2017年06月21日

クスノキ巨樹群にサギ営巣 岩国【中国新聞アルファ2017年6月21日】

クスノキに営巣するシラサギ
 岩国市楠町にある山口県指定天然記念物「クスノキ巨樹群」が、シラサギなどの野鳥の集団営巣地と化している。ふんによる悪臭や鳴き声に住民が悩む中、県や市は有効な対策を見いだせないでいる。
(ここまで 91文字/記事全文 693文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=351452&comment_sub_id=0&category_id=110

http://archive.is/Oat55

posted by BNJ at 23:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有害鳥獣カワウ駆除の計画策定へ 県議会で県側、調査結果基に対策【山陽新聞デジタル2017年6月21日】

 6月定例岡山県議会は21日、一般質問を続行。福島恭子(自民、岡山市東区)、小林義明(同、新見市)、江本公一(同、総社市)、青野高陽(同、久米郡)の4氏が県政の課題をただした。県は、有害鳥獣の水鳥・カワウを効率的に駆除するため、県全体の生息状況や被害実態を調査した上で新たな対策に乗り出す方針を示した。

 小林氏は、カワウによる漁業被害が深刻として対策を要望。上原毅農林水産部長は「県全体の生息状況や(捕獲したカワウの)胃の内容物、被害状況などの調査を通じてカワウ被害の実態把握に努めている。今後は調査結果や専門家の助言を基に県全体の計画を検討する」と答弁した。

 県は2015年に関係市町村や漁協などとカワウ被害の対策協議会を設立し、生息状況などを調査。アユの補食などの被害は約3600万円(16年)と減少気味だが、生息数は3629羽(同年冬)と増加傾向にあり、営巣地も県全域に拡大。生息数などを広域的に捉える必要が高まり、新たな対策を策定する方針。

 福島氏は、集落などの地域組織が農地や農道を保全・管理する際に支給される国の「多面的機能支払い交付金」の制度が分かりづらく、利用しにくいと指摘。上原部長は「研修会開催や活動内容を紹介する手引きを新たに作成するなど十分周知していく」と述べた。

 江本氏は、農地の貸し借りを仲介して経営の大規模化を図る農地バンク事業について、農地集積を進めるよう要望。上原部長は、バンクを運営する県農林漁業担い手育成財団の職員を市町村へ派遣することも視野に「市町村や関係団体と一体となってフォローアップに努める」と答えた。

 青野氏は、おかやまマラソン(11月12日・岡山市)に関し、海外へのPRや参加者増加への方策を聞いた。伊原木隆太知事は大会ホームページの英語表記や、協賛会社が大会を絡めた旅行商品を扱っていることを紹介。「岡山空港と直行便で結ばれ、マラソン愛好者の多い香港や台湾などを中心に情報発信の強化を検討し、参加者誘致を促進したい」と述べた。
http://www.sanyonews.jp/article/550934

http://archive.is/NVhXV
しぜん最前線 緑と水と人 群馬 カワウ撃退 飛び立つ ドローン作戦【毎日新聞2017年6月16日】
野生のカワウ駆除、ドローン活用…巣に薬品噴霧【読売新聞2017年5月7日】
カワウ食害対策に躍起 広島県【中国新聞アルファ2017年5月1日】
山口県、カワウ駆除へ新作戦【中国新聞アルファ2017年4月10日】
大野川アユ放流 ドローンでカワウ追い払い【OBS大分放送ニュース2017年4月6日】
カワウ駆除補助拡充 県、ドローン活用も【岐阜新聞2017年2月27日】
広島県が初のカワウ管理計画【中国新聞アルファ2017年4月6日】
害鳥対策にドローン出撃! 「音で驚かす」「猟銃の発射音を鳴らす」「巣にドライアイスを運ぶ」【ライブドアニュース(Jタウンネット)2016年10月9日】
ドローンでカワウ対策 広島県【中国新聞アルファ2016年9月27日】
カワウ対策協でアユ漁被害防止へ【中国新聞アルファ2016年3月17
posted by BNJ at 23:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野生への順応、3カ月で訓練 17回目のトキ放鳥へ19羽対象【新潟日報モア2017年6月21日】

訓練用のケージに放たれるトキ=21日、佐渡市(環境省提供)

 環境省は21日、9月下旬に予定するトキの17回目の放鳥に向け、佐渡市の佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションで訓練を始めた。19羽が対象で、約3カ月かけて採餌や飛行の能力を身に付けさせる。

 19羽は、佐渡市内の飼育施設や全国4カ所の分散飼育地から選抜された2〜4歳の雄14羽と1、3歳の雌5羽。6月上旬に行われた16回目の放鳥では雌が多かったことから雄を多くした。

 遺伝的多様性を保つため2007年に中国から贈られ、子孫がまだ少ない溢水(イーシュイ)の孫に当たる3歳雄が含まれている。

 訓練初日の21日は、環境省の職員らが19羽に個体識別用の足輪を装着。1羽ずつ木箱に入れて運び、訓練用のケージに放った。

 野生下での繁殖は順調に進んでいる。環境省佐渡自然保護官事務所の若松徹首席自然保護官は「新しい血統を供給するために放鳥は重要だ。けが無く訓練をしていきたい」と話した。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20170621331024.html

http://archive.is/IO2MQ
posted by BNJ at 23:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県信用保証協がキャラ【読売新聞2017年6月21日】

県信用保証協会の新キャラクターと、モデルになった柏さん(16日、県庁で)
 県信用保証協会は、イメージキャラクター「ひばり先輩」と「ぴよこ」を制作した。信用保証制度のPRが狙いで、今後、制度を案内するガイドブックや配布物などに登場させる。

 同協会は、中小企業が金融機関から融資を受ける際に、事業内容や計画を精査し、金融機関への返済を保証している。

 県の鳥ヒバリをイメージした先輩が、生まれたてのひな鳥に指導・助言する姿が描かれており、同協会広報グループの柏友希さん(24)ら実在の職員がモデルになっているという。

 若手クリエイターを支援する「いばらきクリエイターズハウス」のイラストレーター、ふるやまなつみさん(28)の案が採用された。ふるやまさんは「様々な場面で使われることで、愛されるキャラクターになってほしい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/ibaraki/news/20170621-OYTNT50076.html

http://archive.is/jm11B
posted by BNJ at 23:38 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキ見守り続け 環境大臣賞 佐渡・土屋さん 野生生物保護表彰【新潟日報モア2017年6月21日】

トキに配慮し車の中からモニタリングを行う土屋正起さん=佐渡市

 トキのモニタリングチームに所属する、佐渡市新穂青木の自営業、土屋正起さん(67)が、2017年度の野生生物保護功労者表彰(日本鳥類保護連盟など主催)で環境大臣賞を受賞した。08年の初放鳥以来、仕事の傍らトキの観察を続けていることや、県の鳥獣保護管理員として狩猟を制限する鳥獣保護区の設定に尽力してきたことが評価された。土屋さんは「地道な観察が認められうれしい」と喜びを語った。

 今回、同賞は土屋さんを含め全国で4人が選ばれた。5月に静岡県で表彰式があり、計10部門で約80の個人・団体が表彰された。

 土屋さんは両津高で野鳥部に所属し、観察の面白さを知った。日本産最後のトキであるキンの観察を続けていた故宇治金太郎さんに高校時代に出会ったことが転機となった。

 「『コーイコイコイ』って宇治さんがキンを呼ぶと、山から下りてくるんだ。トキと一体化していた姿が忘れられない」と懐かしそうに語る。背中を見て観察技術を身に付けていった。

 初放鳥からはほぼ毎朝、トキのモニタリングに出掛ける。早いときには午前4時ごろに家を出て、トキの気配を探す。「トキは佐渡の環境に適応してきた。たくましさを感じる」と目を細める。

 12年に国内で36年ぶりに野生下でひなが生まれた際は「心配で仕方なかった」。1日おきに巣に通い、成長を見つめてきた。「初めて地面に降りた時は感動した。自分は何も手出しできないけれど、観察を続けてきて良かったと思った」と語る。

 現在、野生下では約200羽のトキが舞うまでになった。一方で環境省や市民ボランティアなどで構成するモニタリングチームは15人ほどと、人手が足りていない。培ってきた観察技術を次の世代に引き継ぎたい、との思いは強い。

 「やってみたい人はぜひ声を掛けてほしい」と呼び掛ける土屋さんは、「トキが大好きだから観察を続けてこられた。(環境省などは)積み重ねたデータを野生復帰につなげてほしい。トキが日本中に飛び交う日まで現役でいれたらいいな」と笑った。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20170621330945.html

http://archive.is/ttQGN
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 23:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鶏舎が損壊、クマ侵入か 奥州で10羽被害【岩手日報WebNews2017年6月21日】

 20日午前5時ごろ、奥州市江刺区、自営業佐々木良治さん(60)が自宅敷地内の鶏舎が壊れてニワトリ10羽がいなくなっているのに気付き、江刺署に通報した。鶏舎の柱にはクマのものとみられる爪痕、周辺には足跡も多数あった。同署などは周辺住民に警戒を呼び掛けている。

 佐々木さんは採卵のためニワトリ約60羽を飼っていた。飼っている犬とニワトリの鳴き声で異変に気付いた。確認のために鶏舎に駆け付けた時にはクマの姿はなかった。同署などによると、鶏舎の網が4カ所壊れ、近くには羽根が散乱していた。足跡から成獣とみられる。付近では最近、クマの目撃情報はなかった。

 佐々木さんは「クマにニワトリが直接襲われるのは初めて。恐怖でおびえているのもいる」と肩を落とした。

<盛岡でも目撃情報>

 20日午後4時20分ごろ、盛岡市黒川の民家の庭にクマ1頭がいるのを家人が目撃し110番通報した。民家は乙部中から約100メートルと近い場所にあり、県立盛岡聴覚支援学校も近いことから、盛岡東署がパトカーで付近を巡回し警戒を呼び掛けている。

【写真=クマが壊した鶏舎の網を確認する佐々木良治さん。柱にはクマの爪痕が見つかった=20日午後4時ごろ、奥州市江刺区伊手】
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170621_2

クマか〜ニワトリ小屋襲われる/岩手・奥州市【IBC NEWS2017年6月20日】
 近づくクマと人の生活圏、こんどは民家のニワトリに被害です。
 岩手県奥州市江刺区伊手の自営業・佐々木良治さん60歳の住宅です。ニワトリ小屋の異変に気づき、家族が20日午前8時すぎに警察に通報しました。警察官が駆け付けると、小屋の網は壊され、周りにニワトリの羽根や血のほか、成獣のクマのものとみられる足跡がいくつも残されていました。ニワトリは飼っていた半数にあたる10羽ほどがいなくなっていたということです。クマは19日夜6時半から20日朝5時ごろの間に現れたと見られていますが、直接の目撃はありません。周辺には住宅が点在していて、警察が警戒を呼び掛けています。
http://news.ibc.co.jp/item_30454.html

http://archive.is/A7G8D
http://archive.is/jwVKt
posted by BNJ at 23:20 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【千葉】オオタカ「流山市の鳥」へ前向き 市が検討を表明【東京新聞2017年6月21日】

流山市内に生息するオオタカ(2015年撮影、流山のオオタカを守る会提供)

 流山市は二十日、市内に生息し、学校名などに多く登場する「オオタカ」を、「市の鳥」にする方向で検討していることを明らかにした。市議会で、田中佳二環境部長が「前向きに検討している」と答弁した。
 市では、オオタカの繁殖を一九九二年に市内の「市野谷の森」で、県内で初めて確認した。全国の市町村に先駆けて二〇一〇年に策定した「生物多様性地域戦略」では、オオタカをシンボルに生物多様性の保全に取り組んでいる。つくばエクスプレス(TX)の駅の名前にもなっており、市民からは「市の鳥」に推す声も上がっていた。
 市はこういった点を踏まえ、「オオタカ」が市の発展に貢献し、シンボル的存在になっていることを評価。今後具体的に検討し、保護策も考えていく。
 二月に市内であった自然保護の学習会で、「市の鳥」にするよう提案した「流山のオオタカを守る会」の紺野竹夫代表(58)は、一五年から三年続けて今年も市野谷の森でオオタカのつがいが繁殖できなかったことを明かし、「ぜひ早く市の鳥に制定して、保護に力を入れてほしい」と話した。 (飯田克志)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201706/CK2017062102000191.html

http://archive.is/0N4fd
【千葉】オオタカが流山市の鳥に 「自然環境保護のシンボル」【東京新聞2017年2月26日】
【千葉】「想定外」の校舎増築へ 流山「おおたかの森小・中学校」【東京新聞2016年9月26日】
千葉)オオタカ、今年も巣立ち失敗 流山・市野谷の森【朝日新聞デジタル2016年8月6日】
(各駅停話)流山おおたかの森駅 オオタカ見守り24年【朝日新聞デジタル2016年7月1日】
つくばエクスプレス:10周年 流山、柏「勝ち組」に 一部地域に開発集中 環境問題や格差浮き彫り /千葉【毎日新聞2015年8月25日】
市野谷の森 県立公園、早期に 1万5365人署名提出 流山3団体 /千葉【毎日新聞2015年5月17日】
オオタカ営巣地 「早期の県立公園化を」 森伐採懸念、署名提出へ 流山の団体 /千葉【毎日新聞2015年3月31日】
小中併設校 流山市、初の開校 子ども急増に対応 おおたかの森 /千葉【毎日新聞2015年4月19日】
オオタカの営巣地、流山市「市野谷の森」の千葉県立公園化「待ったなし」【産経ニュース2015年3月14日】
posted by BNJ at 23:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【阪神本店】話題の“雪の妖精”シマエナガを大特集!112名の作家作品が勢ぞろい「心うるおう小鳥ガーデン2017」【プレスリリース2017年6月21日】

6月21日(水)→27日(火) 8階催場 <最終日は午後4時まで>
阪神梅田本店で8回目の開催を迎える“小鳥”催事が近づいてまいりました。今回は112名の作家の手による作品が登場します。この7年で小鳥人気はどんどん高まり、初回の売場面積に対し、約10倍の広さでの開催にいたりました。

今回特集する「シマエナガ」とは
北海道に生息する体長14cmほどの白い小鳥「シマナガエ」は、その愛らしい姿から“雪だるま”や“雪の妖精”と呼ばれ、今女性ファンに人気です。
ペットとしては飼う事ができない保護鳥のため、会場には登場しませんが、その代わりたくさんの写真と作家作品をお楽しみいただけます。

鳥代表として、「もずやん」が阪神タイガースのじんべえ姿で応援に駆けつけます!
○6月21日(水)・24日(土)各日10時、12時、14時
※時間は前後することがございます。

大阪府広報担当副知事もずやんが、「小鳥ガーデン」の応援にかけつけてくれます。しかも阪神タイガースのじんべえ姿というから驚き。もずやんは「みんな僕に会いに来てな!」と言っています。

大人気の「ことりカフェ心斎橋」から、数量限定ケーキが登場!
「ことりカフェ心斎橋」からは数量限定で小鳥の顔をしたケーキが登場。
今年は、表面のふわふわがたまらないシマエナガのケーキも登場します。
※持ち帰りのみ
シマエナガ 756円

オカメケーキ 756円

セキセイケーキ 756円

今回のためにご用意した作品の数々がこれでもかと登場
雑貨から、衣料品まで個性的なシマエナガグッズが会場に。各ブースを巡って、どこに隠れているか探すのも楽しみ方のひとつです。

写真家・小原玲が撮った「シマエナガ」の写真展
90年代の『アザラシの赤ちゃん』ブームの仕掛け人。動物写真家・小原玲が撮ったシマエナガの写真を展示します。また、6月24日(土)、25日(日)にはご本人も登場し、写真集をお買い上げいただいた方にサインいたします。

週末は「♪鳥くん」が登場し、会場を盛り上げます
6月24日(土)、25日(日)の各日、日本初のプロのバードウォッチャー「♪鳥くん」が登場し、シマエナガ講座などを開催いたします。


「♪鳥くん」
人気のバードウォッチャー。作詞作曲も手がける元歌手。現在は観察会やイベント、講演会、執筆、野鳥画像の提供など幅広い活動を行っています。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000222.000014431.html

http://archive.is/Eiuhn
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリの「ゆめちゃん」大野に飛来 15年に越前市で放鳥【福井新聞ONLINE2017年6月21日】

大野市阿難祖領家で確認された「ゆめちゃん」=20日午後6時40分ごろ
 越前市白山地区で生まれ2015年10月に放鳥された国の特別天然記念物コウノトリの雌「ゆめちゃん」が20日、大野市阿難祖領家の集落で確認された。福井県内に飛来したのは約1カ月ぶり。5月上旬に行動を共にしていた雄の姿はなく、住民たちは「傷心旅行中かな?」と温かい目で見守っていた。

 県の衛星利用測位システム(GPS)により、19日午後から大野市内に飛来しているのが分かった。

 20日午後6時半ごろ、集落に住む土屋久昇さん(58)、ゆかりさん(56)夫婦は電柱に止まっている鳥がゆめちゃんと知り「初めて実物を見た。でっかいなー」とびっくりした様子。集落は農薬や化学肥料を減らす農業に取り組んでおり「昔の土に戻ってきた証拠かな」と見上げていた。

 現場には以前、県のコウノトリ事業に携わっていた加藤幸洋さん(50)=同市篠座町=の姿も。「足がどろんこだから、しっかり田んぼで餌を食べているんだろう。新しい相棒を見つけて、滞在場所に大野を選んでくれたらうれしい」と話した。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/211178

http://archive.is/nZl0O
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水草の上をよちよち 水辺の鳥「バン」が子育て【AGARA紀伊民報2017年6月21日】

 和歌山県田辺市下万呂の天王池で、水辺の鳥バン(クイナ科)が子育て中。数羽のひなが親鳥の周囲をうろうろする愛らしい姿が見られ、愛鳥家らを楽しませている。

 バンの親子は、水面に繁殖したホテイアオイなどの水草の上を器用に歩き、餌を探したり、遊んだりしている。

 日本野鳥の会県支部会員によると、ひなは親鳥と同じ大きさになるまでこの辺りで過ごすという。いま、7羽のひながいるが、天敵も多く徐々に減る可能性がある。

 親鳥は全長30センチほど。黒い羽毛に覆われ、くちばしと足の付け根が赤い。ひなは親鳥と同じ大きさになっても褐色をしている。以前は紀南地方に冬鳥として飛来する程度だったが、近年は少数だが繁殖が確認されている。

【親鳥の周りをうろうろするバンのひな鳥(和歌山県田辺市下万呂で)】
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=335431

http://archive.is/PWfgi
タグ:バン
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする