2017年06月25日

知っちゅう? 県鳥「ヤイロチョウ」 発見から80年、絶滅危惧種 /高知【毎日新聞2017年6月25日】

さえずるヤイロチョウ=生態系トラスト協会提供
原生林に生息/「自然公園」構想も
 「高知県の鳥」すなわち県鳥をご存じだろうか。ヤイロチョウというスズメより一回りほど大きな小鳥だ。恥ずかしながら記者も、高知に来るまで存在すら知らなかった。高知県で、日本で初めてヤイロチョウの巣が確認されて今年で80年。ヤイロチョウについて調べてみた。【柴山雄太】

 ■東南アジアからの渡り鳥

 スズメ目ヤイロチョウ科に属する。体長は約20センチ。環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧1B類に指定されている。

 日本には夏場に繁殖のために渡ってくる渡り鳥。体色は青や赤、白などカラフル。東南アジアのボルネオ島などから渡ってくるとみられる。

 日本には5月半ばごろに到来。下旬から産卵を始め、卵は2週間程度でふ化する。ヒナは約2週間で巣立つが、その後2カ月半ほどは繁殖地にとどまると考えられている。

 ■「鳴き声たくさん」


ヤイロチョウの巣=高知県四万十町大正で、柴山雄太撮影
 日本で初めてヤイロチョウの巣作りが確認されたのは1937(昭和12)年6月。当時の農林省による調査で、今の宿毛市にある国有林で発見された。当時の記録には、ヤイロチョウの鳴き声がたくさん聞こえたと記録されているという。

 ヤイロチョウの保護活動に取り組む生態系トラスト協会(四万十町)の中村滝男会長(65)によると、当時周辺に広大な原生林があったことを示しているという。

 ヤイロチョウのつがいは10〜20ヘクタールの縄張りを必要とする。地表の落ち葉をめくり、その下にいるミミズなどを主食にしているため、落ち葉の積もった腐葉土のある森を好む。下草が生える人の手の入った林には住まず、日光が当たりにくい原生林にしか住まない。

 県内は、江戸時代から藩有林として手つかずの森林があり、明治以降は国有林になったため、生息適地が多かったとみられる。

 ■開発で激減、保護へ

 だが国有林の伐採が進み、生息適地が減少したことや、猿などの天敵を避ける性質があり、数を減らしていったとみられる。

 中村会長は「県内で明治維新以後最大の失敗は、藩有林を国有林化したことだったと思うんですよ」と話す。広大な原生林が失われ、今では県内で確認できるのは10つがい程度だという。

 そこで生態系トラスト協会では、生息地を守ろうと、森林を購入するナショナルトラスト活動を続けている。現在196ヘクタールがヤイロチョウの保護区になっているという。また製紙大手の王子ホールディングス(東京都)が、四万十町木屋ケ内にある社有林260ヘクタールで、ヤイロチョウなど動植物保護のため協会と協定を結んだ。

 巣の発見から80年を迎え、中村会長は四万十川流域に「県立ヤイロチョウ自然公園」の設置構想を提唱する。「かつて東京からの指示で森を切り、木材は都市に消費されました。今度はこの森を、東京や世界から人を呼べるような存在にしたい」と意気込む。

 協会では巣の発見から80周年を迎えたことを記念し、県内各地で巡回パネル展を開催している。

プレゼント
 ヤイロチョウなどがデザインされたポストカードを抽選で読者2名にプレゼントします。生態系トラスト協会と王子ホールディングスの協定締結を記念した限定品です。

 希望者は、はがきに郵便番号▽住所▽氏名▽電話番号▽コーナーのタイトル「知っちゅう?」を切り抜いて張り付け(コピー不可) 〒780−0870 高知市本町4の2の44朝日生命高知ビル8階、毎日新聞高知支局「ヤイロチョウ」係。6月30日(金)必着。当選者の発表は発送をもって替えます。
https://mainichi.jp/articles/20170625/ddl/k39/040/316000c

http://archive.is/1FjIl
守れ絶滅危惧種「ヤイロチョウ」−王子HD、高知の社有林で生息環境保全【日刊工業新聞2016年9月9日】

posted by BNJ at 23:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通気孔からひょっこりチョウゲンボウ 大阪【FNNニュース2017年6月25日】

大阪・吹田市在住の西垣哲哉さんから、くりくりの黒目がかわいい、チョウゲンボウのひなの様子が届きました。
化学工場が建ち並ぶ一角、西垣さんの勤める会社のお隣にある工場の通気孔には、ここ3年ほど、ゴールデンウイークの時期になると、チョウゲンボウが巣を作りにやってきます。
仕事の休憩中、ちょうどのぞける位置に通気孔があり、毎年、楽しみにしているのだとか。
今年はなかなか姿を見せず、心配していた西垣さんですが、15日、昨年までとは違う通気孔から、ひょっこり顔を出したところを、すかさず撮影。
狭い場所ですが、4羽ほどのひなの姿がありました。
毎年のことなので、もちろん、社内でも話題になったそうです。
そして、見かけてから4日後の19日、無事、ひなたちは巣立っていきました。
まだうまく飛べないひなが、ちょこちょこ動き回る様子がとてもかわいらしいです。
また来年、子育てに来てくれるのがとても楽しみになりますね。

【編】
チョウゲンボウは、ハヤブサ科の鳥で、全長は33〜38cmほど。
本州の崖、ビルや橋の隙間で繁殖し、冬は雪の少ない地域の河川、草地、農耕地などで見られます。
http://www.fnn-news.com/videopost/gallery/articles/VP00002433.html

http://archive.is/e9YdG
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ 身近に感じて【中国新聞アルファ2017年6月25日】

コウノトリの写真や書籍を並べた特設コーナー
 広島県北広島町新庄の町図書館は、町内に飛来している国特別天然記念物コウノトリを紹介するコーナーを設けた。職員や住民が撮影した写真や書籍など約40冊を集め、貸し出しもする。7月23日まで。
(ここまで 94文字/記事全文 400文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=352486&comment_sub_id=0&category_id=110

http://archive.is/xIRsA
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 22:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

業者9割「野鳥の食害」 弥富金魚で被害157万匹【中日新聞2017年6月25日】

 全国有数の金魚産地として知られる愛知県弥富市周辺の養殖池から大量の金魚が消えた問題で、弥富金魚漁業協同組合(同市)が組合員に実態調査を行い、回答した業者の約九割が野鳥などの食害を訴えたことが分かった。昨年一年間の被害は一緒に養殖するメダカを含め、組合全体の生産量の一割に当たる約百五十七万匹(推計値)に上った。

 実態調査は一九六〇年の組合設立以来初。県の協力を得て五月末までに同県弥富、津島、愛西の計三市と飛島村で金魚を養殖している全組合員計九十一軒に昨年の被害状況についてアンケートを実施し、七十六軒(83%)から回答を得た。

 七十六軒のうち、七十一軒が食害があったと回答。原因を尋ねた設問(複数回答)では、サギが六十七件と最も多く、カモ六十一件、カワウ六十件、カラス四十二件などと続いた。イタチ(二十七件)やカメ(四十二件)などもあったが、目撃証言などから野鳥が主な原因とみている。

 被害は、ラムサール条約登録湿地の藤前干潟(名古屋市港区)など、渡り鳥の飛来地が広がる名古屋港臨海部だけでなく、すべての地区で確認された。

 組合によると、今夏の需要期は乗り切れる見通し。渡り鳥の飛来が活発になる今冬ごろまでに、池の上や周辺に網を張るなどの対策を強化する方針。組合は六月中旬、調査結果を弥富市などに報告し、対策の支援を要望した。

 伊藤恵造組合長(64)は取材に「高齢化と担い手不足で業者は減り続けている。飛来する鳥の数は変わっていないようなので、被害が集中しやすくなっている」と指摘。「ブランドを守るために対策を講じたい」と話した。弥富市の服部彰文市長は「地場産業を守っていくために、どういう支援が良いか、組合側と協議していきたい」と話した。

 (酒井博章)
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017062502000084.html

https://megalodon.jp/2017-0625-2255-24/www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017062502000084.html
posted by BNJ at 22:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿児島)奄美の今 はびこる外来植物 島の自然壊す恐れ【朝日新聞デジタル2017年6月25日】

【動画】はびこる外来植物、奄美の生態系脅かす=外尾誠撮影

ムラサキカッコウアザミ。世界自然遺産の候補地まで侵入している=奄美市住用町

 陽光に輝く紫の花の周囲をチョウが舞う。今月上旬、奄美大島中南部のスタル俣林道。美しい自然の風景に見えるが、この花は南米原産の外来種ムラサキカッコウアザミ。周辺は奄美群島国立公園の指定地区で、世界自然遺産の候補地。「こんな重要地域まで外来種だらけ」。地元の自然写真家常田守さん(63)がため息をついた。

 来夏の遺産登録を目指す島の足元で今、強い繁殖力で在来の草花を駆逐し、生態系を壊す「侵略的外来種」と呼ばれる外国産の植物がはびこっている。

 黄色の花が愛らしい北米原産のオオキンケイギクはその代表格。観賞用や道路のり面緑化のために全国で植えられた。島でもよく見かけるが、国は2006年、外来生物法に基づく「特定外来生物」に指定。栽培や移動、販売などを罰則付きで禁じている。

 緑のじゅうたんのように川を覆…

希少種の渡り鳥コアジサシの繁殖地も奪ってしまった。 県が昨春発表した侵略的外来種の番付表で、モクマオウは「小結」。問題との認識はあるが、県は在来種と一緒に植える「混植」に切り替えつつ植栽を続ける。「ほかに(防風林などに)適した木がない。寿命が短いので、在来種が育てば消える」と説明するが、生息域はかえって広がっていると常田さんはみる。 一方、同様の問題を抱える小笠原諸島(東京都)では11年の

残り:1209文字/全文:1547文字
http://www.asahi.com/articles/ASK6R6SQDK6RTLTB00Z.html

http://archive.is/FbYoJ
posted by BNJ at 13:05 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリにエサやり体験 豊岡・県立コウノトリの郷公園【産経ニュース2017年6月25日】

ケージに入り、コウノトリにエサを与える参加者=6月24日、兵庫県豊岡市祥雲寺
 特別天然記念物コウノトリへの給餌体験会が24日、豊岡市祥雲寺の県立コウノトリの郷公園で開かれた。子供たちは普段は入れない非公開エリアに集まり、近寄ってくるコウノトリにエサを与えた。

 参加した親子連れら16人は飼育員に教えてもらいながら、まず飼育管理棟でアジとドジョウのエサを1羽ごとに準備。その後、1人ずつケージに入り、目の前までやってきてエサをついばむコウノトリに胸を躍らせていた。

 将来は飼育員になりたいという県立豊岡高校2年生の松田のぞみさん(16)は「エサを待つ様子が可愛かった」。同市の小学6年生、應供円さん(12)は「緊張したけど、面白かった。またやってみたい」と笑顔で話した。
http://www.sankei.com/region/news/170625/rgn1706250013-n1.html

http://archive.is/ng30Y

兵庫)イングランドの丘でオシドリのヒナ【朝日新聞デジタル2017年6月25日】(他1ソース)

母鳥のいろはと3羽のヒナ=南あわじ市八木養宜上

 南あわじ市八木養宜上の「淡路ファームパーク イングランドの丘」でオシドリのヒナ3羽が生まれ、すくすくと成長している。

 オシドリはカモ科の水鳥で、繁殖期のオスは色鮮やかになるのが特徴。イングランドの丘では10羽が「バードケージ とんでとんでの森」で飼育されている。3羽のヒナは今月12日、「いろは」と名付けられたメスの卵から孵化(ふか)した。

 昨年からオシドリの繁殖に取り組み、ヒナの公開は今年が初めて。誕生から約2週間がたち、ヒナたちは母鳥の後を追って走り回ったり、ピィピィと鳴いて母鳥を呼んだりと、愛らしい姿を見せている。

 鳥類を担当する飼育員の舟木愛…

残り:170文字/全文:435文字
http://www.asahi.com/articles/ASK6R5DYNK6RPIHB01X.html

オシドリのひなすくすく成長 南あわじの農業公園【神戸新聞NEXT2017年6月23日】
愛くるしいオシドリのひなたち=南あわじ市八木養宜上、淡路ファームパーク・イングランドの丘
 オシドリのひな3羽が、農業公園「淡路ファームパーク・イングランドの丘」(兵庫県南あわじ市八木養宜上)ですくすく成長している。ふわっとした羽毛に覆われ、おしりをふりふり親鳥を追う姿がかわいらしい。

 ひなは今月12日にふ化し、体長8センチほどに育った。母「いろは」の後を元気良くついて回り、段差を怖がると助けを求めるかのようにいろはをじっと見る。

 えさをついばんだり、体を丸めて休んだり、周りを興味深くきょろきょろしたりすれば、いろはも立ち止まって待つ。気まぐれな子どもたちのペースに合わせる親心がほほ笑ましい。

 約2カ月で成鳥と同じぐらいの大きさになるといい、飼育員の平山泉さん(20)は「お母さんが大好きな様子が伝わる、愛らしい姿は今だけ。親子で眺めて、ほっこりした気分になってほしい」と話している。

 入園料は大人800円など。午前9時〜午後5時(土日祝は同5時半まで)。同園TEL0799・43・2626

(佐藤健介)
https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/201706/0010305293.shtml

http://archive.is/ytnxl
http://archive.is/8eAZh
タグ:オシドリ

【群馬】カワウVSドローン 桐生・渡良瀬川 両毛漁協が放流稚魚の保護に活用【東京新聞2017年6月25日】(既報関連ソースあり)

カワウを追い払うドローンを操縦する坪井研究員(左から3人目)=桐生市で

 カワウによる川魚の食害対策にドローンを使う動きが始まっている。ただ追い払うだけではなく、巣にドライアイスを投下するなどして、ゆくゆくは繁殖そのものを抑制するのが狙いだ。
 ダダーン! 川面を飛行するドローンがぶら下げたスピーカーから銃声が響く。桐生市の渡良瀬川。ヤマメやアユの人気釣り場で、地元の両毛漁協はカワウ被害に頭を悩ませている。
 川岸の木々にカワウが一カ所で五百〜六百羽の巨大コロニーをつくり、放流された稚魚を捕食する。「カワウは大食漢で一羽が一日に五百グラムの魚を食べる」と話すのは、中島淳志組合長(45)。跳ねる魚を待ち伏せするしかないアオサギなどと違って、カワウは潜水能力が高く、一〇メートル以上潜ることができるという。五百グラムはヤマメの稚魚二百匹分にも及ぶ。
 銃声を聞いたカワウは水面を蹴って逃げていったが、これはあくまで「餌場」から追い出して恐怖心を持たせるのが目的。ドローンでむやみにコロニーから追い払えば、大集団が別の地域に移動して他県にまで被害が拡大する恐れもある。
 同漁協では巣の拡大を防ぐため、巣を作りそうな所に釣りざおを使ってテープを巡らせる試みをしていた。ドローンを活用したところ、高い場所まで張ることができた。テープが風になびく音をカワウが嫌う効果も期待できる。
 カワウの数は全国的に増加傾向にある。その原因は何なのか。中央水産研究所内水面研究センターの坪井潤一研究員(38)は「地球温暖化です。魚食性の鳥は全世界的に増えているといわれています」と説明する。
 「シカの増殖と同じで、冬を越すのが容易になり、幼鳥が死ななくなった」。一方で、護岸工事で魚が身を隠す場所が減ったことや、放流数が増えたことにより、鳥が魚を捕食しやすくなり、個体数増加に拍車をかけた面もあるという。
 地道だが空気銃による有害駆除が最も効果的だ。百五十メートルほど離れた対岸からコロニーを見ると、一本の木に何十というカワウが止まっている。テープで拡大を防いで一カ所に集中させたところを、空気銃で狙う。昨年実施したハンターによる射撃では、三百五十羽以上を駆除できた。
 坪井研究員が提唱するもう一つの策が「ドライアイス投下」だ。タブレット端末の画面を見ながらドローンを操縦し、木の上にある巣の中にドライアイスを落とす。「卵の一部に触れただけでもふ化しなくなります」。想像するとクレーンゲームのような光景だが、繁殖抑制に効果が期待されている。
<カワウ> カツオドリ目ウ科の鳥。世界中に生息するが、日本では1970年代に減少した。その後河川の水質改善で餌となる魚が増えたことや、温暖化で冬を越しやすくなったことから、90年代以降、数が飛躍的に増えた。全長80〜100センチ。くちばしの先端はかぎ状で、根元に黄色い部分があり、足には水かきが付いている。全国内水面漁協連合会によると、2008年の全国での川や湖などでの水産被害額は103億円に及ぶ。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/list/201706/CK2017062502000167.html

http://archive.is/UukEi
有害鳥獣カワウ駆除の計画策定へ 県議会で県側、調査結果基に対策【山陽新聞デジタル2017年6月21日】
しぜん最前線 緑と水と人 群馬 カワウ撃退 飛び立つ ドローン作戦【毎日新聞2017年6月16日】
野生のカワウ駆除、ドローン活用…巣に薬品噴霧【読売新聞2017年5月7日】
カワウ食害対策に躍起 広島県【中国新聞アルファ2017年5月1日】
山口県、カワウ駆除へ新作戦【中国新聞アルファ2017年4月10日】
大野川アユ放流 ドローンでカワウ追い払い【OBS大分放送ニュース2017年4月6日】
カワウ駆除補助拡充 県、ドローン活用も【岐阜新聞2017年2月27日】
広島県が初のカワウ管理計画【中国新聞アルファ2017年4月6日】
害鳥対策にドローン出撃! 「音で驚かす」「猟銃の発射音を鳴らす」「巣にドライアイスを運ぶ」【ライブドアニュース(Jタウンネット)2016年10月9日】
ドローンでカワウ対策 広島県【中国新聞アルファ2016年9月27日】
カワウ対策協でアユ漁被害防止へ【中国新聞アルファ2016年3月17日】
posted by BNJ at 12:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩手)北東北のクマゲラ、絶滅の危機【朝日新聞デジタル2017年6月25日】

2010年に秋田県の森吉山で繁殖したクマゲラ。生息が危ぶまれている(本州産クマゲラ研究会提供)
 世界自然遺産の白神山地(青森、秋田県)や森吉山(秋田県)のブナ林から、国の天然記念物クマゲラが姿を消している。盛岡市のNPO法人が調べたところ、森吉山で1羽の生息しか確認できなかった。ここ数年、繁殖も採餌や巣穴を更新した痕跡も皆無といい、関係者は「本州産は絶滅に近づいているのでは」と危機感を募らせている。

 調査したのは本州産クマゲラ研究会(理事長、藤井忠志・岩手県立博物館上席専門学芸員)。4月末から森吉山で過去に確認された繁殖地を計3回、白神山地でも2回、5人ほどのチームで回ったが、森吉山で4月30日にオス1羽を確認した以外、1羽も見られなかった。繁殖期なのに既存の巣穴も使われた形跡がないという。

 研究会はメンバーの観察を含め、1970年代から両地域で延べ49ペアの繁殖と107羽の巣立ちを確認してきた。しかし、白神山地では2009年以降、繁殖も巣立ちも確認できていない。森吉山でも、13年に2羽の巣立ちを確認したのが最後という。

 北東北はクマゲラが生息する南限に近い。岩手の八幡平や秋田の田沢湖周辺などのブナ林にも生息するとみられるが、神経質で繁殖期に撮影などで人が近づくと繁殖しなかったり給餌(きゅうじ)しなくなってヒナが餓死したりすることもある。

 白神山地などで営巣に使われる標高600メートル付近の巨木は、大勢の登山客が訪れるトレッキングコースに近く、登山客やカメラマンに追われている可能性もあるという。また土砂崩落の復旧工事の騒音で、繁殖が途絶えるケースもあるという。

 藤井代表は「北東北のクマゲラ個体群は遺伝的にも貴重。標高が高く西風の強い地域に追いやられると営巣に適した木もなく、繁殖はますます難しい。国や行政は早急に実態を把握して対策を考える時期にきている」と話す。

 環境省も白神山地の鳥獣保護区で毎年、生息調査を実施しているが11年以降、姿も繁殖も確認していない。同省東北地方環境事務所は「白神山地は広く、知見も不足している。来年度は範囲を広げて調査したい」としている。(溝口太郎)
http://www.asahi.com/articles/ASK6P6W7QK6PUJUB00M.html

http://archive.is/wFmE4
「クマゲラ巣跡確認」と原告側 成瀬ダム建設差し止め訴訟【秋田魁新報2016年9月8日】
posted by BNJ at 12:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする