2017年07月05日

飼養頭数肉用牛・豚・鶏は増、乳用牛は減 農水省「畜産統計」【農業協同組合新聞2017年7月5日】

 農水省は7月4日、平成29年2月1日現在の「畜産統計」を公表した。

 これによると、乳用牛の飼養頭数は前年より減少し、肉用牛、豚、採卵鶏およびブロイラーの飼養頭羽数は増加している。畜種別の概要は以下の通り。

【乳用牛】
 飼養戸数は前年より600戸(3.5%)減少して、1万6400戸。飼養頭数は同2万2000頭(1.6%)減の132万3000頭となった。1戸当たり飼養頭数は80.7頭で、前年より1.6頭増加した。
 平成20年と比べると、飼養戸数は2万4400戸から1万6400戸へ8000戸減少。飼養頭数も153万3000頭から132万3000頭へ21万頭減少しているが、1戸当たり飼養頭数は62.8頭から80.7頭へ17.9頭増えている。

【肉用牛】
 飼養戸数は5万100戸と前年より1800戸(3.5%)減少した。飼養頭数は同2万頭(0.8%)増の249万9000頭。1戸当たり飼養頭数は同2.1頭増の49.9頭だった。
 平成20年の飼養戸数は8万400戸だったので、3万300戸減少している。飼養頭数は289万頭だったので39万1000頭減少しているが、1戸当たり飼養頭数は35.9頭から49.9頭へ14頭増加している。

【豚】
 飼養戸数は前年より160戸(3.3%)減り、4670戸となった。飼養頭数は同3万3000頭(0.4%)増加し、934万6000頭だった。この結果、1戸当たり飼養頭数は2001.3頭で、前年よりも73.1頭増加した。
 平成20年の飼養戸数は7230戸だったので、2560戸減少している。また、飼養頭数も974万5000頭から39万9000頭減少したが、1戸当たり飼養頭数は1348頭から2001頭へ653頭増加している。

【採卵鶏】
 飼養戸数は2350戸と前年より90戸(3.7%)減少した。飼養羽数は1億7636万6000羽で、同301万7000羽(1.7%)増加した。このうち成鶏メス(6か月齢以上)は1億3610万1000羽で前年よりも153万2000羽(1.1%)増加した。1戸当たり成鶏メス飼養羽数は5万7900羽で前年よりも2700羽増加した。
 平成20年と比べると、飼養戸数は3300戸から2350戸へ950戸減少。飼養羽数は1億8166万4000羽から529万8000羽減少、成鶏メイも1億4252万3000羽から642万2000羽減少している。1戸当たり成鶏メスの飼養羽数は4万3200羽から1万4700羽増の5万7900羽となっている。

【ブロイラー】
 飼養戸数は前年に比べて50戸(2.1%)減少し、2310戸。飼養羽数は同52万8000羽(0.4%)増の1億3492万3000羽となっている。1戸当たり飼養羽数は5万8400羽で、同1500羽増加した。
 また出荷戸数は2320戸と前年より40戸(1.7%)減少。出荷羽数は6億7771万3000羽で前年より1027万5000羽(1.5%)増加している。1戸当たり出荷羽数は29万2100羽で前年より9300羽増加している。
 なお、ブロイラーの飼養戸数。羽数、出荷戸数・羽数には出荷羽数が年間3000羽未満の飼養者を含まない。また、2月1日現在で飼養がない場合でも、前1年間に3000羽以上の出荷があれば出荷戸数に含めている。

(関連記事)
・養豚除き畜産の農業所得増加 酪農・肉用牛・養豚・養鶏経営統計 (16.12.08)

http://www.jacom.or.jp/niku/news/2017/07/170705-33128.php

http://archive.is/jiAQP

posted by BNJ at 23:36 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤンバルクイナ放鳥 交通事故で治療 国頭【琉球新報2017年7月5日】

交通事故のけがから回復し、放鳥されたヤンバルクイナ=6月27日、国頭村謝敷
 【国頭】国頭村謝敷の県道2号で6月27日、交通事故に遭い保護されたヤンバルクイナの雄1羽が放鳥された。治療したNPO法人どうぶつたちの病院沖縄の職員らが見守る中、籠から放たれたクイナは、森の中へと駆けていった。クイナの放鳥は今年2件目。

 ヤンバルクイナは雄の成鳥で体長約35センチ、体重約480グラム。22日に県道2号で事故に遭った。事故直後に現場を通り掛かったどうぶつたちの病院職員が救護し、うるま市の同病院へ搬送した。全身打撲があったが骨折などはなく、回復も早かったことなどから事故から5日で放鳥した。

 どうぶつたちの病院によると、今年に入り、ヤンバルクイナの交通事故は26日現在で14件発生している。交通事故以外の原因(野犬や野猫、カラスによる捕食など)も含めて24日現在で、32件の救護・死骸回収が発生しており、約半分の15件が6月に発生している。同病院の金城道男理事は「繁殖期が続いており、餌を探しに道路に出てくることが多い。ヤンバルクイナを見つけるぐらいの気持ちでゆっくり走ってもらいたい」と呼び掛けた。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-528282.html

http://archive.is/F6Fis
交通事故のけがから回復 沖縄・国頭でヤンバルクイナ放す【沖縄タイムスプラス2017年5月26日】
posted by BNJ at 23:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高圧線 カラス感電で爆発音騒ぎ 福岡・博多区【毎日新聞2017年7月5日】

 5日午前9時5分ごろ、福岡市博多区美野島付近で、住民から「爆発音がする」と110番通報が入り、付近の約5500世帯が停電した。警察や消防が出動する騒ぎになったが、九州電力の調査で、近くの高圧線でカラス1羽が引っかかって死んでいるのが見つかった。カラスが接触し、感電したのが原因とみられている。

付近の民間企業が設置したもの。停電は10分後に全て復旧した。高圧線の電圧は6600ボルトあり、九電は「異常な電気の流れが生じた場合、爆発音のような音がすることがある」としている。【青木絵美】
https://mainichi.jp/articles/20170705/k00/00e/040/179000c

http://archive.is/xS6rb
posted by BNJ at 23:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

写真展 夫婦で捉えた野鳥の魅力 奈良の西村さん、松阪・波瀬駅で /三重【毎日新聞2017年7月5日】

 松阪市飯高町波瀬の観光施設「波瀬駅」で、周辺山間部に生息する野鳥の姿を捉えた写真展が始まり、行楽客の話題を集めている。11日まで。

 撮影者は奈良県宇陀市榛原の元家電メーカー社員、西村速雄さん(66)と妻の清美さん(66)。2人は20年ほど前から野鳥の魅力にとりつかれバードウオッチングを始めた。

 「鳴き声を頼りに森を探索するのが楽しい。小魚を取るために清流に飛び込むカワセミなどに出合うと、豊かな大自然が満喫できる」と話しており、この光景を残そうと、感動の一瞬をレンズに収めてきたという。

 会場には輝く青が美しいオオルリをはじめキセキレイ、キジ、カルガモ、キビタキ、ヤマセミなどの見事な一瞬を捉えた四つ切りサイズの13点が並ぶ。西村さん夫妻は「野鳥の姿を通じ、身近な自然の尊さを再確認してほしい」と呼び掛けている。【橋本明】

〔伊賀版〕
https://mainichi.jp/articles/20170705/ddl/k24/040/239000c

http://archive.is/oF9a1
posted by BNJ at 23:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライチョウ雛3羽が孵化 栃木・那須どうぶつ王国【産経ニュース2017年7月5日】

孵化したニホンライチョウのひな=5日、栃木県那須町(那須どうぶつ王国提供)
 環境省は5日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種の「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む那須どうぶつ王国(栃木県那須町)で、計3羽のひなが孵化したと発表した。人工繁殖が行われている上野動物園(東京都台東区)から移された受精卵5卵のうち、残りの2卵については発生中止が確認された。

 那須どうぶつ王国によると、4日に1羽、5日に2羽のひなが孵化。受精卵は6月28日にどうぶつ王国のスタッフが上野動物園から携帯孵卵器に入れて車で運び込み、園内施設で獣医師、スタッフらが完全防疫の中で温度や湿度を調整しながら人工孵化を目指していた。

 孵化後2週間が特に体調を崩しやすいといい、どうぶつ王国は「注意深く飼育、観察をしていきたい。ひなの育成を成功させるため当面公開はできないが、過程は資料提供する」としている。
http://www.sankei.com/life/news/170705/lif1707050036-n1.html

【栃木】那須どうぶつ王国でライチョウふ化 ひな3羽元気!【東京新聞2017年7月6日】
生まれたばかりのひな(那須どうぶつ王国提供)=那須町で

 「三羽とも元気です」−。国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウ三羽が生まれた那須どうぶつ王国(那須町)の佐藤哲也園長(60)は五日、記者会見でほっとした表情を見せながら、誕生したばかりのひなの様子を語った。三羽は温度が管理された育すう室の箱の中で、かわいらしく動き回っているという。(小川直人)
 王国によると、上野動物園から六月二十八日に移されてきた卵五個のうち、三個が七月四日午後八時すぎから同五日午前一時半ごろにかけてふ化した。残りの二個は心音などの反応がなく、ふ化の可能性がないことが確認された。
 三羽のひなは体重一六〜一八グラムで体長は六センチほど。性別は調査中。気温二五度に保たれた育すう室で、箱の中に一羽ずつ入れて育てている。箱の中には三四度に設定された場所があり、親鳥のおなかの下で温まっているような環境を整えてある。
 ひなが「ピピピ」と鳴くと、飼育担当者が親代わりに声をまねして応えている。野草などのえさを与えているが、今は突っつくだけで、数日中には食べるようになるという。
 今後は一週間ほどで箱から出し、育すう室で放し飼いするが、二週間程度は体調の変化に細心の注意が必要。佐藤園長は「ふ化して一安心だが、水は飲むか、エサは食べるかと次の心配ばかり」と気を抜かない。
 王国に卵が運ばれてきてからは、スタッフが温度や湿度など卵を取り巻く環境に気を使ってきた。飼育担当の千葉有里(ゆり)さん(26)は「準備してきたが、実際に卵が到着して緊張した。これからが大事なので頑張りたい」と力を込めた。獣医師の原藤芽衣(めい)さん(27)も「携われて光栄。ヒナは感染に弱いのでしっかり管理したい」と気を引き締めた。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201707/CK2017070602000204.html

栃木の動物園 ニホンライチョウのヒナ3羽ふ化【NHKニュース2017年7月5日】
栃木県那須町の動物園では、近い将来絶滅の危険性が高いと指摘されている国の特別天然記念物ニホンライチョウのヒナ3羽が生まれ、繁殖を目指して飼育していくことなりました。
栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」は、環境省などが進めるニホンライチョウを増やす事業で、繁殖施設に選ばれています。

動物園によりますと、先週東京の上野動物園から運び込まれた5個の卵のうち、4日から5日にかけて3羽のヒナが生まれ、体重は16グラムから18グラムほどで、飼育している箱の中で元気に動き回っているということです。

一方、残りの2つの卵からは、ヒナは生まれなかったということです。「那須どうぶつ王国」の佐藤哲也園長は、「ヒナが生まれてうれしい。体調を崩しやすい生後1週間を無事に乗り越えさせられるか心配はあるが、無事成長させて繁殖につなげたい」と話しています。

動物園は「ヒナの成長を優先するため公開はしない」としています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170705/k10011045201000.html

那須でライチョウ3羽ふ化 国の人工繁殖事業【産経フォト2017年7月5日】
ふ化したニホンライチョウのひな=5日、栃木県那須町(那須どうぶつ王国提供)
 栃木県那須町の那須どうぶつ王国は5日、人工繁殖に取り組む国の特別記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウの卵5個から、3羽がふ化したと発表した。残り2個はふ化しなかった。

 那須どうぶつ王国によると、卵は上野動物園(東京)で飼育するニホンライチョウが生み、6月28日に受け入れた。

 ふ化したニホンライチョウのひな=5日、栃木県那須町(那須どうぶつ王国提供)
 3羽は4日夜から5日未明にかけて生まれた。まだ性別は不明で、体重は16・4〜18グラム。エサを食べ始めたひなもいるという。 一方、残りの卵2個は1日時点でひなの心音が確認できなかった。成長が止まった「中止卵」だったことが4日までに分かった。
 環境省による人工繁殖事業は現在、富山市ファミリーパークやいしかわ動物園(石川県)など5カ所で実施しており、今回のふ化で、全施設でひなが生まれたことになる。各施設間では、収容能力や近親交配の回避を考慮し卵を移送している。
http://www.sankei.com/photo/story/news/170705/sty1707050012-n1.html

http://archive.is/NzxD2
http://archive.is/uwnL5
http://archive.is/yoiKv
http://archive.is/ODF3C

雲南省2県で鳥インフルエンザ検出【AFPBB News2017年7月5日】

【7月5日 CNS】中国・雲南(Yunnan)省文山(Wenshan)州鳥インフルエンザ(H7N9)対策本部は2日、同省の麻栗坡(Malipo)県と馬関(Maguan)県の2県の生鮮市場で鳥インフルエンザ(H7N9)が検出され、徐々にウイルスが拡散している可能性があると発表した。この2県の市場はすでに臨時閉鎖され、生きた鳥の取引をしないよう通達されている。

 両県の地元政府は規定に基づき、県内での生きた鳥の市場での取扱を停止させ、ウイルスが検出された市場での鳥の屠殺または無害化処理を進めると共に、市場全体の徹底した洗浄、消毒処理などを実施。各県・市の関連部署は、今後の生鮮市場拡大の際には、養殖場でのH7N9の発生状況について厳重なチェックを行い、人のインフルエンザに似た症状や原因不明の肺炎などの病例の調査研究を強化することとし、早期の発見、報告、対応を徹底させるとした。

 専門家の判断が出るまでは、市場再開の見通しがつかない。この期間中に営業を続けている市場に対しては、法にもとづいた取締りを実施するとしている。

 同省文山州では、これまでに人へのH7N9感染例が4件報告されている。1人は回復しすでに隔離病棟から離れており、残り3人は現在も病院で隔離病棟で治療を受けているが病状は安定している。現時点では、4人の患者からさらに感染が広がったケースは確認されていない。
http://www.afpbb.com/articles/-/3134416

http://archive.is/ONOm3
posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル清浄国に【鶏鳴新聞2017年7月5日】

2017.07.05発行
 農林水産省は6月28日、日本が高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)の清浄国になったと発表した。
 昨年11月から今年3月にかけて9道県12事例で発生したHPAI(H5N6亜型)の防疫措置が3月27日までに完了し、その後、3か月間新たな発生が確認されなかったため、国際獣疫事務局(OIE)の規定に基づき、6月28日付で清浄国となったもの。
 一方、韓国や中国を含め、依然として世界的にHPAIが発生していることから、農林水産省では関係者に防疫対策の強化を呼びかけている。
http://www.keimei.ne.jp/article/20170705t2.html

http://archive.is/FpRgO
posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都会に慣れた?ツミ 那覇の公園で子育て【沖縄タイムスプラス2017年7月5日】

 日本最小のタカの仲間のツミが、沖縄県那覇市内の公園で営巣し、子育てに励んでいる。巣は樹高約5メートルのリュウキュウマツのてっぺん付近にある。生後約2週間のひな2羽は、白い羽毛が生え替わり始め、翼を広げて羽ばたく練習をしたり、親鳥から餌をもらったりしていた。

ヒナに小鳥の肉片を与えるツミの親鳥=3日、那覇市内の公園(下地広也撮影)
 ツミは沖縄本島で繁殖する唯一のタカで、成鳥の体長は約30センチ。本来の生息場所は森の中だが、専門家によると、近年は公園などで繁殖する個体が増えているという。

 南部自然を守る会の橋本幸三さんは「年々、都市環境に適応しているようだ。しかし、元々は神経質で警戒心の強い鳥。子育てしやすいよう、見守ってほしい」と呼び掛けている。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/108583

http://archive.is/FIAla
タグ:ツミ
posted by BNJ at 11:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あどけない姿見て…トキのヒナ巣立ち【読売新聞2017年7月5日】

巣立ちしたトキのヒナ(いしかわ動物園提供)
 いしかわ動物園(能美市徳山町)で5月に生まれた国特別天然記念物トキのヒナが、6月30日に巣立ちをした。同園で公開しているヒナの巣立ちは初めてで、たどたどしく歩き回る姿が来園者の目を楽しませている。

 同園によると、30日午後3時頃、巣から離れているヒナを確認した。今は、巣の下にある草地を行ったり来たりしている。

 ヒナの体重は推計1.2キロで、親の8〜9割の大きさにまで成長した。現在は、親鳥から与えられるドジョウやワカサギを食べているが、あと10〜20日ほどすると、自分で餌を捕って食べるようになるという。

 同園の飼育担当者は、「巣を出たヒナは好奇心旺盛。餌を食べようと、何度も餌をつついて挑戦する姿が見られるのは8月中旬ぐらいまでなので、ぜひ見てほしい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/ishikawa/news/20170705-OYTNT50091.html

http://archive.is/baFWH
トキのひな、巣立ち いしかわ動物園、公開飼育で初【北國新聞2017年7月1日】

野鳥とともに/4 天売島(北海道羽幌町) 世界最大のウトウ繁殖地【毎日新聞2017年7月5日】

夕暮れ時に巣に戻ってきたウトウ=「北海道海鳥センター」石郷岡卓哉さん撮影
 天売(てうり)島は、北海道北西部の羽幌(はぼろ)町の沖にある周囲約12キロの島です。豊かな海の恵みを受けたこの島。東側には約320人が暮らす集落がある一方、島の西側から北西側にかけては人が近付けない急峻(きゅうしゅん)な崖とクマイザサなどの自生する草地が広がり、8種類、約100万羽の海鳥が繁殖しています。

 中でもウミスズメの仲間であるウトウは、約40万つがいが生息し、世界最大の繁殖地となっています。3月、繁殖のシーズンを迎えたウトウは、太いオレンジ色のくちばしとその根元に白い突起があり、目とくちばしの後ろには特徴ある白い飾り羽が生えています。斜面の草地に穴を掘り、4月に卵を一つ産みます。5月から7月にかけては、ひなに与える小魚をたくさんくわえて巣に戻ってくる親鳥の様子が観察できます。約80万羽のウトウが一斉に帰巣するさまは圧巻で、観察ツアーも開かれています。

 天売島はウミガラス(オロロン鳥)の国内唯一の繁殖地としても知られています。ウミガラスは1960年代には推定で約8000羽が繁殖していましたが、漁網への混獲、オオセグロカモメやハシブトガラスの捕食などによって急激し、2000年代以降には20羽前後までになりました。01年から環境省がデコイ(模型)の設置や音声による誘引、天敵の駆除などの積極的な保護策を進め、現在、30羽を超えるまでになりました。

 ウトウやウミネコなどの海鳥を捕食する野良ネコも課題の一つです。羽幌町では12年から「天売島ネコ飼養条例」を施行し、飼いネコの登録を義務化し、野良ネコの抑制を行っています。野生化したネコを捕獲して島外へ移動させ、人が飼えるようにならし、新しい飼い主に譲る取り組みが、行政や獣医師会、NPOなどの連携により進められています。かつての海鳥の楽園を取り戻すための地道な活動が今も進行中です。(日本野鳥の会・山本裕)=次回は8月2日掲載

 ※国際的な基準で選定された「重要野鳥生息地(IBA)」を紹介します。国内に167カ所あります。
https://mainichi.jp/articles/20170705/ddm/013/040/033000c

http://archive.is/Cr7vs
「海鳥の楽園」子育ての季節 北海道・天売島【産経フォト2017年7月3日】
posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休みの自由研究におすすめ!キヤノン株式会社【プレスリリース2017年7月5日】

キヤノンの無料ダウンロード素材サイト「Creative Park(クリエイティブパーク)」に新アイテムを公開しました。東京国立博物館の夏休み企画「びょうぶとあそぶ」の展示作品である「松林図屏風」と「群鶴図屏風」のペーパークラフト作りが楽しめます。他にも夏休みの自由研究にお役立ていただけるコンテンツをホームページで公開しています。
今年の東京国立博物館の夏休み企画「びょうぶとあそぶ」では、綴プロジェクトの一環として制作された高精細複製品を展示。びょうぶと映像を組み合わせた新しいアート体験を親子で楽しめます。親子で出かけて日本美術を体感し、見たこと、感じたこと、ワークショップで学んだことをまとめてみよう!家に帰ったら親子で「Creative Park」のびょうぶクラフトを作ってみよう!体験×工作で自由研究の充実度アップ!
http://global.canon/ja/tsuzuri/screen-paintings/index.html

■自由研究に役立つホームページやイベントはこちら
クリエイティブパーク (http://cp.c-ij.com/jp/special/kids8yrs-/index.html
 昆虫・鳥・動物・宇宙・動くおもちゃを作ってみよう!

キヤノンサイエンスラボキッズ(http://web.canon.jp/technology/kids/
「光」っておもしろい!実験・工作してみよう!

アニマリウム(http://cweb.canon.jp/ecology/animarium/
生き物や自然の不思議を体験してみよう!

自然自由研究(http://cweb.canon.jp/ecology/tsunagaru/act6/index.html
つながるいのち。つながるくらし。調べてみよう!

グリーンシティをつくろう(http://cweb.canon.jp/ecology/green-navi/home2/main.html
CO2をへらそう!やってみよう!

キヤノンバードブランチプロジェクト(http://global.canon/ja/environment/bird-branch/index.html
野鳥を観察してみよう!撮影してみよう!調べてみよう!

キヤノンキッズパーク2017(http://cweb.canon.jp/kidspark2017/index.html
自由研究のヒントがいっぱい!体験イベントに参加しよう。

日本カメラ博物館「あなたのカメラができるまで」(http://www.jcii-cameramuseum.jp/museum/special-exhibition/20170711.html
キヤノンのカメラができるまでを展示。行って調べてみよう!
期間:7月11日〜10月15日

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000219.000013980.html

http://archive.is/oTwmr
posted by BNJ at 11:30 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする