2017年06月10日

ウトナイ湖に展望台を新設 高さ10メートル、エレベーター設置【苫小牧民報2017年6月10日】

道の駅ウトナイ湖付近に展望台が建設される
 苫小牧市は2018年度、市内植苗の道の駅ウトナイ湖に展望台を新設する。展望台の高さは10メートル前後で、車いすでの利用も想定しエレベーターを整備予定。17年度は設計作業に入り、早ければ18年秋ごろの完成を目指しており、市は新たな観光スポットとして期待を寄せている。

 展望台の整備は、新千歳空港の深夜早朝時間帯(午後10時〜午前7時)の発着枠拡大に伴う地域振興策の一環。市は17年度一般会計補正予算案に設計費で約1100万円を計上し、財源として道が9割、市が1割を負担する。

 構想では、展望台は道の駅からウトナイ湖の湖畔に向かう歩道に隣接する形で建設する。鉄筋コンクリート造りで屋上を含めて3階建て、延べ面積は約300平方メートル。2階部分はガラス張りの展望スポットにする他、エレベーターでつないだ屋上からも360度の眺望を楽しめるようにする設計を検討中だ。

 ウトナイ湖はラムサール条約の登録湿地で、多くの野鳥が飛来することから野鳥愛好家をはじめ、国内外の観光客にも人気のスポット。ウトナイ湖に家族と一緒に訪れていた市内拓勇東町の男性(29)は「年2、3回、子どもたちと来ているが、展望台を造るなら、自然環境にしっかり配慮してほしい」と話した。

 市では今年度の設計業務について自然環境に配慮し、環境省などとも意見交換をしながら進め、18年度に着工、秋ごろの完成を予定する。

 16年度に78万人を超える入り込みを記録した道の駅ウトナイ湖の西村宏基駅長は「それなりの高さのある展望台。今までに見たことがない視点からウトナイ湖周辺の景観を楽しめると思うので、新たな集客につなげたい。車いすの人も訪れるので、エレベーター設置は喜ばれるとも思う」と話している。
https://www.tomamin.co.jp/news/main/11473/

苫小牧・ウトナイ湖畔に来年度、展望台を新設【室蘭民報2017年6月21日】

 苫小牧市は2018年度(平成30年度)、市内植苗のウトナイ湖畔に展望台を新設する。高さは10メートル前後を予定しており、年度内に関係機関と協議を重ね設計に入る。18年度着工、早ければ同年秋ごろの完成を目指しており、ウトナイ湖に新たな観光スポットが誕生することになる。

 計画では道の駅などを併設するウトナイ交流センターから、湖畔に向かう歩道の隣接地に建設する。鉄筋コンクリート造り3階建てで、延べ床面積は約300平方メートル。車いすでの利用も想定し、エレベーターを設置する。2階部分はガラス張りの展望スポットで、ウトナイ湖の景観や野鳥観察などが楽しめそうだ。

 展望台の整備は、新千歳空港の深夜早朝時間帯(午後10時〜午前7時)の発着枠の拡大に伴う、地域振興策で財源は道が9割、市が1割の負担。市は一般会計補正予算案に設計費として約1100万円を計上している。

 市は「自然環境と調和を図りながら、集客力向上による地域の活性化を促進させたい」としている。
(佐藤重伸)

【写真=展望台が設置されることになったウトナイ交流センター】
http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2017/06/21/20170621m_08.html

http://archive.is/d1Pdc
http://archive.is/V9aDe

posted by BNJ at 23:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮古テレビ優秀賞 キンバトの生態追う 九州番組コンクール【琉球新報2017年6月10日】

番組を制作した宮古テレビ報道部の砂川栄喜課長(中央)、ナレーションを担当した荷川取ゆかり総務課長(左)、荷川取辰彦報道部長=1日、宮古テレビ
 【宮古島】宮古テレビ(宮古島市、玉城篤社長)は1日、同社報道部の砂川栄喜課長(49)が制作した番組が第13回ケーブルテレビ九州番組コンクール(日本ケーブルテレビ連盟九州支部主催)で優秀賞を受賞したと発表した。受賞番組は、天然記念物の鳥キンバトの生態を追い、昨年9月に放送した「ふるさと再発見〜国の天然記念物キンバト」だ。宮古テレビの同コンクール入賞は5年ぶり3回目となる。

 コンクールのレギュラー番組部門に26作品、テーマ部門に26作品の応募があった。宮古テレビの受賞番組はレギュラー部門の1次審査を突破し、2次審査に進む5番組の一つに残り、グランプリと準グランプリに続く優秀賞に選ばれた。

 受賞番組は宮古島の何気ない風景を切り取った「ふるさと再発見」シリーズの一つ。キンバトの抱卵から巣立ちまでを追った。合間にアカショウビンやサンコウチョウなど、宮古島に飛来する渡り鳥の様子を伝えた。講評では「2年余りの制作期間の中で子育ての様子をよく捉えている」「宮古島が野鳥の宝庫であることが分かる」などと評価された。

 砂川課長は「これからも見落としがちな宮古の大切な風景を紹介したい。大事なものに気付くきっかけとなればいい」と話した。
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-512106.html

http://archive.is/mYzrs
posted by BNJ at 23:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アオバズク 夏の知らせ静かに 豊前に飛来 /福岡【毎日新聞2017年6月10日】

 フクロウの一種で東南アジアからの渡り鳥の「アオバズク」が1羽、豊前市の角田八幡神社に姿を見せ、夏の訪れを告げている。姿体長約30センチ。高さ約20メートルのスギの木の枝で周囲を警戒。雄とみられる。夏、子育てをするために日本へ渡る。

 日本野鳥の会筑豊支部のメンバーで、周囲の定点観測を続ける下田信広さん(70)が8年前にこの時期の飛来を確認。以来、東九州自動車道の工事があった数年間を除き、毎年姿を見せているという。下田さんによると、雄が雌より約10日早く渡来して子育ての環境を整える。

 子育てする木々が減り、街中で姿を見るのは珍しいといい、下田さんは「貴重な姿をそっと見守って」と呼び掛ける。【津島史人】

〔京築版〕
https://mainichi.jp/articles/20170610/ddl/k40/040/561000c

http://archive.is/nz1Aa
タグ:アオバズク
posted by BNJ at 23:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「首かしげる」樹上の見返り美人、公園に飛来【読売新聞2017年6月10日】

センダンの枝にとまるアオバズク(高松市で)
 高松市の栗林公園にフクロウ科の渡り鳥アオバズクが飛来し、来園者を楽しませている。

 体長約30センチ。同園造園課によると、毎年この時期に訪れ、7月上旬に飛び立つ。今年は5月末に来園者が発見した。北湖近くのセンダンの上で1羽が確認されており、つがいのもう1羽が近くに巣をつくり、子育てをしている可能性がある。

 高松市伏石町の主婦(75)は「目をキョロキョロさせて、首をかしげる姿がかわいらしい。子連れも見てみたい」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170610-OYT1T50037.html

栗林公園 鳥が続々 フクロウやカルガモ親子 高松 /香川【毎日新聞2017年6月14日】
鋭い目つきのアオバズク=高松市の栗林公園で、山口桂子撮影
 栗林公園(高松市)にフクロウ科の渡り鳥、アオバズクが飛来している。園内ではカルガモの親子も姿を見せており、来園者の目を楽しませている。

 アオバズクは夜行性のため、昼間は北湖近くのセンダンの木に止まっている。日本野鳥の会県支部によると、繁殖のため東南アジアから毎年園内にやって来るという。今年は5月末ごろから目撃されるようになった。木に止まっているのは雄とみられ、近くの木で卵を温めている雌に外敵が近寄らないよう見張っているようだ。


池を泳ぐカルガモの親子=高松市の栗林公園で、山口桂子撮影
 また、園内で誕生した子を連れたカルガモも姿を見せ、仲良く池で泳いでいる。

 カルガモとアオバズクを見に来ていた高松市室新町の井上正和さん(66)は「運良くアオバズクを見ることができた。眠っていたが、とてもかわいかった」と話していた。【山口桂子】
https://mainichi.jp/articles/20170614/ddl/k37/040/403000c

香川)アオバズク飛来、「眼力」を発揮中 栗林公園【朝日新聞デジタル2017年6月15日】
木にとまるアオバズク=高松市

 高松市の栗林公園にアオバズクが飛来し、行き交う人々を楽しませている。園などによると、5月下旬に飛来し、北湖の北側にあるセンダンの木にとまっている姿がたびたび目撃されているという。

 日本野鳥の会県支部によると、いまは繁殖期で、近くの巣でメスが卵をあたためているのをオスが見守っているとみられる。アオバズクの写真を撮りにきた高松市内の男性(70)は「体形がかわいらしくて、愛嬌(あいきょう)がある」と話した。(木佐貫将司)
http://www.asahi.com/articles/ASK6F4K1WK6FPLXB00Y.html

http://archive.is/Zh5fR
http://archive.is/ZET2R
http://archive.is/HkcIm
posted by BNJ at 23:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「奇跡の海」の生き物たち カンムリウミスズメ 山口【朝日新聞デジタル2017年6月10日】

【動画】カンムリウミスズメの生息調査に同行=徳山徹撮影
写真・図版
カンムリウミスズメ=上関町沖
写真・図版
[PR]
 うねる波の間に、体長約25センチの2羽の鳥が見え隠れしていた。上関町長島沖の海上。白い頭に黒色の冠羽が見える。国の天然記念物「カンムリウミスズメ」の特徴と一致する。海からは間遠に、上関原子力発電所の建設予定地も見えた。

特集:どうぶつ新聞
 環境保護団体「上関の自然を守る会」(高島美登里代表)が年に約70回行っているカンムリウミスズメの生息調査に1月、同行した。チャーターした漁船が到着した海域は、建設予定地から約3キロ沖だった。

 2羽は明らかに人間たちを意識しているようだった。チラチラと漁船を見ながら、背を向けて泳いで遠ざかろうとする。ブクッと海に潜り、10〜20秒して思いもかけない場所に浮上。それを何度も繰り返す。

 「間違いない。カンムリだ」。舵輪(だりん)を握る地元漁師の小浜治美さん(73)はエンジンを静かに回し、ゆっくり近寄った。約50メートルまで接近したとき2羽は飛び立った。

 結局この日は、周辺海域でいずれも2羽ずつの計14羽を確認できた。頭の冠羽は12月から翌年5月までの「繁殖羽」の時期にはっきり見ることができる。ただ外見では雌雄の区別が難しい。「つがいだと思うけど断定はできない」。高島代表が説明してくれた。

 自然を守る会は2008年から…

残り:801文字/全文:1312文字
http://www.asahi.com/articles/ASK5Y3Q99K5YTZNB00C.html

http://archive.is/kChOO
posted by BNJ at 23:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「奇跡の海」の生き物たち オオミズナギドリ 山口【朝日新聞デジタル2017年6月10日】

【動画】オオミズナギドリの繁殖地の調査=徳山徹撮影

サイズなどを計測されるオオミズナギドリのヒナ=上関町・宇和島

 上関町の南沖合に浮かぶ宇和島。上関原子力発電所の建設予定地からは約6キロ離れた、面積約0・15平方キロの無人島だ。ここに瀬戸内海では唯一のオオミズナギドリの集団繁殖地(コロニー)があると聞き、福山大学生命工学部の渡辺伸一准教授(41)らの調査に昨年11月、同行した。

 チャーターした船で上陸した。船から磯の岩場に飛び移る。シケのためにコロニー近くには上陸できず、島の反対側斜面をヤブをかき分けながらよじ登った。頂上を越えると、下の傾斜地のあちこちに直径13センチ前後の穴があった。

 学生たちが長さ約1メートルの棒を穴の中に慎重に差し込んだ。「いる、いる」。親とほぼ同じ600グラム前後に成長したヒナを片手で引き出す。棒をくちばしで突いて攻撃してくるので、いるかどうかがわかるという。

 学生たちがヒナの体重やサイズ…

残り:817文字/全文:1161文字
http://www.asahi.com/articles/ASK5Y3V93K5YTZNB00K.html

http://archive.is/YpFvT
posted by BNJ at 23:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひな5羽順調に育つ 「宇治川の鵜飼」のウミウ【京都新聞2017年6月10日】(他2ソース)

日なたぼっこをするウミウのひなと世話をしている鵜匠たち(宇治市宇治・市観光センター)
 京都府の宇治市観光協会は9日、「宇治川の鵜飼」のウミウを人工ふ化している取り組みについて、報道関係者向けの報告会を開いた。今年は5羽のひなが誕生し、いずれも順調に成育している。10日から市観光センターで一般公開する。

 人工ふ化開始から4年目となる今年は4月に四つのペアが計20個を産卵。このうち有精卵は11個で、5月4〜12日にかけて5羽が生まれた。昨年までは一つのペアの卵しかふ化できていないが、今年は別のペアの卵も初めてかえった。

 昨年は誕生した5羽のうち、3羽が間もなく死亡した。今年は卵を温めるふ卵器の設定温度を最大0・9度下げ、卵の中でひなが十分に育ってからかえるように工夫したという。人工ふ化のウミウは計10羽になった。

 同協会は人工ふ化のウミウによる手綱を付けない「放ち鵜飼」を2018年に試験実施する予定。澤木万理子鵜匠は「試行錯誤しながらトレーニングを行っていきたい」と話している。

 一般公開は10日から7月9日までの土、日曜日に、午前11時〜正午と午後2時〜3時半に行われる。
https://this.kiji.is/246082265693324796?c=39546741839462401

宇治川の鵜飼デビュー目指し5羽が元気に成育中 きょうから一般公開も【産経WEST2017年6月10日】
日光浴をする元気に成長した5羽のヒナ=宇治市
 「宇治川の鵜飼(うかい)」(京都府宇治市)の海鵜(うみう)が産んだ卵から今年はヒナ5羽が人工孵化(ふか)で誕生し順調に育っていると、宇治市観光協会が9日発表した。人工孵化でのヒナ誕生は4年連続で計10羽に。人慣れしている人工孵化の鵜による、綱をつけずに行う「放ち鵜飼」の実現に向け、また1歩進んだ。

 5羽は、平成26年に全国初の人工孵化で誕生した「うみうのウッティー」の親のペアの卵から孵化した3羽と、ほかのペア1組と親不明の卵から孵化した各1羽。ウッティーの親のペア以外から2世が誕生したのは初めてとなった。

 9日時点で孵化後36〜28日となり、鳴き声も元気。羽毛も生え、羽ばたく練習をするまでになった。

 昨年も5羽が孵化したが、うち3羽が未成熟で死んだ。そのため今年は、孵卵器の温度を下げ、“抱卵”日数を長くするよう設定し、卵のなかでヒナが十分に育つようにするなど、管理や環境を工夫した。

 宇治川の鵜飼が計画する「放ち鵜飼」の鵜の数は10羽を目標に設定しており、今年のヒナ誕生で達成。平成31年の本格的な実施に向け、今年はトレーニングを昨年までの5羽で行う予定だ。鵜匠の沢木万理子さんは「呼びかけて戻ってきたら捕獲した魚が食べられることを認識させるようなトレーニングをしたい」と話した。

     ◇

 同協会は今年誕生のヒナの一般公開を10日から7月9日の間の土、日曜日に市観光センター2階で行う。各日午前11時〜正午と、午後2時〜同3時半の2回。
http://www.sankei.com/west/news/170610/wst1706100027-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/170610/wst1706100027-n2.html

ウミウ ひな5羽、元気に育つ きょうから公開 宇治観光協 /京都【毎日新聞2017年6月10日】
すくすく育っている5羽のウミウのひな=京都府宇治市の市観光センターで、富永浩三撮影
 宇治川の鵜(う)飼いを主催する宇治市観光協会は9日、市観光センターで今季のウミウの人工繁殖と育雛(いくすう)について報告会を開いた。従来の2ペアと新たなペアが計20個の卵を産み、有精卵11個から5羽のひなが誕生、いずれも元気に育っている。10日から一般公開する。

 卵は4月7〜27日に産まれ、ひなは5月4〜12日に誕生した。4年連続となるウッティーの両親と3年連続のペアのほか、新たに2ペアが産卵し、親鳥が分からない卵も2個あった。このうちウッティーの親から3羽、新たなペアの一方から1羽、親が不明確な卵から1羽が生まれた。

 観光協はペア増加の要因に鵜小屋の増築で営巣スペースが十分になったことを挙げている。また、ひな5羽のうち3羽が死んだ昨年の経験から、ふ卵器の温度を従来より0・5〜0・9度低い37・1〜36・7度に設定、卵の中での成長をじっくり進め、高性能の保育器を使うなどして、育成に効果を上げた。

 ひなは誕生時に約40〜50グラムだったが、約650〜1650グラムに成長。市観光センターで7月9日までの土、日曜午前11時と午後2時の2回、公開する。問い合わせは市観光協会(0774・23・3334)。【富永浩三】
https://mainichi.jp/articles/20170610/ddl/k26/040/461000c

http://archive.is/8zj1z
http://archive.is/ZViRF
http://archive.is/pyDg1
http://archive.is/48BU8
posted by BNJ at 23:11 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキの幼鳥1羽を保護 車にひかれた可能性も【新潟日報モア2017年6月10日】(他1ソース)

 環境省は9日、佐渡市の野生下で今季巣立ったトキの幼鳥1羽が左脚を骨折するなど負傷したため、保護したと発表した。車にひかれるなど、外から強い圧力がかかり負傷した可能性が高いという。

 環境省によると、8日午後6時ごろ、佐渡市内の水田でうずくまっている幼鳥を住民が発見し、佐渡市へ通報。環境省職員が保護した。幼鳥は自力で歩くことができず、佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションで治療を受けている。

 若松徹首席自然保護官は「幼鳥が道路を歩いている姿が数件確認されている。くれぐれも気を付けてほしい」と注意を呼び掛けている。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20170610328933.html

左足骨折のトキ幼鳥保護…交通事故、初の事例か【読売新聞2017年6月10日】負傷して新潟県佐渡市の水田でうずくまっているトキの幼鳥(8日、環境省提供)
 環境省は9日、左足を骨折したトキの幼鳥を保護したと発表した。

 同省は交通事故にあった可能性があるとしている。トキが交通事故にあったケースは、これまで確認されていない。

 同省佐渡自然保護官事務所によると、8日午後6時頃、新潟県佐渡市の水田でトキの幼鳥がうずくまっているのを住民が見つけて、佐渡市役所に通報した。連絡を受けた環境省職員が同日午後6時40分頃、幼鳥を保護し、佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションに収容した。同センター職員が診察した結果、幼鳥の左足は骨折していたという。

 同事務所の若松徹首席自然保護官は「交通事故の可能性がある。成鳥は道路を歩かないが、巣立ったばかりの幼鳥は歩くこともあるので注意する必要がある」と呼びかけている。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20170609-OYT1T50125.html

http://archive.is/Dje9R
http://archive.is/hQyNh
posted by BNJ at 23:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京)愛称は「ゆめうめちゃん」 青梅市キャラクター【朝日新聞デジタル2017年6月10日】(市の鳥/ウグイス)

「ゆめうめちゃん」と名付けられた青梅市公式キャラクター=青梅市提供

 青梅市の公式キャラクターの愛称が「ゆめうめちゃん」に決まった。デザインした市親善大使のタレント篠原ともえさんは「青梅を梅でいっぱいにする夢をゆめうめちゃんと一緒に叶(かな)えてゆきましょ☆」とコメントを市に寄せた。

 市の花の梅、市の鳥ウグイス、市の木の杉などを服にあしらったデザインで、市が3〜4月、市民らに愛称を募集。379点の応募の中から、篠原さんの協力で選んだ。「ゆめうめちゃん」を挙げたのは市民3人だったという。
http://www.asahi.com/articles/ASK686H4JK68UTIL04F.html

http://archive.is/e1iPy
posted by BNJ at 23:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルガモのひな、見守って 水戸【茨城新聞クロスアイ2017年6月10日】

ハスの葉の上を歩くヒナと見守る親鳥=6日、水戸市笠原町
水戸市笠原町の県庁南側の「東池」周辺で、カルガモの親子の姿が見られる。

普段は池の周りの草むらに約10羽のひなが隠れているようだ。池に戻った親鳥が茂みに近づくと、草の根元からひょこひょことかわいらしいひなが顔を出し、親鳥の後に続いて池を泳いだり、人間を警戒してぴったりとくっついたりしていた。近くの住民から6日午後「カルガモの親子が道路を横断している。車にひかれないか心配」と茨城新聞社に電話があった。 (嘉成隆行)
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14970009567691

http://archive.is/xXsiL
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする