2017年06月04日

鳥インフル危機警報、「警戒」に引き上げ=韓国【中央日報2017年6月4日】

高病原性鳥インフルエンザが発生した3月に忠清南道洪城郡の鴨農場近くの道路で防疫担当者が車両消毒をしている。 農林畜産食品部が済州市(チェジュシ)と全羅北道群山(チョンラブクド・クンサン)で鳥インフルエンザの疑い例が発見された中、鳥インフルエンザ危機警報を4日午前0時を期して「注意」から「警戒」段階に高めると明らかにした。

危機警報段階は「関心」「注意」「警戒」「深刻」の4段階に区分される。

危機警報段階が「警戒」段階に格上げされると、全国の市と道で鳥インフルエンザ防疫対策本部と状況室が稼動し、発生した市・道と隣接する市・道の主要道路に統制警戒所が運営される。また、全国の畜産農家の会合を控える措置などが取られる。

韓国政府は昨年10月1日から運営してきた口蹄疫・鳥インフルエンザ特別防疫対策期間を先月31日に終了していた。危機警報段階が2日ぶりに再び「関心」から「警戒」に上方修正された。

農林畜産食品部関係者は、「高病原性の有無がまだ確定してないが、先制的な防疫措置が必要とみた。鳥インフルエンザの早期終息のため畜産業界の積極的な協力を願いたい」と話した。

これに先立ち2日に済州市の地鶏農家で飼育していた烏骨鶏8羽が相次いで死んでおり、鳥インフルエンザの疑いがあると報告が寄せられていた。

農林水産食品部は調査の結果H5N8型の鳥インフルエンザウイルスと確認されたと3日に明らかにした。高病原性の有無は早ければ4日にも明らかになるとみられる。
http://japanese.joins.com/article/769/229769.html

済州で鶏など1万羽を鳥インフル予防で殺処分【中央日報2017年6月4日】
済州道(チェジュド)で高病原性鳥インフルエンザの疑い例が発生した。農林畜産食品部は3日、済州道の地鶏飼育農家で死んだ地鶏から検出された鳥インフルエンザウイルスがH5N8型と確認されたと明らかにした。高病原性の有無はまだ確認されていない。済州道は近隣農家の鶏・鴨1万2790羽に対する予防的殺処分を進めた。また、該当の烏骨鶏を流通した全羅北道群山(チョンラブクド・クンサン)所在の農家にも殺処分作業に入った。李洛淵(イ・ナクヨン)首相はこの日関係官庁に徹底した初動防疫を指示した。(中央SUNDAY第534号)
http://japanese.joins.com/article/768/229768.html

http://archive.is/0aDY4
http://archive.is/j0YFl
済州島で「鳥インフル」の疑い 精密検査へ【KBS WORLD RADIO2017年6月3日】

posted by BNJ at 13:51 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリの成長願い作詞 作曲者募る【徳島新聞2017年6月3日】

 徳島ペンクラブ会員で童謡の作詞を手掛けてきた木村義次(よしじ)さん(98)=徳島市佐古五番町、社会保険労務士=が、鳴門市大麻町で生まれたコウノトリのひな3羽の成長を願う「元気に翔(と)べ翔(と)べコウノトリ」を作詞した。3羽が生き生きと大空を舞う様子が伝わる歌詞で、徳島の魅力を全国発信するため県内の地名も盛り込んだ。木村さんは幅広く歌ってもらえるよう、無償で作曲してくれる人を募っている。

 歌詞は七五調の短いフレーズで20番まである。「生まれた待ってたコウノトリ」「きょうだい揃(そろ)ってピョンピョンと」など、ひな3羽の誕生と成長を喜ぶ気持ちを表現。「県民揃って待望の 巣立ちの報に笑みいっぱい」と、3羽のうちの2羽が2日に巣立ち、県内が祝福ムードに包まれた様子も盛り込んだ。

 県内各地を悠々と飛び回ることをイメージし「大歩危奇岩にチョイト腰下ろし」「古刹(こさつ)名高い太龍寺 巨木の梢(こずえ)で羽休め」などと、さまざまな名所も登場させた。

 俳句が趣味の木村さんは、2015年に鳴門市で巣作りしたつがいをテーマに「元気にはばたけコウノトリ」と題した詞を作った。今回、ひなの誕生をニュースで知り、コウトノトリ愛を込めた作詞を思い付いた。

 それぞれまだメロディーが付いていない。木村さんは、曲だけではなく振り付けも加えて高齢者や子どもに踊ってもらうことを願っており、「全国の人に親しみを持ってもらえるような、作曲と振り付けへの協力をお願いしたい」と話している。

 問い合わせは木村さん<電088(625)2556>。
【写真説明】コウノトリのひなの成長を伝える徳島新聞を手に、作詞への思いを語る木村さん=徳島市佐古五番町
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/06/2017_14964663917553.html

http://archive.is/txpzd
鳴門コウノトリ 巣立ちのヒナ 一目見たい!◇残り1羽にもエール【読売新聞2017年6月4日】
posted by BNJ at 13:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳴門コウノトリ 巣立ちのヒナ 一目見たい!◇残り1羽にもエール【読売新聞2017年6月4日】

 鳴門市大麻町で誕生したコウノトリのヒナ3羽のうち、「あさ」(雌)と「蓮れん」(雄)が巣立って一日がたった3日、巣の周りでは元気に飛び回る姿を見ようと大勢の市民らが訪れた。残りの1羽、「なる」(雄)も巣の上で大きく羽を広げ、「巣立ちの日」を期待させた。

 「あさ」と「蓮」は、早朝から巣を離れて周囲の畑を歩き回ったり、羽を広げたりした。毎週末に観察に来ているという同市撫養町のアルバイト奥野誠さん(76)は、「元気に育ってくれて何より。巣立った2匹はたくましく見えますね」と話した。

 一方、巣に残る「なる」は正午頃、羽を広げて巣の上空に数回飛び上がった。見物人たちからは、「あーっ」「もう少し」などと歓声が上がった。

 徳島市国府町の小学4年朝日凛りんさん(10)は「3羽が元気に飛ぶのが楽しみ。勇気がいるだろうけど頑張ってほしい」とエールを送っていた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokushima/news/20170603-OYTNT50141.html

http://archive.is/RGR5T
阿波の空 感動フライト・・・コウノトリ巣立ち【読売新聞2017年6月3日】(他1ソース)
posted by BNJ at 13:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親子並んですいすい 明石公園でカルガモ子育て中【神戸新聞NEXT2017年6月4日】

気持ちよさそうに泳ぐカルガモの親子=明石公園
岸辺でエサをついばむ様子のひなと、見守る母親=明石公園

 兵庫県明石市の明石公園の剛ノ池で、カルガモの親子がすいすいと泳いでいる。ひなは9羽で、母親の後ろに並んで泳いだり、岸辺でエサをついばむようなしぐさをみせたりしており、訪れた人たちを和ませている。

 カルガモは、年間を通じて日本で過ごす。同公園によると、剛ノ池では5月30日ごろから親子が姿を見せているが、園内でカルガモが子育てをするのは珍しい光景という。

 ひなたちは、「ピピピピ」と鳴きながら、母親のそばにくっついて行動。しばらく泳ぐと、岸辺で身を寄せ合って一休みする姿もあり、その間も、母親は9羽の子どもたちをしっかりと見守っていた。

 親子は来園者たちの人気者で、「かわいい」と目を細めながら、スマートフォンを向けるカップルも。ただ、園内にはカラスやカメ、猫といった親子の天敵もおり、同公園は「これから日に日に大きくなってほしい。みなさんも、静かに成長を見守って」としている。(奥平裕佑)
https://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201706/0010251750.shtml

http://archive.is/1GhkQ
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 13:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギン 散歩、愛らしく 須坂市動物園 /長野【毎日新聞2017年6月4日】

 フンボルトペンギンの歩き方や足の形を観察するイベントが3日、須坂市動物園で開かれた。5歳雌のトットら5羽が並んで散歩する可愛らしい姿を、子供たちが興味津々に見つめていた。

 飼育員の笹井恵さん(34)によると、ペンギンの足の骨は長さ10〜15センチほどだが、水の抵抗を少なくするため大部分が皮膚の内側に埋もれ、実際より短く見える。また、でこぼこした岩場をしっかりつかんで歩けるよう、左右の足に4本ずつ鋭い爪が生えている。

 トットたちは散歩中、普段泳いでいるプールを取り囲むガラスを不思議そうにのぞきこんでいた。須坂市の鈴木湊人(みなと)君(5)は「ペンギンの足って、恐竜の足に似ているんだね」と驚いていた。【川辺和将】
https://mainichi.jp/articles/20170604/ddl/k20/040/012000c

http://archive.is/mo1K5

トキ残り9羽のうち6羽飛び立つ 16回目放鳥【新潟日報モア2017年6月3日】

 佐渡市の佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションで行われている16回目のトキ放鳥で、ケージにとどまっていた9羽のうち6羽が3日、飛び立った。

 環境省は午前6時前に放鳥口を開放。午前中に6羽が飛び立った。残る3羽はケージから出ず、放鳥口は午後3時半ごろに閉められた。放鳥口は4日午前6時ごろに再び開けられる。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20170603327654.html

http://archive.is/abOG7
トキ 暴風避け、まず9羽 きょうも放鳥 環境省 /新潟【毎日新聞2017年6月3日】
posted by BNJ at 13:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大町のライチョウ産卵 保護増殖事業で3カ所目【信濃毎日新聞2017年6月4日】

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウの人工繁殖に取り組む大町市立大町山岳博物館で3日、飼育する雌が卵1個を産卵したことが分かった。環境省などから受託している保護増殖事業で、同館では初めて、国内では3カ所目の産卵。

 卵を産んだ雌とつがいの雄は、昨年6月に北アルプス乗鞍岳で採集された卵4個からふ化させたうちの2羽。今年5月12日には、つがいをつくるために雄1羽と雌1羽を同じ飼育室に入れる同居を始め、同月下旬に交尾が確認されていた。産卵について同館は「環境省の正式発表前には何もコメントできない」としている。

 大町山岳博物館は1963(昭和38)〜2004年に独自にニホンライチョウを飼育した経験があり、産卵は99年以来。ニホンライチョウは数日おきに計8個ほどの卵を産む。卵は専用の容器に入れて温度管理をする。受精卵で順調に成育すれば6月下旬にふ化する。

 環境省の保護増殖事業には上野動物園(東京)と富山市ファミリーパークも参加し、両園では5月に産卵が確認されている。
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170604/KT170603ATI090005000.php

http://archive.is/GZinH
ニホンライチョウ 懸命の求愛 大町山岳博物館【信濃毎日新聞2017年5月23日】

選手村そばに「オアシス」 都、東京湾岸の公園整備へ 民間活力も活用、飲食店やカヌー乗り場など【NIKKEI STYLE2017年6月4日】(ラムサール条約/東京港野鳥公園/既報関連ソースあり)

野鳥が多く飛来する葛西海浜公園についてはラムサール条約の登録を目指す(東京都江戸川区)
 東京都は臨海地域の都立公園「海上公園」のにぎわいづくりや環境保全対策を強化する。2020年東京五輪・パラリンピックの選手村や競技会場が臨海部に集まっていることを踏まえて、都市ブランド向上につながる空間づくりを進める。比較的広い敷地を生かし、首都直下地震に備えた防災機能も高める。


 このたびまとめた「海上公園ビジョン」に一連の方針を盛り込んだ。都は同ビジョンに基づき、中長期的に整備事業を進める計画だ。

 整備する内容を分野別にみると、にぎわい創出では民間事業者との連携を掲げた。銀座などの商業地に近い晴海や有明北では、公園内にカフェやレストランを誘致する。海側から都心部を眺められる景観を生かし、都心観光やインバウンド(訪日外国人)集客につなげる。カヌーやシーカヤックを楽しめる環境づくりにも取り組む。

 豊洲地区や有明地区では高層マンション建設で居住人口も増加傾向が続く。海上公園にはこうした地域に近接するものもあり、海上公園内への保育所誘致も検討する。

 東京五輪・パラリンピックでは、臨海部に選手村や競技施設が集まっている。水泳やホッケーなどは海上公園が競技会場だ。公園内のサインの多言語対応やトイレの洋式化など、五輪・パラリンピック観戦に訪れた外国人観光客が快適に過ごせる環境を整備する。選手村エリアにある晴海ふ頭公園は再整備し、五輪・パラリンピックのレガシー(遺産)活用につなげる。

 まとまった土地のある立地を生かし、防災機能も高める。

 大井ふ頭中央海浜公園(品川区)、若洲海浜公園(江東区)の駐車場などを大型車両に対応できるよう改修。首都直下地震が起きた際に自衛隊や消防などが活動拠点として公園を使えるようにする。広場をヘリコプターの離着陸場所として利用できる公園も増やす。

 環境都市としての魅力をアピールする場としても活用する。野鳥が多く飛来する葛西海浜公園(江戸川区)について、都は国際的に重要な湿地としてラムサール条約の登録を目指す。登録が実現すれば、都内初となる。

 「野鳥の楽園」と呼ばれる東京港野鳥公園(大田区)では、現在25ヘクタールの公園面積を、干潟を中心に37ヘクタールに拡張する計画。18年3月まで砂を敷くなどの工事を続ける。

 都は水質汚濁など環境悪化が問題となった1970年代から海上公園の整備を進めてきた。今年4月時点で葛西沖から羽田沖にかけ38公園を整備しており、延べ面積は約790ヘクタールに上る。
http://style.nikkei.com/article/DGXLZO16701770S7A520C1L83001?channel=DF220420167266

http://archive.is/if9bp
【小池百合子知事定例会見録】五輪経費分担問題の“政局化”は「ノー、それによって国民は興ざめする」【産経ニュース2017年5月13日】(海上講演ビジョン/東京港野鳥公園/葛西海浜公園/ラムサール条約)
東京)知事 葛西海浜公園をラムサールに【朝日新聞デジタル2017年5月15日】
ラムサール条約 葛西海浜公園の都内初登録検討 /東京【毎日新聞2017年3月16日】
(各駅停話)葛西臨海公園駅 よみがえった生物の宝庫【朝日新聞デジタル2015年6月18日】
posted by BNJ at 13:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライチョウの産卵に成功 上野動物園が人工繁殖【朝日新聞デジタル2017年6月4日】

本物のライチョウの卵(上野動物園提供)

 絶滅危惧種で、国の特別天然記念物でもあるライチョウの産卵に上野動物園が成功した。2014年から環境省が取り組む保護増殖事業として初めての産卵で、繁殖や飼育技術の確立にはずみがつくと期待されている。

特集:どうぶつ新聞
 ライチョウは北、南アルプスなどの高山帯に生息し、生息数は2千羽以下と推定される。羽毛が、夏は白、黒、茶のまだら模様、冬はほぼ純白と季節によって変わる特徴がある。減少傾向にあり、環境省は原因を調べるとともに、動物園での人工繁殖に取り組んでいる。

 上野動物園では15年に野生のライチョウから採った五つの卵を人工孵化(ふか)し、ひなが誕生したが、間もなく死んだ。翌年の再挑戦でオス3羽とメス1羽が元気に育っていた。

 2日までに七つの卵が産み落とされ、母親が誤って傷つけないために孵卵(ふらん)器に入れられている。代わって活躍するのが本物に似せた「擬卵」で、飼育係が3月から作りためてきた。

 擬卵づくりはまず、近縁種のス…

残り:249文字/全文:643文字
http://www.asahi.com/articles/ASK6242PPK62UTIL00Q.html

http://archive.is/x4jCx
ニホンライチョウ、上野動物園でも産卵【産経ニュース2017年5月25日】

【Face ちば人物記】国立極地研究所教授・本吉洋一さん(62)【産経ニュース2017年6月4日】(ペンギン)

 ■酷寒の南極大陸観測に挑む 

 27歳で南極大陸に立った。観測隊の仲間と共に地質調査を始めた。

 「夢がかなった。人類として初めてこの地域の“石をたたく”(地質調査をする、の意味)。どんな鉱物があるのか。胸が高鳴ったのを鮮明に覚えている」

 少年の頃から「いつの日か、極地か、ヒマラヤに挑戦したい」との熱い思いを胸に抱いていた。

 大学で地質学を専攻。チャンスが巡ってきた。昭和56年、南極地域観測隊に志願し、隊員に選抜されたのだ。ところが、現地の天候が悪化。十分な調査結果を得ないまま、無念の思いで撤退した。

 帰国後、「忘れ物を取りに行く」と、再度、志願する。現地調査を繰り返し、観測隊参加は8回に及ぶ。

 ある年、観測拠点の昭和基地から約70キロの地点を調査した。しゃがみ込んだとき、赤い小さな鉱物を発見した。瞬間、ひらめいた。「ルビーではないか」。周辺の岩壁を調査した。あった。赤い鉱物が点々と岩壁の中に入っている。20個ほど採集して検査。やはりルビーだった。

 「非常にラッキーだった」と振り返る。

 ルビー発見は超大陸の解明につながるという。約2億年前、地球上には超大陸、ゴンドワナが存在した。超大陸はやがて分裂を始める。南極大陸、アフリカ、オーストラリア、インドなどに分かれていった。

 「超大陸が分裂する前、昭和基地周辺はスリランカと接していた。互いの地域で採集した宝石鉱物や岩石は非常に似ている。南極大陸には超大陸が存在した証拠が残っているのです」

 また、南極大陸は隕石(いんせき)の宝庫でもある。保存状態がよく、採集された隕石は研究に活用されている。

 南極大陸は広大だ。日本列島の37倍に及ぶ。調査空白地帯を目指し、雪上車を運転して昭和基地から約600キロ離れた地点に向かったことがある。走行中、突然、「ドーン」という衝撃音が響いた。雪上車が大きく傾いた。氷の裂け目に踏み込んでいた。

 「あのときはやばかった。ビビりました」

 また、天候が急変して猛烈な吹雪に襲われることもある。視界ゼロ。酷寒の世界だ。

 「ちょっと油断すると、ほんとに危ない。簡単に死ねます」

 一方、昭和基地は日本が誇る高度な技術を駆使して建設された。内部は快適だ。専門の調理員が和食、洋食に腕をふるう。水耕栽培でカイワレ、モヤシ、ミニトマト、レタスなどを育てており、生野菜にもことかかない。観測を終えた夜、ビールや日本酒を飲み、談笑することもある。

 また、ペンギンやアザラシと遭遇する機会がある。南極大陸では野生動物との距離が制限されている。

 「ペンギンは人間を恐れず、近寄って来る。接触を避けるため、私たちが逃げるんです」と笑う。

 昨年11月、第58次南極地域観測隊が出発した。ベテランの本吉さんは観測隊長を務めた。

 「隊長は全員の安全に配慮しなくてはならない。だれ一人、けがをさせたくない。怖かったですね」

 今年3月、無事帰国を果たした。

 「これから南極大陸観測の集大成を行う。観測の意義を伝え、次の世代を育てていきたい」(塩塚保)

                  ◇

【プロフィル】本吉洋一

 もとよし・よういち 昭和29年、いすみ市出身。船橋市在住。北海道大院。国立極地研究所教授。理学博士。専門分野は地質学。第58次南極地域観測隊隊長。ビール党。好物はそば。好きな言葉は「南極は地球と宇宙をのぞく窓」。
http://www.sankei.com/region/news/170604/rgn1706040028-n1.html

http://archive.is/RBVes
【万象】南極のすがた ペンギンも昭和基地祝福【産経ニュース2017年5月29日】
posted by BNJ at 13:29 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学校へ動物飼育に役立つ情報を発信 「先生と子どもを応援したい」栃木県獣医師会【下野新聞SOON2017年6月4日】(鳥インフルエンザ)

県獣医師会が発行している「みんなのがっこうのどうぶつ」

 県獣医師会学校飼育動物支援委員会(佐藤(さとう)かおり委員長)が県内小学校向けのニュースレター「みんなのがっこうのどうぶつ」の発行に取り組んでいる。動物飼育に役立つ情報を月1回を目標に発信し、教育活動を後押し。担当獣医師は「先生と子どもたちのためになりたい」と、診療の合間を縫って執筆作業に励んでいる。

 同委員会は小学校でのウサギの触れ合い活動や、県教委と連携した飼育担当教員の研修会などに取り組んでいる。

 ニュースレター発行は2014年3月から始め、今年5月で32回となった。同委員会副委員長の鈴木成幸(すずきしげゆき)獣医師(小山市)が執筆し、県・市町教委を通して各校にメール配信している。

 飼育舎や餌代節約の工夫、動物の健康管理などのアドバイスを載せているほか、鳥インフルエンザ流行時は対策を呼び掛ける特集号も発行した。

 情操教育に役立つとして推奨される動物飼育だが、予算確保の難しさなど現場の悩みは深い。県教委が13年に行った調査でも、小動物を飼育する小学校の約半数が「小動物の病気やけがに対する応急処置」「飼育小屋の環境整備」を「困難に感じる」と答えた。鈴木獣医師は「どんなことでもお手伝いしたい。困った時には、獣医師会を思い出してほしい」と呼び掛ける。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20170604/2711850

http://archive.is/9cGCC
posted by BNJ at 13:24 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フクロウカフェで癒やされる 秋田初オープン【河北新報オンラインニュース2017年6月4日】

ユーラシアンワシミミズクと触れ合う来店客

 秋田市泉中央に開店した秋田県内初のフクロウカフェ「Ricky(リッキー)」が人気を集めている。フクロウのつぶらな瞳や笑ったような愛らしい表情に、多くの来店客が癒やされている。
 店内では、映画「ハリーポッター」で注目されたシロフクロウや、体長約50センチのユーラシアンワシミミズクなど9羽を腕に乗せたり、餌をやったりして触れ合える。ウサギやハリネズミなどの小動物や爬虫(はちゅう)類も約40種類いて、店員のアドバイスや自分との相性を確かめて購入もできる。
 来店した横手市の会社員菊地未来さん(21)は「かわいらしい表情に仕事の疲れも忘れてしまった」と話した。
 カフェは4月下旬に開店。盛岡市のペットショップオーナー佐々木貴博さん(41)が経営し、盛岡、仙台両市に続き3店舗目。営業は午前11時〜午後8時。不定休。連絡先は秋田店018(853)8028。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170604_43037.html

http://archive.is/pa6kt

北海道)映画「生きとし生けるもの」公開【朝日新聞デジタル2017年6月4日】(マガン)

舞台あいさつには今津秀邦さん(右)、津川雅彦さん(中央)、ヒトとして唯一出演した絵本作家のあべ弘士さんが登壇した=旭川市

 旭山動物園(旭川市)のポスターを手がけてきた同市在住の写真家今津秀邦さん(48)による映画「生きとし生けるもの」が3日、公開された。道内の野生動物たちの姿をとらえた作品で、今津さんら11人のカメラマンが撮影した映像が使われている。東京と札幌、旭川の3館で上映される。

 今津さんは旭川の映画館で行われた舞台あいさつで「5年がかりだったが、納得のいくものができた」。映画の冒頭とラストに入るナレーションを吹き込んだ俳優の津川雅彦さんは「命は巡る、一度限りだが永遠だということが表現されていて感動した」と話した。

 今津さんは2003年分から旭山動物園のポスターやパンフレットを撮影。津川さんが監督した09年公開の映画「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」では動物の撮影を担当した。

 映画は16年2月に完成試写会…

映画は16年2月に完成試写会を開いたが、その後も撮影を続け、ハクチョウやアブラムシなど約10種類の生き物を追加。映画に登場するのは全部で60種類ほどになるという。

 美唄市の宮島沼で約8万羽のマガンが飛び立つ雄大なシーンや、子ギツネがこっくりとうたた寝するほほえましい場面など、見どころは盛りだくさんだ。北海道の自然の豊かさを改めて認識させられる作品だ。高橋はるみ知事が5月に東京であった試写会に駆けつけるなど道も支援している。

 協賛金では足りず、自宅と車を売却して製作費にあてたほどの労作。今津さんは「自然の情景を織り交ぜ、リアルに北海道を感じられる作品に仕上がった。楽しんでいただけると思う」と自信を見せた。(渕沢貴子)
http://www.asahi.com/articles/ASK634FZXK63IIPE00G.html

http://archive.is/3zWag
キタキツネの親子や8万羽のマガンなど、北海道の生き物捉えたドキュメンタリー公開【映画ナタリー2017年5月2日】
タグ:映画 マガン
posted by BNJ at 13:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする