2017年07月10日

絶滅危機の八色鳥が子供ヘビをとる姿を初確認【東亜日報2017年7月10日】

「文書にのみ出てきた八色鳥の習性なので信じなかったのに…。事実であるとは知りませんでした」
先月24日、慶尚南道南海郡金山(キョンサンナムド・ナムへグン・クムサン)一帯の閑麗(ハンリョ)海上国立公園で鳥を観察していた国立公園管理公団調査チームはびっくりした。
普段はなかなか目にできない八色鳥を発見して観察していたところ、八色鳥が若いヘビをとる姿を発見したからだ。八色鳥は絶滅危機野生鳥類(2級)である。森林破壊により、個体数が激減して、世界で2500〜1万匹ほどしか残っていない。八色鳥は、主に暗い湿った谷や原生林に生息している。国内では済州島(チェジュド)と巨済島(コジェド)、慶尚南道南海郡金山の一帯などで発見された。
そんな八色鳥がカメラに捉えられたうえ、ヘビまで取ったので、調査チームを驚かせたのだ。韓国文化研究院の学術資料(1964年発刊)には、「ヘビは八色鳥の親鳥を恐れている」という内容が書かれている。しかし、実際は八色鳥が蛇を餌として与える姿は、鳥類研究家らにも発見されなかった。そのため、八色鳥は雛にミミズだけを餌として与えると知られている。
閑麗海上国立公園のムン・ミョングン事務長は、「八色鳥が雛を保護するために、孵化後に残った卵の殻を食べる場面も捉えた」と言い、「八色鳥の分布を精密に調査して、生息に妨げになる要因を除去していきたい」と明らかにした。
http://japanese.donga.com/List/3/04/27/986764/1

http://archive.is/imRpg

posted by BNJ at 23:22 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【参院閉会中審査】萩生田氏「兼職届けは不要と判断」【朝日新聞デジタル2017年7月10日】(鳥インフルエンザ)

参考人として閉会中審査に出席後、国会を出る前川喜平・前文部科学事務次官=10日午後5時39分、国会内、長島一浩撮影

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐる閉会中審査が10日午後、参院でも文教科学、内閣両委員会の連合審査会の形で実施された。

 無所属の松沢成文氏の質問が終了。参院の閉会中審査が終わる。

 〈午後5時17分〉

 無所属の松沢氏の質問が始まる。加計学園と関連がある「英数学館」に自民党の支部が設けられていることについて教育基本法違反ではないかと追及した。

 松野博一・文部科学相は「政治資金の所管は総務省だ」とし、「(教育基本法では)学校法人の政治活動は禁じられていない。どういった形で事務所が設置されたかは事実関係を承知していない。広島県の所管なので、文科省から広島県に問い合わせをしたところ、調査をしているというのが答えだった」。

 〈午後5時13分〉

 自由党の森ゆうこ議員が「文科省が気の毒でならない。文科省の文書が確認できないと。どう思うか」。「文科省はそういった仕事をきちっとしている」と前川喜平・前文部科学事務次官。

 〈午後5時7分〉

 自由の森氏が萩生田光一・官房副長官に対し、なぜ加計学園の客員教授について兼職届けを出さなかったのか質問。「勤務実態がなく、兼職届けは不要と判断した」と萩生田氏。森氏は「萩生田氏は利害関係者だ」と指摘した。

 〈午後5時6分〉

 自由の森氏「(愛媛県今治市の関係者が)なぜ官邸に行く必要があるのか」

 菅義偉官房長官「今治市に聞いてはどうか」

 森氏「国民をばかにするのはいい加減にしてほしい」

 〈午後5時〉

 自由の森氏の質問が始まる。

 森氏は2015年4月2日に官邸を今治市の関係者が訪れたかどうかを尋ねる。菅官房長官は官邸の訪問者は1日に300〜400人おり、膨大な量になっていることから記録は「遅滞なく破棄することになっている」と説明した。

 〈午後4時53分〉

 日本維新の会の清水貴之議員が背景に官邸の動きがあるというのは具体的に何かをただす。

 前川・前文科次官は和泉洋人・首相補佐官と面会し、「首相が自ら言えないから」という話を聞いたと説明した。和泉補佐官について「経歴を見ればわかるが、そもそも特区制度に詳しく、各省との連携を密にしている。誰に何を言えばどう動くかよくわかっている。霞が関じゅうの要所をつかんでいる」とも指摘。「(和泉補佐官を中心とした)官邸の関与がある」と明言した。

 〈午後4時49分〉

 前川・前文科次官が文科省の内部文書について説明。「平成30年4月開学が大前提というのが官邸の最高レベルが言っているというお達しになっている」とし、「規制改革ではなく、獣医学部を平成30年4月開設が総理のご意向だとしか読めない」。

 〈午後4時43分〉

 維新の清水氏の質問が始まる。

 〈午後4時26分〉

 公明党の里見隆治議員が最近の議論についてどう思うか加戸守行・前愛媛県知事に質問。「本質論ではなく、単に手続き論だけが先行している」と加戸氏。

 前川・前文科次官は文科省の先輩に当たる加戸氏に対し、「申し訳ないが」と述べた上で、「きっぱりと断ってきた経緯がある。政策として獣医学部の定員を増やす理由はないと判断してきた。4条件に照らしても問題があるというのが文科省の立場だった」と反論。

 これに対し、加戸氏は「(文科省の対応は)硬直的だと思っていた。国民的感覚と乖離(かいり)しているのではないか」と再反論した。

 〈午後4時18分〉

 公明の里見氏の質問が始まる。加戸・前愛媛県知事が獣医学部誘致の経緯について説明。「声をかけてくれたのは加計学園だけだった。1年、2年前からの加計ありきではない」

 〈午後4時16分〉

 自民党の青山繁晴氏が文科省の天下り問題を取り上げると、前川・前文科次官は「(加計学園の獣医学部新設と)結びつけるのは誤りだ」と主張。一方で、文科省OBで内閣官房参与だった木曽功氏が加計学園の理事だったと指摘した。

 〈午後4時2分〉

 自民の青山氏の質問が続く。前川・前文科次官は「なぜ平成30年4月が開学の大前提なのか。内閣府で説明していただかなければならない。しかし、4条件を守る必要がある。今治市からの提案は4条件は満たしていない。その後は決めるということだった」と説明した。

 青山氏に考えを問われた加戸・前愛媛県知事は「今治は意欲を持って取り組もうとしている。(批判するのは)いびりばあさんのようだ。へりくつはいい。決まったことに進むのは霞が関の文化だ。それを感じられない。霞が関は変わったのか。獣医学部がおもちゃになっていることが残念だ」。

 〈午後3時50分〉

 自民の青山氏の質問に対し、前川・前文科次官が既存の大学で養成する獣医師を増やすことができるなどと説明。加戸・前愛媛県知事は「(四国は)獣医師が確保できない。ブレーキをかけるのは理解できない」などと反論した。

 〈午後3時37分〉

 質問議員が自民の青山氏に変わる。「鳥インフルエンザ、BSEという新たな危機が生まれている」と切り出し、獣医師の不足を取り上げる。

 青山氏は獣医師が不足していないから獣医学部を作ることが行政をゆがめると言うのか、などと前川・前文科次官に質問。「違います。獣医学部の新設について一律、受け付けないという告示があるが、政策論議をすべきだ。規制緩和をすべきかと、加計学園に獣医学部の新設を認めるかは別次元の問題だ」と答弁。

 参考人として呼ばれた加戸・前愛媛県知事は知事として一番苦労したのが鳥インフルエンザと口蹄疫(こうていえき)対策だったと説明し、獣医学部の新設について「岩盤規制で跳ね返され、特区で実現を見るようになり、喜んでいる」と語った。「ゆがめられた行政がただされたのが正しい発言だ」。

 〈午後3時34分〉

 共産党の田村智子議員が「平成30年4月開学で応募ができたのは加計学園だけだ」と指摘。前川・前文科次官は「平成30年4月が大前提だというのは官邸、内閣府のスタンスだった。官邸の最高レベルが言っている、総理のご意向だ、ということ以外は聞いていない」。

 田村氏が質問を続ける。「なぜ平成30年4月でなければならないのか」。これに対し、山本幸三・地方創生相は「いち早く実現し、効果を検証する観点から、早期開設を担保するためだ」「内閣府としては公正中立な意思決定を行った」などと説明。

 〈午後3時20分〉

 共産の田村氏の質問が始まる。文科省や愛媛県今治市の文書に「平成30年4月開学」とあることを取り上げる。

 前川・前文科次官は「(文書には)平成30年4月開学を大前提にと記されている。文科省としてはなかなか難しいのではないかと内閣府と調整した」。

 田村氏が内閣府から開学の時期が示されていたということでいいかと質問。松野・文科相は「特区のたてつけとして、決定時の期限を書き込むことは過去の事例でもあるということだ」。

 〈午後3時17分〉

 民進党の桜井充議員が安倍晋三首相が加計理事長から平成30年4月開学と要請を受けていたのではないかと指摘。前川氏は「私が知っていることからは、そこまでの結論は出せない」。

 〈午後3時10分〉

 民進の桜井氏が「(菅官房長官に)怪文書だと切り捨てられた文書も公文書か?」と質問。前川氏は「行政文書に当たるかは別の議論かと思うが、公開しておかしくない文書だ」と答弁。

 〈午後3時2分〉

 民進の桜井氏が萩生田・官房副長官に対し、加計学園の獣医学部新設について和泉洋人・首相補佐官と話し合ったことがあるかと質問。萩生田氏は「補佐官から説明を受けたこともないし、話し合いをする機会もなかった。補佐官と特別のやりとりはしていない」と答弁。

 〈午後2時58分〉

 民進の桜井氏が文科省の内部文書をもとに「まさしく加計学園ありきで進んできた」と主張した。

 〈午後2時50分〉

 民進の桜井氏の質問。「特区は内閣府の所管だ。なぜ首相官邸に関係者が呼び出されるのか」。前川氏は「わからない。関心があるからだろう」と答弁。「非常に特別なことなんですよ!」と桜井氏が語気を強めた。

 〈午後2時45分〉

 民進の桜井氏の質問が始まる。

 〈午後2時42分〉

 民進党の蓮舫氏が、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題の国会答弁で事実確認や記録の提出を拒み、批判を浴びた財務省の佐川宣寿・理財局長(当時)が国税庁長官への就任した経緯を質問する。

 菅官房長官は、人事一般について「能力と業績を総合的に勘案し、適材適所で配置している」と述べ、佐川氏については「国税庁次長など国税の分野で豊富な経験があり、適任だと考えた」と説明した。

 〈午後2時37分〉

 前川・前文科次官が、菅官房長官の発言は事実に反すると再反論した。「大臣には私の方から責任を取って辞めたいと申し上げた」と強調。定年延長や3月まで次官を務めたいと言った希望は述べていないと主張した。

 〈午後2時34分〉

 民進の蓮舫氏は文科省の天下り問題をめぐって引責辞任した前川・前文科次官について「前川氏は地位に恋々としていたのか」と菅官房長官に質問。菅氏は「私はそう思って申し上げた」。前川氏が否定すると菅氏は「事実に基づいて発言している」と反論。菅氏は前川氏が定年を延長を希望したり、3月末まで次官を務めたいと言ったりしていたなどと辞任に至る経緯を説明した。

 〈午後2時30分〉

 民進の蓮舫氏が追加調査で見つからなかったとされる文書について追及。松野・文科相が「追加調査で存在していなかった」と説明。蓮舫氏は再追加調査をすれば出てくるのではないかと指摘。前川・前文科次官が「探せば出てくる文書だと思う」と答えると出席議員らから笑いの声が漏れる。蓮舫氏は「隠したいことが何かあるのではないか」と述べた。

 〈午後2時28分〉

 民進の蓮舫氏が加計学園の獣医学部新設問題について質問を始める。

 〈午後2時19分〉

 午後2時開会予定だったが、開会に先立つ理事会で民進党が提示する資料の取り扱いをめぐり、与野党が対立。開始が遅れた。

 トップバッターは民進党の蓮舫代表。九州北部の豪雨被害に関連し、稲田朋美防衛相が一時、政務で防衛省内を不在にしたことが「適切だったのか」とただす。

 菅官房長官「秘書官から随時連絡を取り、省に戻れる態勢になっていた。救助、情報収集に全力に当たっており、問題はなかった」。

 「国民の命を守ることより優先した政務とは何か」と蓮舫氏がただす。「承知していない」と菅氏が答弁する。

 蓮舫氏は「ランチミーティングではなかったのか?」と重ねて質問。「防衛関係の会合だったと聞いている」と菅氏。

 「一刻一秒を争う中で、政務はキャンセルすべきだったのではないか」と蓮舫氏が主張するも、菅氏は「危機に対して大切なことは事態をマネージすることが一番大事だ」と反論。菅氏が「どこにいるのかではなく」と言葉をつなぐと、「おー」とどよめきの声があがる。

 蓮舫氏は東京都議選で「防衛省、自衛隊としてお願いする」と発言したことを取り上げた。蓮舫氏は稲田氏の罷免(ひめん)について安倍首相と話したことがあるかただす。「ありません」と菅氏が答弁した。(東岡徹)
http://www.asahi.com/articles/ASK7B4RT3K7BUTFK00K.html

http://archive.is/WpMMm
磯山友幸の「政策ウラ読み」 磯山友幸の「政策ウラ読み」 学部新設や定員はなぜ「利権」になるのか 加計学園問題を機に考え直すべきこと【日経ビジネスオンライン2017年7月7日】
岡山・加計学園 獣医学部新設問題 「新設4条件を満たす」 加計側、疑問視に反論【毎日新聞2017年7月7日】
加計学園に絞り込みの経緯「記録取っていない」 内閣府【朝日新聞デジタル2017年7月3日】
公務員獣医師“奪い合い”の現実 加計問題、本質触れぬ国会に畜産関係者らいらだち「実情を知って」【zakzak2017年6月19日】
公務員獣医師“奪い合い”の現実 加計問題、本質触れぬ国会に畜産関係者らいらだち「実情を知って」【zakzak2017年6月19日】
安倍首相「批判の応酬に終始、反省」 会見詳報【朝日新聞デジタル2017年6月19日】
産業動物→ペット、地方→都会 「加計問題」で本質′ゥえず― 獣医師「偏在」 是正こそ【日本農業新聞2017年6月16日】
加計学園問題 獣医学部の要不要論を冷静に【読売新聞2017年6月6日】
「加計」のため京産大外しか 獣医学部新設 必要な聞き取りせず 宮本徹議員が指摘【しんぶん赤旗2017年6月6日】
官房長官「出どころなど明らかでない文書は確認調査せず」【NHKニュース2017年6月5日】
加計学園問題、論点は 特区に獣医学部新設、国会で論争【朝日新聞デジタル2017年4月17日】
加計学園問題、論点は 今治市を特区指定、獣医学部新設【朝日新聞デジタル2017年4月15日】)
加計学園 岡山理大獣医学部設置を申請 キャンパス整備計画も示す /愛媛【毎日新聞2017年3月26日】
「総理の長年の友人が利益」? 戦略特区、国会で論戦に【朝日新聞デジタル2017年3月22日】
特区で獣医学部新設、首相が関与否定 知人が学園理事長【朝日新聞デジタル2017年3月14日】
岡山理大 獣医学部を認定【読売新聞2017年1月21日】
加計学園が愛媛・今治に獣医学部 特区事業者応募 18年春開設計画【山陽新聞デジタル2017年1月11日】
posted by BNJ at 23:19 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誤射のその後 雲南コウノトリ 第2部/下 “孫”の巣立ち夢見る 雲南市教委教育長・景山明さん(61) /島根【毎日新聞2017年7月10日】(既報関連ソースあり)

兵庫県立コウノトリの郷公園で、山岸哲園長(右)にひなの保護について感謝する速水雄一・雲南市長=兵庫県豊岡市で、山田英之撮影
地元の思いやりに感動
 誤射の後、春殖(はるえ)交流センター(雲南市大東町大東下分)の近くに供えられた花に、地元の人たちが手を合わせ、頭を下げていた。その姿を見た雲南市教育委員会教育長、景山明さん(61)は「雲南で巣を作り、卵を産み、4羽のひなが誕生したのは、地元の人たちが温かく見守り、思いやりをもって接したからだ」と確信している。

 誤射の一報を聞いた時は「頭の中が真っ白になった」。あの日から、間もなく2カ月。父鳥「げんきくん」以外のコウノトリも、雲南市内の斐伊川沿いで見かけるようになった。心安らぎ、何ものにも代え難い風景だと感じている。

 「雲南の人の幸(さち)、自然の幸に、改めて気づかされた。不幸なことはあったが、恵まれている自然や人を生かし、共生できる古里づくりをしようとコウノトリが語りかけているように感じた」と景山さん。

 「今回のことをきっかけに、まちづくりの原点に戻らなくては」と話す。コウノトリにとってすみやすい環境は、人にも暮らしやすい環境だと思っている。

 誤射後、1羽で子育てを続け、ひなを保護するために人間が近づいても、巣を離れなかったげんきくんにも景山さんは心打たれた。保護された時、ひなが衰弱していなかったことは、げんきくんが親鳥の務めを果たした証しでもある。

 雲南市立西小学校ではコウノトリを通した環境学習が始まっている。「地域や子どもの実態に合った教育が大切。人と生き物が共生していることを実感し、子どもたちに地域への誇りを持ってもらいたい」と考えている。


コウノトリのひなを保護した時の写真を見る景山さん=島根県雲南市役所で、山田英之撮影
 誤射があった5月19日の夜、市役所で開いた緊急記者会見で、景山さんは陳謝した。「母鳥に申し訳ないことをした。ひなを何とかしなくてはいけない」という思いで、会見に臨んだという。

 兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)で人工飼育されたひなは雲南市で放鳥される。景山さんは「短期間でここまで成長するとは。郷公園に感謝したい。古里・雲南でペアを作り、げんきくんの孫が産まれ、巣立ってくれたら最高」と夢を描く。

 12日の放鳥式典には、西小の子どもたちも参加する予定。「また雲南に帰って来て。待っているよ」との気持ちを込めて野生に放つ雲南市生まれの4羽が、子どもたちの目の前で大空に羽ばたく日が近づいている。【山田英之】
https://mainichi.jp/articles/20170710/ddl/k32/040/235000c

誤射のその後 雲南コウノトリ 第2部/中 豊かな自然は宝物 三瓶自然館の鳥類担当・星野由美子さん /島根【毎日新聞2017年7月9日】
「雲南の豊かな自然は宝物」と語る星野由美子さん=島根県大田市の県立三瓶自然館で、山田英之撮影
選ばれる価値実感
 雲南市大東町に飛来したコウノトリのペアとひなを、最も長時間見つめた一人が、県立三瓶自然館(大田市)で鳥類を担当する星野由美子さんだ。新潟県出身。島根の自然に魅せられて島根大卒業後、三瓶自然館に就職した。ペアが巣を作った3月から、観察を担当する雲南市教委に協力している。巣の様子を1日8時間程度撮影した動画を5月末まで、日々チェックし続けた。

 ひな誕生後の5月2日、雲南市立西小学校で、全校児童の学習会が開かれた。星野さんは「西小の周りの自然と野鳥の秘密」をテーマに、西小の周囲には林や田んぼが多く、ツバメやメジロなどの野鳥が暮らしていることを伝えた。


コウノトリの情報を伝える掲示板を見る子どもたち=島根県雲南市立西小学校で、山田英之撮影
 コウノトリのひなは1日約1キロの餌を食べる。アマガエルなら約200匹に相当することを教え、「ひなが巣立つまでに、餌になるたくさんの生き物が必要」「周りの自然に目を向けて大切にしてください」と呼びかけた。

 これから何年も雲南の巣で繁殖活動が続くと信じていた。だから、誤射の知らせを聞いた時は「なぜ」「どうして」という思いばかりが頭の中を巡った。今は「母鳥の死をどうしたら前向きに生かせるか」を考えている。

 6月には西小教諭らに同行して、研究機関「兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園」(同県豊岡市)を視察した。専門家の紹介も含めて、コウノトリを通した西小の環境教育に今後も協力していくつもりだ。

 「生態系の上位に位置するコウノトリは、カエルやヘビ、魚など多様な生物がいないと繁殖の地として選ばない。雲南市はコウノトリに『ここで子育てをしたい』と選ばれた」と星野さん。「地域の人たちが苦労して維持してきた里山がコウノトリに評価された。豊かな自然は宝物だと子どもたちに知ってほしい」と話す。

 郷公園の山岸哲園長も「コウノトリが空から見て、ここの環境は良いと判定を下したのが雲南市。今やコウノトリに選んでもらう新しい時代に入った」と語る。

 愛妻を失い、ひな4羽と引き離された土地にもかかわらず、父鳥「げんきくん」は誤射の後、一時離れた雲南市に再び帰ってきた。星野さんは「雲南を気に入り、すみやすいと思ってくれた」と感じている。

 雲南市で12日に放鳥される4羽のひなについては「日本中を飛び回って、また雲南に戻って来てくれたら、うれしい。野外に出て最初の1年は死亡する確率も高く、試練の時。難関を乗り越えて、長生きしてほしい」と願っている。【山田英之】
https://mainichi.jp/articles/20170709/ddl/k32/040/252000c

誤射のその後 雲南コウノトリ 第2部/上 「希望の地」にエール 日本コウノトリの会代表・佐竹節夫さん(68) /島根【毎日新聞2017年7月8日】
成長した雲南市生まれのひな=兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園で2017年6月30日、山田英之撮影
放鳥に向けて
 「母鳥はここの巣塔(すとう)で生まれたんです」

 生息地拡大を目指す兵庫県豊岡市の市民団体「日本コウノトリの会」の代表、佐竹節夫さん(68)は、そう言って、豊岡のコウノトリの繁殖地「ハチゴロウの戸島湿地」の1本の人工巣塔を指さした。コウノトリが巣作りしやすいように建てた塔で、高さは10メートルを超える。野生復帰を応援する市民らでつくる「コウノトリファンクラブ」などの支援で、市内には多くの人工巣塔が建っている。

 母鳥とは、雲南市大東町で子育て中の5月、地元ハンターの誤射で死んだ雌の親鳥だ。強い思い入れのある佐竹さんは「悲しいけれど、これをきっかけに雲南市が良い方向に行ってほしい」と願う。


「雲南は希望の地」と言う佐竹節夫さん=兵庫県豊岡市の「ハチゴロウの戸島湿地」で、山田英之撮影
 雲南市を視察で訪れたこともある佐竹さんは「いくら来てほしいと願って環境に良いことをしても、コウノトリに素通りされることもある。雲南にはコウノトリが来るだけの自然環境があり、生息に適した希望の地だ」とみている。

 最も恐れるのは誤射で「失敗すると大騒ぎになる。コウノトリが来たらかなわない」と雲南の住民に負のイメージを持たれて「やっかいな鳥」と敬遠されることだ。

 日本コウノトリの会によると、放鳥されたり、野外で繁殖したりしたコウノトリの生存率は約6割。残る約4割は電線への衝突などで死んでいる。佐竹さんは「そもそも人間の生活でコウノトリはいったん滅んだ。人間の生活は、そう変わっていない。野生に戻したら一定の割合は死ぬのが大前提」と説明する。

 コウノトリはサギを駆除中のハンターに間違って撃たれた。佐竹さんは「サギとも共存して駆除する必要性を無くしたらいい。サギとコウノトリの餌は似ている。サギもコウノトリもやって来る田んぼで収穫した安心、安全な米としてブランド価値を上げた方が良い」と、農産物と餌になる生き物を同時に育む「環境創造型農業」への転換を提言する。

 豊岡市では、2003年度から「コウノトリ育(はぐく)む農法」に取り組んでいる。無農薬や減農薬栽培で、冬も田んぼに水を張る。ほぼ1年間通して田んぼに水があり、多くの生き物がすむ。栽培した米は野生復帰を支えるブランド米として価値を高めた。

 佐竹さんは「雲南市が今後どうするかに、コウノトリの運命もかかっている。コウノトリと共存する方向に向かうなら、全面的にエールを送りたい。ぜひ成功例を作ってほしい」と期待している。【山田英之】

      ◇

 誤射の後、兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市)に保護された4羽のひなは、雲南市内で放鳥される。放鳥を前に関係者は今、何を思っているのか。3回にわたって紹介する。
https://mainichi.jp/articles/20170708/ddl/k32/040/299000c

http://archive.is/Jj1hj
http://archive.is/g7V0l
http://archive.is/Lip7q
誤射のその後 雲南コウノトリ/下 守れなかった悔しさ 雲南市教委文化財課長・山崎修さん(52) /島根【毎日新聞2017年6月20日】(上中下)
posted by BNJ at 23:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浄化施設廃液と鶏ふん灰で液肥 長尾Corp.とクラレグループなどが商品化へ【山陽新聞デジタル2017年7月10日】

鶏ふん灰から健康野菜向け液肥ができる仕組み
 不動産建設業・長尾コーポレーション(長尾Corp.瀬戸内市牛窓町鹿忍)は、クラレグループのクラレリビング(大阪市)、堆肥メーカー・荒木産業(岡山市北区大井)と共同で、し尿処理工程で発生する強酸水廃液を使って、焼却後の鶏ふん(糞)残灰から液体肥料(液肥)を抽出する技術を確立した。養鶏農家から出される鶏ふんは一部肥料や堆肥として使われているが、大半は有料で産業廃棄物として焼却処分されている。環境にやさしい新タイプの資源循環型肥料として、堆肥メーカーとタイアップして商品化を進めている。

 岡山県は採卵鶏が981万4千羽で飼育羽数は全国4位、ブロイラー鶏が252万1千羽で同11位にランクし、全国でも有数の養鶏どころ。養鶏農家では鳥インフルエンザの拡大防止などから鶏ふんを焼却処分するケースが多く、焼却後の鶏ふん灰は県内で年間約1600トン(2006年統計)発生している。鶏ふん灰は窒素以外に野菜の生育に欠かせないリン酸、カリウム、カルシウムなど野菜栽培に必要な栄養成分が多いが、pH値が11〜13の強アルカリ性となり、液肥としてそのままでは施肥できなかった。このため発生した鶏ふん灰の30%程度は乾燥肥料の補充的な目的に再利用されているが、残りの約70%は産業廃棄物として処分されている。

 かつてブロイラーの養鶏・加工を手掛けていた長尾Corp.は、焼却後の鶏ふん灰の無機質栄養素に着目。クラレリビングなど5団体とともに2015年度きらめき岡山創成ファンド支援事業(県産業振興財団)の助成を受け、「焼却鶏糞灰の中和による肥料化」をテーマに鶏ふん灰のリサイクル活用と、その商品化を研究していた。

 同社などが共同開発した技術は、岡山市・瀬戸内市の神崎衛生施設組合(岡山市東区神崎町)のし尿処理浄化施設で、バチルス菌を使って消臭した後の廃液に着目。廃液は硫酸を主成分とした微生物を含んだバイオ強酸水(pH1前後)で、この強酸水に粉末状にした鶏ふん灰を混ぜ、その濾過(ろか)液を液肥として抽出する方法を確立した。この結果、鶏ふん灰1に対し強酸水60の割合で混ぜることで、鶏ふん灰の約20%が廃液に溶解し、pH値は5.5程度に中和されることが分かった。鶏ふんは焼却される際に窒素が消滅するが、灰の成分中のカリウムはほぼ100%、リン酸は約35%、カルシウムは18%が濾過液の中に溶け出し抽出された。窒素成分は硝酸カルシウムを後で補充することで3大要素が豊富な液肥ができるという。濾過後、底に沈殿した泥状の残渣(ざんさ)も固形肥料として利用できる。

 実用化に向けコストなどの課題はあるが、まずは肥料ではなく「土壌活性剤」として実用化、近く肥料メーカーとタイアップして「健康野菜向け肥料」として商品化を図る方針。野菜は化学肥料の窒素成分を取り込むことで、野菜内で硝酸塩に変化し発がんの原因物質となる場合があるという説もあり、最近は窒素成分を控えた「低硝酸野菜」の栽培が注目されている。今回、鶏ふん灰から抽出する液肥や固形肥料は、硝酸カルシウムの追加で窒素分を調整できるため、農家の要望に応じた商品化が可能になる。クラレリビングの秋葉英治研究開発部長は「最近、健康志向で注目されている低硝酸野菜向け肥料としてニーズは高い」としたうえで、「有機肥料でもなく化学肥料でもなく、鶏ふん灰を有効活用する新しい循環資源型の無機系肥料。環境に優しく健康志向にマッチした肥料として売り出したい」と期待する。

 また、研究成果で副産物として、し尿浄化設備から発生するバイオ強酸水に界面活性剤、天然系の香料を添加した強力消臭剤(抗菌酸性水)も開発。バイオ強酸水は微生物でし尿の臭気を処理した後に残る廃液。本来、微生物由来の成分のため、人体に対する刺激性が少ないのが特長。1cc当たりで4畳半分を消臭する効果があるという。特に不快臭の原因となるトイレなどのアンモニア、魚のトリメチルアミンなどアルカリ系臭気と化学反応し、アルカリ成分を中和させることで消臭効果を促すと言う。「もんげー水(SK)」として荒木産業が生産販売を担当する予定。

 国内の採卵、ブロイラー鶏の飼育羽数は合わせて約3億1千万羽(2017年2月現在)といわれ、鶏ふんは1羽当たり年間約50キロ発生し、年間の鶏ふん処理量は膨大になる。鶏ふん処理は農家が発酵堆肥や、乾燥機を導入して固形肥料として活用するケースもあるが、機械設備の導入でコスト負担や、発酵や乾燥作業の過程で悪臭や水質汚染などの環境問題がネックとなって、自前で焼却処分したり、産業廃棄物として有料で業者に引き取ってもらうケースが多い。また鶏ふんは焼却後も重量の約10%が焼却灰として残り、産業廃棄物として埋め立て処分などで処理している。

 長尾Corp.の長尾栄一社長は「養鶏農家は卵価の低迷や飼料高で経営が年々厳しくなっており、鶏ふん処理の労力と費用の負担も大きい。今回の技術開発が農家にとって少しでも経営改善の後押しになれば」と話している。
http://www.sanyonews.jp/article/561265/1/

http://archive.is/mJwbR
https://megalodon.jp/2017-0710-2312-43/www.sanyonews.jp/article/561265/1/
posted by BNJ at 23:01 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

写真展 全国のユニーク酉ポスト 一宮市立中央図書館 /愛知【毎日新聞2017年7月10日】

鳥が飾られたユニークな郵便ポストの写真展
 今年の干支(えと)「酉(とり)」にちなみ、鳥をモチーフにした全国各地のポストの写真展が、一宮市立中央図書館(同市栄3)の6階多目的ホールで開かれている。17日まで。

 写真は、元知多郵便局長の鎌田良隆さん(69)が撮影した。2001年に旅先で郷土色豊かなご当地ポストを見て気に入り、それからはポストを撮影するために全国を回ったという。

 ペンギン(北海道旭川市)やフクロウ(東京都豊島区)、トキ(新潟県佐渡市)、ウミネコ(青森県八戸市)、ヤタガラス(和歌山県田辺市)、コウノトリ(兵庫県豊岡市)などを題材にしたユニークなポストの数々が紹介されている。

 鳥以外にも犬や馬、牛など干支と関係する動物のポスト写真も併せて展示されている。【長倉正知】
https://mainichi.jp/articles/20170710/ddl/k23/040/106000c

http://archive.is/X0mZz
愉快な「干支ポスト」 元郵便局長が写真で紹介【岐阜新聞2017年3月19日】
写真展 「酉」のポスト 元郵便局長が全国巡り撮影、トキやペンギン形など 犬山で18日まで /愛知【毎日新聞2017年1月14日】
posted by BNJ at 22:56 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小鳥雑貨&ことりスイーツ専門サイト「ことりカフェ公式オンラインショップ」yahoo店オープン♪【プレスリリース2017年7月10日】

インコグッズからオリジナル雑貨まで!ことりカフェ通販サイト7月10日(月)ヤフーショッピングに出店開始♪

株式会社ことりカフェ 2017年7月10日 10時00分

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、2017年7月10日(月)に「ことりカフェ」公式通販サイト「ことりカフェ オンラインショップ」yahoo店(https://store.shopping.yahoo.co.jp/kotoricafe/)をオープンいたします(運営:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉康一http://www.exceedjapan.co.jp/)。今後、小鳥雑貨をはじめ、“鳥”をモチーフにしたスイーツやコラボ商品・オリジナル商品など、愛鳥家をはじめ、雑貨好き、スイーツファンの方々にも楽しんでいただける商品の開発、サービス提供を目指してまいります。



                  https://store.shopping.yahoo.co.jp/kotoricafe/
■「ことりカフェ」について
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月に「ことりカフェ心斎橋」(監修:株式会社ことりカフェ/運営:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉康一http://www.exceedjapan.co.jp/)を、12月に「ことりカフェ巣鴨」(運営:株式会社バードモア 代表取締役 木幡直希 http://www.birdmore.com/)をオープン。各店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店はインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。また、2016年11月に「ことりカフェ」公式小鳥雑貨専門店1号店となる「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」(運営:小鳥雑貨専門店「よいなdeことのわ」)を東京・西新井に、2017年2月に第2号店目となる「ことりと。」(運営:小鳥専門店「ことりや ふぁみりぃ/ペットショップ ふぁみりぃ」)を九州・大分県大分市にオープン。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062 東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ巣鴨」アクセス
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3−18−13 (巣鴨駅徒歩5分)
営業時間:10:00〜18:00
■「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」アクセス
〒123-0842 東京都足立区栗原3−30−14(西新井大師駅徒歩7分)
営業日/営業時間:金・土・日・月/11:00〜18:00
■「ことりカフェGOODS SHOP/ことりと。」アクセス
〒870-0844 大分県大分市古国府10−1 天神ビル1F
定休日/営業時間:毎週火曜日・第2金曜日/11:00〜16:00

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000288.000010272.html

http://archive.is/J0yYz
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 22:49 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【すみだ水族館】人気YouTuberと一緒に夏休みの自由研究に役立つおもしろ実験にチャレンジしよう!「夏休みの宿題解決!ボンボンTV自由研究所@すみだ水族館」を開催【プレスリリース2017年7月10日】(ペンギン)

【7月28日(金)〜8月31日(木)】 いきものの観察が楽しめる自由研究ノートも

オリックス株式会社 2017年7月10日 10時38分

『すみだ水族館』(所在地:東京都墨田区、館長:名倉 寿一)は、2017年7月28日(金)から8月31日(木)まで、株式会社講談社(所在地:東京都文京区、代表取締役社長:野間省伸)と、UUUM株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役 CEO:鎌田和樹)が運営するYouTube公式チャンネル『ボンボンTV』とコラボレーションし、夏休みの自由研究に役立つ「ボンボンTV自由研究所@すみだ水族館」を開催しますのでお知らせします。
「ボンボンTV」レギュラーYoutuber よっち・えっちゃん・りっちゃん
「ボンボンTV」レギュラーYoutuber いっちー・なる
「つかめる水」イメージ「つかめる水」イメージ

『ボンボンTV』は、「まずは見てみる、やってみる!」を合言葉に日々チャレンジし、「やってみた動画」を毎日ボンボン発信するインターネット放送局です。
期間中は館内のワークショップなどを行うスペースであるアクアアカデミーを「ボンボンTV自由研究所」とし、『ボンボンTV』でもおなじみの実験「つかめる水」作りに挑戦できます。また、『ボンボンTV』のレギュラーYouTuber(ユーチューバー)「いっちー・なる」が期間中の計4日来館し、お客さまと一緒に実験を行います。さらに、『すみだ水族館』の人気のいきもの、ペンギン、オットセイ、クラゲなどの展示を見ながら楽しく自由研究のテーマを見つけるためのオリジナル観察ノート「ボンボンTV×すみだ水族館 いきもの自由研究ノート」も販売します。
なお、7月30日(日)は、『ボンボンTV』開局2周年を記念した特別イベントを開催します。大人気YouTuber「よっち・えっちゃん・りっちゃん」も登場し、ワークショップ、写真撮影会などで館内を盛り上げます。
このほか、館内のペンギンカフェでは、家族や友達と一緒にわいわい楽しめるおいしい実験メニューが登場します。
今年の夏休みは、『すみだ水族館』を満喫しながら、自由研究に挑戦しましょう。

■「ボンボンTV自由研究所@すみだ水族館」概要

【体験プログラム】 ボンボンTV自由研究所
「つかめる水」イメージ
開催期間:2017年7月28日(金)〜8月31日(木)
参加定員:各回12人 ※1日数回開催予定
参加費用:500円(税込) ※入場料別途
開催内容:館内のアクアアカデミーが特設の「ボンボンTV自由研究所」となり、「つかめる水」作りに挑戦できます。いったいどんな感触なのか、どのようにして水がつかめるようになるのか、ぜひ参加して確かめてみてください。
《 「いっちー・なる」参加の特別日程 》
YouTuberの「いっちー・なる」が「ボンボンTV自由研究所」にやってきて、お客さまと一緒に「つかめる水」作りに参加します。
開 催 日:2017年8月6日(日)、20日(日)、26日(土)、27日(日)
参加定員:各回12人 ※1日数回開催予定
参加費用:500円(税込) ※入場料別途

※開催時刻や参加方法は、決定次第『すみだ水族館』HPにて公開します。
※ワークショップで作るものは変更する場合があります。

【体験プログラム】 ボンボンTV×すみだ水族館 いきもの自由研究ノート
ボンボンTV×すみだ水族館 いきもの自由研究ノート※イメージ
販売期間:2017年7月28日(金)〜8月31日(木)
※なくなり次第終了
販売場所:チケットカウンター、館内インフォメーション、
ショップ
販売価格:300円(税込) ※入場料別途
販売内容:ペンギン、オットセイ、クラゲ、チンアナゴ、金魚など『すみだ水族館』の人気のいきものに関し、クイズや観察ポイントなどをオリジナルでまとめたノートを販売します。館内でノートに書き込んだりシールを貼ったりしながら楽しく学び、自由研究のテーマ探しにも役立てることができます。


【イベント】 ボンボンTV開局2周年記念イベント
「ボンボンTV」レギュラーYoutuber よっち・えっちゃん・りっちゃん
開 催 日:2017年7月30日(日)
開催内容:『ボンボンTV』開局2周年を記念して特別イベントを開催します。『ボンボンTV』で大人気のYouTuber「よっち・えっちゃん・りっちゃん」「いっちー・なる」の5人が『すみだ水族館』に勢ぞろいし、館内を盛り上げます。また、当日は、「つかめる水」を作るワークショップにYouTuberも参加し、お客さまと一緒に楽しく実験を行います。また、ワークショップ参加者はYouTuberと一緒に記念撮影もできます。

※イベント開催時刻や参加方法などの詳細は、決定次第『すみだ水族館』HP、『ボンボンTV』の動画にて公開します。
「ボンボンTV」レギュラーYoutuber いっちー・なる「ボンボンTV」レギュラーYoutuber いっちー・なる

【ペンギンカフェ】 ボンボンTVコラボレーション!わいわい実験メニュー
ボンボン実験ジュース
販売期間:2017年7月28日(金)〜8月31日(木)
販売時間:終日
販売場所:5階 ペンギンカフェ
販売内容:期間限定のオリジナルメニューを、イベントロゴの入ったオリジナルコースター付きで販売します。


《 ボンボン実験ジュース 》
販売価格:700円(税込)

販売内容:紫色のジュースに一緒にお渡しするシャーベットを入れてかき混ぜると、徐々にジュースの色が紫色からきれいなピンク色に変わります。夏にぴったりの爽やかなグレープフルーツ味です。
《 ボンボンぷよぷよボールソーダ 》

ボンボンぷよぷよボールソーダ
販売価格:500円(税込)
販売内容:ボンボンTVで人気のぷよぷよボールをイメージした、カラフルなボールが入ったソーダです。ボールは色によって味が異なるため、いろいろな味を楽しめます。

■おもしろくて、ためになる情報バラエティ「ボンボンTV」
ボンボンTVロゴ

株式会社講談社と、UUUM株式会社が手がけるYouTube公式チャンネル。レギュラーYouTuber「よっち・えっちゃん・りっちゃん」「いっちー・なる」が、「まずは見てみる、やってみる!」を合言葉に、実験やDIY、チャレンジ動画を毎日配信しています。
ボンボンTV

施設概要
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000133.000023075.html

http://archive.is/dnkyI
posted by BNJ at 22:46 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡部篤郎「警視庁いきもの係」8・9%健闘スタート【日刊スポーツ2017年7月10日】(ジュウシマツ)

フジテレビ系連続ドラマ「警視庁いきもの係」の出演者
 フジテレビ系の連続ドラマ「警視庁いきもの係」(日曜午後9時)9日初回の平均視聴率が8・9%(関東地区)だったことが10日、ビデオリサーチの調べでわかった。。

 渡部篤郎(49)と橋本環奈(18)が演じる警視庁の架空の部署、動植物管理係の鬼警部補と新米巡査の凸凹コンビが、動物の生態をもとに事件解決に奔走するコミカル・アニマル・ミステリー。20種類以上の動物たちが毎回、ゲスト主役として登場するのも話題だ。

 初回は、捜査一課で“鬼の須藤”と恐れられた敏腕刑事の須藤友三(渡部篤郎)は、事件で負傷し、「総務課動植物管理係」に転属となった。そこは、容疑者のペットを保護をする通称“警視庁いきもの係”で、所属は巡査の薄圭子(橋本環奈)のみ。そこへ、かつての相棒の石松和夫(三浦翔平)が、ある容疑者のペットの保護を頼みたいとやってきた。容疑者が住むタワーマンションに向かうと、100羽ものジュウシマツが…。室内を見て歩いた須藤は、ある違和感を抱く、という内容だった。
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1852596.html

http://archive.is/TRKKh
posted by BNJ at 11:47 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素っ裸になって海水でみそぎ 「神宿る」沖ノ島上陸ルポ【朝日新聞デジタル2017年7月10日】(オオミズナギドリ)

【パノラマ写真】世界遺産登録が決まった宗像大社辺津宮=小宮路勝撮影

沖ノ島の深い森に包まれる宗像大社沖津宮=2017年、福岡県宗像市、小宮路勝撮影

 かつて「沖ノ島」での取材の機会を得た朝日新聞西部本社の中村俊介編集委員が、「神宿る島」への上陸記をつづった。

沖ノ島、世界遺産に 勧告を覆し、8資産の一括登録決定
     ◇

 玄界灘の波は荒い。高速船で1時間余り。見渡す限り何もない海上に不安と孤独感が募り始めたとき、はるかかなたにかすかな島影が、視界に飛び込んできた。この瞬間、古代の船乗りたちの喜びは、いかほどだっただろう。生死を賭けた航海で、それは記者の安堵(あんど)感どころではなかったに違いない。

 本土から約60キロの沖合。島自体は東西1キロ、南北0・5キロ、周囲はたったの4キロほど。そんなちっぽけな孤島が大海原にポツンと存在すること自体、奇跡に近い。大和政権や海の民がこの島に神の姿を重ねたのも当然であった。

 一木一草一石さえ持ちだしてはならない。島で見聞したことを口外してはならない。そもそも、みだりに立ち入ることは許されない。そんな宗教的禁忌に守られた不可侵の神域に、過去3回ほどだったか、私も機会を得て上陸させてもらったことがある。最も近いのは2015年の11月。ユネスコ世界遺産への推薦が決まってからのプレスツアーだった。

 海上から仰ぎ見た切り立つ崖は、人を寄せ付けない峻厳(しゅんげん)さ。雨に煙り、ますます神秘的な雰囲気が漂う。

 船は唯一の岸壁に横付けした。目の前には神職が一人っきり、10日交代で島を守る小屋がある。そこですべての衣服を脱ぎ捨て、素っ裸になって目の前の海岸に走る。上陸にはみそぎをしなくてはならない。例外なく誰もが海の水で身を清めなくてはならないのだ。

 晩秋とはいえ、水は冷たい。首までつかるには気合がいる。雨も追い打ちをかけ、あちこちで「……う〜」とうなり声が漏れた。

 みそぎを終えると、いよいよ沖津宮に鎮座する田心姫神(たごりひめのかみ)との対面が待っている。鳥居をくぐり、狭く長い階段を上る。足場は悪い。当然だ。観光客用にあるわけではないのだから。

 沖ノ島は亜熱帯植物の北限だという。かなり高い緯度に立地するにもかかわらず、対馬暖流の影響で比較的暖かいのだ。島がはぐくむ原生林は天然記念物。オオミズナギドリなどの野鳥の楽園でもある。

 行く手を覆うように生い茂る照葉樹の木々で足元は薄暗い。巨木は少ないけれど、こぶりな太古の森という表現がぴったり。その種類は常緑広葉樹を中心に、タブノキなど180種ほどにのぼるそうだ。

 やがて右手に木々に囲まれた「…

残り:1230文字/全文:2222文字
http://www.asahi.com/articles/ASK734V95K73TLZU003.html

http://archive.is/R49Nf
posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

希少ブッポウソウ育児中 他の夏鳥も 高知県四万十町大正地域【高知新聞2017年7月10日】

餌を捕らえてひなの元へ運ぶブッポウソウ(高知県四万十町大正地域)
 高知県高岡郡四万十町の大正地域では、県鳥ヤイロチョウ以外にも、希少な夏鳥が繁殖の真っ最中だ。国の絶滅危惧種に指定されているブッポウソウはその代表格。親鳥が虫を捕らえ、ひなの元へせっせと運んでいる。
 
 青緑色の体に、オレンジ色のくちばしと脚。翼には青や白の紋様が浮かぶ。大きさはハトほどで、ユーラシア大陸南部から飛来する渡り鳥だ。
 
 長く「ブッポウソウ(仏法僧)」と鳴く霊鳥とされてきたが、昭和初期にその鳴き声はコノハズクのものと判明。実際のブッポウソウは、優雅な見た目とは対照的に「ゲッゲッゲッ」という濁った声で鳴く。
 
 「奥四万十」と呼ばれる大正地域の山中では、地元の門脇恒美さん(70)が11年前から20個ほどの巣箱を設置。つがいの数は年々増え、2017年は4月下旬以降、2016年の2倍の6組が居を構えている。
 
 10メートルほどの高さにある巣箱からは「キリキリキリ」とかわいいひなの声。餌となるヒグラシやトンボが飛び始めると、親鳥は止まり木や電線から急降下し、一気に捕食。父親と母親が交互に巣穴へ運んでいく。
 
アオバズクも巣箱近くの枝に止まり、ひなを見守っている(高知県四万十町大正地域)
http://www.kochinews.co.jp/article/111063/

http://archive.is/8kw6m
posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滋賀のカワウ、9年ぶり増加 駆除困難化で今年7700羽【京都新聞2017年7月9日】(既報関連ソースあり)

安曇川沿いの竹やぶで群れるカワウ。営巣地の分散で駆除ペースの鈍化が懸念されている(2015年1月、高島市新旭町太田)
 滋賀県内で減少を続けてきたカワウが今春、9年ぶりに増加に転じていたことが関西広域連合の調査で分かった。個体数はピーク時の5分の1に減ったが、営巣地が県内各地に分散して効率的な駆除ができなくなっていることが要因とみられる。県はさらにカワウの生息数を減らす方針だが、駆除ペースの鈍化が予想されている。

 県によると、県内でカワウの生息数(春季)が最も多かったのは2008年の約3万8千羽。漁業被害やふんで樹木を枯らす被害などが深刻化して駆除を進め、16年には6538羽まで順調に減らしていた。

 ところが、今年は速報値で7767羽と前年より増えた。県が要因とみるのは営巣地の分散化だ。08年には98%が竹生島(長浜市)と伊崎半島(近江八幡市)に営巣していたが、現在は4割に減少。安曇川や野洲川、愛知川など各地へ営巣地が分散するようになり、猟銃が使えない市街地に近かったり、小規模になって警戒心が強まったりして対策が困難になっているという。

 一方で、県は来年度以降のカワウ対策をまとめた鳥獣管理計画の検討に6月から着手。今後5年間でカワウを4千羽まで減らして被害防止と保護のバランスをとる目標を示し、検討を始めた。県鳥獣対策室は「今後はさらに個体数を減らしにくい状況になる。新しいコロニー(繁殖地)は早期に対策すれば効果も高く、追い払いを進めていきたい」としている。
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170709000069

http://archive.is/wtZC2
千本松原、枯死の危機 カワウの営巣急増、銃は使えず【朝日新聞デジタル2017年5月24日】
滋賀 タブノキ林を後世に 竹生島で市民向け学習会【中日新聞2016年10月24日】
滋賀・竹生島に緑、もう一度 カワウ生息減に成功、小学生ら植樹【産経ニュース2015年10月21日】
住宅地にカワウ集団営巣 野洲、周囲に水辺なし【中日新聞2015年7月23日】
posted by BNJ at 11:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長野 体重増加、想定より不十分 大町生まれ、死んだライチョウ【中日新聞2017年7月10日】

 国特別天然記念物ニホンライチョウの保護増殖事業で八日夜、大町市の市立大町山岳博物館で飼育するヒナ一羽が死んだ。同館では、同日朝にもヒナ一羽が死んでいる。死んだ二羽を含む二日にふ化したきょうだい四羽は、いずれも体重の増加が想定より不十分で、飼育担当者は「しっかり見守りたい」と気を引き締めている。

 今回死んだヒナは、八日の早朝に翼が垂れ、眠る時間も多く餌を食べる量も少なくなった。ブドウ糖を飲ませるなどしたが、同日午後七時ごろに死んだのを確認した。

 八日朝に死んだヒナには生まれた当初から三羽と比べて休みや餌を食べる間隔などにずれが見られていた。今回死んだヒナには死ぬ前日まで目立った異常は見られなかった。

 きょうだいのヒナ四羽は、いずれも、体重の増加が予想より不十分だという。残る二羽の七日目の体重はそれぞれ二二・四グラム、二〇・九グラムで、過去の飼育例の三〜四日目の重さにとどまっている。

 博物館は、死んだ二羽の死骸を研究機関に提供し死因を調べる予定。担当者は「体重が死因に関係があるのかは分からない。残るヒナをしっかり観察し、異常があれば素早く把握したい」と話した。

 一方、上野動物園から移された卵二個から六月二十一日にふ化したヒナ二羽は、体重がそれぞれ八九・三グラム、九五・七グラムと成育は順調という。

 (林啓太)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20170710/CK2017071002000037.html

https://megalodon.jp/2017-0710-1134-08/www.chunichi.co.jp/article/nagano/20170710/CK2017071002000037.html
ライチョウひな2羽目死ぬ 長野、大町山岳博物館【産経ニュース2017年7月9日】
ライチョウ 人工繁殖ひな1羽死ぬ 長野・大町山岳博物館【共同通信2017年7月8日】
タグ:ライチョウ