海鳥の90%がプラスチックを誤飲、最新研究で判明 増える一方の海洋ごみが、鳥たちの命を脅かす【ナショナルジオグラフィック日本版2015年9月7日】
海洋漂流ごみ、大半がプラ 横浜寄港のスイス環境団体【共同通信2015年7月28日】
プラスチック破片:南極海で調査 九州大など、世界初の実施へ【毎日新聞2015年7月17日】
過去60年間で世界の海鳥が7割も減少していた?海洋生態系へ影響に懸念の声が広がる【IRORIO2015年7月14日】
微小プラ汚染、外洋まで 環境省、日本周辺で調査 生態系への影響を懸念【朝日新聞デジタル2015年4月24日】
プラスチックごみ27万トン浮遊 世界の海、粒子5兆個【共同通信2014年12月11日】
posted by BNJ at 12:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モノ・フラッシュ タフな作業に耐える 火起こしに必須なアウトドア手袋【NIKKEI STYLE2017年6月3日】(日本野鳥の会アウトドアグローブ)

 アウトドア初心者がグッズをそろえる際に、見逃しがちなのが小物類だ。なかでも昨今のアウトドアブームによって、トレッキングやキャンプといった活動シーンを想定したグローブ(手袋)がさまざまなメーカーから出ている。

 そこで今回は、過酷な自然環境にも耐えられる丈夫な作りと、着脱しなくても作業ができる素材を採用するなど特定のシーンで使いやすいグローブを紹介する。

■野鳥の会のグローブ グリップ力の高さが特徴

 野鳥の保護と、普及活動を目的とした日本野鳥の会。同会では主に、絶滅危惧種を保護するために、その生息地を買い上げ「野鳥保護区」として維持管理する活動や、バードウォッチングの会などを開いて、より多くの人に野鳥に親しんでもらう活動を行っている。さらに、初心者でも使いやすく持ち運びに便利なハンディー図鑑の発行なども行っているが、その専門性を活かした商品はひそかに人気を得てきている。

 有名なのは2004年に発売したオリジナルの長靴「バードウォッチング長靴」だろう。折り畳むと約36×26cmの収納袋に収まる携帯性や、薄くて軽い機能性に加え、そのデザインがバードウォッチング愛好者だけでなく音楽フェスティバルなどに参加する若者にも支持され、ヒットしている。

 この長靴同様にじわじわ浸透してきたのが、バードウォッチャー向けの「アウトドアグローブ(2色セット)」だ。一見軍手のように見えるこのグローブが、DIYなどの力仕事にも便利と評判なのだ。


日本野鳥の会「アウトドアグローブ(カーキ、迷彩)」(税込み1296円/2色セット/S、M、Lの3サイズ展開)
 特徴は装着したまま図鑑のページをめくったり、双眼鏡やカメラなどをスムーズに操作できること。この製品の手のひら部分には波型ゴム加工を施した天然ゴムを圧着してあり、物を持つとゴムが倒れ、接触面が大きくなってぴったりとグリップする仕組みになっている。この滑り止め効果により、野鳥を観察するときはもちろん、靴ひもの結び直しやビニール袋の口の開け閉めなど、日常の細かな動作も難なくできる。

 2013年からカラフルな「サンコウチョウ」「シマアオジ」カラーの「アウトドアグローブ 野鳥」も販売されている。


「アウトドアグローブ(カーキ)」。見た目以上に抜群のグリップ力が魅力

2013年に発売された「アウトドアグローブ 野鳥」

(略)
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO17128170R30C17A5000000?channel=DF260120166491

http://archive.is/Eom1u
posted by BNJ at 12:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿波の空 感動フライト・・・コウノトリ巣立ち【読売新聞2017年6月3日】(他1ソース)

巣立ちした「あさ」(上)と「蓮」(2日午後2時10分、いずれも鳴門市で)
 ◇見守る市民 安堵と喜び

 「この日を待ちに待っていた」――。鳴門市で誕生したコウノトリのヒナ3羽のうち、2羽の巣立ちが確認された2日、観察を続けてきた人たちに安堵あんどと喜びが広がった。国内の野外で暮らすコウノトリは、この2羽を含めて95羽。県などでつくるコウノトリ定着推進連絡協議会は「引き続きマナーを守って観察してほしい」と呼びかけている。(矢野彰、河合修平、三味寛弥)

◇73日目

 午前8時頃、雌の「あさ」は巣から飛び立つと、周辺を旋回。何度か戻ろうとしたが、約3分後、そのまま巣の西側の田んぼに着地した。午前9時25分頃には、雄の「蓮れん」も巣立った。2羽は巣の西側にある田んぼで餌を探したり、巣に戻ったりした。

 ヒナは3月21日が「孵化ふか推定日」とされ、その翌日の同22日から数えて73日目での巣立ちとなった。

 同協議会は午前11時、鳴門市内で記者会見を開いた。見学者に対して、引き続き半径400メートル内への立ち入り自粛や、親鳥やヒナが地上にいる間、同150メートル以上離れるように呼び掛けた。

◇祝 福

 巣立ちの瞬間、周囲では大きな歓声がわき上がった。飛び立つ姿を撮影した徳島市八万町、会社員工藤健志さん(60)は「今日は偶然、午後からの仕事で早めに来たのが幸いした。歴史的な瞬間に立ち会えて光栄」と興奮気味に話した。早朝から観察していた鳴門市撫養町、無職朝井敏郎さん(64)も「親鳥も安心したのでは」と笑顔を見せた。

 北島町江尻、金属加工会社経営富山明さん(60)は「初めて巣を出たとは思えないほど、生き生きしている。よく食べて成長し、また鳴門に戻ってきてほしい」と願い、徳島市八万町、無職久次米悦子さん(67)は「鳴門が、コウノトリの里になってくれれば」と期待した。

◇先駆け

 コウノトリの野生復帰を目指して人工飼育や放鳥を続ける兵庫県立コウノトリの郷さと公園(豊岡市)。山岸哲園長は「野生復帰には、全国各地に複数の繁殖地が必要。鳴門市はその先駆けで、コウノトリ復活の歴史に名を刻んだ」とのコメントを出した。

 同公園によると、ヒナは巣立ちの後、40〜60日程度、巣を拠点に餌を採る練習などをする。その後、単独で飛び回るようになり、巣の近くに定着することもあれば、遠くへ飛び立つ場合もある。一方、親鳥は営巣した場所に定着することが多く、同公園は「ペアは来年以降も鳴門で繁殖する可能性が高い」とみる。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokushima/news/20170602-OYTNT50212.html

徳島)巣立ったコウノトリのヒナに歓声【朝日新聞デジタル2017年6月3日】
巣西側の農地で過ごすコウノトリのヒナ2羽=2日午後、鳴門市内

 鳴門市で生まれた国の特別天然記念物コウノトリのヒナに、巣立ちの日がやってきた。2日午前、2羽が相次いで巣を飛び立ち、近くの農地に降り立った。県などでつくる「コウノトリ定着推進連絡協議会」のメンバーは市内で記者会見を開き、改めて観察マナーの徹底を呼びかけた。

 協議会によると、メスの「あさ」(個体識別番号=J0142)が午前8時ごろ、オスの「蓮(れん)」(同=J0140)が9時20分すぎ、相次いで巣を飛び立ち、その後、巣の西側の農地にいるのが確認された。

 会見では、協議会の竹村昇会長が「5年後には、コウノトリが地域のどこにでもいるような鳴門になれば」と喜びを語った。日本野鳥の会の三宅武・県支部長は、巣から400メートル以内での撮影・観察の自粛の徹底を呼びかけた。ヒナは秋ごろまで親の支えを受けながら巣の周辺で過ごすとみられる。

 巣の西約400メートルの道路沿いの観察スポットには、多くの市民らが駆けつけた。レンコン田の周辺を歩きながら、時折何かをついばむようなしぐさを見せる2羽。近くの福原幸子さん(62)は「すごくうれしい。早く彼氏と彼女を連れて鳴門に帰ってきて」。2年前からほぼ毎日、観察を続けてきた浅野由美子さん(43)は「大きくなるまであっという間だった。早く自分のテリトリーを見つけて、鳴門コウノトリの家系を広げていって欲しい」と感慨深げに話した。(中村律)
http://www.asahi.com/articles/ASK625WNBK62PUTB011.html

コウノトリ 君に幸せあれ 2羽、徳島・鳴門で巣立ち【毎日新聞2017年6月3日】
巣立ちをした(右から)「あさ」「蓮」と親鳥=徳島県鳴門市で2017年6月2日、日本野鳥の会徳島県支部提供
 徳島県などでつくるコウノトリ定着推進連絡協議会は2日、今年3月に同県鳴門市で誕生した国の特別天然記念物・コウノトリのひな3羽のうち2羽が巣立ったと発表した。野外で生まれたひなが巣立ったのは、国内で野生のコウノトリが絶滅した1971年以降、野生復帰に取り組む兵庫県豊岡市の周辺以外では初めて。

 協議会によると、雌の「あさ」と雄の「蓮(れん)」が同日午前8時〜9時20分ごろ、相次いで親鳥がいる巣から自力で飛び立ち、巣の近くの田んぼに着地したことを確認した。

 親鳥のつがいは、豊岡市周辺から飛来し、2015年春に鳴門市に営巣して住みついた。今年3月にひなが生まれ、3羽が成長した。

 兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)によると、野外で生息するコウノトリは全国で92羽(5月24日時点)いるという。【松山文音】
https://mainichi.jp/articles/20170603/ddn/012/040/016000c

http://archive.is/TTOog
http://archive.is/mE7PH
http://archive.is/cyv6Y
【速報】鳴門のコウノトリ巣立つ【徳島新聞2017年6月2日】
posted by BNJ at 12:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三重 フンボルトペンギン、2羽ふ化 鳥羽水族館、3年ぶり【中日新聞2017年6月3日】

元気なフンベルトペンギンのひな=鳥羽市鳥羽で(鳥羽水族館提供)

 鳥羽市鳥羽の鳥羽水族館で、三年ぶりにフンボルトペンギンのひな二羽が生まれた。

 同館によると二羽はいずれも体長一三センチ、体重九五グラムほど。五月二十八日、三十一日と相次いでふ化した。性別は不明。母は十四歳のアール、父は四歳のベーグルで、このペアの赤ちゃんは初めて。

 二羽は、展示スペースの奥にある岩穴の巣で、親が胃で消化した魚をくちばし伝いにもらい、すくすくと成長している。現時点でひなの観察は難しいが、外敵から守るため、ベーグルが巣の前で見張っている。二十日ほどで巣から顔をのぞかせ、三カ月で成鳥と同じ大きさに成長するという。

 フンボルトペンギンは南アメリカ南部の太平洋岸などに生息し、体長六〇センチ、体重四キロほどに成長する。同館ではひな二羽を含め、五十九羽が飼育されている。

 (西山和宏)
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20170603/CK2017060302000009.html

鳥羽水族館でスナメリ、ペンギン誕生【産経ニュース2017年6月3日】
 鳥羽水族館(鳥羽市)で飼育されているスナメリとフンボルトペンギンに相次いで赤ちゃんが誕生し、関係者を喜ばせている。

 同館によると、スナメリの赤ちゃんは、5月25日に誕生。母親はマリン(推定19歳)、父親はハッチ(同15歳)で、マリンの出産は6回目。同館では、出産が近いとしてマリンの様子についてモニターによる観察を行っていたが、25日早朝、赤ちゃんの尾ビレが出始めているのを確認。多くの飼育スタッフが観察を続ける中、約2時間後に無事出産した。赤ちゃんはしばらく落ち着かない様子だったが、やがてマリンと一緒に泳ぎ始めたという。

 赤ちゃんは誕生時に体長が推定85センチ、体重は同8キロ。25日夕に初授乳を確認したが、その後、授乳回数が少なくなり、親子が離れるなどしたため、赤ちゃんを別のプールに移して人工授乳を実施中。このため、一般公開は未定という。

 一方、フンボルトペンギンの赤ちゃんは、5月28日と31日に計2羽が誕生した。母親はアール(14歳)、父親はベーグル(4歳)で、このペアでの繁殖成功は初めて。アールが4月中旬に産んだ2個の卵がそれぞれ孵化(ふか)した。

 2羽の赤ちゃんは誕生時にそれぞれ体長約13センチ、体重約100グラム。同館によると、展示スペースの奥に巣があるため赤ちゃんはなかなか見られないが、20日ほどすると赤ちゃんが巣の中から顔をのぞかせるようになるという。問い合わせなどは同館(電)0599・25・2555。
http://www.sankei.com/region/news/170603/rgn1706030061-n1.html

フンボルトペンギン 鳥羽水族館で赤ちゃん誕生 /三重【毎日新聞2017年6月5日】
 <すくすく育って>

 鳥羽市の鳥羽水族館は2日、フンボルトペンギンの赤ちゃんが2羽誕生したと発表した。すくすくと成長しており、約20日で巣の中から顔をのぞかせるようになるという。

 フンボルトペンギンは通常2個を産卵。4月中旬に産んだ卵は5月28日と31日にふ化し、共に体長13センチ、約100グラムだった。14歳の母親と4歳の父親のペアでの繁殖成功は初めて。来夏には羽も生え変わり大人へと成長する。

 フンボルトペンギンは南米南部に生息し、成鳥の体長は約60センチ、体重は約4キロ。同水族館では計59羽を飼育している。【林一茂】

〔三重版〕
https://mainichi.jp/articles/20170604/ddl/k24/040/130000c

http://archive.is/BzNtu
http://archive.is/QkCuc

石川)親子仲良く和むカモ 金沢・久安新橋付近スイスイ【朝日新聞デジタル2017年6月3日】

親ガモの後について泳ぐ子ガモたち=金沢市久安5丁目

 金沢市久安5丁目の久安新橋付近の伏見川でカルガモの親子たちが仲良く泳ぎ、道行く人たちを和ませている。親ガモが水中に顔を突っ込んでエサを探したり、毛繕いをしたりすれば子ガモたちもまねするしぐさが愛らしい。

 付近の住民の話によると、5月上旬ごろからヒナの姿があったという。今月1日には2組の親子がいて、計14羽の子ガモがそれぞれの親の後に並んでスイスイと泳いでいた。週2回ほど散歩で訪れるという金沢市の矢田善久さん(71)は「ここの川は流れがゆっくり。カモも子育てしやすいのでは」と話していた。(須藤佳代子)
http://www.asahi.com/articles/ASK5Z66MDK5ZPJLB00K.html

http://archive.is/GcJrC
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 12:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキ 暴風避け、まず9羽 きょうも放鳥 環境省 /新潟【毎日新聞2017年6月3日】

 環境省は2日、佐渡市の佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションで、野生復帰の訓練を行ってきた国の特別天然記念物・トキの放鳥を行った。放鳥は2008年以来毎年実施しており、今回で16回目となる。対象となった1〜3歳の計18羽中、雄3羽、雌6羽の計9羽が佐渡の空へ飛び立った。

 同日午前6時、職員が自然環境を再現した訓練施設「順化ケージ」の扉を開け、放鳥口と外側の池に餌のドジョウをまいてトキをおびき寄せた。午前7時14分に1羽目が飛び立つと、順番にトキが飛び立った。当初放鳥時間は午後5時ごろまでを予定していたが、暴風により放鳥後のトキの生存に懸念が出てきたことから、午後3時半で放鳥口を閉じた。残った9羽は、3日に改めて放鳥する。同省によると、前回の放鳥までに計252羽を放鳥し、うち125羽の生存が確認されている。

 同省は同日、野生下のトキの営巣状況も発表した。35組のペアから87羽のヒナがふ化しているという。【後藤結有】
https://mainichi.jp/articles/20170603/ddl/k15/040/122000c

新潟)トキ10年目の放鳥【朝日新聞デジタル2017年6月3日】
放鳥されたトキ

 環境省は2日、佐渡市の佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションで、トキの放鳥を行った。早朝から強い風と雨が断続的に降った影響からか、トキは午前中、1羽1羽が独自に動き、この日は計9羽が空へと舞っていった。

 放鳥は、環境省が2008年から野生再生事業として取り組み、10年目。昨年までに計252羽を放鳥し、195羽の生存が確認されている。今回は各地で人工飼育した1歳の雄8羽、1〜3歳の雌10羽を、順化ケージで自然に対応できるよう訓練してきた。

 午前6時に順化ケージの放鳥口を開け、好物のドジョウをケージ前の池に入れて、トキをおびき寄せた。それにつれられて、1羽、また1羽と飛び立った。悪天候と暗くなって危険という判断で、放鳥は午後3時半に打ち切られた。3日以降も行う。
http://www.asahi.com/articles/ASK623JSBK62UOHB008.html

http://archive.is/N6OFb
http://archive.is/GvsvY
新潟・佐渡にトキ放鳥 10年連続、16回目【共同通信2017年6月2日】(他2ソース)
posted by BNJ at 12:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アルプス北岳 ケージでライチョウ保護へ【伊那谷ねっと2017年6月2日】

環境省は今年度、絶滅のおそれがあるライチョウの保護と増殖に向け、南アルプスの北岳でケージによる保護を行います。
ライチョウは本州の中部の高山帯に生息しその数は2千羽まで減少していると見られています。
特に南アルプスの北岳周辺では減少が著しく、1981年の調査では120羽生息していましたが、2016年には24羽まで減少しました。
環境省では、北岳のライチョウの保護と増殖に向け今月からケージによる保護を行います。
今月から来月にかけ、ライチョウの家族を小型の移動式ケージに収容した後、大型のケージに誘導し20日間程度保護します。
ライチョウの雛は、雨や気温の変化による影響の他に、最近は猛禽類やキツネなどの捕食により減少していると見られています。
今年度からはライチョウを襲うキツネやテン、イタチの捕獲を北岳で行う計画です。
環境省では、北岳のライチョウの個体数の回復の状況により、南アルプス全体に取り組みを広げていきたいとしています。
http://inamai.com/www/ictnews/detail.jsp?id=48171

http://archive.is/nJyju
タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 12:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツバメ、子育て奮闘中 陸前高田の産直施設【岩手日報WebNews2017年6月3日】

 陸前高田市横田町の産直施設川の駅よこた(村上巳喜男駅長)に、今年も数羽のツバメが巣を作り子育てに励んでいる。2日は軒先の巣から「ピーピー」とひなの鳴き声が響き、買い物客をツバメの家族が出迎えた。

 同日は雨の中、つがいの親鳥が周辺の田んぼや気仙川を飛び回り、ひなに何度も餌を運んだ。

 同施設では毎年4月下旬の田んぼの水張りとともに営巣が始まり、軒下に残った巣をそのまま再利用したり、壊れた巣をリフォームしたりとさまざま。今は3組が卵を温め、2組が9羽ほどのひなを育てている。

【写真=口を大きく開け、親鳥(左)から餌をもらうひな=2日、陸前高田市横田町・川の駅よこた】
https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170603_P

http://archive.is/ZKk3x
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 12:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする