2017年06月22日

山梨)桑山賀行と『瀬戸窯業』の仲間たち展【朝日新聞デジタル2017年6月22日】

作品に囲まれた桑山賀行さん(中央)と妻の直子さん(左)=北杜市高根町清里

 北杜市高根町清里の清里の森・森のプラザで「桑山賀行と『瀬戸窯業(ようぎょう)』の仲間たち展」が開かれている。日展会員の彫刻家・桑山賀行さん(69)は視覚障害のある人たちに作品を触ってもらう展示で知られる。訪れた人からは「丁寧に触れる機会を作ってもらってよかった」との感想が聞かれた。

 神奈川県藤沢市に住む賀行さんは友人の別荘が近くにあった縁で、2011年に作品の倉庫兼展示場として森のプラザの一室を借りた。以来、毎年展覧会を開き、市民に開放している。

 妻の直子さん(66)が点字図書館でボランティアをしていた縁で、以前、視覚障害者が賀行さんのアトリエに遊びに来たことがある。その人は文鳥を飼っていたが、手で触ると鳥は羽を閉じてしまう。アトリエで鳥の彫刻に触れて、「鳥ってこうして羽を広げるんですね」と感激された。以来、視覚障害者に自分の作品を触ってもらう美術展を何度も開いている。

 4日には県内の「視覚障害者の…

残り:347文字/全文:740文字
http://www.asahi.com/articles/ASK6P4WMFK6PUZOB007.html

http://archive.is/56mXM

タグ:文鳥
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長野 ライチョウ2羽がふ化 大町の山岳博物館【中日新聞2017年6月22日】

今回生まれた2羽のひな=大町市で(大町山岳博物館提供)

 環境省などによる国の特別天然記念物ニホンライチョウの保護増殖事業で、大町市立大町山岳博物館は二十一日、卵二個がふ化して二羽のひなが生まれたと発表した。同事業でのふ化は十七日の富山市ファミリーパークに続き二カ所目。二羽は「ピヨピヨ」とさえずり、頭を左右に動かすなど元気な様子で、鳥羽章人館長らは「まずは元気なひなが生まれてなにより」と喜んでいる。

 ふ化したのは、近親交配を避けるために十五日に上野動物園(東京)から移された卵三個のうちの二個。二十一日午前二時十分ごろと午前三時十分ごろにそれぞれ生まれた。いずれも体高約六・五センチ、体重はそれぞれ一六・九グラムと一七・〇グラム。性別はまだ分かっていない。

 同館ではふ卵器に入れた卵を三人の担当者が交代で二十四時間態勢で見守っており、二個は二十日朝から殻を内側からくちばしで突くなどの兆候が出ていたという。二羽は羽毛が乾いたら育雛(いくすう)器に移し親の腹の下と同じように温度を約三十七度に保った場所を設けるなどして育てる。餌づけは足取りがしっかりし、器内の床や壁を突くしぐさを見せてから始めるという。

 同館では、飼育するつがいが三〜十九日に九個の卵を産んでおり、最初に生まれた四個は有精卵と判明。七月二日ごろにふ化する見通し。

 (林啓太)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20170622/CK2017062202000022.html

https://megalodon.jp/2017-0625-1309-31/www.chunichi.co.jp/article/nagano/20170622/CK2017062202000022.html
大町のライチョウ産卵 保護増殖事業で3カ所目【信濃毎日新聞2017年6月4日】
posted by BNJ at 23:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ツバメ通り」に今年も巣 福岡市中央区・山荘通り [福岡県]【西日本新聞2017年6月22日】

午後7時頃、「ル・アン」の軒下の巣に帰ってきたひなたち

店の軒下にあるツバメの巣を指す江原聡さん親子。ツバメが帰ってくるのを毎年楽しみにしている

 多くのツバメが飛び交い「ツバメ通り」とも呼ばれる通りが福岡市の中心部にある。中央区の「山荘通り」は初夏、通り沿いの飲食店など10軒ほどの軒下で巣から顔を出すひなたちの姿が見られる。そのうちの一軒、レストラン「ル・アン」に今年もツバメが巣を作った。店主や常連客らはひなが巣立つまで、ツバメの子育てを温かく見守る。

 西鉄平尾駅から徒歩3分。平尾交差点から小笹方面へ向かう山荘通りの電線に、数十メートルにわたってツバメがいた。マンションや飲食店が立ち並び、軒下をツバメが行き来するこの一角を地元の人たちは「ツバメ通り」と呼ぶ。

 「今年も帰ってきたね」。今月初めの夕方、ル・アンの前を通る人たちが立ち止まった。見上げる先には、巣から顔を出すひな4羽。「毎年同じツバメが帰ってきていると思う」とオーナーの江原聡さん(40)は顔をほころばせる。

 店先の巣作りは4年目。ふん害を嫌って障害物を置く人もいる中で、江原さんは「ツバメは商売繁盛のシンボル。ありがたい」と見守る。巣からひなが落ちたのを見つけ、知り合いに脚立を借り、巣に戻したこともある。

 ひなは早朝から飛ぶ練習をし、夕方に戻る。「ただいま」と言うような元気な鳴き声に、常連客とツバメの話題になることも。「元気に育ってほしいけど、巣立つとやはり寂しい」と江原さん。巣立ちは近い。

 日本野鳥の会福岡支部副支部長の田村耕作さん(68)は「福岡都心部でツバメを見る機会は減っている。ツバメとの付き合い方が変わったのが原因の一つ。温かく見守ってくれるのはありがたい」と話す。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/337278/

http://archive.is/GoSF9
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 23:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イワトビペンギンひな誕生 下関・海響館【山口新聞2017年6月22日】

下関市立水族館「海響館」で生まれたイワトビペンギンのひな(海響館提供)
下関市あるかぽーとの市立水族館「海響館」で、イワトビペンギンのひなが一羽生まれた。5月13日に生まれた卵が今月14日にふ化した。ひなの誕生は4年連続で、館内のペンギン村亜南極ゾーンで育てられている。

同館によると、父親「ジェシー」と母親「ルーシー」の間に初めて生まれたひなで、雌雄は不明。ふ化当時の体重は81グラムだったが、1週間後の21日には約300グラムまで順調に成長。黒みの強い灰色の毛が特徴で、体温の低下を防ぐ柔らかな羽毛で覆われている。親鳥に餌を与えられる時間以外は寝て過ごしているという。

ひなはふ化後約70日で親鳥とほぼ同じ体重3キロ前後になるという。同館海獣展示課の森本大介さん(32)は「ペンギンの子育てを温かい目で応援してほしい。これを機会にイワトビペンギンを知ってもらえれば」と話した。

同ゾーンでは他に2組のジェンツーペンギンが、5月30日、6月3日にそれぞれ一つの卵を産卵。7月上旬ごろにふ化するとみられる。
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2017/0622/4p.html

http://archive.is/weSCC

大東(雲南)の3人 コウノトリ写真集製作【山陰中央新報2017年6月22日】

コウノトリの写真集を製作した井上誠さん(左)、曽田祐治さん(中央)、太田和良さん
 コウノトリの誤射があった島根県雲南市大東町の住民3人が、雄やひな、誤射されて死んだ雌の生前の姿を収めた写真集を自費製作した。身近な存在としてコウノトリを日々観察しながら心を躍らせて写した一枚一枚が、生き生きとした姿を伝えている。

 製作したのは、いずれも会社経営の曽田祐治さん(63)=雲南市大東町大東=と太田和良さん(68)=同、自営業の井上誠さん(58)=雲南市大東町大東下分。

 飛来した頃から、雄大に空を舞う姿に引かれて撮影を続けていた曽田さんが、誤射後に悲しむ地元住民を見て「生前の姿を形にして残し、勇気づけたい」と企画。同じく熱心に撮影していた太田さんと井上さんに協力を呼び掛けた。

 写真集はB5判16ページで、約40枚を掲載。雄と2羽で空を飛び、川で餌をついばむ姿や、巣の材料の枝を運んだり、4羽のひなに寄り添ったりする様子を捉えている。100部作り、地元の交流センターなどで無料配布している。

 3月から数千枚撮影した井上さんは「コウノトリが住み着いてくれたことのすばらしさを思い出してもらえると思う」と話した。

 ひなは現在、兵庫県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市)で飼育され、7月中旬ごろに大東町内で放鳥される方向で準備が進む。曽田さんは「放鳥が実現したら、放鳥の場面を写した第2弾の写真集作りを考えたい」と意気込んだ。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=565801004

http://archive.is/PQmIA
posted by BNJ at 23:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岐阜)羽島市で田植えとアイガモの放鳥体験20年【朝日新聞デジタル2017年6月22日】

アイガモを水田に放す参加者ら=羽島市桑原町大須

 羽島市桑原町大須の水田で、田植えやアイガモのヒナを放す催しがあった。今年で20周年。延べ参加人数は1万人を超えた。

 地元の「アイガモ稲作研究会」や酒造会社「千代菊」を母体とした実行委員会が、有機農業の「アイガモ農法」に20年以上取り組んでいる。田植えから稲刈りを経て、冬には収穫米で酒仕込みをしたり純米吟醸酒を飲んだりする体験プロジェクトだ。森川貞秋委員長(70)は「皆さんに愛されて続けてこられた」と感謝する。

 11日の催しでは、約100人の参加者がハツシモの苗を植え、すでに田植えが済んだ別の水田にアイガモのヒナ50羽を放した。名古屋市から参加した小学5年の太田花音さん(11)と小学1年の妹凛音(りのん)さん(7)は「小さくてかわいいのに、しっかり働くなんてすごい」と話した。(竹井周平)
http://www.asahi.com/articles/ASK6D3TYZK6DOHGB005.html

http://archive.is/qrSTx
田植え:アイガモ農法で日本酒米 親子150人が仕込みまでの過程を体験 /岐阜【毎日新聞2015年6月23日】
posted by BNJ at 23:49 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国道を歩くカルガモ親子に遭遇 鳥取市【読売新聞2017年6月22日】

日本海テレビのクルーが取材に向かう途中、鳥取市内の国道でなんともかわいい光景に遭遇した。突然、目の前に現れたのは、カルガモの赤ちゃん。まだ手のひらに乗るほどの5匹のヒナは、お母さんを見失いパニックに。しばらくして一緒になった親子は茂みに身を潜めていたが、やがてまた歩き出した。ヒナたちも今度は、お母さんにおいていかれないよう猛ダッシュ!通りがかりの人に守られながら大通りを歩いていった=(C)NNN 2017年6月22日公開
http://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=06634

http://archive.is/1ZHiv
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 23:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護のトキ幼鳥死ぬ 野生下で今季巣立つ【新潟日報モア2017年6月22日】

 環境省は22日、佐渡市の野生下で今季巣立った後に左脚を骨折し、8日に佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションに収容されていた幼鳥1羽が死んだと発表した。衰弱死とみられる。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20170622331186.html

http://archive.is/PXqAY
トキの幼鳥1羽を保護 車にひかれた可能性も【新潟日報モア2017年6月10日】(他1ソース)
posted by BNJ at 23:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニホンライチョウのヒナ死ぬ 人工繁殖で19年ぶり孵化【朝日新聞デジタル2017年6月22日】

 富山市ファミリーパークは21日、国の特別天然記念物のニホンライチョウの人工繁殖事業で産まれた卵から孵化(ふか)したヒナ1羽が死んだ、と発表した。17日に、人工繁殖の卵から19年ぶりに孵化したヒナ2羽のうちの1羽で、死因を調べる。

 同パークによると、死んだヒナは18日から専用ケージでえさを食べるようになった。21日正午ごろまでは歩き回っている様子が確認されていたが、午後1時半ごろ、伏せたまま動かなくなり、約1時間後に死んでいるのを確認したという。(江向彩也夏)
http://www.asahi.com/articles/ASK6P5WYWK6PPUZB00Z.html

http://archive.is/BSUi6
ニホンライチョウ ふ化 24時間体制で見守り 「育てる、失敗許されない」 /富山【毎日新聞2017年6月19日】

「優しく見守って」鎌倉駅改札上にツバメの巣【神奈川新聞2017年6月22日】

駅天井近くにできた巣。ひな3羽の姿が見える=JR鎌倉駅東口 他の写真を見る
 JR鎌倉駅東口の改札上にツバメの巣が作られ、3羽のひなが成長している。駅は改札の1通路を閉鎖し、「優しく見守って」と呼び掛けている。

 相馬孝駅長によると、5月末ごろツバメが飛来し始めた。今月6日、天井近く15メートルほどの高さに巣を確認。間もなく、ひなのふんが真下の改札に落ちるようになった。台座の設置などを検討したが、ふんの量が増えてきたため、12日に改札8通路のうち一つを閉鎖した。

 改札に設置した「ツバメ子育て中」の看板を撮影する利用客の姿も。相馬駅長は「子育ては今週末ごろまでではないか。日に日に大きくなった“3きょうだい”が巣立つのは少し寂しい。お客さまには不便を掛けるが、温かく見守ってくれたら」と目を細めた。 
http://www.kanaloco.jp/article/259427/

http://archive.is/VmKog
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 23:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶滅危惧種ケイマフリ 子育ての季節 天売島【どうしんウェブ2017年6月22日】

動画はこちらから

断崖を飛び交い、盛んにさえずるケイマフリ=天売島赤岩展望台付近(大島拓人撮影)
 【天売】海鳥の楽園として知られる天売島(留萌管内羽幌町)で、絶滅危惧種の野鳥ケイマフリが子育ての季節を迎えている。甲高い鳴き声を響かせつつ、断崖を飛び交っている。

 つがいは同島西端の切り立った崖の隙間で営巣。この時期、ふ化したひなに餌を運ぶため巣から海へ飛び立ち、しばらくするとイカナゴなどの小魚をくわえて巣に戻ってくる。

 個体数を調査している環境省羽幌自然保護官事務所によると、今年は過去10年で最多の681羽が確認されている。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0413196.html

http://archive.is/euUBi
タグ:ケイマフリ
posted by BNJ at 23:10 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間もなく巣立ち 佐野市内の公園にオオタカの巣【下野新聞SOON2017年6月22日】

羽ばたく練習をするオオタカ

 【佐野】市内の公園でオオタカが巣立ちの時季を迎え、市民らの注目を集めている。

 オオタカは同公園の林の中で、高さ約20メートルのマツの木に営巣。巣には3羽のひなが見られ、「ピューイ」という鳴き声が響く。時折、親鳥がえさを与えに来るという。

 4月ごろには白い産毛に包まれていた3羽だが、今は産毛が落ちタカらしい立派な姿に。風を受けて羽ばたく練習をするなど、旅立ちの準備を進めている。

 同公園では毎年のように営巣しており、散歩する市民らにとって恒例の楽しみとなっている。成長する姿を写真に収めようと、熱心にカメラを構える人も。
http://www.shimotsuke.co.jp/category/life/tourism/season/news/20170622/2728633

http://archive.is/yyq3W
タグ:オオタカ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする